暁響雷「ラーメン二郎?」電「なのです!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ああ、有希可愛いなぁ…」

ツイート

1 名前: ◆6XkZGiwaBg[sage] 投稿日:2015/04/19(日) 20:27:00.28 ID:GJvCEIW+o


雷「……お腹空いたわね」グー

電「なのです」グー

暁「もーいきなり何なのよ! はしたないわね!」

響「でも今日は間宮が改装工事でお休みだよ」

2 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 20:28:47.57 ID:GJvCEIW+o


雷「じ、じゃあどうするのよ! ご飯食べられないじゃない!」

電「そういえばこの前、赤城さんがオススメのラーメン屋さんを教えてくれたのです!」ピコーン

暁「ら、らーめんですって!? そんなのレディーの食べ物じゃないわ!」

響「まぁいいじゃないか、暁。大人の女性は好き嫌いをしないものさ」

雷「あれー? 暁、もしかしてラーメン屋さんに行ったことないのー?」

暁「そ、そんなことないわよ! いいわ、今日はそのらーめん屋さんに行くわよ!」

電(……ちょろいのです)

雷「じゃあ出発よ!」

4 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 20:32:18.25 ID:GJvCEIW+o


――――――――――――

電「ここが教えてもらったラーメン屋さんなのです!」

>‎ゴ…ゴチソウサマデチ…
>‎ダンケ、ダンケ!
>‎シュトーレンタベタイナー

雷「あら、潜水艦の子じゃない。ここのラーメン食べたのかしら?」

5 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 20:33:04.03 ID:GJvCEIW+o


伊168「そうよ。なかなか美味しかったわ」

伊58「も、もういっぱいでち……」

伊19「こんなんでイクを追い込んだつもりなの…?」

呂500「はっちゃん、シュトーレン食べにいこー?」

電「じゃあ潜水艦のみなさん、また後で、なのです」バイバーイ

6 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 20:37:33.52 ID:GJvCEIW+o


雷「……それにしても、なんかここ臭うわ。なんなのかしら?」クンクン

響「ハラショー。ニンニクの香りだ」スパシーバ

暁「ちょっと待ってよ、こんなに長い列に並ぶわけ?」

電「仕方ないのです。赤城さんはとっても美味しい人気店だって言ってたのです」

暁「ま、まぁ一人前のレディーは、何時間でも待っていられるんだから!」

雷「それにしても、並んでるのは戦艦の先輩ばかりね」キョロキョロ

電「さっき戦艦の先輩の演習が終わったばかりなのです。多分それで皆で来てるのです」

響「じゃあ、並ぼうか」

7 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 20:40:16.93 ID:GJvCEIW+o


――30分後

響「ようやく店の中に入れたね」

暁「ねぇ、私たちの順番はまだなのかしら?」ソワソワ

電「大丈夫なのです。先に食券を買うのです」

雷「私はスタンダードなやつで行くわ! 小ラーメンね!」ポチー

響「じゃあ私もそうしよう」ポチー

電「暁ちゃんはどうするのですか? 参考にさせてもらうのです」ジーッ

暁「そ、そう? じゃあ大人の女性として大らーめんを選ばせていただくわ!」ポチー

雷「ちょっとそれ、大丈夫なの?」

電「さすがお姉さんなのです! でも私はさっきお菓子を少し食べてしまったので、小にするのです」ポチー

10 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 20:44:06.95 ID:GJvCEIW+o


――そして5分後

>‎ゴチソウサマデース!!
>‎サスガハオネーサマ!! イイタベップリデス!!
>‎ウップ…ハルナハ…ダイジョウブデス…
>‎ドウシテ…ワタシノ…ロットブンセキガ…

響「ちょうど4人席が空いたね。座ろうか」

電「まずは食券を上に置くのです」

暁「これで待ってればいいのね!」

電「赤城さんによると、後で店員さんから、トッピングを訊かれるらしいのです」

雷「なになに、サービスいいじゃない!」

12 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 20:50:07.40 ID:GJvCEIW+o


響「私はニンニクを多めにお願いしたいな」

電「その時は、ニンニクマシ、と言えばいいと聞いたのです」

雷「じゃあ私もそうするわ!」

暁「他にトッピングはないの?」

電「お野菜もあるのです。栄養たっぷりで背もぐんぐん伸びるのです」

暁(なるほど……)

13 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 20:54:07.52 ID:GJvCEIW+o


店主「ラーメン小の方、ニンニク入れますか?」

雷「ニンニクマシでお願いするわ!」

店主「お隣の方は?」

響「ニンニクマシ」

店主「お隣は?」

電「ニンニクマシマシアブラカラメ、なのです!」

暁「(ちょ、なによそれ!? 電、野菜を多めにするにはどうすればいいの?)」コソコソ

電「(ヤサイマシマシ、って言うのです)」コソコソ

店主「お隣の方、ニンニクは?」

暁「ヤ、ヤサイマシマシッ!」

電(……ちょろいのです)

15 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 20:56:47.41 ID:GJvCEIW+o


店主「はいお待ち!」ドッドッドッ

雷「な、なによこの量……」

響「このニンニクの香り……実にハラショーだ!」

電「いただきますなのです!」

店主「お待ちどーさま!」ドカッ

暁「」

16 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 21:00:02.78 ID:GJvCEIW+o


電「暁ちゃんのは、お野菜たっぷりなのです。うらやましいのです!」

響「もやし…チャーシューも…」ムシャムシャ

雷「暁、大丈夫なのそれ……?」

電「大人の女性は皆食べてるのです! 赤城さんもヤサイマシマシなのです」

暁「……わ、分かったわ。見てなさい!」

響「ハラショー」ムシャムシャ

20 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 21:03:51.53 ID:GJvCEIW+o


――15分後

響「スパシーバ! 素晴らしいラーメンだった」ゴチソウサマ

雷「も、もう入らないわ……」ゴチソウサマ

電「美味しかったのです!」ゴチソウサマ

暁「うっぷ……ちょ、ちょっと待ってみんな……」

響「大丈夫かい? 残してもいいんじゃないかい?」

23 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 21:07:27.78 ID:GJvCEIW+o


電「それはダメなのです! ギルティーなのです!」

暁「な、何言ってるの…電…」ウップ

電「暁ちゃん、私たち3人はお店の外で、食べ終わるのを待ってるのです」

暁「」ウルウル

電「雷ちゃん、響ちゃん、いったんお店を出るのです。次のお客さんがいるのです」

雷「そ、そうね……待ってるわ、暁」

暁「……響は」ウルウル

電「響ちゃんもほら、行くのです」ソソクサ

響「う、うん…分かった…」

暁「」

25 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 21:10:38.78 ID:GJvCEIW+o


――さらに10分後

響「遅いね、暁」

雷「大丈夫かしら……?」

電「大丈夫なのです! 暁ちゃんは、私たちのお姉さんなのです!」


ガラガラ

暁「…………」フラフラ

響「大丈夫かい?」

暁「店員さんが、もう残してもいいよって言ってくれたわ……」ヨロヨロ

雷「良かったわね……」

電「なのです」チッ

28 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 21:13:56.95 ID:GJvCEIW+o


響「まぁ味はハラショーだったし、また来よう」

雷「そうね! でも次は麺半分にするわ」

電「なのです!」

暁「私もう無理……」オエップ

雷「もう、だらしないわね! 暁も、もっと私に頼っていいのよ!」

29 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 21:15:20.51 ID:GJvCEIW+o


電(とまぁ、こんな感じの二郎デビューだったのです)

電(暁ちゃんの泣き顔が、とってもキュートだったのです)

電(私は暁ちゃんが大好きなのです。写真に収めておけばよかったのです)


響「実にハラショーなラーメンだった。また行きたいな」

暁「もう、絶対らーめん二郎なんて行かないんだからー!」


電(ラーメン二郎は、こんな感じで評価が二極化するのです)

電(でも大丈夫!)

電(潜水艦の子は、みんな麺半分コールをしていたのです。初めての方はそうすると良いのです)

電(みなさんも、是非行ってみてほしいのです)

電(それではみなさん、ごきげんよう、なのです)

30 名前: ◆6XkZGiwaBg[] 投稿日:2015/04/19(日) 21:16:08.90 ID:GJvCEIW+o

終わり!
神保町店は夜の部もやってほしいのです。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「あの夏の思いでは」