かがみ「もうつかさなんて嫌い!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「涼宮ハルヒが射精した」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/22(土) 22:26:41.80 ID:g6cYrv2g0

かがみ「二度と口聞かないから!」

バタン!

つかさ「あ、おね……」

つかさ「ふんだ。いいもん……」ウルウル


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/22(土) 22:53:17.78 ID:o3VrKiE60

こなた「かがみおはよー」

かがみ「おっす、こなた〜」

こなた「あれ〜? 今日はつかさと一緒じゃないの?」

かがみ「さあ? 今頃まだ布団で寝てるんじゃない?」

こなた「え、何で起こしてあげなかったの? つかさ遅刻しちゃうじゃん」

かがみ「いいのよ!つかさのことなんて!」

こなた「かがみ?どしたの?」

かがみ「どうもしないわよ! それより、バス来たよ!」

こなた「う、うん…」

かがみ「こなた!つかさ待ってたら私達まで遅刻するよ!?」

こなた「分かったよ…」(かがみ、何怒ってるんだろう?)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/22(土) 23:03:13.55 ID:o3VrKiE60

こなた「…あれ? つかさ、先に学校来てたの?」

つかさ「こなちゃんおはよ〜 うん、今日はついつい早く起きちゃったから、たまにはいいかな〜、って」

こなた「かがみより早く学校に来るなんて、今日は雪でも降るんじゃないの?」

つかさ「う…私だっておねえちゃんより早く起きる時もあるよ〜?」

こなた「だったら今日も二人一緒で来ればよかったのに」

つかさ「…た…だって、…は…しょに」

こなた「つかさ?」

つかさ「え?ううん! なんでもないよ〜!」

こなた「そ、そう?」(つかさとかがみ、どうしちゃったんだろう?)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/22(土) 23:14:29.60 ID:o3VrKiE60

みさお「あれ〜? 柊〜、今日はちびっこのところ行かないのか〜?」

かがみ「私がここのクラスに居るのがおかしいか?」

みさお「だってさ、いつも休み時間になるとすぐ、ちびっこのクラスまで走って行ってるじゃんか〜」

かがみ「なっ! そ、そうだけどさ! 走ってはいないだろ!」

あやの「でも、柊ちゃんが休み時間に自分の席にいるなんて、珍しいよ」

かがみ「み、峰岸… だ、だって、ほら! このラノベの新刊が出たから、休み時間にゆっくり読みたいのよ!」

みさお「新刊〜? それ二週間前から読んでるよな〜 まだ読み終わらないのか?」

かがみ「そうよ! まだよ、まだ! 好きなものほど、時間をかけてじっくり読みたいじゃない!」

あやの「柊ちゃん…」

かがみ「な、なによ峰岸…?」

あやの「最近、泉ちゃんに似てきてない?」

かがみ「なっ! そ、そんなこと無いわよ! 私はラノベだけだし、こなたみたいに色々知ってるわけじゃ…」

みさお「柊〜、そういう所も含めて似てきているような気がするけどな〜」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/22(土) 23:23:32.79 ID:o3VrKiE60

こなた「かがみ遅いな〜」もぐもぐ

つかさ「……」モグモグ

こなた「かがみ、どうしちゃったんだろう? 何時もなら昼休みになって数分でこっちに来るのに」もぐもぐ

つかさ「……」モクモグ

こなた「つかさ〜?かがみ遅いよね? 何やってるんだろう」

つかさ「……」モグモグ

こなた「…つかさ?」

つかさ「えっ!? ど、どうしたの、こなちゃん?」

こなた「どうしたの、って聞きたいのはこっちだよ〜」
    「かがみ、どうしちゃったのかな、って…つかさなら何か知ってそうだからさー」

つかさ「わたしっ? う、う〜ん…今日は日下部さん達と一緒にご飯食べているんじゃないかな〜?」

こなた「そなのかな〜? …つかさ、私ちょっとかがみの様子見てくるね」だっ!

つかさ「えっ…こ、こなちゃん?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/22(土) 23:35:05.47 ID:o3VrKiE60

かがみ(やっぱり屋上は寒いわね…)もぐもぐ

かがみ(やっぱりつかさのお弁当の方が美味しいな…)もぐもぐ

かがみ(ううっ…寒い)もぐもぐ

 ガチャ…

みゆき「…あ、かがみさん? どうしたんですかこんなところで?」

かがみ「みゆきっ!? みゆきこそ、どうしてこんなところに来たのよ!?」

みゆき「はい、この時期は空が澄んでいて綺麗なので、昼休みに一度、眺めに来るんですよ」

かがみ「そうなんだ… あ、ほんとだ、雲も綺麗…」

みゆき「…でも、かがみさんは屋上で…一人でお弁当食べていてどうしたんですか?」
    「教室で泉さんとつかささんと一緒にお昼食べたほうが…」

かがみ「いいのよ、今日はここで…」

みゆき「泉さんも言ってましたよ? 今日のかがみさんは少し何時もと違う、と…」
    「どうなされたんですか?」

かがみ「ん…みゆきならいいか…」

みゆき「なんでしょう?私が力になれることなら協力しますよ?」

かがみ「実は、その… つかさと…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/22(土) 23:44:41.09 ID:o3VrKiE60

こなた「あれー? かがみ居ないや…」

あやの「泉ちゃん? 何か用?」

こなた「ん、かがみの様子を見に来たんだけど…」

みさお「柊か? そっちのクラスに行ってるんじゃないのか〜?」

こなた「ううん、今日はまだ来てないんだよ」

あやの「でもさっき柊ちゃん、何時もどおりお弁当持って教室出て行ったよ?」

こなた「え? でも…」

みさお「まさか… 柊、男と二人で弁当食べてるのかっ!?」

こなた「ま、まさか〜! 私のかがみに限ってそんなことは無いよ〜」

みさお「抜け駆けかもしれないぞ〜? ウチの柊に何かあったら大変だ! 探さないと!」

あやの「…でも柊ちゃん、どこ行ったんだろう?」

こなた「お弁当を食べる場所といえば…定番のところがあるじゃん!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/22(土) 23:52:31.25 ID:o3VrKiE60

がちゃ…バタン

こなた「んー 居なかったか…」

みさお「こんなとこにいるわけねーだろ〜? 真面目に探せよ〜!」

こなた「でも、一人でお弁当食べる場所といったら、ここだと思ったんだけどなー」

あやの「泉ちゃん、ここではさすがに誰も食べないと思うよ?」

こなた「…そうなると、やっぱり男と一緒?」

みさお「くそう! ウチの柊を男なんかに取られるなんて!」

こなた「私のかがみが選んだ男…興味はあるかな〜?」

みさお「なら早く探そうぜー! ウチの柊を!」

こなた「そだね〜 私のかがみを!」

みさお「ウチの!」
こなた「私の!」

あやの「早くしないと、休み時間終わっちゃうよ…」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 00:05:36.50 ID:18ZmxUP90

かがみ「…ってワケなのよ、それでつかさと口きかないようにしているの」

みゆき「…ふふっ」

かがみ「なっ! わ、笑うなっ! 私には大問題なんだからね!?」

みゆき「ごめんなさい、でも、その、あまりにも可愛いかったもので」

かがみ「でもまあ、私もいきなり怒鳴って少しは反省しているわよ…」

みゆき「それならもう、つかささんを許してあげても良いのではないでしょうか?」

かがみ「それとこれとは別よ! 私はつかさをまだ許すつもりは無いわよ」

『ほんとにこんなとこに居るのかー? もう11月だぞ?』

『みさきちは分かっちゃいないなぁ〜 寒空の下、二人で食べるのがいいんじゃないか〜』

かがみ・みゆき「!!?」

がちゃ…

みさお「私にはわかんねーよ…」

こなた「んーみさきちはまだそういう経験無いからねぇ〜」

あやの「…あ、柊ちゃんと…高良ちゃん?」

かがみ「はぁ… あんたたち、一体なんでここに…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 00:18:17.18 ID:18ZmxUP90

つかさ(こなちゃん遅いなぁ… もうすぐ予鈴鳴っちゃうのに…)

つかさ(ゆきちゃんもまだ帰ってこないし…)

つかさ(やっぱりおねえちゃんとお弁当一緒に食べたいな…)

 キ〜ンコ〜ンカ〜ンコ〜ン…

つかさ「あ…予鈴鳴っちゃった 次は移動教室だから、もう行かないと…」


『やっぱりかがみはツンデレじゃないか〜』
『だからツンデレ言うな!』
『かがみさん、そんなに大きな声出さなくても…』

つかさ(…階段の上から聞えるの、おねえちゃんたち?)

『ツンデレって言う意味、最近分かってきたような気がするなー』
『みさちゃんまで… 確かに柊ちゃんは素直じゃないところあるけどね』
『だから違うって言ってるだろ!』

つかさ(皆居るの? 何していたんだろう…?)

こなた「おおっ!コレだよコレ!」
かがみ「もういい…昼休みに折角疲れとったのに、があんたのせいで台無しだ… あ」

つかさ「おねえちゃん…」

かがみ「つ、つかさ…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 00:28:52.27 ID:18ZmxUP90

つかさ(なんで? なんでみんな気まずそうな顔してるの? 私に見られたら不味いことだったのかな…)

つかさ「こ、こなちゃん、ゆきちゃん、早くしないと次の移動教室に間に合わないよ?」

こなた「つかさー、次の時間は移動教室じゃないよー?」

つかさ「え、でも時間割だと…」

みゆき「今朝、先生の都合で予定が変更になりましたよ 今日の授業は自習なんですよ」

つかさ「ええっ! 知らなかったよ〜!」(朝は他のこと考えていたから全然記憶に無いよ…)

かがみ「まったく、こなたはしっかり聞いてるのに、つかさは聞いてなかったの?」

つかさ「っ…!」

こなた「かがみー、それ遠まわしにすごく私にとって失礼なこと言ってるよね?」

かがみ「そういう意味じゃないわよ! つかさがあまりにも集中力が無い、って…」

みさお「…柊ー」チョンチョン

かがみ「ん?何よ?」

あやの「…妹ちゃん」

かがみ「あ…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 00:41:17.20 ID:18ZmxUP90

つかさ「ううっ… えうっ…」ウルウル…

こなた「つ、つかさ、どしたのさ…?」

つかさ「うっ・・・ううっ……くせにっ…」ポロ、ポロ…

みゆき「つかささん…?」

つかさ「私のっ…ううっ…私の気持ちも分からないくせにっ…」ポロポロ

あやの「妹ちゃん、柊ちゃん、今言ったことは冗談だよね?」

かがみ「じ、冗談なワケないじゃない! 注意しただけよ? いきなり泣かれても私だって困るわよ!」

みさお「…柊、だから言いすぎだってば…」

つかさ「ううっ…! ううっ…! ひっく…」ポロポロポロ…

生徒A『なんだなんだ?』

生徒B『あれ、B組の柊じゃね?』

生徒C『泣いてるぞ… なにしてんだよあいつら…』

つかさ「っ・・・! ひっく…っ ううっ…おねえちゃんなんて! 大ッ嫌い!!!」だっ!

かがみ「つ、つかさ!」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 00:53:58.50 ID:18ZmxUP90

かがみ「待ちなさいよ!」だっ!

つかさ「っ…!」タッタッタッ

かがみ「待て、って!」ぐいっ

つかさ「おねえちゃん、やめてよ! 放して!」

かがみ「訳分かんないわよ! いきなりそんなこと言われても分からないじゃない!!」

つかさ「…っ! 分からないって…! おねえちゃんは何も悪くないの? 私だけ悪いの!?」

かがみ「そ、それはっ…! でもつかさだって…」


キーンコーンカーンコーン…


つかさ「…放してよ! 放して!」ぶんっ! だっ!

かがみ「あっ…!つかさ!待ちなs」

桜庭先生「おい柊姉、もう授業の時間だぞ? 教室入れ〜」

かがみ「で、でもつかさが…」

桜庭先生「自分の教室に帰ったんじゃないのか〜? 峰岸と日下部も、いいから早く教室に戻れ」

かがみ「はい…」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 01:01:44.21 ID:18ZmxUP90

こなた(つかさ、教室に戻ってないけど、どこ行ったんだろう…)

みゆき(もう先生が来てしまいます… つかささん…)

黒井先生「それじゃあ授業をー…って、あれ? 柊はどうした?」

こなた「えっと…つかさは…」

みゆき「つかささんは体調が悪いみたいなので、保健室に行きました」

黒井先生「そっか〜風邪か? 皆も気い付けやー」
      「それじゃ、今日は授業始めるで って言っても、自習なんやけどな」

こなた(みゆきさん、ナイス!)

みゆき(でも、どうしましょう… これではつかささんを探しに行けません…)

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 01:12:54.28 ID:18ZmxUP90

ひより「はぁっ…つ、辛いッス…地獄ッス…!」

ゆたか「た、田村さん…! も、もうっ…もうすこしだよ、がんばろ〜?」

ひより「もう無理ッス… インドア派の私にとって、マラソンは拷問以外の何物でもないッス…」

みなみ「…田村さん、あと半周…がんばって」

ゆたか「みなみちゃんは、はぁっ…やっぱり余裕なんだね〜」

みなみ「…これくらいなら……あ」

ゆたか「あれ? あそこに居るの、つかさ先輩?」

ひより「授業中なのに、どうしたんスかね…?」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 01:24:58.66 ID:18ZmxUP90

つかさ「ううっ…えぐっ…ひっく…」ポロポロ…

つかさ(昨日だってそう、私ばっかり… なのに、何でおねえちゃんに怒られるの? 何で? そんなに私のこと嫌いなのかな…?)

つかさ(嫌いだよ… 私だってお姉ちゃんのこと嫌いだよ…!)

つかさ「ううっ…ひっく…」

『お姉ちゃんのお友達の、つかさ先輩ですよね…?』

『…こんなところで…どうしたんですか?』

つかさ「んっ!?」 ゴシゴシ

つかさ「ゆたかちゃんと、みなみちゃん…二人も、何でこんなところに?」

ゆたか「はい、マラソンをしていたら、校舎の影に居るつかさ先輩が目に入ったので…」

みなみ「…ゆたかと保健室に行くって言って…授業を抜け出してきました…」

つかさ「そっか〜、でも、私はなんでもないよ? ちょっと気分が悪かっただけだよ」

みなみ「……そうですか…でも私には…つかさ先輩が泣いているように見えました…」

つかさ「…やっぱり、見られちゃったよね…」

ゆたか「つかさ先輩、どうしたんですか? できることがあれば、私達が協力しますから!」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 01:42:41.55 ID:18ZmxUP90

ゆたか「そんなことがあったんですか…」

みなみ「…かがみ先輩は…少し言いすぎですね…」

つかさ「…だから、お姉ちゃん…嫌いだよ…」

みなみ「でも…」

みなみ「でも、かがみ先輩は…もう怒っていないかもしれません…」

ゆたか「えっ!? みなみちゃんは何でそう思うの?」

みなみ「だって…かがみ先輩なら…自分が悪かったことは自覚していると…思う…」
    「それを…その………素直に言えない…だけではないでしょうか…」

つかさ「……そうかもしれないけど…でも…酷いよ…ううっ」ポロポロ…

ゆたか「つかさ先輩…」

つかさ「ありがと、ゆたかちゃん、みなみちゃん…でも、もう少しだけ、一人にさせて…」

みなみ「……わかりました」

みなみ「でも…次の授業には…出てください…きっと先輩方が心配しています…」

つかさ「……ひっく、ううっ…ひっく…」

みなみ「……」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 01:54:11.50 ID:18ZmxUP90

キーンコーンカーンコーン…

こなた「結局、今日はつかさ戻ってこなかったね…」

みゆき「はい…もう帰られているのではないでしょうか…」

かがみ「おっすー、…つかさ、戻ってきてないみたいね」

みゆき「かがみさん…」

こなた「かがみ…」

かがみ「…分かってる、もう私の頭も冷えたわよ」

みゆき「それならいいんですけど、もう笑い事では済まなくなっていますよ?」

かがみ「ええ…つかさには本当に悪いことしたわ…つかさに会って、謝りたい…」

こなた「最初はつかさが悪かったみたいだけど、今日のかがみはちょっとおかしいよ…」

かがみ「…そうね、どうかしてた…反省する… つかさ、どこ行っちゃったのかな…」

こなた「カバンもあるし、まだ学校に居るんじゃないかな? 探してみよう!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 02:02:51.00 ID:18ZmxUP90

かがみ「あ、携帯!」

こなた「ううん、さっき私がかけたけど、携帯カバンの中に入れっぱなしみたい」

かがみ「そっか… つかさ、一回先生に取られたから、気を付けているのね…」

みゆき「このままでは、つかささんを探すのに時間が掛かりそうですね」

こなた「そだね…それじゃあ手分けして探そっか」

みゆき「それなら私が校舎を探します」

こなた「じゃあ私は特別教室と体育館の方見に行ってみるよ」

かがみ「私は、外ね わかった、それじゃあ見つかったら携帯に連絡する」

こなた「おk〜!」

みゆき「それではまた後ほど、つかささんが見つかったときに!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 02:13:36.30 ID:18ZmxUP90

こなた「うーん…やっぱり何処も鍵閉まってるよね…」

『あ、泉先輩! こんにちわッス!』

こなた「あ、ひよりん! 部活中だったの?」

ひより「はいっ、そうッス! 泉先輩はどうしたんッスか? こんな時間まで学校に残ってるなんて」

こなた「そだ、ひよりん、つかさ見なかった?」

ひより「柊先輩ッスか? 柊先輩なら…」(あれって…小早川さんたちから何も聞いていないけど、教えていいのかな?)

こなた「ひよりん、何か知ってる?」

ひより「んー、いや、ごめんなさいッス… 私は知らないッス…」

こなた「そっか… もしつかさ見つけたら、私達が探してるってことだけ伝えておいてくれないかな?」

ひより「分かったッス! 了解ッス!」

こなた「それじゃ私は他のところ探してくるよ、ひよりん、またね! 新刊楽しみにしているよ〜」

ひより「任せてくださいッス! ……もしかして、教えたほうが良かったのかな?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 02:23:28.07 ID:18ZmxUP90

みゆき(やっぱり他の学年の教室には居ませんよね…まだ残っている方も結構居るみたいですし…)

みゆき(ここには居ないみたいですね…一旦教室に戻りましょう…)

……

みゆき「…そんな」

みゆき(つかささんのカバンが無くなっている…)

みゆき(いつの間にか戻ってきたのでしょうか…?)

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 02:32:45.67 ID:18ZmxUP90

つかさ「みなみちゃん、ゆたかちゃん、ありがとう」

みなみ「…途中でみゆきさんに見つかりそうになりましたが、他には誰にも…見つかっていないと思います」

ゆたか「ちょっとドキドキしちゃった… つかさ先輩、本当にいいんですか?」

つかさ「うん、今のうちに帰ることにするよ、これならお姉ちゃんとも顔あわせずに済むから」

みなみ「そうですか…つかさ先輩に教えてもらった靴箱を確認しましたが…泉先輩とみゆきさんは学校に居るみたいです…」

つかさ「それなら、お姉ちゃんも学校に居るよね…」

つかさ「…二人とも、本当にありがとう、それじゃあ、またね」

ゆたか「はい、さようならつかさ先輩!」

みなみ「それでは…また…」


かがみ「…やっぱり居ないわね…」

かがみ「ん? …あれは…つかさっ!?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 02:41:52.26 ID:18ZmxUP90

『まちなさーい!!』

つかさ「? おねえちゃんの声…?」

『まちなさい!つかさー!』

つかさ(やっぱりおねえちゃんだ…! 何で見つかっちゃったんだろう?)

 ブロロロロ…

つかさ(あ、やっとバス来た…! 早く、早くしないとおねえちゃんに追いつかれる…!)

かがみ「つかさー! ちょっと、ちょっと待ちなさいよー!」

 がちゃんっ!

つかさ(っと、早く、早くドア閉まって…!)

『つかさっ! 帰るのっ? 少しくらい、待っていてもいいじゃない…!』

 ガタガタ…がっちゃんっ!

かがみ「ちょっ!! つかさ、待ちなさい! そのバス、待ちなさいよー!!」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 02:49:47.48 ID:18ZmxUP90

かがみ「ってことで、次のバスでもう帰ることにするわ」

『そっか、分かったよ 私とみゆきさんもすぐ後を追うから、先にバス乗ってつかさ追いかけて!』

かがみ「ありがと、こなた それじゃあまた後でね」 ピッ


かがみ(あと…8分…)

かがみ(つかさとのバスとは15分の差…駅で会うのも厳しいわね…)

かがみ(どっちにしても、つかさ会えるのは家になりそうね)

……。

かがみ(あと1分…)

ブロロロロ…

かがみ(やっと来た! つかさ…待ってなさいよ…))

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 02:58:22.20 ID:18ZmxUP90

かがみ「ただいま!」

みき「おかえりなさい そんなに焦って、どうしたの?」

かがみ「お母さん、つかさは!?」

みき「つかさ? つかさならさっき帰ってきたけど…ってかがみ?」


 コンコン!

かがみ「つかさ、居るの?」

 コンコンコン!

かがみ「つかさ、入るわよ? いい?」

 がちゃ…

かがみ「つかs…  あれ? 居ない…? ん?」

かがみ「これは…何だろう?」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 03:11:26.41 ID:18ZmxUP90

つかさ(またおねえちゃんと一緒に、巫女の仕事お手伝いしたいな…)

つかさ(おねえちゃん…)ポロ…ゴシゴシ

つかさ(おねえちゃん…何で、何であんなに怒るの…)

つかさ(…おねえちゃん…)ポロポロ…ゴシゴシ…

つかさ(やっぱり…どんなことがあってもおねえちゃんのこと、好きなのに…)ポロポロポロ…

 ちゃりんっ…パン、パンッ!

つかさ「もう一度、もう一度だけ、おねえちゃんと仲良くなりたい…おねえちゃんと仲良くなりたい…」

つかさ「おねえ、ちゃんとっ…っう…ひっく…」ポロ…

つかさ「おねえちゃんとっ…なかよく・・・」ポロポロ…

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 03:22:09.46 ID:18ZmxUP90

『…つかさ』

つかさ「んっ!!?」ゴシゴシ

かがみ「つかさ、こんな時間に…何やってるのよっ…」

つかさ「おねえ、ちゃん…」

かがみ「…少しくらい、私の話聞いてくれたっていいじゃない…」

つかさ「だって!だっておねえちゃん! 私のこと怒ってばかりで…! そんなおねえちゃんはっ…嫌いだよ!」ポロポロ…

かがみ「つかさ…」

つかさ「優しいおねえちゃんがいいよぉ… 一緒に勉強したり、一緒にゲームやったり、一緒にお菓子作ったり…」

つかさ「一緒にっ…っひっく…やさしいっ…おねえちゃんとっ…ひっく…一緒にっ…居たいよ」ポロポロポロ

かがみ「…つかさ、……その」

かがみ「…ごめん、ね…ごめんね」

 ぎゅうっ!

つかさ「お…おねえちゃん…っ…」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 03:33:56.70 ID:18ZmxUP90

かがみ「ごめんね、つかさ…本当に、ゴメンね…」

つかさ「ううっ…ひっく…おねえちゃん…!」

かがみ「昨日もそうだし、今日も… つかさは、つかさは悪くないから…悪いのはすぐ怒っちゃう私だから…」

つかさ「ごめんね、おねえちゃんっ…っく…昨日は私が悪かったよ…ごめんねおねえちゃん…」

かがみ「つかさ… つかさはやっぱり優しいね、私とは大違い…」ポロッ…ポロ…

つかさ「そんなっ…ことないよっ… おねえちゃんの方が…」

つかさ「今日は怖かったけどっ… 何時もはおねえちゃんの方が、ずっと優しいよ…」

かがみ「そう言ってくれるつかさが一番よ…」

かがみ「つかさみたいな妹が居て、私幸せだよ…」

つかさ「わたしもっ…ひっくっ…おねえちゃんが一番好き…」

かがみ「ありがと、つかさ…私もつかさのこと大好きよ」

つかさ「おねえちゃんっ…ひくっ…おねえちゃんっ!!」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 03:53:36.55 ID:18ZmxUP90

………。

かがみ「ほら、いつまで泣いてるんだ? もうそろそろ帰らないと、お母さん達心配するよ?」

つかさ「うんっ…ひっく…もう、もう大丈夫だよ…」ゴシゴシ

かがみ「それとつかさ、これ部屋に落ちてたよ」

つかさ「あ…これ…」

かがみ「お母さん達から貰った、つかさの高校合格祈願のお守り…つかさ、いつも持っていたんだね…」

つかさ「うん…何時も、制服のポケットに入れてるんだ… さっき急いで着替えたから、落としたのに気がつかなかったよ」

かがみ「実はね、私も……ほら、つかさと一緒に貰ったお守り、何時も持ってるのよ」
    「二人で合格したとき、これからも一緒だね、ってつかさが言ったの、まだ覚えているよ」

つかさ「うん…私すごく頑張ったよ、おねえちゃんと一緒の学校行きたかったから…」

かがみ「だから、私もずっと持ってた… つかさとこれからも一緒に居られますように、って…」
     「でも、高校受験の時に使い果たしちゃったのかもね クラスまでは一緒になれなかった」

つかさ「でも…おねえちゃんも持っていてくれたんだもん…今までも、これからも、ずっと、ず〜っと、一緒だよね!」

かがみ「うん、ずっと一緒、これから離れることがあっても、私とつかさは双子の姉妹、生きてる限り、ずっと一緒よ!」

かがみ「つかさ…大好き!」

つかさ「私も、おねえちゃんのこと、大好きだよっ!」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 04:15:26.12 ID:18ZmxUP90

……。

かがみ「あ、帰るついでに、コンビニよっていこっか」

つかさ「あ…昨日はごめんね…だから今日は私が買うよ〜」

かがみ「そんなに気を使わないでいいよ、つかさを泣かせちゃった私が責任あるんだからさ」

つかさ「でも…昨日勝手に食べちゃったのは私だから…」

かがみ「う〜んそうね… それじゃあ、二人で一個ずつ買えばいいかな」

つかさ「でもおねえちゃん、一箱も食べて大丈夫?」

かがみ「い、いいのよ! 今日は走ったりしてカロリー消費したから!」

つかさ「でも…ダイエット成功したからってすぐ食べるのは危ないよ〜」

かがみ「いいの! 昨日食べられなかったんだから! ほらつかさ、コンビニまでダッシュ!」

つかさ「ええっ!? おねえちゃん、もう気にしなくても大丈夫だよ〜! おねえちゃん、まって〜!」

かがみ「はやくしないと、つかさの分のポッキー、買占めちゃおうかな〜!」




 〜 終 〜

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 04:24:10.10 ID:18ZmxUP90

…で、終りです
読んでくれた方々、支援してくれた方々、本当にありがとう


ただ、パティを出すのは…無理でした

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 12:30:43.50 ID:18ZmxUP90

イラストまで…ありがとうございます

でも、>>1>>3は別人なんです



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:レッド「俺をピカチュウにしてくれ」マサキ「おk」