【艦これ】船霊「艦娘を育てろ、ですか」舞風「だー」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「リツコのレズクラブ?」

ツイート

1 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 16:44:39.20 ID:Qn6dAgzl0


艦娘が提督達と出会う前のお話となります。
短め、本日中に完結予定です。

2 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 16:46:05.54 ID:Qn6dAgzlo


船霊「この子を育てろ、ですか?」

舞風「だー」

天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)「そうじゃ」


自己紹介が遅れましたが私、船霊(ふなだま)と申します。
目の前でふんぞり返ってやがるのはクソジジi…おっと、失礼しました。
最高位の神様でおられます天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)様でございます。

長すぎますね、ハイ。
アメポンとかカミやんで十分です。ハイ。


4 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 16:47:40.95 ID:Qn6dAgzlo


船霊「カミ様、どうして私なのですか」

カミ「ふむ、その子の魂がな。在りし日の船の魂だからじゃ」


なるほど、確かにそのようです。
こういう見えて私もカミやん程ではないですが
一端の神なんです。こう見えても。


カミ「その子はのぉ、来るべき戦いに備えて魂を育てねばならん」

船霊「はぁ」

カミ「他の神達にも手伝いをお願いしているのじゃ」

カミ「サボり癖のあるお主ではあるが」

カミ「さすがに船に関することはすぺしゃりすとであろう」

カミ「とつもなく不安ではあるがのぉ…」

船霊「滅相もございません」


5 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 16:51:48.54 ID:Qn6dAgzlo


カミ「かくかくしかじか」

眠い。

カミやんのうざったいばかりの後光のせいで、
ピカピカピカピカと眩しくて眠れません。

伊達に年月を過ごしている訳ではありませんね。
前に見たときよりも更に眩しく輝いています。


あ、違いました。
光る素敵なお頭をしているからでした。
むむ、後退してますね。これは。

ぷぷぷ。



カミ「というわけでよろしく頼むぞ」

カミ「あと儂、別にカミやんでもいいぞ」



チッ、ばれてたか。


7 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:06:36.87 ID:Qn6dAgzlo


ミルクは温度が重要です。
熱すぎ冷たすぎず。

船の魂を持つといえど食生活はバランスが大事なのです。
赤ちゃんは健全なお乳で育つのです。


舞風「まま、ちゅーちゅー」

船霊「はい、待っててくださいね」

舞風「こっちー」

船霊「すいません、そこからは何も出ません」


大きさは立派だと思います。
あと形も結構自信はあるんですが。
いかんせん出ないもんは出ません。



8 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:17:59.82 ID:Qn6dAgzlo


船霊「ワン・ツー」

船霊「ここでターンですっ」


ふぅ。

いい汗かきました。

人間が私を讃えるためにに考えた踊りらしいです。
シェイプアップに丁度いいです。
この美しさを維持するためには努力せねばなりません。


なんせまだ1500歳ちょっとです、私。
まだまだピチピチのイケイケですから。


舞風「たーん♪ たーん♪」


舞風ちゃんも気にいっているみたいで良かったです。

夜泣きしている時とか踊ってあげると泣き止むんです。



本当ですよ?



9 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:18:41.76 ID:Qn6dAgzlo


カミ「舞風ちゃんも大分おおきくなったの〜」

舞風「?」

舞風「ままー、変な人きてるよ」

船霊「近寄るな、クソジジイ」

カミ「」

船霊「すいません、口が滑りました。カミ様」


どうも部屋の空気が薄汚れていると思ったら
匂いの原因がありました。
加齢臭をまき散らしにきたのであれば早く帰って頂きたいです。
舞風ちゃんが悪い病気になったらどうするんですか。

責任とれるんですか。
いえ、すいません。
責任とらなくていいので目の前から消えてください。



カミ「君、思ってることバレてるの分かっててわしの事いじめてるよね?」


なんのことでしょうか。
つうか舞風ちゃんからさっさと離れろよ。
エロジジイ。


カミ「わし、ロリじゃないんだが…」



10 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:19:14.30 ID:Qn6dAgzlo


舞風ちゃんに下界を見せて社会勉強中です。
今のうちに危険なものには近寄らないように教え込まないといけません。


舞風「ままーこれはなーに?」

船霊「これは”オトコ”という怪物です、決して近寄ってはなりません」

舞風「そーなんだ」

船霊「近づいてきたら殴ってかまいません」

舞風「わかったーー」



舞風ちゃんは私に似てとても美人さんなので心配です。
屑な男に引っかからなければ良いのですが。

まぁその時は呪い殺してあげます。
舞風ちゃん、心配しないでくださいね。
神の特権です。


11 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:28:57.39 ID:Qn6dAgzlo


舞風「ママ! 舞風の踊り。ちゃーんと見ててねー」

船霊「勿論です、ちゃんと見ています」

舞風「うんっ!」


元気一杯な女の子に育ってくれました。

ええ。とっても。


舞風「ママ、見ててくれた〜?」

船霊「ええ、とても綺麗した。もう私より上手に踊れますね」

舞風「そんな事ないよ! ねえ、舞風と踊ろう」

船霊「うっ、急にうんこがしたくなりました」

舞風「もうっ」


若さには勝てません。

いやはや悲しいです。



12 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:29:25.01 ID:Qn6dAgzlo


カミ「舞風はもう大丈夫そうじゃのぉ」

船霊「何がでしょうか、さっぱり全くわかりませんね」

カミ「とぼけるでない」

船霊「…」


13 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:30:46.49 ID:Qn6dAgzlo


カミ「だがのぉ、最後にやる事が残っている」

船霊「…?」

カミ「彼女に船であった頃の記憶を取り戻させてやらねばならん」

カミ「これじゃ」


カミやんが何かを取り出しました。
ビー玉ぐらいの大きさでしょうか。
光る玉が宙に浮いています。



力を感じますね。



なるほど、これが舞風ちゃんの記憶、ですか…。


14 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:32:24.15 ID:Qn6dAgzlo


少し触れただけで分かりました。
恐怖、憎悪、無念、嫌悪、渇望、絶望……。
様々な負の感情が入り乱れています。
ええ、それも濃密な…。

神である私でも引きずられそうになるほど強い感情です。


まさか、これを舞風ちゃんに?
とうとうボケたんでしょうか。
目の前の老害は。


船霊「カミ様、どうしても必要なこと、なのですか」

カミ「…そうじゃな、その記憶がないとその子は」


同じ過ちを繰り返す事になる…か。


15 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:33:17.18 ID:Qn6dAgzlo


ふざけてやがります。

なにが神ですか。

舞風ちゃんをこんな方法でしか救えないなんて。

役立たずですかなんですか。

こんな事をするために神になったんじゃないです。

本当、冗談じゃありませんよ。

こんなに自分に腹が立ったのは初めてです。

クソがっ。



16 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:34:36.35 ID:Qn6dAgzlo


船霊「…」

ですが、決断しなければなりません。
心を鬼にしなければなりません。
あんな悲劇をこの子に繰り返させるわけにはいきません。

その為には。



船霊「舞風ちゃん」ギュッ

舞風「ママ?」

船霊「ごめんなさい」

舞風「?」


舞風ちゃんに彼女の記憶を押し付けます。
見る見るうちに表情が青ざめていきます。

ごめんなさい…。


17 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:36:49.63 ID:Qn6dAgzlo


舞風「あああああああああああああああああああ!?!?!?」

舞風「やだああああああああ!!!」


ごめんなさいごめんなさい。


舞風「赤城さん……赤城さん………」

舞風「いやあああああああああああああ!!!」


ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。


舞風「こわい、こわいよおおおおお! やめてえええええええええええ」

舞風「助けて………助けて……助けて…たすけて…!!! のわき……ママ…」


ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい。


18 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:40:59.34 ID:Qn6dAgzlo


三日三晩、舞風ちゃんは苦しみ続けました。
ずっと傍にいました。傍にいることしか出来ませんでした。
抱きしめてあげることしか出来ませんでした。


そして、四日目の朝。
突然ピタリと舞風ちゃんの体から震えが止まりました。

同時に舞風ちゃんの気配が希薄になっていきます。

やっと記憶の定着が終わったようです。



良かった…。


19 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:43:13.56 ID:Qn6dAgzlo


もう、これで彼女は苦しまずにすみます。

頑張って頑張って耐えてくれました。

その小さな体で。

舞風ちゃん…。

本当に良い子です、自慢の娘です。

ずっと傍にいたいです。

ずっと抱きしめてあげたいです。




でも、


お別れの時です。


20 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:44:27.59 ID:Qn6dAgzlo


舞風「ありがとう。ママ」

船霊「舞風ちゃん…」


涙は堪えます。
だって舞風ちゃんが我慢しているから。
笑顔をみせてくれているから。
私が我慢しないでどうしてくれますか。
ちくしょう。


舞風「今まで育ててくれて、ありがとう…」

船霊「あなたは立派な」

船霊「私の自慢の娘です」ギュッ

舞風「うん…」ギュッ



21 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:45:01.56 ID:Qn6dAgzlo


そして、舞風ちゃんは旅立ちました。

今度こそ、幸せになってくださいね。


22 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:46:30.75 ID:Qn6dAgzlo

***

舞風「駆逐艦舞風です、暗い雰囲気は苦手です!」

提督「すごい元気な子だな、君」

舞風「えー駄目ですか〜〜??」

提督「いや、悪くないよ、むしろ好きだ」

舞風「わかってんじゃーん、提督ぅ!」


**


提督「舞風は本当に踊りが好きなんだな」

舞風「えへへ、なんだか踊ってると心が落ち着くんだ〜」

舞風「提督も一緒に踊るぅ〜?」

提督「よしっ、付き合おう!」

舞風「ぉ、ノリいいね〜!」


**


提督「舞風、ケッコンしよう」

舞風「はい…はい…」

舞風「こんな私ですが……」

舞風「…ずっと近くに居ても、いいですか…?」

提督「ああ!」


***


23 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:48:49.05 ID:Qn6dAgzlo


舞風ちゃん…。



どうやら舞風ちゃんは良い人と巡り合えたようです。
安心しました。
一時はどうなる事かと思いましたが。

何がって?

舞風ちゃんに不必要に肉体的接触を試みるあのクソ雄猿に、
何度も腸が煮えくり返る思いをさせて頂きましたし、
何度も溺れさせたんですが舞風ちゃんが心配するのでやめました。
仕方がないので存在ごと抹消すれば解決だなと思った回数はもう数えきれません。
舞風ちゃんが秘書艦じゃなかったら隙を見てやれたんですが。
チッ。

いえ、なんでもありません、ちゃんと理性で抑え込みましたよ。ええ。
私、偉いですね。






勿論、冗談ですよ?

24 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:50:15.39 ID:Qn6dAgzlo



船霊「お幸せに、舞風ちゃん」



『幸せになれたよ、ママ』



船霊「舞風…ちゃん?」


空耳かもしれませんが。
いえ、空耳ではありませんね。
確かに聞こえました彼女の声が。



25 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:51:06.81 ID:Qn6dAgzlo


カミ「ちーっす、カミやんだよーん」


無理して若者ぶっているんでしょうか。
かなりウザいです。

死ねばいいのに。


カミ「この子の事をよろしく頼む」


カミやん。
いえ、ハゲがまた艦娘ちゃんを連れてきました。



26 名前: ◆zbRyxr8xxg[saga] 投稿日:2015/03/20(金) 20:51:39.92 ID:Qn6dAgzlo


もう一度、この子達を育てる。
正直、辛くないといえば嘘になります。
でもそれが舞風ちゃんや他の艦娘の助けになるならば。

あらゆる舟の神として生まれしこの船霊。
挫けるわけにはいきません。


船霊「では、ご飯にしましょうか」

船霊「野分ちゃん」

野分「だー」





27 名前: ◆zbRyxr8xxg[sage] 投稿日:2015/03/20(金) 20:56:51.98 ID:Qn6dAgzlo

予定より独自設定が強い話になってしまいましたが、
なんとか終わらせられました。
見てくださった方、ありがとうございます。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:橘「マスターいつもの」 キョン「はい」