シンジ「オナホ買った」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:光彦「喰種ですか」

ツイート

1 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:21:49.25 ID:9jh1PFgw0


シンジ「ありがとうございましたー」ニコ

シンジ「……ふう…やっと届いたぞ!」

シンジ「この時をどれだけ待ちわびたことか…」

シンジ「ふふ…今までアスカやミサトさんにばれないように右手を奮ってきたけど…」

シンジ「そんな生活も今日で終わり…そう、僕にはこのオナホがあるんだからね!!」

シンジ「トウジやケンスケが薦めてくれたんだ、間違いないよ!」


ガチャガチャ

2 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:23:19.95 ID:9jh1PFgw0

シンジ「!?」

シンジ「マズイ誰か帰ってきた…この時間からしてきっとアスカだな」

シンジ「…いるよアスカー今開けるからねー」ガチャ

アスカ「ハァ…アンタねぇ!!家にいるんなら鍵くらい開けときなさいよ!!」

シンジ「そんな…泥棒が入ってきたら困るだろ?」

アスカ「それが地球を守る男の役目なの!?ヘタレマスカキシンジ!!」

3 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:24:08.57 ID:9jh1PFgw0

シンジ「マ…!マスかいてなんかないよ!!ふざけないでよ!!」

アスカ「っふーん?知ってんのよ?アンタがいつも夜中に起き出してきてトイレで何かしてるの!」

シンジ「別にやらしいことなんてしてないよ!お腹が痛いんだよ!」

アスカ「…まぁ、そういうことにしといてあげるわよ。アタシは部屋に戻るわ、トイレにはこもらないでよね」

シンジ「………」

シンジ「女の子のくせにそんな発想に至るなんて気持ち悪いや」

4 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:24:51.62 ID:9jh1PFgw0

シンジ「さて、アスカも帰ってきちゃったことだし、次の機会にしたほうが安全だけど…」

シンジ「でも、我慢できるわけ無いよ」

シンジ「……」

シンジ「トイレはやめておこう、僕の部屋の方がいい」

シンジ「さて、いよいよ開けるぞ…!」ベリベリ

シンジ「うわぁ…パッケージからしてもの凄くいやらしいや!」

シンジ「でも、この箱の中にはさらにいやらしいものが入ってる…」ゴクン

5 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:25:43.58 ID:9jh1PFgw0

シンジ「………すごいや、凄く柔らかい上にピンクと来たよ」

シンジ「なんてハレンチなんだろう…!見てるだけで僕の初号機も暴走しそうだよ」

シンジ「ああ!早くこの格納庫の中に初号機を入れてあげたい!」

シンジ「…でもその前に、ローションを垂らしてあげないとね」

シンジ「え…?たったこれだけしかローションは付属されてないの…?」

シンジ「ふざけないでよ!!なんだよこの醤油が入ったやつみたいな大きさ!!」

6 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:26:19.28 ID:9jh1PFgw0

シンジ「……まぁいいや…確か他のものでも代用できるってケンスケが言ってたし…」

シンジ「…………」タラー

シンジ「おお…奥まで勝手に流れてく…当たり前だけど…」

シンジ「よし、ここでならすためによく揉もう」

シンジ「………」モミモミ

シンジ「…よぉし…これで準備完了だ…」


7 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:27:18.87 ID:9jh1PFgw0

シンジ「僕は初号機パイロット、碇シンジです」ヌプゥ

シンジ「あああああああああああああああああああ!!」

シンジ「ああああああああぁぁぁぁ…ァアアアアアア!!!」

シンジ「なんだこれ…!!包み込まれてるよ!!なんだよこれ!!」

シンジ「空気を抜く作業すらままならないよ!!ッハアアアアアアアアアアア!!」

8 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:27:53.89 ID:9jh1PFgw0

シンジ「………」

シンジ「ゆっくりと動かしてみるよ」

シンジ「」ヌポ

シンジ「っ!!よぉし…だいぶ慣れてきたぞ…ちょっと激しく…」

シンジ「ああっ!!はぁああっ!!ああああああああい!!ええええええい!!!」 ヌプヌプ

10 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:28:21.32 ID:9jh1PFgw0

シンジ「素晴らしいよ!!これがっ!!これが女の子なんだね!!!」ヌプヌプ

シンジ「これが僕が追い求めていた存在!!毎日毎日!!同い年の娘と同棲してて考えないわけないだろぉお!!」ヌプヌプ

シンジ「気持ちいいよ気持ちいいよ!!アスカもこんな風になってるのかな!!ああ!!教えてくれよアスカ!!」ヌプヌプ

シンジ「そうだよ…そうに決まってるよ!!なんて素晴らしいんだアスカぁあああああ!!」ヌプヌプ

シンジ「いつもいつも僕をこき使ってくれやがって!!僕は犬じゃないんだよ!!頭撫でるだけで家事全部と釣り合うと思うなよ!!」ヌプヌプ


12 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:28:46.76 ID:9jh1PFgw0


シンジ「そうさ…でも今の状況を見てみろよ!!アスカが散々こき使ったワンちゃんに突かれてよがり狂ってるじゃないか!!」ヌプヌプ

シンジ「気持ちいいんだろう?気持ちいいんだろうアスカァ!!その顔を見れば分かっちゃうんだよ!!」ヌプヌプ

シンジ「オラッオラッ!!ここか!!ここがいいんだろ!!正直な娘は大好きだよ!!」ヌプヌプ

シンジ「……っ…そろそろ限界さ…僕とアスカのシンクロ率は今や400%を超えてるよ!!」ヌプヌプヌプヌプ

シンジ「……じゃあ、受け止めてくれるね、」


13 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:29:39.53 ID:9jh1PFgw0

シンジ「っはああああああああああああああああああ!!!!」ビュルルルルル

シンジ「」

シンジ「」

シンジ「」

シンジ「…はぁ…最高だったよ…」

シンジ「こんな最高な気分になれるなんて…ヤク中たちは薬よりオナホを買うべきだったよ…」

アスカ「本当にそうね」

14 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:30:17.90 ID:9jh1PFgw0

シンジ「うん…しっかし、ケンスケたちはこんないい思いを毎晩してたのか…もっと早く手を出しておくべきだったよ」

アスカ「さすがに毎日は無いんじゃない?」

シンジ「いーや間違いないよ!半年くらいまえからいきなり快活になり始めたんで気がかりだったんだけど」

シンジ「これで、わかった気がするな」

アスカ「っふーん。まぁどうでもいいわ、アタシ今日外食にするから。」

シンジ「あ、そう?あんまり遅くならないようにね」

アスカ「ハイハイわかったわよ」

シンジ「うん、行ってらっしゃーい」

15 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:30:52.63 ID:9jh1PFgw0

シンジ「…………」

シンジ「…………」

シンジ「……………」ニコ

シンジ「うわああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」ガンガンガン

シンジ「うわあああああああああああああああああああああああああ!!!」ガスガス

シンジ「あああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

シンジ「」

シンジ「アスカが帰ってくるまで鍵開けてよう」

シンジ「そして僕は」

シンジ「はああああああああ気持ちいいよおおおおおおお」ヌプヌプ





17 名前:@ [] 投稿日:2014/11/16(日) 21:33:15.48 ID:9jh1PFgw0

今日初めてオナホを使用したのでその勢いでやりました
ボクおな2でした
駄文失礼いたしました
ちなみに私は少し刺激が足りないと感じました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ねえ、朝倉涼子って今なにしてると思う?」キョン「しらん」