【艦これ】 魚氷に上り、輝よひて


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒちゃんの頭を万力で挟んであげたらどうなるの?

ツイート

1 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:14:26.77 ID:NuYWKeX+0

妄想が爆発しました
ありふれているかもですが、よろしくおねがいします

2 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:15:09.99 ID:NuYWKeX+0



これは 深く暗く とても悲しい泥の海のおはなし



3 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:16:18.40 ID:NuYWKeX+0



深く暗い闇の中、私たちは泳いでいる。

ここは、深海と呼ばれる場所らしい。

暗く冷たく、寒い。

なにもいいことはない。

ただ、

かすかに見える天井から射す光が、

ぼんやりと憶えているいつかの思い出が、

私を、私たちを奮い立たせている。

「あ」

ほら、また今日も

あの温かい光を目指して

上へ上へと泳いでいく。



4 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:17:26.81 ID:NuYWKeX+0



だが、志半ばで阻まれてしまった。

水の流れかその重さ故か、

泳いでいった人たちは、みな深く暗い此処に帰ってきた。

やっぱりだめだったと笑う人。

泳ぎ疲れた友の死を悼む人。

皆等しく帰ってきた。


やっぱり今日もだめだった。

いつになったら、あの温かい場所へいけるんだろう。

ここは寒いなぁ。

暗いなぁ。

苦しいなぁ。

と、落ちてきた人が声をあげた。

「がんばっても!どんなに泳いでも!あの光へはいけないんだよ!
 みんな目を覚ませ!この暗い世界が私たちの現実なんだ!」

……

何も言えなかった。



5 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:18:33.36 ID:NuYWKeX+0



ところで、ここには皆と少し違う人たちが居る。

彼女たちはこの深海の、さらに深い水底で漂っている。

落ちてきた亡骸を我よわれよと貪り食う。


目のいい私は見えてしまう。見たくもないものが。
耳のいい私は聞こえてしまう。聞きたくもない音が。

一つに群がるそのさまはまるで珊瑚礁で。

食い散らかして満足すると、それは鼻歌交じりに散っていった。



「こんなところは嫌だ」

誰かが言った。

続くように、その隣の人が言った。

泳ぐ人が口々に言った。

「こんなに暗いところは嫌だ」

「こんなに寒いところは嫌だ」

「こんなに苦しいところは嫌だ」


上を見上げて、届かない天井を見上げて、誰もが言った。


ああ 誰か 光をくれ



6 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:20:01.75 ID:NuYWKeX+0



この暗く寒い世界を、私たちは彷徨い泳ぐ。

時に手を取り、助け合い、泳ぐ。

今もそうやって、みんなで泳いでいる。

明日のために、希望ある未来のために、耀かしい光のために。

同じように生きて、今に私を繋いでくれた人のように。

みんなでつくった明日への輪をくぐって。


でも、そうやって繋いだ明日に何の意味がある?


どうせ何も出来ない。光になんて届かない。

来る日も来る日も泳ぎ続けて、

そうやって生きる日々に何の意味がある?



7 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:21:41.21 ID:NuYWKeX+0




「教えて」

「教えてくれよ」

「教えてほしい」

みんなが問う。

「教えて」

「教えて」

「教えてくれ」

この世界に問う。

「私たちの生きる意味は何だ!」

応えはない。

そうだ

みんな知っていたんだ

昇る人も

沈む人も

気付かないふりをしていた

認めたくなかった

だが、

そうだ

ここに光はこない

私たちはただ泳ぐしかない

永遠に

永遠にだ



8 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:23:05.57 ID:NuYWKeX+0



誰かが、または誰もがこう思った(言った)。


光は幻想だ

まやかしだ

なんと 馬鹿馬鹿しいことだ

夢を見てはいけない

夢を見るのは愚か者だ

ひとりで泳いでいけ

たったひとりで泳いでいくのだ

そしてひとりで果てるがよい



9 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:24:20.28 ID:NuYWKeX+0



……それでも、私は前向きに考えた。

たとえそうであったとしても、必ず先に光があると。

また皆で助け合えば、きっと道はあると。

だが、

そう思って見渡しても、もう誰も居なかった。

みんな、どこかへ行ってしまった。

ひとりで。

ああ、見えていた道が

明日への道が

皆が繋いできた輪が

ない。

ない。

なくなってしまった。



10 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:25:54.72 ID:NuYWKeX+0



ああ、ここは寒い

ここは苦しい

たすけてほしい


この暗い世界を独り、あてもなく泳ぐ。

今まで返しがあった言葉は、みんなの励ましの言葉は、もうない。

孤独だ。


くるしい

助けてくれ

憎い

愛してる


ああ、疲れた。



11 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:27:49.47 ID:NuYWKeX+0



……?

突然、目の前が明るくなった。

なんだろうと上を見上げると、光り輝く太陽があった。

濁りきった水はどこへやら、天井から温かい光が見えた。

ああ、彼の光だ。夢に見ていた耀かしい未来だ。

と、

気がつくと、周りには皆が居た。

我先にと、あの光を目指して泳いでいく。

真っ白だった光は、いつしか人の影で見えなくなり、その影が減っては増えていく。

まるで雨のように、人のかたちをした泥が降ってくる。


おそろしいことだ

尻の穴を見せ合っている醜い魚(人)たちが

「我こそが我こそが」

とつぶやいている

早口で

早口で!

早口で早口で早口で!

は や く ち で!


「あの光は私のもの!」

「違う!私のものだ!」

「邪魔だ!」

「どけ!」

「うるさい!死ね!」

「何だと!?そっちが死ね!」

「暗いのは嫌だ寒いのは嫌だ苦しいのは嫌だ」

「嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ」

「死んでしまえ死んでしまえ」

「そうだみんな死ねばいい」

「そして私ひとり生きればいい」

「嫌だ疲れた苦しい助けて」


そうやって沈んでいく。

あんなにきれいだった水はあっという間に泥で濁り、

光を浴びたものは誰一人としてなく、

生き残った私はただ佇んでいた。



12 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:29:05.60 ID:NuYWKeX+0



水底で漂う珊瑚礁たちは、降ってきた泥に夢中だった。

喘ぐように貪り、呼吸も忘れ、

ただひたすらに食べ続ける。

泥を押し付け合って慰めるように、みんなでかたまって食べている。

姦しく食い散らかしている。


そうして、食べ終えた人たちはまたどこかへ去っていった。

あれだけやかましかった音は消え、残ったのはただ水が流れる音だけ。


こんなことが毎日毎日

泳いで 泳いで 泳いで

その繰り返し

まったく嫌になっちゃうよ



13 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:30:25.42 ID:NuYWKeX+0



濁った海を独りで泳ぎ、また思う。


例えこんな繰り返しの日々でも、いつか終わりは来ると。

いつかこの寒い冬のような世界を抜け出して、

光射す温かい春のような世界へ行ける(戻れる)と。

そしてその世界で、幸せに生き死ねると!


だから、泳ぐ。

この暗く寒い水の中を、泳ぎ続ける。

背中に希望を背負って光を目指す。

遠い思い出の愛する人が、私を待っていると!


そうやって、ついに見つける。

さっきもあったきれいな場所。

天井から光が射している場所。

今度は大丈夫。今度は諦めない。今度こそ、光の下に!



14 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:31:48.65 ID:NuYWKeX+0



上を目指し泳ぐ私の後ろに、人がついてくる。

さらにそれについてくる人、人、ひと。

途中で疲れて死んでいく人。

他人を蹴落とし昇っていく人。

傷ついていく私の身体。


千は百になり

百は十になり

十は一になり


沈んでいく泥(人)

一が積もり千となる

是まさに 堂々巡り



15 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:33:20.72 ID:NuYWKeX+0



こんな悲しいところに

幸せなんてないようなところに

悲しみしかないようなところに

光が届く道理など無く


ああ、見える。

深海に降り続く、

琥珀色の日陰にも似たこの雨(泥)が。


上る人たちが口々に呟いている。

ああ、誰か

光を

光をくれ



16 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:34:41.64 ID:NuYWKeX+0



ああ、そういえば



はるか昔に

大切な人が歌っていた子守歌があったなぁ

「〜♪」

少し思い出しては、歌っていく。

愛した人が歌ってくれた歌を。

それを自分で、自分のために、奮い立たせるために歌っていく。

かわいらしい 迷い子の歌


歌いながら、眺め遣る。

ああ、こんなにも迷い子たちが、

泡沫のように消えては生っている。

上を目指して上っている。


そうして、そうしてようやく



17 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:37:29.68 ID:NuYWKeX+0



天井に近づかんとする私の中で

かつての思い出が鮮明になる。

あの光の下、

遠い昔、

幸せに暮らしていた日々を。

大切な人たちと、笑い合って過ごしていた日々を。

時に泣き、時に怒り、されども幸せに生きていた耀かしい日々を。

そんなそんな、遠い思い出。

幸せな、大切な思い出。


もうすぐ、私は氷に上る。

あの光の下で、また耀ける。

水面から飛び跳ねる魚のように。

生き生きと。

生き生きと!



18 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:40:07.25 ID:NuYWKeX+0



―『敵艦隊、見ゆ!』―



19 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:41:12.41 ID:NuYWKeX+0



ぷはっと息を吐く。

水面から顔をだす。

真上には照りつける太陽があって。

濁った海のその上は、とても青くて。

まるでこの世のものではないように綺麗で。

暗く寒く苦しい世界では考えられないほどに快適で。

その中に独り佇んで風を受けたりなんかしてみて。

ああ、温かい

ああ、とても

とても

幸せだなぁ

ああ、なんて

なんて

幸せだなぁ


あ!

ほら、あの大切な思い出の場所から

私を祝福するように

私の大切な人たちが出迎えに来ている。

ああ、みんな

私、帰ってキ――



20 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:42:56.56 ID:NuYWKeX+0



「ア、アァ――」

熱い。

足元が燃えている。

腕が燃えている。

熱くて 痛い 熱くて 息が出来ない。

「ド、ウ――」

空が凍っている。

いつの間にか太陽は蜻蛉達に埋め尽くされ遮られ。

寒くて 痛い 寒くて 息が出来ない。

「シ、テ――?」


どうしようもない

そうだ、どうしようもない

誰もが どうしようも! ない!


光を目指して泳ぎ疲れた人たちがただ泣いている。

幸せを求めて泳ぎ疲れたひとたちがただ泣いている。

どうしようもないと泣いている。



21 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:44:13.68 ID:NuYWKeX+0



ココハ地獄ダ

ここは天国だ

ココハ天国サ

ここは地獄さ


ああ、私の信じたものの

夢見た希望の、耀かしい未来の先には何もなく、

必死に泳いできた、あの暗く寒く苦しい泥の海にも何もない。


それでも

私たちは

何も知らず

ただ、

泳いで

泳いで泳いで

泳いで泳いで泳いで

今日も明日も明後日も

来週も来月も来年も

十年先も

そして

命尽きた その後も

ひとはきっと

泳いで

泳いで泳いで

泳いで泳いで泳いで

そう 嵶やかに

「――タス、ケテ――」


――――わらえる



22 名前: ◆WgnmsRcFGw[saga] 投稿日:2014/08/30(土) 00:47:30.24 ID:NuYWKeX+0

以上で完結となります。ありがとうございました!
お話の元はあさき氏の「魚氷に上り、輝よひて」という曲です



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「綾波へのメールを間違えてアスカに送った」