のび太「ドラえもーん!人知を超えた力がほしいよー」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:花沢「ここが雛見沢村ね!」

ツイート

1 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 12:37:25.44 ID:UejjBPL50

ドラえもん「もうしょうがないなぁのび太くんは」ガサゴソ

ドラえもん「いーしかめーん」テッテレー

2 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 12:40:01.84 ID:UejjBPL50

のび太「わぁい、これはなんだい?」

ドラえもん「これをかぶると君が望んだ人知を超えた力がてにはいるよ」

のび太「わぁい、これでジャイアンを殺してくる」

4 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 12:46:02.84 ID:O6PX9W+l0

空き地

のび太「あ、ジャイアンがいた」

ジャイアン「お、のび太がいるぞ!よし、殴らせろ」

のび太「ちょっとその前にいいかな?」

ジャイアン「うるせぇ一発殴らせろ」

のび太「なぁ、ジャイアン。人間にはどうしても限界というものがあるよね…」

スネ夫「なにいってんだこいつ」

のび太「そう…僕はその限界を超えて見せる…僕にはできるんだ…」スッ

スネ夫「のび太、なにその変な仮面」

のび太「僕は人間をやめるぞー!ジャイアーンー!」

のび太「僕は人知を超える!」カポ

5 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 12:56:40.82 ID:FTjnNyne0

のび太「WRYYYYYYY!」

スネ夫「わぁ、なんか凄い事になってる」

ジャイアン「へ、そんなもん屁でもねぇーぜ。死ねぇ!」ブゥン!

のび太「……ククククッ、お前のパンチはそんなものか?」ガシッ!

スネ夫「ば、バカなッ!アイツ、ジャイアンのパンチを素手で押さえてるッ!」

ジャイアン「へへっ、そんなもんどうって事はねぇ!もう一発!」ブゥン!

のび太「無駄だ。俺にパンチをするぐらいなら、俺のために喝采を送った方が似合ってるぞ!」

ジャイアン(なんだこいつ!ただ者ではない!何か恐ろしいオーラを俺は感じる!)

のび太「もう終わりか…ならこっちの番!」ゴキィ!

ジャイアン「グァァァァァァ!腕がぁ!腕がぁ!」ブシャァー

スネ夫「なんということだ!アイツジャイアンの右腕引きちぎったッ!」

6 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 13:01:21.74 ID:JmotEVEQ0

のび太「悶えるだけか?面白くない。ならここで死んでもらおう。死ねぇ!」グシャァゴキィブシャァーチューチュ-

スネ夫「あぁ!あのジャイアンが跡形もなくぐちゃぐちゃに!」

のび太「こいつの血は不味いな」

スネ夫「しかも血を吸ってるぅ!」

のび太「チラッ」

スネ夫(! アイツこっちを見ている!)

10 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 13:12:28.45 ID:JmotEVEQ0

スネ夫(クッ!こんな化け物戦って勝ち目なんかないッ!)

のび太「どうした?怖くて逃げ出したいのか?」

スネ夫(! それだ!)

のび太「それとも怖くて腰がぬけたのか?ハハハッ!まぁどっちでもいい。なにせお前には何の策も打てないからな!」

スネ夫「いいや、策はある!」

のび太「ほぅ…」

スネ夫「たった一つだけ策はある!」

のび太「たった一つ…?それは面白い。見せて貰おうか…」

スネ夫「息がとまるまでとことんやるぞ!」

のび太「焦らすな。早く僕にみせろ」

スネ夫「フフフフフフフフフ」



スネ夫「逃げるんだよォ!」ダッ!

14 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 13:18:29.12 ID:JmotEVEQ0

のび太「逃げたか…ククククッ…まぁいい。あんなカッパなぞはほっておけばいいのだ」

ドラえもん「やぁのび太くん。どうやら君はジャイアンを殺せたようだね。さぁ、石仮面を返して貰おうか」

のび太「ほぅ…返せと?」

ドラえもん「そうだよ。僕はジャイアンを殺す為に貸したんだから」

のび太「嫌だね!僕はこんな素晴らしい力が手に入ったんだ。返せと言われて返すもんか!」

18 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 14:06:24.38 ID:ykAzLpJL0

ドラえもん「返さないつもりか…まぁいいや、どうせ君はまだ君はまだ完全じゃないしね」

のび太「フッ…そんなこと、自分でもわかる」

ドラえもん「仮にわかったとしてもどうする?」

のび太「ドラえもん…僕はこの道具を出したことが妙だと思ったんだ。この道具は君が使用すれば君が得するのに、何故かこの僕に使用させた…これはどうゆうことだ?」

ドラえもん「……」

のび太「これは僕の仮説だが…君は僕を実験体にしてるのでは?」

ドラえもん「…!?」

19 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 14:17:41.67 ID:+O3g/kIV0

のび太「この石仮面は、人間の未知の才能を開花させ吸血鬼にするというものだろう?先ほどジャイアンの血を吸ったからわかるのだッ!」

ドラえもん「石仮面についてはわかっているんでね」

のび太「だが本当にそれだけか?実際僕の体はまだ完全じゃない事を感じるんだ」

ドラえもん「……」

のび太「この石仮面だけじゃない。もう一つ、何かが足されれば僕は究極の体に成れるんだ!そうだろう?」

ドラえもん「中々鋭いね…」

のび太「それを君は持っているのだろう?」

ドラえもん「な!?なんでそれがわかった!?」

のび太「そう……それがあるのは…ここだぁ!」バッ!

20 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 14:23:22.38 ID:SYQlPJz/0

ドラえもん「な、なにをするだっー!」ガサゴソ

のび太「これか!」バサァ

ドラえもん「そ、それは石仮面の研究書!」

のび太「ククククッ…成る程…」ペラペラッ

ドラえもん「く、まずい!出来杉君に報告だ!」ダッ!

のび太「ほう…エイジャの赤石というものがあれば、究極生命体になれるだと?クククッ面白い!いざ!出来杉のとこへ!」ダッ!

22 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 14:32:30.27 ID:0Gkz7Hjk0

出来杉宅

女「出来杉様、私の髭反りはどうでしょうか?」ジョリジョリ

出来杉「んー最高だよ。君は中々腕があるねぇ」

女「ありがとございます。出来杉様」

ドラえもん「大変だ!出来杉君!実験体が向かってる!」バタンッ!

出来杉「実験体?あぁあの猿か?大丈夫だよ。石仮面の秘密なんかもわからない癖に」

ドラえもん「石仮面の秘密を実験体が知ってしまったんだ!」

出来杉「なんだとぉ!?」ガタッ!

ドラえもん「直ちに紫外線照射装置を用意しよう!それと親衛隊の戦闘準備を!」

23 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 14:43:23.76 ID:D+SwdlTx0

のび太「親衛隊?あぁあの雑魚の集団のことか?彼らなら死んでもらったよ」

ドラえもん「! もうきたか!」

出来杉「安心しろ!僕の科学力は世界一ィィィィーーーーッ!できんことはないィィィーーーーッ!」

ドラえもん「どうするき?」

出来杉「このコンパクト紫外線照射装置を使えば吸血鬼など敵ではないィィィ!」

ドラえもん「おぉ!じゃあ早速!」

出来杉「しねぃ!」ビー!

のび太「グァァァァァァ!目がぁ!目がぁ!」

ドラえもん「やったあ!流石出来杉君!僕達が出来ない事を平然ととやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!」

出来杉「ふん、他愛もないな」

24 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 14:53:45.40 ID:Sv31oTVB0

出来杉「実験体の癖に生意気だったな。おいお前、そいつを片付けろ」

親衛隊員「は!ただいま!」ガシッ

のび太「ククククククククッ……」ガシッゴキィ

親衛隊員「アァァァァァ!」ブシャァー

ドラえもん「な、なにぃ!?奴まだ生きてたのか!」

のび太「」グルンッ

出来杉「な、なんということだ!赤石を石仮面にはめ込んだ!」

のび太「完全生物とはッ! ひとつ 無敵なり! ふたつ 決して老いたりせず! みっつ 決して死ぬことはない! よっつ あらゆる生物の能力を兼ね備え しかも その能力を上回る! そして その形はギリシアの彫刻のように美しさを基本形とするッ!」

ドラえもん「な、なんということだ!」

親衛隊員達「「「に、にげろぉ!」」」

出来杉「狼狽えるなぁ!狼狽えるんじゃない!我ら親衛隊は狼狽えない!」

のび太「ハハハハハハハハハハハハッ!やったぞ!僕は究極生命体になったぞ!ハハハハハハハハハハハハッ!」

ドラえもん「ど、どうしよう!?」

出来杉「こうなったら…自爆装置を作動させるッ!」

25 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 14:58:51.34 ID:V82d4c120

ドラえもん「そ、それじゃあ今までの研究データが全部消えることになるぞ!それでもいいのか!?」

出来杉「心配するな!データはすでにしずかちゃんが持っているから安心しろ!」

のび太「最後の言葉はそれか?死ねぇ!」ダッ!

出来杉「死ぬのはお前だぁ!」カチッ


ドゴォォォォォォォン!!

26 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 15:05:58.47 ID:WrQTYHZb0

ドゴォォォォォォォン!!

スネ夫「うわぁ!なんだ!?」グラグラッ

しずか「スネ夫さん…ここにいたのね…」

スネ夫「しずかちゃん!大変なんだ!のび太が変な仮面かぶってジャイアンを殺したんだぁ!」

しずか「えぇ、知ってるわ。だからスネ夫さんに会いにきたのよ」

スネ夫「へぇ?」

しずか「今のび太さんは誰にも止められない状態になっているの。このまま行けばこの世界はのび太さんのものになるわ!」

スネ夫「な、なんだってー!」

しずか「でも一つだけ方法があるの!」

スネ夫「なんだい、その方法って?」

しずか「のび太さんを宇宙に飛ばす事よ!」

22 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 14:32:30.27 ID:0Gkz7Hjk0

出来杉宅

女「出来杉様、私の髭反りはどうでしょうか?」ジョリジョリ

出来杉「んー最高だよ。君は中々腕があるねぇ」

女「ありがとございます。出来杉様」

ドラえもん「大変だ!出来杉君!実験体が向かってる!」バタンッ!

出来杉「実験体?あぁあの猿か?大丈夫だよ。石仮面の秘密なんかもわからない癖に」

ドラえもん「石仮面の秘密を実験体が知ってしまったんだ!」

出来杉「なんだとぉ!?」ガタッ!

ドラえもん「直ちに紫外線照射装置を用意しよう!それと親衛隊の戦闘準備を!」

23 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 14:43:23.76 ID:D+SwdlTx0

のび太「親衛隊?あぁあの雑魚の集団のことか?彼らなら死んでもらったよ」

ドラえもん「! もうきたか!」

出来杉「安心しろ!僕の科学力は世界一ィィィィーーーーッ!できんことはないィィィーーーーッ!」

ドラえもん「どうするき?」

出来杉「このコンパクト紫外線照射装置を使えば吸血鬼など敵ではないィィィ!」

ドラえもん「おぉ!じゃあ早速!」

出来杉「しねぃ!」ビー!

のび太「グァァァァァァ!目がぁ!目がぁ!」

ドラえもん「やったあ!流石出来杉君!僕達が出来ない事を平然ととやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!」

出来杉「ふん、他愛もないな」

24 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 14:53:45.40 ID:Sv31oTVB0

出来杉「実験体の癖に生意気だったな。おいお前、そいつを片付けろ」

親衛隊員「は!ただいま!」ガシッ

のび太「ククククククククッ……」ガシッゴキィ

親衛隊員「アァァァァァ!」ブシャァー

ドラえもん「な、なにぃ!?奴まだ生きてたのか!」

のび太「」グルンッ

出来杉「な、なんということだ!赤石を石仮面にはめ込んだ!」

のび太「完全生物とはッ! ひとつ 無敵なり! ふたつ 決して老いたりせず! みっつ 決して死ぬことはない! よっつ あらゆる生物の能力を兼ね備え しかも その能力を上回る! そして その形はギリシアの彫刻のように美しさを基本形とするッ!」

ドラえもん「な、なんということだ!」

親衛隊員達「「「に、にげろぉ!」」」

出来杉「狼狽えるなぁ!狼狽えるんじゃない!我ら親衛隊は狼狽えない!」

のび太「ハハハハハハハハハハハハッ!やったぞ!僕は究極生命体になったぞ!ハハハハハハハハハハハハッ!」

ドラえもん「ど、どうしよう!?」

出来杉「こうなったら…自爆装置を作動させるッ!」

25 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 14:58:51.34 ID:V82d4c120

ドラえもん「そ、それじゃあ今までの研究データが全部消えることになるぞ!それでもいいのか!?」

出来杉「心配するな!データはすでにしずかちゃんが持っているから安心しろ!」

のび太「最後の言葉はそれか?死ねぇ!」ダッ!

出来杉「死ぬのはお前だぁ!」カチッ


ドゴォォォォォォォン!!

26 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 15:05:58.47 ID:WrQTYHZb0

ドゴォォォォォォォン!!

スネ夫「うわぁ!なんだ!?」グラグラッ

しずか「スネ夫さん…ここにいたのね…」

スネ夫「しずかちゃん!大変なんだ!のび太が変な仮面かぶってジャイアンを殺したんだぁ!」

しずか「えぇ、知ってるわ。だからスネ夫さんに会いにきたのよ」

スネ夫「へぇ?」

しずか「今のび太さんは誰にも止められない状態になっているの。このまま行けばこの世界はのび太さんのものになるわ!」

スネ夫「な、なんだってー!」

しずか「でも一つだけ方法があるの!」

スネ夫「なんだい、その方法って?」

しずか「のび太さんを宇宙に飛ばす事よ!」

32 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 15:29:45.90 ID:O6PX9W+l0

スネ夫「しずかちゃん、本当にやるんだね…」

しずか「えぇ。私は本気よスネ夫さん」

スネ夫「そうなんだ……頑張ってね」

しずか「えぇ、勿論。任せて」

親衛隊員「源隊長、目標が作戦エリアに来ました」

しずか「わかったわ。それじゃあね、スネ夫さん」ダッ!

スネ夫「………僕はこれでいいのか?」

34 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 15:38:46.01 ID:f1+/BVUC0

のび太「ククククッ…流石は究極生命体。何も食わなくても腹が減らんぞ…僕はこの力をもって、世界を我が物とするッ!」

しずか「そうはいかないわ」

のび太「ぬぅ、貴様はしずかちゃん!」

しずか「残念だけど、のび太さんの野望はここで終わるの」スッ

のび太「ほぅ…面白い!小娘一人が止められるのか!ならこい!」

しずか「それじゃ、遠慮なくいかせてもらうわよ」

35 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 15:47:27.91 ID:NP8e+lHq0

しずか「ハァ!」ブンッ!!

のび太「ほう…中々やるな…」ヒョイ

しずか「当然でしょ。女の子だからって甘く見てたら大間違いよ」

のび太「だが、これはどうかな?」ググッ

のび太「くらえ!波紋疾走!」ズバァ!!

しずか「キャッ!」ドガァン!!

のび太「ハハハッ僕は究極生命体になったお陰で波紋法が使えるようになったぞ!」

しずか「波紋法!?そんなの聞いてないわよ!」

のび太「まだまだあるぞ!ぬん!」バサァ!!

36 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 16:00:33.13 ID:M2H23Goq0

しずか「! 両手が翼になった!?」

のび太「驚くのはまだ早い!ハァ!」シュンシュン!!

しずか「羽を飛ばした!?くっ!」サッ

のび太「避けるとは中々やるな!まだあるぞ!」シュンシュン!!

しずか「また羽を飛ばす!そんなのは見えているn」

熊「グァァァァァァ!」

虎「ゴガァァァァ!」

しずか「は、羽が動物に変わった!?」

のび太「ハハハッ!僕の羽は両手を翼に変えて空を飛ぶだけにとどまらず、甲羅や油脂を纏わせた羽を弾丸のごとく連射し、さらに着弾した羽を動物などに変え操ることが出来るのだぁ!」

しずか「なにそれ!チートじゃない」

のび太「どうだ小娘、さっさとしっぽ巻いて帰った方が得策だぞッ!」

しずか「生憎だけど!そういう訳にはいかないの!」

のび太「面白いことをいう!いいだろう!その勇気を讃え、苦しまずに殺してやろう!」

37 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 16:07:07.62 ID:JmotEVEQ0

しずか「その言葉、そのまま返してあげるわ!」ブンッ

のび太「行け!熊!虎!」

熊「グァァァァァァ!」

虎「ゴガァァァァァ!」

しずか(とはいっても、さすがに猛獣二匹相手にとるのはきついわね…)

ジュバァ!ジュバァ!

熊「グァァァァァァ!」ドカーン!!

虎「ゴガァァァァァ!」ドカーン!!

のび太「なに?」

しずか「!」

???「しずか君!」

???「しずかちゃん!」

しずか「ドラちゃん!出来杉さん!」

38 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 16:17:43.09 ID:ykAzLpJL0

出来杉「やぁしずか君。待たせたね」

しずか「どうして!?だってあの時自爆に巻き添えをくらったのに!?」

ドラえもん「あの後僕らの遺体を回収した親衛隊の医療技術と科学技術によって肉体を半機械化、俗に言うサイボー グとなって復活したんだよ」

のび太「ふん!何人が束になろうが!僕には敵わないのだぁ!」

ドラえもん「しずかちゃん、作戦のことは僕達にまかせなよ」

しずか「大丈夫よ!私だって戦える!」

出来杉「いいじゃないか。味方は多いにこしたことはないよ。それに本人も戦えると言ってるじゃないか」

ドラえもん「わかったよ…それじゃあ行きますか」チャキ

出来杉「腕がなるね」チャカ

43 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 16:44:17.96 ID:M2H23Goq0

出来杉「ウォォォォォ!」ズダダダダダダダッ!!

ドラえもん「ハァァァァァ!」ジュバァ!ジュバァ!ジュバァ!

のび太「ぬう!」ドドドドッ!

しずか「こっちに来なさい!のび太ァ!」ダッ!

のび太「小癪なぁ!機械仕掛けの人形がぁ!」

出来杉「ただの機械仕掛けの人形ではなぁい!おれの体はァァアアアアア
アアーーーッ!!我が叡智の結晶であり誇りであるゥゥゥ!!つまりすべての人間を越えたのだァアアアアアアアアアアアア!!」ジャラァ!

ドラえもん「覚悟しろぉ!究極生命体!」

のび太「くそがァ!死ねぇ!」シュンシュン!!

リス「キシャー!」バギィ!!

ドラえもん「うぉー!ね、ネズミィィィーッ!」

44 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 16:59:34.14 ID:M2H23Goq0

のび太「クハハハハッ!さすがにドラえもんのネズミ嫌いは変わらないようだな!」

出来杉「しかし、バカみたいについてくるな。もうロケット発射台の近くまできたよ」

しずか「あとはロケットの中に入れるだけよ!」

のび太「ハハハッ!どんな策をやろうが結果は変わらないのだー!」ズバァ!!

しずか「波紋よ!気をつけて!」

出来杉「了解!」ヒョイ

管制室「「「ウワァァァァァァ!」」」ドガァン!!

しずか「! 管制室が波紋によって壊された!」

出来杉「なんだって!」

しずか「出来杉さん!危ない!」

出来杉「え?」

のび太「余所見してる場合かー!」バキィ!!

出来杉「ギャアァァァァ!」ドゴォン!!

しずか「出来杉さん!」

しずか(まずい!こうなったらロケット内部に発射装置があるからそれを直接押すしかない!)

のび太「クハハハハッ!あとはお前だけだぁ!」

しずか(くっ!しかし、のび太さんを相手にしたらそれが出来ない!一体どうしたら!)

???「やぁい!のび太ぁ!」


45 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 17:15:41.16 ID:eTPgEyQC0

しずか「! ロケットにスネ夫さんが!?」

スネ夫「究極生命体とかになりやがって!のび太の癖に生意気だぞ!」

のび太「なんだと…?」ガタッ

スネ夫「こいよ!どうした!腰抜けの部分は究極生命体で克服もできないか?」

のび太「フッ!その達者な口を…黙らせてやろう!」ダッ!

しずか「スネ夫さん!」

のび太「死ねぇ!」ドカーン!!

シュイーン

しずか「! 扉を閉めた!?まさか!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ!
ジュバゴォォォォォォォォン!

しずか「スネ夫さーーーーん!」

46 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 17:24:14.56 ID:YSc6o3Da0

ロケット内部

スネ夫「悪いねしずかちゃん、地獄に行けるのは二人だけなんだ」

のび太「貴様…謀ったな!?」

スネ夫「ヘヘッ。引っ掛かる方が悪いんだよ」

のび太「どうやらよっぽど苦しんで死にたいようだな…いいじゃないか」

スネ夫「勝てるもんならね!」カチャ

のび太「さぁ…貴様の死へのカウントダウンだ…」スッ

47 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 17:32:27.26 ID:MIhU7/cM0

のび太「ふん!」ボカッ!!

スネ夫「ウラァァァァ!」ダダダダダダダダッ!!

のび太「てらぁ!」ブンッ!!

スネ夫「ハグゥ!!」バキィ

のび太「どうした?もう終わりか?」

スネ夫「ゲハッ…まだだ…僕はまだやれる!」

のび太「ふ…その気合い、どこまで続くか見てやろう…」

スネ夫「それはこっちの台詞だ!」

のび太「ならこれはどうかな?」ザシュッ!!

スネ夫「………は?」グサァ!!

48 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 17:44:33.41 ID:UIlG6QNZ0

スネ夫「……ウワァァァァァァ!!」

のび太「ンンンンいい声だ!実にいい響きだ…その絶叫を… 聞きたかったぞスネ夫!」グリッグリッ

スネ夫「フグゥ…アァァァァァ……」ドバドバ…

のび太「それぇ!」ブンッ!!

スネ夫「ウグアッグ!」ビターン!!

のび太「フフフ…さぁ…最後に言いたい事はないか?」

スネ夫「……」

のび太「ないのか、ないならそれでいい。では…」

スネ夫「……」スッ

のび太「ん?なんだそのボタンは?」

スネ夫「…くたばれクソッタレ……ゴフッ!」カチッ

のび太「! まさかぁ!?」

ドゴォォォォォォォン!!

49 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 17:48:26.80 ID:5kCLN6c30

宇宙

のび太「くっ!宇宙に飛ばしても!全身から酸素を出して軌道にのって行けば問題ない!」シューシュー

カチコチカチコチ…

のび太「ぎぃゃぁぁあああ!だ…だめか!こ…!凍るッ!!く…空気が凍ってしまう! 外に出ると凍ってしまうッ!き…軌道を変えられん、も…戻れんッ!」

のび太「ウワァァァァァァ!!」


50 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 17:50:10.64 ID:5kCLN6c30

ーーーのび太はーー2度と地球へは戻れなかった…。 鉱物と生物の中間の生命体となり永遠に宇宙をさまようのだ。 そして死にたいと思っても死ねないので ーーそのうちのび太は考えるのをやめた

51 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 18:08:48.67 ID:UejjBPL50

?epilogue?

しずか「……スネ夫さん」

ドラえもん「どうやら、スネ夫くんの死体は見つからなかったらしいね…」

出来杉「宇宙で自爆した際に外に出されて大気圏突入して燃え尽きたらしいよ…親衛隊の衛星で確認されたらしいよ」

しずか「スネ夫…かっこよかったわよ」グスッ

???「ヘヘッ。みんな何でしおらしい顔してるの?」

しずドラ出来「え?」

「「「あ???!スネ夫(君、さん)!」」」

スネ夫「勝手に僕を殺すなよ!まぁ僕も死にかけたけど」

しずか「い、い、一体どうして!?どうやって生き残ってきたの?」

スネ夫「まぁ僕も死を覚悟したけど、何とか地中海に落ちて地元の漁師に助けてもらったんだ」

出来杉「す、凄いね…」

ドラえもん「生きていただけ良かったよ!」

スネ夫「それよりも、今日僕の生還記念にレストラン予約したんだけど、どうだい?」

出来杉「僕達もいっていいのかい?」

スネ夫「もっちろん」

ドラえもん「わぁい!いっこいっこ!」



しずか「良かったわ…スネ夫さん」グスッ

スネ夫「しずかちゃーん!いかないのー?」

しずか「あ、待ってー!」タッタッタッ

52 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 18:13:46.57 ID:D+SwdlTx0

それからの彼らの足取りをここに記そう。

ドラえもん
未来へ帰ることになる。

出来杉
激戦地スターリングラードにて名誉ある戦死を遂げる。

スネ夫
しずかちゃんと結婚。晩年まで寄り添う。

53 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 18:14:34.84 ID:D+SwdlTx0

終わり

54 名前: ◆.jMGTy6iYI[saga] 投稿日:2014/05/04(日) 18:17:13.31 ID:FDWOUUmu0

勢いで書いた糞ss読んでくれてありがとう。
最後駆け足になってごめん。
それじゃまたいつか



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門のお気に入りの本に精子ぶっかけた結果」