阿笠「大変じゃ!!光彦君と元太君がアポトキシンをドカ食いしおった!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「眼窩姦したいわね。佐々木さんとかどう?」

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/04/23(水) 04:39:44.62 ID:UYi7ShuDO

コナン「!!」

阿笠「見ろ!新一!」

阿笠「二人が受精卵まで若返ってしまったわい!!」

コナン「ど、どうすんだよ!?博士!」

阿笠「とりあえずワシの子宮にいれとくかのう」ズボッ!


3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/04/23(水) 04:44:49.01 ID:UYi7ShuDO

コナン「どうしてアポトキシンがここにあんだよ!?」

阿笠「それはさっきジンがもってきたからじゃ」

コナン「!!」

阿笠「わしは組織のボスじゃからな」

コナン「なるほど。で、あいつ等の家族にはなんていうんだよ?」

???「そるなら任せろ」

コナン「だ、誰だ!?」

ジン「俺が光彦のかわりに」

ウォッカ「自分が元太の代わりになりやすぜ」

阿笠「二人もアポトキシンを飲んで幼児化したからのぅ。安心じゃわい」

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 04:47:43.42 ID:UYi7ShuDO

コナン「本物はどうすんだよ?」

阿笠「とりあえずわしが出産するしかないみたいじゃのぅ」

ジン「さすがに受精卵では解毒剤は飲めん」

ウォッカ「ボスが出産したら解毒剤を飲ませるってわけですね」

コナン「なるほど。とりあえずは約一年後というわけか」

6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 04:53:03.95 ID:UYi7ShuDO

阿笠「とりあえず二人には他人が光彦君と認識する装置と他人が元太君と認識する装置を渡しとくぞい。ちなみに、わしらには無効じゃからな」

ジン「了解ボス」

阿笠「くれぐれもバレるんじゃないぞ〜」

2人は光彦、元太、それぞれの家に向かった

8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 05:02:09.63 ID:UYi7ShuDO

次の日

コナン「オッス!ジン。ばれてないか?」

ジン「よう。くど……今はコナンだったな。大丈夫だ。問題ない」

歩美「あっ!コナンくーん光彦くーんおはよー」
灰原「おはよう。二人とも」

コナン「おっ!歩美ちゃんに灰原おはよー」

ジン「なっ!シェ、シェ、シェリー!!」

灰原「!!」

コナン「バ、バーロー!!」ヒソヒソ

ジン(おっとそうだった)

ジン「あそこにお兄さんジュリーにそっくりですー!!」

灰原(ふ、古い)

歩美「ジュリー?」

ジン「は、はい!沢田けんじさんのあだ名です」

灰原(気のせい………よね)

9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 05:08:37.51 ID:UYi7ShuDO

ウォッカ「おっす。みんなー!」

歩美「あー元太君だー!」

灰原「そうね」


ウォッカ「シェリー!!なぜここに!?」

灰原「!!!」

コナン「バーロー!!」ヒソヒソ


ウォッカ(ま、まずい!!)

ウォッカ「おい!コナン!俺の貸したシュリーことシュリーマンの本もってくんなよー。学校じゃなくて家で返すっていったよな?」

コナン「えっ!?あっ、わ、わりぃ!!つ、ついうっかりしてた」

歩美「シュリーマン?」

ウォッカ「お、おう。トロイヤの遺跡を発見した考古学者だぜ。」

歩美「すごーい!!元太君!」


灰原(ぜ、絶対怪しい。気のせいか組織の臭いもかなり臭ってきてるわ)

10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 05:13:20.50 ID:UYi7ShuDO

その頃の阿笠邸

阿笠「大丈夫かのぅ。2人とも」

阿笠「そうじゃ。わしが思いっきり飛び跳ねれば受精卵が合体して変化を起こすかもしれん!」

阿笠「そーれ!」ボヨーン!ボヨーン!

阿笠博士は飛び跳ねれた

阿笠「よいしょー」グルン!グルン!

阿笠博士は回転した

そのときの阿笠博士の子宮

光彦(ひゃー元太君こっちにこないでくださーい!!)


元太(お前こそよけろよ!)

光彦元太(ぎゃー!!!)
二つの受精卵は合体した

12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 05:29:11.11 ID:UYi7ShuDO

放課後阿笠邸

灰原「工藤君!いい加減話してちょうだい!」

コナン「な、なにをだよ!」

灰原「とぼけないで!円谷君と児嶋君のことよ!」

コナン「うっ!!」

灰原「今日の二人の様子は明らかにおかしかったわ!いつもはうな重しか言わない児嶋君は今日の授業では発言しまくってたわ!」

コナン「た、たまたまじゃねえか?」

灰原「いつもでしゃばりの円谷君は逆にすごくクールだったわ!」

コナン「イ、イメチェン?」

灰原「それに2人とも今朝あたしのことをシェリーと呼んだわ!」

コナン「そ、それはジュリーとシュリーマンのことだったじゃねえか」

灰原「とぼけないで!あの児嶋君からシュリーマンなんて単語出てくる訳ないわ!」

コナン「ギクッ!!」


灰原「それに一番おかしいのは………なんでさっきから博士は家中転がってるのかしら!?」

阿笠「グール!グール!」グルグル

コナン「バーロー!!」

14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/04/23(水) 05:34:28.41 ID:UYi7ShuDO

阿笠「さすが哀君じゃ。」
コナン「あんたのせいだよ!!」

阿笠「実は二人は偽物じゃ」

灰原「やっぱり」

阿笠「二人はジンとウォッカじゃ」

灰原「……………え?」

阿笠「ちなみにわしはボスじゃ」


灰原「…………はい?」

阿笠「本物の二人はわしの子宮の中じゃ」

灰原「ごめんなさい。何いってるのかわからないわ」

阿笠「ふむ。物わかりがわるいのぅ」

コナン「バーロー!!」

15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/04/23(水) 05:40:00.89 ID:UYi7ShuDO

灰原「とりあえず、二人は博士の子宮のなかで、今いるのはジンとウォッカっていうことね?」

阿笠「そのとおりじゃ」

灰原「それで、博士がぐるぐる回っていたのは何のためかしら?」

阿笠「今わしの子宮に二人の受精卵があるじゃろ?」

灰原「え、ええ」

阿笠「混ざったら面白いと思ってのぅ」

コナン「バ、バーロー!!」

灰原「な、なにやってるの!?二人は無事なの!?」

阿笠「大丈夫じゃ」

コナン「ほ、本当かよ?」
阿笠「ほれ見てみるか?」クパァ

灰原「見ないわ!気持ち悪い!!」

16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 05:45:22.35 ID:UYi7ShuDO

ウォッカ「ボス〜いろいろ買って来やしたぜ〜」

ジン「失礼します」

灰原「ジン!ウォッカ!」
ジンウォッカ「!!」

阿笠「すまんのぅ。バレてしまったのじゃ」

ジン「そうですか。」

コナン「で、何を買ってきたんだよ?」

阿笠「二人の受精卵をいろいろいじくってみようとおもってのぅ。化学薬品から調味料までいろいろ買ってきてもらったのじゃ」

17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 06:00:12.36 ID:UYi7ShuDO

灰原「工藤君」ヒソヒソ

コナン「な、なんだよ」ヒソヒソ

灰原「このままじゃあの二人の命あぶないわ」ヒソヒソ

コナン「まずいな。どうする?」ヒソヒソ


灰原「分かる訳ないでしょ!」ヒソヒソ


阿笠「ほーれ!わしの子宮に朝採取したわしのションベンをぶっかけるぞい!!」

ジン「いいぞ!ボス!」

コナン「まてよ。子宮………子宮…そうだ!」

灰原「何?どうしたの?」

19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 06:03:29.26 ID:UYi7ShuDO

コナン「博士の子宮から誰かの子宮へあの二人の受精卵を移せばいいじゃねえか!」ヒソヒソ

灰原「誰の子宮よ!も、もしかして、あ……」

コナン「ああ!服部だ!」ヒソヒソ

灰原「………えっ?」

コナン「待ってろ!今電話すっから!」ヒソヒソ

21 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 06:07:56.75 ID:UYi7ShuDO

コナン『服部か!今すぐお前の子宮を貸してくれ!!』

服部『ホ、ホンマか!?//そ、それってプロポーズやな!!まっとれ三秒以内にいったるで!』ピュー!

コナン『あっ!おい!服部!!』ツーツー

コナン「なんか今すぐ来るみたいだ」

灰原「そ、そう」

24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 11:22:51.43 ID:UYi7ShuDO

ウォッカ「ボス!じゃあ次は、この受精卵を破壊する薬を子宮にいれましょう」

阿笠「いいアイデアじゃ。」

コナン「ま、まずい!このままじゃ二人の命が………」


服部「くーーーーどーーー!」キーン

そのとき光速と化した服部の蹴りが阿笠博士を蹴った

阿笠「ひでぶ!!」ドゴォ
阿笠博士は吹き飛んだ

コナン「バ、バーロー!このままじゃ混ざっちまう!!」

25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 11:31:48.40 ID:UYi7ShuDO

服部「安心せいや!工藤!今あのじいさんから受精卵奪ったる!」ビリッ

服部は阿笠博士の服を全て脱がした

ウォッカ「ボ、ボスがあんな姿に………」

服部「さ〜てその受精卵もらったるで」

阿笠「そうわいくかい!」ドゴォ

服部「うっ!」

阿笠博士は服部を蹴り上げた

阿笠「お返しじゃ!」ビリッ
服部「ひどぉい!!」

阿笠博士は服部の服を破り捨てて服部は全裸になった

服部「これでお互いイーブンってわけやな」

阿笠「ほっほっほっほっ」

コナン「な、なあこれって………」


灰原「ええガチムチパンツレスリングね」

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 11:38:34.23 ID:UYi7ShuDO

二人のにらみ合いがしばらく続き服部が動き出した

服部「いくで!じいさん!」

服部は阿笠のコナンを掴むと絶妙にシコリだした

阿笠「あんっ!あっ!………くぅ!……」

服部「どや?気持ちいいやろう?」シコシコ

阿笠「き、気持ちいい………」

服部「今や!」ズボォ

服部は阿笠の子宮に腕を突っ込んだ

阿笠「」キラーン


阿笠「甘いわい!!」

服部が腕を突っ込んだことによりわずかに愛撫に隙が生じその隙に阿笠は服部を振り払った

服部「うっ!!」

阿笠「さ〜て次はこっちの番かのぅ」

27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/04/23(水) 11:48:54.51 ID:UYi7ShuDO

服部「な、何をする気や!!」

阿笠「ほっほっほっほっ」ズボォ

阿笠は服部の子宮に腕を突っ込んだ

服部「ま、まさか……」

阿笠「そうじゃ、子宮の千本ノックじゃ」パンパン
服部「ら、らめぇぇぇぇ!!!子宮をノックしてるのぉぉぉおおお!!!」

阿笠の熟練したテクに服部は耐えれる訳なく服部はアヘ顔ダブルピースをしって腹上死した

コナン「は、服部〜〜!!」

28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 11:56:03.26 ID:UYi7ShuDO

阿笠「さてと……」キラーン

コナン「ま、まずい!!」

阿笠「わしから赤ちゃんを奪おうと考えてるやからはお前らかのぅ?」

灰原「こ、こっちにくるわ!!」

阿笠「安心せい!お前たちも受精卵にしてわしの子宮に入れてあげるぞい!」

コナン「に、逃げるぞ!!」

阿笠「お前等の大好きな元太君と光彦君に会えるぞい!!」

灰原「だ、だめだわ!ドアにはジンとウォッカがいるわ!周りにも逃げられそうなところはないわ!」

阿笠「わしの子宮で再び少年探偵団を結成するがよい!歩美ちゃんもすぐにつれてゆくぞい!!」
コナン「も、もうだめだ!!」

31 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 13:24:02.02 ID:UYi7ShuDO

阿笠「うっ!!?」ドタッ!

コナン「!?」

阿笠「くぅ!?」

灰原「ま、まさか!?」

阿笠「う、産まれそうじゃ」


ウォッカ「そ、そんな早すぎますぜ」

灰原「まさかアポトキシンの副作用!?それとも、男の子宮という異能の空間ゆえのこと!?それとも、二つの受精卵が一つになり急成長したから!?………全て推測の域を出ないわね」


ウォッカ「そんなことよりボスを病院に!?」

ジン「やめろ!!男が妊娠したとあっては事が大きくなりすぎる!!俺たちだけでなんとかするんだ!!」


阿笠「も、もうだめじゃあ!!」ブリブリ……

32 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 投稿日:2014/04/23(水) 13:31:28.44 ID:UYi7ShuDO

???「ふう、ようやく出られたな」

コナン「だ、誰だ!?」

ジン「誰だ!!貴様は!?」カチャ

???「やれやれ、無防備な人間に銃を向けるとは君は本当に卑怯だな」

阿笠博士から産まれた男はすでに子供並みの体をしていた。

その子供は元太の奇形な頭と光彦のソバカスと光彦の最初の頃の性格の悪さが混ざりあった人間であった

???「僕かい?僕は永沢君男。よろしくな江戸川コナン。いや工藤新一君」

キートン「このとき初めての出産で小学生並みの赤ちゃんを出産したことで阿笠博士はあっけなく死んでしまった。こーはんへ続く」

33 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2014/04/23(水) 13:33:37.23 ID:UYi7ShuDO

これで終わりです
最初はベルモットの子宮にアポトキシンの解毒剤があることを知って、ベルモットを犯しまくるコナンを書こうとしましたが、疲れたのと予想の斜め上を行きたかったのでやめました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「はぁああああああんぁああ・・・・・あああぁああん」