長門「彼にメールを…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの普通

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 21:10:29.64 ID:IH0DcJ9IO

ブブブ……


キョン「長門からメールか。今日は私のせい、迂濶…って相変わらず律儀な奴だな。」

キョン「そんな事いちいち気にするな、それにお前は俺の特別だからなっと」ポチポチ

……ブブブッ

キョン「おっ、もう返信がきた」

キョン「どういう意味ってか……もちろんSOS団の…」

ブブブ……

キョン「ん?今度は古泉か」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 21:14:34.96 ID:IH0DcJ9IO



古泉『私の知り合いからリンゴをいただいたのですが……貴方はリンゴはお好きでしたか?』

キョン「ん、俺は大好きだっと………!」

キョン「しまった。間違って長門に返信しちまった…」

キョン「なんか誤解されそうなメールだな」

キョン「間違いだったと送っておくか」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 21:19:24.37 ID:IH0DcJ9IO



ブブブ……

キョン「長門から……」


長門『本当?』

キョン「あー、どう返信するかな」

キョン「めんどくさい。明日学校で説明するか……寝よ」 ポイッ





長門「……返事来ない」


………

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 21:23:50.30 ID:IH0DcJ9IO


翌朝

ハルヒ「おっはよー!キョン!」

キョン「あ、あぁ。」

ハルヒ「なによ……朝からテンション低いわね」

キョン「ちょっと考え事をな」

ハルヒ「なに?あんたまさかエッチな事考えてるんじゃないでしょうね!?」

キョン「断じて違う。」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 21:28:54.21 ID:IH0DcJ9IO



ハルヒ「じゃあ何よ?」

キョン「大した事じゃない。長門の事でな……」

ハルヒ「有希?有希がどうかしたの?」

キョン「まあ、かくかくしかじかで………」


…………

ハルヒ「あー、たまにあるわね。でも、べつにそんなに悩むことじゃないでしょ?」

キョン「まあ……な」

ハルヒ「だって有希よ?あんたなんかに好きって言われたって見向きもしないわよ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 21:32:48.19 ID:IH0DcJ9IO



キョン「それはショックだな……」

ハルヒ「なんでよ?…あんた有希の事好きだったりするの?」

キョン「……」

ハルヒ「なによ……答えなさいよ」

キョン「取り敢えずこの話は終わりだ。あと、お前は余計な事するなよ?話がややこしくなるからな」

ハルヒ「……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 21:39:07.47 ID:IH0DcJ9IO


昼休み

キョン「どれ、ちょっと部室に顔出してくる」

ハルヒ「あっ!私もいくわ!!」ガタッ

キョン「さっきも言ったろ、お前は余計な事をしないでくれ」

ハルヒ「うー……」

キョン「…? じゃ、また後でな」

ガラッ

キョン・ハルヒ「ん?」

長門「……」

キョン「おっ、ちょうどいいところに……」

長門「」テクテク

キョン「昨日悪かったな。実は…」

長門「これ……」サッ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 21:45:08.26 ID:IH0DcJ9IO


ハルヒ「なっ!?」

キョン「にっ!?」

長門「……お弁当作った。食べて?」ジー

キョン「え?俺にか?」

長門「そう」コクン

ハルヒ「ちょ……有希?急にどうしたの?」

長門「……後で感想をききたい。私は部室に戻る」

キョン「お、おい……長門!」

カラガラ  ピシャ

キョン「どうすんだよ、これ……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 21:48:47.68 ID:IH0DcJ9IO



ハルヒ「と、とにかく有希がせっかく作ってくれたんだから」

キョン「そうだな。とりあえず食べるか…」




キョン・ハルヒ「(どうしよう…)」





25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 21:56:14.38 ID:IH0DcJ9IO



ハルヒ「で、味はどうなの?」

キョン「さすがというか、うまいな」

ハルヒ「へぇー…」

ハルヒ「(まさか有希がこんな事するなんて……迂濶だわ)」

キョン「しかし、まいったな。昨日のメール真に受けてしまったか」

ハルヒ「っ!!そうよ!早く誤解を解くべきよ。うん、それがいい」

キョン「そうだな。放課後にでもゆっくり話すか」

ハルヒ「私も有希に説明するわ!」

キョン「だからお前は……」

ハルヒ「……」




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 22:02:56.85 ID:IH0DcJ9IO


放課後

コンコン

キョン「長門、いるか?」

長門「どうぞ」

キョン「よう。今日弁当ありがとな」

長門「いい。美味しかった?」

キョン「ああ、うまかったよ」

長門「よかった……早起きした甲斐があった。明日も作る」

キョン「いや、明日はいいよ」

長門「なぜ?」

キョン「なぜって……別に俺達特別な関係でもないだろ?それにハルヒもいろいろやかましいからな」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 22:08:58.91 ID:IH0DcJ9IO




長門「あなたは私のことが好き?」

キョン「好きは好きなんだが……」

長門「それなら問題は無いはず。涼宮ハルヒの事はまかせて」

キョン「いや、そうじゃなくて……」

ガチャ

みくる「こんにちわぁ」

キョン・長門「……」

みくる「…あれ?」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 22:11:29.28 ID:IH0DcJ9IO



みくる「どうかしましたか?」

キョン「いや、何も無いですよ」

長門「そう。あなたには関係の無いこと」

みくる「そうですか…」シュン

キョン「とりあえずまた後だ」コソコソ

長門「わかった」



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 22:24:42.53 ID:IH0DcJ9IO



〜〜

ハルヒ「」チラチラ

キョン「」

長門「」ペラッ

ハルヒ「……あ、有希」
長門「なに?」

ハルヒ「昼休みの事なんだけど……」

キョン「(こいつあれ程…)」

ハルヒ「どうしてキョンに弁当を作ってきたの?」
長門「なぜあなたはそんな事を聞くの?」

ハルヒ「だって……ねぇ?」

長門「彼のことが気になる?」

ハルヒ「違うわよ!!ただ……ほら……あの」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 22:47:27.77 ID:IH0DcJ9IO



ハルヒ「と、とりあえず駄目!キョンにお弁当は今日だけ!」

長門「それは出来ない」

ハルヒ「駄目だってば!」
長門「出来ない」

ハルヒ「駄目!」

長門「……」

ハルヒ「……」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 22:51:45.55 ID:IH0DcJ9IO



古泉「何かあったのですか?」

キョン「……まぁな」

古泉「あまり涼宮さんを刺激しないでくださいね?」

キョン「わかってる。今回は間違いなく俺の責任だ」

古泉「早期解決を期待してますよ。でわ、バイトに行ってきます」

キョン「悪いな」




ハルヒ「ゔー」

長門「……」

キョン「はぁ……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/05(土) 23:59:14.35 ID:IH0DcJ9IO

〜〜

朝倉「う〜ん…、どうしたの長門さん、こんな夜中に」

長門「あなたに話したいことがある」

朝倉「明日じゃ駄目なの?」

長門「今」

朝倉「もぅ、相変わらずなんだから。手短にね」

長門(コクン)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 00:03:22.65 ID:w1nM5NDfO



朝倉「で、話って何?」

長門「これを見てほしい」

朝倉「メール?キョンくんからね……あらっ!よかったじゃない長門さん」

長門「これを見てあなたはどう思う?」

朝倉「どうって言われてもね、そのままの意味じゃないの?」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 00:09:37.78 ID:w1nM5NDfO



長門「彼は私の事が好き?」

朝倉「そうじゃないの?」

長門「わかった。それだけ」

バタン

朝倉「何がしたかったのかしら……」

朝倉「……眠い」



少し話をねじ曲げる

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 00:17:45.74 ID:w1nM5NDfO



〜翌朝〜

キョン「じゃ、いってくるぞ」

キョン妹「いってらっしゃい♪気を付けてねぇ♪」



キョン「ふぁぁあ……眠い」

長門「おはよう」

キョン「おはよ……って長門!?」

長門「待ってた。一緒に登校したい」

キョン「別にかまわんが」

長門「手……」

キョン「手?」

長門「つなぐ……」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 00:21:00.47 ID:w1nM5NDfO



キョン「それはまずいだろ……」

長門「なぜ?」

キョン「ハルヒにでも見られたら」

長門「なぜ涼宮ハルヒ?」

キョン「あー、わかったよ。その代わり一つだけ条件がある」

長門「かまわない。なに?」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 00:25:08.55 ID:w1nM5NDfO



キョン「IDの数だけ腹筋してくれ!」

長門「……そう」



終わり 寝る。

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 00:45:30.84 ID:w1nM5NDfO



キョン「学校では普通にしててくれないか?」

長門「かまわない」

キョン「それとな。お前に言わなくちゃいけない事があるんだ」

長門「なに?」

キョン「実はな……あのメールは古泉に送るはずのメールだったんだ」

長門「……」

キョン「本当にスマン」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 00:46:25.91 ID:w1nM5NDfO



長門「……私の勘違い?」

キョン「そうなんだが……」ポリポリ

キョン「まさか、お前がこんなに熱心に俺の事をおもってくれてるなんてな」

長門「……」

キョン「あー、だからなんだ?勘違いから始まる何かもあるだろ」

長門「?」

キョン「変なときに鈍いな」

キョン「ほらっ」スッ



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 00:48:43.02 ID:w1nM5NDfO



キョン「手……つなぐんだろ?」

長門「……」コクン

キョン「恥ずかしいもんだな、なかなか」

長門「暖かい」

キョン「そうか?」

長門「そう」

キョン「やれやれ、これから一悶着ありそうだぞ古泉……」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 00:53:51.89 ID:w1nM5NDfO



〜学校〜

ハルヒ「キョン、有希の誤解は解けたの?」

キョン「まあな。ちゃんと説明したら納得した」

ハルヒ「ならいいんだけど、それよりキョン!今日帰り暇よね?」

キョン「今日?いや、ちょっと予定が入ってるんだ」
ハルヒ「何よ、予定って」

キョン「い、妹の買い物に付き合わなくてだな……」

ハルヒ「……あっそ」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 01:02:26.31 ID:w1nM5NDfO



〜HR〜

ブブブッ

キョン(長門から……)

『昼休み屋上で』

キョン(なんか……いいな……)

キョン(『わかった。今日も手作り弁当か?』)ポチポチ

『そう。カレーハンバーグ』

キョン(うまそうだな)ニヤニヤ



ハルヒ「……なんか怪しいわね」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 01:06:54.71 ID:w1nM5NDfO



〜昼休み〜

キョン「悪いな!ハルヒに捕まっちまって」

長門「いい」

キョン「寒くないか?」

長門「大丈夫…」ガタガタ

キョン(いくら宇宙人っつってもな……寒いときは寒いだろうに)

キョン「長門、こっちくるか?」

長門「いいの?」

キョン「そのほうが暖かいだろうしな」

長門「……そう」スッ



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 01:11:57.16 ID:w1nM5NDfO



キョン(長門……なかなかいい匂いするな)

キョン(しかも、間近で見るとハルヒより目鼻立ちが整ってるな)

キョン(……やばい。自分から誘っておきながら何かがやばい)

長門「どうしたの?」

キョン「いや、なんでもない!!早く飯にしようぜ」

長門「そう……これ」パカッ

キョン「……おいおい、随分手が込んでるな」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 01:16:32.23 ID:w1nM5NDfO



長門「食べて?」

キョン「ああ、いただきますっと」パクッ

長門「どう?」

キョン「んまい!昨日のも良かったけど、今日のも一段とうまいな」

長門「……嬉しい」

キョン「そうだ、一度だけやりたかったことがある」

長門「なに?」

キョン「アーン……してくれないか?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 01:20:49.79 ID:w1nM5NDfO



長門「アーン?」

キョン「お前が俺に食べさせてくれ」

長門「わかった」

長門「こう?」スッ

キョン「それをな『アーン』て言いながらやってほしいんだ」

長門「……あ〜ん」

パクッ

キョン「……照れるな」

長門「ユニーク」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/12/06(日) 01:25:21.25 ID:w1nM5NDfO


ユニークが出たので寝る
あと適当にスレ扱ってくれ
続きを書くなり、落とすなり

コロ助なり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「アスカ、チンチンしゃぶらせてあげようか?」