阿笠「できたぞ、新一。光彦君を禿げさせるスイッチじゃ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サトシ「ピカチュウ、今日も風呂でいつものアレやるか」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 20:02:58.09 ID:Azn4u71a0

コナン「おぉ、ついにできたのか」

阿笠「このスイッチを押すと光彦君の髪の毛が一本抜ける、百回押せば百本抜けるという寸法じゃ」

コナン「一回につき一本だとぉ?バーロー、そんなんじゃどれだけ時間がかかると思ってるんだ」

阿笠「うむ…できればワシも一気につるっぱげにしてあげたかったんじゃのがう…今のワシの技術じゃこれが限界なんじゃ」

コナン「仕方ねぇなぁ…でもまあいいや、これは貰ってくぜ博士。じゃあな」

阿笠「うむ。またの」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 20:08:04.88 ID:Azn4u71a0

コナン「さーてまずは試し押しをしてみるか」ポチ

コナン「…」

コナン「本当に一本抜けたのかな…やっぱ光彦本人がいないとわかんねぇーなー」

光彦「あれ、コナン君?こんなところでどうしたんですか」

コナン「お、よぉー光彦!ナイスタイミング!ちょうど今お前に会いたかったんだよ」

光彦「え?どうしたんですかいきなり…」

コナン「なーに、ちょっと10秒ほど目をつむっててもらうだけだ。やってくれるよな光彦?」

光彦「何がなんだかわかりませんが…目を瞑ればいいんですね?いいですよ」

コナン「サンキュー光彦」

光彦「じゃあ目をつむりますよ」

コナン「おう」

光彦「…」

コナン「…」



ポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチポチ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 20:10:43.10 ID:Azn4u71a0

コナン(おっかしぃーなーこれだけ押してるのに全然頭皮がみえてこねーぞー)

光彦「コナン君、もう目を開けてもいいですか?」

コナン「お、おう。サンキュー光彦助かったぜ」

光彦「…?ほんとになんだったんですかこれ」

コナン「なーにお前は気にすんなって」

コナン(もう一回博士のところへ行ってこのことを報告してみるか)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 20:16:40.86 ID:Azn4u71a0

博士宅

コナン「博士!どういうことだよ!俺はこのスイッチを100回押したのに光彦の頭はまだフサフサだぞ!」

博士「そりゃそうじゃよ。人間の髪の毛は約10万あるといわれているんじゃから」

コナン「な…10万…?じゃあ俺は10万回も押さないと光彦をハゲさせることができねえってのか?」

博士「そういうことになるのう」

コナン「ふざけんな!!!」

博士「ちょ、ちょっと落ち着かんか新一」

コナン「ハァ…ハァ…悪い、取り乱して」

博士「いいんじゃよ、しかし光彦君を一早くハゲさせるになにか策をたてんといかんのう…」

コナン「うーん………そうだ!思いついたぞ!」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 20:22:27.71 ID:Azn4u71a0

コナン「じゃあな博士!こうしちゃいられねぇ」

博士「これ、待ちなさい!」


〜商店街〜

コナン「ここをこうして、で、あとはこれを置いてっと…」

コナン「よし、できた。これで光彦の頭が消えるのも間違いなしだな」

コナン「じゃあ今日はもう帰るか。どうせスイッチはほかの人が押してくれるし」



一般人A「ん?なんだこれ?『ボタンを押して音が慣れば賞金100万円、何回チャレンジしてもいいよ』だと?」

一般人A「おーいみんな、ここにおもしれーのがあるぞー!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 20:28:56.44 ID:Azn4u71a0

次の日

コナン「げっやべえ!今日は月曜日じゃねーか、遅刻しちまう!」

コナン「行ってきまーす!」

蘭「行ってらっしゃーい」

コナン「くそー朝にスイッチを取りに行く予定だったけど、そんな時間ねえよなー」

〜教室〜

コナン「はぁはぁ…なんとか間に合ったか」

歩美「あっおはよーコナン君」

元太「おっすコナン」

灰原「おはよう江戸川君、珍しく遅いじゃない」

コナン「ははっちょっと寝坊しちまってな…あれ?光彦は?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 20:32:52.00 ID:Azn4u71a0

灰原「さぁ、今日はまだ見てないはね」

元太「あいつも寝坊じゃねーのかー」

歩美「まっさかー」

ガラ

光彦「ぉはよぅござぃます…」

歩美「おはよー光彦君、あれ?その帽子、どうしたの?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 20:35:50.43 ID:Azn4u71a0

光彦「ぃやー僕もたまにはぉ洒落してみよぅかなと思ぃまして…」

コナン(まさか…)

コナン「なー光彦その帽子とってみてくれよ」

光彦「え、嫌ですよぉ…」

光彦「え!?いやー僕もたまにはお洒落してみようかなと思いまして…」

コナン(まさか…)

コナン「なー光彦その帽子とってみてくれよ」

光彦「え、嫌ですよぉ…」

コナン「なんでだよ、減るもんじゃないしいいだろー」

光彦「減ったんですよ…いろいろ…」ボソ

元太「え?何だって?よく聞こえなかった」

ガラ

先生「ほらほら席について、出席取るわよー」

光彦「あ、ほら先生も来たことですし、席につきましょう、ね?」

コナン(やっぱりな…)ニヤリ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 20:43:03.04 ID:Azn4u71a0

先生「灰原さん」

灰原「はい」

先生「円谷くん」

光彦「はぃ…」

先生「あれ?どうしたのその帽子」

光彦「ぉ洒落です…」

先生「ふーん、どうでもいいけど学校の中では取るようにね。ほら、取って?」

光彦「嫌です…」

先生「どうして?」

光彦「ダメなんです…」

先生「ふざけないで」

光彦「無理です…取れません…」

先生「いい加減にしなさい!!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 20:45:44.21 ID:Azn4u71a0

先生「なんで帽子が取れないの?理由があるなら言ってみなさい!」

光彦「言えません…」

元太「そんな帽子とっちまえよ似合ってないんだからよー」ヒョイ

光彦「あ、僕の帽子!!」

元太「あ…」

歩美「え…」

灰原「プッ…」

先生「禿げてる…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 20:53:26.02 ID:Azn4u71a0

「ギャハハハハハハ!」

「なんだ光彦のやつ頭がめっちゃ薄いぞー!wwwwwwww」

「見た目は子ども!頭はおっさん!その名も円谷光彦!wwwwwwwww」

「やべー何歳だよあいつwwwwwwwwwww」

元太、歩美「wwwwwwwwwwwwwwwwww」

光彦「ぅ…ぅぅ…」

コナン「バーロー!!お前ら黙りやがれー!」

クラス一同「…」シーン

コナン「どうしたんだ、光彦…その頭は…」

光彦「わ、分かりません…昨日の夕方、僕は家でお風呂に入っていたんです…」

光彦「お湯に浸かってるとき、いつのまにか大量の髪の毛が浮いてて…」

光彦「で、シャワーを浴びるとき鏡を見るともう既に頭が薄くなっていて…」

光彦「う・・・うぅ…」グスッ

コナン「な、泣くなよ…光彦…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 21:02:01.20 ID:Azn4u71a0

光彦「それだけじゃないんです…今日の朝、枕をみると髪の毛で真っ白な枕が髪の毛で真っ黒になってて…」

光彦「コナン君、僕はこれからどうしたらいいんですか!?助けてくださいよ!」

コナン「お、落ち着け光彦、とりあえず帰りに博士に相談してみよう、な?博士もはげてるし何とかなるかもしれないぜ?」

光彦「僕ははげてません!!!」

灰原「博士以上の頭よ…」ボソ

元太「うわああああああああああああああ!なんだこれえええええええええ!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 21:05:00.68 ID:Azn4u71a0

コナン「どうした!?」

元太「コ、コナン…この帽子見てくれよぉ…」

コナン「…!!」

歩美「どうしたのー?」ヒョイ

歩美「…」

歩美「キャアアアアアアアアアアアアアアア!」

コナン「な、なんだこの髪の毛の量は…これ、全部光彦の抜け毛か?」

光彦「多分、そうですよ…ハハッ……」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/20(日) 21:13:56.96 ID:Azn4u71a0

くぅ〜飽きましたw これにて完結です!
実は、話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、適当に続き書いてください



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「キョンに私の初めてが奪われたー」キョン「やめんか」