シンジ「アスカが僕の部屋に入り浸る……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「ねえこなた、私と小池鉄平どっちが好き?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:31:46.88 ID:0D2TEvbzP

アスカ「そこ右よ」

シンジ「……」ピコピコ

アスカ「そっちは左」

シンジ「……」


アスカ「そうじゃなくて、看板の裏」

シンジ「……」ピコピコ

アスカ「あ、そこ、隠しアイテムあるから」

シンジ「……」


シンジ「……」ピコ

アスカ「……あーあ、死んじゃった」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:34:03.12 ID:0D2TEvbzP

シンジ「……アスカがうるさいせいだよ」

アスカ「はぁ?」


シンジ「いちいち命令しないでよ! 好きにやらせてよ!」

アスカ「だって、アンタ一人だといつまでもチンタラやってるから」

シンジ「それでいいんだよ! 人それぞれのペースってものを考えてよ!!」

アスカ「なにそれ、ばっかみたい」


シンジ「うう……」

アスカ「……」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:36:28.60 ID:0D2TEvbzP

アスカ「ねぇねぇ」

シンジ「なに?」

アスカ「最初は、パー!」

シンジ「!」ピクッ


アスカ「はい、シンジの負けー。ジュース注いで来て」

シンジ「なんだよそれ! ずるいよ!」

アスカ「言い訳するんだ?」

シンジ「言い訳って、そんな……」

アスカ「男のくっせにー?」

シンジ「……」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:40:26.36 ID:0D2TEvbzP

シンジ「分かったよ、行けばいいんだろ、行けば……」

アスカ「そうそう、ちゃっちゃと働きなさいよ、愚民」

シンジ「……」

アスカ「あ、ついでにクッキー持ってきて」

シンジ「……太るよ」ボソッ


アスカ「なんか、言った?」

シンジ「なんにも……」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:42:22.84 ID:0D2TEvbzP

アスカ「……ふぅ」


アスカ「……」

アスカ「……」

アスカ「……」


アスカ「……」ゴソゴソ

アスカ「……」


アスカ「ん〜……」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:44:38.16 ID:0D2TEvbzP

シンジ「お待たせ……って、なにしてるんだよ!」

アスカ「探偵ごっこ」

シンジ「た、探偵ってなんだよ!」

アスカ「こういうところに、エッチな本、隠してるんでしょ」

シンジ「隠してないよ!」

アスカ「またまた」

シンジ「いいから、やめてよ……!!」ガシッ


アスカ「は〜な〜し〜て〜……!」グググ

シンジ「い〜や〜だ〜……!!」グググ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:46:50.70 ID:0D2TEvbzP

アスカ「はぁっ……はぁっ……」

シンジ「余計な体力、使わせないでよ……」

アスカ「あー……」

シンジ「もう、ほんとに……」


アスカ「……あっ!」

シンジ「今度は、なに?」

アスカ「この漫画」

シンジ「ああ、それ? ケンスケから借りたんだ」

アスカ「ふーん」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:48:30.97 ID:0D2TEvbzP

シンジ「面白いよね。先が読めないっていうかさ」

アスカ「そうねぇ」ペラッ

シンジ「登場人物がみんなカッコイイよね」

アスカ「うーん」ペラッ


アスカ「このさぁ、主人公のライバルいるじゃない?」

シンジ「ああ、僕、特にその人が好きなんだ!」

アスカ「死ぬわよ」

シンジ「……えっ!?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:51:27.05 ID:0D2TEvbzP

アスカ「悪の親玉のね、罠にかかった主人公を助けて、死ぬの」

シンジ「ど……」

アスカ「貴様を殺すのは俺だ……だから、こんなところで死んではならんってさ」

シンジ「ど、ど……」


アスカ「それで、自分が死んでどうすんだっつーの」アハハ

シンジ「どうして! それを! 今ここで言うんだよ!!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:53:52.31 ID:0D2TEvbzP

アスカ「だって、この人が好きなんでしょ?」

シンジ「そうだよ!」

アスカ「死ぬって知ったらショックでしょ?」

シンジ「だから今まさにショックを受けてるよ!!」


アスカ「知らずに読んでいたら、本当に死んじゃった時、もっと悲しくなるでしょ?」

シンジ「うん! ……うん?」

アスカ「私に教えて貰えて、良かったわね」

シンジ「…………うん」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:55:41.46 ID:0D2TEvbzP

アスカ「……」ゴクゴク

シンジ「って、ちがうよ!」

アスカ「っぷはぁ……ちょっと、オレンジじゃなくてグレープにしなさいよ」

シンジ「話を聞けよ!!」


アスカ「……あ、そういえばエコヒイキがね」

シンジ「綾波? 綾波がどうかしたの?」

アスカ「アンタのこと、頼りになって、カッコイイって」

シンジ「……え?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:57:27.11 ID:0D2TEvbzP

シンジ「……綾波が、本当にそう言ってたの?」

アスカ「うん」

シンジ「そっか、綾波が……」

アスカ「……」


シンジ「ま、まいっちゃうな……」エヘヘ

アスカ「嘘よ」

シンジ「えっ!?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 19:59:53.85 ID:0D2TEvbzP

アスカ「アイツがそんなこと、言うわけないでしょ」

シンジ「……」

アスカ「ていうかアンタ、そんな風に自分が言われると本気で思ってたの?」

シンジ「……」

アスカ「自己評価高すぎよ。気持ち悪い」

シンジ「……」

アスカ「あと、ニヤケ面も気持ち悪かった」

シンジ「……」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:01:19.68 ID:0D2TEvbzP

シンジ「なんで、どうして、そんな嘘つくんだよ!」

アスカ「ねぇ、ジュースおかわり」

シンジ「僕の分も飲んでいいよ!!」

アスカ「どうもー」ゴクゴク


シンジ「……」グスッ

アスカ「……あれ、もしかして泣いてる?」

シンジ「な、泣いてないよ!」

アスカ「目、赤くなってるけど」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:03:25.18 ID:0D2TEvbzP

シンジ「……っ!」ゴシゴシ

アスカ「ごめんね、シンジ……そこまで傷ついてると思わなくて」

シンジ「……」

アスカ「ホントに、ごめん」

シンジ「……いいよもう、別に……」


アスカ「だって、まさか、こんなことで……」ウッ

シンジ「……」

アスカ「こんな、こんな……」ウウッ

シンジ「……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:05:13.83 ID:0D2TEvbzP

アスカ「―――あははははは!! な、泣いてるの? ねぇ泣いちゃったの??」

シンジ「……」

アスカ「これくらいで、私と同い年の男が!?」

シンジ「……」


アスカ「あはっ、あははははははは!!」バンバン

シンジ「……」

アスカ「ひーっ! ひっーっ!」ゲラゲラ

シンジ「……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:07:16.60 ID:0D2TEvbzP

アスカ「はぁー……」

シンジ「……」

アスカ「ふぅー……」

シンジ「……」


シンジ「ねぇ、もうだいじょ」

アスカ「―――あははははははは!!」


シンジ「……」

アスカ「だいじょ! だいじょ! あははははははは!!」バンバン

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:09:32.50 ID:0D2TEvbzP

ガラッ


ミサト「ちょっと、二人ともー、もうちょっと静かにー」

アスカ「あっ、ごめーん、ミサト。なんかバカシンジが急に」

シンジ「……!?」


ミサト「ねぇシンちゃん、もうちょっと静かにお願いね」

シンジ「ち、ちがっ」

ミサト「まぁ自分の部屋に可愛い女の子がいて、興奮しちゃう気持ちも分かるけど」ウププ

シンジ「ミサトさん!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:11:28.47 ID:0D2TEvbzP

ミサト「それと、アスカはまだお風呂入ってないでしょ?」

アスカ「うん」

ミサト「早く入っちゃいなさいね」

アスカ「わかったわ」


ミサト「シンちゃん」

シンジ「なんですか?」

ミサト「お背中、流してあげたら?」

シンジ「……っ! ミサトさん!!」

ミサト「おほほ」


ガラッ

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:13:21.73 ID:0D2TEvbzP

アスカ「さーってと、じゃあ、お風呂入ろうかな」

シンジ「……」

アスカ「ねぇ、シンジ」

シンジ「……なんだよ」


アスカ「背中流したいなら流させてあげるけど?」

シンジ「……そんな気ないから、さっさと入りなって」

アスカ「あっそ」

シンジ「……」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:15:16.46 ID:0D2TEvbzP

アスカ「あーあ、本気で言ったのにな」

シンジ「えっ?」ガタッ


アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「……」


アスカ「……アンタ、そんなに騙されやすくて大丈夫なの?」

シンジ「もういいから! さっさとお風呂入りなよ!!」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:17:18.84 ID:0D2TEvbzP

シンジ「……はぁ、やっと行った」

シンジ「……」

シンジ「ゲームの続きやろ……」


シンジ「……」ピコピコ

シンジ「……」

シンジ「……」


シンジ「……」ピコピコ

シンジ「……」

シンジ「……」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:19:18.22 ID:0D2TEvbzP

シンジ「……あれ、ここ、どうやって行けばいいんだろ」

シンジ「……」


シンジ「ねぇ、アス―――」

シンジ「……」


シンジ「……」ゲホッ

シンジ「……」

シンジ「……んんっ」


シンジ「……」ピコピコ

シンジ「……」

シンジ「……」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:22:17.07 ID:0D2TEvbzP

アスカ「―――はぁー、良いお湯だった!」


シンジ「うわわっ!」

アスカ「……? なにドギマギしてんの?」

シンジ「し、してないけど……」

アスカ「そう?」


シンジ「いや、なんで僕の部屋に来るんだよ!」

アスカ「立ち入り禁止の標識なんて見なかったけど」

シンジ「そりゃそうだよ!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:24:15.75 ID:0D2TEvbzP

シンジ「お風呂入ったんだし、もう自分の部屋に戻ればいいじゃないか!」

アスカ「どうして?」

シンジ「どうしてって……だって、もう寝るだけだろ」

アスカ「はぁ? アンタ、お風呂入って数分で寝るの?」

シンジ「……違うけど」

アスカ「もっと合理的に話を進めなさいよね」

シンジ「ごめん……」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:26:16.44 ID:0D2TEvbzP

アスカ「ねぇねぇ」クイクイ

シンジ「ん?」


アスカ「ドライヤーやって」

シンジ「自分でやりなよ、それくらい……」

アスカ「ドライヤー!」

シンジ「わっ、絶対に投げないでよ! やるから!」

アスカ「最初っからそう言えばいいのよ」

シンジ「もう……」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:29:03.56 ID:0D2TEvbzP

シンジ「……」ブォォォ

アスカ「〜♪」

シンジ「……」ブォォォ

アスカ「〜♪」


シンジ「……アスカの髪の色ってさ」

アスカ「なによ?」

シンジ「黒じゃ、ないよね」

アスカ「は? 当り前でしょ?」

シンジ「そうだけど」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:31:27.98 ID:0D2TEvbzP

アスカ「文句でもあるの?」

シンジ「いや、だからさ」

アスカ「……?」


シンジ「綺麗だなぁって、思って」

アスカ「……はぁ?」

シンジ「う……」

アスカ「なにそれ、バカじゃないの?」

シンジ「ご、ごめん」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:33:10.48 ID:0D2TEvbzP

シンジ「……」ブォォォ

アスカ「……」

シンジ「……」ブォォォ

アスカ「……」


シンジ「えっと、これで終わり……かな」カチッ

アスカ「……」

シンジ「アスカ?」


アスカ「良かったわね」ボソッ

シンジ「え?」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:35:15.00 ID:0D2TEvbzP

アスカ「私の綺麗な髪、触れて良かったわねって言ってんの!!」

シンジ「ええー……」


アスカ「そうでしょ?」

シンジ「……はい」

アスカ「じゃあ、お礼は?」

シンジ「……ドライヤーをさせて頂き、ありがとうございました……?」


アスカ「よし!」

シンジ「……なんだよ、これ……」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:37:53.54 ID:0D2TEvbzP

アスカ「布団敷いて」

シンジ「いいの?」

アスカ「うん」

シンジ「じゃあ、そうするけど……」


アスカ「……」

シンジ「よいしょっと」バサッ

アスカ「……」


シンジ「ふぅ」

アスカ「ちょっと」

シンジ「なに?」

アスカ「私の分は?」

シンジ「えっ!?」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:39:32.47 ID:0D2TEvbzP

シンジ「なんで!?」

アスカ「なんでって、ここで寝るから」

シンジ「どうして!?」

アスカ「もしかして嫌とか言うつもり?」

シンジ「そうじゃないけど……」

アスカ「だったら、さっさとしなさいよ」

シンジ「でも……」

アスカ「ハリー!」

シンジ「は、はい!」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:41:36.53 ID:0D2TEvbzP

シンジ「……よいしょっと」バサッ

アスカ「ちょっと、くっつけ過ぎ」

シンジ「えー……」

アスカ「……」


シンジ「……よいしょっと」バサッ

アスカ「ちょっと」

シンジ「えっ?」

アスカ「……離し過ぎ」


シンジ「……えっと、うん」

アスカ「……」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:44:09.45 ID:0D2TEvbzP

シンジ「僕は歯を磨いてくるけど」

アスカ「私はもう磨いたもん」

シンジ「そっか、じゃあ」

アスカ「うん」


ガラッ


アスカ「……ふぅ」ボフン

アスカ「……」


アスカ「……」モゾモゾ

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:46:11.11 ID:0D2TEvbzP

ガラッ


シンジ「……っと」

シンジ「……」

シンジ「あれ、アスカ、もう寝ちゃったの?」


シンジ「……」

シンジ「……」


シンジ「電気、消すね」

シンジ「……」

シンジ「……」パチッ

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:48:18.82 ID:0D2TEvbzP

シンジ「……」

シンジ「……」

シンジ「……」


シンジ「……」

シンジ「……」


アスカ「……シンジ」

シンジ「……!」

アスカ「……」

シンジ「アスカ、起きてたんだ」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:51:24.69 ID:0D2TEvbzP

アスカ「……そんな早く、寝れるわけないでしょ」

シンジ「それもそっか」


アスカ「……」

シンジ「……」


アスカ「……ねぇ」

シンジ「なに?」

アスカ「手、繋がせてあげてもいいけど」

シンジ「……え?」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:53:31.70 ID:0D2TEvbzP

シンジ「……」

アスカ「……」


シンジ「……もう、そんなのには騙されないよ」

アスカ「……そりゃそうね」

シンジ「……」


シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「……」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:55:34.27 ID:0D2TEvbzP

アスカ「ねぇ」

シンジ「なに?」

アスカ「手……繋がせてあげてもいいけど」

シンジ「……!!」


アスカ「……」

シンジ「……」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:57:31.54 ID:0D2TEvbzP

シンジ「……じゃあ、是非お願いします」

アスカ「しょうがないわね」モゾモゾ


シンジ「……」ギュッ

アスカ「……」ギュッ


シンジ「……」

アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「……」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 20:59:16.83 ID:0D2TEvbzP

シンジ「アスカは」

アスカ「……ん?」

シンジ「アスカは、どうして僕の部屋に入り浸るの?」

アスカ「……」

シンジ「……」

アスカ「どうしてだと思う?」

シンジ「それは……」

アスカ「……」

シンジ「えっと……」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:01:37.17 ID:0D2TEvbzP

シンジ「僕がいるから……とか?」

アスカ「そんな風に思ってたんだ?」

シンジ「う……ま、まぁ」

アスカ「……」

シンジ「違った?」

アスカ「半分、正解……かな」

シンジ「半分?」

アスカ「……」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:03:23.07 ID:0D2TEvbzP

アスカ「私さぁ」

シンジ「うん」

アスカ「人といるの、嫌いなのよね」

シンジ「……」


アスカ「人と話したり、人とマンガ読んだり、人とゲームしたり……」

シンジ「……」

アスカ「髪に触られたり、一緒に寝たり……手を繋いだり」

シンジ「……」

アスカ「そんなの、考えるだけで気持ち悪い」

シンジ「……」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:05:11.76 ID:0D2TEvbzP

アスカ「……気持ち悪かったはず、なんだけど」

シンジ「……」

アスカ「どうして、私は変わってしまったんだろう」

シンジ「……」

アスカ「ねぇ、どうしてだと思う?」

シンジ「……」



シンジ「……僕のせい、とか?」

アスカ「……」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:07:19.17 ID:0D2TEvbzP

アスカ「ふぅん、そんな風に思うんだ」

シンジ「……うん」

アスカ「……」

シンジ「……」


アスカ「……半分、正解」

シンジ「え?」

アスカ「『せい』じゃなくて、『おかげ』」

シンジ「……!」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:09:24.06 ID:0D2TEvbzP

アスカ「もう、寝るわ」

シンジ「うん」

アスカ「私より早く起きて、ごはん作っておきなさいよね」

シンジ「わかった」


アスカ「……」

シンジ「……」


アスカ「おやすみ」

シンジ「おやすみ」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:11:30.70 ID:0D2TEvbzP

エピローグ


アスカ「そうじゃないって」

シンジ「……」ピコピコ

アスカ「攻撃じゃなくて防御」

シンジ「……」


アスカ「魔法使って」

シンジ「……」ピコピコ

アスカ「あ、それガード不能だから」

シンジ「……」


シンジ「……」ピコ

アスカ「……あーあ、死んじゃった」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:13:56.66 ID:0D2TEvbzP

シンジ「ほんとうるさい! アスカはうるさい!」

アスカ「はぁ? それならド下手なプレイするの、どうにかしなさいよ」

シンジ「そこまで下手じゃないだろ!」

アスカ「そんなこと言って、私がいなかったら行き詰るくせに」


シンジ「……そ、そんなことないよ!」

アスカ「ほんとにー?」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:16:14.47 ID:0D2TEvbzP

アスカ「ねぇねぇ」

シンジ「なに?」

アスカ「最初は、チョキ!」

シンジ「!」ピクッ


シンジ「ぐっ……!」

アスカ「アンタの思考は私の半世紀遅れをとってるわね」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:18:31.00 ID:0D2TEvbzP

シンジ「もう行くよ、行けばいいんだろ!」

アスカ「ねぇ」

シンジ「オレンジじゃなくて、グレープ!」


アスカ「分かってるじゃない」

シンジ「そりゃ分かるよ……」

アスカ「ふふ、そうこないとね」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:20:14.47 ID:0D2TEvbzP

アスカ「……よし」


アスカ「……」

アスカ「……」

アスカ「……」


アスカ「……」ゴソゴソ

アスカ「……」


アスカ「ん〜……」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:22:21.28 ID:0D2TEvbzP

シンジ「お待たせ……って、なにしてるの」

アスカ「帰ってきた3分探偵」

シンジ「……ああ、そう」


アスカ「止めないの?」

シンジ「……好きにすれば?」

アスカ「するけど」ガサゴソ


アスカ「……ん?」

シンジ「……」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:24:57.76 ID:0D2TEvbzP

アスカ「なにこの箱」

シンジ「……」

アスカ「開けていいの?」

シンジ「うん」


アスカ「……」パカッ

シンジ「……」


アスカ「……!!」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:26:26.70 ID:0D2TEvbzP

アスカ「ネックレス……」

シンジ「誕生日、だからさ」

アスカ「……」

シンジ「うん、その……おめでとう、アスカ」


アスカ「……」

シンジ「……」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:29:15.79 ID:0D2TEvbzP

アスカ「……知ってる?」

シンジ「なにを?」

アスカ「女性にアクセサリをあげるのは、独占欲の現れなんだって」

シンジ「……ぼ、僕はそんなつもりじゃ!」

アスカ「ないの?」

シンジ「……っ!」


シンジ「全くないわけじゃ、ないけど……」

アスカ「ふーん?」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:32:28.09 ID:0D2TEvbzP

アスカ「ね、付けてよ」

シンジ「うん」


アスカ「……ん」

シンジ「……」


アスカ「似合う?」

シンジ「うん」

アスカ「かわいい?」

シンジ「可愛い」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:35:17.56 ID:0D2TEvbzP

アスカ「ふふっ、そう」

シンジ「うん」


アスカ「ねぇ」

シンジ「なに?」






アスカ「来年も、祝いなさいよね!」



終劇

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/04(火) 21:36:10.54 ID:0D2TEvbzP

俺はアスカに出会って人生が変わった。新たな人生を手に入れた。
アスカの誕生日というのは、あるいは俺のバースデイなのかもしれない。

父にありがとう。母にさようなら。そして、全ての子供たちに


おめでとう



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「シンジィ…」