アスカ「またイクの?バカシンジ」レイ「もっとイって…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:綾波「シンジ、午後ティー買ってこい」碇「あーい」スタコラサッサ

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/23(火) 23:28:17.56 ID:IlzHtrdvO

シンジ「あ、あっ、もう……!やめ、ああぁ!」

アスカ「嘘ばっかり……まだこんなに硬ぁいくせに……んっ」

レイ「碇くん。もっと、もっとイかせてあげる……もっと」

シンジ「ふぁっ、あ、あぁぅ、あ〜〜〜」

アスカ「ね。我慢も遠慮もしなくていいのよ、シンジ」

レイ「精子、いっぱい出して……お願い」

アスカ(そうよ。シンジを射精させた数だけ、カヲルがイかせてるれる約束なんだから……)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/23(火) 23:43:20.30 ID:IlzHtrdvO

アスカ「―――3回」

カヲル「シンジ君は喜んでた?」

アスカ「あったり前じゃない。途中からはヨダレまで垂らしてうっとり蕩けてたくらい」

カヲル「そう……じゃあ、ご褒美をあげないとね」

ぎゅっ

アスカ「あ……!」

ぎゅぅ

アスカ「ぁ……あっふぁぁぁ!」ビクビクビク

カヲル「これで一回」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/23(火) 23:59:57.91 ID:IlzHtrdvO

アスカ(ぅ……そ。まだハグしか)

カヲル「よく頑張ったね。アスカ」

アスカ「ひぁん! あ〜〜〜ッ」ビクッビクッ

アスカ(ささやかれただけで、ぇ)

カヲル「2回目」

アスカ「や……こんなっ手抜き……約束は」

カヲル「僕は、性的な絶頂を与えてあげるとだけ言ったはずだよ」

アスカ「そ……そんな、子供騙しの屁理屈で……!」

ちゅっ

アスカ「!」

アスカ「あっぁぁぁぁ……!」ビクビクビク
ドサ…

カヲル「ふう。これで3回。じゃ、僕はもう帰るよ」スタスタ

アスカ「ぁ…ふぁ」

アスカ「…………モットォ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 00:13:44.06 ID:Pg4aM+6UO

お部屋

アスカ「はぁ…」

アスカ(あいつ。女を駒にしてあしらって。最低)

アスカ(……でも、3でキスまでいくなら…もっと沢山シンジを悦ばせれば、ひょっとしてもっと……)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 00:22:14.80 ID:Pg4aM+6UO

ミサト「あれ。アスカは?」

シンジ「部屋にいます」

ミサト「ふーん。いっつも大抵この時間はテレビ視てんのに、珍しいわね」

シンジ「…そうですね」

シンジ(やっぱり、昼間のアレを気にしてるのかな……い、いきなり二人できてだったし)

シンジ(なんだったんだろ、アレ)ドキドキ

ミサト「ま、ちょうどいいわ。シンジ君、ちょっち私の部屋に来て」

シンジ「? はい」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 00:36:03.48 ID:Pg4aM+6UO

シンジ「ん、ンンっん!?」

くちゅ、ちゅぱちゅるちゅぱっ

ミサト「ふふ。どう? 大人のキス」

シンジ「ら…らんれ…」

ミサト「そうねぇ、普段の労をねぎらってってとこかしら。ま、なんだっていいじゃない」

むに…っ

ミサト「柔らかいでしょ。ここも、シンジ君の好きに触っていいのよ……?」

むにゅぅぅ

シンジ「ぅ…ぁ」

ミサト「なにも考えなくていいから。頭からっぽにして、気持ちよくなって」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 00:51:24.40 ID:Pg4aM+6UO

シンジ「ふっぁ、ああ、く、ぁぁぁぁっ!」

ミサト「はぁ……ふふ、顔にかかっちゃった……」レロッ

シンジ「ハァ、ハァ。ど、どうして、みんな……おかしいよ」

ミサト「みんな? 他にも誰かにされたの?」

シンジ「……」

ミサト「……そう。きっと天使にでもそそのかされたのね。私と同じで」

シンジ「ミサトさん、なに言って……ぅあっ、ぁ……く」

ミサト「まだまだこれからよ。いくらでも吐き出させてあげる……ン」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 01:09:46.70 ID:Pg4aM+6UO

がっこ

シンジ(昨日はスゴい……変な一日だったな)

シンジ(あ、マズい。思い出しちゃダメだ、思い出しちゃダメだ)

トウジ「なんやシンジ。もぞもぞしおって」

シンジ「え。あ、いやなんでもないよ」

ケンスケ「女子の視線が気になるとかかぁ?」

トウジ「よっ! さすがエヴァパイロット!」

シンジ「ホントにそんなんじゃないって」

女子「…」チラッ

女子「…」ジー

女子「…」ヒソヒソ

シンジ(でも確かに今日は、いつもよりなんか見られてるかも。なんだろ)

ヒカリ「…」チラッ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 01:16:11.32 ID:Pg4aM+6UO

ヒカリ「碇君。えっと、少しいい?」

シンジ「なに?」

ヒカリ「ここじゃちょっと……アスカのことなんだけど……」

シンジ「?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 01:29:16.94 ID:Pg4aM+6UO

スタスタスタ
シンジ「この辺なら大丈夫じゃないかな」

ヒカリ「うん…」

ヒカリ「碇君、ごめんなさい。アスカの話じゃないの」

シンジ「え?」

ヒカリ「あ、あのね。私、い、碇君を気持ちよくしたいの!……どうやったらいい?」

シンジ「洞木さん!? なに言って」

ヒカリ「お願い。お願いだから、私にさせて……お願い」

シンジ「ま…いや、待って」

ぐにっ

シンジ「!」

ヒカリ「ここだよね? おお男の子は、ここをされるよ良くなるんでしょ……?」

ぐにゅ、にゅむにゅむっ

シンジ「ちょ、あ、ぅあっ」

ヒカリ「教えて。こう? これくらい?」

ぐにゅっぐにゅっ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 01:42:10.53 ID:Pg4aM+6UO

シンジ「く、ぅ、ぁ! やめ…!」

ヒカリ「どうして止めるの? いいんでしょ? おちんちん、いいんだよね?」

ヒカリ「あ。あ、そ、そっか、このままだと下着汚しちゃうから……」

シンジ「ちがっそうじゃなくて」

ヒカリ「待ってて、すぐ」カチャカチャ

ズルリ

シンジ「!」

ヒカリ「おちんちん、外に出たわよ。これで安心してイケるね碇君」

ヒカリ「床にもこぼさないように……全部口でちゃんと受け止めるから…ぁ、ほら」

れろっ

シンジ「うぁ」

れろっちゅぱ、ちゅぱ、ちゅぱ

シンジ「あ、あ、ぃ、あっ、あっ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 01:52:12.22 ID:Pg4aM+6UO

シンジ(なんだこれっ。絶対ヘンだ、怖い……っ)

シンジ(でも……あの、あの洞木さんが、あそこに膝まづいて、口でなんて!)

ペロッ、れろれろちゅぱぱ、れろれろれろれろ…

シンジ「ふぅっくああああ!」ビュルルル!

ヒカリ「ハァ、ハァ……ああ、いっかいめぇ……」

キーンコーン

シンジ「!! 授業、始まっちゃう」

ヒカリ「授業なんてどうでもいいじゃない……ね、早く次、出そ……」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 02:04:47.61 ID:Pg4aM+6UO

ミサト「ンぁ、あああぁぁ〜〜〜〜!」ビクビクビク

カヲル「一晩で5回は大したものですね。5回、今のように胸を揉まれたら終わってしまいそうだけど」

ミサト「ぃ……ヤ……他も、ぉ」

カヲル「ふふ。冗談ですよ。シンジ君の悦びに報いないと……さ、舌を伸ばして」

ミサト「ふァ…こ、ぉ……?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 02:20:19.73 ID:Pg4aM+6UO

カヲル「そう、そのまま。舐めてあげる」

れろっ

ミサト「イひぃぃぃぃ!!」ビクククッ
ドサ…

カヲル「どうですか? 葛城さん」

ミサト(の…、のうみそ、じょーはつしちゃうかとおもった…)

カヲル「もう一度」

ミサト「……らいてぇ、くれらいの……?」

カヲル「不満ですか? 嫌であれば止めればいい」

ミサト「あ、あ」ベロ

カヲル「続けるんですね。素直な大人は好きですよ」

ちゅぱっ

ミサト「あ゙あ゙あ゙〜〜〜」ビクビクビク

カヲル「あと2回」

ミサト「ぁー、ぁー……」レロー

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 02:25:22.55 ID:Pg4aM+6UO

おうち

シンジ「ただい……えわっ!」

レイ「碇くん。やっと会えた」

ぎゅぅぅ

シンジ「いや、出向で半日会えなかっただけなのに……」

レイ「碇くんの布団、行きましょう」ボソボソ

シンジ「!」

レイ「どうせすぐにあの子も来るわ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/24(水) 02:30:53.59 ID:Pg4aM+6UO

ねるぽ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「コンドームを付けた状態ならフェラしても構わない」