エリカ「ふふ……こうされるのが気持ちいいんですか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「ママがケータイ買ってくれないよぅ」ワーン

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 17:22:06.04 ID:WDMBuRcb0

レッド「うぁ……」

エリカ「ほらほら、動かないでください」

レッド「エリカ……もうやめてくれ」

エリカ「ダメです。耳垢になって取れなくなっちゃいますよ」ホジホジ

レッド「い、いたいいたい!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 17:27:55.53 ID:WDMBuRcb0

エリカ「ちょっとレッドさん、そんなにモゾモゾしないでください!」

レッド「……ならもう少し優しくやってくれ」

エリカ「優しくしているではありませんか」

レッド「……不十分だ」

エリカ「ワガママですね。だったら自分でやりますか?」

レッド「……」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 17:33:41.04 ID:WDMBuRcb0

レッド「……ああ、自分でやる」

エリカ「本当にですか? 一人でできるんですか?」

レッド「……エリカは過保護すぎるぞ」

エリカ「だってレッドさんは私がいないと何もできないではありませんか」

レッド「ぐっ……」

エリカ「図星ですね」

レッド「……と、とにかく! 耳掃除は自分でする」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 17:36:55.03 ID:WDMBuRcb0

レッド「……」

エリカ「なさらないんですか?」

レッド「い、今やるところだ……」

エリカ「そうですか」

レッド「……」

レッド(……自分でやるのはやはり怖い。もし間違えて鼓膜を突き破ったら……)ゾワッ

レッド「……やっぱり後でやる」

エリカ「はい、ダウトです」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 17:42:15.96 ID:WDMBuRcb0

エリカ「さあさ、早く横になってください」

レッド「……わ、わかったよ。今やるから」

エリカ「……嘘ではないですね?」

レッド「あ、ああ……」

エリカ「じー……」

レッド「……見られるとやりにくい」

エリカ「……」

レッド「ふぅ……いくぞ」

...ゴリッ

レッド「〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」ジタバタ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 17:45:28.45 ID:WDMBuRcb0

エリカ「まったく……しょうがないお方ですね」

レッド「……き、今日はもう安静にしないと」

エリカ「ダメです。レッドさんは嫌なことを先へ先へ延ばそうとするんですから」

レッド「……」

エリカ「さあ、観念してください」

レッド「……」

エリカ「おやつ抜きにしますよ?」

レッド「……はい」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 17:50:32.90 ID:WDMBuRcb0

エリカ「首は痛くないですか?」

レッド「……耳の中が痛い」

エリカ「では……痛いの痛いのとんでけ〜♪」

レッド「……」

エリカ「痛みはとれましたか?」

レッド「全然」

エリカ「レッドさん、かわいくないです」

レッド「……」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 17:56:00.89 ID:WDMBuRcb0

エリカ「……」カリカリ

レッド「ぅ……ぐぬぉ……」

エリカ「……」カリカリ

レッド「あふぁふ……いひゃ……」

エリカ「……あ、とれました」

レッド「た、耐えきった……」

エリカ「レッドさん、すごい汗です……」フキフキ

レッド「……もう終わりか?」

エリカ「まだ反対側があります」

レッド「……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 18:09:36.04 ID:WDMBuRcb0

エリカ「……」カリカリ

レッド「んっ……んー……」

エリカ「レッドさん、少し慣れましたか?」

レッド「……ああ」

エリカ「ほら、痛くなんてなかったでしょう?」

レッド「……最初は痛かった」

エリカ「それはレッドさんが暴れるからです」

レッド「……ごめん」

エリカ「わかればよろしいのです♪」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 18:15:05.18 ID:WDMBuRcb0

エリカ「〜♪」カリカリ

レッド「……」

レッド(今更だが、俺が枕にしてるのってエリカの太ももなんだよな……)

レッド「……っ」モゾモゾ

エリカ「レッドさんたら、またモゾモゾして……!」

レッド「……ごめん」

エリカ「またどこか痛かったんですか?」

レッド「いや、そうじゃなくて……エリカの膝枕って気持ちいいなあと」

エリカ「なっ……///」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 18:21:27.91 ID:WDMBuRcb0

エリカ「ば、バカなことおっしゃってないでジッとなさってください!///」

レッド「……ああ、続きもよろしく」

エリカ「……わ、わかってますわ///」ドキドキ

エリカ(まったく……レッドさんったら、もう……)

エリカ「……っ///」ガリガリ

レッド「いだいいだいっ!」

エリカ「あ……ご、ごめんなさい!」

レッド「き、気をつけてくれよ……」

エリカ「……っ、も、もとはといえばレッドさんのせいではありませんか!///」

レッド「……え?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 18:42:46.23 ID:WDMBuRcb0

エリカ「……っ///」カリカリ

レッド「エ、エリカ……?」

エリカ「もう黙っててください! 手元が狂います!」

レッド「……は、はい」

エリカ「……///」カリカリ

------------------------------------

エリカ「……終わりましたよ」

レッド「……」

エリカ「レッドさん?」

レッド「……」

エリカ(寝てしまったのかしら……?)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 18:51:20.59 ID:WDMBuRcb0

エリカ「レッドさんも困ったものです……いきなりあんな破廉恥なことを言い出すなんて……」

エリカ「……///」モゾモゾ

エリカ「で、でも……やっぱり少し嬉しいものですね」

エリカ「レッドさんが(下心であれ)私の一部分でも好いてくれる……」

エリカ「好きな殿方からそういう風に思ってもらえるって……女性としては、すごく幸せなことです……」

エリカ「いつか、私のすべてを好きになってもらえることができたら……私……」

「……好きだぞ」

エリカ「……え?」

レッド「俺は……エリカの全部が好きだぞ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 18:55:57.61 ID:WDMBuRcb0

エリカ「レ、レッドさん……」

レッド「……」

レッド(言ってしまった……これってプロポーズ、だよなあ……)

レッド(まあいつかは言おうと思ってたし、結果オーライか……)

レッド「あの、エリカ……」

エリカ「……」

レッド「エリカ……?」

レッド(どうしたんだろう……そんなに嬉しかったのか?)

エリカ「……レッドさん」

レッド「なに?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 19:00:59.28 ID:WDMBuRcb0

エリカ「……さっきの話、全部聞いていらしたんですか?」

レッド「……え?」

エリカ「……」ゴゴゴ

レッド(なんかまずい予感……)

レッド「い、いや……エリカに黙れって言われてたし……」

エリカ「……どこから聞いていらしたんですか?」ゴゴゴ

レッド「別に寝たふりとかじゃ……」

エリカ「……どっから聞いていやがったんですか?」ゴゴゴ

レッド(ひぃ……!)

エリカ「乙女のひとり語りを盗み聞きとは……失礼極まりないです!」ペシンッ

レッド「ぎゃー!」

こうしてエリカの尻に敷かれる新生活がスタートしたレッドであった。

おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「今度こそ安価で灰原を夜這いする」