ドラえもん「立て、のび太」のび太「ぐっ……!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「それ……俺と同じだな」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 00:30:24.66 ID:n5Ixs3Rq0

ドラえもん「どうした。結局はその程度の存在か」

のび太「くぅ……!」グググ

ドラえもん「どうした?ここまで言われても立ち上がらないとはな」

のび太「黙れ……!貴様のせいで腕が……!」グググ……

ドラえもん「腕がどうした?

……まさか折れただけでは無かろうな」ガッ

のび太「……ッ!?」ガクンッ

ドラえもん「どうした、立て。腕を使わずに立つ方法はとっくに教えたはずだ」

のび太「この……貴様、今の一撃で俺の両足を……!」ガクガク

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 00:34:14.43 ID:n5Ixs3Rq0

ドラえもん「……まだ抜かすか。ならばいっそ消してくれよう」

のび太「くぅぅ……!動けぇ……俺の体ァ……!!」

ドラえもん「……」

のび太「うおおおおおお!」ガクガク

ドラえもん「……のび太くん」

のび太「うおおおお……ってなんだよ〜、途中でやめないでよ」

ドラえもん「この遊びいつまで続けるのさ?」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 00:37:04.93 ID:n5Ixs3Rq0

のび太「遊び?……くっ、貴様にとってみれば俺の命など玩具も同然という」

ドラえもん「のび太くん」

のび太「チェッ……別にいいだろう?」

ドラえもん「付き合わされる僕の身にもなってよ……」

のび太「え?楽しいでしょ?」

ドラえもん「全然」

のび太「……くっ!」

ドラえもん「面白くないよ?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 00:39:38.88 ID:n5Ixs3Rq0

のび太「……貴様は俺を怒らせた。生きて帰れると」

ドラえもん「おい」ドンッ

のび太「ッッッッ!?」ガクガクッ

ドラえもん「そのリアクションもやめてほしいな……」

のび太「俺を封じるつもりなのか……!」

ドラえもん「急に人格を増やさないでよ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 00:44:01.39 ID:n5Ixs3Rq0

のび太「もぅ、一体何が不満なんだよ」3

ドラえもん「中学生だからこういうのが好きなのは分かるけど、それを世間にまき散らすのは動物園のゴリラの糞投げに等しいよ」

のび太「クックック……我が輩の高貴な能力を糞呼ばわりとはな……さほど自らの力を過信していると見た」

ドラえもん「……」

のび太「さぁ、続けようではないか、糞投げを……!」

オヤツヨー

のび太「あ、はーい!」ドタドタ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 00:51:41.49 ID:n5Ixs3Rq0

ドラえもん「はぁ……この記憶は未来ののび太くんを苦しめるというのに……ん?」ピピピピ

ドラえもん「ドラミからタイム電話だ……なんだろう?」ピッ

ドラえもん「どうしたのドラミ?珍しいじゃないか」

ドラミちゃん「お兄ちゃん大変!せわしくんがおかしくなっちゃったの!」

ドラえもん「お、おかしくなっただって!?」ガタッ

ドラミちゃん「と、とにかく映像を送るわ、見ながら考えましょう!」

ドラえもん「う、うん」

ピッ

ドラミちゃん『せ、せわしくーん』ガチャッ

せわし『……どうした、猫型のからくりよ』ヒュウウウウ

ドラミちゃん『また立体映写機で川原なんか移して……』ヒュウウウウ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 00:58:27.75 ID:n5Ixs3Rq0

せわし『クックック……貴様の様なからくりには理解できぬわ……』ヒュウウウウ

ドラミちゃん『はぁ……一体どうしちゃったの?』ヒュウウウウ

せわし『どうした?ふむ、恐ろしく大雑把な質問だ……答えられる筈も無し』

ドラミちゃん『……』

せわし『クックック……出直してこい、からくりの者よ!』

ピッ

ドラミちゃん「……と、言う訳なの」

ドラえもん「……遺伝というのは実に恐ろしき物よ」

ドラミちゃん「お兄ちゃん?」

ドラえもん「ん?あぁ、何でもないよ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 01:03:52.74 ID:n5Ixs3Rq0

ドラミちゃん「……それで、どうしたら良いのかな?」

ドラえもん「……うーん……僕は何とも言えないなぁ……」

ドラミちゃん「ハァ……やっぱりそうよね……分かった、こっちでも調べてみるわね」

ドラミちゃん「うん、頼んだよ」

ピッ

ドラえもん「ハァ……まさか二代も先の世代がこんな事になってるなんてね……」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 01:08:55.04 ID:n5Ixs3Rq0

ドダダダダ

バンッ!!

のび太「大変な事になった……!ジャイエンツ・ゴーダの軍が危ない!至急援護に向かう!」

ドラえもん「……野球だね、行ってらっしゃい」

のび太「今回の敵は常軌を逸している……俺でも勝てるかどうか……」

ドラえもん「……糞投げ打法で勝てるさ」ボソッ

のび太「ん?すまない、聞き取れなかった」

ドラえもん「貴様の力を持ってすれば人間如き一捻りよ!」

のび太「……わ、分かっている!」ニヤニヤ

ドダダダダ

バタンッ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 01:12:08.39 ID:n5Ixs3Rq0

ドラえもん「そうだ……久々にのび太くんの野球を見に行くのも良いかな。同年代の男の子が普通はどんな感じなのかも気になるし……よし、タケコプター!」

ピトッ ピュー

〜野球場〜

カキンッ

ワーワー

ドラえもん「やってるやってる……ん?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 01:18:37.70 ID:n5Ixs3Rq0

スネ夫「……………………………………………!!」パシッ!!

シュッ

ジャイアン「おらよ、ふっ」パシッ

シュッ

のび太「はっ」ポロッ

ボテッ

オラーフザケンナヨクソナゲー

のび太「ふっ、謝罪しよう」

オラーフザケンナヨクソナゲーチャントアヤマレー

スネ夫「……………………………………笑止」

ジャイアン「だーもう!ったくよー……そうのび太ばかりせめてかやるなよ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/07(火) 01:26:20.22 ID:n5Ixs3Rq0

ドラえもん「……うわぁ、うわぁ」

ねむいから落ちろ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ちょっとハルヒ!俺のプリン食べたでしょ!?」