ゲンドウ「シンジから進路相談の電話がきた。」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:こなた「カンチョー!!」かがみ「ひえ!!?」ブビビビビー!!

ツイート

1 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:21:34.29 ID:v5ggrdUn0

エヴァのSSです。
テーマはギャグ・感動。注・ゲンドウだけキャラ崩壊が激しいです。



シンジ「あ・・・もしもし父さん?今度学校で進路相談があるんだ。で父兄の方にも来てもらうようn」

ゲンドウ「そういうのは・・・葛城一佐に一任してある。が葛城一佐は父兄ではないので
     私がいく。」

シンジ  「本当!?父さん!?」

冬月  「なっ!?碇!?」

ゲンドウ「今日の会議が終わり次第、葛城一佐の自宅に向かう。詳しい話はそこで聞こう。葛城一佐に
     そう伝えてくれ。」

シンジ「わかったよ!じゃあ後でね!」


ゲンドウ「冬月・・・今日と明日の予定を全てキャンセルしろ。」

冬月  「馬鹿をいうな・・・。国連の会議だけでも・・・。」

ゲンドウ「これは司令命令だ。国連の犬どもぐらい。お前一人でもどうとでもなる。」

冬月  「手間をかけさせおって・・・。」

2 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:22:18.28 ID:v5ggrdUn0

シンジ 「という訳なんだ・・・。ミサトさん。」

ミサト 「またまたぁ!冗談でしょー!まったくシンちゃんもきっついギャグが言えるようになったのね!
関心・関心!」

シンジ 「嘘じゃないよ!本当なんだ・・!信じてよ!ミサトさん!」

ミサト 「やーねー!迫真の演技しちゃって!信じてよ!ってシンジなだけに?あははー!」

シンジ 「本当なのに・・!」

ミサト 「大体シンちゃん!シンちゃんのお父さんってあのネルフの動く石像・永久凍土の冷徹オヤジよ?
     シンちゃんの進路相談になんてくると思う?」

ゲンドウ「邪魔をするぞ。葛城一佐。」

ミサト 「で・・・出たぁぁぁああああ!!!」

ゲンドウ「ずっといたが・・。」

ミサト 「そ・・・そんなぁ!いつから・・・?」

ゲンドウ「あははー!からだ。」


ミサト 「し・・・っ失礼しましたっ!」

ゲンドウ「まぁいい。シンジ・・・プリントを。」

シンジ 「はい。今取ってきます。」


3 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:22:58.22 ID:v5ggrdUn0

ゲンドウ「葛城一佐・・・。」

ミサト 「は・・・っはい!!」

ゲンドウ「減俸は・・・覚悟しておけ・・・。」

ミサト 「そんなぁ・・・お慈悲を・・・。」

ゲンドウ「永久凍土の冷徹オヤジに慈悲などない・・・。」

ミサト 「うぅ・・・。」

ゲンドウ「冗談だ・・・。シンジが世話になっているからな・・。聞き流そう・・。」

ミサト 「司令が・・冗談を・・・。(これは・・・N2爆雷が降るわね・・・。)」

ゲンドウ「聞こえたぞ・・・。」

ミサト 「はっ!失礼致しました!」



4 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:23:42.62 ID:v5ggrdUn0

シンジ 「お待たせ!父さん!」

ゲンドウ「あぁ・・。むぅ・・・進路相談か・・・。。シンジ・・・将来の夢はあるか?」

シンジ 「え・・?」

ゲンドウ「将来なりたい職業などだな。」

シンジ 「なんだろう・・・考えた事もないや・・・。」

ゲンドウ「明日まで時間はある。ゆっくり考えるといい。」

シンジ 「そんな!父さんも一緒に考えてよ!」

ゲンドウ「そういう件は葛城一佐に・・・」

ミサト 「ここまで来ておいてそれは無いんじゃないですかー?碇・司・令?」

ゲンドウ「・・・。わかった。少し待て」



ゲンドウ「冬月か?今日は帰れそうにない・・。あぁ・・あぁ・・。老人どもにはあとで私から連絡を
     いれておく。ではな。」

5 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:24:09.36 ID:v5ggrdUn0

ゲンドウ「葛城一佐・・。」

ミサト 「は・・・はい!」

ゲンドウ「今日はシンジととことん話合う為、泊まらせてもらう。」

ミサト 「え・・・?」

ゲンドウ「問題あるか?」ギロッ

ミサト 「ありませんっ!」



ゲンドウ「セカンドはどうした?」


シンジ 「事情を話したら・・委員長の所に泊まるって」

ゲンドウ「そうか・・・義理とは言え娘になるかもしれん少女だ。挨拶をしておこうと思ったのだが。」

シンジ 「なっ!アスカとはそんなんじゃないよ!」

ゲンドウ「そうなのか・・・。孫の顔が見れると思ったんだがな・・。」

シンジ 「やめてよ!そういうの!」

ゲンドウ「ふっ・・。」


ミサト「何・・・この居づらい雰囲気・・・。」


6 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:24:36.76 ID:v5ggrdUn0

ゲンドウ「時に・・・葛城一佐。」


ミサト 「はっ!」

ゲンドウ「食事はまだだろう?」

ミサト 「はい!」

ゲンドウ「寿司でも頼もうと思うが問題あるか?」

ミサト 「さっすが碇司令!」

シンジ 「ダメだよ!そんなの!」

ゲンドウ「なぜだ?シンジ。」

シンジ 「僕が作るよ!」

ゲンドウ「なっ・・何っ・・・!?」

シンジ 「無駄使いはダメだよ父さん!」

ゲンドウ「しかし男子が台所に立つなど・・・。」

シンジ 「いいんだよ!いつもやってるから!」

ミサト 「シンちゃん!それは・・!」

ゲンドウ「葛城一佐・・。」

ミサト 「ひゃい!」

ゲンドウ「報告にはなかったようだが・・?」

ミサト 「ううぅ・・。はい。申し訳ありません。」

ゲンドウ「まぁいい。おかげでこうして息子の手料理が食べれるのだからな。」

ミサト 「そ・・そうですよ!!さすが碇司令!寛大!いよっ!責任者の鏡っ!」

ゲンドウ「が・・。ネルフから支給されているシンジの養育費用は見直させてもらう。」

ミサト 「あうぅ・・。」


7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:25:20.69 ID:v5ggrdUn0

シンジ 「じゃあ僕夕食作ってくるね!父さんはテレビでも見ててよ!すぐ済むから!」

ゲンドウ「あぁ・・そうさせて貰う。」



ミサト 「ふふっ。あんなに嬉しそうなシンジ君。どのぐらいぶりかしら。」

ゲンドウ「何?シンジはいつも辛そうにしてるのか?」

ミサト 「いえ。あぁ見えてアスカともうまくやってると思います。しかしシンジ君は
     どこか合わせているような感じがしてたんですが・・。」

ゲンドウ「そうか・・嬉しそうか・・・。」

ミサト 「司令でもそんな顔されるんですね?」

ゲンドウ「葛城一佐・・。」

ミサト 「はっ・・はい!」

ゲンドウ「この件は内密に頼む。」

ミサト 「了解です。」



シンジ 「父さん!ミサトさん!夕飯ができたよ!」

ミサト 「はぁい!今いくわー!」




8 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:25:48.52 ID:v5ggrdUn0

シンジ 「ミサトさんはビールでいいよね?父さんも?」

ゲンドウ「あぁ。頂こう。」


ゲンドウ「こうしてシンジと食卓を囲むのはどのぐらいぶりだろうな・・。」


シンジ 「やめてよ・・。父さん。なんだか切なくなるよ。」

ミサト 「そ・・そうですよ司令!冷めない内に頂きましょう!いただきまーす!」

ゲンドウ「頂きます。」

シンジ 「口に合うといいんだけど・・・頂きます。」




9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:26:15.63 ID:v5ggrdUn0

シンジ 「ど・・・どうかな?」

ゲンドウ「・・・。」

ミサト 「し・・司令?」

ゲンドウ「グスッ・・。」

ミサト 「泣いてる・・!?司令が泣いてる!?」

ゲンドウ「泣いてなどいない・・・。目からLCLが出てるだけだ・・・。ぐすっ・・・。」

シンジ 「どうしたの?父さん。もしかして口に合わなかった?」

ゲンドウ「いや・・・うまい・・。こんなうまい夕食を食べたのは久しぶりだ。」

ゲンドウ「なにより・・・ユイ・・・。」

シンジ 「え?母さん?」

ゲンドウ「ユイの作った食事の味に似ててな・・・グスッ。」

シンジ 「父さん・・・。」

ミサト 「ちょっと司令・・。もしかして酔っ払ってます?」

シンジ 「そんなまだ一杯しか・・・。」

ゲンドウ「思えばシンジには・・・苦労をかけ通しだった・・。ユイにも・・・私は家族の一つも
     幸せには出来ないダメな父親だ・・・。」

シンジ 「本当にどうしちゃったんだよ!父さん!やめてよ!ミサトさんの前で・・・!恥ずかしいよ!」

ゲンドウ「そうだ・・・本当に恥ずかしい父親だった・・。すまんシンジ・・。ぐすっ」

ミサト 「司令・・これ以上は飲まない方が・・・。」

ゲンドウ「馬鹿をいうな!これでもゲヒルン時代は歩くアルコール濾過装置のゲンちゃんと
     言われてだ・・な・・・Zzzz...Zzzzz」

シンジ 「あ・・・寝た。」

ミサト 「寝たわね・・。」

シンジ 「まったく・・・世話が焼けるなぁ・・!」

ミサト 「いいじゃない。疲れてるのよ。司令はあぁ見えてもかなりご多忙だし。
     今回の一件に時間を割くのも相当苦労したんじゃないかしら・・。」

シンジ 「そうなんだ・・・。それなのに僕の為に・・・。」

ミサト 「もう少し・・寝かせておいてあげましょう?」

シンジ 「・・・うん。」


シンジ 「父さん・・いつもお疲れ様。」

ゲンドウ「うーん。ユイ・・ダメだ・・シンジが起きてしまう・・むにゃむにゃ・・」

ミサト「ぷふっ・・!」

シンジ「もう!父さん!台無しだよ!」




10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:26:51.17 ID:v5ggrdUn0



ミサト「さて明日も学校でしょ?シンちゃんももう寝なさい。」

シンジ「えっ・・でもまだ片付けが・・。」

ミサト「今日は私がやっておくわ!」

シンジ「ミサトさん・・。ありがとうございます。」

ミサト「ほら!シンちゃん!指令をシンちゃんの部屋に運ぶの手伝って!」

シンジ「は・・はい!」


ゲンドウ「うーん。ユイぃ・・!」

ミサト「ちょっ・・指令!」

シンジ「うわぁぁぁ!ごめんなさい!ごめんなさい!もういい加減にしてよ!父さん!」





11 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:27:36.35 ID:v5ggrdUn0



ミサト「なんとか部屋に運べたわね・・。」

シンジ「なんか・・色々とすみません・・。」

ミサト「いいのよ・・。お酒の恐ろしさは私もよく知ってるわ。」

ミサト「それになんだか・・お父さんが出来たみたいで私も嬉しかったもの。」

シンジ「それじゃあ、じゃあミサトさんは僕のお姉さんですね。」

ミサトさん「こーんな美人のお姉さんを持ててシンちゃんは幸せ者ねー!」

シンジ「あははっ!はい!」

ミサト「ほら。後片付けはお姉さんに任せてシンジ君は寝る準備なさい。」

シンジ「はい・・!」



12 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:28:52.57 ID:v5ggrdUn0



ミサト「なんとか部屋に運べたわね・・。」

シンジ「なんか・・色々とすみません・・。」

ミサト「いいのよ・・。お酒の恐ろしさは私もよく知ってるわ。」

ミサト「それになんだか・・お父さんが出来たみたいで私も嬉しかったもの。」

シンジ「それじゃあ、じゃあミサトさんは僕のお姉さんですね。」

ミサトさん「こーんな美人のお姉さんを持ててシンちゃんは幸せ者ねー!」

シンジ「あははっ!はい!」

ミサト「ほら。後片付けはお姉さんに任せてシンジ君は寝る準備なさい。」

シンジ「はい・・!」



13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:30:37.03 ID:v5ggrdUn0

シンジ「ふぅ・・なんか父さんが僕の部屋で寝てるなんて・・
すごく不思議な感じだ・・。」

シンジ「はぁ・・将来の・・夢かぁ・・。」

ゲンドウ「シンジ・・。」

シンジ「父さん?起きてたの?」

ゲンドウ「あぁ・・今しがたな・・。」

シンジ「大丈夫?頭とか痛くない?」

ゲンドウ「問題ない。」

シンジ「そっか・・。」

ゲンドウ「夢を・・」

シンジ「えっ?」

ゲンドウ「夢を見ていた・・。」

シンジ「うん。」

ゲンドウ「ユイとシンジと三人で暮らしてる夢だ。」

シンジ「うん。」

ゲンドウ「夢の中でユイは言っていた。シンジに・・」

シンジ 「なんて?」

ゲンドウ「女の子には優しくしなさい。みんなの為になる事は
喜んでやりなさい。父さんの言うことをよく聞いていい子に
するのよ。母さんはいつも側にいるからね。と」

シンジ 「僕はなんて言ったの?」

ゲンドウ「泣いていた。」

シンジ「そっか・・。」

ゲンドウ「シンジ・・母さんがいなくて寂しいか?」

シンジ「そりゃ・・少しはね。」

ゲンドウ「そうか。」

シンジ「父さんは?」

ゲンドウ「私もだ・・。」

シンジ「父さん・・。」

ゲンドウ「シンジ・・今日は一緒に寝よう。」

シンジ 「えっ・・恥ずかしいよ!」

ゲンドウ「親子だぞ。恥ずかしがる事もあるまい。」

シンジ 「う・・うん。」

14 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:31:12.13 ID:v5ggrdUn0

ゲンドウ「将来の夢は考えたか?」

シンジ 「え?いやまだなんだ・・。」

ゲンドウ「そうか・・。」

シンジ 「父さんは・・何になりたかったの?」

ゲンドウ「私か?私は・・勉強ばかりしていた。なんの目標も無くな・・。」

シンジ 「そうなんだ・・。」

ゲンドウ「そうだ。知識を得れば得るほど、私は進化していると思っていた。」

ゲンドウ「しかし知識はどれだけあるかではなく何に使うかであると痛感する事があってな。」

ゲンドウ「その時だ、人の進化について興味が湧いた。」

シンジ 「うん。」

ゲンドウ「そして大学で冬月先生とユイに出会った。」

シンジ 「そんな昔からのつきあいだったんだね。」

ゲンドウ「そうだ。もう20年来だな。」

シンジ 「仲が良いんだね・・。」

ゲンドウ「しかし最初からじゃないぞ?私と冬月でユイを
取り合ったりもしたんだ。」

シンジ 「えっ!?本当!?」

ゲンドウ 「あぁ。しかしユイは私を選んでくれた。」

シンジ 「嬉しかった?」

ゲンドウ「あぁ・・そしてその証が・・シンジ。お前だ。」

シンジ 「なんだか恥ずかしいよ・・。」

15 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:31:46.54 ID:v5ggrdUn0

ゲンドウ「シンジ・・お前は二人の宝だ。後悔しないように
     生きてほしい。」

ゲンドウ「ユイの居ない世界など・・と思った事もあった。」

シンジ 「うん・・・。」

ゲンドウ「ユイにさえ会えれば世界などどうにでもなれと思った事もあっ
     た。」

シンジ 「うん・・・。」

ゲンドウ「だが今は後悔している。シンジに寂しい思いをさせてしまった。」

シンジ 「父さん・・。」

ゲンドウ「今なら分かる・・次の世代に希望を託す事が人類の進化なのだな。シンジ。」

シンジ 「うん・・・。なんとなく父さんのいう事分かる気がする。」

ゲンドウ「シンジは今やっていて楽しい事はあるか?」

シンジ 「嬉しいのは・・・シンクロ率が上がった時かな。やっぱり数字になると実感沸くし・・」

ゲンドウ「そうか・・その答えは司令としては嬉しいが・・父としてお前に聞くのだ。」

シンジ 「・・・。あるにはあるけど・・・恥ずかしいよ・・。」

ゲンドウ「なんだ?言ってみろ。」

シンジ 「料理をしてる時かな・・あと食べてくれた人がおいしいって言ってくれた時・・。」

ゲンドウ「それだ!シンジ!板前になれ!」

シンジ 「ちょ・・!父さん!夜中に大声出さないでよ!」

ゲンドウ「料亭となれば立地が命だ!場所はどこにするか!?ザギンか!?ギロッポンか!?」

シンジ 「ちょっと父さん!まだ決まった訳じゃないんだから!」

ゲンドウ「そ・・・そうか・・。すまん・・。つい盛り上がってしまった・・。」

シンジ 「でも・・・いいね・・。板前・・。僕にもなれるかな・・・。」

ゲンドウ「なれる!誰がなんと言おうと。ネルフの権力を使ってでもお前を板前にしてみせる。」

シンジ 「それじゃ意味がないよ・・。父さん。」

ゲンドウ「そ・・そうだな・・。」

シンジ 「僕中学出たら修行する為に就職する事にするよ・・。」

シンジ 「立派な板前になって父さんに沢山親孝行するよ。」

ゲンドウ「・・・・。」



16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:32:26.38 ID:v5ggrdUn0

シンジ 「父さん?」

ゲンドウ「・・・ぐすっ。」

シンジ 「泣いてるの?」

ゲンドウ「今日はLCLがよく出るな・・・。」

シンジ 「ねぇ父さん?」

ゲンドウ「なんだ?」

シンジ 「もしかしてLCLって父さんの涙なの?」

ゲンドウ「そうだ。だが人体に影響はない。」

シンジ 「あるよ!精神的に影響あるよ!アスカが聞いたら失神しちゃうよ!」

ゲンドウ「ふっ・・・冗談だ・・。」

シンジ 「父さんでも冗談言うんだね・・。」

ゲンドウ「意外か?これでもゲヒルン時代は歩く強制腹筋強化マシンと言われてだな・・。」

シンジ 「あははwみんなにも父さんの冗談聞かせてあげたいよw!」

ゲンドウ「ふっ・・じゃあこれはどうだ?」

シンジ 「うん!何何?」

ゲンドウ「ゲンドウは逃げンドウ!」

シンジ 「うん・・。無理しなくていいや。」

ゲンドウ「あ・・・あぁ・・そろそろ寝るか・・・。」

シンジ 「うん・・。」

ゲンドウ「ネルフ(寝る夫)なだけに!」

シンジ 「父さん。もう寝よう。」

ゲンドウ「・・・おやすみシンジ。」

シンジ 「おやすみ父さん。」

17 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:33:55.24 ID:v5ggrdUn0

次回予告BGM

ミサト 「よく朝シンジが目を覚ますとそこに父の姿は無かった・・・。」
     人類補完計画の名の元にネルフに連れ戻され幽閉されるゲンドウ。
     果たして未来を描く親子の物語はどこへ続くのか・・。さてーこの次もサービスサービスぅ!」

18 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:44:02.81 ID:v5ggrdUn0







キール議長「碇君・・・。碇君・・・。目を覚ましたまえ・・・。碇君」

ゲンドウ 「う・・・ううん。ここは・・・。シンジ!?シンジは!?」

キール議長「安心したまえ・・。連れてきたのは君だけだ・・・。」

ゲンドウ 「議長・・・。私はさらわれたのか・・・。ここは・・・。」

キール議長「碇君・・。どういう事か説明してもらおう。」

ゲンドウ 「議長・・・進路相談というのはご存知ですか?」

キール議長「そんな事は承知している・・。高学年の生徒がこれからの進路を決める為の行事の事だ」

ゲンドウ 「そうです。」

ゲンドウ 「ただ・・加えるとすればあれは・・生徒の進路を決めるだけじゃない。
      親子の絆を深める大事な行事です。」

キール議長「初号機のパイロットとの絆が深まったと・・いう訳か・・・。」

ゲンドウ 「はい。」

キール議長「ではなおさらだ。碇君。ネルフ司令の職務に直ちに戻りたまえ。」

ゲンドウ 「しかし進路相談は今日です。計画にはなんの支障はありません。」

キール議長「息子がどうなっていいのかね?」

ゲンドウ 「っ・・・!それは・・・っ!」

キール議長「少し頭を冷やすといい。」

ゲンドウ 「議長っ!一人の息子の父として。子供達を・・子供達の未来を・・・
      我々の身勝手な計画の犠牲にする訳にはいきません!」

ゲンドウ 「通信を・・・切られたか・・・。」

ゲンドウ 「クソゥ・・どうすれば・・・シンジ・・・。」


19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:45:09.51 ID:v5ggrdUn0

プシュ・・(ドアの開く音)


黒服  「碇司令、食事をお持ちしました。」

ゲンドウ「(ドアが・・・今なら・・!)どけぃっ!!」

黒服  「おっと!」バチッ

黒服  「高電圧のスタンガンです。しばらくは動けませんよ。」

ゲンドウ「貴様・・その声は・・・加持・・か・・・?」

黒服(加持)「そう・・しばらくはね・・。」



議長  「やはり脱走をはかったか・・。念の為医務室に連れて行くのだ・・。」

黒服(加持)「はっ!」





20 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:45:49.05 ID:v5ggrdUn0

医務室

ゲンドウ「ここは・・・。知らない天井だ・・・。」

リツコ 「お目覚めですか?碇司令・・。」

ゲンドウ「赤城博士・・・。」

リツコ 「仕事を放り出してシンジ君に会いに行ったそうですね。」

ゲンドウ「仕事なら冬月に・・」

リツコ 「冬月副司令は過労で療養中です。」

ゲンドウ「なに!?それは本当か?」

リツコ 「一体どうしたというんですか?碇司令らしくないじゃありませんか。」

ゲンドウ「息子の進路相談に行くのに特別な理由がいるのか?」

リツコ 「それは・・」

ゲンドウ「赤城リツコ君・・・。私は再婚を考えている。」

リツコ 「え!?」

ゲンドウ「残りの使徒を倒し・・人類の未来を守れたその時には・・
     シンジにも母親が必要だと思っているのだ。」

ゲンドウ「もちろん私にも・・人生のパートナーがね・・。」

リツコ 「人生の・・・パートナー・・。」

ゲンドウ「そうだ。しかもシンジとも面識があり尚且つ私を理解してくれる女性が理想だと思っている。」

リツコ 「え・・えぇ。それがいいかと思います!」

ゲンドウ「それならシンジには・・立派な職について気立ての良い嫁を貰い
     早く孫の顔が見たいと思わないか?」

リツコ 「賛同しますわ。」

ゲンドウ「ではいかせてくれるな・・。」

リツコ 「嘘・・ね。あなたの目にはまだユイさんが・・・ユイさんが映ってるものっ!」

ゲンドウ「赤城リツコ君・・。」

ゲンドウ「愛している。」

リツコ 「いってらっしゃいあなた。」

ゲンドウ「あぁ行ってくる。」

タッタッタッタ・・・!









リツコ 「嘘付き・・・。」



21 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:46:20.88 ID:v5ggrdUn0

日向  「目標!医務室から離脱!主モニターに回します。」

冬月  「予想通りか・・・。」

マヤ  「目標4番ゲートに向かって逃走中!」

冬月  「1番から7番。9番から13番の通路隔壁(つうろかくへき)を閉鎖しろ。」

青葉  「1番から7番閉鎖を確認!9番から13番閉鎖を確認!」


冬月  「袋のネズミだぞ・・。碇・・。」






タッタッタッタ・・

ゲンドウ「隔壁閉鎖か・・急がねばならんというのに・・・。」

黒服  「お待ちください碇司令。」

ゲンドウ「貴様はさっきの黒服・・いや加持か・・?」

加持  「先ほどは失礼致しました。」

ゲンドウ「めちゃくちゃ痛かった。」

加持  「申し訳なかったですって。しかしあぁでもしないと
     あそこから連れ出すのは困難だった為です。ご容赦下さい。」

ゲンドウ「加持・・。」

加持  「はい?」

ゲンドウ「何故私を助けた。」

加持  「父親としての晴れ舞台を邪魔する理由がありますか?」

ゲンドウ「感謝する。」







日向  「目標!謎の人物と合流!!」

冬月  「何者だ・・?」

マヤ  「パターン緑!スイカです!」

冬月  「やはり加持か・・・食えん男だ・・。」

青葉  「目標!以前地上を目指し進行中!」






加持  「碇司令。8番ゲートが空いてます。幸いここからは遠くなさそうです。」

ゲンドウ「ならばそこに向かうぞ!」

加持  「ラジャー。」



22 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:46:50.25 ID:v5ggrdUn0

青葉  「目標!進路を8番ゲートに切り替えました!」

冬月  「なるほど・・正面突破で来るか・・。」

冬月  「ネルフ職員に優達。戦闘員は速やかに8番ゲートに集結。碇のヒゲの一本も外に出すな。」

冬月  「場合によっては実弾の発砲も許可する。」

マヤ  「じ・・実弾ですか!?」

冬月  「問題はない。碇はその程度で死ぬような男ではないからな。」





タッタッタッタッ・・・


ゲンドウ「はぁ・・はぁ・・歳は・・取りたくないものだな・・。」

加持  「碇司令・・・!」

ゲンドウ「しかし私は諦める訳にはいかん・・。シンジがまっているのだ・・・。」

加持  「碇司令・・手を・・。私が手を引いていきます。」

ゲンドウ「加持・・・。」

加持  「なんでしょうか?」

ゲンドウ「リョウジの手・・・あったかい・・・。」

加持  「気持ち悪い冗談はやめて下さいよw」




ゲンドウ 「はぁ・・はぁ・・・なんとか8番ゲートに着いたか・・・。」

加持   「武装したネルフ職員が・・・軽く40人はいますね・・・。いかがしますか?」

ゲンドウ 「無論だ・・。加持・・。遅れを取るなよ。」

加持   「え!?碇司令?」

ゲンドウ 「貴様らぁ!よく聞けっ!」

ネルフ職員「司令だ!碇司令だ!」

ネルフ職員「止まってください!司令!止まってください!」

ゲンドウ 「邪魔をした者は・・・!」

ゲンドウ 「今年の冬のボーナスは全面カットだ!!」

ネルフ職員「ひっ!それじゃボーナス払いはどうなるんですか!」

ゲンドウ 「道をあけろぉ!!」

加持   「むちゃくちゃだわ・・・。この人は・・・。」




23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:47:20.01 ID:v5ggrdUn0

日向   「目標!第一防衛ライン突破!!8番ゲート通過されました!!」

冬月   「なんだと・・・っ!?」

マヤ   「目標!地上に出ますっ!!」

冬月   「これまでか・・・っ!」






ゲンドウ 「やった!ついに地上だ!」

加持「ここから学校までそんなに距離はありません。」

ヒューン!ドカーン!!

ゲンドウ 「むぅ・・・っ!!」

加持   「砲弾!?」

???  「碇司令!無駄な抵抗はやめるであります!」

ゲンドウ 「誰だ・・?名乗れ!」

戦略自衛隊「自分は!戦略自衛隊戦車部隊所属の戦車隊隊長であります。」

加持   「戦略自衛隊・・だと・・。」

ゲンドウ 「囲まれている・・か・・。」

加持   「さすがにこの数は相手に出来ないか・・。」

ゲンドウ 「無念・・・・無念だ・・・。すまん・・シンジ!」

ゲンドウ 「父さんは・・・やっぱりお前に何も出来ない・・・ダメな父親だったんだな・・・。」

加持   「碇司令・・・。ここは大人しく投降しましょう・・。」

ゲンドウ 「あぁ・・仕事に・・・戻ろう・・。」

加持   「はい・・・。」


24 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:47:51.15 ID:v5ggrdUn0

ヒューーーーーーーーン!!!ズギャーーーーーン!!

カヲル「さぁいこうリリンの下僕。シンジ君を・・シンジ君のお父さんを助けるんだ・・。」



マヤ  「二号機!!?」

冬月  「なんだと!?パイロットは!?」

日向  「ありえません!無人です!」

冬月  「どういう事だ・・・。」

青葉  「ネルフ上空に巨大なATフィールド発生!」

冬月  「まさか・・・あの少年か・・・。」





ゲンドウ「二号機だと・・・。」

加持  「いやはや何が起こっているやら・・・。」

ゲンドウ「なんにせよチャンスだ!」

加持  「碇司令。出口はすぐそこです。私はここで足止めをします。ご武運を・・」

ゲンドウ「感謝する・・・。」

ゲンドウ「シンジよ・・・。今いくぞ・・!」

25 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:48:19.69 ID:v5ggrdUn0

シンジ「僕の番まであと少しか・・・。」

アスカ「あんたばかぁ?碇司令がこれる訳ないじゃない!
    ミサトの内に来たのでだって奇跡みたいなモンなんだから!」

シンジ「そうだよね・・。父さんが来る訳ないよね・・・。
    信じた僕が馬鹿だったんだ・・・。」

レイ 「何か・・・くるわ・・・。」

シンジ「え?」

レイ 「あっちから・・・ぽかぽかした物が来る。」



ゲンドウ「はぁ・・・はぁ・・・やっと着いた・・・。シンジの教室は・・・。」

シンジ 「父さん!!」

ゲンドウ「シンジ・・・!」

シンジ 「父さん!!!」

シンジ 「ひどいじゃないか!!勝手にいなくなっちゃうなんて!」

ゲンドウ「すまなかった・・。」

シンジ 「心配したんだよ・・。」

ゲンドウ「すまなかった・・・。」


アスカ 「なによ!謝ってばかりまるでバカシンジじゃない・・・。」


レイ  「碇君が碇司令と仲良くしてる・・。」

アスカ 「まぁ・・悪い風景じゃないわね・・。」

ゲンドウ「レイ・・アスカ・・・。」

レイ  「はい。」

アスカ 「何よ・・!」

ゲンドウ「君たちの進路相談にも出席してもいいか?」

レイ  「はい。」

アスカ 「ちょ・・!いい訳ないでしょ!なんでバカシンジのお父さんに
     進路相談きかれなきゃいけないのよ!」

レイ  「私はかまわない。」

ゲンドウ「全ての使徒を倒したあとのパイロットの面倒もネルフの大事な仕事だ。是非聞かせてくれ。」

アスカ 「べ・・別に勝手にしたらいいじゃないっ!」

ゲンドウ「ありがとう。」

シンジ 「行こう父さん!時間だよ!」

ゲンドウ「あぁ。いこうシンジ。」

ゲンドウ「私達大人が作った過去を乗り越え・・子供達の新たな未来を作りに・・・。」

26 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:49:01.06 ID:v5ggrdUn0





キール議長「よい・・・全てはこれで良い。」

27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:50:00.16 ID:v5ggrdUn0

エピローグ

アスカ 「バカシンジ!準備手伝いなさいよ!もたもたしてたらみんな来ちゃうじゃない!」

シンジ 「まってよ!アスカ!まだ仕込みが残ってるんだから!」

レイ  「碇君は・・調理に集中して。」


ガラガラッ


ミサト 「わぁ!立派なお店じゃない!すごいわシンジ君!」

リツコ 「なかなか風情があっていい所ね。」

加持  「シンジ君!開店おめでとう!」

シンジ 「ミサトさん!リツコさん!加持さんも!いらっしゃい!どうぞ!奥の座敷です!」


ガラガラッ


日向  「えっと・・ここ・・かな?」

シンジ 「あっ!マコトさん!いらっしゃい!」

マヤ  「青葉さん!こっちですー!あっシンジ君!開店おめでとう!」

青葉  「おぉここかぁ!シンジ君!おめでとう!」

シンジ 「三人ともいらっしゃい!どうぞ奥へ!」


ガラガラッ


冬月  「邪魔するよ・・。」

シンジ 「冬月さん!いらっしゃい!」

冬月  「碇の息子よ・・。」

シンジ 「父さんの話はやめて下さいよ!今日はそういう席じゃないんですから!」

シンジ 「さぁ冬月さんも奥へどうぞ!」



シンジ 「あのあと・・使徒を全て倒したネルフはゼーレによって解体された。
    それでも父さんはずっとエヴァの研究を続けていた・・。
    そして去年・・初号機のコアに父さん自体がエントリーし母さんの魂をサ    ルベージするという実験を実施。
    十分な研究費用もおりないまま実施した実験は失敗に終わり・・。父さん    も初号機のコアに吸収されてしまった。」




シンジ 「なんどもなんども・・冬月さんは謝りにきた・・。私がついていながら・・と・・。」

シンジ 「でも僕はこれでよかったんだと思っている。」

シンジ 「父さんは・・母さんに会えたんだから・・・。」




28 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 投稿日:2012/12/10(月) 11:55:00.09 ID:v5ggrdUn0


ガラッ・・


シンジ「すいません!今日は・・・貸切なんd・・・・・。」





ゲンドウ「シンジ・・・待たせたな・・・・・・。」





シンジ 「えっと・・・・これは夢かな・・・。きっと父さんの事思い出してたから・・・。」


ゲンドウ「シンジ大きくなったな・・・。」



シンジ 「父さん・・・!父さん!!父さん!!父さん!!」

ゲンドウ「泣く事はない。シンジ。」






ユイ  「本当・・・大きくなったわね・・・シンジ。」

シンジ 「母さん・・・?母さんなの・・・!?」

ゲンドウ「シンジ・・・遅くなってすまなかった・・・。」

シンジ 「うぅ・・・うっく・・・。」

シンジ 「もう嬉しくて何がなんだか・・・・わからないよ・・・。」

ゲンドウ「頑張ったんだな・・シンジ。」

ユイ  「本当によく頑張ったわね・・シンジ。」

ゲンドウ・ユイ「おめでとう。」


シンジ    「ありがとう」


初号機に取り込まれたゲンドウはコアの中で溶けてバラバラになったユイの魂を集めて
自力でのサルベージに成功した。

その後三人は仲良くくらしましたとさ・・・。

レイとアスカをどっちを選んだのかはご想像にお任せします。

39 名前:モッツァレラ[] 投稿日:2012/12/11(火) 03:13:03.78 ID:CJJprkne0

読んでくださった皆さんどうもありがとうございました。

途中の誤字や書き貯めによる張りミスなど興醒めもいいとこなのにそれに触れずに暖かい乙を本当にありがとうございました。

シンジ君に報われて貰いたい一心で書きました。

本当にありがとうございました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの同棲生活