シンジ「綾波、自分が何をしたか分かっているのか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン..中で出してぇぇ...」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 19:29:40.90 ID:icuTbjxg0

http://tkj.jp/smart/2013Jan/

シンジ「これ、書店で初めて見たとき流石の僕も驚いたよ」

綾波「…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 19:33:04.46 ID:icuTbjxg0

シンジ「 明 ら か に 偽 乳 じ ゃ な い か ! ! 」ドンッ

綾波「…」

シンジ「こんなのおかしいよ!綾波は無駄のないスレンダーな体つきが良いのに!」

綾波「…」

シンジ「 明 ら か に 偽 乳 じ ゃ な い か ! ! 」ドンッ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 19:36:22.03 ID:icuTbjxg0

綾波「…それは」

シンジ「わかった!父さn…変態サイクロップスの仕業だね!奴とは性癖も合わないんだ!」

綾波「…」

シンジ「だいたい、僕は綾波の裸体を見てるんだ!これが偽乳だってひと目でわかるよ!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 19:40:31.80 ID:icuTbjxg0

シンジ「見てよ!このhttp://tkj.jp/smart/2013Jan/ 腰つきなんて完全に安産型
じゃないか!!」

綾波「…その」

シンジ「男性向けファッション雑誌だからって偽乳で媚びるなんてやめてくれよ!」

綾波「…それ、私じゃない」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 19:44:29.90 ID:icuTbjxg0

シンジ「……え?」

綾波「それは私じゃない」

シンジ「…え、……え?ち、ちょっとまって?え?……http://tkj.jp/smart/2013Jan/
え?綾波…え?http://tkj.jp/smart/2013Jan/ これ?え、綾波でしょう?」

綾波「私に似た誰か」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 19:47:16.61 ID:icuTbjxg0

シンジ「………」

シンジ・綾波「………」

シンジ「………あ」

シンジ「綾波、ちょっとごめん…電話させて貰っていいかな?」

綾波「…」コクッ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 19:52:14.38 ID:icuTbjxg0

プルルル、ガチャ
シンジ「もしもし、カヲル君?…うん、ボクボク、…あのさ、そっちに綾波いるよね」

シンジ(やばい、背中腰でも綾波が起こっているのがわかる…)

シンジ「そうそう、黒い方のうん、よければこっちに呼んでくれるかな?」

シンジ「え?…まぁ、写真くらいなら後で渡すよ…うん、またピアノ引こうね」

綾波「…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 19:56:43.33 ID:icuTbjxg0

シンジ「…」(気まずい)

綾波「碇君は…」

シンジ「はい」

綾波「私の体が好き?」

° °( д )
シンジ「…え、あ、え!あ、はい」

綾波「…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:00:14.24 ID:icuTbjxg0

綾波「でも、http://tkj.jp/smart/2013Jan/ を見て私と気づかなかった…」

シンジ(あ、体つきのことですね)「いや、綾波それは」

綾波「私の体は好きでも私の顔は分からなかった…」

シンジ(あやっぱり体の事だった)「…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:03:14.49 ID:icuTbjxg0

綾波「…とても哀しい」

シンジ「…ごめん、綾波…僕が悪かったね」

コンコン

黒波「失礼してもいいですか?」

シンジ「あ、どうぞー」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:06:11.15 ID:icuTbjxg0

ガチャ

黒波「失礼します」

シンジ「どうぞ、まぁ座ってよ」

綾波「…こんにちは」

黒波「あ、どうも…始めまして」

シンジ「早速で悪いんだけど、これ見てくれるかな http://tkj.jp/smart/2013Jan/ 」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:10:17.97 ID:icuTbjxg0

黒波「…見ました」

シンジ「黒波さんはこれどう思う?」

黒波「ボックス型ステレオスピーカーが値段の割に良いかと」

シンジ「いや、違うよ!そこじゃないよ!後、こういうの実はちゃちいから買わな
い方がいいよ」

綾波(私も欲しいと思ってた…)

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:14:13.09 ID:icuTbjxg0

シンジ「この表紙の黒波さんについてなんだけど」

黒波「…?」

シンジ「 明 ら か に 偽 乳 じ ゃ な い か ! ! 」ドンッ

シンジ「僕は黒波の裸を見たことがあるけど」

綾波(° °( д ) )

シンジ「 明 ら か に 偽 乳 じ ゃ な い か ! ! 」ドンッ

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:21:09.75 ID:icuTbjxg0

シンジ「綾波のスレンダーな身体が好きな僕だけど!黒波の黒いプラグスーツ姿も
良いと思ってるんだ!概ね!新コスが好きだったんだ!なのに!旧プラグスーツで
男性向けファッション雑誌で 偽 乳 なんだよ!」ドン」

綾波・黒波「…」ドンビキ

シンジ「なんで 偽 乳 なんだよ!」ゼイゼイ

黒波「…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:27:49.33 ID:icuTbjxg0

シンジ「いや、この際だから言うけど別に胸が大きな綾波だって構わないよ。綾波
だもん、でも 偽 乳 は駄目なんだ!」

黒波「だめですか?」

シンジ「そうだよ!だって偽乳なんだよ!!Dカップと思ってAカップだったなんて
エロ同人誌を表紙買いして、実際に中を見たら表紙と絵が違いましただよ!」

綾波(…そんなに熱く語るほど…)

シンジ「偽乳って分かっているんなら別にいいだろって思っているだろう!でも違うんだ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:35:14.88 ID:icuTbjxg0

シンジ「僕達、男は一度目で見て考える前に身体が勝手に巨乳だと喜ぶんだよ!
そのあと脳が偽乳と理解させて心が萎むんだ!」

綾波・黒波(聞きたくなかった)

シンジ「オナホで気持ちよくなれるからって使用した後で気分良くオナホを処理
する事なんてできないだろ!」

綾波・黒波(心底聞きたくなかった)

シンジ「この気持ちが君たちにわかるのか!」ドン

綾波・黒波「わかりません」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:40:54.63 ID:icuTbjxg0

シンジ「だから、こんな事…こんな事あってはいけないんだ…いけないんだよ…」

綾波「Qの終わりの時みたいに座り込んでしまった…」

シンジ「正直、Qの巨人兵見せられた後のテンションだよ…どうしようもない…」

黒波「あの、差し出がましいのですが」

シンジ「もういいんだ、ほっといてくれよ…きっとまどかマギカもコラボで
偽乳になったり、花咲くいろはも偽乳になるんだ…」

黒波「これ、私じゃない」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:46:56.26 ID:icuTbjxg0

シンジ「えっ」

綾波・黒波・シンジ「…」

シンジ(落ち着け…!落ち着くんだ僕…!ここで綾波を疑えば2度と綾波のおっぱい
は見れなくなる…考えるんだ…ッ!)

シンジ「と言う事は、他の綾波のクローンが…」

綾波(私をまた疑ったけど、なにか違う理由で解決法を考えてる?」

黒波(もしかして、私とばっちり…)

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:52:42.81 ID:icuTbjxg0

シンジ「…」

シンジ「…ちがう。今、僕は綾波のおっぱいが見たくてとんでもない間違いを犯
す所だった…」

綾波(おっぱい…見たかったの…)

シンジ「ごめんよ、綾波、黒波。僕はおっぱいの為に偽乳以上の虚言に走る所だっ
たよ…。本当にごめん…、最低だ…俺」

黒波(さりげなく、私も混ざってる!?)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 20:59:00.20 ID:icuTbjxg0

ピッピッピ
プルルル、ガチャ

シンジ「夜分遅くすいません、そちら宝島社出版の方ですか?恐れ入ります。
男性向け綾波の 偽 乳 を掲載したファッション雑誌smart編集部の責任者
をお願いします!」

綾波・黒波「…」

シンジ「はい!男性向け綾波の 偽 乳 を掲載したファッション雑誌smart
の一月表紙の綾波の 偽 乳 についてなんですが!!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 21:05:55.15 ID:icuTbjxg0

シンジ「はい!え…、やはり、父がいえ!碇変態サイクロップスゲンドウが!」

黒波(あ、ホモに碇くんのプラグスーツ姿の写真を貰ってくるように言われてた
んだ、2号機用のレア物って言ってた)

シンジ「え…、あ、え…そうなんですか…」

綾波(碇君のテンションが凄く下がった…)

シンジ「いえ、ありがとうございます。はい、なにかあればまた連絡しますので
はい、父にもよろしく伝えますね」

プッ

ちょっとトイレ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 21:11:04.01 ID:icuTbjxg0

再開

シンジ「…smartの表紙さ」

綾波「…」

シンジ「あれ、僕の母さんだって…」

黒波「…」

シンジ「昔、父さんと遊び半分でコスプレした写真をそのまま掲載したんだって…」

綾波・黒波「…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 21:15:44.11 ID:icuTbjxg0

綾波(今までないくらい沈んでる…)

シンジ「えー、ない、うん、ないわー、えー…えー…ちょ、えー」

綾波・黒波「…」

黒波「…、あ、じゃあ私かえります。…例のホモの件、後日で構わないんで」

ガチャ

綾波「…あ、さようなら」ニコ

シンジ「えー…死にt…あ、死にたい」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 21:22:45.47 ID:icuTbjxg0

綾波「碇くん、大丈夫?」

シンジ「大丈夫…じゃ、ないよ…だって、これから綾波を見る度にsmartの表紙
を思い出すんだよ。父さんの変態チックに笑った顔が14年前と後でリフレインだよ」

綾波「…」

シンジ「今日寝るときに綾波の事を思い出してあのサイクロップスが浮かぶんだよ
終いにはアメコミ見ただけで突然、変態サイクロップスが浮かぶんだよ…」

綾波「…だったら」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 21:27:40.74 ID:icuTbjxg0

綾波「私が一緒に…」

シンジ「え?」

綾波「寝てあげる」

° °( д )

シンジ「…え?えっ!あ、おぱ、おぱ…おっぱおも見ていいの!」

綾波「碇君が……私を思い出してくれる…なら…」

シンジ「…!もちろん!」

終わり

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 21:30:43.94 ID:icuTbjxg0

本当な立て逃げするはずだった

気がついたらSSになってた

今は反省している

初めてで即興とかセックスしたがりの中学生か、俺は

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 21:36:12.32 ID:icuTbjxg0

いや、そうだ!俺はsmartの表紙の綾波が有りか無しか聞きたかったんだ。
なんでSS書いてんだ!

で、どうなの?皆は?

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 21:50:43.97 ID:icuTbjxg0

俺も有りだと思います

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 21:54:59.94 ID:DOETfXCA0

あの目がなんかなぁ…

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 21:57:24.55 ID:yyD/Hv45O

>>66
なんか変なクスリでも飲んでそうだよね……個人的にはナシ

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/08(土) 22:02:47.37 ID:icuTbjxg0

>>67のおかげでスッキリしました!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「マジでやるのかよ?」ハルヒ「もちろんよ!」