ハルヒ「母乳が止まらない」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「ちょっと……止めて長門さん……昨日もしたじゃない……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/29(火) 23:25:26.00 ID:47m97SIQO

ハルヒ「キョン、何だか変なの。昨日から母乳が止まらないの」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 23:32:25.51 ID:47m97SIQO

ハルヒ「昨日ね、赤ちゃんに母乳上げてる人見たの。で、朝になったらブラがビシャビシャで…
よく見たら母乳だったの」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 23:38:23.75 ID:47m97SIQO

古泉「前かがみですいません…
鬼頭がパンツに擦れると射精しちゃうんで…」

ハルヒ「古泉君もなの?」

古泉「はい…少しの振動でも、射精するんです…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 23:41:05.72 ID:47m97SIQO

キョン「なんだ?この部室は…
登場する奴、体から体液垂れ流しじゃねーか。
次は誰だ?どこから何を出す」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 23:46:38.73 ID:47m97SIQO

ハルヒ「キョンまた母乳が出てきた、どうしよう?」ワナワナ

キョン「知らん!古泉、なんでお前は立ちっぱなしなんだ!座れ!」

古泉「座る時に鬼頭が擦れて、射精するんです。これ以上パンツを汚したくありません」

キョン「汚れてるなら構わんだろ、目障りだ座れ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 23:53:56.62 ID:47m97SIQO

ハルヒ「止まらない…止まらないよ…」

古泉「はうっ…」ビクンビクン

キョン「もう嫌だ、こんな団活。」

みくる「遅れてすいません」

キョン「朝比奈さんは、どっか体液垂れ流しなんて事ないですよね?」

みくる「ど、ど、どうして知ってるんですか?」ボカポカ

キョン「あんたもか…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 00:08:35.51 ID:Sc/jxIyXO

キョン「乳臭いし、イカ臭いしなんなんだよこの部室、朝比奈さんあんたは何を垂れ流すんですか?」

みくる「こ、こ、怖いです…キョン君…」プシャ-

キョン「ションベンかよ!」

みくる「はい…オシッコが止まらないんです」

キョン「はあ…疲れてきた。後は長門だけか…あいつなら大丈夫だろ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 00:17:10.46 ID:Sc/jxIyXO

長門「掃除当番…」

キョン「長門!お前はどっからか体液垂れ流しなんてことないよな?」

長門「ある…」

キョン「なんだお前もか…、で、お前はなんなんだ?」

長門「これ」

キョン「なんだ?うっクサ…」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 00:22:09.28 ID:Sc/jxIyXO

キョン「下痢うんこじゃねーか!」

長門「そう」

キョン「そうじゃないだろ!トイレ行けよ、トイレ!」

長門「行った、でも、止まらない」

キョン「うわ、話してる間も、ポタポタ垂れてるし」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 00:28:13.95 ID:Sc/jxIyXO

キョン「もーいやだ!どうなってるんだよ。
ハルヒ!ブラにテッシュ詰めろ!制服まで濡れてきてるぞ!
朝比奈さん!今のあんたがお茶煎れるのやめてくれませんか?飲む気がしません!
古泉!いつまでビクビクしてるんだ!
長門!カレーの本読むな!
はぁ、部室が臭い…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 00:40:05.13 ID:Sc/jxIyXO

ハルヒ「あんたね!あんただって凄いじゃない!」

キョン「俺はお前らと違って、どこからも体液は垂れ流してないぞ!」

ハルヒ「腋の下、ビッチャリじゃないの!」

キョン「なんですと!うわ、ホントだ…おまけにクセっ」

みくる「キョン君ワキガの匂いがしますぅ」

古泉「おやおや、ワキガとは残念です」

長門「腋クサ…」

キョン「う、うわーっ…」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 00:45:53.77 ID:Sc/jxIyXO

長門のカレーの本を閉じる音で本日の団活は終了。ハルヒはさっさと帰っていった。
俺達は今後の対策を練るために集まる事にした。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 00:52:50.19 ID:Sc/jxIyXO

キョン「さて、どこに集まろうか?」

みくる「キョン君、近づかないでください。ワキガのニオイで頭が痛くなりますぅ」

キョン「あんたも十分、ションベンクサいですよ」

古泉「お二人ともニオイで喧嘩はよしてください」

キョン「そうだな、イカクサい古泉」

みくる「そうですね、生臭い古泉君」

古泉「くっ、くそ…」

長門「呼んだ?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 00:57:30.55 ID:Sc/jxIyXO

キョン「だーっ!話しが進まん!とりあえず、いつもの喫茶店に行こう!」

そして喫茶店

店員「ご注文は…うぇ…すいません…後で聞きに来ます…」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 01:04:41.46 ID:Sc/jxIyXO

キョン「なんだか辛くないか、俺達」

古泉「そうですね。なんせ、色んな悪臭がする4人ですからね」

キョン「そうだよな…なんだか、混んでたのにいっきにガラガラになってくしな」

みくる「キョン君、エアコンの風下に来てくれませんかぁ」

キョン「まだ言うか!このアマ!」

みくる「ヒエッ…」プシャ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 01:18:42.94 ID:Sc/jxIyXO

キョン「話しを進めたいのだか、これもハルヒのトンデモパワーなのか?」

古泉「そうですね。その可能性がありますね」

キョン「しかしな、あいつの理由ははっきりしてるが、俺達のは理由がわからんぞ?」

古泉「そうですか?これも涼宮さんの願望だとしたら、あなたはどうしますか?」

キョン「ハルヒの願望?そりゃあんまりだろ!ワキガだぞワキガ!
あいつは俺にこんなイメージ持っていたって事か?」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 01:21:58.46 ID:Sc/jxIyXO

みくる「酷いですぅ…」

キョン「はいはい、ションベンクサい未来人のガキは黙っててください。どうせ役に立たないんだし」

みくる「…」プシャ

長門「私は明日直る」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 01:27:08.26 ID:Sc/jxIyXO

キョン「何?だったら俺達も直してくれよ!」

長門「それは無理…」ニヤ

キョン「無理って…助けてくれよ」

長門「だって、私はただのカレーの食べ過ぎ…」

キョン「なんだって」

長門「昨日、カレー一升食べただけ、そのカレーが少し傷んでた…」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 01:38:57.19 ID:Sc/jxIyXO

長門「だから一緒にしないで欲しい」ニヤリ

古泉「おやおや、どうしましょうかね」ニヤニヤ

キョン「とりあえず、俺達の今後の方針を決めよう」

長門「頑張れ、悪臭トリオ」ボソ

キョン「何か言ったか長門?」

長門「何も」ニヤ

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 01:46:50.31 ID:Sc/jxIyXO

古泉「僕は別にこのままでかまいませんよ?」

キョン「なんだと、どうしてだ?」

古泉「今晩、鬼頭を鍛えますから。パンツに擦れる刺激以上の事を鬼頭に教えれば、パンツの刺激で射精することもなくなるでしょうし」

キョン「機関の力使いまくりか?」

古泉「使いまくりです。森さんに協力してもらうつもりです」

キョン「羨まし過ぎる…」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 01:55:12.71 ID:Sc/jxIyXO

キョン「朝比奈さんはどうするんですか?」

みくる「私は禁則事項して、未来から禁則事項してもらって禁則事項するつもりなので、明日には禁則事項で直ります」

キョン「俺もどうにかしてくれませんかね?」

みくる「ワキガなんで近づかないでください」

キョン「ち、畜生…」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 01:59:16.62 ID:Sc/jxIyXO

キョン「結局、俺の事は助けてくれないのか?」

古泉「残念ですがそうなりますね」ニヤニヤ

長門「無理」ニヤニヤ

みくる「キョン君かわいそうですぅ」ニヤニヤ

キョン「くそ…」

長門「呼んだ?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 02:06:47.70 ID:Sc/jxIyXO

結局、喫茶店ではお冷やのみで会計もせず帰る事になる。
俺は有り金全てを汗取りパッドと制干スプレーに注ぎ込み家へと帰った。

キョン「ただいま」

妹「キョン君おかえり…うぇ…」タタタタタッ

妹「お母さん、キョン君変な匂いする!」

キョン「ううっ…死にたい…」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 02:18:03.98 ID:Sc/jxIyXO

着替えを終え、リビングに行くと鼻を摘んだ妹がこちらを見ている。

妹「キョン君、何?さっきの…」
キョン「何の事だ?」

妹「クンクン、あれ変な匂いしない…」

キョン「お前な、兄に対してなんて事言うんだ」

妹「ごめんなさい」

どうやら上手くいったらしい。
スプレー最高!

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 02:23:22.44 ID:Sc/jxIyXO

さて、これからどうしよう?
ハルヒの母乳をどうにかしたら、この忌ま忌ましいワキガも治るのか?うーん、ネタが浮かばん。
それにもう眠い。俺は寝る。
誰か保守してくれませんか?
必ずオチ付けるので。

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 17:13:48.77 ID:42BdRIOR0

さて翌日、俺は学校へと向かっている。
なるべく脇汗をかかないようにゆっくりとしたスピードで。
いつもの2倍の時間が掛かってしまったが、無事学校へ到着し
席に着いたわけだが…後ろの席の奴が大変な事になっている。

キョン「ハルヒ、おっぱいが大変な事になってるぞ!」

ハルヒ「うるさい!もっと静かな声で話しかけてよ!」

キョン「ああ、すまん。しかしなんだその巨乳ぶりわ」

ハルヒ「仕方ないじゃない!パットたくさん入れとかないと
すぐに母乳でビチャビチャになるんだから」

キョン「しかしなぁ。お前Hカップはあるんじゃないか?」

ハルヒ「変な目で見ないでよ!ブラだって大変なのよ!凄くきついんだから」

キョン「お前は、元に戻るために何かしなかったのか?」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 17:24:28.38 ID:42BdRIOR0

ハルヒ「アンタこそ、何かしてきたの?確かに、ワキガの匂いしないけど」

キョン「俺は制汗スプレーと汗脇パットを装備している。それに、
鞄の中にも常備済みだ!」

ハルヒ「私も、パットの方は予備を持ってきてるわ」

キョン「はぁ…お互い大変だな…」

ハルヒ「そうね…」

こんな所で変な連帯感を持っても仕方ないんだが、どうにかして
根本的な解決策を見付けないと、俺はずっとワキガのままだ。

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 17:25:58.02 ID:42BdRIOR0

ハルヒ「どうして母乳止まらないのかしら…もう、子供が
いるわけじゃないのに…」

キョン「そうだよな、お前、おっぱいあげてるお母さん見て
良いなって思ったんだよな?」

ハルヒ「そうよ、家に帰ってからおっぱいが張り出して
そしたら、母乳が止まらなくなったのよ」

キョン「お前、親戚に小さい赤ちゃんいないのか?」

ハルヒ「いないわよ。もしかして、赤ちゃんにおっぱいあげれば
直るって言うの?」

キョン「可能性としてはありうるよな」

ハルヒ「そうだけど、恥ずかしい…」


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 17:31:29.23 ID:42BdRIOR0

キョン「恥ずかしがってても、やってみる価値はあるだろ」

ハルヒ「まだ、好きな人にも見せた事ないんだよ…」

キョン「この際、順番にこだわっても仕方ないんじゃないか?」

ハルヒ「嫌!最初は好きな人に見せるの」カァァ

キョン「なぜ、赤くなるんだ?」

ハルヒ「うるさい!」

それ以降、ハルヒは真っ赤になったまま外を見て、
俺の問いかけに答えてくれなかった。
しかし、俺には最大の試練が襲いかかる。
体育の授業がある...


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 17:36:56.23 ID:42BdRIOR0

キョン「今日の体育の授業は見学しよう、こんな脇で
授業を受けた日には、ワキガ全開になってしまう。
どうにかしてクラスの奴らに気づかれないようにしなければ...」

そして体育の授業

キョン「先生、今日の体育の授業、見学したいんですが…」

教師「なんだお前、体調悪いのか?」

キョン「はい…」

谷口「キョン!!仮病は良くないそ!」ゲラゲラ

キョン「谷口のゲロハゲ包茎が…!」

教師「まあ、仕方がない見学してろ」

キョン「はい…」


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 17:41:42.19 ID:42BdRIOR0

キョン「ところでハルヒの方はどうしてるんだ?」チラッ

キョン「うっ…アイツ頑張り過ぎだろう…」

ハルヒはHカップになろうおっぱいをユサユサと揺らし
100メートル走を走っている。

谷口「見ろよ!涼宮のおっぱい凄いことになってるぞ!!」

クラスの男子の視線はハルヒに釘付けだ。
多分、あいつらの今夜のオカズはハルヒで決定だろう。


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 17:48:05.21 ID:42BdRIOR0

そしてなんだかんだと授業をこなし、部室へと向かっている。

部室に着くと、長門がいつものように読書をしていた。

キョン「よう、長門。下痢うんこの方は直ったか?」

長門「治った」

キョン「そうか、良かったな」

長門「あなたの方は治っていないようだ」

キョン「ああ、治る気配がない。しかし、どうして治っていないの
わかったんだ?」

長門「私の鼻は、警察犬の10倍の感知力がある」

キョン「マジか…?」

長門「マジ…だから、あなたが来てから鼻が痛いし頭痛がする」

キョン「…すまん…、迷惑かける…」

長門「大変迷惑」ニヤニヤ


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 17:55:55.31 ID:42BdRIOR0

長門と話し終わるのと同時に古泉の奴が来た。
なんだ、なんだが顔がテカテカしている。
気のせいか、すっきりした顔をしている。

キョン「よう、古泉。お前のド早漏は治ったか?」

古泉「ワキガのあなたには言われたくないですが、
どうにか克服はしました。パンツの擦れ程度では
もう、射精はしませんよ」

キョン「うっ…どうやって克服したんだ?」

古泉「簡単ですよ!森さんに筆下ろしして頂いて、
大人のテクニックで鍛えてもらいました」

キョン「な、なんて羨ましい…、それで、大人のテクニックは
どうだった?」

古泉「さすが大人の女性ですよ、もう知らない世界の連続でした。
大人の階段を10段飛ばして掛け上がる感じですかね」

キョン「…」

古泉「おや、鼻からも体液が出てますよ」ニヤニヤ

キョン「うるさい、これは鼻血だ…」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 18:15:04.40 ID:42BdRIOR0

俺が鼻血を拭いていると朝比奈さんがやってきた。
俺を見るなり、鼻をクンクンさせている…忌々し…

キョン「朝比奈さん、おしっこの方は止まりましたか?」

みくる「キョン君、女性に対して失礼ですよ!」ニヤニヤ

キョン「と言う事は、克服したんですか?」

みくる「はい、克服しました」

キョン「どうやって?」

みくる「未来版のハ○ン○ア飲んだら一発でした」

キョン「そ、そんなんで克服ですか…」

みくる「一応、大人用のオムツも着用していますが、おしっこは漏らしてません」ニヤニヤ

キョン「残るは俺とハルヒだけか…」

しかし、どうしたら治るんだ?


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 18:24:51.70 ID:42BdRIOR0

その後、俺は3人にハルヒと俺の状況を説明した。
朝比奈さんは、俺から距離を取っている。
問い詰めると、ワキガが伝染るってことらしい殺意が芽生える。

古泉「あなたの話しからすると、やはり涼宮さんのおっぱいを
誰かが吸うしかありませんね」

みくる「そうですね、キョン君吸っちゃえば良いじゃないですか?」

キョン「どうして俺なんですか?」

長門「この糞鈍感男」ボソ

キョン「なんか言ったか?長門」

長門「いいえ」ニヤニヤ

みくる「涼宮さんはあなたが好きなんですよ?いい加減気づけ!」

キョン「はぁ?本当にあなたは朝比奈さんですか?」

みくる「そうですぅ、みんなのみくるですぅ」キラン

古泉「まぁまぁ、みんなの意見としては全会一致であなたが吸うってことですね」

キョン「マジか?」

古泉「マジです!お腹いっぱいになるまで、おっぱいを吸ってください!
お腹いっぱいおっぱい…クククッ」


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 18:35:41.75 ID:42BdRIOR0

俺がハルヒのおっぱいを吸う事で決定。
俺の気持ちはお構いなし。はあ…
他の3人は、長門のシールドで姿を消して見守る事になった。

そうしていると、ハルヒが偽装Hカップをユサユサ揺らしながらやってきた。

ハルヒ「うぃーす!みんな元気!あれ、キョンしか来てないの?」

キョン「ああ、俺だけだ」

ハルヒ「そう、あんたワキガ大丈夫なの?狭い部室なんだから
匂いでいっぱいになるなんて耐えれないわよ」

キョン「大丈夫だ!制汗スプレーも汗脇パットも取り換えた!嗅いでみるか?」

ハルヒ「いや!いいわ、悪夢でうなされそうだから」

キョン「…」


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 18:41:30.70 ID:42BdRIOR0

キョン「ところでお前はどうなんだ?」

ハルヒ「止まらないわ、量も昨日より増えてる感じ…」

キョン「あのな…ハルヒ…」

ハルヒ「何?」

キョン「その…あのあの…」

ハルヒ「へっ?はっきり言って」ドキドキ

キョン「おっぱい吸わせてくれ!」

ハルヒ「はぁ?」

キョン「俺が吸えば止まる気がするんだ!」

ハルヒ「だからって、簡単に吸わせるわけには行かないわ!
アンタ、これ利用してわたしのおっぱい見ようとしてるでしょう?」


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 18:44:34.72 ID:42BdRIOR0

キョン「違う!そんな疚しい事は考えていない!」

ハルヒ「本当?」

キョン「本当だ!」

ハルヒ「マジ?」

キョン「マジだ!」

かくして、俺はハルヒのおっぱいを吸うこととなった。
しかし、ハルヒは恥ずかしいらしく、俺は目隠しすることとなった。
長門、古泉、朝比奈さんはハルヒのおっぱいを見ることになるのか…
後で、古泉にでもハルヒの乳首の色を聞こう。


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 18:50:05.12 ID:42BdRIOR0

俺は目隠しされ椅子に座っている。
ハルヒのガサゴソと制服を脱ぐ音が聞こえる。
なんだかこれはこれでエロいな。

ハルヒ「準備いいわよ」

キョン「ああ、でも俺は目隠しされているから、どうにも出来んぞ!」

ハルヒ「そうね、じゃあ口を少し開けて」

キョン「あーん」

ハルヒ「いくわよ」ピチャピチャ

キョン「顔に何か掛かったけど…?」

ハルヒ「うるさい、私の母乳よ…」

俺の唇に軟らかくて温かいものが触れる……

ハルヒ「おっぱい吸って……」


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 18:55:57.72 ID:42BdRIOR0

俺はハルヒの言葉で吸ってみる。
生温かい液体が口の中に広がる。

キョン「ハルヒ…美味しいぞ!」

ハルヒ「んぁ…うるさい!バカキョン!」

チューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチュー
チューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチュー
チューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチュー
チューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチュー
チューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチュー

どれくらいだろう、ハルヒのおっぱいを堪能しているが、
全然母乳が止まらない。

キョン「どうだ、止まりそうか?」

ハルヒ「んっ…乳房が小さくなってきてる。おっぱいの張りもなくなってきた」

キョン「そうか、頑張って吸うよ!」


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 19:00:58.07 ID:42BdRIOR0

さらに吸っていると、母乳が出なくなった。
ハルヒは気がついていない。
俺は悪戯心に火が着き、ハルヒの乳首を下で転がし始めた。

ハルヒ「んぁ、いゃ…んん…はぁはぁはぁ…ひゃ…」

キョン(ハルヒの奴感じてるのか?)

更に乳首を転がす。
ハルヒの色っぽい吐息だけが部室に響いている。

ハルヒ「あん…ひゃ…っっ…はぁはぁ…」


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 19:07:47.46 ID:42BdRIOR0

俺がハルヒの乳首を弄んでると、部屋の中にイカ臭い匂いが充満してきた。
ハルヒはそのイカ臭で我に還る。

ハルヒ「はっ!部室がイカ臭い!!キョン!あんた母乳止まってるんじゃないの?」

キョン「すまん、とうの昔に出なくなった」

ハルヒ「エロ!変態!!バカキョン!!」カァァ

キョン「じゃあ、もう解決だな!」

ハルヒ「いいえまだよ!!」

キョン「どうして?」

ハルヒ「今のは右のおっぱいよ!左のおっぱいも残ってる!」

キョン「マジか…俺、もうお腹いっぱいおっぱいなんだが…」

ハルヒ「変なギャグ言わなくても良いから左も吸いなさい!」


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 19:17:33.92 ID:42BdRIOR0

俺は左のおっぱいも吸った。
もう母乳はいらないな。早く止まれ!ハルヒの母乳!

チューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチュー
チューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチュー
チューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチュー
チューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチュー
チューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチューチュー

なんとかハルヒの母乳が出なくなった。

キョン「母乳止まったぞ!!」

ハルヒ「うん…」

キョン「早く目隠し取りたいんだが」

ハルヒ「わかってる…」

キョン「どうした?」

ハルヒ「さっきのもっとして欲しい…」

キョン「さっきのって…」

ハルヒ「その、乳首舐めてほしい…」


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 19:30:49.83 ID:42BdRIOR0

ハルヒ「お願い…」

キョン「マジか?」

ハルヒ「私、キョンが好きだから…」

キョン「…」
















ハルヒ「そんなわけあるわけないじゃない!!
さぁ、これみて期待した奴はIDの数字の分、腹筋しなさい!!
腹筋よ!!」

おしまい


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 19:34:39.34 ID:42BdRIOR0

ごめん...キョン救えなかった.......



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:まる子「『たまちゃん、とし子ちゃんと相撲を取る』の巻」