ハルヒ「ちょっと有希、アンタ汗かきすぎよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「古泉一樹の憂鬱」朝倉「はいはい」

ツイート

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/27(水) 02:48:22.73 ID:qBd2SGVfO

ハルヒ「ちょっと有希…あんた汗かきすぎよ?」
長門「上昇した体温を下げるために発汗している…」

ハルヒ「でも、今日そんなに暑いかしら…?」

キョン「…長門、おまえもしかして、熱あるんじゃないか? ちょっと計ってみろ」

長門「……」

キョン「どうした? ほら」

長門「…わかった」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/27(水) 02:49:45.95 ID:qBd2SGVfO

ピピピ…!

キョン「どれどれ…42度!?」

ドサッ……

キョン「長門!」

ハルヒ「有希! 大丈夫!?」

キョン「とりあえず…保健室へ運ぼう!」

古泉「僕は救急車を呼んでおきます」

みくる「えっと…えっと…!」

キョン「朝比奈さん落ち着いてください……鞄、頼みます」

みくる「あ…はい!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/27(水) 02:50:25.00 ID:qBd2SGVfO

――保健室

キョン「気分はどうだ?」

長門「…問題ない」

キョン「問題ないって…強がってる場合かよ!」

みくる「救急車が来ました!」

古泉(機関の方で手配してもらいました…)

キョン(すまんな……)

古泉(いえ、普通の病院では手に負えないでしょうから……しかし、期待はしないでください)

キョン「…とにかく、早く搬送を」

ハルヒ「ちょっと早くしなさい!! 死んだらどうすんのよ!?」

救急隊員「あの、どなたか、付き添いますか?」

ハルヒ「あたしが行くわ!」

キョン「俺達もタクシー呼んだらすぐに向かう…頼んだぞ?」

ハルヒ「言われなくても、わかってるわよ!」

ピーポーピーポー…

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/27(水) 02:52:19.18 ID:qBd2SGVfO

キョン「しかし、どうして…あの長門が倒れるなんて」

古泉「さあ……朝比奈さん、心あたりはありますか?」

みくる「ごめんなさい…わかりません…」

キョン「なあ、あれは病気か何かなのか…?」

古泉「身体の造り自体は我々と同じでしょうが……その可能性は低いと思われます」

キョン「だろうな…」

みくる「……心配ですね」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/27(水) 02:54:27.56 ID:qBd2SGVfO

――病院

キョン「異常は見当たらない?」

ハルヒ「どういうこと? 何でもないのに、なんであんなに熱が出るのよ!」

医師「血液も調べてみましたが、特に異常は見られません…とにかく今は様子を見るしか…」

ハルヒ「死んだらどうするのよ!」

医師「最善は尽くしますが、今は抗生物質の投与と点滴以外、処置が…」
ハルヒ「そんなの…!」

キョン「ハルヒよせ……今は、長門の所に行こう」

医師「…申し訳ない」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/27(水) 02:55:29.76 ID:qBd2SGVfO

――病室

キョン「大丈夫か?」

長門「…恐らく」

キョン「それにしても凄い汗だな…」

みくる「さっき拭いたんですけど…」

古泉「脱水症状を起こさなければ良いのですが…」

ハルヒ「みんな! 今日は病院に泊まるわよ!」
キョン「な…! 本気か?」

ハルヒ「泊まりこみなら夜中に何かあっても、すぐに駆け付けられるでしょ?」

古泉「あまり考えたくない事態ですが…その通りですね、掛け合ってきます」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/27(水) 02:58:31.65 ID:qBd2SGVfO

ギュッ…

キョン「ん? どうした、長門?」

長門「…何でもない」

キョン「なら…何故手を握る?」

長門「もし……」

キョン「……何だ?」

古泉「了解が得られました、大丈夫だそうです」

ハルヒ「さすが古泉君!」

長門「……」

キョン「長門、今…」

長門「何でもない」

キョン「しかし、何か言おうとしてなかったか…?」

ハルヒ「キョン、何してんの?」

キョン「いや、何でもない」

ハルヒ「それじゃあ有希、何かあったらすぐに来るからね?」
長門「…わかった」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/27(水) 03:03:40.34 ID:qBd2SGVfO

キョン(あの時、長門は何を言いたかったのか……みんな寝ているな…よし…!)

――病室

キョン「長門、起きてるか…?」

長門「…起きている」

キョン「そうか…なぁ、さっき本当は何て言いたかったんだ?」

長門「これ以上体温が上がれば、私の生命活動は停止する。
……もし、私が消滅したら、情報統合思念体は代替用のスペアを造ると思われる」

キョン「…その仮定は、あまり想像したくないな」

長門「…それは、混乱を避けるため私と同一の姿をしている。恐らく記憶も」

キョン「ん…何が言いたいんだ?」

長門「…だから、そのスペアとも私と変わらず接して欲しい」

キョン「…約束はできん」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/27(水) 03:06:07.60 ID:qBd2SGVfO

長門「…何故? 今の私と外見、人格は……」

キョン「いや、俺にとって長門有希はお前だけだ。代わりになる奴なんていやしない」

長門「……」

キョン「だから、早く元気になれよ?」

長門「私の代わり……」

キョン「?」

長門「私の代わりが現れても、一緒に図書館へ行って欲しいと、言いたかった。でも、それは私じゃなくて……
私は…私があなたと図書館に行きたい」

キョン「俺も、お前と行きたいぞ?」

長門「…ありがとう」

キョン「さ…今はもう休め、熱が下がらんからな」

長門「わかった……また明日」

キョン「ああ、また明日な」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/02/27(水) 03:10:17.35 ID:qBd2SGVfO

翌日、なんと朝になると長門の熱はすっかり下がっており、一応念のためにもう一日検査をしたが、これといって異常無し。
次の日からいつも通りに登校できることとなった。そして、その日の放課後……

キョン「原因はバグ?」

長門「そう」

キョン「じゃあ、今はもう平気なのか?」

長門「わからない。だけど身体機能は正常」

キョン「そうか…まあ平気そうなら、それで良いんだが」

長門「でも、」

キョン「ど、どうした! やっぱり、まだどこか悪いのか!?」

長門「……今、体温と心拍数が、少し上昇している」

――あなたを見ていると……






ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:刹那「ソレスタルビーイングの技術力なら作れるはずだ、ガンダムを」