アスカ「はやく来なさいよ、ガキシンジ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「時代は宮崎駿。これ常識だろう」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:00:24.32 ID:Gn9gmlOK0

シンジ「…」

アスカ「ホラ!きなさいっての!リリンが近づけるところまで歩くのよ!」

シンジ「…たんだ…」

アスカ「なに?聞こえないわよ」

シンジ「僕が世界を壊したんだ…」

アスカ「…そうよ…あんたがまた世界を滅ぼそうとしたのよ…!今更何言ってんのよ…」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:01:32.02 ID:Gn9gmlOK0

アスカ「あんたが眠ってる間、あたしたちは満足に食うことも眠ることも出来なかったんだから…」

シンジ「どうすれば…許してもらえるのかな…アスカにも…ミサトさんにも…世界中の人たちにも…」

アスカ「そんなの知らないわよ!!二回目でようやく成長したってわけ?」

シンジ「僕は最低だ…生きてる価値なんて…」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:02:58.23 ID:Gn9gmlOK0

アスカ「また逃げるつもり?あんたもあたしももう28歳なのよ?こんな時代だってのに、そんな言い訳が通用すると思ってんの!?」

シンジ「…ごめん…なさい…」

アスカ「まぁ、あんたを一発殴ったからあたしはもう何とも思ってないけどね」

シンジ「…僕のこと嫌いじゃないの?」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:04:16.82 ID:Gn9gmlOK0

アスカ「あたしに嫌いになって欲しい訳?あんたにはいてもらわないと色々困るのよ」

シンジ「…うん…」

アスカ「ほら、ここでヴンダーがくるのを待ちましょ。すぐにくると思うから」

-ヴンダーへ搭乗-

ミサト「おかえりなさい。碇シンジ君…いえ、シンジくん。」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:05:43.50 ID:Gn9gmlOK0

シンジ「…えっ?なんで…いま、下の名前で…」

ミサト「決まってるじゃない…あなたが何をしたかの前に、私たちは家族でしょ…!14年位じゃ忘れたりしないわ…」

シンジ「…ぅぅ…ひっく…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:06:34.40 ID:Gn9gmlOK0

シンジ「ミサトさん…僕は…最低です…自分の願望ひとつで…世界をこんなにして…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…」

ミサト「もういいのよ。あなたがしたことは極めて酷いことだけど、あなたは自分でそれを認めることが出来たのね…」

ミサト「シンちゃん。あなたは成長したわ…」

ミサト「さっ!家族が揃ったことだし、三人で食事にしましょ!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:07:40.04 ID:Gn9gmlOK0

アスカ「はやくしなさいよね!散々歩いてお腹ペコペコなんだから!」

ミサト「はいはい〜」ニコッ

シンジ「…」

-ヴンダーのある一室にて-

ミサト「さあて、美味しくはないけど、感謝して食べるわよ!いっただっきま〜す♪」

アスカ「いただきまーす。ほらっバカシンジも!」

シンジ「…い、いただきます…」パクッ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:09:12.10 ID:Gn9gmlOK0

アスカ「あ〜あ〜まっずー!やっぱバカシンジの作るご飯のほうが100万倍はうまいわねー!」

ミサト「そうわがまま言わないの!ほら、シンジくんもちゃんと食べなさいね」

シンジ「うっ…うぅ…ひくっ…」

アスカ「何泣いてんのよ!バカシンジ!ご飯が不味くなるでしょ!」

シンジ「うっ…うぅ…ありがとう…ありがとう…」

ミサト「どうしちゃったの?シンちゃん?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:10:37.30 ID:Gn9gmlOK0

シンジ「…うぅ…アスカ…ミサトさん…ありがとう…」

アスカ「…ふんっ!男なら…さっさと食べなさいよ…うぅっ…ひくっ…」

ミサト「もう…二人とも…なかないの…もう28歳でしょ…?ひくっ…うぅ…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:11:30.44 ID:Gn9gmlOK0

アスカ「ミサトなんて43のくせに…ひくっ…」

ミサト「それはいわないでちょうだい!」

アスカ「あははっ」
ミサト「ふふっ」
シンジ「へへ…」

シンジ「…ミサトさん。」

ミサト「なあにー?シンちゃん」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:12:58.10 ID:Gn9gmlOK0

シンジ「僕は…ここにいてもいいんですか?」

アスカ「あんたバカぁ?あんたがいなかったら家族が成立しないでしょうがっ!」ピシッ

シンジ「いてっ」

ミサト「そうよ。みんなあなたのことが必要なのよ。たとえ他の人がいらなくても、私たちはずっと家族なのよ。」

シンジ「うぅ…ぼくは…ここにいてもいいんだ…」

アスカ「ほれ、早くたべなさい!食べたらあんたも仕事よ!!」

シンジ「…うん!!」

-終劇

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:14:24.11 ID:Gn9gmlOK0

-5年後

アスカ「やっとヴンダーの狭くて機械臭い部屋から出られるわね!この日を待ちわびていたわ!!」

シンジ「うん!第三新東京市はダメだったけど、ここはずいぶん復興が進んで、僕たちもようやくここで暮らせるね。」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:15:33.63 ID:Gn9gmlOK0

ミサト「待ったー!あたしも忘れないで頂戴!」

シンジ「ミサトさん!加持さんのところに行ったんじゃないんですか?」

ミサト「あんなバカのところになんて行かないわよっ!!」

アスカ「じゃ!家族の暮らしがまた始まるわけね!」

ミサト「さあ、お部屋に入りましょ!」

アスカ・ミサト「ただいまーー!!」

シンジ「…ただいま!!」



終劇

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/06(木) 20:17:08.55 ID:Gn9gmlOK0

細々短めのSS書きたかったので書いた



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「麻酔針が切れた!わりぃおっちゃん!金玉蹴るぞ!」