灰原「工藤くん!大好き!」コナン「!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「マンションが火事で全焼した。だから…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 19:45:00.11 ID:4YoKVVfJ0

灰原「工藤くん!」ダキ

コナン「ちょ、え?え?は、灰原?」

灰原「あか工藤くんの匂いがする///」

コナン「どどどどどうしたんだだよ!!?」

灰原「工藤くん...好き」

コナン「ちょちょちょいおちつけ!!」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 19:47:46.05 ID:4YoKVVfJ0

灰原「工藤くん、キスして?」

コナン「いや、灰原!?」

灰原「嫌...なの?」ウルウル

コナン「あ、えと嫌じゃない...けど」

灰原「じゃあ、んー」

コナン「(い、いったいこいつに何が...?)」

灰原「んー///」

コナン「(や、やるしかないのか..!?)」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 19:51:51.62 ID:4YoKVVfJ0

コナン「ん、んー///」




ちゅっ




灰原「///」

コナン「///」

灰原「嬉しい...」

コナン「あ、いや、その」

灰原「工藤くん?」

コナン「な、なんだ?」

灰原「ずっと...ずっとそばにいてね?」

コナン「あ、お、おう」

灰原「...嬉しい///」

コナン「(どうしちゃったんだ灰原ぁ!?)」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 19:55:48.45 ID:4YoKVVfJ0

灰原「ねぇ工藤くん」

コナン「ど、どうした?」

灰原「今日、帰っちゃう…?」

コナン「え?えと...」

灰原「…」ウルウル

コナン「きょ、今日は泊まってくよ?」

灰原「ホント?」パァァ

灰原「な、なにか食べたいものはある!?」

コナン「じゃ、じゃあハンバーグ…」

灰原「わかった!買い物行くからまっててねっ」

コナン「お、おう」

コナン「(あいつに一体なにが起きたんだ…?)」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 19:59:09.87 ID:4YoKVVfJ0

コナン「さて、買い物行ったあいつがいない今がチャンスだ」

コナン「博士ー!博士ー!」

書き置き「今日は帰らんから、ご飯はいらぬ」

コナン「」

コナン「は、博士がいない?」

コナン「ど、どどどーしよう」

コナン「あんな灰原と二人で過ごすのか...?」

コナン「ちっ!こうなったら原因を突き止めるまでだ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:04:54.93 ID:4YoKVVfJ0

コナン「今日、俺が普通の灰原と最後に会ったときを思い出してみよう」

コナン「それは下校時だ」




歩美『またねー、哀ちゃん!コナン君』

灰原『』テヲフリフリ

コナン『おう、また明日なー』

コナン『あぁそうだ灰原』

灰原『なに?』

コナン『今日、後からオメーん家行ってもいいか?』

灰原『博士に用?なら別に良いんじゃない?』

コナン『あぁ、追跡メガネの電池やばくってな』

灰原『一回家帰るの?』

コナン『あぁ、蘭かおっちゃんに顔合わせてから行くよ』

灰原『わかったわ』

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:10:07.60 ID:4YoKVVfJ0

灰原『あぁ、そうだ』

灰原『ついでにエリンギ買ってきて』

コナン『エリンギ?』

灰原『博士が食べたいって言ってたんだけど、買い忘れちゃって』

コナン『あぁわかった!じゃ、また後でな!』

灰原『えぇ』





コナン「原因はエリンギの買い忘れか!!?」

コナン「いや、落ちつけ」

コナン「エリンギごとき買い忘れたくらいで灰原があぁなるか?」

コナン「もっと、考えるんだ!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:15:22.20 ID:4YoKVVfJ0

蘭『お帰りコナンくん』

コナン『ただいまー!』

コナン『蘭ねーちゃん、ちょっと博士ん家に行ってくるね!』

蘭『そう?夕飯までには帰ってくるのよー』

コナン『はーい』

蘭『あ、まってコナンくん』

コナン『? なに蘭ねーちゃん』

蘭『この蛇、博士に持ってってあげて?』

蘭『お母さんからたくさん貰ったのよ』

コナン『わかった!』




コナン「蛇...」

コナン「蛇なのか?灰原...」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:19:35.67 ID:4YoKVVfJ0

コナン「あいつは、爬虫類が苦手だったっけ?」

コナン「でも、蛇の酢漬け美味しいのに」

灰原「ただいまー!」

コナン「もしかしたらあいつは」

灰原「ただいまっ!工藤くん!」

コナン「あ、お帰り」

灰原「んー」

コナン「え?」

灰原「お帰りのチューはぁ?」

コナン「え?あ、あぁ」

コナン「///」チュ

灰原「///」

灰原「すぐ作るねっ!」

コナン「(自己防衛のために記憶を...なんて、なんて不憫な!!)」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:23:22.50 ID:4YoKVVfJ0

コナン「(でも蛇が食えないなんてあり得るかフツー)」

コナン「(今どき、爬虫類が苦手ってのもおかしな話だ)」

灰原「はいっハンバーグ!!」

コナン「い、いただきます...」

コナン「(これはっ)」

コナン「うめぇ!うめぇよ灰原!」

灰原「ホントッ」パァァ

灰原「な、ねぇ工藤くん!」

コナン「ふぇ、ふぁに?」モグモグ





灰原「それ、なんのハンバーグだと思う?」

コナン「」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:26:55.92 ID:4YoKVVfJ0

灰原「正解は!牛だよぉ!」

コナン「」ドックンドックン

コナン「(や、ヤバイもん想像しちまった...)」

灰原「どうしたの?やっぱ、美味しくなかった...?」ウルウル

コナン「ん、んなことねーよ!マジうめー!」ガツガツ

灰原「よかった…///」

コナン「(はぁ!はぁ!)」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:30:37.43 ID:4YoKVVfJ0

コナン「ご、ごちそーさま」

コナン「ホントにおいしかったよ」

灰原「ありがと工藤くん!」

灰原「ね、ねぇ…」

コナン「な…なに?」

灰原「新一くんって…呼んでも、いい?」

コナン「あ、あぁ」

灰原「ホント?嬉しいっ!」

灰原「新一くん…///」

コナン「あ、あぁ。え…///」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:34:11.94 ID:4YoKVVfJ0

prrrr prrrr

灰原「誰かしらこんな遅くに」

コナン「そうだな」

灰原「もしもし、阿笠です」

灰原「はい」

灰原「はぁ、江戸川くんは来てません」

灰原「はい、それじゃあ」ガチャ

コナン「」

灰原「」

コナン「い、今の蘭か?」

灰原「新一くんの携帯、処分しといてよかったっ」

コナン「(うぇ!?な、ない!携帯が無くなってる!)」

灰原「どうしたの新一くん?」

コナン「い、いやぁなんでも」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:38:23.02 ID:4YoKVVfJ0

灰原「これからは、二人っきりの時間だね...」

コナン「ま、待て灰原!落ちつけ!!」

灰原「? どうしたの?」

コナン「お、おまっお前!なんか変だぞ!?」

灰原「変?私が?」

灰原「ねぇ工藤くん」

コナン「(工藤くん?)」

灰原「蛇を普通に食べるこの世界と」

灰原「それから逃げるため、必死になってる私」

灰原「どっちが変かしら?」

コナン「お前」

灰原「ふっざけんな!!」ドン!

コナン「」ビク

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:44:30.78 ID:4YoKVVfJ0

灰原「なによなんなのよ蛇の酢漬けって!?」

灰原「なんで当たり前のように食ってんのよ!?」

コナン「いや、ファミレスにもあると思うけど...」

灰原「ないわよ!あるわけないじゃない!!」

灰原「ここ日本よ!?」

灰原「魚生で食うサバイバルな国だけどそこまでサバイバルじゃないわよ!!」

コナン「食ったこともないくせに文句言うな!」ドン!ガラガッシャン

灰原「そう言う問題じゃねぇでしょうが!!」ドン!ベキィ...

コナン「灰原、オメーやっぱおかしいぜ」

灰原「ど、どこがよ...」

コナン「日本人は昔っから爬虫類食うって相場があんだよ!」

灰原「ねえよ!!もうお前死ねよ!」

服部「死ねとか簡単に言うたらあかん」

灰原「なんでいんだよ!?」


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:51:08.62 ID:4YoKVVfJ0

コナン「蛇とか食うよな?」

服部「俺は、酢漬けは苦手やけどな」

服部「焼いたんは食うで」

コナン「生姜と醤油で」

服部「それや最高やな!」

コナン「酒に合うんだよなwww」

服部「熱燗なwww」

灰原「未成年がそんな会話するんじゃないわよ!」

灰原「ってかなんなのその会話!?」

灰原「自分で言ってて気持ち悪くならないわけ!?」

コナン「いや、普通だし」

服部「俺にはちっさいねーちゃんのヤンデレっぽい方が気になんねんけど?」

灰原「だ、だからあれは自分を守るためよ!!...///」

服部「照れとるwww」

灰原「うっさい!!黙れ!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 20:59:16.61 ID:4YoKVVfJ0

灰原「なんなわけ!?っていうかあんたどっから沸いたの!?」

光彦「ぼ、僕は初めからいたじゃないですか...」

灰原「お前じゃねぇよ!ってか居たのかよ!?」

コナン「灰原!落ちつくんだ」

灰原「これが落ち着いていられると思うわけ!?」

コナン「お前の唇、柔らかかった...」

服部「照れとるwww」

灰原「うっさい!///」

光彦「は、灰原さん...僕とも!」

光彦「キスしてください!」

灰原「しねーよ!壁とでもしてろよ!」

コナン「灰原」

灰原「な、なによ」

コナン「お前ショタだったんだな」

灰原「ち、違うわよ!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/13(木) 21:07:53.44 ID:4YoKVVfJ0

ながくなりましたが今日は方向性を誤ったので!
またヤンデレ哀ちゃん書きます。おやす!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「副団長として・・・」