元太「光彦って覚えてるか?」コナン「あぁ残念だったな」光彦「」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「あぁ、キョン。君の声が聞きたいよ。」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 19:52:46.34 ID:LFEssaVF0

元太「ホント、不幸だったよなー」

コナン「過去に捕まえた犯人に復讐されたんだっけ?」

コナン「あいつ、他人を見下す癖があったからな」

元太「しょうがねぇって、割り切るしかねーんかな」

コナン「なぁに。アイツの命日には毎年集まれるじゃねぇか」

コナン「俺と、お前と、灰原と、歩美と...光彦と...さ?」グスッ

元太「そ、そうだよなっ」グスッ

光彦「」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 19:55:47.66 ID:LFEssaVF0

光彦「あ、あの...」

元太「そういや光彦ってさ」

コナン「お?」

元太「好きな奴二人もいたんだよな」

コナン「あぁ、灰原と歩美か」

光彦「ちょ、ちょっと!」

コナン「脈ねーのになwww」

元太「ちげーねーwwwwww」

光彦「」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:08:28.20 ID:LFEssaVF0

光彦「ちょっと二人とも!」

光彦「本人目の前にしてなんてこと言うんですか!?」

コナン「お前もう歩美とやった?」

元太「あったりめーだろwww」

元太「お前は?灰原とやったんか?」

コナン「いつの話だよwwwとっくにすましてるっつーのwww」

元太「さすがコナンさんwww」

コナン「いえいえ元太さんこそwww」

光彦「」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:13:56.67 ID:LFEssaVF0

元太「そういやさ、知ってるか?www」

コナン「?」

元太「あいつ、光彦さwww蘭ねーちゃんによwww」

コナン「一人で笑ってんな、早く言えよー」

元太「わかったわかった悪かったwww」

元太「僕は二人の女性に恋してしまったんです!僕は罪な男でしょーか!?」

元太「って相談したらしいぜwww」

コナン「ちょwwwちょっとwwwマジで?」

元太「」コクリ

コナン「」

元太「」

コナン「wwwwwwwwwwwwwww」

元太「wwwwwwwwwwwwwww」

光彦「」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:17:06.73 ID:LFEssaVF0

光彦「いい加減にしてください二人とも!!」

コナン「」

元太「」

光彦「なんなんですかさっきから!」

コナン「はぁ」

元太「ちっ」

光彦「今のも!僕をいじめて楽しいんですか!?」

コナン「僕をいじめて楽しいんですか?(裏声)」

元太「やめwwwwwwwww」

光彦「...」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:22:28.47 ID:LFEssaVF0

光彦「いったいなんなんでしょうか」

光彦「元太くんもコナンくんも」

光彦「最近僕に...」

灰原「あら、円谷くんじゃない」

歩美「ホントだー!夏休み元気してた!?」

光彦「あ...っと///」

光彦「はいっ!お二人はどうでしたか!?」

歩美「歩美はフツーかなー?哀ちゃんは?」

灰原「学校があるときより忙しかったわ」

歩美「そういえば博士、大丈夫なの?」

光彦「博士!何かあったんですか!?」

灰原「大したことないわよ」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:26:32.38 ID:LFEssaVF0

灰原「ただの風邪って言ってたわ」

歩美「そっかー、よかった!」

歩美「また五人でキャンプ行きたいねっ」

灰原「クスッ、そうね」

光彦「行けますよ!」

光彦「博士は、そういう人ですから!」

歩美「そうだよね!博士は歩美達のためになんでもしてくれたもんね!」

灰原「あなた達の喜ぶ顔がみたいだけよ」ニコ

光彦「(灰原さん...僕たちをこんなに見守ってくれるなんて暖かい眼差し...)」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:29:13.05 ID:LFEssaVF0

光彦「なんてお優しいんだあの二人は」

光彦「でも、元太くんとコナンくん」

光彦「なんであんなに僕を...」

光彦「僕がなにかしたんでしょーか...」ドン

不良「いってーなどこ見て歩いてやがる!?」

光彦「うひゃあ!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:30:58.78 ID:LFEssaVF0

光彦「痛い...」

光彦「なんで僕がこんな目に」

光彦「天使に、天使に会いたい」

コナン「それは俺の女の事か」

コナン「それとも、歩美のことか?」

光彦「こ、コナン...くん?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:33:28.15 ID:LFEssaVF0

コナン「天使?笑わせんじゃねぇ」

コナン「あいつら二人の盗撮しといて」

コナン「そんな言葉がよく言えるもんだ」

光彦「!!」

光彦「だからあれはっ」

コナン「あの二人に言ってねーだけ、ありがてーって思えよ」

光彦「」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:37:44.87 ID:LFEssaVF0

光彦「僕じゃない!僕じゃないんだ!!」グシャ

光彦「僕はなにもやってない!」グシャ

コナン「」

光彦「僕はぁぁぁ!!」グシャッグシャ

コナン「」

光彦「はぁー、はぁー」

光彦「僕は、悪くない」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:40:42.71 ID:LFEssaVF0

歩美「哀ちゃん、大丈夫...?」

灰原「えぇ、大丈夫よ...」

灰原「そんなに心配しないで、ね?」

歩美「うん...」

元太「コナン... コナンっ!!」

光彦「」

光彦「(僕は悪くない)」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:43:54.99 ID:LFEssaVF0

蘭「コナンくんっ...」

服部「なに勝手に死んどんのや!!はよ目ぇ覚まさんかいっ!!」

和葉「平次...ちょっと落ち着き...」

服部「...っ」

小五郎「コナン...」

光彦「(僕は悪くない)」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:49:39.89 ID:LFEssaVF0

元太「間違いない」

元太「これは光彦の仕業だ」

元太「コナンはきっとあの事とを光彦に話したんだ」

元太「盗撮なんて許せねぇ」

元太「そしてコナンまで...!!」

小五郎「なんの話だボウズ」

元太「!?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:52:42.07 ID:LFEssaVF0

小五郎「なるほどな」

元太「許せないんだよ」

小五郎「だがお前があいつを殺しては、あいつと同じになるぞ?」

元太「...」

小五郎「俺に任せて、お前は帰れ」

元太「で、でもよ!」

小五郎「俺を誰だと思ってる」

小五郎「名探偵の小五郎たぁ俺のことよ」

元太「おっさん...」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:57:04.90 ID:LFEssaVF0

光彦「なあぁんか」

光彦「虚しいですね、たかが一人殺したくらいで」

光彦「僕は何も悪くないのに」

光彦「悪いのは、コナンくんなのに」

灰原「いまの言葉、どういう意味かしら」

光彦「!」

光彦「」

灰原「」

光彦「なんのことでしょーか?」

灰原「そのままの意味なんだけど、通じなかった?」

光彦「通じるもなにも」

光彦「仰ってる意味がわかりません」

灰原「いい加減にしなさい...」

光彦「」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:01:21.58 ID:LFEssaVF0

灰原「今、江戸川くんを殺したみたいな言い方したでしょ」

灰原「どういうことか説明してくれないかしら?」

光彦「やだなー灰原さん」

光彦「僕がコナンくんを殺すわけ」

光彦「ないじゃないですかっ!」ミツヒコパンチ

灰原「っ!」

パチィン...!!

光彦「...」

灰原「あ、あれ...?」

小五郎「もうやめるんだ、光彦くん」

光彦「」

灰原「毛利探偵...?」

光彦「あはっ!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:04:51.50 ID:LFEssaVF0

小五郎「君がヤッタという証拠は全て揃った」

小五郎「今も、この周りには警察がたくさんいる」

光彦「へ、へぇ」

光彦「警察は一般人である貴方を囮にしたというわけですか」

小五郎「好きに受け取れ、ガキの戯れ事に付き合う気はない」

小五郎「大人しく、捕まるんだ」

光彦「」

光彦「嫌ですよってからに」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:09:59.79 ID:LFEssaVF0

光彦「僕はね、許せないんですよ」

光彦「僕が盗撮しただなんて疑う彼等がね」

灰原「盗撮?彼等?」

光彦「あっれー!?ホントに知らなかったんですね灰原さん!」

光彦「いやね、コナンくん達がね?僕が灰原さんと歩美ちゃんの盗撮したとかワケわかんないこといって!」

光彦「僕を除け者にするからいけないんですよ!」

灰原「達...?」

光彦「元太くんですよ!まだ生きてたらいいですねぇ!」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:12:52.39 ID:LFEssaVF0

小五郎「(こいつ...これ以上刺激するのは危険だ!)」

灰原「ちょっとどういうこと!?」

小五郎「やめるんだ!」

光彦「どういうことって?」

光彦「そういうことですよwww」

灰原「このっ...!」

小五郎「堪えるんだ!」

灰原「っ!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:16:08.61 ID:LFEssaVF0

小五郎「なぁ光彦くん」

光彦「なんですか無能者」

小五郎「君は、なんでコナンを殺したんだ?」

小五郎「なにも、殺すほどじゃなかったはずだ」

メグレ『毛利くん!』

小五郎『待ってください警部...』

小五郎「(これでもこいつは、コナンの友人だったんだ...)」

小五郎「(最後まで、信じてやりたいんです...)」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:18:59.60 ID:LFEssaVF0

光彦「理由?」

光彦「そんなもの!ムカついたからですよwww」

光彦「それ以外に理由なんてない!」

灰原「なっ...」

光彦「僕はね?コナンくんを殺したんだ!」

光彦「元太くんだって...今ごろ...」

小五郎「...誰に言わされている?」

光彦「」ドキ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:20:49.07 ID:LFEssaVF0

あぁまた方向性を誤った...orz

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:28:25.95 ID:LFEssaVF0

光彦「誰にも言わされてはいませんよ?」

光彦「僕がコナンくんを殺したのは間違いないですから」シャキン

メグレ『いかん!確保!』

光彦「ここで僕も、彼等のもとへ!」

灰原「円谷くん!?」

小五郎「馬鹿な真似はよせ!?」

小泉「やめるんだ!」

光彦「うるさい!僕は、僕はもう後には引けないんだ!」

「まだやり直せる」

光彦「げ...元太くん...?」

元太「がはっ、ケホッケホ。まだやり直せるさ」

灰原「小嶋くん、その傷...」

小五郎「大丈夫か!?」

元太「すまなかった、お前をそこまで追い詰めていたなんて...」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:33:07.13 ID:LFEssaVF0

光彦「そんな...」

光彦「ここで君が現れたら、僕は」

光彦「僕は死ねないじゃないですか!」

光彦「君の背負った傷を...」

光彦「いつまでも背負い続けなくちゃなんないじゃないですか...」グスッ

元太「背負い続けてくれ」

元太「俺も、お前に負わせちまった傷を...背負い続け...」

光彦「げ、元太くん?」

灰原「小嶋くん!?しっかりして!」

小五郎「警部!早く救急車を!」

メグレ「もう呼んどる!」

69 名前:>>64どっちでもいいけど小嶋くんに訂正してくれると嬉しいなって[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:39:17.56 ID:LFEssaVF0

光彦「こうして僕は」

光彦「二人を殺した」

光彦「未成年ということもあって、比較的すぐ釈放された僕は」

光彦「約束通り、幹部の座についた」

「お前はのコードネームはテキーラだ。死んだ奴の名だが、お前に相応しい」

「まっとったで、光彦。おっと、もうテキーラやったな」

「これからもよろしゅう頼むわ」

「しかし、まさか光彦くんがこちらがわにくるとはのぉ」

「驚きじゃワイ」

光彦「いえ...」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 21:44:10.77 ID:LFEssaVF0

「元太が死んだお陰で」

「組織の影が大きく見えた。これならすぐ潰せそうだ」

優作「行くのか?」

「決まってんだろ?」

新一「俺は工藤新一だぜ?」

新一「どんな手を使ってでも組織を潰す」

優作「変わったな、新一」

新一「変わったのは時代だよ、父さん」



えんど



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:雷「て、提督...あの...その...」