タラヲ「2次元の女どもをレイプしてやるですぅ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「長門」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 06:41:21.37 ID:99jHjnz30

タラヲ「・・・・・・・・」

サザエ「まぁタラちゃんどうしたの?」

タラヲ「いい女が見つからないですぅ」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 06:44:59.72 ID:99jHjnz30

?「あー・・・眠ぃ・・・・やっぱ朝はVIPに限るよな」

?「ん?レイプ事件多発?被害者は2次元の女性ばかり?」

?「調べがてら出かけるか」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 06:47:52.46 ID:99jHjnz30

?「やっぱ寒いな・・・だがなんだ?朝っぱらから嫌な予感しかしないな。」

男「・・・・・」ポンポン

?「誰だ?」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 06:48:39.07 ID:99jHjnz30

男「男だ。すこしお前と話したいことがあるが・・・・」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 06:51:08.47 ID:99jHjnz30

?「なんだよ。先に言っとくとそっちの気はないからな」

男「そういうわけではない。最近頻発しているある事件についてだ」

?「それってクソ野郎が2次元の嬢ちゃんをレイプして回ってるってやつか?」

男「そのことについてだ。単刀直入に言うと犯人がわかった」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 06:52:33.73 ID:99jHjnz30

?「は?VIPPERですら分かってないのになんでわかるんだよ」

男「いや・・・・たまたまな。」

?「それで犯人は誰なんだよ」

男「磯野家だ」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 06:54:29.62 ID:99jHjnz30

?「磯野家?なんか聞いたことあるような名前だな・・・・」

男「ああ。奴らは犯人だけでなく、家族全員で連携をとっている。」

?「よし。じゃあ向かうか・・・」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 06:59:36.43 ID:99jHjnz30

?「さてと・・・磯野家はここら辺の近くだったっけな・・・」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:03:09.32 ID:99jHjnz30

タラヲ「おい!さっさと来るですぅ」

?「おい・・・・何やってるんだ?」

マスオ「ま・・・・まさかあれは・・・」

波平「あいつの息子か・・・・」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:06:24.23 ID:99jHjnz30

フネ「どうするんですか?サザエ・・・」

サザエ「大丈夫よ母さん。私が倒すわ。ほかのみんなは女の子を連れて行って。」

マスオ「まぁ・・・少し賭けをしてみないかい?」

?「賭け?」

マスオ「君が僕らを倒せたらあの子達を連れて行っていい。でも君が死んだらあの子たちはひどい目にあうのさ」

?「やってやるよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:09:35.22 ID:99jHjnz30

サザエ「とりあえず、最初の相手は私よ。」

?「最初はババアか・・・・。」

サザエ「なんですって!もう一度行ってごらんなさい!」

?「ババアって言ったのさ!」

サザエ「チッ・・・・お前どこのガキだあああああ!!!!!!名前を名乗れえええええ!!!!!」

?「オレの名前?俺さ!」

サザエ「俺・・・?まさかお前、あの裏切り者とクソ人間の息子ぉおお!!!!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:10:54.12 ID:99jHjnz30

俺「クソはお前だろ」

サザエ「このクソガキが!」

俺「クソババア!」

サザエ「クソガキゃあああああ・・・・・」ビチャビチャビチャ

俺「おい卑怯だろ!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:17:15.90 ID:99jHjnz30

サザエ「殺してやる・・・・このガキが・・・」

俺「爪の手入れでもしてやるよ!」

ズバアッ!

サザエ「!!!!」

サザエ「ぎゃああああ!!!!」

俺「支えが倒れたらもう動けないな・・・」

ズシャズシャズシャズシャズシャァ!

サザエ「ゼェ・・・・・ゼェ・・・・・」

俺「おいババア!」

サザエ「?」

俺「靴でも舐めてろ!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:21:54.56 ID:99jHjnz30

サザエ「蹴るなんてはんそk」

ドッ

サザエ「あああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」

俺「ダウンしてるとくたばるぜ!」

ブチッ!

サザエ「このガキがあああ!!!体を噛みちぎってバラバラにしてあの小娘たちに見せつけてやる!」

俺「まず俺を捕まえる段階で無理さ!」

サザエ「死ねええええ!!!!」

カァアアアアアアン・・・・

サザエ「!?」

俺「撃っていいのは撃たれる覚悟のあるやつだけさ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:24:29.60 ID:99jHjnz30

俺「もう一発!」

ドッ

サザエ「殺してやる・・・このガキいい!!!!」

俺「終わりだ!」

ブチッ

サザエ「ああああ!!!!クソガキゃああ・・・・捕まえてやる・・・・」

俺「・・・・・・」

サザエ「あああああああ!!!!」

俺「ババアはさっさと退場しな」

ドポーン

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:28:44.12 ID:99jHjnz30

俺「あいつら追わなきゃな・・・・は?」

ベキャベキャ・・・ゴゴゴゴ

サザエ「ガキが・・・・絶対に・・・絶対にィ!」

俺「おいおい妥協も大事だって!」

サザエ「ちょこまかと・・・このガキが!絶対に・・・絶対に・・・」

ガッ

俺「全部ブスじゃな・・・・」

ズバアッ!

サザエ「クソ・・・・クソガキが・・・・・・・ぎゃああああああ!!!!」

グチャグチャグチャグチャ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:32:40.96 ID:99jHjnz30

俺「ふぅ・・・・」

ガッダーン!

俺「おい!1人目はとっくに死んだぜ!次のやつはいねえのか!」

マスオ「さすがだ。じゃあ僕にもその力見せてもらおうかな。僕はサラリーマンだけでなくキャスターなどもやっているんだ。」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:36:41.66 ID:99jHjnz30

俺「お前みたいなオタクもどきでも外に出れたんだな・・・」

マスオ「えー・・・近年進んでいる青少年の犯罪はひどさを増す一方です。」

俺「おいオタクもどき!ネタ回してやれ。」

マスオ「こういう事件の加害者は深いですな・・・・。特に俺はひどい。この少年がいなくなるだけでどれだけ平和になるか!」

俺「そろそろ引退させてやろうか」

マスオ「ええ!?君が僕を倒すっていうのかい?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:40:29.91 ID:99jHjnz30

俺「死にやがれ!」

ヒュッ・・・・

俺「手応えがないな・・・」

マスオ「君は馬鹿だねぇ・・・装置を攻撃して僕がダウンした時じゃないt・・・」

俺「ヒントありがとよ!」

ガァン!

マスオ「ちょっと待ってくr・・・・・・・」

俺「馬鹿だろ・・・・・」

ズシャァ!ザクザクザクザクザク

マスオ「・・・・・・・」

俺「放送延長でもしてやろうか!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:44:07.63 ID:99jHjnz30

俺「ってえ・・・・ここどこだよ・・・」

マスオ「今お送りしているのは青少年犯罪を多く犯している俺の映像です。」

俺「山ほど犯してるのはお前らだろ!」

マスオ「彼は幼い時から犯罪を繰り返し・・・・」

俺「喋ってる暇あったら子分でも所管しとけよ」

スタッ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:47:44.17 ID:99jHjnz30

マスオ「これから捕らえられた少女たちの公開強姦が始まる模様です」

マスオ「また、この少年はそれを止めるために立ち向かっていますが、以前としてあまりできていません」

俺「お前最初に俺を悪く報道して、今のはなんでプラスイメージの報道なんだ?」

マスオ「君だって僕だってこの戦いを見てもらいたいのさ。どうだい?コレで助け出せれば君にメリットはあるじゃないか。」

俺「面白い戦いする奴だな・・・いいぜ!来いよ!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:49:54.01 ID:99jHjnz30

俺「まぁ・・・・俺が勝つのはあきらかだけどな。」

マスオ「ええ!?僕のホログラムの目を1つ潰したくらいで喜んでいるのかい?」

俺「あと1つだ!」

マスオ「っ・・・・・・・・・・・」

俺「今世紀最大のニュースだ!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:56:19.52 ID:99jHjnz30

マスオ「依然として俺の映像をお送りしております。彼はホログラムの目を潰し、依然として私と戦っています。」

マスオ「俺は悪魔と人間から生まれた人間です。彼の父は昔に魔界で計画されていた人間界進行の時に魔帝に反逆し、魔帝を魔界ごと封印しました。そして残りの人生を人間を見守りながら人間である妻と過ごしたとのことです。」

俺「お前らはその情報をどこで手に入れてるんだ?」

ズバアッ!

マスオ「僕の子分たちを一撃で・・・・!」

俺「目は潰したぜ!」

俺「速報だ。お前はクビ!」

ズダダン!

マスオ「ぐ・・・・・・」バタッ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 07:58:44.82 ID:99jHjnz30

波平「わしの可愛い孫を殺しに来るとはな・・・俺・・・・お前も父親と同じだ。どうしようもない男め・・・」

フネ「子分たちをおいた方が・・・」

波平「いらん。たぶん子分をおいても無駄だろう」

俺「さぁ・・・あと少しだ・・・」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:05:01.16 ID:99jHjnz30

俺「もうちょっとで助け出すから待ってろ・・・」

俺「この妙に禍々しい扉でいいのか?」

ギィィィ・・・・

タラヲ「よくここまで生きてたどり着いてですぅ」

俺「俺だってそこまでヤワじゃないさ。」

俺「あの嬢ちゃんたちはどこにいる?」

タラオ「あそこに縛り付けてあるですぅ」

俺「まぁいい。さっさとやろうぜ」

タラヲ「いいですぅ。ただし僕も本k」

タァン

フネ「タラちゃんが一撃で気絶・・・」

俺「しゃべるな」

ダァン!

フネ「」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:08:45.15 ID:99jHjnz30

波平「貴様・・・わしの可愛い孫のタラちゃんを痛めつけ・・・わしの妻まで!貴様は復讐に来たのか?」

俺「・・・・・・・」

波平「答えろ!」

俺「ああ・・・・あの嬢ちゃんたちを助けるためと、親の仇討ちだ。」

俺「・・・・・・」

ダァン!

タラヲ「うあああああ!!!!!いたいですぅ・・・」

俺「・・・・・・・」

ダダダダァン!

タラヲ「」

俺「次はお前だ・・・・」

波平「うおわあああ!!!!!!!!

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:10:23.85 ID:99jHjnz30

俺「!?まずい・・・・とりあえず・・・おい嬢ちゃんたち!このナイフで縄を切れ!」

俺「うわあああああああああ・・・・・・」

波平「うおおおおおおおおおおおおおお」

ドコーン・・・ガラガラガラ・・・・

俺「クソ・・・・・」

波平「両親のところに送ってやる・・・・・」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:13:49.11 ID:99jHjnz30

メキメキメキ・・・・

俺「うおおお・・・・・」

男「お前は容赦なく殺すのか」

ズブッ

波平「ぐおおおおおおおおおおおおおお」

俺「くたばれクソ野郎!」

波平「わしは死なんぞおおお・・・」

俺「じゃあな」

ペッ

波平「ぐああ!!!」

ビチャ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:16:51.48 ID:99jHjnz30

ゴゴゴゴ・・・・・ベキャ!

人間1「あれヤバくねwwwなんか車がwww」

人間2「逃げるでごわすwww」

ゴゴゴゴゴッゴゴ

波平「殺してやる・・・・・・・・」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:21:06.45 ID:99jHjnz30

俺「おいおい!魔帝ってでかいもんなのかよ!」

男「わからん・・・だがやつは力を蓄えていた。これは事実だ・・・」

男「いいか、俺がいいと言ったら目を引きずり出せ。」

俺「ああ・・・・」

波平「良くもやってくれたな・・・・お前も親と同じ目に合わせてやる・・・・」

男「俺!今だ!」

ガッ!

俺「楽勝だ!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:22:21.47 ID:99jHjnz30

波平「ぐわあああああっ!」

男「よし!いいぞ。」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:26:03.15 ID:99jHjnz30

波平「わしの家族を殺しただけでなく目まで潰しおってえええ・・・・」

波平「握り殺してやる・・・」

ベチャ!

波平「なぜ餅が!離れんぞ!」

波平「手が動かん・・・・・・」

ヒュウウウ・・・・ザシザシザシィ!

波平「なぜ剣が降ってくる!」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:29:34.44 ID:99jHjnz30

ヒュウウウ・・・ドスドスドスドス!!

波平「今度はヤリだと!?」

シュオオオ・・・・ドゴーン

波平「ぐっ・・・おのれ・・・手さえ動けば・・・・」

ドシュドシュドシュドシュドシュウ!

波平「今度はボールだと!?なぜだ・・・・まさか!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:31:25.26 ID:99jHjnz30

波平「あの小娘どもかああああ!!!」

ギュイイン・・・・ドシュウ!

波平「ぐっ・・・わしの腕がああああああ!!!!」

バシィ・・・ン

俺「時が遅くなったのか・・・?まあいい!チャンスだ!」

ガッ!

ズシャア!

波平「ぐわああああああああああ」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:32:43.14 ID:99jHjnz30

俺「うおおおおおおおおおおおおおおおおお」

ズバアッ!

波平「」

ベキャベキャ・・・・ゴゴゴ・・・・

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:34:43.17 ID:99jHjnz30

男「まずいな・・・もうこのあたりは崩れるぞ・・・」

俺「お前は先に行ってくれ。」

俺「あいつらを助ける。」

男「わかった。ただし無茶はやめておけ。」

俺「ああ。」

カキン

俺「よっと・・・お前ら縄ほどいたのか。とりあえずここから出る。俺に捕まっていろ。」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:36:49.44 ID:99jHjnz30

俺「うおおおおおおおおおおおおおわあああああああああ」

カキン!カキン!カキン!

俺「ハァ・・・・・ハァ・・・・ハァ・・・・よぉ・・・」

男「来たか。」

俺「それにしても終わったんだな・・・・。あいつらも倒して、嬢ちゃんたちも助けることができた。」

男「ああ・・・・そしてこれからはオレが支配する。」

俺「は?なんかいったか?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:39:19.79 ID:99jHjnz30

男「これからはオレが支配するんだ。あいつらの代わりに・・・」

俺「なんだよ。あの気持ち悪いガキの真似でもするのか?」

男「いいや。無理矢理ではない。洗脳するんだ。」

俺「オレはそんなことのためにお前に手を貸したんじゃないぞ!」

男「お前に何がわかる!この素晴らしさがわからないのか!」

俺「そういうことならオレは力づくでも止めるぞ・・・」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:41:47.01 ID:99jHjnz30

男「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

俺「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


男「うおおおおおおおおおおおおおおお」

俺「うあああああああああああああああ」

ガキィン!ギャリギャリギャリ・・・・・・カァン!

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:43:57.25 ID:99jHjnz30

俺「考え直せ・・・もうやめろ!」

男「無理だな」

俺「なぜだ・・・」

男「フッ・・・」

ズパアッ!

俺「うらああああ!!!!」

ズバアッズバアッズバアッ!

男「クソ・・・・」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:46:11.75 ID:99jHjnz30

男「・・・・・・・・」

ズオオオ・・・・・・・

分身「・・・・・・・・」

俺「分身かよ・・・」

ヒュイイ・・・・・ドゴォ!

俺「隙だらけだ!」

ズシャア!ズバズバズバズバズバ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:47:27.92 ID:99jHjnz30

シュオオオオ・・・・

男「分身があっという間に消えた・・・・くっ・・・・」

俺「うぉおおおおおおおらあああああ!」

ズシャアア!!!!

男「ぐふっ・・・・・・かはっ・・・」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:49:02.12 ID:99jHjnz30

ズシャツ

男「はぁ・・・・はぁ・・・・ふ・・・まあいい。お前にはわからないことだったな。」

シャッ

男「・・・・・・」

俺「今度こそ・・・終わったのか・・・・」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:52:57.22 ID:99jHjnz30

俺「さあ・・・嬢ちゃんたち、もう大丈夫だ、家に帰りな」

?「でも傷だらけやんね・・・」

?2「とりあえず治療した方がいいよ。」

俺「わかったよ。でもバイタルスターいま持ってないんだよな・・・・」

?2「そういうことならまかせて」

シュパアン

俺「おおwww傷が治った・・・そういやあんたら名前は?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 08:59:54.39 ID:99jHjnz30

ほむら「私は暁美ほむらよ。」

マミ「わたしは巴マミよ。」

さやか「あたしは美樹さやか!」

杏子「あたしは佐倉杏子だ。」

まどか「わたし、鹿目まどか・・・」

キリカ「呉キリカだよ」

織莉子「美国織莉子よ」

黄名子「菜花黄名子やんね!」

メイア「メイアよ。」

メルフェ「わたしメルフェ・・・」

フラン「フランよ」

万能包丁さん「まぁ万能包丁さんでも万能包丁でもいいわ。」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/10(日) 09:03:33.30 ID:99jHjnz30

俺「随分と助けたモンだ・・・」


黄名子「というのがうちたちと俺との出会いやんね」

フェイ「でも父さんはそこまで身体能力高かったの?」

黄名子「それはすごかったやんね!」

フェイ「たしかに話を聞くとそのとおり一夫多妻だけど喧嘩になったことはないの?」

黄名子「みんなで仲良く幸せにしてるやんね!」


おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「プロシュート兄貴ィー!ジャイアンがいじめるよぉ!」