長門「ぎゅってして」古泉「……はい」ぎゅっ


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木とキョン

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:09:35.91 ID:cwZCGuBw0

長門「もっと強く」

古泉「このくらいで?」ぎゅっ

長門「……気持ち良い」

古泉「それは良かった」






キョン「説明を要求する」

古泉「見ての通り肩揉みですが?」ぎゅっ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:12:14.45 ID:cwZCGuBw0

キョン「何で古泉が長門の肩揉みをしてるんだ」

長門「罰ゲーム」

キョン「罰ゲーム?」

古泉「最近、みなさん来るのが遅いじゃないですか」

キョン「ああ、何か予定が詰まってるみたいだな。俺を含めて」

古泉「その間、長門さんとボードゲームをしてるんですよ」

キョン「負けた方が罰ゲームって事か」

長門「そう、勝者の命令を一つ聞かなければならない。……古泉一樹、手が止まっている」

古泉「これは失礼しました」ぎゅっ

キョン(だからって、何で肩揉み)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:15:59.70 ID:cwZCGuBw0

キョン「星取りはどんな感じだ」

古泉「今のところ僕の全敗です」ぎゅっ

キョン「訊くだけ無駄だったな」

古泉「流石は長門さんです、お強いですよ」ぎゅっ

長門「……ぶい」

キョン「まあお前が弱いというのもあるけどな」

古泉「これは手厳しい」ぎゅっ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:20:17.85 ID:cwZCGuBw0

長門「古泉一樹、そのくらいで良い」

古泉「そうですか。満足されました?」

長門「素晴らしい。ゴッドハンドの称号を与えるべき」スッキリ

古泉「あはは。森さんに鍛えられてますからね」

長門「何ですと」

古泉「え?」

キョン「おい詳しく話しやがれ」

古泉「え?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:23:41.10 ID:cwZCGuBw0

古泉「詳しくって……森さんに肩揉みをさせられてるだけですが」

キョン「森さんの?」

長門「肩を?」

古泉「はい。訓練の後とか神人退治の後とか……」

キョン(何だ、こき使われてるだけか)



古泉「お風呂上りとか」

キョン「風呂上りだとっ!?」ダンッ

長門「聞き捨てならない」ギラッ

古泉「あれ、お二人とも怖いです」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:26:32.71 ID:cwZCGuBw0

キョン「長門、どう思う」

長門「まことに遺憾である」

古泉「政治家じゃないんですから」

キョン「おしおきが必要だと思わんか」

長門「厳罰に処するべき」

古泉「待って下さい、何でそんな事に」

長門「被告は静粛に」ギン

古泉「……はい」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:30:21.93 ID:cwZCGuBw0

キョン「さて、どうしてくれよう」

古泉(どうされてしまうんだろう)

長門「……古泉一樹」

古泉「はい」



長門「私も風呂上りの肩揉みを要求する」

古泉「え?」

キョン「え?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:34:12.58 ID:cwZCGuBw0

よるー

長門「よろしく」ホカホカ

古泉「あれっ!?」ビクッ

長門「どうしたの?」

古泉「何でもう夜に? というか何で長門さんの部屋に?」

長門「団活後、私と一緒に帰ってきただけ」

古泉「き、記憶に無い……」

長門「ではよろしく」

古泉「……」

長門「よろしく」

古泉「……はい」ぎゅっ

ふわっ

古泉(あ、石鹸のにおい……)ぎゅっ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:38:21.39 ID:cwZCGuBw0

古泉(かわいいな、パジャマ姿の長門さん)ぎゅっ

古泉(……個人的には、ワンサイズ大きくして少しだぼっとさせて……)ぎゅっ

長門「もう少し内側を」

古泉(ワンピースも良いかもしれない、フリルがついたちょっと少女趣味な感じの……)ギュッ

長門「古泉一樹?」

古泉「わひゃい!?」ビクッ

長門「どうしたの奇声を発して」

古泉「い、いえすいません。パジャマはご自由にどうぞ」

長門「?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:42:09.47 ID:cwZCGuBw0

あさー

古泉(あの後、帰ってからいつも通り森さんの肩揉みもしたけど)

古泉(長門さんの時と違って変な事は考えなかったな)

古泉(まあ森さんと長門さんは違うし……)

キョン「よう古泉」

古泉「おはようございます。珍しいですね、登校中に会うとは」

キョン「それが妹の奴が――」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:46:00.00 ID:cwZCGuBw0

古泉(……森さんは鍛えてるだけあって筋肉の感触が硬めだけど)

古泉(長門さんは……)

キョン「――で、どっちが良いと思う?」

古泉「はい、柔らかかったです」

キョン「は?」

古泉「あれ?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:49:50.65 ID:cwZCGuBw0

ほうかごー

古泉「さて、本日も勝負と参りましょう」

長門「負けない」

古泉「いえ、今日こそ勝たせて頂きます」

長門「今日の種目は将棋」



古泉「……参りました」

長門「ぶい」

古泉(全駒は泣けますよ長門さん……)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:53:03.44 ID:cwZCGuBw0

長門「罰ゲーム」

古泉「何なりと」

長門「……肩揉み」

古泉「ま、またですか?」ドキッ

長門「勝者の命令は絶対」

古泉「そうですけど」

長門「よろしく」スタンディンバーイ

古泉「で、では……」ぎゅっ

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 19:57:21.86 ID:cwZCGuBw0

古泉(流石に昨晩よりは落ち着いていられる)ぎゅっ

長門「古泉一樹」

古泉「はい」ぎゅっ

長門「昨夜、帰ってから、森園生に肩揉みをした?」

古泉「ええ、しました」ぎゅっ

長門「風呂上りに?」

古泉「そうですね」ぎゅっ

長門「……そう」ムスッ

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:01:05.65 ID:cwZCGuBw0

長門「何故、貴方が森園生に肩揉みをする必要がある?」

古泉「うーん、基本的に森さんには逆らえませんから」ぎゅっ

長門「そう」

古泉「まあ僕もお世話になってると思ってますし、お返しのような感覚です」ぎゅっ

長門「……そう」

古泉「僕も疲れてる時に全身マッサージを要求するのは勘弁してほしいですけどね、ははっ」ぎゅっ

長門「何ですと」

古泉「え?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:05:45.66 ID:cwZCGuBw0

キョン「呼んだか長門」ガチャ

長門「呼んだ」

古泉「いや呼んでませんよね」

キョン「森さんに全身マッサージだと?」

長門「確かにそう言った」

古泉「それは言いました」

キョン「詳しく話しやがれ」

古泉「またですか?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:09:18.71 ID:cwZCGuBw0

ハルヒ「私達の出番って無いのかしら」

みくる「さぁ……」

ハルヒ「あれば良いわねぇ」

みくる「そうですね。……あっ、涼宮さん、これおいしいですよ」

ハルヒ「本当? ちょっと貰っても良い?」

みくる「はい、あーん」

ハルヒ「あー」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:12:46.26 ID:cwZCGuBw0

古泉「いや、肩揉みの延長というか、たまにフルコースを頼まれる事があるんですよ」

キョン「フルコースとな」

長門「もっと詳しく」

古泉「背中から始まって、二の腕、ふともも、ふくらはぎと。オプションで足裏と掌のツボ押し」

キョン「ふともも……だと……」

長門「風呂上りに?」

古泉「風呂上りに」

キョン「くそっ!」ダンッ

長門「……」ギラッ

古泉(怖い……)

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:15:45.86 ID:cwZCGuBw0

キョン「長門よ、このような暴挙を許してはならん」

長門「見過ごせない」

古泉「暴挙って……」

キョン「おしおきせねばなるまい」

長門「月に代わって」

古泉「セーラームーン?」

キョン「長門、今はプリキュアだぞ」

長門「迂闊」

古泉「そこはどうでもいいでしょう」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:20:03.75 ID:cwZCGuBw0

キョン「さて、どうしてくれよう」

古泉(あれ、この流れ昨日もやった気が)

長門「……古泉一樹」

古泉「はい」



長門「私も風呂上りのフルコースを要求する」

古泉「やっぱり」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:23:31.98 ID:cwZCGuBw0

よるー

長門「よろしく」ホカホカ

古泉「また時間を飛び越えた……」

長門「団活語、私と一緒に帰ってきて、夕食をとっただけ」

古泉「夕食までごちそうになったんですか!?」

長門「ではよろしく」ゴロン

古泉(……風呂上りの長門さんと布団だと……?)

長門「よろしく」

古泉「……は、はい」

古泉(理性総動員……!)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:28:49.21 ID:cwZCGuBw0

古泉(2、3、5、7、11……)ぐっぐっ

長門「……もう少し強くして良い」

古泉「そうですか?」ぐっ



長門「んっ」



古泉「!?」ビクッ

長門「どうしたの?」

古泉「いいいいえ別に!」ぐっぐっ

古泉(3.141592653589793238462643383279……)

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:33:34.85 ID:cwZCGuBw0

古泉「次は腕、行きますね」

長門「お願い」

古泉(長門さん華奢だなあ……)ぐにぐに

古泉(宇宙人的な力が無かったら、ただの女の子だもんなあ……)ぐにぐに

古泉(いつも守られたり助けられたりしてるけど……)ぐにぐに

古泉(本来なら立場が逆じゃないといけないわけで……)ぐにぐに

古泉「……逆側、行きます」

長門 コクッ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:38:12.57 ID:cwZCGuBw0

古泉「さて、次は脚なんですが」

長門「分かった」

古泉「ここらへんにしておきません?」

長門「……何故?」

古泉「だって……」

古泉(ふとももやる時とかお尻の近くまでいくし……)

長門「貴方がいつもやっている通りで構わない」

古泉「そうですか……?」

長門「お願い」

古泉「……はい」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:42:45.36 ID:cwZCGuBw0

古泉「ではいきます」

古泉(落ち着けー、落ち着けー)ぐっ

長門「んぅ」

古泉「ほぅわ!?」ビクッ

長門「どうしたの?」

古泉「ななな何でも……」ぐっぐっ

古泉(やわらか、いや感触を確かめては駄目だ!……ああぁでもやわらかい……)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:47:22.96 ID:cwZCGuBw0

ハルヒ「私、いつも授業中は爆睡するんだけど、その日は起きててね」

みくる「はい」

ハルヒ「代わりにキョンが居眠りしてたのよ」

みくる「あー」

ハルヒ「船漕いでたから、面白いなーと思って観察してたんだけど」

みくる「はい」

ハルヒ「頭がカクンってなるリズムが何か良い感じで」

ハルヒ「そのうち私も寝ちゃったわ」

みくる「そうなんですかー」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:52:27.36 ID:cwZCGuBw0

古泉(2.718281828459045235360287471352……)ぐっぐっ

長門「古泉一樹」

古泉「はっ、はい?」

長門「もう少し上の方も」

古泉「う、上って……」

古泉(これ以上はもう殆どお尻……)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 20:57:25.49 ID:cwZCGuBw0

長門「お願い」

古泉(……いける! お前ならやれる古泉一樹!)

古泉「で、では……」

むに

長門「ん……っ」

古泉(やばい)

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:02:51.64 ID:cwZCGuBw0

内なる古泉1『限界』

古泉(こらえて! 最後の砦なんです!)

内なる古泉2『次に声を出されたら駄目かも分からんね』

古泉(頑張って! 本当に! あとふくらはぎだけ!)

内なる古泉1『もうよくね? ガバっといかね?』

古泉(内なるっていうか天使と悪魔の悪魔側じゃないですか!?)

内なる古泉2『それが良いと思うわ』

古泉(天使はー!?)

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:08:02.45 ID:cwZCGuBw0

古泉「お、終わった……」ぐったり

古泉(僕の理性もなかなかのものだ……)

古泉「長門さん、一通り終わりましたよ。ツボ押しはどうしますか」

長門「……」

古泉「長門さん?」

長門「……」スースー

古泉「寝てる……なんだ……」

長門「……」スースー

古泉「……寝顔、かわいいな」

内なる古泉ズ『よっしゃ、いける!』

古泉「黙らっしゃい!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:13:16.84 ID:cwZCGuBw0

あさー

古泉(長門さんが寝てから、施錠して帰ったけど)

古泉(……眠れなかった。大丈夫かな今日)

古泉(今もまだ何となく感触が残ってるような……)ぐっぱ ぐっぱ

キョン「よう古泉」

古泉「おや、連日とは珍しい事もあるものです」

キョン「また妹の奴が――」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:18:53.60 ID:cwZCGuBw0

古泉(そういえば、何で僕は長門さんの部屋に行ってまでマッサージしたんだろう?)

古泉(あ、罰ゲーム……じゃないな、罰ゲームは部室での肩揉みだった)

古泉(森さんみたいに逆らえない上下関係というわけでもないし)

古泉(どうしてかな……)

キョン「――で、お前の今朝の献立は?」

古泉「よく分からないです」

キョン「は?」

古泉「あれ?」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:23:09.78 ID:cwZCGuBw0

ほうかごー

長門「昨晩は途中で寝てしまって申し訳ない」

古泉「いえ、マッサージする側としては嬉しい事ですよ」

長門「まさにゴッドハンド。素晴らしい腕前」

古泉「お褒めに預かり光栄です」

長門「では早速、今日の勝負を」

古泉「もしかして、勝ったらマッサージを要求とか……」

長門「……」

古泉「するんですね」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:29:04.77 ID:cwZCGuBw0

長門「駄目?」

古泉「いえ駄目というわけでは」

長門「ならそれで」

古泉「構いません。ただ、一つだけ訊かせて下さい」

長門「何?」

古泉「どうしてマッサージなんでしょう?」

長門「……」

古泉「……」

長門「今日はオセロ」

古泉(はぐらかされた?)

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:34:26.94 ID:cwZCGuBw0

長門「……」コト パタンパタンパタン

古泉(長門さんがこだわる理由が分かれば、僕の方の理由も分かると思ったんだけど)コト パタン

長門「……」コト パタンパタンパタンパタン

古泉(あっ、長門さんもよく分かってないのかな)コト パタンパタン

長門「……」コト パタン

古泉「あれ、黒が置けない」

長門「……」コト パタンパタン

古泉「……」

長門「……」コト パタン

古泉「黒が無くなった……」

長門「ぶい」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:38:59.32 ID:cwZCGuBw0

みくる「この間、夕方のテレビでプリキュアがやってました」

ハルヒ「再放送?」

みくる「はい」

ハルヒ「懐かしいわねー、キュアブラック、キュアホワイト。私は断然ブラック派だわ!」

みくる「え? ブラックとホワイト?」

ハルヒ「ブラックとホワイトでふたりはプリッキュアーじゃない」

みくる「ピンクとか緑とかが五人でイエスじゃないんですか?」

ハルヒ「え?」

みくる「え?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:43:28.37 ID:cwZCGuBw0

長門「罰ゲーム」

古泉「マッサージですよね。また今夜、お邪魔すれば良いですか?」

古泉(再び頑張れ僕の理性……!)

長門「それは無し」

古泉「え?」

長門「変える」

古泉「そうですか」しゅん

古泉(あれ、何で残念だと思ってるんだろう)

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:48:49.23 ID:cwZCGuBw0

長門「……」バッ

古泉「……? どうされました、急に両腕を広げて」

長門「……」じっ

古泉「ああ、同じようにすれば良いんですか?」



長門「ぎゅってして」

古泉「!?」ビクゥッ

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:53:42.99 ID:cwZCGuBw0

古泉「そ、それは、あれですか、ハグ的な」

長門「『的』ではない。ハグそのもの」

古泉「え、あれ、あ、そうか、そうですね、ははっ」

長門「……」

古泉(どうしよう)ドキドキ

長門「勝者の命令は絶対」

古泉「……」

長門「ぎゅってして」

古泉「……はい」ぎゅっ

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 21:59:22.93 ID:cwZCGuBw0

長門「……」ぎゅっ

古泉(な、何で部室で抱き合ってるんだ僕達は)

長門「……」むぎゅ

古泉(も、もっと強くが良いのかな?)むぎゅ

長門「……」

古泉(やっぱり長門さん柔らかいな……)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 22:04:19.45 ID:cwZCGuBw0

長門「理由」

古泉「はい?」

長門「罰ゲームに肩揉みを要求した理由」

長門「マッサージを要求しようとした理由」

古泉「ええ」

長門「……」

古泉「……」



長門「…………貴方に触れてほしかった」

古泉「え」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 22:09:39.56 ID:cwZCGuBw0

古泉(触れてほしかった? 僕に?)

長門「……」

古泉(別に僕は嫌じゃないから良いんだけど。というか僕だって長門さんに……)

古泉「……あ、そういう事か……」

長門「?」

古泉「…………えーと、ですね」

長門「何」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 22:13:56.70 ID:cwZCGuBw0

古泉「僕はもともと、森さんにマッサージしてるじゃないですか」

長門「……」コク

古泉「あれって、上下関係的に逆らいづらいのと、何だかんだ感謝してるお返しなんです」

長門「それは聞いた」

古泉「長門さんと僕との関係に上下は無いですし」

古泉「日ごろお世話になってますけど、そのお返しでマッサージはしませんよね」

長門「確かに」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 22:19:21.20 ID:cwZCGuBw0

古泉「何で、僕は長門さんにもするんだろう、って考えたんです」

長門「……」

古泉「さっきまで分からなかったんですけど、今、分かりました」

長門「何」

古泉「長門さんと同じです」

長門「同じ?」

古泉「ええ」



古泉「長門さんに触れたかったんです」

長門「……そう」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 22:24:08.15 ID:cwZCGuBw0

長門「もっと、ぎゅってして」

古泉「……」ぎゅっ

長門「……」

古泉「……」ぐい

長門「……?」

古泉「……」

長門「……あ」



チュッ

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 22:29:21.89 ID:cwZCGuBw0

そのごー

ハルヒ「あー、肩凝ったわ。ちょっとキョン、肩揉んでくれない?」

キョン「何で俺が」

ハルヒ「良いじゃない、別に」

キョン「それなら古泉にやらせたらどうだ。ゴッドハンドらしいぞ」

みくる「神の手ですか?」

古泉「ま、まあ一部界隈ではそう呼ばれていたりいなかったり」

ハルヒ「古泉君、肩揉み上手なの? ちょっとお願いしてみようかしら」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 22:34:30.38 ID:cwZCGuBw0

長門「駄目」

みくる「ふぇ?」

長門「古泉一樹に肩揉みをさせては駄目」

ハルヒ「な、何で?」






長門「古泉一樹がぎゅってして良い相手は、私だけ」



おわり

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/07(土) 22:36:58.90 ID:cwZCGuBw0

みくる「出番ありましたねえ」

ハルヒ「最後の最後だったけど。出たと思ったら肩凝り抱えてるし」

みくる「まあまあ」

ハルヒ「今もまだ凝ってるのよねえ。あー」ぼきぼき

みくる「私で良ければ、肩揉みしますよ?」

ハルヒ「本当? じゃあお願い!」

みくる「うふふ、はぁい」ぎゅっ



長門は古泉の嫁であり古泉は長門の嫁である。異論は認める。

じゃあな!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの優情