アスカ「シンジの部屋に閉じ込められた」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「ドラえもん 僕はね もう死にたいんだ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:38:10.58 ID:ADBu7BU10

アスカ「しかも、シンジと二人きり」

アスカ「どうしてこうなった」/(^o^)\

シンジ「それは、僕のセリフだよ…」


※スカト○ネタが微妙に含まれています。ご注意ください。
尚、シンジが微妙にヤバくなっていますが、ご了承ください。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:38:42.33 ID:ADBu7BU10

………

……



シンジ「ただいまー」

シーン

シンジ「あれ? 誰も居ないのかな?」

シンジ「アスカー? ミサトさーん?」

ゴソゴソ

シンジ「(僕の部屋から音がする)」

シンジ「誰か、僕の部屋にいるの?」

ガチャ

シンジ「!!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:39:13.55 ID:ADBu7BU10

アスカ「あっ」

シンジ「アスカ、僕の部屋で何をやってるの?」

アスカ「え、それは…そのー…」

シンジ「なんでそんな言いにくそうなの?」

アスカ「これは…そのー」

シンジ「(ん、背中に何か隠してる)」

アスカ「そのー、あのー……」

シンジ「ちょっと、後ろに隠したの見せて!!」バッ

アスカ「あっ、ちょっと!!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:39:45.86 ID:ADBu7BU10

シンジ「これ、僕の隠していたエ○本じゃないか」

シンジ「なんで、アスカが!?」

アスカ「あー、えーっと…」

シンジ「……」ジー

アスカ「そ、そんなことより、どうしてそんなもの持ってるのよ!?」

シンジ「健全な中学生男子なら大抵の人は持ってるよ!!」

アスカ「いやらしい!!」ジー

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:40:20.76 ID:ADBu7BU10

シンジ「それを言うなら、アスカだって僕の本を探してどうする気だったんだよ!!」

アスカ「いや、それは…」

シンジ「……」ジー

アスカ「え、えっと、その…」

シンジ「(ものすごく挙動不審になってる)」

シンジ「まさか」

アスカ「へっ?」

シンジ「エ○本に興味があるとか…」

アスカ「ち、違うわよ!!」

シンジ「じゃあなんで?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:40:51.82 ID:ADBu7BU10

アスカ「……よ」

シンジ「は?」

アスカ「シンジはどんな女性が好みなのか知りたかっただけよ!!」

シンジ「えっ、え……は?」

アスカ「〜〜〜!!」カァァァ

シンジ「……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:41:58.57 ID:ADBu7BU10

アスカ「シンジのバカ!!」

ドンッ!!

シンジ「うわっ!!」

ドシーーン!!

シンジ「いたたた…」

アスカ「ふん!! もう自分の部屋に戻るから!!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:42:30.02 ID:ADBu7BU10

ガチャ

アスカ「あれ?」

ガチャガチャ

シンジ「ア、アスカ?」

アスカ「ドアが開かない……」

シンジ「えぇぇぇぇ!!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:43:01.95 ID:ADBu7BU10



……

………

シンジ「きっと、さっきアスカが僕を押した振動で、

ドアの外に立てかけていたホウキが倒れてしまったんだ。

それで、ホウキがつっかえてドアが開かないんだよ……」

アスカ「……」

シンジ「アスカ?」

アスカ「どうして、あんたはそんなに冷静なのよ」

シンジ「は?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:43:46.82 ID:ADBu7BU10

アスカ「だって、こんな美少女と二人きりで閉じ込められて、

冷静でいられるわけないじゃない!!」

シンジ「うわぁ……。美少女って自分で言っちゃうの?」

アスカ「あぅ…」

シンジ「はぁ…」

アスカ「……」

シンジ「……」

シンジ「それにしても、どうやって出よう…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:44:25.13 ID:ADBu7BU10

シンジ「やっぱり、ミサトさんが帰ってくるまで待つしかないか…」

アスカ「……」

アスカ「ねぇ」

シンジ「ん?」

アスカ「悪かったわよ…」

シンジ「……何が?」

アスカ「悪かったわよ。エ○本勝手に探して……」

シンジ「それで…?」

アスカ「えっ? 何が?」

シンジ「それで、僕の好みを調べるとやらは、どうだったの?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:44:55.13 ID:ADBu7BU10

アスカ「あぁ、そうだったわね」

シンジ「うん」

アスカ「えーっと……」


アスカ「あんた、変態?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:45:39.50 ID:ADBu7BU10

シンジ「変態だったら、悪いか!!!」ドンッ

アスカ「ひぃっ!?」

シンジ「あ、ごめん。どうぞ、続けて」

アスカ「あ、ありがと…」

アスカ「あのさ。見ていて思ったんだけど、

やたらとスカト○っていうの?そういう本が多かったように感じたのよね」

シンジ「だって、生まれた時から好きなんだから、しょうがないだろ!!!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:46:16.51 ID:ADBu7BU10

アスカ「ひぃっ!?」

シンジ「誰も、僕の趣味を理解してくれない!! もっと僕を理解してよ!!」

シンジ「はっ!?」

シンジ「あ、ごめん。どうぞ、続けて」

アスカ「う、うん…」

アスカ「そ、それでそういう趣味はどうなのかなぁ……って……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:47:09.34 ID:ADBu7BU10

シンジ「アスカまで僕を傷つけるの!!??」ドンッ

アスカ「ひぃっ!!」

シンジ「いつもいつもいつもいつも、

スカト○はキモい! スカト○は異常だ! って言われ続けて!!

スカト○は違法でも何でもないだろ!!??」ドンッ

アスカ「……」ガクブル

シンジ「はっ!?」

シンジ「ごめんごめん、つい興奮してしまって。アスカ、話を続けて?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:47:40.09 ID:ADBu7BU10

アスカ「いや、もういいわ……」

シンジ「そう?」

アスカ「(こ、怖かったぁ…)」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:48:18.28 ID:ADBu7BU10

シンジ「それにしても、暑いなぁ」パタパタ

アスカ「そうね」モジモジ

シンジ「それにしても、喉が渇いた」

アスカ「そうね」モジモジ

シンジ「どうしたの? さっきからモジモジして」

アスカ「な、何でも無いわよ!?」

シンジ「そう…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:48:49.34 ID:ADBu7BU10

アスカ「……」モジモジ

シンジ「……」ジー

アスカ「……」モジモジ

シンジ「……もしかしてアスカ」


シンジ「おしっこ行きたいの?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:49:58.05 ID:ADBu7BU10

アスカ「!!」

シンジ「図星か」

アスカ「な、な、なんで知ってんのよ!?」

シンジ「だって、モジモジしながら股を押さえていたら、

誰だって分かるよ」

アスカ「〜〜〜!!」

シンジ「……」

シンジ「それにしても暑すぎるなぁ」パタパタ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:50:29.51 ID:ADBu7BU10

アスカ「……」モジモジ

シンジ「……」ジー

アスカ「……」モジモジ

シンジ「ねぇ、アスカ」

アスカ「な、何よ?」モジモジ


シンジ「僕が飲尿してあげようか?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:51:05.12 ID:ADBu7BU10

アスカ「〜〜〜!!!」

アスカ「な、な、何バカなこと言ってんのよ!!」

シンジ「バカじゃないよ!!」

アスカ「わ、私のおしっこ飲みたいなんて、バカ以外何があるのよ!!」

シンジ「だから、僕さっきから喉が渇いているんだって」

アスカ「はぁ!?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:51:57.89 ID:ADBu7BU10

シンジ「遭難したときとか、よくあるだろ?

喉の渇きを癒すため、飲尿するって話」

アスカ「だ、だからって、私のおしっこを飲むなんて…」

シンジ「これは僕からアスカへの慈悲なんだよ?」

アスカ「へ?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:53:08.72 ID:ADBu7BU10

シンジ「考えてもみなよ? 僕は喉が渇くって言っても、一日ぐらい我慢できる。

でもアスカは違うだろ?」

アスカ「そ、それは……」

シンジ「いつか、我慢できなくなってしまって、

漏らしてしまうか、もしくは部屋の隅でしてしまうか。

そして、どちらにしてもアスカだけ恥ずかしい思いをするよね」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:55:39.12 ID:ADBu7BU10

アスカ「まぁ……」

シンジ「もちろん、僕も飲尿することは恥ずかしい。

でも、僕が飲尿することでアスカだけの恥ずかしさが、分散される。

アスカ一人が恥ずかしい思いをするより、心理的負担は軽くなると思わないかい?」

アスカ「あんた、なんでそんなに嬉しそうなのよ…?」

シンジ「嬉しいなんてとんでもない!! アスカを助けたいだけなんだ!!」

アスカ「ホント?」

シンジ「うん(さぁ、早くOKを出すんだ!!)」

アスカ「分かったわよ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:56:11.21 ID:ADBu7BU10

シンジ「やっほーーーーーい!!」

アスカ「!!」

シンジ「(あっ、しまった!!)」

アスカ「……」ジー

シンジ「ど、どうしたんだい、アスカ?」

アスカ「……」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:56:42.69 ID:ADBu7BU10

アスカ「べ、別に…」

シンジ「そう?(ほっ…)」

アスカ「じゃあ、さっそく……」

アスカ「!!」

シンジ「どうしたの?」

アスカ「コップが無い…」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:57:14.48 ID:ADBu7BU10

シンジ「それが?」

アスカ「だって、コップが無いと、その…直接……」

シンジ「ん? それはそうだろ?」

アスカ「ちょ、ちょっと待って!!」

シンジ「まだ、何かあるの?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/29(日) 23:59:45.13 ID:ADBu7BU10

アスカ「私のあれが見られたら、私の方が、その分余計に恥ずかしいじゃない!!」

シンジ「あれ?」

アスカ「私のあそこよ!!」

シンジ「あそこってどこ?」

アスカ「ま○こよ!!!」

シンジ「チッ…気づいたか」ボソッ

アスカ「チッ?」

シンジ「いや、何でも無い」

アスカ「そう…?」

アスカ「と、とにかく駄目なものは駄目!!!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:01:01.99 ID:YDu8gayI0

シンジ「んー。だったら目隠しをするっていうのはどう?」

アスカ「目隠しか……」

シンジ「……」ドキドキ

アスカ「うーん…分かったわ。それしか方法は無さそうだし……」

シンジ「(よっしゃああああ!!)」

シンジ「そうと決まれば、このタオルで目を覆うよ」

アスカ「分かったわ…」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:01:34.83 ID:YDu8gayI0

アスカ「って…」

アスカ「私の目を覆ってどうするのよ!!」

シンジ「えっ? これだったら僕が見てるかどうか、分からないから恥ずかしくないんじゃない?」

アスカ「分からなかったとしても、あんたに見られてる可能性があるんだから、

結局恥ずかしいでしょうが!!」

シンジ「そうかなぁ」

アスカ「そうよ!!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:02:05.41 ID:YDu8gayI0

シンジ「仕方ないなぁ」ギュッ

シンジ「これでいい?」

アスカ「そうよ!! 最初からそうしろ!!」

シンジ「はいはい」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:02:48.47 ID:YDu8gayI0

アスカ「じゃあ…、あんた仰向けに寝てよ……」

シンジ「はいはい」ゴロン

アスカ「よし、じゃあパンツ脱ぐわね……」

シンジ「うん!!」

アスカ「はぁ…」ゴソゴソ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:04:09.14 ID:YDu8gayI0

ミサト「ただいまー」

シーン

ミサト「(あれ? シンジ君とアスカが絶対帰ってるはずだけど…)」

ミサト「シンジくーん? アスカー?」

ミサト「返事が無い……」

ミサト「ま、まさか誘拐!?」

ミサト「や、やばい、一応本部に早く電話をしたほうがいいかしら!?」オロオロ

「〜〜〜〜〜!!」

ミサト「ん? 今声が?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:09:23.75 ID:YDu8gayI0

アスカ「あんたに見られていないって分かっていても、結構緊張するわね……」

シンジ「そう? そんなことより早く! 早く!」

アスカ「わ、分かってるわよ!!」スルッ

シンジ「脱いだ!?」ドキドキ

アスカ「うん……」

アスカ「(うわぁ……。なんて格好してるんだろ、私……)」

アスカ「(シンジの顔に跨って……)」

アスカ「(しかも、シンジがハンカチで目を覆って無かったら、丸見えだし)」カァァァ


シンジ「(うおおおお、なんというスメルだ!! 視覚を遮断している分、嗅覚が敏感になってやがる!!)」

シンジ「(ほのかに香るアンモニア臭!!! そして汗の臭い!!)」

シンジ「(そして、鼻にかすかに触れる陰毛!!!)」

シンジ「(僕の鼻の内側と外側をくすぐってきやがるぜ!!!!)」

シンジ「(くぅぅぅぅぅぅぅぅうううう!!!)」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:10:29.61 ID:YDu8gayI0

トコトコ トコトコ

ミサト「シンジ君の部屋からかしら?」

ミサト「あっ!?」

ミサト「(あーなるほど、ホウキの柄がつっかえて、ドアが開かなかったのね)」

ミサト「(もしかして、シンジ君もアスカも閉じ込められてるのかしら? 早く助けないと!!)」

ミサト「シンジ君、アスカ、大丈夫だった!?」ガチャ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:12:39.60 ID:YDu8gayI0

アスカ「それじゃあ、行くわよ……」ドキドキ

ミサト「!!」

アスカ「えっ?」

ミサト「……」





シャァァァァァァ……

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:13:34.33 ID:YDu8gayI0

アスカ「……」

ミサト「……」





シンジ「(ここは天国やぁ…)」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:14:46.61 ID:YDu8gayI0

アスカ「いやああああああああああ!!!」



シャァァァ……



シンジ「……」ゴクゴク

シンジ「(おおおお!! 口に広がるアンモニア臭!!!)」


ミサト「あ、あんたたち何やってんの…?」

アスカ「こ、これは…」

シンジ「ぷはぁーー!! うむ、美味であった!!」

ミサト「……」

アスカ「……」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:15:41.53 ID:YDu8gayI0



シンジ「ん、アスカ? どうし…、うわああああ!! ミサトさん!!」


ミサト「シンジ君、アスカ? 説明してくれる?」

アスカ「こ、これは、その……」

シンジ「……」

ミサト「はぁ……」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:17:15.60 ID:YDu8gayI0

アスカ「ミ、ミサト? これは、ね!?」

ミサト「あんたたち、後でネルフ本部まで来なさい…」

アスカ「……」

ミサト「今後どうするか、みんなで一緒に考えましょ?」バタン

アスカ「……」

シンジ「……」

シンジ「アスカ……」

アスカ「ど、どうしよう…シンジぃ…」

シンジ「……」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:18:04.04 ID:YDu8gayI0

シンジ「……大丈夫だよ!!」

アスカ「えっ…」

アスカ「も、もしかして何か名案があるの!?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 00:18:35.89 ID:YDu8gayI0






シンジ「おしっこだけに、この事はきっと水に流せるから、大丈……」

アスカ「バカああああああああああああああ!!!!」ドゴッ

シンジ「グハッ!!!」



劇終



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン、暗くなってきたから電気つけなさい」