キョン「……」ナデナデ 長門「……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「キョン君…」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 02:07:03.10 ID:x9Y4TTc80


キョン「……」ナデナデ

長門「……」

キョン「……」ナデナデ

長門「……」

キョン「……」ナデナデ

長門「……」

キョン「……」ナデナデ

長門「……」

古泉(……な、なんなんでしょうこれは)


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 02:09:33.72 ID:x9Y4TTc80


キョン「……」ナデナデ

ハルヒ「ちょっ!何すんのよ!」

キョン「……」ナデナデ

ハルヒ「や、やめなさいってば!!勝手に人の頭を撫でるな!」

キョン「……」ナデナデ

ハルヒ「ちょ……!!キョン!?」

キョン「……」ナデナデ

ハルヒ「な、なんなのよ……」

キョン「……」ナデナデ

ハルヒ「うぅ……」

キョン「……」ナデナデ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 02:13:20.26 ID:x9Y4TTc80

キョン「……」ナデナデ

みくる「ふぇ!?」ビクッ

キョン「……」ナデナデ

みくる「ちょ、ちょちょちょっと!?キョンくん!?ど、どうしたんですかぁ!?」

キョン「……」ナデナデ

みくる「な、なんで何も言わないんですか!?どうして頭撫でるんですか?」

キョン「……」ナデナデ

みくる「キョ、キョンくん?」

キョン「……」ナデナデ

みくる「……ふぇぇ」

キョン「……」ナデナデ

みくる「……ふぁぁ」

キョン「……」ナデナデ

みくる「な、なんなんですかぁ……」ウルウル

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 02:16:25.07 ID:x9Y4TTc80

キョン「……」ナデナデ

朝倉「……ちょっと、なんのつもり?」

キョン「……」ナデナデ

朝倉「やめてくれないかな?私、そういうのよくないと思うの」

キョン「……」ナデナデ

朝倉「キョンくん……聞いてる?」

キョン「……」ナデナデ

朝倉「いい加減にしないと怒るわよ?」

キョン「……」ナデナデ

朝倉「……はぁ」

キョン「……」ナデナデ

朝倉「……もうっ、なんなのよ」

キョン「……」ナデナデ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 02:21:49.98 ID:x9Y4TTc80

キョン「……」ナデナデ

鶴屋「んっ!?」ビクッ

キョン「……」ナデナデ

鶴屋「おやおや、キョンくんじゃないか!どうしたのさ突然人の頭なんか撫でて!
   お姉さんだったからよかったものの、他の女の子にそんなことしたら嫌われちゃうにょろよ〜!?」

キョン「……」ナデナデ

鶴屋「って、聞いてる!?」

キョン「……」ナデナデ

鶴屋「キョンくん? お姉さんをからかうつもりならそうはいかないっさ!
   こんなことでこの鶴屋さんはめげないにょろよ!」

キョン「……」ナデナデ

鶴屋「……なんか悩みでもあるの?」

キョン「……」ナデナデ

鶴屋「……ふふっ」ナデナデ

キョン「……」ナデナデ

鶴屋「……」ナデナデ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 02:35:43.01 ID:x9Y4TTc80

キョン「……」ナデナデ
佐々木「……ところでキョン。一体僕はこの状況をどう受け止めればいいのかな?」

キョン「……」ナデナデ
佐々木「なるほどね。あくまでもそういう姿勢をとるわけだね。よくわかったよ」

キョン「……」ナデナデ
佐々木「しかし、第三者から見ると実に奇怪な光景だろうね。何も言わずに僕の頭を撫でる君と、向かい合って一人で話し続ける僕。
    かくいう僕自身も戸惑ってしまっているよ。まさかキョン、君がこんなことをしてくるなんて微塵も思いはしなかったからね」

キョン「……」ナデナデ

佐々木「人の行動には必ず理由があると言われているけれど、今の君の行動の理由だけはいくら考察しても見えてこないよ。
    一体君は、何故こんなことをしているんだい? そして僕にどうして欲しいのか明確にして貰えると助かるよ……」

キョン「……」ナデナデ

佐々木「キョ、キョン……」

キョン「……」ナデナデ
佐々木「な、なんなんだ君は本当に。本当に君というやつは……。というよりも……なんだかこの部屋、熱くないかい?
    さっきから身体が火照って……ふぅ」パタパタ

キョン「……」ナデナデ

佐々木「キョン……き、君のせいだからね。僕がこんな思いを……なんで……き、君はなんでこんな……」

キョン「……」ナデナデ

佐々木「……もう!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 02:40:22.77 ID:x9Y4TTc80

キョン「……」ナデナデ

キョン妹「わわっ! って、キョンくん? どうしたの急に〜」

キョン「……」ナデナデ

キョン妹「ん〜?」

キョン「……」ナデナデ

キョン妹「キョンくん、しゃべれなくなっちゃったの?」

キョン「……」ナデナデ

キョン妹「……ママ〜、キョンくんがなんかおかしくなっちゃった〜! 何も言わずに私の頭撫でてくるの〜!」

キョン「……」ナデナデ

キョン妹「……んっ」

キョン「……」ナデナデ

キョン妹「……」

キョン「……」ナデナデ

キョン妹「……♪」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 02:43:14.91 ID:x9Y4TTc80

粗方出尽したから終わり

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 02:53:02.69 ID:x9Y4TTc80

森「……はぁ」

キョン「……」

森「……あら、キョンくんじゃn」
キョン「」ナデナデ
森「ん……えっ?」

キョン「……」ナデナデ

森「ちょ、ちょっと?何?」

キョン「……」ナデナデ
森「ちょっと、どうしちゃったのよ? 私の頭になんかついてる?」

キョン「……」ナデナデ

森「え、えーっと……」

キョン「……」ナデナデ

森「……もしかして、慰めようとしてくれてる?」

キョン「……」ナデナデ
森「……」

キョン「……」ナデナデ

森「……ふふっ、私もまだまだね……がんばらなくっちゃ」ニコッ
キョン「……」ナデナデ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 02:59:51.51 ID:x9Y4TTc80

キョン「……」ナデナデ

谷口「でもよぉ……俺はよぉ……これでも本気だったんだよぉ」メソメソ

キョン「……」ナデナデ

谷口「馬鹿な俺なりにどうしたら喜んでくれるか色々考えてよぉ……」

キョン「……」ナデナデ

谷口「プレゼントもしたし彼女が楽しめそうなことを色々探したりしたんだけどよぉ……でもあの子には届かなかったみてぇでよぉ……
   なぁ、俺どうすればよかったんだろうな、キョン」

キョン「……」ナデナデ

谷口「そうか、お前もこの辛さを分かってくれるのか……さすがはキョンだぜ」

キョン「……」ナデナデ

谷口「へへっ……なんだか話したらスッキリしたぜ。やっぱり持つべきものは相棒だな!キョン!」

キョン「……」ナデナデ

谷口「ところで……なんで俺は撫でられてるんだ?」

国木田「僕に聞かないでよ……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 03:07:07.72 ID:x9Y4TTc80

キョン「……」ナデナデ

国木田「って、言ってる間に次は僕の番だよ……」

キョン「……」ナデナデ

国木田「キョン、別に僕は谷口みたいに失恋も何もしてないから慰めようとしてくれなくてもいいんだけど……」

谷口「ストレートに言わないでくれよ」

キョン「……」ナデナデ

国木田「まあ、別に悪い気はしないからいいんだけど……」

キョン「……」ナデナデ

国木田「……」

キョン「……」ナデナデ

国木田「……」

キョン「……」ナデナデ

国木田「……あ、あのっ、さすがにもうやめてもらっていいかな?ほら……クラスの目とかもあるし……」

阪中「二人はいけない関係なのね」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 03:18:47.30 ID:x9Y4TTc80

竜児「……」ナデナデ

大河「ひっ!き、気安く触るなこの駄犬!」

竜児「……」ナデナデ

大河「あんたに触られたら穢れがうつるわ!しっ!しっ!」

竜児「……」ナデナデ

大河「ちょっと!聞いてるわけ!?」

竜児「……」ナデナデ

大河「な、なによ……あんたがそういう態度とるならこっちだって考えがあるわよ?」

竜児「……」ナデナデ
大河「もうみのりんとお話する機会作ってあーげない!」

竜児「……」ナデナデ

大河「……うっ」

竜児「……」ナデナデ

大河「……い、今だけよ? 特別なんだからね! と、とく、特別に触る許可出してあげるって言ってんの!」

竜児「……」ナデナデ
大河「……なによ、もう、うんとかすんとか言いなさいよ……これじゃまるで一人で空回りしてる私が馬鹿みたいじゃない……」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 03:26:45.53 ID:x9Y4TTc80

竜児「……」ナデナデ

櫛枝「うぉぉぉい!?どしたの高須くん!?」

竜児「……」ナデナデ
櫛枝「ほほーう、乙女の頭を突然撫で回すとは、お主も中々罪な男よのう……」ウシシシ

竜児「……」ナデナデ

櫛枝「でもダメだよ高須くん!そんなことしたら乙女は勘違いしてしまうのだよー!
   これにはさすがの櫛枝実乃梨もあんまり感心できないなー」

竜児「……」ナデナデ

櫛枝「って!まだ続けるかあんたは!」

竜児「……」ナデナデ
櫛枝「うぉぉぉっ!!高須くんが何もしゃべってくれなくなっちゃったよぉぉぉ!
   ハッ!さては高須システムにエラーが……」ネツハカリ

櫛枝「むむむっ……な、なんとっ!!どこにも異常は見られません!艦長!!」

竜児「……」ナデナデ

櫛枝「た、高須くん……?これは一体どういうつもりなのかなー?」アハハ
櫛枝「あんまりしつこいとこの櫛枝、マジに勘違いしちゃうよー、なんつって」

竜児「……」ナデナデ

櫛枝「……マジで勘違いしちゃうよ?」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 03:36:46.73 ID:x9Y4TTc80

竜児「……」ナデナデ

亜美「……ねぇ、なによコレ」ジトッ

竜児「……」ナデナデ

亜美「なんで亜美ちゃん撫でられてんの?あっ☆もしかして高須くん亜美ちゃんのこと好きになっちゃったとかー?☆」

亜美「なーんつって!あるわけねぇか!てへっ☆」

竜児「……」ナデナデ
亜美「うっ……人がせっかくのってやってるんだから、なんとか言ったらどう?」

竜児「……」ナデナデ
亜美「……」

竜児「……」ナデナデ
亜美「やめろっつってんだよ、本気でもねぇくせに」

竜児「……」ナデナデ

亜美「高須くんのそういう思わせぶりな態度、はっきり言って迷惑なんだよね。
   人のためーとか思ってやってるのか知らないけど、色んな人が高須くんのその優しさに傷つけられてるって気づいてる?」

竜児「……」ナデナデ

亜美「ちょ……マジでやめろっての」

竜児「……」ナデナデ
亜美「やめないと……もしかしたら……本気かもって、思っちゃうじゃない。……変な期待、持たせないでよ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 03:39:44.19 ID:x9Y4TTc80

もうネタ切れ
さすがにもうネタ切れ

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 21:55:06.75 ID:x9Y4TTc80

向日葵「……」ナデナデ

櫻子「うぇっ!?」

向日葵「……」ナデナデ

櫻子「な、なにすんだ向日葵!!子ども扱いすんなっ!!」

向日葵「……」ナデナデ

櫻子「えっ……な、なんで何も言わないの? おい!!おっぱい!!聞いてんのか!!」

向日葵「……」ナデナデ

櫻子「ひ、向日葵……? 頭でもうったの?」

向日葵「……」ナデナデ

櫻子「ハッ!!さては作戦だな向日葵!こうやって油断させて何かするつもりだろ!
   でも引っかからないし!なんてったって気づいちゃったもんね!」エッヘン

向日葵「……」ナデナデ

櫻子「さぁいつでもどこでも来るなら来いこのおっぱい向日葵!!」

向日葵「……」ナデナデ

櫻子「……ひまちゃん?」

369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/06/12(火) 23:14:52.40 ID:x9Y4TTc80

ほむら「……」ナデナデ

まどか「えっ……?ど、どうしたのほむらちゃん」

ほむら「……」ナデナデ

まどか「……ほ、ほむらちゃん? あの……えっと」

ほむら「……」ナデナデ

まどか「うぅっ……な、なんで私撫でられてるのかなって」

ほむら「……」ナデナデ

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「……」ナデナデ

まどか「……もう」プクー

まどか「やり返すんだからねっ」ナデナデ

ほむら「……」ナデナデ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:世にも奇妙ならき☆すた〜初夏の特別編〜