カイジ「このフライドポテト……悪魔的だ……っ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「お前は一生どうでしょうするんだぞ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:31:30.12 ID:xL5BBWN40

カイジ「地下での労働が続いて、一ヶ月……限界だ……」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:39:33.97 ID:xL5BBWN40

地下での給料日

班長「はい、カイジ君はこれが初給料で〜す。これは大変うれしい事です。拍手〜」

パチパチ

カイジ(けっ、何が給料だ……こんな、クソみたいな金で……っ!)

班長「では恒例の……おい、準備だ」

班員1「はい!」

カイジ(なんだ、何か始まるのか……!)




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:43:54.41 ID:xL5BBWN40

立木「カイジの目の前で用意される、機械! 機械! 機械!」

立木「殺風景な部屋の片隅に、鋼鉄の塊が聳え立つ! その姿、正に圧巻……っ!」

カイジ(な、なんだこの馬鹿デカイ機械は……っ!)

班長「おい、揚げ始めろ」

班員1「はいっ!」

じゅわぁああああ!


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:48:46.80 ID:xL5BBWN40

「ざわっ……ざわっ……」

立木「それは大量の……マクドナルドフライドポテト!」

カイジ(お、お、おおおおおっ……!!)

カイジ(ここ一ヶ月油っこいものは全くとっちゃいなかった。だのに……!)



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:50:49.04 ID:xL5BBWN40

立木「突如現れた、フライドポテトの群! それは空腹のカイジを刺激するのに十分な食材だった!」

班長「そして、極めつけはこの……チーズバーガー」スッ

労働者達「う、うおおぉぉぉおおおおおお!」

カイジ「な……ま、まさか」

班長「そう、給料はそのためにある。このチーズバーガー……ずばり、3600ペリカ!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:53:22.46 ID:xL5BBWN40

カイジ「3600……って事は、地上の三倍の値段! ば、馬鹿な……馬鹿げてるっ……!」

立木「だが、カイジの心配をよそに……」

「チ、チーズバーガー二つ! あとポテトLサイズ!」

売れる!

「ポテトL二つ! チキンマックナゲット、マスタードで! マックポーク!」

売れる!

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:55:51.17 ID:xL5BBWN40

立木「この馬鹿げた値段設定で、飛ぶように売れるマクドナルド! 時は深夜、油の誘惑、不健康の極み」

立木「だが……!」

カイジ(く、くいてぇ…………っ!!)

カイジ(ポテト、ポテト、チーズバーガー、照り焼きマック……っ!!)

立木「それは正に死神の誘い……深夜にマクドナルドという、暴挙……!!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 04:58:34.94 ID:xL5BBWN40

班員「はいっ、ポテトL揚がったよ!」

班員2「あつあつチーズバーガーお待ちどう。ナゲットもう少し待ってね」

カイジ(あ、あ……っ!!)ゴグリ

班長「食べたくて堪らない、って顔してるなぁカイジ君……」ニコニコ

カイジ「ば、馬鹿なっ! んなわけねえだろ……っ! せっかくの初給料をマックなんかで……!」グゥゥゥ


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:01:01.24 ID:xL5BBWN40

班長「想像してごらん、カイジ君……まず冷や冷やになったマックシェイクを……ゴグリ」

カイジ「……っ!」ゴクッ

班長「そして、次はポテトだ。あそこで揚げたばかりの熱々ホクホクのお芋さんを……カリッ!!と……」

カイジ「ぐ、ぐぐぐぐぐ…………っ!!」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:05:20.48 ID:xL5BBWN40

班長「そして仕上げに……このふんわりパンズに包まれたチーズバーガーを……ガブッ!」

カイジ(そんな、そんなの……)

カイジ(美味いに決まってるじゃねえか、馬鹿ヤロウ……っ!! 馬鹿!! 馬鹿!!)ボロボロ

立木「カイジ、マクドナルドを前に号泣! 深夜の魔力、その悪魔の囁きに……負ける!」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:28:46.32 ID:xL5BBWN40

班員「……ふぅ、やっと落ち着いたか」

カイジ「……あ、あの」モジモジ

班員「お、カイジ君いらっしゃい。何かいる?」

カイジ「……じゃあ、その……」チラッ

ポテトL 8000ペリカ
シャカシャカチキン 3000ペリカ

カイジ「その、シャkシャカチキンを……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:31:03.82 ID:xL5BBWN40

班長「ダメ、ダメだよカイジ君。カイジ君は嘘が下手だなぁ」ヌッ

カイジ「え……」

班長「カイジ君が食べたいのはチキンなんかじゃなく、この揚げたての……フライドポテト」

カイジ「う、ううぅ……っ!」

班長「カイジ君、我慢は身体に毒だ。思い切って発散させたほうがいい……初めての給料なんだから、さあ」ニコニコ

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:33:57.26 ID:xL5BBWN40

カイジ「……じゃあ、そのチーズバーガーを」

班員「ホイ来た、他には?」

カイジ「え?」

班員「いやいや、バーガーだけってのも味気ないでしょ? セットで何かさ」

カイジ「……じゃあ、チキンマックナゲットも」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:36:33.57 ID:xL5BBWN40

班員「オッケー! で、他は?」

カイジ「……その、ビックマックを」

班員「はいよ!あ、揚げたて作りたてだからレンジはいらないよね。もういいかな?」


カイジ「……あと、ポテトも。Lで」

班員「はい、カイジ君ポテトLお買い上げ〜!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:38:58.19 ID:xL5BBWN40

カイジ「……ハフッ、ハフッ……!カリッ! ホクホク! ジュワッ!」カリカリ

カイジ(んあ〜……っ! う、うめえ。このポテト……っ……悪魔的だ……っ!!)

カイジ「ぬっぐ、んぐっ! モグ! アグッ!」わしゃわしゃ

カイジ「かぁ〜……チーズ……うめぇぇぇぇ……ありがとう、ありがとう……っ!!」ボロボロ


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/20(土) 05:41:27.10 ID:xL5BBWN40

立木「カイジ、完食!!」


カイジ「……満腹だ」
カイジ(……くそ、マックなんでもう二度と食うか、くそ、くそ……っ!!)


一ヵ月後

カイジ「……」モジモジ

班長「はいよカイジ君、今日は何にするんだい?」ニコニコ

カイジ「……ポテトのLサイズを……」






ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「土下座してまでちんぽが欲しいの?」アスカ・レイ「…」