キョン「唾を飲みたい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「誕生日プレゼント何がいい?」アスカ「シンジ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/30(金) 11:43:15.07 ID:0tpU1Nfj0

キョン「唾を…みんなの唾を飲みたい…」

キョン「まずは…そうだな、ハルヒの所に行くか」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/12/30(金) 11:45:07.11 ID:0tpU1Nfj0

ハルヒ「何よ、用事って」

ハルヒ(こんな…屋上なんかに呼び出して…もしかして告白!?)ドキドキ

キョン「ああ。いきなりなんだが、唾を飲ませてくれないか」

ハルヒ「」

キョン「唾」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 11:46:37.35 ID:0tpU1Nfj0

ハルヒ「あんた、何言ってんの…?」

キョン「いやだから、唾を飲みたいんだよ。直接でもいいし、コップに出してくれてもいい」

ハルヒ「ちょっとマジで意味わかんない…」

キョン「早く!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 11:48:55.45 ID:0tpU1Nfj0

ハルヒ「早くって言われても…ええー?」

キョン「唾だけでいいんだ」

ハルヒ(付きあって恋人同士になれば、そんなこといくらでもできるのに…)

キョン「まだか?」

ハルヒ(でもこれって、キョンとキスするチャンスじゃない!?)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 11:55:20.28 ID:0tpU1Nfj0

キョン「いいか?」

ハルヒ「…ん」

キョン「いただきます」

手を合わせ、頭を下げ、ハルヒに感謝。
顎をつかみ引き寄せ、唇を奪う。

ハルヒ「……ん」

キョン「ふごあっぶちゃべちゃごくごく」

ハルヒ「ぷはっ…はげし…」

キョン「……あんまりうまくないな」

ハルヒ「」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 11:56:51.72 ID:0tpU1Nfj0

ハルヒ「ええ…?」

キョン「んじゃ、次に行くわ」

ハルヒ「つ、次って何よ!?」

キョン「次ったら次だよ。お前の唾はまずかったから口直しもしなきゃな」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 11:58:45.67 ID:0tpU1Nfj0

ハルヒ「ひどい…」

キョン「じゃあな」

――――

キョン「次は…誰にしようかな」

1  鶴屋さん

2  古泉

3  みくる

4  俺

>>20

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:02:57.05 ID:lxpL6n9e0

2

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:05:33.47 ID:0tpU1Nfj0

キョン「よし、古泉にしよう」

―――

古泉「おや、どうしました?」

キョン「唾」

古泉「え?」

キョン「お前の唾を飲みたい」

古泉「…んっふ、これはこれは」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:09:52.85 ID:0tpU1Nfj0

キョン「ダメか?」

古泉「僕はかまいませんが…」

キョン「じゃあ…いくぞ」

古泉「優しくしてくださ…んぐっ」

キョン「じゅろじゅろぶひゅあごくごくぶひょ」

古泉「んふ…テクニシャン…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:13:24.55 ID:0tpU1Nfj0

ざわざわ

「うわ、なんだあれ」

「きゃー! あの二人って…」

「オエー!!」

古泉「ふふ…同級生たちが僕たちの愛の交流を見ていますよ」

キョン「ふむふむ…72点だな」

古泉「72点?」

キョン「そろそろ次に行くか」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:15:52.47 ID:0tpU1Nfj0

古泉「ちょっと待ってくださいよ、次って…」

キョン「お前の唾、悪くはなかったぞ」

古泉「///」

――――

キョン「次は…」


1 長門

2 みくる

3 俺

4 コンピ研部長

>>33

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:18:47.91 ID:Nq3/2zFQ0

4

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:23:57.63 ID:0tpU1Nfj0

ガチャ「ドア」

キョン「邪魔するぞ」

コンピ研部長「ん…なんだ、もうパソコンはやらないぞ」

キョン「パソコンはいらん。唾をくれ」

コンピ研部長「tuba? 周辺機器か…?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:27:22.46 ID:0tpU1Nfj0

キョン「唾だ唾。唾液だ」

コンピ研部長「は?」

キョン「口を開けろ」

コンピ研部長「ふ、ふざけるな! 僕にそんな趣味は…むぐっ!」

部員A「うわっ…」

部員B「えぐいな」

キョン「じゅるじゅるっ…ごくぼきゅ…べろべちゃ」

コンピ研部長「…やめっ…ぷは、もう…んぐぅう…」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:35:23.70 ID:0tpU1Nfj0

コンピ研部長「」

キョン「なかなか濃厚だったぜ」

キョン「次に行くか」


1 朝倉

2 長門

3 みくる

4 董卓


>>42

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:38:30.31 ID:70nspCZh0

1

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:45:15.80 ID:0tpU1Nfj0

キョン「かくかくしかじか唾」

朝倉「とりあえず死んで♪」

シュバッ

キョン「いきなり刃物を突きつける奴がいるか。どこから出したんだそんなもの…」

朝倉「あら、良くかわしたわね。殺す気で突いたのに」

キョン「唾さえ飲ませてくれればそれでいいんだ」

朝倉「日頃の心労で頭おかしくなっちゃったのね…すぐ楽にしてあげるから」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:50:45.08 ID:0tpU1Nfj0

突き出される刃をかいくぐり、キョンは朝倉の懐に飛び込んだ。
その速さに一瞬驚いたものの、朝倉は冷静に対処しようと距離をおこうとした。

地面を蹴る寸前、唇に感触があった。

朝倉「え?」

キョン「いただきます」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 12:56:34.21 ID:0tpU1Nfj0

朝倉「…んぐぅうっ!?」

唇を奪われている、と認識するのに時間がかかった。
キョンは一心不乱に朝倉の唇を貪る。
容赦なしに攻め来るキョンの舌技に、彼女の心は徐々に蕩けされつつあった。

朝倉「だめ、そんな…やだ…」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 13:00:36.50 ID:0tpU1Nfj0

キョン「……ごちそうさま」

朝倉「あう…」

キョン「極上だな。うむ」

朝倉「…もう一回」

キョン「ん?」

朝倉「もういっかい、して?」

キョン「断る。じゃあな」

朝倉「」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 13:07:57.22 ID:0tpU1Nfj0

キョン「次は長門かな」

――――


キョン「長門」

長門「わかっている。唾液の分泌を加速」

キョン「さすが長門。話が早いぜ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 13:13:09.76 ID:0tpU1Nfj0

長門「うごごごごご」

キョン「ん? もうそれくらいでいいんじゃないか」

長門「だばああ」

キョン「うわ、出し過ぎだろ」

長門「飲んで」

キョン「おう、任せろ」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 13:18:37.40 ID:0tpU1Nfj0

キョン「ごくごくごくごくごくごくごくごくごくごく」

長門「だばああ」

キョン「ごくごくずごっくごくごくごくごくごく」

長門「どばあああああ」

キョン「おい飲み切れないぞ」

長門「情報だばああに失ぶべえええ敗した」

キョン「…つまり?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 13:20:47.19 ID:0tpU1Nfj0

長門「唾液の分ぶびびび泌及び増量が止まらおええええない」

キョン「……」


床にたまっていく、長門の唾液。
次第に嵩が増えていく。

キョン「どうするんだこれ」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 13:28:19.60 ID:0tpU1Nfj0

長門「すでに私が干渉だばああああできる範囲を超えた」

キョン「おいおい」

床の全てが長門の唾液に沈む。
それは次第に学校を、街を、世界を飲み込んでいく。

ハルヒ「なんなのよこれ…」

みくる「ふええwwwwwwふええwwwwwwww」

古泉「長門さんの唾液プール…たまりませんね」

キョン「これが、世界の選択か…」

やがて地球を、宇宙を、長門の唾液が飲み込んだ。


                 完

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 13:56:57.22 ID:0tpU1Nfj0

げろぶしゃああああああああああwwwwwwwwwwwwwwwwww



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:////ハルヒ「よ、よろしくお願いします。」////