国木田「うっ…、ちょっ、キョンっやめて…、っ、やめて…よ…。」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ゲンドウ「最近シンジの様子がおかしいのだが?」冬月「ほう・・・」

ツイート

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 13:25:40.72 ID:L74qwMzvO

国木田「放課後?んー……
うん!いいよ!」

キョン「そうか。ありがとな」

国木田「ううん。いいよ
僕も勉強の復習になるからさ」

キョン「そうだな。
じゃあまた放課後な」

国木田「うん!わかった!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 13:31:58.85 ID:L74qwMzvO

国木田(キョン君から話かけてくるなんてどうしたんだろ?そんなに難しい問題があるのかな?
今日がきっかけでキョン君と親しくなれたらいいな)


キョン(お?あとはホームルームだけだな)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 13:35:54.78 ID:L74qwMzvO

女子A「国木田君って超可愛くない?!」
女子B「わかる!笑顔が最高だよね〜」


キョン(ちっ)


国木田「キョン君おまたせ!なんの教科教えればいい?」

キョン「ん?あ、数……学……」

国木田「……?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 13:38:05.08 ID:L74qwMzvO

国木田「どうしたの?元気ないね」

キョン「そんなことないぞ」
国木田「そっか。じゃあ始めようか」

キョン「ああ……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 13:40:43.61 ID:L74qwMzvO

国木田「これでxに3を代入して……
あれ?いつのまにか皆いなくなっちゃったね」

キョン「そうだな
少し休憩しないか?」

国木田「そうだね
もう一時間勉強しっぱなしだもんね」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 13:46:15.17 ID:L74qwMzvO

キョン「国木田君って本当に頭良いんだな」

国木田「そんなことないよ
あ、君付けないでいいよ
国木田って呼んでよ」

キョン「わかった
今度から呼ぶよ
俺のこともキョンって呼んでくれ。それと、
今日は悪かったな
付き合わせちまって」

国木田「ううん。いいよ
僕もキョンく……
ううん、キョンともっと仲良くなりたかったから」


キョン(………)

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 13:49:36.17 ID:L74qwMzvO

キョン「なぁ国木田」

国木田「ん?どうしたのキョン」

キョン(糞……正面から見ると尚更可愛いな)

キョン「………いや、なんでもない」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 13:54:37.32 ID:L74qwMzvO

国木田「どうしたんだよ
悩みがあるなら相談に乗るよ?」

キョン「………」


キョン「俺、お前の事が好きになっちまったみたいだ」

国木田「え……?」

キョン「皆から人気のあるお前を見てると苦しくなるんだ
俺だけの物にしたい」

国木田「え?ちょ、ちょっと待ってよ
僕たち男子同士じゃないか」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 13:58:18.26 ID:L74qwMzvO

国木田「それに…
僕たちそんなに話した事も……んっ…!?」

キョン「そんなの関係ない」

国木田「冗談は辞めてよ!
僕帰るから!」

ダッダッダ

キョン(あいつの唇柔らかいな……)


国木田(どうしよ……
ドキドキしてる……)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 14:02:25.23 ID:L74qwMzvO

キョン(まだ近くにいるかな
追い掛けよう)


国木田(僕のファーストキス……)

国木田「グス……」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 14:05:51.33 ID:L74qwMzvO

キョン(いた
……泣いてる?)

国木田「グス……」

キョン「国木田……」

国木田「え……?キョン…」
キョン「すまんかったな…
俺、お前の事考えないで……」

国木田「違う」

キョン「え?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 14:08:46.58 ID:L74qwMzvO

国木田「グス……おかしいんだ」

国木田「ファーストキスだったのに……
キョンに奪われたこと考えたら……
嫌じゃなかったんだ……
グス……」

キョン「国木田……」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 14:12:02.10 ID:L74qwMzvO

キョン「好きだぞ、国木田……」

国木田「グス……うん
僕も……そうみたい……」

キョン「もう我慢出来ない」
国木田「え……?ひゃっ?!
な、どうしたんだよキョン
離してよ。痛い」


キョン「………」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 14:14:41.90 ID:L74qwMzvO

国木田「うっ…、ちょっ、キョンっやめて…、っ、やめて…よ…。」




書くの遅くて悪かったね(´・ω・`)

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 15:46:38.41 ID:L74qwMzvO

キョン「すまんな……」

国木田「キョン……」

キョン「……」

国木田「今日だけだからね…」

キョン「え?」

国木田「今日だけなら……こういう事してもいいよ……」

キョン「本当か?」

国木田「うん……
だから明日からは普通の友達だからね」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 15:50:43.53 ID:L74qwMzvO

キョン「俺の……触ってくれ」

国木田「うん……

キョンの大きいね」

キョン「国木田……
気持ちいいぞ」

国木田「あはは、なんだか嬉しくなっちゃうね」

キョン「国木田」

国木田「ん?」

キョン「くわえてくれないか?」

国木田「え……」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 15:55:31.90 ID:L74qwMzvO

国木田「今日だけだからね……
んっ……」

キョン「く、国木田の口の中……あった……かい」

国木田「キョンの大きくて顎がいたいよ……」

キョン「んっ……
もうすぐ出そう……」


どうしよw
どこに出すか安価で決めようw


>>‎俺+5

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:01:10.52 ID:6Lq06gy/0



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:03:33.89 ID:L74qwMzvO

キョン「ん……ハァハァ
出る……
国木田…眼に出すぞ」

国木田「えっ?!ちょっ、待って……わっ」

キョン「ハァハァ……」

国木田「ひどいよキョン
うぅ……染みるよ」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:06:24.45 ID:L74qwMzvO

国木田(キョンの精子……
どんな味するんだろ…)

ペロ

国木田(うわぁ……苦い……
でも、なんか変な気分……)


国木田「ねぇ、キョン
僕のも……触ってくれるかな」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:13:38.33 ID:L74qwMzvO

キョン「ああ、わかった」

国木田「キョン……
気持ちいい……」

キョン「国木田……
キスしていいか?」

国木田「……聞かないでよ」

キョン「ああ、すまんな」

国木田「んっ……んぐ……ぷは……ハァハァ」

国木田「ねぇキョン……
キスって気持ちいいね……」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:18:07.99 ID:L74qwMzvO

国木田「キョン……
そろそろ出ちゃう…
んっ……あっ…はんっ」

キョン「イクとこ見せてくれよ」

国木田「いやっ…恥ずかしいじゃんか……っ
あっ……出る。出ちゃうよ」

国木田「ハァハァ……」

キョン「イク姿も可愛いな」
また
国木田を独占したいという気持ちが沸き上がってくる

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:21:35.01 ID:L74qwMzvO

キョン「入れるぞ」

国木田「えっ?入れるって……」

キョン「わかるよな?」

国木田「う、うん……
でも、痛いんだよね?」

キョン「大丈夫……優しくするからな……」

国木田「う、うん……」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:25:05.35 ID:L74qwMzvO

キョン「こんなもんでいいか。入れるぞ」

国木田「なんか怖いな…」

キョン「力抜けよ
んっ……」

国木田「あっー……」

キョン「痛いか?」

国木田「んっ……少し……
動いて……いい、よ」

キョン「うっ……すげぇ締まる……」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:28:42.49 ID:L74qwMzvO

国木田(あれ?なんか……
気持ちよくなってきた……)

国木田「んっ……気持ちいい……
キョン……
そこ気持ちいい……」

キョン「感じてきたか?
ここが気持ちいいんだな?」
頬を赤らめた国木田がいつもより可愛く見えてしまう

国木田「んっ……もうちょっと奥に……うんっ……そこが気持ち、いいよ」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:32:51.80 ID:L74qwMzvO

キョン「締め付けられる……」

国木田「キョン……
キス……してくれる?」

キョン「ああ」

なんて可愛い奴なんだ
柔らかい唇
頬を赤らめる仕草
国木田の全てを知っているのは俺だけでいい

誰にも取られたくない


国木田「んっ……
キス……気持ちいい……」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:38:13.56 ID:L74qwMzvO

独占したい
俺だけの物にしたい
いつも隣にいてほしい


支配したい


キョン「国木田……
中に出すぞ」

国木田「うんっ……
気持ちいい……出して……キョンの精子、僕の中にいっぱい……」

腰の動きを早くする
国木田も感じているのだろう
喘ぎ声が大きくなってきた

キョン「一緒にイこうな」

国木田「ん……っはぁ……うん……ぁ……イク……」

キョン「出すぞっ!」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:42:48.46 ID:L74qwMzvO

国木田(キョンの精子熱い)

国木田「ねぇキョン
今日一緒に帰らない?」

キョン「ああ……いいぞ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 16:47:06.39 ID:L74qwMzvO

国木田「いつも佐々木さんと帰ってるよね?」

キョン「知ってたのか?」

国木田「うん、まあね
実はキョンの事前から気になってたからね
佐々木さんが羨ましいよ」

キョン「国木田……」

国木田「でも、明日からは普通の友達だよ」

キョン「ああ……」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 17:10:16.77 ID:L74qwMzvO

国木田「ねぇキョン」

キョン「なんだ?」

国木田「ずっと一緒にいたいな」

キョン「そうだな」

国木田「一緒の高校行こうよ」

キョン「馬鹿言え、俺がお前と同じ高校なんて行けるわけないだろ」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 17:19:53.43 ID:L74qwMzvO

国木田「大丈夫だよ。僕北高受けるから
あそこならキョンでも入れるだろ?」

キョン「なんでお前が北高なんだ?もっと良い所行けるだろ?」

国木田「いいのいいの
じゃ、決定だね」

本当に良いのだろうか
国木田と一緒にいれるのは嬉しい
願ってもない事だ
だが、本当に自分の意思で言ってるのだろうか
俺に合わせているってことも……

国木田「キョン?何ボーっとしてるんだよ
早く帰ろ?」

ヤレヤレ……

まあ、これで良いのだろう


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/07/26(土) 17:21:30.51 ID:L74qwMzvO

遅れてごめん

長文書いたのにエラー出たからまた書き直してた


読んでくれた皆ありがとさーん



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:中島「磯野ー!そろそろ花沢さんの死体片付けようぜー!」