遊城十代「か、返せよ俺のデッキ…!!」タラヲ「もらったですぅ〜」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:服部「和葉の喘ぎ声がマイクテストみたいで興奮できんわ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 14:08:39.15 ID:vxRkMRNe0

十代「おい!」

タラヲ「うふふ^^」

十代「はぁ…参ったな」

タラヲ「ヒーローデッキですぅ!」

十代「こんな小さな子供でも知ってるんだな…」

ユベル(感心してる場合か?早くデッキを返してもらえ)

十代(分かってるよ)

タラヲ「このデッキを焼却炉に突っ込むですぅ!」

十代「なに!?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 14:13:23.90 ID:vxRkMRNe0

タラヲ「ははははですぅ」

タラちゃんはデッキを抱えたまま、駆け出す

後を追うように十代も追いかける

ユベル(馬鹿!油断してるからこういうことに…!)

十代(まさか、あんなこと言うなんて予測できなかったんだよ!)

大徳寺「向こうの河川敷の方へ走ったにゃ〜」

十代「大徳寺先生!?」

大徳寺「やっぱり君といると退屈しないのにゃ」

十代「河川敷って…まさか川に捨てるつもりか!?」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 14:16:58.87 ID:vxRkMRNe0

タラヲ「あっ、そうれぇ〜」

バサッバサッ

十代のデッキを川へ目掛けて投げ飛ばす

タラヲ「飛んだですぅ!!カードが飛んだですぅ!」

十代「あいつ…!俺の大切なデッキを…!」

大徳寺「まだ半分ぐらいは残ってるのにゃ〜」

ユベル(あとの半分は川に捨てられたか…)

十代「おい、やめろ!!返せ!!」

十代はタラヲの腕を掴んだ

タラヲ「ふぇ」

十代「いい加減にしろ!俺の大切なデッキなんだぞ!?」

タラヲ「ふぇぇぇぇぇん…!知らない人に脅されたですぅ!」

十代「な…何を言っているんだ…?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 14:21:06.00 ID:vxRkMRNe0

男A「おいおい…幼児に虐待かよ…」

女B「警察に通報しとく?」

ひそひそ

十代「…っ」

タラヲ「ふぇぇぇぇん」

十代(コイツ…全部計算のうちなのか…?)

タラヲ「隙ありですぅ」

タッタッタ

十代「く…!また逃げた…!」

ガッ

十代「あ?」

十代が走り出そうとした瞬間、誰かに右腕を引っ張られた

警察「ちょっと署まできてもらいましょうか」

十代「嘘……だろ……?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 14:26:05.00 ID:vxRkMRNe0

警察「河川敷付近で確保しました」

十代「離せよ!!俺は何もしちゃいない!!」

警察「君が幼児に性的暴行を加えているという通報を受けた」

十代「性的暴行だと!?」

ユベル(十代…僕というものがありながら…)

十代(し、してねーって!!)

警察「話の続きは署でしましょうか」

十代「俺は何もしてない!頼む、信じてくれ!」

警察「犯人はみんなそういいますよ?」

十代はそのままパトカーに乗せられ連行された

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 14:30:31.71 ID:vxRkMRNe0

タラヲ(うふふ)

―公園―

カツオ「行くぞ中島ァ」

中島「こい磯野ォ」

ピシュッ

ペラペラ

カツオ「おい中島ァ…やっぱり遊戯王カードをボール代わりになんてできないよ」

中島「おかしいな、じいちゃんはそうやって遊ぶって言ってたのに」

カツオ「どう見たってこんなペラペラの紙じゃ…」

タラヲ「カツオお兄ちゃん〜」

カツオ「タラちゃん!」

タラヲ「このカード使っていいですぅ^^」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 14:35:06.98 ID:vxRkMRNe0

中島「へぇ…ヒーローデッキなんて珍しいなぁ」

カツオ「これタラちゃんのカードなの?」

タラヲ「拾ったですぅ」

中島「こんな大事なカード落とす馬鹿がいるんだな!ハハッ!」

カツオ「中島もデッキあるのか?」

中島「40枚全てグレムリンだよ」

カツオ「それはルール違反だろ…」

タラヲ「このカードならグチャグチャにしても構わないですぅ」

カツオ「ふーん、じゃあ遠慮無く使おうか!」

中島「そのカードでサッカーしようぜ!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 14:40:05.18 ID:vxRkMRNe0

中島「じゃあN・グランモールを使って、フリーキックしまぁす!」

カツオ「こい!」

タッタッタ

中島「いっけぇやぁぁぁぁぁ!!」

ガシュッ

中島「おい磯野ォ…こんな薄っぺらいのじゃ蹴れないじゃないか」

N・グランモールは土まみれとなった

カツオ「じゃあ、他のカードでするか?」

中島「このカードって売れるんじゃないのか」

カツオ「あーなるほど!良いバイトだね!」

中島「早速僕のじいちゃんに引き取ってもらおうぜ!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 14:46:05.61 ID:vxRkMRNe0

十代「いや…ホントにしてないです…ハイ……」

警官「さっさと吐けオラァ!」

ガッ

十代「いてっ…!」

警官「あぁ?元デュエルアカデミア出身だぁ?」

十代「それはホントなんです!」

警官「なにがデュエリスト養成学校だ!ざけんじゃねぇぞ!」

十代(クソッ…なにも信じてはくれない!)

十代(こうしてる間にも俺の大切なカード達は…!)


中島のじいちゃん「弘…お前そのカードは…」

中島「1枚500円で買い取るよな?な?」

じいちゃん「いや……しかし…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 14:51:09.64 ID:vxRkMRNe0

中島「よーし10枚売って5000円獲得だぜ磯野ぉ!」

カツオ「それで新しいバット買いに行こうよ!」

じいちゃん「ホッホッ」

中島「あとグレムリンも1枚1000円で買い取るよな?」

じいちゃん「いや…グレムリンはもう……」

中島「まだ10枚しか持ってないだろ!?あと5枚ぐらいグレムリン買えよ!!」

カツオ(なんてやつだ……)


十代「…」

警官「ここから出たいか?」

十代「え…も、もちろん!」

警官「だったら俺とデュエルで勝てば、見逃してやろう」

十代「デュエルでか……よし、いいぜ!!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 14:55:54.76 ID:vxRkMRNe0

警官「さぁ、準備しろ」

ユベル(十代…デッキは…)

十代「あ……デッキ、無いんだ…」

警官「あぁん?」

十代(さっきの子供に盗まれて、こんな羽目になったんだ…)

警官「てことは、お前デュエルアカデミアも嘘か?」

十代「ち、違う!それはホントなんだ!!」

警官「嘘つけ!!デッキも無いデュエリストなんていないんだよ!」

バチンッ(ビンタ)

十代「グァッ」

ユベル(可哀想な十代……)




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 15:02:55.89 ID:vxRkMRNe0

―駄菓子屋―

中島「おーい!左端の棚から右端まで全部買うぜ」

店員「おや、ホントに買うのかい?」

中島「5000円もあるんだよ!買えるに決まってるさ!」

カツオ「中島太っ腹だな!」


タラヲ「ぱぱー」

マスオ「やぁ、タラちゃんじゃないかぁ」

サザエ「ホントにこの子は優しい子ね」

マスオ「僕とサザエの子だからねぇ〜」

タラヲ「うふふ^^」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 15:09:47.69 ID:vxRkMRNe0

―デュエル刑務所―

警官「しばらくはそこで生活してもらう」

ガシャンッ

十代「……」

ユベル(これからどうするつもりだい?)

十代「分かんねぇよ…」

大徳寺(おやおや?君以外にもお友達はいるみたいだにゃ〜)

十代「他の受刑者達だろ…」

十代「俺はもう、何も出来ない」

十代「デッキも奪われ、それと同時に俺は生きる希望も失った……」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 15:15:12.93 ID:vxRkMRNe0

タラヲ「遊城十代もデュエリストとして死んだですぅ…」

サザエ「誰のことかしら?」

タラヲ「何でもないですぅ^^」

マスオ「今日はタラちゃんの好きな物でも食べに行こうか」

タラヲ「北京ダックとフカヒレですぅ!」


カツオ「なぁ、中島」

中島「ん?」

カツオ「さっきのカードさ…誰かが使ってるの見たことあるんだ」

中島「ははっ、そんな馬鹿な」

カツオ「確か……デュエルアカデミア最強のデュエリストの…」



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 15:23:51.02 ID:vxRkMRNe0

中島「デュエルアカデミア最強は三沢大地さんだろ?」

カツオ「あ、そうか」

中島「あの人はヒーローデッキなんて使わないさ」

カツオ「そういや僕達も小学校卒業したら、デュエルアカデミアに進学するんだったよね」

中島「その予定だけどな」

カツオ「ワクワクするよな!」

中島「僕のグレムリンデッキがどこまで通用するかが楽しみさ…」

カツオ「お前、デッキ代えろよ」


十代「…何としても脱獄しないと」

十代「でも、脱獄出来る様な場所じゃないしな…」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 15:26:08.45 ID:vxRkMRNe0

ユベル(脱獄はするのかい?)

十代(一か八かでやってみるさ)

ガチャッ

警官「昼飯の…」

十代「あ…」

警官「お前!!何しようとしてた!?」

十代「い、いや俺はなにも」

イクラ(受刑者)「脱獄ハァイッ!!」

十代「!!」

警官「貴様ァァァァ!!」

ドスッドスッ

十代「ぐはっ……」

警官「来い、拷問の時間だ」

十代「やめろ……拷問なんて……クソッ…」



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 15:31:14.18 ID:vxRkMRNe0

―1時間後―

警官「ほらよ、今日はここまでだ」

十代「……うっ…」

警官「全身痣だらけになったな、元デュエリストさん」

十代「…くっ」

警官「明日の朝食も抜きだ」

ガシャンッ

十代(ダメだ……身体中いてぇ…)

イクラ「ハァイ!」

ユベル(お前の所為で十代は…!)

イクラ「バーーーブゥ!!」

十代「コイツ…ユベルが見えるのか……?」

イクラ「ハァイ!!ハァイ!」

十代「何喋ってるか全然わかんねぇ…」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 15:35:56.53 ID:vxRkMRNe0

イクラ「そろそろ喋るか」

十代「!!」

イクラ「よぉ、十代さんよ」

十代「俺を知ってるのか……?」

イクラ「世界のデュエリストの情報は、嫌でも耳に入ってくるからな…」

十代「ふっ、デュエリストか…」

イクラ「どうしたんだ?」

十代「俺はもうデュエリストを語ることなんてできない…」

十代「デッキを失ってしまったからな」

イクラ「そいつは災難だったな」

十代「でも、またカードを探し出してデュエルするさ」

イクラ「……お前なにも知らないのか?」

十代「どういう意味だ…?」

イクラ「ここにぶち込まれた奴は全員、元デュエリストさ」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 15:41:06.63 ID:vxRkMRNe0

十代「全員…だと?」

イクラ「まぁ、色々とデュエルで悪さした奴がぶち込まれただけだ」

十代「…」

イクラ「デュエルディスクで人を抹殺したやつとか」

イクラ「カードで人を刺殺したりな…」

十代「デュエルで不正したのかと思った……」

イクラ「中にはそういう奴もいるみたいだぜ?」

十代「お前はなんでぶち込まれたんだ?」

イクラ「ハハッ、俺は遊戯王のパックを万引きしたからさ」

十代「よくもそんなことを・・・」

イクラ「怒るなよ?金が無かったんだよあの時は」

十代「まあいいさ、少しの間辛抱してすぐに出所してやるさ」

イクラ「無駄だな」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 15:47:50.61 ID:vxRkMRNe0

十代「どうしてだ…?」

イクラ「ここにぶち込まれた奴は、3ヵ月後に処刑される」

十代「処刑だと!?」

イクラ「処刑と言っても死ぬ訳じゃないさ」

イクラ「もう2度とデュエルが出来なくなるだけだ」

十代「2度とデュエルが…?」

イクラ「頬に刺青で刻まれるのさ…デュエリスト刑務所の囚人って証をな」

十代「なんだと!?」

イクラ「その刺青を見れば、誰もデュエルはしてくれなくなる」

イクラ「お前は1人孤独にデュエルを楽しむことしか出来ない」

イクラ「残念だったな、遊城十代」

十代「刺青…?囚人の証…?嘘だろ……?嘘に決まってる…!!!」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 15:52:07.12 ID:vxRkMRNe0

イクラ「嘘じゃない、事実その刺青を彫られて自殺したデュエリストもいる」

十代「……」

イクラ「別にデュエルが出来ないからって死ぬことはないのにな」

十代「俺達、デュエリストにとってデュエルは生活の一部のようなものさ」

十代「それを奪われるってことは、どれだけのことかお前に分かるのか…」

イクラ「一般人だから分からないな」

十代「チッ」

イクラ「まぁ、大人しくしておくのが賢い考えだ」

十代「ふざけるな!!俺は絶対にここから抜け出してやる!」

イクラ「無理ハァイッ!」

十代(ムカつくなコイツ……)

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 16:00:00.22 ID:vxRkMRNe0

―刑務所生活から1週間が経過―

十代「…王手っと」

イクラ「ちっ、また負けたか」

十代「将棋も面白いな」

イクラ「だろ?」

ガシャンッ

警官「おい、面会の時間だ」

十代「面会…?」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 16:00:10.09 ID:vxRkMRNe0

警官「お前……勝手に将棋をするな!!」

バチンッ

十代「いてっ…!」

警官「犯罪者の癖に遊んでんじゃねぇぞ」

十代「な、なんで俺だけが…」

イクラ「バブゥ」

警官「こんな言葉もまともに喋れん奴が将棋など出来る訳がないだろ」

十代(クッ…コイツは…)

警官「とにかく、面会の時間だ」

十代(一体誰が……?)

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 16:07:07.86 ID:vxRkMRNe0

警官「そこで座って待ってろ」

十代「はい…」

暫くすると、再びドアが開いた

剣山「兄貴!」

レイ「十代…」

十代「剣山!?レイ!?」

警官「面会時間は10分だ」

十代「お前等…どうしてここに?」

剣山「どうしたもこうしたも、兄貴が警察に連行された話を聞いたドン!」

レイ「嘘だと思って着たらホントだったんだ…」

十代「で、でもどうしてここって分かったんだ?」

剣山「ファラオが案内してくれたザウルス」

十代(ファラオがか…)

警官「あと、2分な」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 16:13:27.32 ID:vxRkMRNe0

十代「でも、こんな所まで来るの大変だったろ?」

レイ「万丈目先輩が車を出してくれたの!」

十代「万丈目が?」

剣山「照れて面会には来なかったザウルス」

十代「そうか…懐かしいな…」

十代「お前等も、今年で卒業だろ?」

剣山「そうだドン!」

レイ「卒業デュエルの時のタッグパートナーは十代って決めてるんだよ!?」

十代「あ…ああ……そうだったな」

レイ「すぐに出てこれるよね…?」

十代「まぁな…すぐに出るよ…」

警官「はい面会時間終了ォ〜」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 16:23:30.24 ID:vxRkMRNe0

十代「え、まだ10分も経ってないだろ!」

警官「俺の時計では経ったんだよ!」

警官「うるせぇよ恐竜野郎!!」

バチンッ

剣山「痛いドン!」

レイ「ひどいよ!こんな人が警官なんて…!」

警官「お前も黙ってろ!」

パチンッ

レイ「いっ……」

十代「お前やめろ!!レイは女だぞ!?」

警官「性別など関係ないだろ」

警官は倒れこんだレイの腹部を足で踏みつける

レイ「うっぅ……」

剣山「レイちゃん!」

十代(クソッ…俺の所為で…!!)

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 16:28:30.04 ID:vxRkMRNe0

万丈目「あいつ等、遅いな…」

おじゃまイエロー「あぁんせっかく知らない街にきたのよぉ〜」

おじゃマグリーン「観光してみたい」

万丈目「ええい!お前等は黙ってろ!」

パサッ

万丈目「ん…これは…」

万丈目の足元に飛んできたカードを拾い上げる

万丈目「N・グランモール…?」

万丈目「おいおい…これは十代のデッキのカードじゃ…」



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 16:36:55.42 ID:vxRkMRNe0

警官「ったく、お前犯罪者の癖に明るい学園生活送ってた訳じゃねぇだろうな!?」

バチンッ

レイ「あっ…!」

警官「あぁ?明るい仲間がいっぱいでよかったな!」

ガッ

剣山「グハッ…ドン…」

十代「止めろ!!そいつ等に手を出すな…!!」

ガッ

警官はレイの髪を鷲掴んだ

レイ「うっ……」

警官「へへっ、後でコイツ等のカードも処分しといてやるよ」

十代「か、関係ないだろ!?」

警官「うるせぇよ…犯罪者の仲間ってことで筋は通るだろ?」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 16:45:10.93 ID:vxRkMRNe0

警官「外に出すと面倒だから、テメェ等は下の階で大人しくしてろ」

ガシャンッ

十代「あいつ等まで捕まえておくのかよ…!」

十代「ホントに、お前は警察官なのかよ!?」

警官「デュエル警官だ…ふふっ」

警官が帽子を取ると

ノリスケ「ククッ」

十代「いや、誰だよお前…」

ノリスケ「タラちゃんという子供に、随分と踊らされたみたいだな」

十代「なんだと…?」

ノリスケ「ここは警察署でもなんでもない…ただのデュエリスト収容所さ」

十代「!!」

ノリスケ「お前は気絶させらて、ここに連れて来られたからな…」

ノリスケ「外の様子までは見えなかったようだ」

十代(そういえば…コイツ以外の警官を見た覚えがない……)

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 16:49:21.32 ID:vxRkMRNe0

ノリスケ「タラちゃんはデッキ怪盗で有名な子供さ」

十代「デッキ怪盗だと?」

ノリスケ「デュエリストのデッキを盗み、逃走するだけだ」

ノリスケ「捕まれば暴行を受けた子供のフリをすればいい」

十代「パトカーとかはどうしたんだよ…」

ノリスケ「友人に借りただけだ」

十代(通報したのも、別の誰かって訳なのか…)

ノリスケ「さぁ残り数ヶ月でお前のデュエリスト人生も終わりだな」

十代(……いやまだ分からない)

十代(…ここから抜け出せるチャンスはある)

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 16:54:13.74 ID:vxRkMRNe0

タラヲ「ご苦労様ですぅ」

ノリスケ「ハハッ、あいつ等も大人しくなったよ」

タラヲ「他の2名もデュエルアカデミアの生徒ですかぁ?」

ノリスケ「そうですよ」

タラヲ「様子を見に行ってくるですぅ!」

スタスタ


剣山「お腹減ったザウルス」

レイ「僕も……」

剣山「レイちゃん、怪我は大丈夫ザウルスか?」

レイ「分かんない…どれだけ蹴られたかも覚えてないし…」

ガシャンッ

剣山「誰だドン!?」

タラヲ「ハァイ^^」



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 16:59:15.21 ID:vxRkMRNe0

万丈目「ここにも十代のデッキのカードが…」

拾い上げたのは魔法カード「フェイクヒーロー」

万丈目(刑務所にぶち込まれたというのは聞いたが…)

中島「へい、兄さん!」

万丈目「なんだ貴様は?」

カツオ「お兄さんこそ、僕達の公園で何してるのさ?」

中島「ここま僕達の縄張りなんだぜ!」

万丈目「このカードが公園のあちこちに散らばっていたから、集めているだけだ」

カツオ「お兄さんのデッキのカードだったの?」

万丈目「いや、違う」

中島「じゃあ集めなくていいじゃないか」

万丈目「このデッキを必要としている奴がいるんだ」

カツオ「誰さ?」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:07:54.78 ID:vxRkMRNe0

万丈目「遊城十代だ」

カツオ「エッ」

中島「えっ」

マスオ「えぇーー!?」

カツオ「マスオ兄さん!」

マスオ「いやぁ、つい公園の前を通りかかっただけなんだぁ〜」

万丈目「そいつのデッキのカードだぞこれは」

中島(や…やべぇよ磯野)

カツオ(うん……ほとんど売っちゃったし)

マスオ「君はあの万丈目くんかい?」

万丈目「俺を知っているのか?」

マスオ「ああ、僕もデュエルアカデミアで一時期働いていたからね」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:12:53.27 ID:vxRkMRNe0

カツオ「その十代さんはどこにいるのさ?」

万丈目「今は刑務所にぶち込まれている」

中島「け、刑務所に?」

万丈目「なぜかは知らんがな……」

マスオ「もしかして、デッキ怪盗の仕業じゃないのかい?」

万丈目「デッキ怪盗だと?」

マスオ「ここ最近、この街で多発してるんだ〜」

カツオ「へぇ」

万丈目「どんな奴かは分からないのか?」

マスオ「口癖が〜ですぅの子供…という情報しかないんだ」

カツオ「え」

万丈目「〜ですぅ…か」

カツオ(タラちゃん……?)

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:17:02.29 ID:vxRkMRNe0

レイ「子供…?」

剣山「みたいだドン」

レイ「良かった…またあの警官かと思ったよ…」

タラヲ「僕は味方ですぅ」

レイ「ホントに!?」

剣山「こんな子共がいれば心強いドン」

タラヲ「僕も今日からここに閉じ込められるんですぅ」

レイ「君も?」

タラヲ「ふぇぇぇ…怖い」

剣山「こんな子供まで!許せないドン!!」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:22:01.82 ID:vxRkMRNe0

万丈目「とりあえず、十代に会いに行く必要があるな…」

マスオ「僕も手伝うよ〜」

カツオ「僕も!」

中島「僕は帰るよ…塾あるし…」

カツオ「ちぇ、ノリ悪いな!」

中島「じゃあな」

タッタッタ

カツオ「でも、どこの警察署にいるのさ?」

万丈目「この猫が案内してくれる」

ファラオ「にゃー」

マスオ「へぇ、猫の手も借りたいって訳だねぇ」

万丈目「貴様つまらんぞ」

マスオ「ウィ」



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:26:02.74 ID:vxRkMRNe0

―デュエル警察署前―

万丈目「デュエル警察署だと?」

マスオ「こんなのが出来ていたんだね」

カツオ「とにかく、中に入ってみようよ!」


マスオ「中は随分と汚いようだね…」

カツオ「ノリスケさんの臭いがするよ」

万丈目「ここに十代がいるのか……?」

ファラオ「にゃぁ」

マスオ「それじゃあ、ここは別れて探した方が良さそうじゃないかい?」

万丈目「そうだな…俺は1人でいい、お前達は2人で探せ」

カツオ「了解!」

万丈目「なにかあれば、このリコーダーを吹け」

マスオ「原始的だね……」

万丈目「うるさい。とにかく探すぞ。」

万丈目、カツオとマスオは2手に別れて中を探索し始める

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:31:34.72 ID:vxRkMRNe0

万丈目「中は思ったより広いな…」

おじゃまイエロー「ねぇ〜こんな気味悪い所にホントに十代の旦那が…?」

万丈目「それを今探しているんだ」

カチッ

万丈目「ん?」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:31:59.95 ID:vxRkMRNe0

ノリスケ「やぁ」

万丈目「貴様は誰だ……?」

ノリスケ「デュエル警官さ」

万丈目「なんだ、だったら話が早い。遊城十代に会わせてくれないか?」

ノリスケ「ああ…面会ですか」

カチャッ

ノリスケは万丈目に向けて拳銃を構えた

万丈目「な……」

ノリスケ「ハハッ、失敬失敬」

パーンッ

万丈目「グッ………」

バタッ

拳銃から放たれた銃弾は、見事に万丈目の腹部に直撃した

おじゃマイエロー「いやああああああ!!!!!!」



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:36:05.29 ID:vxRkMRNe0

マスオ「ん」

カツオ「どうしたの?」

マスオ「今、銃声が聞こえたような気がしたんだ」

カツオ「気のせいだよ!」

マスオ「そうかな……?」

カツオ「それより、早く十代さんを探そうよ!」

マスオ「う、うん」


ノリスケ「コイツもデュエリストか…」

倒れている万丈目のデッキを取り上げた

ノリスケ「ヒヒッ、これも処分しといてやるよ」

おじゃまイエロー「いやあああああああああ!!!」

おじゃまブラック「俺達…」

おじゃまグリーン「捨てられるぅぅぅーー!!!」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:41:40.51 ID:vxRkMRNe0

レイ「じゃあ、タラちゃんも暴行を?」

タラヲ「痛かったですぅ…」

タラヲは、レイの脚に触れた

まるでごく自然のように…

レイ「た、タラちゃん…」

タラヲ「レイお姉ちゃんの脚を撫でるですぅ^^」

剣山「ダメだドン!蹴っても叩いてもドアが潰れないザウルス!」

レイ「せめて万丈目先輩が気付いてくれれば…」

ピクッ

タラヲ「万丈目…?」

剣山「俺達の先輩ザウルス!」

レイ「その人が気付いてくれれば、多分…出れるはず!」

タラヲ(ふふーん)

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:47:13.91 ID:vxRkMRNe0

マスオ「はぁ…広すぎる」

カツオ「もう見つからないよ!帰ろうよ!」

マスオ「う〜ん」

スタスタ

ノリスケ「おや、マスオくんじゃないか!」

マスオ「の、ノリスケくん!?」

カツオ「どうしてノリスケおじさんが!」

ノリスケ「いやぁ…訳があってしばらくここの警察署で働くことになったんだよ」

マスオ「そうだったのかい」

ノリスケ「これから一杯行かないか?」

カツオ「行こう行こう!」

マスオ「……」

カツオ「マスオ兄さん?」

ノリスケ「ははっ、バカに黙ってるじゃないか!」

マスオ「その靴についてる……血はなんだい……?」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:51:35.30 ID:vxRkMRNe0

ノリスケ「え…これは、さっきケチャップをこぼしただけさ!」

カツオ「ドジだなぁ」

ノリスケ「ハハッ」

マスオ「ケチャップの割りに臭いがきついんだね」

ノリスケ「……え」

マスオ「血の独特の匂いがする…」

マスオ「さっき聞こえた銃声も、君が使ったとすれば辻褄は合う」

ノリスケ「な…何を言ってるんだい?」

マスオ「君、僕に嘘をついたよね…」

ノリスケ(チッ……ここでコイツも殺しておくか…)



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 17:56:32.85 ID:vxRkMRNe0

タラヲ「万丈目という男なら、死んだですぅ」

レイ「え……?」

剣山「嘘をつくなドン!!」

タラヲ「さっき、あの警官から連絡が入ったですぅ」

レイ「あの警官って…タラちゃんは味方じゃないの?」

タラヲ「敵ですぅ^^」

剣山「こんな子供にそんなことが…!」

スッ

タラヲ「このデッキは、2人のデッキですかぁ?」

レイ「あ…!」

剣山「どうしてそれを!?」

タラヲ「僕がこの事件の主犯者ですよぉ」

レイ「タラちゃんが……?」

剣山「うおおおお!!ぶっ殺すドン!!」



140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:02:46.98 ID:vxRkMRNe0

ノリスケ「じゃあ死ねよマスオくん」

カチャッ

カツオ「け、拳銃!」

マスオ「…」

ノリスケ「ハハッ、妙に落ち着いてるじゃないか」

マスオ「そんな玩具に頼らないといけないという訳かい?」

ノリスケ「は?」

マスオ「デュエリストなら、デュエルで戦えよ」

スッ

カツオ「マスオ兄さんのデュエルディスク地味すぎる」

ノリスケ「面白い…この僕に勝とうっていうのか?」

マスオ「そのためにここに来たんだよ」

ノリスケ「負けた方が死ぬ、それでいいだろう」

『デュエルッ!!!!!』

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:10:27.97 ID:vxRkMRNe0

タラヲ「ふん」

剣山の右肩にナイフを突き刺す

剣山「ぐおおおおおおドン」

レイ「剣山くん!!」

剣山「に…逃げろ…・」

レイ「剣山くんを置いてなんて逃げれないよ!」

タラヲ「そうですぅ、ここから逃げ出すなんて不可能ですぅ」

剣山「黙れドン……きっと十代の兄貴が…お前を…」

タラヲ「イラッ」

タラヲ「十代は死んだんだよ!!!ハハハハハッですぅ」

レイ「十代は死んでない!」

剣山「いい加減、嘘はやめるザウルス…ごほっ…」

タラヲ「レイお姉ちゃんだけは助けるですぅ^^」

レイ「え」



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:15:37.18 ID:vxRkMRNe0

ノリスケ「じゃあ、僕のターンからいかせてもらおうか!」

スッ

ノリスケ「僕は手札からミラージュドラゴンを召喚」

ATK1600 ☆4

マスオ「名前に似合わず、ドラゴンデッキかい…?」

カツオ「ドラゴンかっこいい!」

ノリスケ「ふふっ、コイツが表側表示で存在する間…君はバトルフェイズ中にトラップは発動できなくなる!」

マスオ「クッ…」

ノリスケ「そして、手札から未来融合を発動」

マスオ「未来融合…?」

ノリスケ「デッキから決められた融合素材のモンスターを墓地に送る」

カツオ「一体どんなカードを…」

ノリスケ「僕が墓地に送ったのは、ドラゴン族5体だ」

マスオ「ま、まさか…!!」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:20:15.28 ID:vxRkMRNe0

ノリスケ「2ターン後…融合召喚されるモンスターはコイツだ」

カツオ「エフジーディー?」

マスオ「FGD…!!」

☆12 ATK5000

カツオ「攻撃力5000!?」

ノリスケ「ワハハハッ!最強のドラゴンカードさ!」

マスオ「クッ…」

ノリスケ「僕はカードを1枚セットしターンエンドさ」

ノリスケ

手札:3枚 LP4000

場:1【ミラージュドラゴン】

魔法、罠:1【伏せ】2【未来融合】

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:26:48.47 ID:vxRkMRNe0

マスオ「ぼ、僕のターン」

カツオ(マスオさんの声が弱弱しくなってる…)

マスオ「僕は……手札から魔法カード、ライトニングボルテックスを発動」

ノリスケ「ほう」

マスオ「手札を1枚捨て、相手の表側表示モンスターを全て破壊する」

ミラージュドラゴン 破壊

ノリスケ「ククッ、使うところを間違っていないか?」

マスオ「えぇ!?」

カツオ「どのみち、次のターンにはFGDが…」

ノリスケ「ハハッ!こんな馬鹿なデュエリストは始めてさ!」

マスオ「さっき手札から墓地に送った魔法カードの効果を発動」

ノリスケ「なん…だと?」



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:31:35.22 ID:vxRkMRNe0

マスオ「墓地に送ったカードは…おジャマジック!!」

ノリスケ「おジャマジックだと?」

カツオ「だっせぇカード」

マスオ「このカードが墓地に送られた時、デッキからおジャマ3種を手札に加えれる」

カツオ「すごいやマスオさん!」

マスオ「おジャマスオだ、カツオくん!」

カツオ「うぇ」

ノリスケ「そんな雑魚共を手札に加えて、どうするつもりだい?」

マスオ「サラリーマンのデッキ舐めるなよ」

ノリスケ「ハハッ」

マスオ「僕はカードを2枚セットし、ターンを終了する」

マスオ

手札5枚 LP4000

場: なし

魔法、罠:1【伏せ】2【伏せ】

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:38:23.20 ID:vxRkMRNe0

ノリスケ「モンスター無しだと?」

カツオ「馬鹿すぎるよ、おジャマスオ!」

マスオ「こうするしか手はないんだ…」

ノリスケ「ククッ…2ターン目のスタンバイフェイズ時にFGDを特殊召喚する!!」

カツオ「で、出た」

マスオ「攻撃力5000か…!」

ノリスケ「闇・地・水・炎・風属性モンスターとの戦闘では破壊されないのさ」

カツオ「じゃ、じゃあ光属性モンスターじゃないとダメって訳じゃないか!」

ノリスケ「そして…伏せカード、リビングデットの呼び声を発動!」

ノリスケ「墓地に送ったブルーアイズを場に特殊召喚!」

ブオオン

カツオ「ぶ……ブルーアイズ……」


182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:41:11.05 ID:vxRkMRNe0

うは、間違えたごめんなさい

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:48:35.26 ID:vxRkMRNe0

カツオ「まだ2ターン経ってないだろ」

ノリスケ「うひっ、すいません」

マスオ「脅かすなよノリスケくん〜」

ノリスケ「ならば手札から魔法カード、スタンピングクラッシュを発動」

マスオ「グェ」

ノリスケ「マスオくんの伏せカードを1枚破壊する」

ノリスケ「更に破壊したカード1枚につき500Pのダメージを与える」

マスオ「グオォォォォ!!!」

LP4000→LP3500

カツオ「マスオ兄さん!!」

ノリスケ「そして、ブルーアイズでマスオくんにダイレクトアタック」

ノリスケ「滅びのバーーーストストリーーーーム!!」

マスオ「うああああああああああああ!!!!

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:54:00.11 ID:vxRkMRNe0

ノリスケ「そして、僕はターンエンドさ」

ノリスケ

手札3枚 LP4000

場:1【ブルーアイズ】

魔法、罠:1【リビングデット】2【未来融合】


マスオ

手札5枚 LP500

場:なし

魔法、罠:1【伏せ】



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:54:49.74 ID:vxRkMRNe0

マスオ「クハァ……ハハッ」

カツオ「ますお…兄さん……?」

ノリスケ「直撃して、頭でも狂っちゃったようだなマスオくん」

マスオ「クヒヒッ…そうかもしれない……ねぇ」

ノリスケ「LP500で、次の僕のターンには最強のドラゴンが召喚される」

ノリスケ「雑魚デッキの君に勝ち目はない」

マスオ「……」

カツオ「嫌だよマスオ兄さん…僕死にたくないよぉ!!」

マスオ「うるせーぞ…スポーツ刈り」

カツオ「え……」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 18:58:43.17 ID:vxRkMRNe0

タラヲ「ふふ…綺麗な身体ですぅ」

レイ「止めてよ、お願いタラちゃん・・・・・」

剣山「や…止めろザウルス…」

タラヲ「今から犯すですから、しっかりカメラ回しとけですぅ」

剣山「くっ」

レイ「ん…」

タラヲ「はぁ、胸が発育してるですぅ」もみもみ

剣山「レイちゃんが犯されてるドン…!!」

タラヲ「はぁはぁですぅ」

剣山(兄貴…早く助けてくれドン!)

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:03:31.98 ID:vxRkMRNe0

ノリスケ「さぁ、君のラストターンさ」

マスオ「…」

ノリスケ「次のターン君はドラゴンの攻撃を受けることになるんだ」

ノリスケ「諦めてサレンダーしたまえ」

マスオ「あぁん?頭のネジでもぶっ飛んでんのかテメェはよぉ」

ノリスケ「LP500の人間が言える言葉ではないと思うが…」

マスオ「ウッヒィッ」

ぬぎぬぎ

カツオ「どうして全裸になるのさ!?」

マスオ「知らねぇぞお前……暴走した僕は止められないさ…」

カツオ「マスオさんの頭がリミッター解除された……」


大徳寺「何だか騒がしいのにゃ〜」

十代「万丈目がきっと助けにきてくれたんだよ」

ユベル「あの警官がいるのに、そう簡単に助けに来れるとは思わないな…」



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:07:32.41 ID:vxRkMRNe0

タラヲ「ほら、首輪をつけてやるですぅ」

ガシャンッ

レイ「うっ」

剣山(これは売れるドン…)

タラヲ「今から僕の目の前で自慰をするですぅ」

レイ「で…できないよそんなこと……」

タラヲ「やれですぅ!」

グサァァ

剣山「いてててっドン」

剣山の脇腹に果物ナイフを突き刺す

レイ「…!」

タラヲ「お前が逆らえば、大事な仲間が傷つくですぅ!」

レイ「……そんな…」

タラヲ「だから早く自慰をしろですぅ」

仲間のためにレイは自らの性器を刺激し始める

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:13:01.72 ID:vxRkMRNe0

マスオ「ドロー」

ノリスケ「ハハッ、最後のドローか」

マスオ「ニヤリ」

カツオ「…!」

ノリスケ「何が可笑しい?」

マスオ「元々、僕の手札は揃っていた」

マスオ「1枚のキーカードを除いてな」

ノリスケ「キーカード……だと?」

カツオ「マスオさんかっこいい」

マスオ「手札から、おジャマカントリーを発動!!!!」

ノリスケ「おジャマカントリー……?」

マスオ「ウケケケケ!!勝利へのカードは揃ったぜクソノリスケ!!!!」

カツオ(おいおい…マスオ兄さんが悪い奴に見えてきたよ…)

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:15:58.69 ID:vxRkMRNe0

くちゅくちゅ

レイ「はぁ…んんっ………」

タラヲ「いい表情ですぅ」

剣山「カメラちゃんと回してるザウルス」

レイ(恥ずかしすぎる……こんな所十代に見られたら…)

タラヲ「ほら、胸を触ってやるですぅ」

もみもみ

レイ「んんっ…!」

剣山(やばいザウルス…)

タラヲ「ホントにいやらしい女ですぅ…ズブ濡れですかぁ」

レイ「ち…違うっ…僕はそんな女じゃない…!」

タラヲ「うふふ^^」



263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:22:04.17 ID:vxRkMRNe0

ノリスケ「こんなフィールド魔法どうしたというんだ!」

マスオ「ククッ…世の中は広いぜ?」

マスオ「手札に揃ってるおジャマを一気に召喚出来るのさ」

ノリスケ「馬鹿な……」

マスオ「手札からおジャマレッドを召喚」

カツオ「おジャマレッド!?」

マスオ「このカードが召喚に成功した時…手札のおジャマと名のつくモンスターを4枚まで特殊召喚出来る」

ノリスケ「4枚だと!?」

カツオ「つまり……」

マスオ「僕が召喚するのは、おジャマ……イエロー!グリーン!ブラック!」

ノリスケ(クソッ…一度に3体も…!!)

カツオ「でも雑魚が3匹揃ったところで、何もできないじゃないか!!」



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:25:30.39 ID:vxRkMRNe0

タラヲ「舐めてやるですぅ」

タラちゃんは獣のように胸に吸い付く

レイ「あっ…やめ……て……!!」

タラヲ「ママのおっぱいより美味しいですぅ^^」

剣山「アーーーッ」

レイ「ひっ……」

タラヲ「泣いたら許してもらえると思ったですかぁ?」

レイは無言で首を横に振る

自分がどんなことを言ったところで

この状況が変わることはないということに気付いていた

タラヲ「気に入ったですぅ!りかちゃんの浮気相手にお前を指名するですぅ!」

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:30:14.74 ID:vxRkMRNe0

マスオ「よーく見ておけカツオくん」

スッ

マスオ「手札からマジックカード、おジャマデルタハリケーンを発動!」

ノリスケ「やはりそうきたか…」

マスオ「おジャマが三種存在する時相手フィールドに存在する全カードを破壊する」

ノリスケ「グォ」

カツオ「やったぁ!ノリスケの場にカードは存在しなくなった!」

ノリスケ「だが…攻撃力0では僕のライフは……!」

マスオ「……自分フィールド上におジャマと名のつくモンスターが存在すれば」

マスオ「全モンスターの攻守は入れ替えられる」

ノリスケ「はぁ?おジャマの守備力も…!!……1000?」



279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:34:30.17 ID:vxRkMRNe0

カツオ「どういうことなの!?」

マスオ「おジャマカントリーの効果さ」

ノリスケ「クッ…マスオの場にはおジャマが4枚か…」

マスオ「いけ!!4体のおジャマでノリスケにダイレクトアタック!!」

ノリスケ「グヒャッッッ!!!」

LP4000→LP0



280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:34:40.01 ID:vxRkMRNe0

マスオ「闇は消し去った」

カツオ「すごい…一発逆転だよ…」

ノリスケ「さすがだなマスオくん」

マスオ「遊城十代の居場所を教えろ」

ノリスケ「チクりは絶対にやらないさ」

スッ

ノリスケは拳銃を自身の額に向けた

マスオ「…!!」

ノリスケ「さらばだ、おジャマスオ」

カツオ「ダメだよ!!!!」

パーーーンッ

ノリスケは躊躇することなく引き金を引いた

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:41:39.77 ID:vxRkMRNe0

剣山「レイちゃんと付き合うつもりザウルスか?」

タラヲ「2人目の女ですぅ!」

レイ「……え」

タラヲ「お前だけはここから出してやるですよぉ」

レイ「い、嫌だ…!僕は十代達と一緒に…!」

タラヲ「他の奴等は死ぬですぅ!」

剣山「えぇ!俺死にたくないド〜〜ン」

タラヲ「ほら、早く来い!」

レイ「…嫌だ!!」

レイ「僕が好きなのは十代だけ!タラちゃんになんて興味ないよ!」

タラヲ「僕のこと嫌いですかぁ……?」

レイ「…皆を傷つけてるタラちゃんなんて、大嫌いだよ…」

タラヲの中で何かが壊れ始めた

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:46:53.33 ID:vxRkMRNe0

レイ「剣山くん!逃げよ!」

剣山「わ、分かったドン!」

タラヲ「……裏切ったですぅ」

レイ「早く逃げよう…!」

タラヲ「もう用済みですぅ」

パーンッ

レイに向けて銃弾を放った

レイ「……」

ドサッ

剣山「れ、レイちゃんが撃たれたドン!!」

タラヲ「……お前もこの女みたいになりたいですかぁ」

剣山「い…嫌だドン…」ぶるぶる

タラヲ「だったら、僕についてくるですぅ」

剣山「は…はい……タラヲ様…」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 19:54:15.16 ID:vxRkMRNe0

―駅前―

三沢「この街に十代達がいるみたいだな」

ヨハン「ああ」

三沢「だが、手がかりが少ない」

ヨハン「まずはこの街で聞き込みでもしてみようぜ」

三沢「そうだな」

中島「お金をお恵みください」

駅前で中島が座り込んでいた

目の前の缶には、たくさんの小銭が貯まっていた

三沢「家無き子か…」

ヨハン「可哀想に…俺も募金してくるよ」

中島「お金をお恵みください」

チャリッン

ヨハン「はい、500円」



311 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 20:04:04.53 ID:vxRkMRNe0

中島「お兄さん、デュエリスト?」

ヨハン「ああそうだよ」

三沢「僕も…」

中島「だったら、このカードをお兄さんに…」

ヨハン「これは…?」

手渡されたのはグシャグシャのカード

ヨハン「ヒーローって…もしかして十代の?」

中島「僕が必死に落ちてるのを集めてきました」

ヨハン「どうしてこれがここに……」

中島「恐らく、デッキ怪盗の仕業なんです!」

ヨハン「デッキ怪盗?」

三沢「何だそれは」

中島「人のデッキを盗んで捨てる奴のことです…」

321 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 20:09:57.52 ID:vxRkMRNe0

ヨハン「今10枚だけ集まったか…」

中島「多分、残りのカードはまだ散らばってると思います…」

三沢「あと30枚だな」

中島「あそこのゲーセンにいる不良達が15枚持ってます」

ヨハン「不良がか?」

中島「はい」

ヨハン「よし、行ってみよう」

三沢「待て」

ヨハン「どうしたんだ?」

三沢「僕の不良論として、その行動は自ら罠にかかるようなものさ」

ヨハン「どういう意味だ三沢」

三沢「僕の計算上、不良には関わらない方がいいと思う」



332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 20:16:11.06 ID:vxRkMRNe0

三沢「俺の計算上の結果だ」

ヨハン「ただ不良に絡まれるのがいやなだけじゃないのか?」

中島「ストレート」

三沢「ち、違う」

ヨハン「俺は行くぜ?」

中島「僕も行くよ」

タッタッタ

三沢「」

三沢が不良と関わりたくない理由はあった

それは三沢がデュエルアカデミアに入学する前のことだ

当時、クラスでも成績優秀、スポーツ万能、生徒会会長も務めていた



342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 20:21:53.20 ID:vxRkMRNe0

三沢「学校内でのデュエルを許可します」

女子「すごい三沢くん…」

男子「学校の校則まで変えちまうなんてな…」

三沢「皆さん、ぜひデュエルを楽しんでください」

あの頃の俺は……充実していた

みんなから絶対に忘れられることのない存在であった

けど、あの事件から俺の存在は抹消された…


三沢「君達」

DQN「あ?」

三沢「最近、カードの盗難が多発しているんだが…」

DQN「俺達を疑ってんのかよ!あぁ!!?」

三沢「そうだ」



346 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 20:26:57.41 ID:vxRkMRNe0

三沢「君達のようなクズ以外考えられないだろ」

DQN「テメェ」

三沢「俺に手を上げれば、先生にチクるぞ?」

女子「すごいわ!あのDQNくんを圧倒してる!」

男子「かっこいい///」

三沢「さぁ、謝りたまえ」

DQN「じゃあ…お前の机ん中見てみろよ」

三沢「俺の机の中?」

三沢はDQNに言われた通り、机の中を手探りで調べる

ガサガサッ

三沢「ん…このカードは?」

男子「お、俺のルイーズ!!」

女子「私のヴィジャ盤まで入ってるわよ!」

三沢「…ちょ、ちょっと待ってくれ…!なんだこのカードは!?」



356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 20:32:01.82 ID:vxRkMRNe0

女子「三沢くんひどいわ!」

男子「お前が盗んだのかよ…」

三沢「ち、違う!」

DQN「こんな悪い奴は明日から無視しようぜ」

男子「賛成」

女子「三沢くんの存在を消すわ」

DQN「ケケケ」

三沢「やめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろやめろ」

女子「きゃあああ!三沢くんが上半身を脱いだわ!」

三沢「このクソアマァ!!!!」

それから、俺は学校に一度も行くことは無く卒業した

親の勧めでデュエルアカデミアへの進学を決め

今の俺がいる…だから、不良とは2度と関わりたくないんだ

361 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 20:42:57.99 ID:vxRkMRNe0

十代「おせぇな…」

ガチャッ

十代「開いた!?」

万丈目「十代……」

十代「万丈目!?どうしたんだよその傷!」

万丈目「そんなことは後でいい…!いいか?俺の話を聞け」

十代「な、なんだよ?」

万丈目「あの餓鬼は今さっき、剣山を連れてこの署を脱出しようとしてる」

十代「レイはどうしたんだ…?」

万丈目「さっき部屋を見たら血だらけで倒れていた……恐らく…奴に撃たれたんだろう…ごほっ」

十代「う、撃たれた!?」

万丈目「俺もそう長くは生きれん……とにかく、お前はここから脱出しろ…」



380 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 21:22:09.80 ID:vxRkMRNe0

万丈目「じゅ…十代このカードを…」

十代「このカードは!」

万丈目「5枚だけしか、見つけることが出来なかった…がな…」

十代「ありがとな万丈目……」

万丈目「さっさと行け…」

十代「あとで必ず助けに行くから…そこで休んでてくれ!」

タッタッタ

万丈目「ふんっ…」

万丈目「その必要は……ない……」



385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 21:26:54.93 ID:vxRkMRNe0

タラヲ「早く車を用意しろですぅ」

剣山「分かったドン!」

ぶろろろろん

十代「あ、くそっ!もう逃げられたか!」

サブちゃん「乗れ」

十代「えっ?」

サブちゃん「大体話は聞いていた、急いでるんだろ?」

十代「すまない!」

サッ

三郎のバイクに跨り

サブちゃん「ちょっと飛ばすから、捕まっててよ」

十代「ああ…!」

ガッ

サブちゃん(くぅ…胸を鷲掴まれた…)

ぶろろろろん

391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/29(木) 21:36:29.84 ID:vxRkMRNe0

―ゲーセン―

ヨハン「やぁ、君達」

DQN「あぁん?」

中島「その15枚のカード返してよ」

DQN「俺はヒーロー好きだからかえさねぇよ!」

ヨハン「それは十代のカードだ、返してくれ」

ヤリマン「はぁ〜?なにこのカード?」

DQN「デュエルモンスターズだよ」

ヤリマン「だっさ」

三沢「デュエルモンスターズを馬鹿にするなぁ」

バシッ

ヤリマンを殴り飛ばす三沢

ヨハン「三沢ッ!」

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 00:06:49.66 ID:qEuA1FQ70

―裏山―

タラヲ「三つ巴バトルですかぁ…」

タラヲ「2人まとめてかかってこいですぅ!」

カツオ「中島…僕達の結束の力見せてやろうぜ」

シュイーンッ

中島「千泡吹かせてやるよ」

タラヲ「ククッ、お前達じゃ足止めにすらならないですぅ」

中島「いくぜ…」

カツオ「ああ!」

『デュエルッッ!!!』



472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 00:15:03.26 ID:qEuA1FQ70

三郎「いててっ…ドジっちまった」

バイクを電柱にぶつけてしまった

十代はバイクから転げ落ち怪我をした

三郎「十代、大丈夫か?」

十代「右足が……折れた…!」

三郎「む…左腕も折れているようだな」

十代「こんな時に…」

三郎「腕や脚が折れても、デュエルはやれよ?」

十代「あ、ああ」

三郎「おっと…こんな所にカードが5枚落ちてるぞ」

十代「俺のカード!!」

三郎「感謝しろよ」



473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 00:21:52.19 ID:qEuA1FQ70

タラヲ「僕のターンですぅ」

カツオ(一体どんなデッキなんだ…)

タラヲ「むふっ」

中島「…ゴクリ」

タラヲ「アームドドラゴンレベル3を召喚ですぅ」

☆3 ATK1200

中島「はっ、雑魚カードかよ」

タラヲ「ふふっ、伏せカードを1枚セットしてターン終了ですぅ」

タラヲ

手札4枚 LP4000

場:1【アームド3】

魔法、罠:1【伏せ】

475 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 00:27:54.49 ID:qEuA1FQ70

中島「…僕のターン」

カツオ(中島頼む…)

中島「…」

カツオ(あれ?コイツデッキ全部グレムリンのはずじゃ)

カツオ(いや、さすがにこんな大切なデュエルな時にグレムリンはない)

カツオ(僕の信用している中島なら絶対にグレムリンはない)

カツオ(間違ってもグレムリンはない…ああ、絶対にな)

中島「僕は手札からグレムリンを召喚」

☆4 ATK1300

カツオ「……」



479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 00:33:03.20 ID:qEuA1FQ70

中島「僕はターンエンド」

カツオ(伏せカード無しかよ!?)

タラヲ「アハハハ!」

カツオ「くっ、僕のターン」

カツオ「僕は手札から、モンスターを裏側守備表示で伏せる」

タラヲ「んふふ」

カツオ「カードを1枚セットしターンエンドだ」

カツオ

手札4枚 LP4000

場:1【裏側守備】

魔法、罠:1【伏せ】

タラヲ「アハハ!ホントに雑魚ですぅ!」



485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 00:40:34.52 ID:qEuA1FQ70

カツオ(僕の伏せてるカードは岩石の巨兵)

カツオ(レベル3で攻撃すればダメージを与えれる…)

タラヲ「僕のターン」

タラヲ「ニヤリ」

中島「むっ!?」

タラヲ「レベル3の効果により、デッキからレベル5を特殊召喚!!」

カツオ「馬鹿!中島が破壊しなかったからだ」

中島「メガネかけてないと、よく見えないんだよぉ〜」

タラヲ「まだまだですぅ!手札からレベルアップを発動」

タラヲ「この効果によりフィールド上に存在するLVと名のつくモンスターを墓地に送るですぅ!」

カツオ「レベル5をまさか……」

490 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 00:47:02.48 ID:qEuA1FQ70

中島(はぁ…手札には魔法と罠カードしかないや)

タラヲ「出でよアームドドラゴンレベル7」

☆8 ATK2800

タラヲ「更にホルスの黒炎竜レベル4を召喚」

カツオ「またレベルか…!」

☆4 ATK1600

タラヲ「レベル7の効果発動」

中島「あぁん!?」

タラヲ「手札のレッドアイズを墓地に送り、その攻撃力以下の攻撃力を持つ…」

タラヲ「相手フィールド上に存在する表側表示モンスターを全て破壊する!」

中島「てことは、僕のグレムリンが!!」



494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 00:56:01.15 ID:qEuA1FQ70

カツオ「おい、タラヲ」

タラヲ「ぼくのホルスが…?」

カツオ「伏せカード落とし穴を発動しておいたのさ」

タラヲ「チッ」



495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 00:56:16.03 ID:qEuA1FQ70

中島「ひぇぇ…助かったぜ磯野ォ」

タラヲ「手札からマジックカード、昼夜の大火事を発動」

タラヲ「中島のLPを800削るですぅ!」

中島「ああああああああああああああああ」

LP4000→LP3200

タラヲ「そして、アームドドラゴンレベル7の攻撃が残ってるですぅ!」

中島「おぎゃあああああああああああ」

中島のLP3200→LP400

タラヲ「カードを2枚伏せてターンエンドですぅ」

タラヲ

手札0枚 LP4000

場:1【アームド7】

魔法、罠:1【伏せ】2【伏せ】



501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 01:01:47.73 ID:qEuA1FQ70

カツオ「まずい…中島のライフが400しかない…!」

中島「はぁはぁ……」

タラヲ「雑魚は雑魚らしくしておけですぅ」

カツオ「クソッ」

中島「やるじゃねーか…タラちゃん……」

カツオ(中島のやつ…ホントにグレムリンデッキなのか?)

中島「メガネ装着」

タラヲ「メガネを装着したところで、お前の勝ちはないですぅ!」

中島「ドローッ」

中島「魔道書整理を発動」

中島「デッキの上からカードを3枚めくり、好きな順番でデッキの上に戻せる」

中島「相手はそのカードを確認することはできないんだ」

タラヲ「アハハ!そんな意味のないカードを!」

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 01:12:22.19 ID:qEuA1FQ70

カツオ(クソッ…ダメージを受けて頭が狂っちまったのか…)

タラヲ「プッハハハハ!」

中島「僕は格闘ねずみチュー助を守備表示で召喚」

中島「伏せカードを2枚セットし、ターンエンド」

☆3 ATK1200

カツオ(なんであんなカードしかないんだ…)

中島

手札3枚 LP400

場:1【ネズミ】

魔法、罠:1【伏せ】2【伏せ】

タラヲ「さぁ!スポーツ刈りのターンですぅ!」

カツオ「ドロー!!」

517 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 01:23:40.84 ID:qEuA1FQ70

カツオ(クッ…いいカードがこない…)

タラヲ「ハハッ!!」

カツオ「手札からマジックカード、死者への手向けを発動!」

タラヲ「!!」

カツオ「手札を1枚捨て、モンスターを1体破壊できる!」

カツオ「僕が破壊するのは…アームドドラゴンレベル7だ!」

中島「やっふー」

タラヲ「ちっ、まあいいですぅ」

カツオ「よし…これで奴を護るモンスターはいない!」

カツオ「岩石の巨兵を攻撃表示に変更!」

カツオ「更に手札からエルフの剣士を召喚!」

☆3 ATK1400



519 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 01:25:32.33 ID:qEuA1FQ70

カツオ「行け!!ダブルダイレクトアタック!!」

タラヲ「伏せカードオープン…聖なるバリアミラーフォース」

カツオ「そ、そのカードは……」

タラヲ「相手の攻撃表示モンスターを全て破壊するですぅ!!」

中島「おいおい足引っ張るなよぉ」

カツオ「そ、そんな……」

タラヲ「ターンエンドですかぁ?」

カツオ(手札にはモンスターしかいない……)

カツオ「ターンエンドだ…」

カツオ(どのみち、タラちゃんの場にもモンスターはいない…)

カツオ

手札2枚 LP4000

場:なし

伏せ:なし



531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 01:35:51.77 ID:qEuA1FQ70

タラヲ「僕のターン」

タラヲ「伏せカードオープン」

タラヲ「リビングデッドの呼び声を使い、墓地のアームドドラゴンレベル5を場に復活ですぅ」

カツオ「チッ…」

中島「だが、レベル7程脅威はないぜ!」

タラヲ「馬鹿め…今引いたカードはレベルアップだ」

カツオ「…!」

タラヲ「レベルアップを発動し、アームドLV5を墓地に送りレベル7を召喚!!」

☆8 ATK2800

中島「おいおい…またかよ……」

タラヲ「更にもう1枚の伏せカード、永続罠棺桶売りを発動!」

カツオ「なんだそれは…?」

タラヲ「このカードが存在する間、相手のモンスターを墓地に送る度に相手は300Pのダメージを受ける」

カツオ「なにぃ!?」



537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 01:42:58.00 ID:qEuA1FQ70

タラヲ「まずは中島の格闘ねずみに攻撃ですぅ!」

タラヲ「これにより、中島は300Pのダメージを受けろですぅ!」

中島「ぐぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ」

中島LP400→LP100

カツオ「な、中島ァ!!」

タラヲ「カツオはいつでも殺せるですぅ…」

カツオ「舐めやがって!」

タラヲ「ふふふふふふふふふふふふふ」

カツオ(でも、タラちゃんの言う通り中島はどうせ次のターンには死ぬ…)

タラヲ「手札0なのでターン終了ですぅ」

タラヲ

手札0枚 LP4000

場:1【アームド7】

魔法、罠:1【棺桶売り】



543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 01:48:16.11 ID:qEuA1FQ70

中島「……」

タラヲ「さぁ地味メガネのターンですぅ」

カツオ(このデュエル…圧倒的にタラちゃんが優勢的だ…)

カツオ(伏せカードは無くてもアームドの存在が脅威だ…)

中島「ドロー」

タラヲ「うんふふ^^」

カツオ「中島ァ!しっかりしろ!!」

中島「……」

タラヲ「お前達が負ければ、ここには遊城十代が来るですぅ」

タラヲ「デッキを持たない奴がきても無駄ですぅ」

カツオ「うるさい!!十代さんならお前を倒してくれるさ!」

タラヲ「ヤカンみたいな頭してるやつは黙っとけですぅ!!」

カツオ「クッ……」



549 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 01:54:46.40 ID:qEuA1FQ70

カツオ「中島!!お前が負けても僕が…!」

中島「磯野…安心しろ」

カツオ「え」

中島「このデュエル、このターンでゲームセットさ」

タラヲ「ふふふふっ!!!何を言ってるですかぁ!?」

中島「伏せカードオープン!!リビングデッドの呼び声!」

カツオ「お前もかよーーーー」

中島「これにより、墓地に眠りしグレムリンを特殊召喚!」

グレムリン「ギャォ」

タラヲ「そんな雑魚を呼び寄せたところで…」

中島「いいや、こんな雑魚カードでも役割はあるのさ」

タラヲ「なに……?」

中島「手札からマジックカード!痛み分けを発動!!」

中島「このカードにより、僕はグレムリンをリリース」

中島「そして、相手もモンスターを1体生贄に捧げなければならない」

559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 02:00:35.75 ID:qEuA1FQ70

タラヲ「いや、その効果を使えばお前は棺桶売りのダメージを…!」

中島「速攻魔法サイクロンで棺桶売りを破壊しておいたさ」

タラヲ「クソッ…!!」

カツオ「よし!!棺桶売りも破壊出来てアームドも消えた!」

タラヲ「だからどうしたですかぁ!?」

タラヲ「お前のLPは100!僕は4000ですぅ!」

中島「今からそれを入れ替えてやるよ」

タラヲ「なに?」

中島「手札から魔法カード!大逆転クイズを発動!」

カツオ「そ、そのカードはッ」

中島「自分の手札及び場のカードを全て墓地に送る」

中島「そして、自分のデッキの1番上のカードの種類を当てれば…相手とLPを入れ替えることができる」

タラヲ「ふっ…当たればすごいですぅ……当たれば!!」

タラヲ「……デッキの1番上のカード…だと?」

中島「気付いたか」

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 02:08:01.12 ID:qEuA1FQ70

カツオ「そ、そうか!!あの時の!」

―回想シーン―

中島「僕は魔道書整理でデッキから3枚めくり好きな順番に並べる」

―回想終了―

中島「お前の無駄と言った行為も、全てはここまでの伏線さ!!」

中島「僕のデッキの1番上のカードはモンスターカードだ」

ピラッ

中島がデッキからカードを1枚めくると
グレムリンが引かれた

中島「形成逆転だな…」

中島LP4000 タラヲLP100

タラヲ「グァァァァァァァ!!!!」

中島「このゲームには必勝法があるのさ…ふふっ」

カツオ「でも、中島はモンスターがいない!」

中島「トドメはお前に譲るぜ…磯野」



573 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 02:14:52.41 ID:qEuA1FQ70

中島「さぁ磯野!トドメを刺してやれ!」

タラヲ「…」

カツオ「ドロー」

カツオ 手札3枚

カツオ「……」

中島「ん、モンスターじゃなかったのか?」

カツオ「手札のバスターブレイダーとデーモンの召喚を融合し」

カツオ「超魔道師ブラックパラディンを召喚!」

中島「うっひゃ!かっけぇな!」

カツオ「ブラックパラディンで……」

タラヲ「^^」

中島「さぁあの草履頭にダイレクトアタックしてやれ!」

カツオ「中島にダイレクトアタック」

中島「え」

タラヲ(ニヤリ)

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 02:19:30.32 ID:qEuA1FQ70

すまん、ブラックマジシャンだった

中島「お…おい磯野ォ…」

カツオ「…」

中島「何の冗談だよ……?」

タラヲ「カツオ兄ちゃんは僕に洗脳されてるですぅ」

中島「洗脳だと!?」

タラヲ「うふふ」

カツオ「ダイレクトアタック」

中島「チッ…どうせ、ブラックパラディンは2900だ…まだ死にはしない」

カツオ「ブラックパラディンの攻撃力は」

カツオ「自分又は相手フィールド及び墓地に存在するドラゴン族のカード1体につき500Pアップする」

中島「へっ、ドラゴン族なんて…」

タラヲ「僕が何のためにドラゴン族デッキにしてると思うデスかぁ^^」

中島「て…テメェ……!!」

589 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 02:22:53.16 ID:qEuA1FQ70

アームドレベル5

アームドレベル7×2

アームドレベル3

レッドアイズ

☆8 ATK5400

中島「ご、ごせんよんひゃくだと!?」

カツオ「中島にダイレクトアタック」

タラヲ「ハハハハハ!!!最初から策は仕込んであったですぅ!!」

中島(……ここまでか)

中島(十代さん、後は頼みます)

中島(僕はどうやらここまでのようです……)

ズドーーーーンッ!!!!

タラヲ「アハハハハ!!!!!」

中島LP4000→LP0

592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 02:28:46.61 ID:qEuA1FQ70

バタッ

タラヲ「ふっ、メガネだけが無傷ですぅ」

カツオ「無様な死に様ですね」

タラヲ「コイツの策もアホ丸出しですぅ」

タラヲ「この調子で、全デュエリスト達を抹殺していくですぅ!!」

ぶろろろろん!!

2人の前に飛び込んできたのは

ピンクのスクーター

タラヲ「また邪魔者ですかぁ?」

カツオ「そのヘルメットを取れ!!」

スッ

マスオ「えぇー?まさか僕はお呼びじゃないってことかい?」

タラヲ「…っ……ぱぱ…!」

タラヲの顔色が青ざめる



603 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/30(金) 02:52:20.57 ID:qEuA1FQ70

寝ます
明日も仕事なんで落としてください
支援、保守ありがとうございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ん?連休か?ハルヒをセックス漬けにしたくらいだな」