のび太「ガチンコファイトクラブ……?」ドラえもん「そうや」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン、ファイターズのCS第4戦が始まってるぞ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 13:42:15.89 ID:+zbOJa070

ドラえもん「お前等4人、これからプロボクサーを目指してもらう」

のび太「!?」

ジャイアン「何だと!?」

出来杉「プロボクサーか…」

スネ夫「ママーーーーーー!!!」

ドラえもん「あんまり調子に乗っとったら全員辞めさすけぇ」

果たして、4人はプロボクサーになることが出来るのか!?

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 13:46:59.45 ID:+zbOJa070

ドラえもん「ここいる奴等は全員覚悟してるんだろうな?」

のび太「あ!秘密道具で簡単に鍛えるんだね!」

ドスドスッ

ドラえもんのボディブロー2発がのび太の脇腹に浴びせられた

のび太「ぐふぅぅ…」

ドラえもん「道具は使わん」

スネ夫「それなら、僕達が合格するなんて不可能だよ!」

のび太「そうだそうだ!」

ドラえもん「…チッ」

出来杉「ちょっといいですか?」

ドラえもん「なんや?」

出来杉「僕、こんな単細胞3人組と一緒に練習したくないんですけど」

ジャイアン「……あ?」

出来杉の一言に思わず立ち上がるジャイアン



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 13:50:01.82 ID:+zbOJa070

出来杉「…」

ジャイアン「今なんっつった?」

スネ夫「け、喧嘩はダメだよジャイアン…」

のび太「出来杉くんも謝ろうよ…!」

ドラえもん「…」

出来杉「離せよ豚ゴリラ」

ジャイアン「!!」

ガッ

出来杉の胸倉を掴むジャイアン

22世紀の猫型ロボットを目の前にして、喧嘩が始まろうとしていた

ジャイアン「ケジメつけて、俺達に謝れよな?」

出来杉(中指を突き立てる)

ジャイアン「……殺してやる!!!」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 13:55:37.02 ID:+zbOJa070

出来杉「こっちだって…!!」

組み合いになる2人

ジャイアンがマウントポジションを取り、鬼のパウンドを浴びせる

しかし、出来杉も負け地とガードを固めている

のび太「出来杉くんが死んじゃうよぉ〜!!」

スネ夫「ジャイアンダメだよ!」

ジャイアン「うるせぇ!コイツの命は俺のものだ!どうしたって構わねぇんだよ!!」

ドラえもん「おい…」

ジャイアン「何だよ!?」

ドラえもん「空気砲〜」

ズドンッ!

ジャイアンへ向けて容赦なく空気砲を放つ

ジャイアン「グアアアアア!!!」

やりすぎとも思えるその行為…ドラえもんは一体なにを考えているのか!?

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 14:00:58.41 ID:+zbOJa070

ドラえもん「お前等、ここに何しにきてんだ?」

のび太「え…」

ドラえもん「プロボクサーになるためちゃうんけ?」

スネ夫(ドラえもんが勝手に企画しただけなのに…)

ジャイアン「俺は認めねぇぞ…こんなポンコツロボットの下で練習するなんてな」

ドラえもん「お前、ボクシングが怖いんか?」

ジャイアン「…は?」

ドラえもん「殴られるのが怖い、練習が怖いから言い訳してるだけだろ」

ジャイアン「テメェ……」

ドラえもん「それと、お前もすぐに挑発するな」

出来杉「……」

ドラえもん「今度喧嘩したら、全員空気砲浴びせるけな」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 14:06:58.91 ID:+zbOJa070

ドラえもん「とりあえず、お前と出来杉はリング上がれ」

ジャイアン「リングに?」

ドラえもん「スパーリングじゃ」

何と、初心者の2人にいきなりスパーリングを命じるドラえもん

ジャイアン「上等だぜ…ぶっ殺してやるよ……」

出来杉「僕のスピードについてこれるのかな?」

のび太「出来杉くんって体重いくつなの?」

スネ夫「確か38kgだよ」

のび太「ジャイアンは?」

スネ夫「84kgかなぁ」

のび太「………」

圧倒的な体重差…!まるで蟻がライオンに立ち向かうようなもの!



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 14:10:18.86 ID:+zbOJa070

赤コーナーにジャイアン

青コーナーには出来杉

ドラえもん「2R3分じゃ」

のび太「ボクシングって3分なんだ!3分って楽そうだね〜」

スネ夫「のび太は馬鹿だなぁ」

のび太「どうして?」

スネ夫「分かりやすく言うと、3分間ずっとダッシュし続けれるか?」

のび太「ダッシュは無理だよ…歩きでも辛いのに…」

スネ夫「ボクシングの1Rはそれぐらいきついんだよ!」

のび太「うへぇ」

スネ夫「尚且つ、パンチをもらったりすればスタミナ消耗していくのさ」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 14:14:03.98 ID:+zbOJa070

のび太「じゃあ、出来杉くんなんてヒョロヒョロだから負けちゃうよね」

スネ夫「まさにミスマッチだよ」

練習生からも疑問の声が上がる程のスパーリング

果たして、ドラえもんは何を思い2人にスパーリングをさせるのか…?


ドラえもん「準備はええか?」

出来杉「はい」

ジャイアン「いつでもいいぜ…」

ドラえもん「第1R開始じゃ!」

カーーンッ

この後、リング上では信じられない光景が…!

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 14:19:34.75 ID:+zbOJa070

シュッシュッ

のび太「出来杉くん、左手ばかり出してるよ?」

スネ夫「ジャブで相手との距離を計ってるのさ」

のび太「えぇ?いきなり突っ込んで攻撃すればいいのに!」

スネ夫「馬鹿だなぁ…そんなことすれば、相手にボコボコにされるだけだよ」

のび太「よく分からないや」

スネ夫「だからのび太のままなんだよ!」




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 14:20:09.22 ID:+zbOJa070

ジャイアン「あぁ…?何してんだ…?」

出来杉「シュッ」

ジャイアン「さっさと終わらせちまうぜ…!!」

大振りの左フックを放とうとするジャイアン

出来杉「…」

しかし、出来杉はあっさりとウィービングで回避

のび太「なに今の!?」

スネ夫「上体をUの字にして避ける技だよ」

出来杉「シッ!!!」

ウィービングの反動をつけ、カウンターの右ストレートをジャイアンに放つ

ジャイアン「がはっ…」

何と、巨漢のジャイアンがその場で崩れ落ちてしまった



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 14:25:35.67 ID:+zbOJa070

ジャイアン「か…母ちゃんァァ…」

ドラえもん「もう終わりけ?」

ジャイアン「……う、うるせぇ…」

ドラえもん「はよ立て」

出来杉「やっぱりただのゴリラだったね」

のび太「あ、あのジャイアンが負けちゃったよ…」

スネ夫「出来杉の動きが滑らか過ぎて、僕にも見えなかったさ」

ドラえもん「今の見た通り、ボクシングは甘くない」

ドラえもん「それをお前等に分かってもらいたかったんや」

のび太「ゴクリ…」

ドラえもん「今日から地獄の始まりや、覚悟しとけ…」



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 14:32:20.65 ID:+zbOJa070

練習1日目…

朝の5時に練習生は空き地に集められた

ドラえもん「今から10時間、この空き地の中をずっと走っとけ」

のび太「へ?」

スネ夫「こんな、小さな空き地の中をかい?」

ドラえもん「10時間ぐらい走らんと意味がないからな」

ジャイアン「スタミナには自信があるぜ…」

ドラえもん「その代わり、途中で抜けることは許させへんぞ」

のび太「ええ!?」

ドラえもん「づべこべ言わず、はよ走れや!!」

拷問とも言えるロードワーク

空き地の景色を10時間も見続けなければならない、精神的な負担

5時間後、練習生達に異変が…!

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 15:06:00.91 ID:+zbOJa070

5時間後…
空き地で全裸で倒れこんでいる4人の姿が…!

ドラえもん「もう終わりか?」

のび太「ハァハァハァ…」

ジャイアン「も、もう走れねぇ……」

ドラえもん「まだたったの30kmやろ?」

スネ夫「ママーーーーーアァ!!」

出来杉「無理だよこれは」

ドラえもん「プロボクサーなるんちゃうんけ!!」

ドスッ

のび太「ぐへっ」

ドラえもん「こんな練習、ウォームアップ程度で終わらせてみろや!!」

ジャイアン「お前さっきから何調子に乗っとんの?」

ついに、練習生のジャイアンがドラえもんに牙を剥く…!!

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 15:09:21.54 ID:+zbOJa070

ドラえもん「もう一度言ったろか?」

ジャイアン「ゴチャゴチャうるせぇんだよ!!」

のび太「ジャイアン…!ドラえもんの体重は100kg以上…」

ジャイアン「黙ってろのび太!」

ドラえもん「お前みたいな豚やったら、ワシにパンチすら当てれんわ」

ジャイアン「死ね!!」

スカッ

ジャイアン「なっ…」

ドラえもん「言ったじゃろ?お前のパンチ、見えとるけ」

ジャイアン「こ、コイツ……」

ドラえもん「じゃあ次はシャドーの練習だよ」



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 15:13:07.79 ID:+zbOJa070

ドラえもん「シャドーは影の相手と戦う練習なんだ」

のび太「へぇー」

スネ夫「上級者になると、想像しながらシャドーも出来るのさ」

出来杉「最初の間はジャブ→ストレートの繰り返しだよ」

ジャイアン「やってやろうじゃねーか!」

ドラえもん「左手は常に上げとくんだよ?」

のび太「うん」

ドラえもん「そして、フットワークも忘れずにね」

タッタッタ

スネ夫「フットワークがぎこちなくなるや…」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 15:40:48.15 ID:+zbOJa070

ドラえもん「今からプロの格闘家とスパーリングしてもらう」

のび太「ぷぷぷプロの!?」

ジャイアン「俺がぶっ殺すぜ」

ドラえもん「ヒョードルさん、どうぞ」

ヒョードル「コンニチハ」

出来杉「えっ」

のび太「うわぁー熊みたいな人だね」

ジャイアン「俺よりデブじゃねぇかw」

出来杉「エメリヤー・エンコ・ヒョードルだよ!!」

のび太「だから誰なんだよ」

ドラえもん「元PRIDEヘビー級王者だよ」

スネ夫「僕のパパがヒョードルと知り合いでね」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 15:45:06.19 ID:+zbOJa070

練習生達の相手はボクシングからかけ離れた選手であった
当然、このスパーリングに不満を持つ練習生も

のび太「お前あんまりいちびんなよ?」

ドラえもんに詰め寄るのび太

場の雰囲気は異常な空気に包まれていた

ドラえもん「…なんじゃ?」

のび太「俺等がこんな熊相手に勝てる訳ねぇやろ?」

ドラえもん「いいから、リング上がれ」

のび太「あがらねぇよ!相手代えろ!」

ヒョードル「フゥ……」

ドラえもん「だったらワシがスパーリングする」

のび太「は?」

ジャイアン「あんた、ただのコーチだろ!入ってくんな!」

ドラえもん「今だけスパーリングパートナーじゃ」





61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 15:50:15.10 ID:+zbOJa070

のび太「ふざけんな、ヒョードルとやらせろ」

ドラえもん「それでええんか?」

スネ夫「のび太、何馬鹿なこと言ってるんだよ!」

出来杉「とうとう頭がおかしくなったのかい?」

のび太「俺はマジだ」

ドラえもん「やれんのか?」

のび太「上等だぜコリャ!!!」


のび太は防具をつけることを拒否した

ジャイアン「あいつ…男だな…」

スネ夫「今なら惚れそうだよ」

ドラえもん「勝負は1R5分×3じゃ」

のび太「オッケー」

ヒョードル「分かりました」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 15:54:38.53 ID:+zbOJa070

第1Rが開始

のび太はヒョードルに対して、左ジャブを連打で放つ

スネ夫「すごい…!フリッカーみたいだよ!」

ジャイアン「あいつ、陰で練習してたな…!」

のび太「シッシッ!!」

しかし、ヒョードルは全く手を出さず

のび太のフリッカーもどきを嘲笑うかのように避けていく

のび太(ハァハァハァ…スタミナがっ……)

とうとう、左手のガードがダラリと下がった

それはまさに相手にとっての最大のチャンス

スネ夫「危ない!!」

ヒョードル「フンッ」

ヒョードルの右フックが、のび太のテンプルに直撃した



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 15:59:43.47 ID:+zbOJa070

のび太は奇声を上げながら崩れ落ちた

スネ夫「のび太ァ!」

ジャイアン「のび太!」

ドラえもん「止めるな」

スネ夫「エッ」

ドラえもん「おい、メガネ」

のび太「ハァハァ…」

ドラえもん「もう終わりなんけ?」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 16:00:15.05 ID:+zbOJa070

のび太「うぐぅっ…」

ドラえもん「情けないのぅ…上等だコリャ?あぁ?」

のび太「ひっくひっく……」

ドラえもん「甘いんじゃ!!」

バシャァッ!

のび太に向けて灯油をぶっかけるドラえもん

ドラえもん「ファイトクラブは甘ないぞ…?」

スネ夫「やり過ぎだよ!!」

ドラえもん「お前も黙ってろや!」

出来杉「これじゃあ、ただの拷問ですよ…」

ジャイアン「いや、ドラえもんさんに任せよう」



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 16:06:43.27 ID:+zbOJa070

ドラえもん「ハッキリ言うてな、プロになってる奴はようさんおる」

ドラえもん「難しいのはプロになってからじゃ」

スネ夫「それがボクシングの辛いところだよね」

ドラえもん「プロになって、お前等やったら浮かれるじゃろ?」

のび太「…」

ドラえもん「ちょっと強い相手と戦って負ければ、もうそれで終いか?」

ドラえもん「違うじゃろ!!!」

どかんっ

ドラえもん「どんな時でも、屈しひん精神力がお前等には足らんのじゃ!!」

ジャイアン「…!」

出来杉「…」

ドラえもん「今のままじゃ、プロどころか素人以下じゃ」

突きつけられたドラえもんの一言に

動揺を隠せない練習生

このドラえもんの発言により、練習生の1人に異変が…!

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 16:13:47.54 ID:+zbOJa070

長い1日が終わり
2日目を迎える……

のび太「おはよー」

スネ夫「おはよう」

ジャイアン「うーっす」

ドラえもん「出来杉はどうした?」

のび太「そういえば、まだ来てないね」

スタスタ

出来杉「ちゃーす」

スネ夫「ん!?」

遅れてジムに入ってきたのは

髪型をモヒカンヘアーに変えた出来杉であった



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 16:14:16.45 ID:+zbOJa070

スネ夫「そ、その髪型どうしたの?」

出来杉「お前時代遅れな髪しとんのぉ」

スネ夫「謝れ…!!僕に謝れ!」

ジャイアン「スネオ、落ち着け」

ドラえもん「お前……その髪型なんじゃ?」

出来杉「モヒカンっすよ」

ドラえもん「それでボクシングできんのか?」

出来杉「できるって言ってんだろ、糞ロボット」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 16:19:57.44 ID:+zbOJa070

ドラえもん「お前ボクシングなめとんか?」

出来杉「ぽくつぃんぐぅ?ww」

ドラえもん「ゴリャァ!」

パチンッ!

のび太「あっ」

ドラえもんのツッパリが出来杉の顔面に直撃

出来杉「ウッァ…」

ドラえもん「お前いい加減にせいや!!」

出来杉「うるせーーーよ」

ドラえもん「髪型だけ一丁前に整えよってよぉ」

ドラえもん「大した動きも出来ひん癖に、なにいちびっとんじゃ!!」

出来杉「へへ…お前、ボクシングやったことねーだろ?」

ドラえもん「…」

出来杉の口から放たれた衝撃の言葉…!

まさか、コーチ自身がボクシング未経験なのか…!

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 16:25:26.79 ID:+zbOJa070

のび太「ホントに…ボクシングしたことないの…?」

ジャイアン「ハッキリしろよ!!」

ドラえもん「やったことない」

長い沈黙の後、ドラえもんの口からは「やったことない」の一言が…!

スネ夫「じゃあ、僕達に嘘を教えてたの!?」

ドラえもん「ボクシングは漫画で知っとるわ」

ジャイアン「漫画の知識で俺達に教えようとするんじゃねぇよ!!」

ドラえもん「・・・・・」

出来杉「ハッハァ!コーチ失格だな!」

ドラえもん「お前、その情報どこで掴んできたんじゃ…」

出来杉「秘密だよ」

ドラえもん「・・・」

ガチンコファイトクラブはここで解散となるのか…?

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 16:42:04.05 ID:+zbOJa070

ドラえもん「そんなん関係ないわ」

のび太「エッ」

ドラえもん「別に未経験者でも練習は教えれるんじゃ」

ジャイアン「ふざけんな、ど素人の癖によ!」

ドラえもん「甘っちょろいんじゃ!」

ドスッ

ジャイアン「ぐはっ…」

ドラえもん「お前等教えるのに、豪華なコーチはいらんねん」

スネ夫「ママーーーア」

ドラえもん「プロになるまでは俺の下で練習せいや!!」

誰1人納得の出来ないまま、2日目を終えた

そして、次の日思わぬ人物がジムに……

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/12/15(木) 16:48:01.20 ID:+zbOJa070

ドラえもん「今日は、特別コーチを連れてきた」

のび太「特別コーチ?」

ドラえもん「元WBCミドル級チャンピオンじゃ」

先生「これノビィ!!!」

スネ夫「先生!?」

ドラえもん「ボクシング界のミドル級絶対王者と恐れられた男じゃけんの」

ジャイアン「信じられねぇぜ」

出来杉「どこにでもいそうな先生が…」

先生「今日、先生が呼ばれたのにも理由がある」

のび太「何ですか?」

先生「ドラえもんくんとスパーリングをするためだ」

スネ夫「へっ」

なんと、先生とドラえもんによるスパーリングが行われる!

練習生達は期待を胸に待ちわびていた



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「あなたを犯して涼宮ハルヒの出方を見る」