シンジ「いいじゃないですか!減るもんじゃなし!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「彼にレイプされた」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:20:00.37 ID:apadFbt00

ミサト 「バカ言うんじゃないわよ!!離れなさい!!」

シンジ 「イヤです!!パンツ見せてくれるまで絶対に離れません!!」

ミサト 「碇司令に言いつけるわよ!!」

シンジ ( くそ・・・・こうなれば、>>5を使うしかないみたいだ )

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:20:45.97 ID:GRHaTBxM0

初号機

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:23:24.73 ID:apadFbt00

シンジ 「オラァ!!!」

ミサト 「ちょ・・・・何やってるの!!」

シンジ 「パンツ見せろオラアアアアアアアアアア」

初号機 「が、がおー」

リツコ 「まさか・・・暴走!?」

マヤ「 そんな、このままじゃ・・・!>>20で対策をとりましょう!!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:24:41.74 ID:tdQ5I6D90

カヲル君のパンツ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:27:49.93 ID:apadFbt00

マヤ 「先輩!あれしかありません!」

リツコ ええ・・・「ミサト!!これを初号機に!早く!」

ミサト 「わかっ・・・ !? リツコあんた、これをどこで」

リツコ 「いいから早く!!」

ミサト 「・・・」


ミサト 「シンジ君!!これを見なさい!!」

シンジ 「それは・・・僕のパンツじゃないか!!なんでそんなところにあるんだよー!!!」

がおー

リツコ ( まさかあの子・・・サードチルドレンのパンツを・・・)

マヤ 「これ以上悪化させるわけには!!>>35で今度こそ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:29:45.00 ID:2KzzXnBE0

なぜパンツが見たいのか綾波に問い詰めさせる

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:33:28.66 ID:apadFbt00

マヤ 「先輩!レイを呼びました!」

リツコ 「レイ!緊急事態よ、急ぎなさい!」


レイ 「・・・」

シンジ 「あ・・・綾波・・・?」

レイ 「どうしてパンツを見たいの」

シンジ 「そ・・・それは・・・み、見たいからだよ!悪いのかよ!!!」

レイ 「それなら、どうしてわたしに言ってくれないの」

シンジ 「!?」

レイ 「わたしは碇君のためなら全裸にもな」

リツコ 「回収!!早く!!」

マヤ 「最終手段です・・・>>50

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 14:34:36.76 ID:/hKYJrIR0

パパとお話

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:40:41.29 ID:apadFbt00

ゲンドウ 「シンジ」

シンジ 「父さんまで、僕を邪魔する気なの!?父さんは僕がパンツを見れずに死んでもいいって言うのかよ!!」

ゲンドウ 「シンジ、何故レイの全裸に興味を示さない」

シンジ 「全裸なんて見てどうするんだよ!!パンツ見たほうがずっといいだろ!!」

レイ 「・・・」

ゲンドウ 「お前はどこまで馬鹿なんだ」

シンジ 「うるさい!!全裸より、パンツのほうがエロいじゃないか!!」

ゲンドウ 「おっぱいのほうがいいだろう」

リツコ 「もうダメよ、エントリープラグを強制射出!!」


アスカ 「なーんか、騒がしいわね・・・>>70

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:42:46.49 ID:pad2zx/30

全裸+パンツのアスカで応戦

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:47:49.22 ID:apadFbt00

アスカ 「ちょっと、うるさいわよ、何やってるわけ?」

ミサト 「アスカ、ちょうどいいところに来たわ!シンジ君を止め・・・あ、アスカ!?どうしたのその格好」

アスカ 「あっついのよ、別にいいでしょ。 ちょっとシンジ!やめなさいよ!」

シンジ 「うるさ・・・ぱ、パンツウウウウウウウウ」

アスカ 「なによ、パンツくらいで。ばっかじゃない。ほら、こっちきて落ち着きなさいよ」

レイ 「・・・」

シンジ 「パンツッ!!パンツッ!!」

ゲンドウ 「おっぱいっ!!おっぱいっ!!」

アスカ 「げっ!!シンジ以外近寄らないでよ!!」

マヤ 「不潔・・・」

>>85

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:48:26.47 ID:pad2zx/30

ヤる

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 14:54:01.59 ID:apadFbt00

---

ケンスケ 「あっ・・だ、ダメだよ・・・」

トウジ 「うるさいわ!ちょっと黙っとかんかい!ほら、挿れるで・・・」

ケンスケ 「あ、ああっ!!」


---

アスカ 「離れなさいよ、バカ親子オオオオオ!!」

リツコ 「司令!!いい加減にしてください!!」

ゲンドウ 「おっぱいおっぱい!!!レイより貧乳のおっぱい!!ハァークンカクンカ!!」

シンジ 「パンツパンツァアア!!もう死んでもいい!!ミサトさんの中年パンツなんて要らない!!」


ミサト・レイ 「・・・>>110

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 14:55:01.01 ID:s208ovlt0

俺のこの拳が真紅に燃えるぅ!

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[元ネタ知らん] 投稿日:2011/11/28(月) 15:00:45.84 ID:apadFbt00

レイ 「私のこの手が真っ赤に燃える」

ミサト 「勝利を掴めと轟き叫ぶッ!!」

ミサト 「ばくねえつつううううう」

レイ 「ゴットフィンガー」

どかーん

ゲンドウ・シンジ 「アゲゥグハ!!」

シンジ 「な、なんで殴るんだよ!!ひどいよ綾波!!パンツ見せてよ!!」

ゲンドウ 「葛城三佐、減給処分だ」

レイ 「碇君のためなら全身パンツになるわ」

ミサト 「いやですわ、冗談ですよ碇司令!あ、あははって何揉んでるのよ!!変態オヤジ!!」


加地 「ん?なんで誰もいないだ?探してみるか・・」

>>130

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:02:58.72 ID:lDBljZtC0

なんかあんまエヴァの事しらなそうな>>1だな

st

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:02:59.05 ID:pad2zx/30

別室でシンジxアスカ

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:07:55.89 ID:apadFbt00

加地 「・・・な、なんだこれは・・・」

アスカ 「あっ!加持さん!ち、違うの!これは、・・・シンジに無理やり!」

シンジ 「え!?アスカが勝手に見せてきたんじゃないか!綾波が全身パンツになってくれたし、もうアスカはいいよ!」

アスカ 「・・・はァ!?ちょっとアンタ、こっち来なさいよ!」

シンジ 「な、なにするんだよ!離せよ!綾波!綾波ィイイ!!パンツゥウウ!!」

レイ 「碇く・・・ど、どこ?前が見えない・・・」


---

アスカ 「散々、あたしのことバカにしてくれたわね」

シンジ 「アスカのパンツはいいって言っただろ!ここから出せよ!!」

アスカ 「・・・。さて・・・どうしてくれようかしら?」

>>145

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:10:03.46 ID:SpLoGNtr0

この>>1はできる子
別室しか書いてない事も忠実に表現

安価下

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:10:04.92 ID:3je/ZgUW0

目標をセンターに挿れてスイッチ

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:13:59.30 ID:apadFbt00

アスカ 「ふふ・・・シンジ、コレを見なさい」

シンジ 「な、なんだよ、それ・・・何をする気だよ!!」

アスカ 「ヒカリから借りてきたのよ。ほら、さっさと脱ぎなさい!」

シンジ 「や、やめ、ちょ、おいやめろ!!」

アスカ 「ふっふーん。これを、ここに当てて・・・いくわよ」

シンジ 「え?え?」

アスカ 「目標をー?センターに入れてー?」

シンジ 「す、スイッチ」

アスカ 「よくできました!」



シンジ 「                                            」



カヲル 「・・・ん?」

>>165

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:17:03.88 ID:pad2zx/30

騎馬位

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:22:44.89 ID:apadFbt00

シンジ 「アスカアアアアアアアア抜いて、抜いてよおおおお僕は男だよお!?」

アスカ 「ンなの、わかってるわよ。バッカじゃない?」

シンジ 「どうじでごうなるんだよおおおおおおお」

アスカ 「ふふ・・・燃えてきたわ。せっかくだし、目隠しとかしちゃう?」

シンジ 「なんでだよおおおおお」

カヲル 「コレも使うかい?猿轡。」

アスカ 「あ、いいわね!もーらいっ・・・・!?」

カヲル 「さあシンジくん、僕と愛しあおう」

シンジ 「カヲル君!?モガッ」

アスカ 「ちょ…ふざけんじゃないわよ!
      いや、ちょうどいい…あんたとは一度、決着をつけておかないといけないと思ってたところだわ!」

カヲル 「騎馬位で勝負・・・だね?」

アスカ 「そうよ!!」

シンジ 「!?  !!?」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:26:53.23 ID:apadFbt00

アスカ 「あんたはそっち!あたしはこっちよ!!」

カヲル 「了解。シンジ君、ちょっと失礼するよ」

シンジ 「モガア!ガフッ、ウグ」

アスカ 「いくわよ…オラアアア!!」

シンジ 「!!!」

カヲル 「ふっ…レディーの出す声じゃないね…」


マヤ 「これが…騎馬位…私、初めて見ました!!」

リツコ 「エヴァパイロット、選ばれた子供たちだけにあたえられた資格…
      一人のチルドレンを仰向けに寝かせ、勝負をする二人は仰向けになったチルドレンの
      脚と腕に乗り、ムチを持つ・・・そして、叩く!お互いを、叩く!!
      そして、>>180をしたほうが勝利をおさめるのよ」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 15:27:23.17 ID:s208ovlt0

      / .:.:. / ̄  \  _,,,,-‐'''"   \, へ、
     / .:.:/ /\.:.:    /            ヽ
     /.:.:.:,‐'" 〈.:.:.:.:\.:.:.: /.:.:___,,,,-‐ __.:.:_,,,,-‐.:.:   `、,,_
   _,,,-''"    |\.:.:.`''/_..-'/,,-‐''"∠..,,,,,,/_,,,,-‐  __ ヽ、               ─大─    ,イ ─┼─
--‐''        |,ィ'⌒゙ヽiイ´ // , " ̄`ヽi! /// .:  ヽ、`ヽ、       ── ``   _二/二ヽ二_  .│  │
      .:.   〈 (~< レ  '´  ' ..,,_('ッ ゙i!/'´ //|.:.:   \                  ノ ┼  \   │  │
   _,,,-''.:.   .:.:.\ `        ,,、、´゜、、、 __,,,,.../ ::|.:.:|.:.: |     (___      -┼-      .│ .─┴─
--‐''.:.:.:.:/::  .:.:.:.:./´`T            ,,_(ッ,ノ /.:.: / :/|.: /
.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./:::/            /~⌒ヽ、-/゙//| :/|/ |/     ──┼── ───,,
---‐-、____,、-‐<           /⌒゙ヽ  ヽ>  / |/ |/            . /│         /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、'、        /‐-、_ 〉 / , '               ヽ|    / ̄ ̄\
;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,-‐'''"\\__\   `ヽ-、;_/ ,,-''                 .ノ       <二>__ノ
 ̄ ̄^i;;;;;;;;;;`-;;;;;;;) \ノ::::´`ヽ、   ,, - "ヽ、
::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;∠-‐'''"`-、:.:.:.:.: `''''".:.:.:.:.:.  '、                 /  __          /        |
::::::::::::::::\;;;;;;;;;/::::\|;;;|;;;ヽ、:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:. ',                |              /         |
\::::::::::::::::|;;;;;/::::::::::::/;;;/;;;;;;;;|.:.:.:.:.:. / |.:.:|\: i                |        ┼┼-,  / /ヽ   |   |
:::::\:::::::::::`‐'::::::::::::/;;;/;;;;;;;;;/.:.:.:.:/ //  |: /                 レ  \_    | −'~ //   ヽノ   ☆

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:31:19.43 ID:apadFbt00

リツコ 「見ていなさい、勝敗が決まるわ!!」


アスカ 「ふっ!!今よ!!ご奉仕す、痛ッ!」

カヲル 「甘いねセカンド!ご奉仕するにゃん!!!」

アスカ 「うそ・・・ま‥負けた・・・」

カヲル「ふ…これでシンジ君は僕のもの…ん?ファーストじゃないか。
     僕達の熾烈な闘いを見に来たのかい?」

レイ 「録音した」

カヲル 「え?」

『ご奉仕するにゃん!!!』
『 ご 奉 仕 す る に ゃ ん ! ! ! 』
『  ご  奉  仕  す  る  に  ゃ  ん  !  !  !  』

カヲル 「やめ・・・やめろ!!」

レイ「やめない」

『ご奉仕するにゃん!!!』『ご奉仕するにゃん!!!』『ご奉仕するにゃん!!!』

カヲル 「僕のイメージが崩れてしまうだろ!!」

>>195

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 15:36:21.49 ID:js7dcC0m0

赤目シンジ「レコーダーを…返せっ!」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:40:47.59 ID:apadFbt00

シンジ「レコーダーを…返せっ!」

レイ 「碇君、これはあなたのために」

シンジ 「返せ!カヲル君は、確かにちょっと僕のストーカーしてたり、パンツを盗んだり、
      ホモだったり、騎馬位のときに叩かれて気持ちよさそうな顔してたりする変態だけど、」

カヲル 「やめ・・・や・・・」

シンジ 「僕の、友達なんだ!!!」

アスカ 「シンジ、あんた…」

カヲル 「…シンジ君」

レイ 「しかたないわ…碇君、コレを」

シンジ 「綾波ならわかってくれると思っていたよ。そのパンツ、似合うよ」

レイ 「碇君…」

バキッ

シンジ 「・・・これで、大丈夫だよ。カヲル君。」

カヲル 「シンジ君…!!」

>>205

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 15:44:27.14 ID:YSBPRwI00

MAGIが全能力を傾けてこの流れを録音録画最重要ファイル化していたことが判明

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:47:40.09 ID:apadFbt00

シンジ 「いつものお礼だよ。ありがとう、カヲル君。」

カヲル 「シンジ君…!!」


マヤ 「いい話っぽいところ悪いですが」

リツコ 「MAGIが全能力を傾けてこの流れを録音録画、最重要ファイル化していたことが判明したわ」

カヲル 「くそが!!リリンの産み出すものはこれだから!!くそが!!!」

シンジ 「そんな…どうやって回収すればいいんだ…」

アスカ 「じっじゃあ、あたしたちの全裸に近い格好も録画されたってこと!?」

レイ 「…わたしに案がある。」


レイ 「>>215すればいい」


215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:49:51.12 ID:J7til3wbO

マヤを調教してエッチなペットに

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 15:54:35.86 ID:apadFbt00

マヤ 「・・・えっ!?わ、私ですか!?」

リツコ 「なるほどね」

マヤ 「え!?いや、納得しないでくださいよ!」

リツコ 「いい、マヤ。MAGIが勝手な行動をしたの。録画、録音、という、全く意味のない行動をね。
     何故だと思う?…遊びたいのよ。」

マヤ 「あそび…たい?」

リツコ 「私たち、楽しそうだったのよ。MAGIから見たらね。そして、MAGIは混ざりたいと考えた。
      やり方はひどいわ。けれど、MAGIなりにやったのよ。」

リツコ (そうよね…母さん)

マヤ 「…分かりました。私、やります!いいえ、やられます!」


アーンアンッアンッイイッイイデスッセンパイッモットォッ!!
フフ・・・リッパナワタシノペットネ、イイワ、オノゾミドオリシテアゲル!
アアッ!!

アスカ 「・・・サイテーだわ」

ラスト>>230

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 15:57:57.70 ID:01SBVvXz0

冬月「気持ち悪い……」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 16:02:28.52 ID:apadFbt00

マヤ 「はっ、あ、せんぱっ…そこ、らめれす、らめ、マヤ、いっちゃいますぅっ!!」

リツコ 「ふふ…そんなこといって、ココは正直よ?ほら、やめていいの?言ってご覧なさい?」

シンジ 「アスカ!アスカのパンツ!いいの!?ほんとにいいの!?やったー!!アスカのパンツだー!!」

レイ 「碇君。私のも見て。全身パンツ、もう一度やってみたの。どう思う?」

アスカ 「ハッ!そんなの、どこがいいのかわっかんないわ!こっちの普通のパンツのほうがいいじゃない!」

加地 「アスカ、パンツは白と青のボーターにしろと言っただろう。ダメな子にはお仕置きだな、ほら、背中を舐めさせるといい」

ゲンドウ 「おっぴゃああああいもふもふ!!もふもふ!!ふにふに!!!葛城三佐!給料アップだ!!」

ミサト 「はいっ!!どうぞ、どんどんどうぞ!!ミサトの中年おっぱいかわいがってください!!」

カヲル 「違う…あれは僕じゃない…セカンドが悪い…いや、ファーストも悪いんだ…ブツブツブツブツ」

シンジ 「楽しい…楽しいなあ!!たくさんのパンツに囲まれて、僕は幸せだよ!!あは、あははっ!!」





冬月 「気持ち悪い……」






ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「有希の本を床にドーンwwwwwwww」