銀時「涼宮ハルヒの憂鬱?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「夏休みの終わり際歩美の家への侵入に成功。安価で行動する」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:06:36.58 ID:TZ1180fgO

前回ミスして落としてしまいました、もう一度だけやらせてください


新八「知りませんか?すごく流行ったアニメですよ、最近は映画もやってるとか…」

新八「面白そうなんで原作の小説、借りて来ちゃいました」

銀時「やめとけ新八…お前は一度ハマったら抜け出せねータイプだ…」

新八「いや…何がですか?」

銀時「女っ気のねーこの環境でそんな美少女アニメみてーなの見たら…死ぬぞ」

新八「いや大丈夫ですよ!?現実と架空の世界は区別出来ますからね!?」

新八「それにこれ小説ですから!挿し絵は結構可愛らしいですけど…」

銀時「だから止めとけ…下手したらお前、廃人になるからね?」

神楽「オイお前ら、私は女じゃないアルか、空気にすんなヨ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:09:06.27 ID:TZ1180fgO

新八「分かりましたよ…銀さんがそこまで言うなら読みませんよ」

銀時「そうしろよ、明日なったらとっとと返しに行ってこい」

神楽「私の出番はこれで終わりアルか、もはや要らない子アルか?」



銀時「便所便所…ん?新八の奴、机の上に置きっぱなしじゃねーか」

銀時「大体何だこの題、『涼宮ハルヒの憂鬱』…テメーが憂鬱だろうが知るかってんだ」

?『好き勝手言うわね…腹が立つわ』

銀時「だってそうだろうよお前、人様の杞憂事なんざに一々付き合ってらんねーよ」

?『あなた…本が喋り出しても驚かないのね』

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:11:01.59 ID:TZ1180fgO

銀時「は?本が喋る?何馬鹿なこと言ってやが………」

?『…あなた、私が誰だか分かってる』

銀時「……さーて便所行って寝るか、あ…明日ジャンプの発売日か?」

?『無視するんじゃないわよ!』

銀時「知るかァァァ!何この状況!?何で本が喋ってんの?意味が分かんねーだろ!」

?『それよりあんた…よくもあたしを貶してくれたわね』

銀時「いや貶すもなにも思ったこと言っただけだよね!?」

?『うるさい!あたしは今イライラしてんのよ!』

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:13:34.55 ID:TZ1180fgO

銀時「何?二期がコケたからキレてんの?予想よりDVDが売れなかったのが悔しいの?」

?『悔しい?意味がわからないわ、あたしは最初から映画で勝負って決めてたのよ』

?『その証拠にたくさんの人が観に来てるしね?トップテンにも入ったわ』

銀時「半端にテレビ終わらせて続きは劇場でみたいな?ドラマとかにあるあの手法?」

銀時「イヤだねーそういうの、毎週見てくれてる視聴者に失礼だよね」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:17:31.03 ID:TZ1180fgO

銀時「しかも二回目を見に来てくれた人には限定グッズをプレゼントみたいな?」

?『あんた…興味ないわりにはよく知ってるわね』

銀時「そういう情報は自然に流れるモンなんだよ、セコいよねそういうやり口」

銀時「もう絞れるだけ金を絞ろうってのが見え見えだよね、やり方があざといよね」

銀時「俺ァそんな映画は絶対観に行かないね、ざまーみろ!」

銀時(まあ俺らも前売り券特典とかで釣ってるけど)

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:19:15.35 ID:TZ1180fgO

?『……完っ全に頭来たわ、そこまで言うならあんたが自分でやりなさい!』

銀時「……は?」

?『今、あたしたちの物語は分裂で止まってるのよ、それを完結させなさい』

銀時「いや…意味分かんねーし、何その分裂って」

銀時(あれ?何かちょっとヤバい感じがするんだけど?)

?『行くわよ…覚悟しなさい』

銀時「待った!ごめん、調子扱いた!ちょっと落ち着け!意味が分かん…」

?『もう遅いわ…自業自得よ』

銀時(な、何か本が光出した!?え、待って!ちょっと待ってェェェェ!?)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:20:31.37 ID:TZ1180fgO

−−−

銀時「……」

岡部「起きてください、坂田先生」

銀時「…ん?、何だ夢か……脅かしやがっ……」

岡部「転任一日目から眠ってちゃダメでしょう、ほら、生徒に挨拶しにいきますよ」

銀時「………」

銀時(え?ちょっと待って…え?何これ?何この状況!?)

岡部「…何か?」

銀時「…いや、あの…なんでもないです」

銀時(なんでだァァァ!何がどうしてこうなったァァァァ!?)

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:23:29.37 ID:TZ1180fgO

−−−

ハルヒ「今年の一年は不作ね、特に欲しいと思うのはいなかったわ」

キョン(こいつの目に止まるような変人下級生がいなかったことを俺は喜ぶべきだな…)

ハルヒ「今日は新しい教師が来るらしいわ、期待してないけど…まあ一応調べないとね」

キョン「新任教師?そりゃ初耳だな」

キョン(新任教師が来るなら前もって知らせがあっても良さそうだが…)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:25:57.01 ID:TZ1180fgO

岡部「みんな席に着けー、今日は新しい先生を紹介する…では坂田先生」

銀時(マジか…マジでやんのかオイ……)

銀時「新任教師の坂田銀八でーす…」

ハルヒ「!」

キョン「あれ…どっかで聞いたような声だな…」

ハルヒ「こ…これは久々に面白そうなネタを発見したわ!」

キョン「やれやれ…また面倒なことになりかねんな…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:28:29.91 ID:TZ1180fgO

放課後

銀時「はぁ…なんでこんなことになっちまったんだ…何とか帰る方法探さねーと」

ハルヒ「ちょっとあんた!」

銀時「……オイお前、呼ばれてんぞ?」

谷口「え?俺?」

ハルヒ「違うわよ…あんたよ、あんた!」

銀時「ワリー、お前じゃなかったわ…そっちのお前、コイツが用事があるってよ」

国木田「ぼ、僕ですか…?」

キョン(ここまで堂々とハルヒを受け流せる奴もなかなか珍しいな…)

ハルヒ「あんただって言ってんでしょ銀髪!ちょっと来なさい!」

銀時「バカお前!ネクタイ引っ張るんじゃ……うげっ!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:31:38.02 ID:TZ1180fgO

部室

ハルヒ「やっほー!みんな揃ってる?」

長門「………」

みくる「あっ、涼宮さんにキョン君!それと…もう一人?」

古泉「そちらの方は?」

ハルヒ「喜びなさい!我が団が調査するに相応しい対象物をあたしが発見したわ!」

古泉「……涼宮さん、まずはそのネクタイを掴んでいる手を離すべきかと」

ハルヒ「こうでもしないとコイツ逃げちゃうわよ」

みくる「いや…あの…逃げられないと思います」

ハルヒ「何で?」

キョン「は、ハルヒ!ネクタイ放せ!ヤバい!」

銀時「………」チーン

ハルヒ「あ…ずっと引きずってきたから…」

古泉「窒息していなければ良いのですが…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:33:19.54 ID:TZ1180fgO

−−−

銀時「……」

ハルヒ「あらためて自己紹介するわ、あたしは涼宮ハルヒ!このSOS団の団長よ!」

長門「…長門有希」

みくる「えっと…朝比奈みくるです、どうぞよろしくお願いします」

古泉「お初にお目にかかりますね、僕は古泉一樹です…お会いできて光栄ですよ」

ハルヒ「あと、そいつは雑用その1よ」

キョン(名前を名乗ることさえ俺には許されんのか)

銀時「………」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:36:52.51 ID:TZ1180fgO

ハルヒ「何よ、黙りこくって…何か言いたいことでもあるの?」

銀時「あるに決まってんだろうがァァァ!いきなり訳ワカメな所に連れて来やがって!」

銀時「新任教師を虐めんのがそんなに好きなのかテメーらァァァァァ!」

長門「!」

みくる「ひ…ひぇ…す、凄いです……」

古泉「これは…なるほど…確かに驚きですね」

ハルヒ「でしょ!これはもう大発見よ!」

銀時「…何だテメーら、そんなに死んだ魚の目をしてる奴が珍しいのか?」

キョン「多分…俺たちの声のせいですよ」

銀時「……」

ハルヒ「うーん、やっぱり似てるわね!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:40:38.36 ID:TZ1180fgO

銀時「あー…あれか?もしかしてお宅も家に杉田を飼ってんの?」

キョン「…はい?」

銀時「大変だよなーお互いに、あいつすぐにアドリブするしね」

キョン「いや…何言ってるのか分からんしそれ以上は止めてくれ、ヤバい気がする」

みくる「杉田って…一体何なんですか?」

古泉「まあ……僕らは知らなくてもいいことでしょう」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:43:20.84 ID:TZ1180fgO

ハルヒ「とにかく、あんたは今日からあたしたちの観察対象だから!」

銀時「何その観察対象って!?それってもうすでに人として扱われてないよね?」

ハルヒ「とりあえずは…そうね、まあ何日か様子を見るわ!」

銀時「オイ聞いてんのかテメー!何勝手に話進めてんだ!」

ハルヒ「じゃあみんなそういうわけでやっていくわよ!」

銀時「スルーすんなァァァァァ!!」

キョン「………」

キョン(俺、こんな声だったのか…)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:47:11.59 ID:TZ1180fgO

−−−
放課後、帰り道

銀時「くそ…何だあの凶暴女…そもそもあの団の面子が意味不明じゃねーか!」

銀時「凶暴女に俺の声をモシャスしてるヤローまでいやがって…」

銀時(大体何だよ、物語を完結させろって…何か事件でも起こるってのか?)

銀時(毎年決まった祭りの日に死人と行方不明者が出るみてーな?)

銀時(……それはねーか)

−−−

ハルヒ「あの教師なかなかね!新入生は不作だったけど埋め合わせになるわ!」

キョン「そりゃまあ…確かに変わってる人ではあったがな」

キョン(自分とそっくりな声を聞くと…何というかぞっとするもんだな…)

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:51:56.39 ID:TZ1180fgO

翌日

銀時(今日はとっとと帰らねーと…あの女に見つからねーようにこっそり…)

ハルヒ「あっ!あんた、今日も部室に来なさい!色々と話を聞かせてもらうわ!」

銀時「いや…今日はちょっとバラモス倒しに行くから…世界救わなきゃいけないから」

ハルヒ「ゴチャゴチャ言わないで来なさいよ!」

銀時「………」

銀時(どうやったらこんな人の話を聞かねー性格に育つんだオイ…ある意味奇跡だろ)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 20:56:29.22 ID:TZ1180fgO

部室

ハルヒ「さーて、色々聞きたいことはあるけど…何から調べようかしら?」

銀時(帰りてェ…なんでこんなことしてんだ俺は…)

ハルヒ「とりあえず拘束して麻酔を打ってから考えるわ!」

銀時「その前提がおかしいだろォォォォ!完全に解剖する気だろお前!」

ハルヒ「科学の発展に犠牲は付き物よ!」

銀時(こ、この馬鹿ならマジでやりかねねえ!何とか話逸らさねーと!)

銀時「そ、そういや今日はあいついねーのな!あの綾波っぽい奴」

キョン「綾波って……」

ハルヒ「そういえば有希がいないわね…電話してみるわ」

キョン(綾波で通じたよコイツ…やっぱり意識はしてたんだな)

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:01:22.88 ID:TZ1180fgO

ハルヒ「ちょっとキョン!今日有希が休みって知ってた!?」

キョン「な、何だと!」

ハルヒ「今から有希の家に行くわよ!みくるちゃん、早く着替えて!」

みくる「は、はい!」

銀時「野郎はとっとと出てけ、俺は着替えを手伝うために残……」

ハルヒ「あんたも出てけ!」バキッ

銀時「あべしっ!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:07:01.83 ID:TZ1180fgO

廊下

キョン「古泉…長門が休んでたなんてお前知ってたか?」

古泉「神に誓って知りませんでした…敵の侵攻が始まったようですね」

キョン「くそっ…長門…無事でいろよ」

銀時(長門って奴が綾波なら…あの凶暴女がアスカ?で、コイツがシンジ君?)

銀時(やべーよ、エヴァとか乗り回すような事態になったら俺確実に死ぬよね?)

ハルヒ「準備出来たわ!行くわよ!」

銀時「よっしゃあ!じゃあ俺はここでアディオスするぞ!」

ハルヒ「あんたも来るのよ!」

銀時「ですよねー」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:09:04.07 ID:TZ1180fgO

−−−
マンション、長門の部屋の前

ハルヒ「有希!来たわよ!開けてちょうだい!」

キョン「大丈夫か長門!返事しろ」

銀時「…ダメだなこりゃ、うん開かねーわ、じゃあ今日はこの辺で帰」

ハルヒ「帰るなんて言う奴はマンションの屋上から突き落とすわよ!」

銀時「もしもし綾波さァァァァん!お元気ですかァァァァァ!?」

キョン「………」

古泉「………」

キョン(この人…事の重大さに気付いてるのか?)

ハルヒ「ダメだわ!みくるちゃん、事情を説明して合い鍵貰ってきて!」

みくる「は、はい!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:15:45.47 ID:TZ1180fgO

銀時「合い鍵なんざいらねーよ、テメーらの頼み方が悪いんだ…ここは俺に任せろ」

ハルヒ「た、頼み方って…そんなの関係あるはずないじゃない!」

銀時「馬鹿、引きこもりを連れ出すには頼み方が命だろ」

キョン「……引きこもり?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:17:34.84 ID:TZ1180fgO

銀時「長門だったか?お前実はドアのすぐそばで聞き耳立ててんだろ?」

銀時「落ち着いて聞け…実はこのマンションには…強力な爆弾が仕掛けられてんだ」

銀時「しかも…それが仕掛けられているのはテメーの部屋らしい…」

銀時「もし爆弾が爆発すればこの辺り一帯が……火の海になる」

銀時「だが安心しろ…俺たちが絶対に爆弾を解体する、そのためにもここを開けてくれ」

銀時「君をこんな危険な任務に巻き込んでしまったことを……本当にすまないと思う」

シーン

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:23:41.68 ID:TZ1180fgO

銀時「………」

ハルヒ「………」

キョン「………」

古泉「………」

銀時「…うん、やっぱ普通に合い鍵使って入ったほうが」

ハルヒ「この緊急時にしょうもないことやってんじゃないわよ!」バキッ

銀時「ぐはっ!…何故だ、普通の引きこもりなら怖がって出てくるはず…」

ハルヒ「第一有希は病気なの!引きこもって出て来ないのとは違うのよバカ!」

みくる「あ、あの!合い鍵持ってきました!」

ハルヒ「良かった!早く開けてちょうだい!」

銀時(これやっぱさ…俺は来なくて良かったんじゃね?)

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:29:51.38 ID:TZ1180fgO

長門宅、室内

ハルヒ「有希!大丈……ゆ、有希!?」

銀時「!」

みくる「な、長門さん…!」

古泉「こ…これは…一体…!」

キョン「………」

キョン(……待て、この状況は何だ…なぜ…なぜ長門が血を流して倒れている…?)

ハルヒ「こ…こんなの…ど、どうして…病気だったんじゃ…」

みくる「ど…どうすれば…」

銀時「…しっかりしろテメーらァ!突っ立ってる暇があるならさっさと動け!」

キョン「銀時…先生…」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:34:49.87 ID:TZ1180fgO

ハルヒ「そ、そうよ!みくるちゃん!何か止血できる物持ってきて!」

ハルヒ「古泉君は救急車よ!」

みくる「は、はいっ!」

古泉「承知しました!」

キョン「長門!しっかりしろ!」

キョン(何だこの傷…刃物で刺したとかいうレベルじゃ……まさか…!)

長門「………て…」

キョン「ど、どうした長門!何があった!」

長門「逃げて…まだ……いる」

ハルヒ「いるって…有希にこんなことした奴がここにいるの!?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:39:02.11 ID:TZ1180fgO

銀時「………あれ?」

ハルヒ「何よ!どうかしたの?」

銀時「なあ…テメーらエスエス製薬は確か五人組だったよな?」

ハルヒ「こんなときに何よ!」

銀時「いや…その五人に俺が入ったら六人だよな?足し算間違えてねーよな?」

銀時「目の錯覚か?…何かこの場に七人いるように見えんだけど?」

ハルヒ「はあっ!?あんた一体いつまでふざけ………」

ハルヒ「………」

古泉「…い、いつの間に……!」

朝倉「フフ……こんにちは」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:45:01.63 ID:TZ1180fgO

キョン「朝倉……お…お前…!」

朝倉「抵抗しないでね、あなた達をあまり傷つけたくないの」

キョン(長門の傷は朝倉と闘った際に負ったものと酷似していた…)

キョン(思念体とかそっち方面の輩の仕業とは思っていたが…またこいつか!)

ハルヒ「あんたね…あんたが有希を…!」

キョン「よせハルヒ!近付くな!」

朝倉「あなたは重要人物なのよ…少し眠ってもらうわね」

ハルヒ「うあっ……ん………」

古泉「涼宮さん!」

キョン「は、ハルヒ!」

キョン(くそっ…呪文か…!)

銀時「………」

銀時(敵ってのはコイツか?…こいつを倒せばエンディングなのか?)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:48:59.97 ID:TZ1180fgO

キョン「何故…お前がここにいる!何故お前は長門にこんなことを!」

朝倉「長門さんは私達にとって強力な障壁だからね、下手に動かれちゃ困るのよ」

古泉(マズいですね…この朝倉さんに長門さん以上の力があるなら僕たちに勝ち目は…)

銀時「…下がれテメーら、とっとと倒れてる奴ら運んで逃げろ」

みくる「ま、まさか戦うつもりなんですか!ダメです、一緒に逃げないと…!」

古泉「彼女は一般人が戦える相手ではありません!!ましてや木刀などでは…」

銀時「コイツ倒さないとエンディングにならねーんだよ…ローラ姫が出て来ねーだよ」

銀時「それに…一応今んとこ、俺はお前らの教師らしいからな」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:53:22.21 ID:TZ1180fgO

長門『聞こえる?』

銀時「え…?何これ…え?テレパシー?」

長門『今の私の肉体では声を発することが困難、直接あなたの意識に語りかけている』

銀時『意識に語る?…お前人間じゃねーな、何者だ?』

長門『その説明には時間を要する、今は目の前のことに集中すべき』

長門『現在私は肉体を修復させている、それが完了するまで耐えてほしい』

銀時『時間稼ぎか…どんぐらい粘りゃいい?』

長門『三分あれば充分、あとは任せてくれていい』

銀時『お前あいつにやられてんだろ?勝てんのか?』

長門『不意をつかれた、同じミスは繰り返さない』

銀時『正直こんなことやりたかねーが…こいつも元の世界に帰るためか…』

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 21:58:18.53 ID:TZ1180fgO

朝倉「あら、戦うつもりなの?」

銀時「勇者にも色々事情があんだよ、エスターク」

キョン(エスタークって…)」

銀時(無理に戦う必要はねえ、要は時間稼げりゃいいんだろ…)

銀時「…少し聞きてーことがある」

朝倉「何かしら?」

銀時「テメー…一体誰とつるんでやがるんだ?」

朝倉「…どういう意味かしら?」

銀時「さっきお前『私達にとって』って言ったじゃねーか、仲間がいるんだろ?」

古泉(このお方…抜けているようで観察すべき部分はしっかりと…)

みくる(この人…一体何者なんでしょう…?)

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:04:45.98 ID:TZ1180fgO

朝倉「そうね…私は人間とは少し違う…宇宙人と言えば分かりやすいかしら?」

銀時(天人みてーなもんか…宇宙人ってのはどーしてこう地球に来たがるかね)

銀時(火星辺りで妥協しとけよ、最悪月までだったら来ても構わねえから)

銀時「で…この眠らされてるカチューシャ女がテメーらの目的ってわけか」

朝倉「察しがいいわね、その通り…私からも聞くわ、あなたは何者なのかしら?」

銀時(いやー小説に吸い込まれちゃいましてー!…とは言えねーし…何て言うかな)

銀時「……地球育ちのサイヤ人…らしいぜ」

朝倉「……?」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:10:43.36 ID:TZ1180fgO

銀時(よし、こんな調子でグダグダ引き伸ばして後は綾波に丸投げ…)

朝倉「もういいわ、あなたは情報にもなかったし…ある意味で危険因子ね」

銀時(…あれ?何かヤバい感じで話が進んでる?)

朝倉「あなたを敵性と判定するわ、阻害要因には消えてもらわないとね?」

銀時「……」

銀時(もうこれ以上引き延ばしは無理だな…丸投げはやっぱ無理か)

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:14:24.62 ID:TZ1180fgO

朝倉「フフ…ねえキョン君、これ覚えてる?」

キョン「そのナイフは……!」

朝倉「懐かしいでしょ、この人を始末したら次はあなたの番だからね?」

銀時(何あの馬鹿デカいナイフ!?明らかに女が持つ武器じゃないよね!?)

朝倉「サイヤ人さんだったかしら?まずはあなたからね」

銀時「いや待って!?そんなナイフがあるなんて聞いてないんですけどォォ!!」

朝倉「いいじゃないナイフくらい、サイヤ人は戦闘民族なんでしょう?」

銀時「え、ドラゴンボール知ってんの?気が合うな…じゃあそのよしみでここは見逃し」

朝倉「うん、それ無理♪」

銀時「てくれるわけないですよねー」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:19:43.66 ID:TZ1180fgO

朝倉「じゃあ死になさい♪」

銀時「!」

キィン

朝倉「あら…凄いわね、このスピードの攻撃を防ぐなんて…人間とは思えない反応だわ」

銀時「テメーは人のこと言えねーだろ、今度は…俺のターンだ!」

朝倉「!」

キィン

キョン(あ、あの朝倉と互角に戦って……)

みくる(こんな…こんな人がこの時代に…?未来にもこんな人は…)

朝倉「少し手こずりそうね…最初からこうすれば良かった」

キョン「……!」

キョン(しまった、体が動かねえ!前と同じ手口に…!)

銀時「………」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:25:45.06 ID:TZ1180fgO

銀時(……あれ?動けない?フンッ!フンフンフンフンッ!ウッ!ウーン…ダメだ)

銀時(え、オイマジか?…オーイ!オーイ!…声も出ねーの!?)

銀時(まさか…コントローラーの2Pに挿れちまったか!?)

銀時(それともあれか?霊が憑依合体したみたいな…?金縛り的な?)

銀時(な、何もこんな戦闘中に取り憑かなくてもいいだろォォォォ!?)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:30:07.77 ID:TZ1180fgO

朝倉「フフ…さすがのあなたも動きを封じられちゃ勝ち目はないでしょ?」

銀時(オイィィィ!何でテメーは憑依されてねーんだ!?何でお前だけフリーダム!?)

銀時(スター取って無敵状態か!厄除けシールか!何にしてもチート使うなァァァ!)

朝倉「じゃあトドメね、死になさい♪」

銀時(待ってェェ!霊さん!今だけは俺の体から離れてェェェェ!)

銀時(頼む、お願いします!霊さん!霊さァァァァん!)

パシッ

長門「……」

朝倉「あ、あなた…!」

銀時「………」

銀時(べ、別のレイ来たァァァァ!綾波のほうが助けに来たァァァァァ!!)

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:35:54.10 ID:TZ1180fgO

朝倉「…やっぱりあれだけじゃあなたは死なないのね、さすがだわ」

長門「………」

朝倉「なるほど…白髪のあなたは長門さんが復活するまでの時間稼ぎか」

銀時「……全ては俺の計画通りだ!」

キョン(若干、素でふざけていたようにも思えるんだが…)

銀時(いや、まあドラゴンボールの下りは時間稼ぎとか完全に忘れてたけどね?)

長門「崩壊因子をあなたに組み込む…これであなたは終わり」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:40:35.00 ID:TZ1180fgO

朝倉「残念ね長門さん、私は消えないわ…最悪のパターンも想定済みよ」

長門「!」

キョン「朝倉が消えて……どうなってる…?」

長門「…消えているのではない、自らを情報転移する緊急脱出プログラムを起動」

朝倉「そう…今は大人しく退いてあげるけれど、いずれまた来るつもりよ」

朝倉「キョン君…それまで涼宮さんと仲良くね」

キョン「お前らに…ハルヒは渡さん!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:49:02.18 ID:TZ1180fgO

朝倉「それとそっちのサイヤ人さん…あなたのことはよく覚えておくわ」

銀時「いや、俺サイヤ人なんかじゃ…あれ?ねえ本気にした?さっきの本気にした?」

朝倉「次に来るときは満月の夜を避けてくるわ…変身して戦闘力が10倍に…」

銀時「何の心配をしてんだァァァ!サイヤ人じゃねーって言ってんだろ!」

銀時「大猿になんかならないからね!じいちゃん踏みつぶしたりしないからね!」

朝倉「フフ…あなたのことはよく言っておくわ」

銀時「オイ待てェェ!お前、味方に間違った情報流すなよ!?サイヤ人とか言うなよ!?」

朝倉「じゃあね……あ、フュージョンの可能性も考えておかないと…」

銀時「オイ!誰かあいつの頭にダイナマイトぶち込んでくれ!」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 22:58:24.45 ID:TZ1180fgO

キョン「消えた…どうやら本当に逃げたらしいな」

長門「………」

キョン「…どうした長門?」

長門「…すべての責任は私にある、朝倉涼子の出現を察知出来ずに不意を突かれた」

キョン「長門…気にする事な、お前のせいだなんて誰も思ってないんだ」

古泉「何故…彼女は現れたのですか?」

長門「統合思念体の急進派と天蓋領域が一時的に手を組み、彼女を再生させた」

銀時「………」

銀時(終わった…絶対に俺、敵からサイヤ人だと思われてる…)

銀時(今からかめはめ波の練習するか…それともやっぱ最強の元気玉か……)

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:03:59.14 ID:TZ1180fgO

みくる「そ、それって…でもそんなの…」

長門「涼宮ハルヒの能力を獲得するために互いの勢力を利用し合っている」

古泉「ですが…天蓋領域と急進派思念体の同盟が何時までも続くとは…」

長門「おそらく涼宮ハルヒを獲得した後に同盟は解消され、戦いが起こる」

長門「争いは宇宙全体を巻き込むレベルになる恐れがある」

キョン「な、何だと…!」
銀時(元気玉はタメがなげーしな…かめはめ波……ここは間をとって気円斬か?)

銀時(あ、気円斬はクリリンだけか…サイヤ人は使わねーんだった…どうすっかな)

銀時「………」

古泉(一人…あさっての方向に思考が向いているような気が…)

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:12:35.57 ID:TZ1180fgO

古泉「銀時先生…あなたはどうお考えですか?」

銀時「ああ…仕方ねーからギャリック砲辺りをマスターするわ」

古泉「いえそうではなく……今後はどうすべきかという意味です」

銀時「その場のノリと勢いは身を任せると破滅させる、これを人生に活かして…」

古泉「……はい、分かりました」

長門「話を戻す…涼宮ハルヒに介入しようとしている勢力は他にもある」

キョン「橘と…あの藤原の奴らだな」

長門「そう、形はどうであれ彼らもまた涼宮ハルヒを標的としている」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:14:56.51 ID:TZ1180fgO

銀時(さっきから聞いてりゃどんだけ狙われてんだオイ…ピーチ姫並だぞ)

みくる「ど、どうすれば…?」

キョン「どうするも…何か手を打たないと…」

銀時「…要はあれだろ?ピーチ姫守りながら敵をぶっ倒せばそれでいいんだろ?」

キョン「ピーチ姫……」

古泉「簡単におっしゃいますが…簡単ではありません、敵は強大です」

銀時「まー何とかなんだろ…ところでだ、銀さんも少し聞きてーんだわ」

古泉「…何でしょう?」

銀時「このピーチ姫がなんで狙われてて…そんでもってお前らは何者なのか…」

みくる「そ…それは…」

長門「…説明すると長くなる、でも聞いて」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:19:32.54 ID:TZ1180fgO

−−−

長門「…と言うこと、理解した?」

銀時「へー、おまえらうちゅーじんにみらいじんにちょーのーりょくしゃなんだ」

銀時「で…このぴーちひめにはせかいをかえるちからがあると、ふーん」

古泉「…信じておられないようですね?」

銀時「いや信じる信じない以前に話がぶっ飛んでて理解が追いつかねーんだわ」

銀時「正直そんなの勝手にやっててくれって感じだしな…」

長門「……」

銀時「けどまあ…巻き込まれちまったモンは仕方ねえか…」

キョン「銀時…先生」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:23:12.32 ID:TZ1180fgO

銀時「堅苦しいのもあれだしな…よし、俺がお前らにニックネームつけてやる」

銀時「俺のことは銀さん、もしくは社長と呼んでくれよ」

キョン「……は?」

銀時「まず…お前は超能力者だったか?なら…アゲハだ」

古泉「あ…アゲハ…?」

銀時「そっちの未来人は…コナン、いやドラミちゃ…あ、やっぱコナン」

みくる「えっ?あ…あの…?」

銀時「でお前は…個性ねーなオイ」

キョン「ほっといてください」

銀時「お前は新八で確定だな」

キョン「………普通に呼んでくれ」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:25:34.99 ID:TZ1180fgO

古泉「僕からもお聞きしたいことが…」

銀時「ん?」

古泉「あなたは…一体何者なのですか?」

銀時「いや…別に俺ァ超能力もなにもねーけど」

古泉「ですが、涼宮さんがあなたに興味を示していることは明白なのですよ…」

銀時「だから何だってんだ?小泉くん」

古泉「古泉です、彼女は普通とは異なるものを好みます…何か秘密があるのでは?」

銀時「別にねーって、気にすんな純一郎」

古泉「小泉…いえ、古泉です」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:32:22.26 ID:TZ1180fgO

長門「今日はもう帰るべき、考えを各自でまとめる時間を取ることを推奨する」

みくる「そ、そうですね…」

キョン「眠ってるハルヒはどうするんだ…?」

古泉「僕が機関に手を回して家まで送りましょう」

銀時「じゃ…俺も帰らせてもらうわ」

銀時(面倒なことになりやがって…こりゃそう簡単にエンディングは来ねーな)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:38:31.99 ID:TZ1180fgO

何でだろうパトラッシュ、僕とっても眠いんだ……


−−−
帰り道

銀時「何か見落としてねーか?これって単純なバトル物語だったっけ…?」

銀時(敵を倒して終わりって…そんな単純な終わり方でいいのか?)

鶴屋「おっ、うちの学校に新しく来た先生じゃないかっ!」

銀時「え…織姫?」

鶴屋「織姫?誰かと勘違いしてないかい?あたしは三年生の鶴屋さんさっ」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:42:31.15 ID:TZ1180fgO

銀時「へー、鶴屋ね……俺は」

鶴屋「銀時先生でしょ?新しく来た先生なんだし名前は知ってるっさ!」

銀時「……」グスッ

鶴屋「えっ!?ちょ、ちょっと!なにを泣いてんのさっ?」

銀時「いや…最近非常識な女に振り回されてたから…普通の反応されるのが感動的で…」

鶴屋「…もしかしてハルにゃんのことかい?」

銀時「そうそれェェェェ!もう半端ねーんだよマジで!」

鶴屋「あはは…ずいぶん大変そうだね」

鶴屋(あ、非常識な女って言われて真っ先にハルにゃんを想像しちゃった…)

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:47:50.53 ID:TZ1180fgO

銀時「もうさーやってらんねーよ、いきなり観察対象とか言われるし?」

銀時「わけわかめな団に引きずり込まれるし?俺と声がそっくりな奴もいるし?」

鶴屋「確かに…噂には聞いたけどキョン君にそっくりだねっ、あたしもびっくりさ!」

銀時「挙げ句の果てにはあいつを狙う敵を倒さなきゃなんねーしよ!」

鶴屋「……敵?」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/05(金) 23:59:27.51 ID:TZ1180fgO

銀時「そーそー!何か宇宙人とかそっち系の奴らが狙って………あ」

鶴屋「宇宙人が…ハルにゃんを?」

銀時(し、しまったァァァ!これ一般人にゃ言っちゃ駄目だったァァァァ!!)

鶴屋「………」

銀時(ねえ沈黙しちゃったよ!?これって確実に電波な痛い奴だと思われてるよね!?)

銀時(何とかしてフォローしねーと…何かないか…)

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 07:48:53.72 ID:KS22wzr+O

銀時「……宇宙人がアイツを狙ってる…みてーな台本で劇をやるんだとよ」

鶴屋「劇?」

銀時(無理だァァァァ!こんな無理やり過ぎるんじゃ誤魔化せねェェェェ!)

鶴屋「なーんだ!劇の話かいっ、万事納得したよっ!」

銀時「……え?」

鶴屋「そっかぁ!じゃあその劇をやるときは連絡しておくれっ!是非見に行きたいっさ!」

銀時「………」

銀時(し、信じたァァァァ!いい子だ!この子絶対にいい子だ!)

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 08:03:45.08 ID:KS22wzr+O

鶴屋「そうだっ!せっかくだしウチにおいでよ!ご飯くらいなら出すからさ!」

銀時「いや…いきなり会ったばっかでそこまでしてもらうのも…」

鶴屋「いいっていいって!生徒と交流を深めるのも先生の仕事っさ!」

銀時「…あ、一々先生っていうのも堅苦しいから銀さんでいいわ」

鶴屋「そうかいっ!じゃあ銀さん、ウチはこっちだよっ!」

銀時「………」

銀時(ダメだこの子、いい子過ぎる…神楽に爪の垢を醤油かけて食わせてやりてーわ)

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 08:08:28.77 ID:KS22wzr+O

−−−

銀時「………」

鶴屋「ここがあたしの家さっ!遠慮しないで入っとくれ!」

銀時「いやあの…家デカくね?俺が住んでる家の十倍は広いんだけど?」

鶴屋「あっはは、でも家が広いのなんて何の自慢にもならないっさ!」

銀時「………」

銀時(父さん…僕は逆玉の輿を狙っても良いのでしょうか?)

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 08:13:54.75 ID:KS22wzr+O

−−−
鶴屋宅、室内

鶴屋「じゃあちょろーんと待っててね、今ご飯持ってくるからさっ」

銀時「ワリーな、任せたわ」

鶴屋「気にしないでくつろいでいいよっ!」

銀時「……さて、と」

銀時(敵味方の両方に宇宙人、未来人、超能力者がいて…狙いは涼宮ハルヒ…)

銀時(で…確かあのキョンとか言うのが色々な意味で重要人物だったか……)

銀時(これ…どうやったらみんな幸せなハッピーエンドになるんだ?)

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 08:24:57.67 ID:KS22wzr+O

銀時「………」

鶴屋「わっ!」

銀時「ほわあああぁっ!?」

鶴屋「あはは!びっくりしたかい?はい、ご飯持ってきたよっ!」

銀時「お、おお…ワリーな」

鶴屋「それ食べ終わったらでいいからさ、ちょいとあたしについて来てよ」

銀時「ん?」

鶴屋「その…内緒の話があるからさ」

銀時「………」

銀時(こ…これは…まさか…このフラグは…い、いやないね…うん)

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 08:29:13.76 ID:KS22wzr+O

銀時「…で、話ってのは?」

鶴屋「ちょいとついて来ておくれっ!見せたいものがあるんだっ」

銀時(見せたいものがあるんだ…大きな五時半の夕焼け?……大丈夫だよな?)

−−−
離れ

銀時「…何ここ?」

鶴屋「あたしがたまーに瞑想に使う部屋だねっ、人も来ないし静かで良い所さっ!」

銀時「………」

銀時(人の来ない部屋に二人……これもう明らかにヤバいんじゃねーかァァァァ!?)

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 08:37:41.48 ID:KS22wzr+O

鶴屋「ねえ銀さん」

銀時「いいか…止めとけ、お前にゃそういうのはまだ早過ぎる…第一相手を間違えてるぞ」

鶴屋「そんなことないよっ、大事なものを見せる相手を間違えるはずがないっさ!」

銀時(大事なものってェェェェ!?女の子の大事なものってそれはだめェェェェ!)

鶴屋「見せたいものは…これさっ!」

銀時「!」バッ

鶴屋「あの…銀さん?何故に手で目隠ししてるのかな?」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 08:54:22.82 ID:KS22wzr+O

銀時「見てねえ!俺ァ断じて何にも見てないからね!?」

鶴屋「いや…見てくれないと困るんだけどな…?」

銀時「女の子がそういうことを言うんじゃありません!そういうセリフは」

鶴屋「…銀さんはこのオーパーツがそんなに怖いのかい?」

銀時「大事な時まで取って…え?オーパーツ?」

鶴屋「うん、何か心当たりがあるんじゃないかと思ってさ」

銀時「………」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 09:01:21.87 ID:KS22wzr+O

銀時「………」

鶴屋「えーっと……銀さん?」

銀時「…あーはいはい、オーパーツね!ですよねー!いや分かってたよ?うん」

鶴屋「ひょっとして…何かすごい勘違いをしてたとか?」

銀時「え、勘違い?意味分からない、何も勘違いするようなことなかったよね?」

鶴屋「………」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 09:15:41.21 ID:KS22wzr+O

鶴屋「そんで…結局どうなのさ?」

銀時「…ぶっちゃけ少年ジャンプに掲載出来ないような展開になるんじゃないかと」

鶴屋「違うってば!このオーパーツに見覚えはなかったかい?」

銀時「いや…分かんねーな、見たことないわ」

鶴屋「そっか…うーん、あたしの勘違いだったのかなぁ?」

銀時「つーかさ、何なのそれ?」

鶴屋「あたしにも分かんないのさっ、本当は誰にも見せないつもりだったんだけど…」

鶴屋「異世界人の銀さんなら何か分かるんじゃないかなーって」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 09:27:40.64 ID:KS22wzr+O

銀時「あーなるほどね、うんうん、異世界人の俺になら……」

銀時(あれ…?今異世界人とか言われなかったァァァァ!?)

銀時「………」

鶴屋「……ぷっ、あっはは!ごめんよ!またからかっちゃったねっ!」

銀時「……」

銀時(からかった…?……狙ったかのように異世界人って?)

銀時(……味方みてーだし深く考えることもねーのか)

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 09:34:29.80 ID:KS22wzr+O

鶴屋「…ねえ銀さん、このオーパーツ…預かってくれないかなっ?」

銀時「は?何で俺が?」

鶴屋「多分それを使うときが近いうちに来るよ、きっとね!」

銀時「あ…そう」

鶴屋「大切に保管しておくれ!本当はあたしが預かってなきゃいけないんだけど…」

鶴屋「侍みたいに強い銀さんが持ってる方が安心だろうしねっ!」

銀時「………」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 09:45:27.19 ID:KS22wzr+O

鶴屋「っと…話してたら遅くなっちゃったね、今日は泊まっていくかい?」

銀時「いや…今日は帰らせてもらうわ」

鶴屋「そっか!遅くまで付き合わせちゃって本当にごめんよっ!」

銀時「…一個聞かせてくれ」

鶴屋「何だい?」

銀時「お前…何者なんだ?」

鶴屋「うーん…あたしはあたしっ、ただの女子生徒の鶴屋さんさっ!」

銀時「分かった…変なこと聞いて悪かったな、あ…やっぱもう一個」

鶴屋「?」

銀時「ちょっと『助けて黒崎くん!』って言ってくれねーか?」

鶴屋「いや…あはは、そいつは遠慮しとくよ」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 09:57:51.65 ID:KS22wzr+O

−−−
夜、帰り道

銀時(オーパーツって言ってもな…こんなもんどうやって使えばいいんだ)

銀時(それよか…さっきの奴は何かしら特別な力があんのか…?)

銀時「はぁ…やれやれ」

みくる「…キョン君?」

銀時「ん?何だお前か」

みくる「あっ、銀時先生…暗くて声だけ聞こえたからキョン君と間違えちゃいました…」

銀時「こんな夜に外をうろついて何やってんだ?」

みくる「あなたに…少し詳しく話したいことがあるんです」

銀時「まあ…いいけど」

銀時(次から次へと…休む暇がねーな)

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 10:06:52.53 ID:KS22wzr+O

みくる「私からお話することは一つだけです、涼宮さんをどうか守ってください」

銀時「いや…そりゃもう分かってるって」

みくる「でもそれは…単純に涼宮さんを守ればいいというわけではないんです」

銀時「…?」

みくる「精神的…つまり心の面でも涼宮さんに被害が及ばないようにしてほしいんです」

銀時「………」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 10:13:05.86 ID:KS22wzr+O

銀時「心って…ワリーが俺はそっち方面にゃ詳しくねーからな」

みくる「これは古泉君も賛同すると思いますが…涼宮さんはSOS団を大切に思っています」

みくる「中でもキョン君は彼女にとってのキーパーソン…最重要人物なんです」

銀時「…キョンって奴もまとめて一緒に守れってことか?」

みくる「もちろん私達も守ります…で」

みくる「…キョン君に何かあれば、涼宮さんは力を暴走させてしまうでしょう」

みくる「世界を改変…最悪の場合、世界丸ごとが消滅してしまうかもしれません」

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 10:21:24.19 ID:KS22wzr+O

銀時「え?…それってつまりあれ?」

みくる「?」

銀時「涼宮はキョンに惚れてんの?」

みくる「えっ!?い、いや…その…そうとは限りませんけど…なんて言うか…」

銀時「いや…世界を変えてでも一緒にいたいってそれはどう考えても好きなんだろ?」

みくる「そうかも……しれませんけど……」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 10:33:17.35 ID:KS22wzr+O

銀時「ずいぶん否定的だなオイ、まさかお前もキョンの奴が好きだとか?」

みくる「そ…そんな……私は…違います……そんなこと…」グスッ

銀時「なんてまさかそんな………えっ、何その『グスッ』って?」

銀時(え?ちょ…え?何か泣いてるんだけど?ず…図星だったのかァァァァ!?)

みくる「あれ……私…何で泣いて……?」

銀時「違う!違うよ!?軽い気持ちで言っただけだからね!?」

みくる「いいんです……キョン君は涼宮さんにとって大切な人…」

みくる「私なんかが…想っちゃいけない人…ですから…禁則事項なんです」

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 10:38:57.13 ID:KS22wzr+O

銀時「………」

銀時(ねえ、これ言えばいいの!?正解が見つからないんだけどォォォ!)

銀時「あー…うん、その何…禁則ってのは?」

みくる「未来から来た人間が現地人を想うことは禁止されています…」

みくる「私はこんな感情を……抱いちゃいけない人間なんです」

銀時「………」

みくる「いつか来る別れの時に辛く感じるなら…こんな想い…無くなっちゃえば…」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 10:46:04.01 ID:KS22wzr+O

銀時「…かぐや姫って昔話を知ってるか?」

みくる「かぐや…姫?」

銀時「月から来た姫君は誰とも恋すること叶わずに月に帰って行った…」

銀時「ぶっちゃけそんな話だな…でだ、お前はかぐや姫でいいのか?」

みくる「でも…私に選択する権利なんかないんです…それに私と違って涼宮さんは……」

みくる「頭も良くて活発で…凄く可愛らしくて…私にないものをたくさん持ってて…」

銀時「……」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 10:48:24.12 ID:KS22wzr+O

みくる「私…涼宮さんに嫉妬してる……そんな自分が……大嫌いなんです…!」

銀時「……結構なことじゃねーか」

みくる「え?」

銀時「テメーらくらい年の奴らは普通に恋愛して嫉妬して…楽しく暮らしてりゃいい」

銀時「それが叶わねえ恋だろうが…戦いで人と斬り合いしてるよか百倍マシだ」

みくる「銀時…先生?」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 10:51:34.83 ID:KS22wzr+O

銀時「未来人だろうが関係ねーよ…第一お前、そんな精神状態でピーチ姫守れんのか?」

みくる「そ…それは……!」

銀時「…本当はどうしてーのか、もう一度考えてみるんだな」

みくる「………」

銀時「俺も人様に偉ぶって説教出来る立場の人間じゃねえ…俺に言えんのはここまでだ」

銀時「あとはテメー次第……何にしても後悔の残らねー選択をしろよ、じゃあな」

みくる「ま…待ってください!その…ありがとうこざいます…!」

銀時「……もう遅いから気をつけて帰れよ」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 11:01:48.33 ID:KS22wzr+O

−−−
翌日、部室

キョン「ハルヒが欠席だと…古泉、これはどうなってる!?」

古泉「あの後…僕は気を失った涼宮さんを彼女の家に運びましたが…」

古泉「調べによると…未だに意識が回復していないようです」

キョン「…朝倉が何かしでかしたせいか!」

長門「朝倉涼子は涼宮ハルヒを微弱な精神攻撃で眠らせたにすぎない」

長門「あの精神攻撃にここまでの持続性はない、通常ならば意識を回復している」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 11:06:50.27 ID:KS22wzr+O

みくる「じゃ…じゃあ何で…?」

長門「原因は私にある」

キョン「な、長門…?」

古泉「…涼宮さんは血塗れで倒れる長門さんを見て多大なショックを受けました」

古泉「それと朝倉涼子の精神攻撃が相まって…より深い眠りについてしまったのでしょう」

キョン「くっ…!」

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 11:21:48.05 ID:KS22wzr+O

銀時「…心配いらねーだろ、命に別状がないんならな」

古泉「彼の言うとおり…涼宮さんは気を失っているだけです、そこは安心して…」

キョン「安心なんかしてられるか!今だってハルヒは狙われてるかもしれんのに!!」

みくる「ひっ…!」

キョン「あっ……すまん、取り乱しすぎた……少しだけ一人にしてくれ」

古泉「分かりました…」

みくる「キョン君…」

銀時「………」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 11:37:01.54 ID:KS22wzr+O

−−−
屋上

キョン「………」

銀時「…はい、じゃあ今から銀八先生のお悩み相談室始めるぞー」

キョン「な……?」

銀時「さて、ペンネーム『モシャス』さん…お悩みをどうぞ」

キョン「………」

銀時「…仲間が心配で気が気じゃねーってか?」

キョン「すまん…これは俺個人の問題だ」

銀時「お前が何を考えてるかは知らねーが…もっと綾波だとか味方を頼って…」

キョン「それがダメなんだ!」

銀時「……?」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 11:44:20.88 ID:KS22wzr+O

キョン「俺は…俺はいつも仲間に頼ってばかりだった…!」

キョン「朝比奈さんには時間移動の際に世話になったし…古泉にも迷惑をかけている」

キョン「長門に至っては世界を変えちまうくらいおかしくなるまで頼りきりだった…!」

キョン「もう長門を傷つけさせない…頼りすぎないと俺は心に決めていたはずだった」

キョン「なのに…いざ長門が攻撃されたらどうだ?俺には何も出来なかったじゃないか」

キョン「正直……長門には申し訳なくて顔を合わせることすら困難極まりない」

キョン「それに長門だけじゃない…ハルヒの奴まで俺は……」

キョン「今だけは自分の凡庸さを心から憎む…何故俺には何の力もないのだと…」

銀時「………」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 11:50:21.93 ID:KS22wzr+O

銀時「…バカだなテメー、それはただ逃げてるだけだろうが」

キョン「……?」

銀時「ないものねだりして一人でうだうだ言ってりゃどなたか助けてくれんのか?」

キョン「お、俺はそんなつもりじゃ!」

銀時「テメーにある能力で出来ることは何か…それを考えんのが得策じゃねーの?」

キョン「それは……それはあんたに朝倉と戦えるような力があるから言えることだ!」

キョン「あんたにどんな秘密があるのかは知らないが、俺はただの凡人にすぎない…!」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 12:10:15.09 ID:KS22wzr+O

銀時「じゃあ聞くが…テメーの望むモンが仮に手に入ったらどうすんだ?」

キョン「それは…もちろん俺がみんなを…」

銀時「やっぱな…要するに、テメーは一人でやりてーんだろ?」

キョン「!」

銀時「長門だとかみくるだとかが前線に出て、敵にやられちまうのをビビってんだろ?」

キョン「当たり前だ!そんなのは仲間として当然だろう」

銀時「仲間のためって言ってりゃ格好いいだろーが…お前は何も分かっちゃいねーよ」

銀時「…正直な話、テメーは奴らを認めてないんだろ?一緒に戦う覚悟がねーんだ」

キョン「……!」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 12:30:52.32 ID:KS22wzr+O

銀時「パーティーがどんなに優秀でも肝心の勇者様がこんなんじゃ勝てねえな」

銀時「ハーゴンやバラモス以前にスライムにすら負けんだろ」

キョン「………」

銀時「ま…どうするかは自分が決めるんだな、俺はとやかく言わねーよ」

銀時「だが…テメー一人で何か出来ると思うんじゃねーぞ」

キョン「待ってくれ……俺はどうすればいい?」

銀時「……まずテメーが凡人なんかじゃねーってことに気付くんだな」

キョン「先生……」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 12:47:33.39 ID:KS22wzr+O

銀時「あ、やっぱハーレムな状況にいることにも気づけ」

キョン「……は?」

銀時「似たような声なのに何なのこの差?おかしいよね、これ絶対に差別だよね」

キョン「いや…あの…先生?」

銀時「どーせお前、バレンタインにチョコレート山ほど貰ってんだろ?」

キョン「いや…あの…何の話をして…?」

銀時「もうお前ホワイトデーのお返しで散々出費しろ!破産手続きしろ!」

キョン「……途中まではそこそこ良い話だったんだが何故こうなった」

?「………」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:01:33.64 ID:KS22wzr+O

−−−
放課後

銀時「考えてみりゃ…何で俺が人生相談みてーことまでしなきゃならねーんだ?」

銀時(この分じゃまた誰かが何か言い出しそうだな……)

長門「………」

銀時「で……今度はお前か」

長門「話がある、来て」

銀時「………」

銀時(…正直もう面倒とか思わなくなってきたわ、慣れってコエーよなマジで…)

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:07:37.96 ID:KS22wzr+O

−−−

長門「彼についてあなたの意見を聞きたい」

銀時「彼ってのはミスターキョンのことか?」

長門「そう」

銀時「チョコレート食い放題で羨ましい」

長門「そういう意味ではない」

銀時「いや冗談だからね?アイツはまあ…少しばかり一人で色々と背負いすぎだな」

長門「………」

銀時「まー大丈夫だろ、この銀八先生がビシッと指導しといたから」

長門「…彼に重圧を掛けてしまったのは私」

銀時「……?」

長門「私が行った世界改変についてあなたに聞いて欲しい、そして意見を聞きたい」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:20:30.99 ID:KS22wzr+O

長門「……と言うこと、彼が私を止めてくれた」

銀時「………」

長門「………?」

銀時「世界改変って…え?お前ってそんなに凄かったの?」

長門「涼宮ハルヒの力を利用した、私個人の力ではない」

銀時(いやそれにしてもスゴいよね!?色々とぶっ飛んでるよね?)

長門「彼は私の暴走を自らの責任であると感じていた」

銀時「…あー言ってたな、そんなこと」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:33:23.14 ID:KS22wzr+O

長門「彼は私にこれ以上付加を掛けないよう注意を払っていた」

長門「故に私が朝倉涼子から攻撃を受けた際に大きな精神的ショックを受けた」

銀時「あー…はいはい、そんなことも言ってたね」

長門「…彼が私のためにそこまで思い詰めているとは思わなかった」

銀時「……」

長門「私はどうするべきか…判断を仰ぎたい」

銀時「いや…何で俺?」

長門「あなたが彼を説き伏せたため」

銀時「…見てたのか」

長門「そう」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:44:35.38 ID:KS22wzr+O

銀時「一個だけ聞くけどさ、お前もアイツのこと好きなのか?」

長門「………」

銀時「じゃあ質問を変えるわ、アイツにチョコレートを渡したことは?」

長門「ある」

銀時「よし、ちょっとアイツぶっ飛ばしてくる」

長門「?」

銀時「もううんざりなんだよ!モテてるくせにモテてる自覚のねェ奴は!」

銀時「そういう奴は贈り物で甘いモンにも困らねーし!」

銀時「もうハーレム自覚のないモテ男は全員死刑ってことでファイナルアンサー!?」

長門「………」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 13:56:52.10 ID:KS22wzr+O

長門「…気が済んだ?」

銀時「いや…虚しさだけが心に残った」

長門「…話を戻したい、私はどうするべき?」

銀時「…どうするもねーだろ、今まで通り普通にしてろって」

長門「彼が私に負担を掛けまいとするのと同じく、私も彼に負担は掛けたくない」

銀時「お前が余計な気を遣った所で意味ねーよ、逆に不安を煽っちまうんじゃねーか?」

長門「………」

銀時「宇宙人だが何だか知らねーが…それ以前にテメーはあの団の一員なんだろ?」

銀時「良いんじゃねーか…仲間に背中預けるくらいしたってよ」

長門「……了解した」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:17:34.09 ID:KS22wzr+O

−−−
放課後、帰り道

銀時(あれ待てよ?やっぱり涼宮、朝比奈、長門はキョンの奴が好きなのか?)

銀時(連中は全員キョンが好きって事は……)

銀時「………」

古泉「こちらにいましたか…探しましたよ」

銀時「……古泉」

古泉「どうかなさいましたか?」

銀時「……頑張れよ」

古泉「?」

銀時「いや、確かに壁はたくさんあるよ?性別とか性別とか性別とかね?」

銀時「それでも俺はささやかに応援してるふりくらいはしてやるよ、多分」

古泉「すみません、おっしゃっている意味が分かりかねるのですが…」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:25:21.59 ID:KS22wzr+O

銀時「……で、何の用だ?」

古泉「仲間として…僕はこれからどうすればいいのでしょう?」

銀時「強く生きてください、先生に言えるのはそれだけです」

古泉「いやすいません!それ明らかに適当ですよね!?」

銀時「いやそんなことないよ?先生として大真面目に考えた結論だからね」

古泉「大真面目に考えてる割には思考時間一秒以下でしたよ!?即答でしたよね?」

銀時「一秒に全力を込めりゃいいんだよ、人間のフルパワーなんて多分一秒が限界だし」

銀時「お前ら全員同じようなことで悩んでて面倒くせーなんて全然思ってないからね?」

古泉「………」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:42:19.62 ID:KS22wzr+O

銀時「まー気にすんな、悩みはみんな一緒だし?」

銀時「少年は色々と悩んで大人に登っていくんだからな、うん、大いに悩めよ」

古泉「適当にまとめようとしているようにしか思えませんが……失礼、電話です」

古泉「………はい、分かりました…では」

古泉「……先生、あなたには今から行ってもらう場所があります」

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 15:52:15.19 ID:KS22wzr+O

銀時「行くところって……どこよ?」

古泉「そう遠くありません、車は手配済みです…来ましたね」

田丸「乗ってください、案内します」

銀時「」

古泉「どうかなさいましたか…」

銀時「お、オイ嘘だろ…な、何でこんなところにカカシ先生がァァァ!?」

田丸「……?」

古泉「あの…早く乗ってください」

新川「お急ぎを、一刻を争います」

銀時「あ…あんたは…あの……伝説の傭兵!」

新川「……?」

古泉「いや……ですから早く…」
銀時「古泉、ダンボールだ!早くダンボール持って来い!」

古泉「だから止めろっつってんでしょうが!とっとと乗ってください!」

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 17:15:23.72 ID:KS22wzr+O

銀時「今さお前、素が出なかった?」

古泉「出てません、気のせいです、断じて気のせいです…早く乗ってください」

−−−
某所

キョン(俺に出来ることを探せ…か、凡人の俺に出来ること…)

橘「こんにちは」

キョン「橘……!」

橘「お久しぶりですね、少しお話しませんか?」

キョン「…断る、お前と話すことなど俺には何もない」

橘「長門さん、大変だったようですね?」

キョン「!」

橘「少しはお話をする気になりました?」

キョン「………」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 17:26:42.28 ID:KS22wzr+O

喫茶店

キョン「お前の要件とはなんだ、手短に話してもらいたいんだが」

橘「フフ、せっかちですね…話は言うまでもなく涼宮さんです」

キョン「お前……仲間に…長門にあれだけのことをしてまだそんなことを…!」

橘「長門さんの件に私は関わっていません、ただし…」

橘「ただし…再び長門さんへの攻撃が行われる可能性は高いです」

キョン「何だと……!」

橘「私としてもあまり手荒な真似はさけたいんです、ですから交渉の場を設けました」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 17:39:14.73 ID:KS22wzr+O

キョン「……要求は何だ?」

橘「涼宮さんの能力を佐々木さんに移す…それを手伝ってください」

キョン「………」

橘「悪い話ではないはずです、お互いにメリットがありますよ?」

キョン「それを実行して俺にどんな利益があるか…そいつを教えてくれ」

橘「長門さんが攻撃されたのも…全ては涼宮さんの力を狙ってのことです」

橘「佐々木さんにその力を移してしまえば…あなたたちが狙われることもありません」

キョン「だが…そんなことをすれば今度は佐々木が狙われるんじゃないのか?」

橘「心配いりません、私の機関は上手くやります」

キョン「………」

266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 17:54:49.99 ID:KS22wzr+O

橘「あなたが仲間を傷つけないためにしてあげられる…最善の策だと思いますよ?」

キョン「………」

キョン(どうすればいい…ハルヒと仲間を天秤に掛けろと?)

店員「お待たせいたしました、ご注文のプレミアムジャンボパフェです」

キョン「…?」

橘「あ、あの…そんなの頼んで…」

銀時「どーもどーも、ついでにスペシャル苺サンデーとクレープ追加で」

店員「かしこまりました、お代金はどちらに?」

銀時「あ、全部この子が払うんで」

橘「わ、私!?」

店員「かしこまりました、すぐにお持ちします」

269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 18:06:09.33 ID:KS22wzr+O

キョン「………」

橘「………」

銀時「あ、俺はパフェ食ってるだけで口出ししねーから気にしないで話してていいぞ」

キョン「いや…何で先生がここに…?」

橘「そして何で代金が私なんですか!」

銀時「どーせ経費から落とされんだろ?いいじゃねーか少しくらい」

橘「そういう問題じゃありません!」

銀時「それでだ、テメーらがしてた話だけどよ…」

橘「あなたさっき自分で口出ししないって言ってませんでした!?」

銀時「過去に執着すんな、人ってのは常に前を向いて生きてんの」

橘「何でちょっと良い話にしようとしてるんですか!」

キョン「………」

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 18:23:51.61 ID:KS22wzr+O

橘「はぁ…はぁ…ちょ、ちょっと取り乱しました」

キョン「いや…何となく気持ちは分かる」

銀時「お互いに大変だな、うん」

橘「誰のせいだと思ってるんですか!」

キョン「……話を戻すぞ、ハルヒの話だ」

橘「そうでしたね…改めて、協力してくれませんか?」

銀時「やなこった」

橘「あなたじゃないですよ!声が似てるんだから紛らわしいです」

銀時「敵の提案なんざそのまま鵜呑みにしねーよ、どうせ何か隠してんだろ?」

銀時「ピーチ姫の能力を移すときに都合の悪いことが起こるみてーな?」

橘「!」

273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 18:26:15.28 ID:KS22wzr+O

キョン「都合の……悪いこと?」

古泉「それは僕が説明致しましょう」

橘「あなた…!」

キョン「古泉…お前も来てたのか?」

古泉「頃合いを見計らっていたんですよ…彼女が能力を移す話題を持ち出すのをね」

キョン「どういう意味だ?」

古泉「交渉の内容は、涼宮さんの能力を佐々木さんに移し替えるのに協力しろ…」

古泉「そうすれば長門さんは勿論、僕らの誰にも手は出さない…そうですね?」

橘「…ええ、そうよ」

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 18:42:39.08 ID:KS22wzr+O

古泉「ではお聞きしますが…当然、涼宮さんの無事も保証されているのですね」

橘「もちろんよ、力を移すときに肉体的損傷は起こり得ないわ」

古泉「…なるほど、これで確信が持てました」

キョン「どういうことだ…?」

銀時「ネーチャン!もう一個クレープ追加ね!お代はまたあの子で」

店員「はい、かしこまりました」

橘「………」

橘(ぜ、全然交渉に集中できない……これも相手の作戦のうち!?)

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 18:54:34.34 ID:KS22wzr+O

古泉「あなたも知っての通り…涼宮さんの能力は彼女の精神に依存しています」

古泉「彼女の精神が高ぶれば力が発生し…逆に穏やかであれば力は抑えられる…」

古泉「つまり…涼宮さんの精神と願望実現能力は背中合わせなのですよ」

キョン「…もしハルヒの力を引っこ抜いちまったらどうなる?」

古泉「最悪…精神が崩壊し、息をするだけの人形になってしまう可能性も否定できません」

キョン「何だと……!」

銀時「ネーチャン、このデラックスクレープを5つお持ち帰りで頼むわ」

店員「はい、お代はご一緒の方で?」

銀時「はい、今まで通りで」

橘「………」

283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 19:16:56.57 ID:KS22wzr+O

キョン「橘…古泉の言っていることは事実か?」

橘「…根拠のない推論ですが、ただ否定はしきれませんね」

キョン「お前…知ってて黙ってたのか!」

橘「………」

銀時「まあらいっはお、めひのいふこおなんはあえにまんめーって」モグモグ
訳『だから言ったろ、敵のいうことなんざ当てになんねーって』

橘「黙っていたことは謝罪します…ですが、精神が破壊されるというのも所詮は推論」

橘「何の影響もない可能性も大いにあるんです」

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 19:23:08.83 ID:KS22wzr+O

キョン「だとしても危険であることに変わりはないだろう!」

橘「危険…?彼女のせいで世界は何度も危機に陥っているんですよ?」

橘「感情の起伏が激しい彼女はいつ力を爆発させるか分からないじゃありませんか」

橘「それでもあなたは…涼宮さんを弁護できますか?世界と彼女、どちらが大切ですか?」

銀時「……まああへめーは、まかまひおいふふえめーえへはいああおへうはほ」モグモグ
訳『解釈不能です、何と言ったかみなさんで推理して当ててください』

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 19:37:07.36 ID:KS22wzr+O

解答『馬鹿かテメーは、仲間一人救えねーで世界が守れるかよ』

キョン「俺は…銀時先生と同じ意見だ、お前の要求は受け入れられん!」

橘「そう…残念ですね、これであなた達の退路は断たれましたよ」

銀時「……一個だけ言っておいてやる」

橘「何ですか?」

銀時「俺たちとやり合うつもりなら…ふんどし締めて死ぬ気で掛かってきやがれ」

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 19:42:47.66 ID:KS22wzr+O

橘「余裕ですね…やはりあの情報は本当のようですね」

銀時「……あの情報?」

橘「朝倉さんが言っていました…あなたは戦闘能力に長けたサイヤじ」

銀時「んなわけあるかァァァ!わりかし決め台詞言ったのにぶち壊しやがって!」

橘「いいえ、さっきのあなたの旺盛な食欲を見て確信しました」

銀時「いやただ甘いモンが好きなだけだからね!?サイヤ人の食欲とは関係ないよ!?」

橘「誤魔化すんですか…なるほど、あなたは頭も良さそうですね」

銀時「お前はバカだろ!頭の中が光る雲を突き抜けてFLY AWAYしてんだろ!」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 20:00:56.61 ID:KS22wzr+O

橘「白髪だから…純粋なサイヤ人じゃないようですね、両親のどちらかは地球人ですか」

銀時「サイヤ人は必ず黒髪とか何でそんな細かい設定まで知ってんだァァァ!!」

橘「あなたがバイクに乗るなら品番は…AF4029でしょうね」

銀時「ブルマが乗ってるバイクなんて誰も知らねーよ!マニアック過ぎんだよ!!」

銀時「お前らホントにドラゴンボール好きなのな!心の底から愛してんのな!!」

302 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 20:28:47.12 ID:KS22wzr+O

銀時「もういい!帰る!涼宮の能力じゃなくてコイツのバカが移る!」

店員「ありがとうございましたー」

古泉「……では僕も退きましょう、それでは」

キョン「俺も帰る…じゃあな」

橘「私も…今日は帰ります」

店員「あ、お客様…御代をを」

橘「あ…おいくらですか?」

店員「デラックスパフェ、スペシャル苺サンデーにクレープ二個をお召し上がりで…」

店員「お持ち帰りにクレープ五つ、シュークリーム七箱、ドーナツ五箱etcで…」

店員「占めて18000円になりますね」

橘「」

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 20:36:41.14 ID:KS22wzr+O

橘「……ねえあなた達、お金貸してもらえないかしら?」

キョン「古泉、俺たち何も見てないよな?」

古泉「ええ、何も知りませんし聞こえませんよね」

橘「ちょ、ちょっと!あれあなた達の教師でしょ!?少しは責任…」

古泉「ああ、僕の乗ってきた車にある資金は530000円です」

古泉「もちろんあなたには一円たりとも貸さないのでご安心を…」

橘「………」

古泉「そうだ!このポケットティッシュを差し上げます、少しは足しになるかもしれません」

店員「あの…御代を早く払っていただきたいのですが」

橘「い、いやあぁー!」

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 20:54:43.84 ID:KS22wzr+O

−−−

キョン「マズいんじゃないか古泉」

古泉「ええ…ここからは死に物狂いで掛かってくるでしょうね……橘さんは特に」

古泉「困りましたね…あまり良い傾向ではありません」

キョン「ああ……そうだな」

古泉「おや…あまり心配しているようには見えませんね」

キョン「何でだろうな…不思議と負ける気がしないんだよ」

古泉「フフ……何故でしょうね、実は僕もですよ」

キョン「銀時先生…のせいだろうな」

古泉「おや…僕とも意見が一致しましたね、実に不思議な方です」

キョン「ああいう先生なら…SOS団の正式な顧問に相応しいんじゃないか?」

古泉「フフ……全くですね」

333 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:34:12.74 ID:KS22wzr+O

−−−

銀時「いやーこりゃさすがに買いすぎたか…糖分がハンパねーな」

銀時(そういや…敵の未来人だけがまだ出てこねーな)

銀時(別に出なくても困らねーけど…この流れだと多分可愛い感じの女の子か?)

藤原「君が坂田銀時か…名乗るべき名前など未来人の僕は持ち合わせていないが、藤」

銀時「すいません、人違いです」

藤原「…これはご挨拶だな、人の話は最後まで聞くのが常識だろう、僕のことは藤わ」

銀時「もしもし警察?頭の中がお花畑の不審者がいるんですけど……」

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:46:03.40 ID:KS22wzr+O

藤原「ま、待て!僕は不審者じゃ…」

銀時「はい…僕に名前はないとか…自分は未来から来たとか…四次元ポケットだとか…」

警察『それは確かに不審者ですね…今すぐそちらに向かいますから』

藤原「………」

銀時「そういうわけだよ不審者、あとは警察とゆっくりお話してろ」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:55:16.35 ID:KS22wzr+O

藤原「涼宮ハルヒに劣らずエキセントリックな人物と聞いたが…なるほど理解した」

銀時「いちいちめんどくせー話し方しやがって……中二病ですか?コノヤロー」

藤原「その中二病とやらは理解しかねるが伝えんとしている意味は把握した、つまり君は」

銀時「もしもし警察?一刻も早く来てもらえませんかね?」

藤原「すまない、もうやめてくれ」

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 23:03:04.19 ID:KS22wzr+O

銀時「で…結局何が言いてーんだ?」

藤原「…分かった、サイヤ人の君のために分かりやすく話そう…僕は藤」

銀時「あ、警察ですか?今度はあんたらを見てサイヤ人とかのたまってるんだけど?」

警官「はい、こっち来てねー」

藤原「ま、待て!僕はまだ何も言ってな…」

警官「うんうん分かった、辛かったんだね?続きは交番で聞くから」

藤原「な、何故だ……」

銀時(よし…これで一人片づいたな、いやー面倒省けて良かったわ)

343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 23:12:32.80 ID:KS22wzr+O

−−−
ハルヒ宅

ハルヒ「んっ…ん?あ、あれ…あたし…?」

みくる「あっ!涼宮さん!良かったぁ…し、心配したんですよ?」グスッ

ハルヒ「み…みくるちゃん?そ、そうよ!有希!有希は!?」

長門「ここにいる、心配をかけた」

ハルヒ「心配かけたって…もう傷はいいの?あんなに血まみれで…」

長門「私が欠席した理由は風邪、外傷は負っていない」

ハルヒ「あ、あれ…みくるちゃん?」

みくる「え、ええ…長門さんは風邪でしたよ?」

ハルヒ「夢…だったのかしら?」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 23:24:19.50 ID:KS22wzr+O

−−−
翌日

銀時「さーて……今日はどんなことが起こるんだかな……」

銀時(そろそろ敵も痺れ切らして何か仕掛けてくるんじゃねーか?)

閉鎖空間

銀時「…………」

銀時(……目が覚めるとそこは…不思議の国でした)



357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 23:31:41.05 ID:KS22wzr+O

銀時「『完』なわけあるかァァァァ!!どこだここォォォ!?精神と時の部屋!?」

銀時「誰かァァァァ!ヘルプ!ヘルプミィィィィ!!」

キョン「せ、先生!」

銀時「と、友よォォォ!いてくれたかァァァァ!」

キョン「良かった!先生もいてくれたか!」

銀時・キョン「あなたに会えて本当に良かったァァァ!」

長門「………」

銀時・キョン「嬉しくってェェェ!嬉しくってェェェ!」

長門「………」

銀時「……言葉に出来ない、うん」

キョン「………」

363 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 23:43:30.57 ID:KS22wzr+O

銀時「…あるよね、何つーか…夢中になってて周りが見えなくてさ?」

キョン「いつの間にか他人に自分のあられもない姿を見られてた……みたいな」

長門「……こんなとき何と言っていいのか…どんな顔をすればいいのかわからない」

銀時「……笑えばいいと思うよ」

キョン「この恥ずかしさが吹き飛ぶほどの…出来る限り最高の笑顔で頼む」

長門「……了解した」

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/06(土) 23:55:24.96 ID:KS22wzr+O

長門「最高の笑顔……こう?」

銀時・キョン「!!?」

銀時「や、止めろォォォ!そんな慈愛に満ち溢れた笑顔を俺に向けるなァァァァ!!」

長門「?」

銀時「ただでさえ惨めで恥ずかしいのに全てを受け入れる笑顔が心に突き刺さるゥゥゥ!」

キョン「すまん長門…この上なく素晴らしい笑顔だったが…それ故に胸が痛む…」

みくる「あの古泉君…何をやってるんですか…キョン君たちは」

古泉「……コメントは控えさせていただきます」

376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 00:05:09.15 ID:1J88hYfRO

銀時「………」

キョン「………」

銀時「何でだろうな、俺ァコイツと親友になれた気がする」

キョン「先生……俺も同じ思いです」

古泉「お二人とも……この状況でずいぶんと余裕ですね」

銀時「いや…もう余裕どころか逆に死んだわ、すべてを出し尽くした感がある」

キョン「すまんが…俺も長門の笑顔のインパクトが強すぎて色々と吹き飛んだ」

古泉「………」

379 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 00:18:50.18 ID:1J88hYfRO

キョン「ところで古泉……ここはハルヒの閉鎖空間じゃないよな?」

古泉「ええ……確かに似ていますが感じる雰囲気は全く別物です…何と言いますか…」

橘「涼宮さんの空間と違ってとても穏やかでしょう?」

キョン「!」

古泉「あ、あなたが…」

銀時「あ……テメーに一個だけ言いてーことがある!」

橘「…何ですか?」

銀時「この前はごっつぁんです」

橘「ふ……ふざけないでください!はっ倒しますよ!」

キョン(この人、他人煽るのが上手すぎるぞ……)

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 00:32:12.33 ID:1J88hYfRO

銀時「いーじゃねーか、あの店のお菓子旨かったからまた奢ってくれよ」

橘「そ…その余裕……いつまで続きますかね!」

銀時「テメーら、あいつが興奮してる間によく聞け…こいつは結構ヤべーぞ」ボソッ

銀時「涼宮のヤローがいないってことはだ……俺たちの考える最悪の事態が進行中だ」

キョン「た、確かに…ハルヒはどこに…!」

銀時「さあ…そりゃ知らねーが、まあヤバいってことだ」

みくる「危険って…は、早く助けに行かないと!」

長門「まずは橘京子を出し抜かなければならない」

古泉「………」

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 00:42:46.79 ID:1J88hYfRO

古泉「…ここは僕が引き受けましょう、ここでは不完全ながらも僕の力は使えるようです」

キョン「古泉!だがここは橘の力がフルで発揮される、セーブされたお前の力では…」

銀時「じゃあ古泉、ここは任せたわ」

キョン「先生!古泉一人じゃ…」

銀時「数的にも一人一殺くらいの覚悟でいかねーとマズいしな…仲間を信じてやれ」

キョン「…古泉、任せたぞ!」

古泉「フフ……承知いたしました」

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 00:56:29.89 ID:1J88hYfRO

橘「あ、あなた達一体何を!」

銀時「やべっバレた!行くぞテメーら!」

橘「ま、待ちなさい!」

古泉「あなたのお相手はこの僕が務めましょう…」

橘「今のあなたじゃ私には勝てない…時間稼ぎですか?」

古泉「僕とて負けるつもりはありませんよ、僕の戦闘力は530000ですから」

橘「面白いですね…じゃあその530000の力を見せてもらいます」

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 01:12:26.52 ID:1J88hYfRO

−−−

キョン「走り出したはいいが長門!方向はこっちであってるのか!?」

長門「正しい……っ、何かがいる」

キョン「あ、あれは……!」

九曜「−−−−−」

銀時(あれ……アイツどっかで会ったことあるような?)

銀時「お前、名前は?」

九曜「−−九曜−−−」

銀時「九曜……俺の人違いか?」

453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 07:52:08.06 ID:1J88hYfRO

キョン「し、知ってるんですか?」

銀時「お前、俺に会ったことあるか?」

九曜「−−あなた−と−−会うのは−−初めて−−−」

銀時「おかしいな…テメーはよく見かける気がするんだが…日常的に」

キョン「………?」

銀時「あっ…分かった、お前のその髪が何か昆布みてーに見え」

九曜「−−−−−−−」

銀時「……あの、え?気に障った?何か俺、謝っといたほうがいい気が」

九曜「−−−殺−−−−−」

銀時「いや『殺す』とかじゃなくて『殺』!?完全俺を殺すことしか頭にないよね!?」

長門「………」

458 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 08:01:21.49 ID:1J88hYfRO

長門「…ここは私が引き受ける、あなたたちは先へ進むべき」

キョン「長門…!」

長門「心配いらない、大丈夫……信じて」

キョン「また…お前には助けられちまったな」

長門「構わない、私たちは…仲間だから」

キョン「……すまん長門、ここは任せる…!」

銀時「じゃ…次行くぞ」

459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 08:14:27.07 ID:1J88hYfRO

−−−

キョン「このペースだと次は未来人か!」

みくる「で、でも私…武器なんて一つもありません、どうすれば…!」

銀時「未来人?あー、心配ねーよ」

キョン・みくる「?」

−−−
同時刻

警官「だから、君はどっから来たの?」

藤原「未来だと言っているだろう、最も現地人に時間跳躍の概念を説明したところで…」

警官「住所不定と…じゃあ仕事は?高校には行ってる?」

藤原「高校か…それを話す義理も話す意味もない」

警官「無職…と」

藤原「………」

藤原(僕はいったい何をしてるんだ……)

461 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 08:32:49.32 ID:1J88hYfRO

−−−

キョン「未来人…藤原の奴はいなかったな」

銀時「だから言ったろ、俺が平和的に片づけといたって」

キョン「平和的に…の意味がよくわからんのだが」

みくる「あっ!い、いました!涼宮さんがいました!」

ハルヒ「………」

キョン「ハルヒ!」

朝倉「あら、もうここまで来ちゃったの?それも三人…か、計画と少しずれちゃっ」

銀時「ホワタァァァァ!!」バキッ

朝倉「!」

463 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 08:45:09.43 ID:1J88hYfRO

朝倉「フフ、女の子に向かっていきなり跳び蹴りなんて酷いんじゃない?」

銀時「知るかァァァ!テメーよくもサイヤ人とか言いふらしてくれやがったな!!」

朝倉「良いじゃない、事実なんだし…それで、涼宮さんを取り返しに来たのかしら?」

キョン「…消えろ、ぶっ飛ばされんうちにな」

銀時「ホワタァァァァァ!」バキッ

キョン「あいた!な、何で俺に!?」

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 08:55:15.40 ID:1J88hYfRO

銀時「バカかテメー!死亡フラグだろ!そういう安っぽいセリフはフラグなの!」

キョン「ふ、フラグ?」

銀時「最初に粋がってるヤツは大抵やられんの!お決まりのパターンだろうが!」

銀時「栽培マンに唯一殺され、永遠にネタにされてるヤムチャみてーになりてーのか!」

朝倉「ちなみに今のキョン君のセリフは第22回天下一武道会でヤムチャが天津飯に…」

銀時「オイ!もういいっつってんだろ!誰も知らねーし話が進まねーんだよ!!」

468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 09:11:19.98 ID:1J88hYfRO

銀時「つーか何でテメー宇宙人のくせしてそんなにドラゴンボール好きなんだ!?」

朝倉「あなたは自分がサイヤ人だと言ったわ…私はその人種を知らなかったのよ」

銀時「知らなくていいよね!?その場のノリだって普通は分かるよね!」

朝倉「だから情報統合思念体にアクセスして…可能な限り情報を収集してみたの」

銀時「………は?」

朝倉「大変だったのよ?あなた達と戦いながら情報収集をするのは」

472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 09:21:40.46 ID:1J88hYfRO

銀時「……あのさ、そのナントカ思念体って何かすげー感じの奴だよな?」

朝倉「人間より遥かに高度な生命体…と言っておこうかしら」

銀時「お前……わざわざそんな奴に連絡取ってまでサイヤ人について調べたの?」

朝倉「サイヤ人なんて初めて聞いたもの…情報収集は大切よ」

銀時「………」

銀時(じゃあコイツがドラゴンボールマニアになっちまったのって…)

銀時「……俺のせいだったのか……その…うん、何つーか…色々ごめん」

朝倉「?」

キョン「………」

みくる「………」

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 09:35:20.36 ID:1J88hYfRO

朝倉「あ、ちなみにあなたがサイヤ人であることは思念体にも伝えてあるから」

銀時「は?」

朝倉「思念体はこの銀河を統括してるから…宇宙全体があなたがサイヤ人だと認識し」

銀時「何宇宙規模でその噂広めてんだァァ!それ完全に俺はサイヤ人だろォォォ!?」

朝倉「急進派は天蓋領域とも通じてるから…とりあえず凄い勢いで話は広まってるわね」

銀時「止めろォォ!地球にサイヤ人がいるとか知ってフリーザ様が攻めてきたら!」

銀時「俺のせいでクリリンが殺されたらどうすんだテメー!」

銀時「今日放送のドラゴンボール改で殺されたばっかだぞォォォォ!?」

480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 09:46:46.09 ID:1J88hYfRO

キョン「……先生、どうか落ち着いてくれ」

銀時「……終わった、宇宙人にまで俺はサイヤ人と…」

キョン「…朝倉を倒せば万事解決じゃありませんか?」

銀時「それだ!つーわけで朝倉!ワリーがテメーを全力でぶっ倒す!」

キョン(ハルヒを奪還するのが目的だったはずなんだが…なぜこうなった?)

484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 09:57:53.33 ID:1J88hYfRO

キョン「朝比奈さんは下がったほうが良いですね…危ないです」

みくる「は、はい!」

朝倉「そうね…眠っている涼宮さんの側にあげれば?」

みくる「えっ…?」

キョン「意外だな…ハルヒには指一本触れさせないもんだと思ってたよ」

朝倉「涼宮さんの座標位置は固定済み…今の彼女は動けないもの」

朝倉「彼女は目を覚ましても逃げられない…当然、あなたたちが彼女を逃がすこともね」

銀時「その金縛り的な術はテメーをぶっ倒せば解けんだろ?なら話ははえーな」

朝倉「フフ…あなたに出来るかしらね?」

銀時「んなもん、やってみねーと分からねーよ!」

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 10:11:00.57 ID:1J88hYfRO

−−−

朝倉「このスピードに付いて来るなんてさすがはサイヤ人ね♪」

銀時(くそっ…女のくせして一撃が重すぎんだよ!マジで人造人間か!?)

キョン(ダメだ…下手に手を出せばかえって邪魔になっちまう…!)

朝倉「じゃあこれはどうかしら?」ヒュッ

銀時「ぐっ!」ピッ

朝倉「かすっただけか…でも深く斬られないだけでも凄いことよ?」

銀時「………」

銀時(この後に及んでまだ早くなんのかよ…チートにも程があんだろうが…)

キョン(マズい…先生がいくら強くても朝倉が反則的だ…このままじゃ……)

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 10:20:56.25 ID:1J88hYfRO

キョン(朝倉の気を逸らすくらいしか俺には出来んが…思い切り殴りかかってやる!)

キョン「ウラァァァ!」

朝倉「!」

バキッ

キョン「ぐあっ!」

朝倉「まさか向かってくるなんてね、でも無駄なの♪私の周りには防御フィールドを…」

銀時(注意が逸れた…今しかねえ!)

銀時「くたばりやがれェェェェ!!」

キィン

朝倉「展開しているからね♪」

銀時「弾かれた……だと?」

494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 10:37:45.46 ID:1J88hYfRO

銀時「アイツ…周りにAT(アサクラ・チョウマユゲ)フィールド張ってやがる…」

朝倉(あれ…ATフィールドって単語を聞いて何で今イラッと来たのかしら?)

銀時「加えて体力の落ちねー人造人間タイプ、パワーも半端ねえ……」

キョン「くそっ…物理攻撃も効かないとは…先生、何か手は?」

銀時「とりあえず全力でドラえもん探すぞ、アイツなら何とかしてくれる」

キョン「……万事休すか」

496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 10:52:51.73 ID:1J88hYfRO

朝倉「あなたたちもバカね…こんな無謀な戦いをして」

銀時「!」

朝倉「何の能力もないあなた達に勝ち目があるわけないのに…人間は面白いわね」

キョン「………」

朝倉「じゃあ…そろそろ時間だし、終わりにしましょう?」

銀時「馬鹿で結構だ…世界一の馬鹿だろうが構わねえ…」

キョン「確かに俺は凡人だ…お前と違って何の力もない」

銀時・キョン「「ただな……」」

朝倉「?」

銀時・キョン「「テメーの言う馬鹿な凡人の底力……しかとその目に焼き付けなァ!!」」

497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 11:02:24.65 ID:1J88hYfRO

朝倉「フフ…面白いわね、何を見せてくれるのかしら?」

銀時「キョン、お前この木刀持て…ちょっとした賭けだ」

キョン「何を…?」

銀時「下手すりゃ俺もお前もやられる……成功率はかなり低い、それでもやるか?」

キョン「…俺の答えは決まってます」

銀時「……この戦いが終わったら一杯やろうや、相棒」

キョン「俺は未成年です、ジュースで勘弁してくださいよ……相棒」

銀時(死亡フラグなんざ関係ねー、もうやれるとこまでやるしかねえ…)

503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 11:21:54.51 ID:1J88hYfRO

朝倉「あら…キョン君がそれをもって戦うの?」

銀時「俺にゃ必要のねーもんだからな……」

朝倉「私を前後から挟み撃ちにするつもりなのね……そんな作戦じゃ全然ダメなのに」

銀時「こいつを見てから言うんだな…テメーの防御フィールドごとぶち抜いてやらァ!」

朝倉「………?」

朝倉(何なの…一体…この状況で何が……?)

銀時「使いたくなかったが仕方ねえ…テメーにはもうバレちまってるからな…」

銀時「かぁ〜…めぇ〜……」

朝倉「!!?」

507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 11:29:44.74 ID:1J88hYfRO

朝倉「ま、まさか…!嘘でしょ!!」

朝倉(私の集めた情報だと…フルパワーは太陽系全てを吹き飛ばすほどの威力…!)

銀時「今更ビビってんじゃねーよ…安心しろって、一発で決めてやっから」

朝倉「あ、あなた正気なの!?そんなことをしたら…」

銀時「閉鎖空間ってのは特別なんだろ?ここがどんなにぶっ壊れようが関係ねー…」

朝倉「あっ……!」

509 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 11:39:27.70 ID:1J88hYfRO

銀時「終わりだ…、は〜…め〜………」

朝倉「や、止めて……」

朝倉(わ、私が恐怖してる…?もう防御フィールドを一点に集中させて守るしか…)

銀時「波ァァァァ!!」

朝倉「止めてェェ!!」

シーン

朝倉「………え?」

銀時「トラップカード…発動!」

朝倉「!……しまっ」

キョン「食らい…やがれェェェェ!」

バキッ!

朝倉「うあっ!!」

518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 11:52:25.72 ID:1J88hYfRO

銀時「よっしゃあ!そのまま俺に木刀渡せ!」

朝倉「くっ…た、体勢を立て直」

銀時「立て直させるかァァァァ!」ヒュン

朝倉「うっ……」

銀時「動くんじゃねーぞ、女の喉元に木刀突きつけて脅しなんざやりたかねーが……」

銀時「この喧嘩…俺たちの勝ちだ…!」

520 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 12:02:45.79 ID:1J88hYfRO

朝倉「そう……全て計算の内だったのね?あの時、私にサイヤ人を名乗ったことも…」

銀時「え?」

朝倉「え?」

銀時「………」

朝倉「………」

朝倉「あの…まさか行き当たりばったりなんてことは……?」

銀時「計 画 通 り」

朝倉「………」

キョン(嘘だな)

みくる(嘘ですね…)

銀時(無人島でかめはめ波のフォーム練習してて良かった……)

545 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 13:18:24.98 ID:1J88hYfRO

みくる「よ、良かったぁ…キョン君も…銀時先生も無事で……」

ハルヒ「んっ…みくるちゃん……?」

みくる「あっ!目が覚めましたか……」

ハルヒ「ど、どこなのここ!?あたし…何でこんな所に……?」

キョン「ハルヒ!気がついたのか!」

ハルヒ「キョン……何であんたが?」

みくる「あとでちゃんと説明しますよ、でも…やっとこれで全部…」

喜緑「全部予定通りに進みました」

キョン「き、喜緑さ…」

喜緑「ごめんなさい、キョン君」

グサッ

キョン「うぐっ……あ………!」

銀時「なっ……!」

朝倉「えっ…?」

547 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 13:28:42.72 ID:1J88hYfRO

ハルヒ「キョン……?」

みくる「キョ…キョン君!!」

銀時「オイ!何だあのヤローは!テメーの仲間か!?」

朝倉「し、知らないわ…私は何も聞いてない…なぜ彼女が…?」

銀時「くそっ……いきなり来てハッピーエンドぶち壊しやがってェェ!」

550 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 13:40:09.60 ID:1J88hYfRO

朝倉「あ、あなた…もうとっくに疲弊してるじゃない!そのままじゃ彼女に勝て…」

銀時「勝ち負けなんざどうでもいい、俺ァあいつら守らなきゃならねーんだ!」

喜緑「今のあなたじゃ私には及びません、下がっていてもらえませんか?」

銀時「ラスボス登場して引き下がる勇者なんざいねーよ…それにな」

キョン「………」

銀時「相棒に手ェ出されて黙ってるほど俺は大人じゃねーんだよ…!」

553 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 13:55:45.94 ID:1J88hYfRO

キョン「………」

ハルヒ「キョン…?な、何やってるのよあんた……じ、冗談でしょ…?」

みくる「キョン君!うぅ…キョン君!!」

ハルヒ「何なのよこれ…意味分かんない……何で…何で…?」

喜緑「残念でしたね涼宮さん、キョン君は…死にました」

ハルヒ「嘘よ…そんなの嘘!」

喜緑「死にました」

銀時「止めろ…」

喜緑「キョン君は死にました」

銀時「止めろ…!」

喜緑「キョン君は私に腹部を貫かれて死にました」

銀時「止めろっつってんだろうが!!」

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 14:03:31.32 ID:1J88hYfRO

ハルヒ「嘘…あたしは信じない……こんな…キョンのいない世界なんて…」

朝倉(き、喜緑さんの狙いは……まさか…!)

ハルヒ「キョンのいない世界なんてあたしは望まない!!」

銀時「なっ…何だ!何が起きてやがる!?」

朝倉「強烈な情報爆発…こ、こんなに凄まじいなんて……!」

560 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 14:10:59.94 ID:1J88hYfRO

−−−
同時刻

古泉「さすが…やりますね」

橘「あなたも……この空間でよく私と渡り合えるわね」

古泉「ですが…僕は急激にパワーアップする変身をあと二つ残していますよ…」

橘「私の今までの攻撃レベルは一式…私の攻撃レベルは壱百八式までありますから」

古泉「ほう……それは面白いで……!」

古泉・橘「!?」

古泉「こ、この時空震……まさか涼宮さんが…!」

橘「そんな…こ、ここまで大きな……」

古泉「…こんなことをしている場合ではなかったようですね」

橘「ええ……」

564 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 14:24:42.25 ID:1J88hYfRO

−−−

長門「!」

九曜「−−!−−」

長門「強力な時空震を感知、エマージェンシーレベルを遥かに超える」

九曜「−−−同じく−−感知−−−した−−」

長門「一時争いを止め、震源地に向かうことを推奨する」

九曜「−−−了解−−した−−」

566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 14:35:15.52 ID:1J88hYfRO

−−−

喜緑「凄いですね…想像以上です」

銀時「しっかりしやがれ涼宮!まだキョンのヤローは死んじゃいねー!」

喜緑「無理ですよ…彼女にはもうどんな言葉も届きません」

喜緑「では……奔流した涼宮さんの能力を掌握します」

銀時「させるかァァァァ!!」

喜緑「疲労したあなたでは私は止められません…諦めてください」

ガッ

銀時「ぐっ!……や、ヤロー…!」

569 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 14:47:55.48 ID:1J88hYfRO

古泉「先生!ご無事でしたか…!」

喜緑「予定外ですね…まさかあなた達まで来てしまうとは」

橘「あなた……一体これはどういうつもりなんですか!」

九曜「−−独断−行動−−は−−−許可−−されて−−ない−−−」

長門「あなたは穏健派だったはず、何故このような行動を?」

喜緑「すみません……私の操り主が急に立場を変えたんです」

古泉「あなたの目的は……一体何なのですか!」

長門「天蓋領域、思念体急進派を出し抜き涼宮ハルヒの力を独占しようとしている」

喜緑「その通りです」

572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:06:00.11 ID:1J88hYfRO

銀時「へっ…全員揃ってちょうど良いじゃねーか」

古泉「先生…?」

銀時「聞けテメーらァ!もう敵も味方も関係ねー!このままじゃ最悪のバッドエンドだ!」

銀時「ラスボス止めるために全員協力して動きやがれ!!」

橘「そんな…あなたたちと協力なんて……」

銀時「テメーはこの魔神ブウを倒したくねーのか!?世界を終わらせてーのか!?」

橘「………」

575 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:17:11.11 ID:1J88hYfRO

橘「……分かりました、一時休戦しましょう」

長門「喜緑江美里は私が止める」

九曜「−−私も−−−」

長門「あなたは彼を回復させる役目に回って」

銀時「ああ…キョンのヤローもかなりヤバい!血が流れすぎてやがる…!」

九曜「−−−了解−−した−−」

古泉「僕は涼宮さんに!精神面でならばサポート出来ることがあるかもしれません」

576 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:25:52.76 ID:1J88hYfRO

長門「!」

喜緑「どうしました?この程度の攻撃を受け損ねるとはあなたらしくありませんよ?」

喜緑「…やはり九曜さんと戦っていたせいで力が落ちているようですね」

銀時「………」

長門「……っ!」

喜緑「ギリギリで避けましたか…でも次は」

銀時「待てよテメー」

喜緑「……はい?」

銀時「テメーじゃねーよ…テメーの裏にいる野郎に話しかけてんだ」

喜緑「私の……裏?」

578 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:33:52.10 ID:1J88hYfRO

みくる「喜緑さんの…送り主ですか?」

銀時「ナントカ思念体、テメーに俺の声が聞こえて話を聞く耳があんならよく聞け」

銀時「この喜緑って奴を見てて気づいたよ……コイツをぶっ飛ばしても仕方ねーってな」

古泉「……?」

銀時「詰まるところ…喜緑はテメーの操り人形、テメーの意志通りに動くんだろ?」

銀時「……コイツは嫌がってるじゃねーか、俺たちを殺すのをためらってやがる」

喜緑「………」

581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:41:48.38 ID:1J88hYfRO

みくる「そ、それって……?」

銀時「長門は明らかに疲れてやがる……俺が戦った朝倉と比べても動きが遅い」

銀時「本当なら長門はとっくにやられてるはずだ……なのにかすり傷くれーしかつかない」

長門「………」

銀時「……手ェ抜いてんだろ?殺さねーように、目一杯操り主に抵抗して」

喜緑「………」

583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 15:55:24.15 ID:1J88hYfRO

銀時「喜緑よ…俺は一人じゃ何も出来ねえビビリを……テメーの送り主を斬りてーんだ」

喜緑「……無理です、思念体とコンタクトするには私を介さなければならない」

喜緑「私を倒さずに思念体を倒すことは不可能です…それに私は……嫌がってなんか…」

銀時「………」

喜緑「私にとって…指令は絶対……どんな要求でも拒む…はずが……」

銀時「……テメーは…何の理由もなく涙が流れんのか?」

喜緑「な……みだ…?」

古泉(まさか…インターフェースの感情を呼び起こすとは…!)

584 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:07:14.54 ID:1J88hYfRO

銀時「長門……テメーらの思念体を直接ぶっ叩く方法はねーのか?」

長門「端末を通してダメージを与える方法ならば可能性はある」

長門「しかしその方法では喜緑江美里という個体を完全に破壊しなければならない」

長門「また、今の我々には喜緑江美里を完全に破壊し得る力もなく成功率はほぼ0」

銀時「喜緑の奴に危害を加えねーって前提じゃどうだ?」

長門「不可能だと思われる」

銀時「………」

587 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:12:54.77 ID:1J88hYfRO

銀時「…待て、未来人ってのはどうやって時間を行き来してやがるんだ?」

みくる「え?あ、あの……専用のTPDDって言う名前の……」

銀時「それってのはアレか?ドラえもんみてーに場所も移動できんのか?」

みくる「は、はい…時間と共に場所も指定して跳躍することは可能です」

銀時「……飛ばすか」

橘「飛ばす……?」

銀時「そいつを使って俺の攻撃を宇宙にいる思念体まで一気に飛ばすしかねーな」

591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:30:47.10 ID:1J88hYfRO

みくる「え、ええっ!?そんなの不可能です!第一、媒体がないと…」

銀時「媒体?」

みくる「人間が時間跳躍するのと物だけ時間跳躍させるのは勝手が違うんです!」

みくる「ましてや攻撃で発生した衝撃のみを空間跳躍させるなんて…」

みくる「TPDDに適応する安定した媒体がなければ不可能です!」

銀時「………」

592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:47:56.06 ID:1J88hYfRO

銀時「………物語ってのはあれだな、何でも都合よく出来てんだな」

みくる「えっ…?」

銀時「いや……あの鶴屋って奴の神懸かり的な勘がすげーのか?」

古泉「まさか…媒体となり得るものがあるのですか…?」

銀時「オーパーツだ」

古泉「オーパーツ…?」

595 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 16:57:21.10 ID:1J88hYfRO

銀時「媒体ってのにコイツは使えねーか?いや、使えるはずだ」

みくる「や、やってみないと分かりませんけど……ほ、本当にやる気ですか!?」

銀時「ああ……俺ァナントカ思念体に一発ぶちかまさなきゃ気が済まねーんだ」

みくる「でも…私、思念体の位置なんて特定…」

長門「それは任せていい、そもそも思念体の位置は空間という概念では理解できない」

長門「私の指示する通りに空間跳躍をしてくれればいい」

九曜「−−−私−−も−−−協力−−する−」

599 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:05:36.46 ID:1J88hYfRO

古泉「先生……あなたの木刀にこの空間内において使える僕の力を上乗せします」

銀時「んなことできんのか…?」

古泉「ええ…僕の持つ530000の力をあなたの木刀に乗」

銀時「数字はどーでもいいよフリーザ様、やるなら早くやってくれ」

古泉「了解しました…」

橘「……私もやります、やらせてください」

604 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:19:34.85 ID:1J88hYfRO

銀時「テメーら全員の想い…確かに受け取った、これなら思念体だろうが倒せらァ!」

喜緑「どうして…そんなにまでして…私を助けようと…?」

銀時「決まってんだろ…テメーらの教師だからだ」

喜緑「………!」

古泉「銀時……先生」

607 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:32:12.00 ID:1J88hYfRO

長門「最後に警告しておく……この策には穴が多いことも事実」

銀時「?」

長門「あなたは操られる喜緑江美里の攻撃を回避し、彼女を攻撃しなければならない」

長門「そして…私達が攻撃を跳躍するタイミング、標的の座標位置を測り違えれば…」

銀時「俺や喜緑のヤローが大変なことになっちまうと……」

長門「そう、その覚悟がある?」

銀時「……心配ねーよ、覚悟なんざ…とうの昔に出来てっからな」

銀時「俺の命…テメーらに預けたぜ」

長門「……了解した」

613 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:44:37.43 ID:1J88hYfRO

銀時「行くか……!」

喜緑「!」

ヒュン!ヒュン!

銀時「くっ……」

銀時(くそ…予想以上に攻撃が鋭い……ヤローも死に物狂いか…!)

喜緑「避けて!」

銀時「ぐっ!?」

銀時(しまった、左足を……!)

古泉「よ、避けてください先生!」

銀時「しまっ……」

ズバッ

615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 17:59:31.78 ID:1J88hYfRO

銀時「なっ……!」

朝倉「…うっ………!」

銀時「お前…何で俺の身代わりになんざ……」

朝倉「は……やく…喜緑さん……を…!」

銀時「……思念体、テメーは少しやり過ぎたな…色々とやってくれやがって……」

銀時「けど…終いにしようや……この一撃でなァァァァ!!」

長門「タイミングは…今…!」

みくる「は、はい!」

ズガッ!!

617 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:08:36.94 ID:1J88hYfRO

喜緑「あ……」バタッ

銀時「い…イテテ……やったか…?」

喜緑「………」

銀時「……オイ待て、ここに来て最悪のバッドエンドになんざなったら…」

喜緑「…う……!」

長門「思念体の一部に人為的に削除された部位を確認…」

九曜「−−喜緑−江美里−−と−−−思念体−−の−リンク−−が−−切れた−−」

長門「喜緑江美里に深刻な障害は見受けられない」

古泉「と、と言うことは……」

銀時「…俺らの……勝ちだ!」

620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:14:59.67 ID:1J88hYfRO

長門「私は朝倉涼子の蘇生に入る」

銀時「そうだ、涼宮のヤローはどうなってるんだ?一番重要なこと忘れてたわ」

みくる「涼宮さんなら再び意識を失いました、もっとも………」

古泉「僕が眠らせた…と言うべきでしょうか」

銀時「………」

銀時(何か涼宮の奴眠らされてばっかだなオイ、今までに何回眠らされた?)

622 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:23:50.31 ID:1J88hYfRO

銀時「よーし、テメーらちょっと集合ー!」

橘「な、何ですか?」

銀時「まあ何だ……何とかなったのはテメーらのおかげだし?一応感謝しとくわ」

古泉「フフ…素直じゃありませんね」

銀時「古泉、お前今学期の評点1な」

古泉「すいません、嘘です、調子乗りました」

623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:31:21.12 ID:1J88hYfRO

銀時「あ、キョンの奴は?あいつもよくやってくれたしな、放置しといちゃワリーし…」

九曜「−−それ−−に−ついて−−話−が−−ある−−」

銀時「……?」

−−−
翌日、病院

キョン「………」

銀時「なあ…こんな終わり方はねーだろうよ……こんなオチ認めらんねーんだよ!!」

627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 18:47:32.45 ID:1J88hYfRO

−−−

九曜「出来る−−−限り−の−−処置−−は−−した−−ただ−−−」

銀時「……不吉な予感しかしねーんだけど?」

九曜「−−完全−−蘇生−は−−不可能−−だった−−−」

銀時「な、何だと!」

長門「私が彼を情報操作で治療することを予期し対策を取られていた」

長門「情報操作により彼の傷は塞げたがダメージを取り除くことは不可能だった」

銀時「……待てよ、それってつまり」

長門「死んではいない、だが…彼は二度と起き上がることはない……」

古泉「そんな……植物…状態ですか……?」

長門「………そう」

630 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:00:47.04 ID:1J88hYfRO

みくる「す、涼宮さんの力で……な、何とかなりませんか?」

古泉「……不可能です」

みくる「ど、どうしてですか!まだ可能性は…」

古泉「先ほどの情報爆発によって……涼宮さんの力が消失しつつあります」

橘「この消失が一時的なものか…永久的なものかは分かりませんけど…」

みくる「そんな…そんな……!」

631 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:16:42.77 ID:1J88hYfRO

−−−

銀時「相棒よ……俺は一杯やろうって言ったよな、一緒に死亡フラグ立てたよな?」

銀時「なのに…テメーだけこんなことになっちまうなんざ……おかしいだろうが…」

銀時「これじゃ何一つ救われねえ……本末転倒じゃねーか…!」

『…が……いるんでしょ……会わせ……さい』

銀時「だ、誰か来やがった…き、気まずくなる!どうしようどうし…」

ハルヒ「キョン!」

銀時「………」

銀時(お、俺は何でよりにもよってベッドの下に隠れてんのォォォォ!?)

634 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:27:55.97 ID:1J88hYfRO

ハルヒ「キョン……ごめん、ごめんね……」

ハルヒ「ねえキョン……あたし聞いたの…あんたがあたしのために戦ってたって…」

ハルヒ「知らなかった……あんたが…そんなに傷ついてたなんて……」

ハルヒ「あたしに……そんな力があったなんて知らなかったの……!」

銀時「………」

銀時(涼宮の奴…自分に世界を変えちまう力があるって聞かされたみてーだな…)

637 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:41:36.75 ID:1J88hYfRO

ハルヒ「もうこれからは命令なんかしない…雑用だって押し付けない……」

ハルヒ「やれやれって呆れ顔であたしを見たっていい……もうワガママは言わないから…」

ハルヒ「だから…もう少しだけ……あたしと…もう少しだけ一緒にいて…」

銀時「………」

銀時「すまんなハルヒ……心配かけて」

ハルヒ「えっ…キ、キョン……?」

641 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 19:53:57.70 ID:1J88hYfRO

銀時「やれやれ…お前はもう団員の声を忘れたのか?」

ハルヒ「だってそんな…キョンは意識がないのに……でも…聞こえる…!」

ハルヒ「夢じゃない……ど、どうなって…?」

銀時「言っておくが幽霊じゃないぞ、これでも俺は生きてるんだからな」

ハルヒ「…幻聴でも何でもいい……あんたと話せれば…あんたの声が聞こえれば…」

銀時「……そうか」

644 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:01:55.29 ID:1J88hYfRO

ハルヒ「キョン…あたし、聞きたいことが一個だけあったの…」

銀時「ん?」

ハルヒ「正直あんた……SOS団のことをどう思ってる?」

銀時「そうだな……」

銀時(正直コイツらのこと詳しくは知らねーし……ボロ出さないようにしねーと)

646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:10:49.09 ID:1J88hYfRO

銀時「全く、事ある毎にお前は俺を引っ張り回しやがって……正直苦労したな」

ハルヒ「ご、ごめん…」

銀時「けど……お前に引っ張り回されるのも…嫌いじゃなかったな」

ハルヒ「え…?」

銀時「いや…退屈で平凡な日常を過ごすより……むしろ断然良かったかもしれん」

銀時「ありがとな……俺を仲間にいれてくれて」

ハルヒ「…あ、あたしも良かった……あんたが…その……一緒にいてくれて…」

650 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:20:29.99 ID:1J88hYfRO

ハルヒ「良かった…あんた、嫌じゃなかったのね……それが聞けただけで……」

医者『面会終了時間です、退出してください』

ハルヒ「キョン……また明日も来るから…必ず……来るから…!」

銀時「……ああ、頼む」

ハルヒ「…じゃあ、行くね」

キョン「……ハ……ル………ヒ…?」

ハルヒ「えっ……?」

キョン「ここは……俺は一体…どうなって…?」

ハルヒ「キョン……キョン!」

キョン「わっ!ハ、ハルヒ!?」

ハルヒ「良かった…グスッ……本当に……良かったぁ…」

キョン「……心配かけたな、ハルヒ」

銀時「………」

銀時(…青春だねー、うん、いい青春だ)

654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:29:47.12 ID:1J88hYfRO

数日後、学校の屋上

銀時「……ま、めでたしめでたしだな」

?『とりあえず…お疲れ様ね』

銀時「今更出てきやがって……何のようだ?」

?『あんたは物語を一応完結させた…まあいろいろ問題はあるけど…形にはなったわ』

銀時「そうかい…そいつは良かった」

?『どうするの?帰りたいなら今すぐに帰らせてあげるけど』

銀時「………そうだな、じゃあ」

ハルヒ「待ちなさい!」

?『少しだけ…時間をとった方が良さそうね』

658 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:37:38.45 ID:1J88hYfRO

銀時「なんだテメーら揃いも揃って……屋上から好きな奴の名前でも叫ぶのか?」

ハルヒ「あんた……行っちゃうんでしょ?」

銀時「………」

古泉「残念です……あなたほど僕が好感を持った教師はいないのですが…」

みくる「い、行っちゃうんですか……?」

長門「………」

朝倉「もう少しくらい…ここにいても……ね?」

喜緑「あなたには……まだ何もお礼をしてません、こんな急に…」

銀時「………」

662 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 20:51:39.72 ID:1J88hYfRO

銀時「……良い青春だなオイ」

ハルヒ「え?」

銀時「いや何でもねーよ、まああれだ…これも仕方ねーことだし?」

銀時「ほらアレだよ…旅立つ空に出会いと別れ…青春の日々、全てを描き…みたいな?」

キョン「銀時…先生…」

銀時「仕方ねーな……んじゃ一言ずつ言ってく金八先生最終回のアレやるぞォォ!」

669 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:04:13.87 ID:1J88hYfRO

キョン「金八先生って……」

銀時「んじゃまあ適当に……朝倉涼子ー」

朝倉「え…あ、はい」

銀時「悪かったな…最後の最後で守ってもらっちまって」

朝倉「いや…私こそ先生に色々と……サイヤ人だって宇宙に広めちゃったり…」

銀時「だから何で宇宙規模で噂が広まんの!?スケールが違いすぎるんだけど!!」

朝倉「フフ……ありがとう、先生」

670 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:10:15.16 ID:1J88hYfRO

銀時「ったく…じゃー次、朝比奈みるくー!」

みくる「はい…え?」

銀時「……朝比奈みくるー、いないのかー?」

みくる「はっ、はい!」

キョン(名前間違えたのに何事もなかったかのように対応した…)

銀時「お前がいなきゃ今頃全員お陀仏だったわ…お疲れさん」

みくる「そんな…私、何もやってません…」

銀時「……あとは自分にもっと自信持て、かぐや姫になんじゃねーぞ?」

みくる「……ありがとうございました、銀時先生」

674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:16:56.54 ID:1J88hYfRO

銀時「喜緑江美里ー!」

喜緑「はい…」

銀時「まーなんだ、思うところはあるだろーけどよ…これからは自分の判断で動きな」

喜緑「先生のおかげです……本当に…ありがとうございました」

銀時「はい、じゃー次…古泉一樹」

古泉「はい」

銀時「530000の力を活かして頑張ってください、はいじゃー次」

古泉「いや待ってくださいよ!早すぎますし適当すぎますよね!?」

銀時「冗談だって、三割は」

古泉「残り七割は本気じゃないですか!」

680 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:28:26.44 ID:1J88hYfRO

銀時「お前は…そうだな、影の引き立て役…縁の下の力持ちみてーな感じだな」

銀時「ただ少しくれー…演技のない自分を見せてもいいんじゃねーか?」

古泉「光栄です…ありがとうございました、先生」

銀時「あと……お前の恋はライバルが多すぎるから止めとけ」

古泉「……はい?」

694 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:43:33.26 ID:1J88hYfRO

銀時「んじゃ次は綾波…もとい長門有希ー」

長門「………」

銀時「世話になったな、お前くらい万能だと逆にこっちが困るくらいだわ」

銀時「あとは…ま、信頼出来る仲間もいるんだしよ…少しは肩の力抜け」

長門「了解した……ありがとう」

銀時「年頃なんだしよ、恋愛くらいしたって罰は当たらねーって……なあキョンよ?」

キョン「え…ああ、良いんじゃないか?」

銀時「……だそうだぞ、良かったなオイ」

長門「………」

701 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 21:50:46.76 ID:1J88hYfRO

銀時「じゃあ…涼宮ハルヒー」

ハルヒ「はい……」

銀時「良かったな……大事なモンがなくならねーでよ」

ハルヒ「うん…あんたが守ってくれたんでしょ?」

銀時「俺っていうか…ま、みんなだな…よく礼を言っとけよ」

ハルヒ「そう……みんなが…ね」

銀時「あと……ライバルは多いから気をつけろ」

ハルヒ「ライバルって…よ、よく分かんないけど頑張るわ……あ、そうだ」

銀時「ん?」

ハルヒ「病院でのこと…ありがとう」

708 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:00:42.51 ID:1J88hYfRO

銀時「……お前気付いてたのか、何でわかった?」

ハルヒ「あたしは団長よ?いくら似てるからって団員の声を聞き違えたりはしないわ」

銀時「……お前も意地がワリーな、気がついてんならすぐに言えっての」

ハルヒ「嬉しかったのよ…『先生』の気遣いがね」

銀時「…初めてだな、お前が俺をまともに先生って言ったの」

ハルヒ「…銀時先生、本当にありがと!」

715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:06:07.81 ID:1J88hYfRO

銀時「さてラストオーダーは言うまでもなく……」

キョン「俺ですね」

銀時「何つーか……どうして同じような声でもここまで違うのかね…」

キョン「?」

銀時「正直少しお前が羨ましいわ…斬り合いも何もなく仲間と一緒にいられるお前がさ」

キョン「先生…?」

銀時「…つーわけで冗談は置いといてだ相棒よ、これからお前は忙しくなるぞ?」

キョン「………?」

銀時「ま…ハーレムにいるってのも考えもんだな、最終的にゃ一人しか選べねーし」

銀時「ただ……まあお前なら何とかなんだろ、多分な」

キョン「いやあの……先生?」

720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:13:03.96 ID:1J88hYfRO

銀時「最後に……逃げないでよく戦ってくれたな、ありがとよ相棒」

キョン「……凡人を言い訳に逃げていた俺を奮い立たせてくれた先生のおかげですよ」

銀時「心配ねーよ、お前くらい魂の強い奴なんざそういやしねーさ」

銀時「お前には…誰にも負けねえ強さがあるってことを忘れんな」

キョン「先生……ありがとうございました」

730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:25:54.96 ID:1J88hYfRO

銀時「うし…まあとりあえずはこんなモンか、機会があったら橘と九曜」

銀時「あとは鶴屋の奴にも礼を言っといてくれ」

古泉「承りました…必ずや」

銀時「それとだ…テメーらは宇宙人、未来人、超能力者で…元はバラバラだったな」

銀時「ただ…思念体のヤローを斬るのはテメーら誰一人として欠けちゃ無理だったろ?」

銀時「テメーらはもう他人に誇れる仲間になってる…そいつを覚えとけよ」

731 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:28:58.43 ID:1J88hYfRO

銀時「じゃあ……ぼちぼち行くかな」

朝倉「私は忘れないからね…先生のこと」

喜緑「本当に…ありがとうしか……言えません…」

古泉「またお会いできる機会を楽しみにしています、心の底から…」

みくる「いつか……必ず来てください!私、待ってますから!」

長門「また…この場所へ……」

ハルヒ「約束よ!絶対にまた来るんだからね!」

銀時(命令じゃなくて約束か……まあ、少しは進歩したみてーだな)

キョン「また…必ず会いましょう!俺たち全員……先生の仲間です…」

銀時「ああ……テメーらも仲良くやれよ…それと…俺ァ約束は破らねーよ」

銀時「いつか…必ず……な」

−−−

742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:37:52.47 ID:1J88hYfRO

−−−

銀時「………」

銀時「………戻ったか」

新八「銀さん…何でトイレの前で寝てんですか、涙なんか浮かべて」

銀時「んー…あれだよ、寝相の悪さ選手権で金メダル狙ってたから…」

新八「そんな種目あるかァァァ!何その頭悪そうな大会!?全く何のメリットもねーよ!」

銀時「いやーぱっつぁん、良いツッコミだ、さすがにキレがあるね」

新八「え…そ、そうですか?」

銀時「多分、世界で530000番目くらいにツッコミ上手いんじゃねーか?」

新八「いや530000って全然嬉しくねーよォォォォ!!」

749 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:44:04.24 ID:1J88hYfRO

−−−

ハルヒ「さあキョン!今日も不思議探しに行くわよ!」

キョン「やれやれ…お前って奴は、今まで十分不思議の中にいただろうに」

ハルヒ「だからこそよ!世の中にはもっとたくさんの不思議があるに違いないわ!」

みくる「フフ…そうかもしれませんね…!」

長門「可能性は否定できない」

古泉「良いじゃないですか……こうして非日常を追い求めて日常を過ごすのも」

キョン「ああ……確かにな」

ハルヒ「ほら!行くわよキョン!」

キョン「……やれやれ」



795 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 22:58:05.01 ID:1J88hYfRO

三年Z組ー銀八先生

銀八「みなさんどーもお疲れさんでしたー」

銀八「こんなクソ長い文章を読んでくれて感謝してますよ、マジで」

銀八「正直な話、こんな長くなるとは思ってなくてさ…その辺は申し訳なかったね」

銀八「あ、ちらほら言われてたけどひぐらしの時も世話んなりました」

銀八「まあ前と比べるとクオリティ下がった感は否めないけどね?」

銀八「ちなみにジブリの作品うんぬんは銀さん知りません、完全に別人の作品ですね」

銀八「多分、色々と変な点とか出て来るけどね…まー許してください」

822 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 23:22:23.15 ID:1J88hYfRO

銀八「蛇足的補足をチラッとやっときます、鬱陶しいならスルーしてください」

銀八「まずやたらとドラゴンボールを引っ張ったこと…知らない人にゃ申し訳なかった」

銀八「それと佐々木をどーしても絡ませられなかったことね…」

銀八「佐々木自体は凄く良いキャラしてんだけどね、やっぱバトルになるとキツいんだわ」

銀八「あと…キョンと銀さんの口調がごっちゃになったりもしました」

銀八「それに関しちゃ完全にこっちのミスです、はい」

828 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 23:34:28.21 ID:1J88hYfRO

銀八「あと…ラスボスを誰にするかはあっちゃこっちゃ悩んでたわけで」

銀八「最初は朝倉の予定だったんだけど悪党ってキャラじゃなかったし…」

銀八「喜緑さんをラスボスにしようとしたらやっぱこの人も完全悪に出来なくて」

銀八「仕方ねーから思念体が悪いことにしよう!ってなったわけだね」

銀八「あとは藤原君の人気にびっくりした」

833 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/07(日) 23:44:56.27 ID:1J88hYfRO

銀八「あとは……ギャグがほとんど入らなかったことが悔やまれるよね」

銀八「ぱっつぁん的なツッコミキャラがいねーのもキツかったし」

銀八「仕方ねーから古泉とかにやらせてみたんだけどよ…どうもしっくり来ねーんだわ」

銀八「谷口と国木田……ただでさえ登場キャラ多いから掘り下げ不可だったわけだ」

銀八「…とまあぐだぐだと蛇足続けてきたけどこの辺にしとこーか」

銀八「改めて…最後まで読んでくれて本当にありがとさん、また機会があったらよろしくな」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン!ポケモンバトルするわよ!」