アスカ「シンジ、アタシあんたのこと好きよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:元太「コナーン!阿笠博士の髪の毛を抜くスイッチができだぞー!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 23:53:45.29 ID:fA1vaGQ20

アスカ「僕もだよ、アスカ。最近アスカすごく色っぽくなったよね」

アスカ「え、そ、そうかなぁ?」

アスカ「胸も大きくなってきてるでしょ?」

アスカ「ば、バカシンジ!どこ見てるのよ、もう」

アスカ「実はね…」ペラペラ



ミサト「うわー気合入ってるわね…」

シンジ「ミサトさん!こんなの見せられて明日からどう接すればいいんですか!」

ミサト「しっ!声が大きい、バレちゃうでしょ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 23:59:35.42 ID:fA1vaGQ20

ミサト「にしてもあのアスカをここまでにしちゃうとは…シンちゃんもやるわね」

シンジ「おかしいな…今日だってずっと馬鹿馬鹿言われましたよ、笑顔すら向けてもらってないです」

ミサト「ふーん、普段素直になれない分の反動ってわけか、思春期はやっかいね〜」

ミサト「…そうだ、いいこと思いついた!」

ミサト「シンちゃん、今から私が言うことをそのまま明日実行するのよ」ごにょごにょ

シンジ「ほんとにやるんですか?」

ミサト「マジよマジ、ふふっ明日の夜が楽しみだわ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 00:27:29.21 ID:jwA3nF5z0

次の日の夕方

アスカ「ただいまー」

シンジ「おかえり、アスカ。早かったね」

アスカ「まあね、あれ、ミサトは?」

シンジ「仕事疲れてるみたいで先に寝るって」

アスカ「はっ、おばさんはつらいわねージュース、ジュースっと」

シンジ「アスカ……最近可愛くなったよね」

アスカ「ぶふっ!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 00:44:20.28 ID:jwA3nF5z0

アスカ「ゲホッゲホッ…!あ、あ、あんた、いきなり何言ってんの?」

シンジ「アスカが可愛くなった」

アスカ「ば、バカじゃないの?そんな恥ずかしい事平然と…」

アスカ「そ、そう。ようやくあんたも私の魅力に気付いたってわけね」

アスカ「まあこの私と一緒に住んでるんだもん、気付かない方が罪ってものか」

アスカ「その功績に免じて明日から荷物持ちくらいはさせてあげてもいいわよ」

アスカ「それじゃ私部屋にもどるから!」



シンジ「…………これでよかったんですか?」

ミサト「うん、ばっちりね。じゃあ今日の夜同じ時間にね」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 00:53:50.73 ID:jwA3nF5z0

深夜

ミサト「そろそろね、シンちゃん覗きに行くわよ」

シンジ「アスカに悪いような…」

ミサト「まあまあ。これほどのつまみはなかなか無いんだから。ビールが進む進む」

ミサト「ほら、やっぱり起きてる…ん?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 01:06:50.79 ID:jwA3nF5z0

アスカ「あのシンジが…あのバカシンジが…私のことを…」

アスカ「もうこれはそういうことよね…うんそうよ…そうにちがいない」

アスカ「すでに同意を得たのと同じ…シンジは私のもので…私はシンジの…」

アスカ「あぁ…シンジ、しんじぃ…はぁっはぁ…」

アスカ「ダメ…さっきしたばっかりなのに…もう…」クチュクチュ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 01:19:20.42 ID:jwA3nF5z0

シンジ「えっ、アスカ…まさかうむっ!?」ガシッ

ミサト「ごめんね、シンちゃん!今日はここまでにしましょう、明日も学校早いし」

シンジ「んーっんーっ」

ミサト「(まずいわね、あのアスカ…暴走しなきゃいいけど)」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 01:35:19.75 ID:jwA3nF5z0

三日後

ミサト「シンちゃん、あれからアスカとはどうなの?」

シンジ「特に何もないです、というか顔を合わせるたび避けられてる感じがします」

ミサト「(どういうこと?あのアスカなら有無を言わさず自分のものにしそうだけど)」

ミサト「(タイミングを計っているのかしら…)」

ミサト「シンちゃん、私今日はネルフに泊まることになるけど戸締りしっかりね」

シンジ「はい、大丈夫です」

ミサト「あと…はいコレ」

シンジ「えっ、コレって…」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 01:42:49.76 ID:jwA3nF5z0

ミサト「使い方はわかるわね?」

ミサト「勢いに流されずにちゃんとするのよ」

シンジ「…はい」

ミサト「それじゃ行ってくるわね」バタン

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 01:52:22.22 ID:jwA3nF5z0

夕食にて

カチャカチャ

シンジ「(ミサトさんが居ないだけでものすごく静かだ…)」

シンジ「(しかもあんなの渡されたら嫌でもアスカに意識が…)」

アスカ「ねぇ…」

シンジ「な、なに?」ビクッ

アスカ「ミサト、遅いわね」

シンジ「…今日はネルフに泊まるみたいだよ、さっき言ってた」

アスカ「…………………あっそう」

アスカ「ふふっ」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/28(月) 01:56:50.15 ID:jwA3nF5z0

眠たい、明日立て直します



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:笹の葉ファンタジア 【涼宮ハルヒの憂鬱】