ハルヒ「アルバイト募集してますかー!!」ぽぷら「してるよー!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「……恋?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 07:56:41.46 ID:k9u45pUC0

―ワグナリア―

ハルヒ「じゃあ、雇ってくれない?―――私たちを!」

朝比奈「あ、よ、よろしくおねがいします……」

長門「……」

ぽぷら「ちょっと、待っててくれる?店長を呼んでくるから」

ハルヒ「分かったわ!!!」

朝比奈「涼宮さん……あの、どうしてアルバイトを?」

ハルヒ「ここの制服が可愛いのよね」

朝比奈「まさか……」

ハルヒ「みくるちゃんの衣装に加えるのよ!」

朝比奈「ひぇ〜!!」

長門「……」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/06(日) 08:01:06.75 ID:k9u45pUC0

―事務所―

杏子「ふーん……涼宮ハルヒ、朝比奈みくる、長門有希……この辺の学校か?」

ハルヒ「ちょっと遠いけどね」

杏子「なんでここを選んだ?」

ハルヒ「制服が可愛いからよ!」

杏子「……」

朝比奈「涼宮さん、そんな不純な動機じゃあ……」

ハルヒ「よかったら制服、もらえない?がんばって働くから」

朝比奈「は、働く前からそんなこと言ったら……!!」

杏子「採用」

朝比奈「えぇ〜!?」

杏子「お前ら、明日からこい。研修するから」

ハルヒ「ふふーん。期待してなさい。この店を海外進出できるまで大きくしてあげるわ!!」

杏子「そうか。ほどほどにな」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 08:07:00.13 ID:k9u45pUC0

―翌日―

杏子「種島ぁー、小鳥遊ぃー、佐藤ー」

ぽぷら「はーい」

小鳥遊「なんですか?」

佐藤「あ?」

杏子「今日から新しく入った。ほら、自己紹介しろ」

ハルヒ「北高所属、涼宮ハルヒ!!ただの人間には興味ありません!!この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら私のところに来なさい!!」

ぽぷら「よ、よろしく……」

小鳥遊(また変な子が増えたな)

朝比奈「えと……あ、朝比奈みくるです……」

小鳥遊「かわいい?!?」

朝比奈「ひぐっ?!」

佐藤「やめろ、小鳥遊」

長門「長門有希。キッチン担当」

佐藤「へえ……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 08:12:27.94 ID:k9u45pUC0

杏子「涼宮と朝比奈の研修は種島と小鳥遊に任せるから」

ぽぷら「はぁーい!」

小鳥遊「朝比奈さんは俺が丁寧に教えてあげます!!」

朝比奈「そ、それはどうも……」

ハルヒ「じゃあ、私は貴方ね。よろしく」

ぽぷら「私、種島ぽぷら!よろしくね、ハルヒちゃん!」

ハルヒ「ぽぷらね。覚えたわ」

ぽぷら「こら!」

ハルヒ「なに?」

ぽぷら「私は年上ですよ!敬語を使いなさい!!」

ハルヒ「年上な感じがしないから無理」

ぽぷら「ひどい!?」

佐藤「長門、じゃあ調理のマニュアルは教えるけど、しばらくは皿洗いな」

長門「わかった」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 08:16:43.48 ID:k9u45pUC0

ぽぷら「まずはレジだけど……やったことある?」

ハルヒ「ええ、レジぐらいならね」

ぽぷら「そっか、じゃあ簡単に教えるね。まずは―――」

小鳥遊「初日ですし、まずは掃除の手順を覚えてください」

朝比奈「は、はい……わかりました」

小鳥遊「ここのモップを使ってですね……」

朝比奈「はい……(メモメモ」

小鳥遊「必死にメモを取る仕草がかわいい……」

朝比奈「え……?」


―キッチン―

佐藤「―――てな感じだ」

長門「覚えた」

佐藤「何言ってんだ。そんな簡単に覚えられるわけないだろ」

長門「……」

佐藤「な、なんだ……?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 08:21:05.85 ID:k9u45pUC0

ぽぷら「あ、お客がきたよ!ハルヒちゃん、お出迎えしてみて!」

ハルヒ「わかったわ。―――いらっしゃいませ。ワグナリアへ。何名様ですか?」

「3人です」

ハルヒ「おタバコはお吸いになられますか?」

「いいえ」

ハルヒ「では、こちらへどうぞ」

「どうも」

ぽぷら「……すごい……緊張もしてる感じしないし、接客スマイルも完璧だ……」

小鳥遊「じゃあ、朝比奈さん。水を運んでください」

朝比奈「は……は……い……」

小鳥遊「だ、大丈夫ですか?震えてますけど?」

朝比奈「だ、だいじょう、ぶです……」

小鳥遊「なんか怖い……」

朝比奈「お……よ……きゃ!?」

小鳥遊「あぁ……山田と同レベルか……でも、可愛いなぁ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 08:26:12.55 ID:k9u45pUC0

―キッチン―

相馬「佐藤君、新人が入ったんだって?どこどこ?」

佐藤「あそこだ」

相馬「え……?」

長門「……」

相馬「え……なんでもう調理を任せてるの?」

佐藤「……これ、あいつが作ったオムライスだ。食ってみろ」

相馬「……あの子、こういう店で働いたことがあるの?」

佐藤「無いらしい」

相馬「ふぅん」

佐藤「お前の情報網でも分からないのか?」

相馬「入ってきた三人で身元がはっきりしてるのは涼宮さんだけだね」

佐藤「どういうことだ?」

相馬「朝比奈さんと長門さんはなんか嘘っぽい経歴なんだよ」

佐藤「はっ……密入国者かなんかか?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 08:31:02.54 ID:k9u45pUC0

―休憩所―

小鳥遊「ここで休憩してくださいね」

朝比奈「はぁ……すいません。何個もコップを割ってしまって」

小鳥遊「初めてだし仕方ないですよ」

ハルヒ「もう駄目ねぇ、みくるちゃんは。生粋のドジっ子なんだから」

朝比奈「す、すいません……」

小鳥遊「涼宮さん!!」

ハルヒ「なによ?」

小鳥遊「朝比奈さんは十分に頑張っている!!それは言い過ぎだ!!」

ハルヒ「いや……」

小鳥遊「朝比奈さんに謝れ!!」

ハルヒ「な、なんで……」

小鳥遊「いいから謝れ!!」

ハルヒ「……ごめん、みくるちゃん」

朝比奈「い、いえ……気にしてませんから……」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 09:06:50.72 ID:k9u45pUC0

―キッチン―

相馬「ねえねえ」

長門「……?」

相馬「長門さんって、三年前以前、つまり四年前はどこにいたの?」

長門「……あっち」

相馬「あっちってどっち?」

長門「貴方には関係ない」

相馬「そう?でも気になるなぁ」

長門「何故?」

相馬「俺、人のことを探るのが好きなんだよね」

長門「……そう」

相馬「うん。だから、長門さんのことを教えてほしなぁ」

長門「……」

相馬「あらら。嫌われた?」

佐藤「相馬、仕事しろ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 09:12:34.60 ID:k9u45pUC0

ハルヒ「いらっしゃいませ〜♪」

ぽぷら「……」

杏子「どうだ、涼宮は?」

ぽぷら「あ、杏子さん。それが……」

杏子「なんだ?問題でもあるのか?」

ぽぷら「いえ、逆なの。教えたこと、一回で覚えちゃうし、すぐに応用しちゃうしで、もう何を教えていいかわかんなくて……」

杏子「そうなのか。すごいな」

ぽぷら「はぁ……先輩としての立場が……」

杏子「涼宮ぁー」

ハルヒ「はぁーい?」

杏子「お前、なんか出来る奴みたいだな」

ハルヒ「種島さんの教え方が上手いからですよ」

ぽぷら(権力者には猫かぶるんだ……)

杏子「そうか。これからもがんばれ」

ハルヒ「はい!私に任せなさい!!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 09:18:17.41 ID:k9u45pUC0

朝比奈「ひぃぃ……」

小鳥遊「ゆっくり……ゆっくりでいいですからね?」

朝比奈「は、はい……」

杏子「小鳥遊、朝比奈の様子は?」

小鳥遊「朝比奈さんは可愛いんですが」

杏子「それは聞いてないぞ」

小鳥遊「仕事は……」

朝比奈「きゃぁ!?」

小鳥遊「あれでグラス、5個目です」

杏子「ああ、だから報告書に朝比奈の名前がいっぱい書いてあったのか」

小鳥遊「はい」

杏子「まあ、しっかりフォローしてやれ」

小鳥遊「朝比奈さんは俺が助けます!!!」

杏子「まあ、ほどほどにな」

朝比奈「ひゃぅぅ……すいません……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 09:24:50.07 ID:k9u45pUC0

―キッチン―

ぽぷら「オーダー追加です!!」

佐藤「長門、頼む」

長門「分かった」

杏子「佐藤」

佐藤「飯ならもう少し待て」

杏子「違う。長門の様子を見に来たんだ」

佐藤「なら心配しなくてもいい。あの通りだ」

杏子「皿洗いはさせてないのか?」

佐藤「アイツは尋常じゃないぐらい効率よく動いてくれてる。皿洗いをさせるよりも調理をさせているほうがいい」

杏子「そうなのか」

佐藤「あいつは正直、俺と相馬以上の仕事量をこなす」

杏子「……長門。ちょっとこい」

長門「なに?」

杏子「お前、もう研修は終わりだ。そのバッジは外して良いぞ?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 09:30:14.17 ID:k9u45pUC0

―夕方―

杏子「お前らの今後のシフトだけどな……入れるならドンドン入って欲しい」

ハルヒ「私は別にいいけど?」

朝比奈「わ、私は……あの……あんまりその……」

長門「……」

山田「……アレが噂の大型新人たちですか?」

ぽぷら「うん。ハルヒちゃんもすごいけど、有希ちゃんもすごいみたい」

山田「そうなんですか?」

ぽぷら「有希ちゃんはもう研修終わったらしいよ?」

山田「えぇ!?山田はまだこれつけてるのに?!」

ぽぷら「それだけすごいんだって」

山田「うぎぎぎ……許すまじ、長門さん……!!」

ぽぷら「葵ちゃん……」

山田「ふっふっふっふ……山田が社会の厳しさを教えてあげますよ」

長門「……山田葵を敵性と判断」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 09:34:49.58 ID:k9u45pUC0

―翌日 ワグナリア―

ハルヒ「おっはよーぽぷらちゃん!!」

ぽぷら「も、もう!!ハルヒちゃん!!年上は敬いなさい!!」

ハルヒ「にしても胸でかいわね。みくるちゃんといい勝負じゃない」

ぽぷら「きゃぁ!?ちょっとハルヒちゃん!?」

ハルヒ「うーん……いい感じに柔らかいし……」

ぽぷら「やめて!やめて!!」

伊波「わっ!?種島さん!?」

ぽぷら「伊波ちゃん……たすけてぇ……」

ハルヒ「あら?誰?」

伊波「あ、あなたこそ……」

ハルヒ「私は涼宮ハルヒよ?」

ぽぷら「昨日からここで働くことになったの……もう!ハルヒちゃん!!いい加減に胸を揉むのやめて!!」

ハルヒ「いいじゃないの減るもんじゃないし」

ぽぷら「そういう問題じゃないよ!!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 09:40:23.20 ID:k9u45pUC0

伊波「す、涼宮さん……嫌がってるし……」

ハルヒ「え?嫌なの?」

ぽぷら「当たり前だよ!!」

ハルヒ「仕方ないわね」

ぽぷら「はぁ……」

伊波「種島さん……大丈夫?」

ぽぷら「う、うん……」

ハルヒ「伊波さんだっけ?」

伊波「う、うん……」

ハルヒ「貴方は中々の貧乳ね」

伊波「な……!?」

ぽぷら「ハルヒちゃん!!伊波ちゃんも年上なんだよ!!」

ハルヒ「そうなの?」

杏子「お前らなにしてんだ。仕事しろ」

八千代「きょ、杏子さん……あの子が新人の子ですか?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 09:45:34.00 ID:k9u45pUC0

ハルヒ「店長の後ろにいるの、誰ですか?」

杏子「轟八千代だ。チーフでもあるから、よろしくしてやってくれ」

八千代「ど、どうも……」

ハルヒ「よろしく、轟さん」

八千代「は、はい」

ハルヒ「人見知りなの?」

杏子「悪いな。慣れるまではこんな感じだ」

ハルヒ「まあ、いいけど」

ぽぷら「じゃ、行こうか、ハルヒちゃん」

ハルヒ「分かったわ」

伊波「それにしても男の人じゃなくてよかったぁ」

杏子「八千代、腹減った」

八千代「はぁい」

伊波「仲良く、できるかな?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 09:51:12.19 ID:k9u45pUC0

キョン「ここか」

古泉「ええ」

キョン「まあ、あいつのことだから上手くやってんだろうけど」

古泉「でも、心配ですよね?」

キョン「アイツが何かやらかしそうだからな」

古泉「では僕たちもここで働きますか?」

キョン「やめろ。ハルヒと一緒の職場なんてなにさせられるかわからん」

古泉「ふふ、そうですか?」

キョン「そうだよ」

古泉「とりあえず、入ってみましょう」

キョン「そうだな。ひやかしてやるか」

ぽぷら「―――いらっしゃいませ!!何名様ですか?」

キョン「二名です」

ぽぷら「こちらにどーぞ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 09:56:23.89 ID:k9u45pUC0

キョン「ハルヒは……いたいた」

古泉「なんともかわいい制服じゃないですか」

キョン「あれを貰う為に働いてんだろ?よくやるぜ」

ぽぷら「どうぞ、お水です」

古泉「これはどうも」

ぽぷら「ご注文が決まりましたら、お呼びください」

キョン「……おい」

古泉「なんですか?」

キョン「今の子は何歳ぐらいだ?」

古泉「……朝比奈さんよりも小さいかたでしたから小学生?」

キョン「マジか」


ハルヒ「ふわぁ〜」

ぽぷら「こら、欠伸はだめだよ」

ハルヒ「だって暇なんですもの」

ぽぷら「それでもだめだって。―――あ、三番テーブルのお客さんが呼んでる。ハルヒちゃん、行ってあげて」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 10:12:33.82 ID:k9u45pUC0

ハルヒ「おまたせしま――げ」

キョン「よう、似合ってるぜ?」

ハルヒ「……伊波さーん」

伊波「なに?」

ハルヒ「三番テーブル、お願いします」

伊波「え!?」

ハルヒ「ごめんね?」

伊波「あ、いや……だめだよ……!!」

キョン「逃げたか」

古泉「流石に仕事中なので暴言等はありませんでしたね」

キョン「あったら困るだろ」

伊波「どどど……どうしよう……」

キョン「注文、いいですか?」

伊波「は、はい!!」

伊波(大丈夫……小鳥遊くんに色々してもらったんだし……我慢……我慢……)

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/06(日) 10:14:37.86 ID:k9u45pUC0

すまん、離れる
すぐには戻れそうにないから落としてくれていい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:紬「あら?あなたは北条沙都子ちゃん?」