両津「なにい! すき家強盗だと!?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「いい加減にしてくだしゃい!」

ツイート

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/30(日) 23:48:18.37 ID:tXWrc6A10


部長「…で、ここ最近…、…深夜の牛丼店などで…」
両津「頼むよ中川、5万貸してくれよ」
中川「この間貸したじゃないですか」
両津「だから菊花賞でスっちゃったんだよ、
   次の天皇賞で倍にして返すから」
部長「…店員も1人または2人で…、…客の目も無く…ん?」
部長「こらっ!両津!」
両津「うわっ、びっくりした」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/30(日) 23:51:10.14 ID:tXWrc6A10

部長「お前はまた中川に借金を!」
両津「ご、誤解です部長!
  中川が申し送りに集中してなかったのでカツを入れてたのです」
部長「…じゃあ、今なんの話をしていたか言ってみろ」
両津「うっ(ドキッ)」
両津「ええとその…天皇制の話でしたっけ、
   それとも菊の花が最近きれいで…」
中川「(ぼそっ)すき家強盗の話ですよ」
両津「そう! すき家強盗の話です!」
部長「うむ、よろしい」
両津「おそろしい話ですよ、
   すき家に入ったら店員が肉切り包丁で襲ってくるという」
中川「あの、先輩、逆…」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/30(日) 23:52:56.12 ID:tXWrc6A10


部長「聞いとらんならなぜ正直に言わんのだ! バカもの!」
両津「あいててててて耳をひっぱらないでいててて」
部長「まったく」
両津「あーいて、耳がのびちまうかと思った」
部長「最近頻発しているすき家強盗に対して、
   夜間パトロールの際は注意するよう通達が来ておるわけだ」
両津「部長、すき家強盗って、すき家の側が強盗に遭うんですか??」
部長「うむ」
両津「中川、すき家ってあの牛丼屋だろ? なんで強盗が?」
部長「まったく…全然聞いていなかったな」
部長「中川、説明してみろ」
中川「はい」
中川「すき家強盗というのはここ最近、急速に広まっている犯罪で、
   すき家を始め、24時間営業の牛丼チェーン店の松屋、
   吉野家などが狙われている強盗事件ですね」
両津「そんな事件が…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/30(日) 23:54:20.68 ID:tXWrc6A10


部長「両津、なぜ深夜の牛丼屋が狙われると思う」
両津「えっ」
両津「えーーーと…その…牛丼食べて気が大きくなるんじゃ
   ないですかね。キン肉マンも牛丼で力をつけて…」
部長「…バカはほっといて中川、なぜだか説明してみろ」
中川「はい」
中川「深夜の牛丼店は店員が一人または二人と少なく、
   通行人や客も少なく、
   レジ内にまとまった現金があるので狙われやすいと思われます」
部長「うむ、その通りだ」
両津「ぐっ…ぐぐ…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/30(日) 23:55:43.38 ID:tXWrc6A10

部長「というわけで警視庁からの通達だ」
部長「深夜パトロールの時など、
   コンビニなどに加え牛丼店も十分に注意するように」
両津「はい部長! 提案!」
部長「なんだ」
両津「レジ内に現金を置くから強盗に遭うのです」
部長「そうだな」
両津「なので現金での支払いを止め、材料持ち込みとするのです!」
部長「なっ、なんだと!?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/30(日) 23:57:04.35 ID:tXWrc6A10

店員「いらっしゃいませ」
お客「牛丼一杯お願いします、大盛りで」
店員「牛丼大盛りだと牛肉バラ100グラム、米200グラム、卵一個になりますね」
お客「はい(どさっ)」
店員「少々お待ちください」
お客「(ガラッ)やあ、20人の団体だけどいいかな」
店員「はい、材料はお持ちでしょうか」
お客「ちゃんと米と卵と、肉も用意してあるよ」『モ〜〜』

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/30(日) 23:58:31.41 ID:tXWrc6A10


麗子「それってどうやって利益を出すの?」
両津「実際の分量より少し多めに請求すればいいだろ」
中川「煮込むところから始めるんじゃ時間かかりますよ」
両津「あらかじめ調理してる分を出せばいい、
   受け取った肉はまた別のお客に出す」
中川「牛一頭は20人分どころじゃないですよ」
部長「実にムダな提案だった、では申し送りを終わる」
両津「ぐぐ…ちくしょう…」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/30(日) 23:59:45.22 ID:tXWrc6A10



両津「ふー、夜勤ってのはやたらハラ減るな」
中川「そうですね、夜食にしますか」
両津「確かカップラーメンがあったが…」
両津「だめだ、申し送りで牛丼の話聞いたら牛丼が食べたくなった」
中川「え、牛丼ですか? でも今の時間に出前は…」
両津「すき家いこう、すき家、F40で」
中川「ちょ、ちょっと先輩、押さないで」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:01:38.83 ID:ar5eok9z0


中川「いいんですか夜勤中に出かけちゃって」
両津「いいんだよ。
   寺井がもうすぐパトロールから戻ってくる頃だったし」
中川「派出所がカラだったらびっくりしますよ」
両津「それにしてもすき家強盗か、そんなにたくさん起きてるのか?」
中川「そうですね…」
中川「2010年は58件、今年はすでに64件起きています」
両津「ぶっ!?」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:03:47.34 ID:ar5eok9z0


両津「そんなに起きているのか!?」
中川「申し送りで部長も何度か言ってたじゃないですか」
両津「…そんなに起きてるなら、なんですき家は対策しないんだ?
   店員が一人だから強盗に遭うんだろ? 二人にすればいいじゃないか」
中川「……。それは採算の問題ですね。
   店員を増やすと夜間は採算が合わなくなる店舗もありますし」
両津「だからって人の命にゃ代えられんだろ」
中川「ええ…実際、包丁で刺されるなどして重傷を負った店員もいます」
中川「防犯カメラの映像をすぐ警察に提供するなどして、
   検挙率は上がっているのですが…」
中川「企業の側に、どうしても防犯と採算を天秤にかける姿勢が…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:05:34.15 ID:ar5eok9z0

両津「…そんなムリして24時間営業しなくていいんじゃねえのか?」
両津「昔は牛丼屋はもちろん、コンビニもなかったが、
   飢えて死ぬやつはいなかったぞ」
中川「一理ありますが、今の時代なかなか…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:07:15.20 ID:ar5eok9z0


両津「っと、そうこう言ってる間にもうすぐ着くな」
中川「ええ、もうすぐ見えてきますね」
両津「この大通り沿いのすき家は店員の愛想が良くて…ん?」
両津「中川ストップ!」
中川「うわっ!(ギャギャギャギギギイイイ)」
中川「急にブレーキ踏まないでくださいよ先輩!」
両津「あの路地の奥にもすき家があったぞ」
中川「えーっ、まさか、あんな細い路地の奥ですか?」
両津「先に行ってるぞ、適当に駐車してお前も来い」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:08:38.36 ID:ar5eok9z0

両津「ほらあった、すき家だ」
中川「ほんとだ、こんな細い路地に…」
中川「あれ、先輩、よく見るとすき家じゃないですよ、すずき家と書いてます」
両津「ありゃ? 本当だ、
   小っせえ「ず」の字が入ってる」
中川「でも外見はそっくりですね、色も…」
両津「おかしいと思ったよ。まあいいや空腹が限界だ、入ろう」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:10:05.20 ID:ar5eok9z0

店主「いらっしゃいませ」
両津「お、すいてるな」
中川「そうですね」
店主「ご注文をどうぞ」
両津「これがメニューか、えーと」
中川「なんだか変な品揃えですね…」
両津「お、「宮崎牛丼」ってのがあるじゃないか、しかも350円だ」
中川「まさか…宮崎牛を使ってたらそんなに安いはずが」
両津「なんか裏ルートがあるんだろう、おい、この宮崎牛丼くれ」
店主「はい」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:12:09.20 ID:ar5eok9z0


店主「おまちどお」
両津「早いな、よーし食うぞ(ガツガツガツ)」
両津「ぶぼがっ!」
両津「な、何だこれは!?」
店主「宮崎産の夏ミカンで煮込んだ牛丼ですよ、さわやかでしょう」
両津「冗談じゃない、すっぱすぎる!」
両津「…ってことは、もちろん宮崎牛じゃないのか」
店主「はい、アメリカ産の牛肉です」
両津「まったく、せめて宮崎産のマンゴーとかメロンで煮込めよ、
   そうすればありがたみがあって食えるのに…(パクパク)」
中川「でもけっこう箸が進んでますね…」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:13:46.47 ID:ar5eok9z0

両津「中川もはやく頼めよ」
中川「そ、そうですね、えーと…」
中川「こ、この「眠気すっきり牛丼」にしましょうか」
店主「はい眠気すっきり牛丼一つですね」
店主「はい、おまちどう」
両津「おい、なんかすさまじい匂いがするぞ…」
中川「ご飯が真っ赤ですよ先輩…」
両津「…乗りかかった船だ、まあ一口食べてみろ」
中川「は、はい(ぱくっ)」
中川「んごほおおおおおおおおおおおおおっ!?!?」
両津「中川!?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:15:43.95 ID:ar5eok9z0

店主「ハバネロとタバスコで炊いたご飯の牛丼ですよ」
両津「壮絶すぎるぞ!
   中川が悶絶してしまった!」
店主「他の牛丼店と差別化するために、
   いろいろ新メニューを提案してるんです」
両津「まともなのは無いのか! このカルビ丼とか」
店主「それはカルビー丼ですよ、
   バーベキュー味のポテトチップスが乗ってます、150円です」
両津「安くあげやがって…。
   じゃあこの「ゴミの出ないエコロジー牛丼」ってのは?」
店主「ドンブリが砂糖細工でできてまして、器も食べられるのです」
両津「へえ、なかなかいいアイデアじゃないか?」
店主「でも牛丼が熱くて、20秒ほどでドロドロに溶けてしまうんですが」
両津「…コントやってんじゃないんだぞ、おい」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:17:18.00 ID:ar5eok9z0

中川「うう…」
両津「お、気が付いたか中川」
両津「店主、とにかくもっとマトモなメニューを出せ、
   あと、すき家にそっくりな店構えはやめろ」
店主「でも店名は私の本名ですし…
   日系ブラジル4世の鈴木=バラニク=太郎ですよ」
両津「そういう問題じゃない! 真っ当な商売をしろといっとるんだ!」
店主「うう…」
両津「ど、どうした?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:18:49.12 ID:ar5eok9z0

店主「お巡りさん、そんなこと言いますが、
   このご時勢に牛丼屋でやっていくのは大変なんですよ…」
店主「私だってブラジルの日本料理店で腕を磨いて…
   やっと日本に牛丼の店を出せたのに…」
店主「まともな牛丼だと大手チェーン店の低価格に対抗できなくて」
両津「低価格競争の話まで踏み込むか…」
中川「なんだか気の毒になってきましたね」
両津「なあ店主、大手に負けて悔しいのは分かる」
両津「だからって、その負けた大手の店構えをマネて、
   大手がやらないようなキワモノの牛丼作ってどうするんだ」
店主「…!?」
両津「本当はまともな料理で勝負したいんだろう?
   最後まで、まともな料理だけで勝負しろよ」
店主「お巡りさん…」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:20:51.38 ID:ar5eok9z0

店主「私が間違ってました、今後はまともな料理で勝負します」
両津「よし」
中川「しかし…このあたりは牛丼チェーンが多いですからね、
   何かアイデアがないと戦えませんよ」
両津「アイデアか、うーむ」
両津「…そうだ! 強盗だ!」
中川「えっ?」
両津「すき家強盗だよ、あれを取り入れる。
   つまり防犯をテーマにキャンペーンをやるんだ」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:22:03.50 ID:ar5eok9z0

中川「具体的にはどんな風に?」
両津「わしら警官もすき家強盗のために防犯訓練が必要だろ、
   その場所として店を提供してもらう」
店主「はあ…?」
両津「防犯訓練は週に1・2回、昼間に行う」
両津「そして防犯訓練に居合わせたお客には、協力のお礼として割引券を配る、
   これで安全をアピールすると同時にリピーターが見込める」
店主「なるほど」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:24:25.11 ID:ar5eok9z0

両津「そして防犯をテーマにした新メニュー、
   ゴボウとハンバーグの「ボウハン丼」を売り出す!」
店主「煮込みハンバーグとゴボウの丼ですね、いいじゃないですか」
両津「第二段は「強盗を食らう」という意味で、
   ゴーヤと豆腐と牛肉の炒めものを乗せた「ゴートー丼」だ!」
店主「おお、ゴーヤチャンプルーですね。すばらしい!いける気がします!」
中川「さすが先輩だ、いいアイデアですね」
両津「よし! さっそく明日から行うぞ!」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:25:45.98 ID:ar5eok9z0



部長「なに、牛丼屋の防犯訓練か…」
両津「我々もすき家強盗への素早い対応ができるよう、訓練が必要です。
   すでに、とある牛丼屋の協力を取り付けてきました」
部長「うーむ、お前がそこまで真剣に考えていたとは…」
部長「よし、みんなで一丸となって取り組もう」
中川「はい」
麗子「はい」
両津「部長、じゃあさっそくこれに着替えて」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:26:53.13 ID:ar5eok9z0

部長「え、わしが強盗役をやるのか?」
両津「そりゃそうでしょう、実際に現場に急行するのは私らですよ。
   訓練が必要なのは我々なんですから」
部長「それもそうだな…黒いヘルメットに革のツナギか…」
中川「なんだかありきたりですね」
両津「部長、どうせならこっちのホッケーマスクにしましょう」
部長「な、なんでこんなものがあるんだ?」
両津「昔、女子ホッケー部のコーチやってたでしょう。その時のですよ」
部長「古い話だな…」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:29:54.34 ID:ar5eok9z0

麗子「はい、包丁」
部長「お、おい、本物を使わんでも…」
両津「もっとインパクトが欲しいな…。
   部長、ここにちょうど大型チェーンソーがありますから、これを」
部長「な、なんでこんな物が…」
両津「包丁は横からホッケーマスクの隙間に挿しましょう。
   なんだか長い耳みたいになりましたね部長」
中川「…ぷっ…くく…」
部長「中川! 笑うな!」
中川「す、すいません」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:31:19.33 ID:ar5eok9z0

両津「首にドクロのネックレスも下げましょう」
両津「暴走族から没収したトゲつき肩パッドも…」
部長「おい、いい加減にしろ!もういいだろ!」
両津「まあこんなものですかね、警ら隊のパトカー呼んでますから、
   それに乗って現場まで行ってください」
部長「ま、まいったな…」
両津「店の主人もお客も訓練のことは了解してますから」
両津「部長も真剣に、本当の強盗になったつもりでやってください」
部長「わ、わかった…」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:32:51.05 ID:ar5eok9z0

巡査「お、お迎えに上がりました…」
両津「おう、来たか、じゃあ三丁目のすずき家まで送ってやってくれ」
巡査「すき家ですね…、お、大原部長、ですか?」
部長「成り行きでこんなことにな…」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:34:10.64 ID:ar5eok9z0


両津「よし、あとはすずき家から強盗の通報が入る」
両津「それを受けて、我々が出動する」
両津「店の主人から犯人の特徴などを聞いて、
   手配する、と、これが訓練の流れだな」
麗子「分かったわ」
中川「はい」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:37:39.78 ID:ar5eok9z0

両津「……」

両津「……ん、遅いな?」
麗子「そうねえ、とっくに連絡が入っていい頃なのに」
中川「……」
両津「ん、どうした中川」
中川「あの…先ほどの警ら隊の巡査ですが」
両津「おう」
中川「三丁目のすき家、と間違えたんじゃないですか…?
   聞き返すとき、そう言ってたような…」
両津「……」
両津「……」
両津「す、すると、どうなる?」
中川「部長、あの格好ですき家に強盗に入ったんでは…」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/31(月) 00:39:02.59 ID:ar5eok9z0

(ファンファンファン)
両津「うおっ!? 部長の乗っていったパトカーが戻ってきた!?」
中川「部長降りてきましたよ!?チェーンソー回してます!」

部長「両津の大バカ野郎はどこにいる!!!(ズッギャアアアアアアアン)」
部長「いたな両津!!許さんぞ!!(ゾゾゾッギャアアアアアン)」
両津「ぶ、部長落ち着いて! 警ら隊のやつが間違えたんですよ!」
部長「(ギュアアアアアン)やかましい!!
   お前がこんな格好させるからだバカモノ!!(ギュアンドギャッバキィ)」
両津「部長落ち着きましょう!!牛丼食べて落ち着きましょう!!」



おしまい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒを攻略したいんだ」