アンパンマン「デスノート???」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:新ジャンル朝倉にいじめられるハルヒ

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 21:42:28.47 ID:PdNgp5ll0

アン「何語だろう?読めないや。
    取り敢えずジャムおじさんに渡そう。」

ジャム「なんじゃ?ノート?丁度家計簿にノートが欲しかったのじゃ」

アン「持ち主を見付けたら返してくださいね」

ジャム「はいはい。」

バタ「あらおじさん何かいてるの?」

ジャム「家計簿つけておる
      そうじゃ、今日はわしがつけたから
     わしの名前を書いておこう」


ジャムおじさん:竈の残り火を始末


-数秒後-

バタ「!!!!!!」

ヴぉあああああああ

ジャム「うぎゃああああああああ!!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 21:47:50.31 ID:PdNgp5ll0

カレー「おーい!アンパンマン!!」

アン「カレーパンマンじゃないか?どうしたの?」

カレー「バタコさんに電話で呼び出された」

アン「?」

-家-

バタ「じゃむおじさん・・・・」

ちーず「わぉ〜ん(なにがなんだかわからない)」

アン「どうし・・うぉ?!」

カレー「焼き肉してたんか?」

バタ「カクカクシカジカ」

アン「突然発火ですか。」

カレー「まさかバイキンマンが?!」

ばた「そんな酷い・・じゃむおじさん限定で焼き殺すなんて・・あんまりよ・・。」

アン「取り敢えず、食パンマンも呼んだ方がよさそうだね。」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 21:52:53.39 ID:PdNgp5ll0

食「なるほど、急に竈の火で焦げた・・と。」

アン「新しい顔で・・無理かな・・・。」

カレー「・・・ジャムおじさんいないとオレらやばいんじゃね?」

ばた「ハッ!!」

アン「しまったこれが狙いだったのか?!許さないぞバイキンマン!」

-ばい菌キチ-

バイ「は〜ひふへほ〜」

どきん「あのさバイキンマン、このノートだけど・・」

バイ「ドキンちゃんの好きにすればいいんじゃない?
    オレ様ちょっとUFOでジャムに特攻しかけてくるわ」

どきん「・・・切ない・・・この切ない気持ちを食パンマン様へどう
      伝えたらいいのかしら・・・あ、そうだ、このノートに
       思いをつづって、ためたら詩にでもしてあの方におくりましょう。」

きゅっきゅっきゅ


どきん「・・・PS 貴方のドキンちゃんより食パンマン様へ:2人は永遠に赤い糸で結ばれる」


-数十秒後-

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 22:00:00.02 ID:PdNgp5ll0

ぎゅっぎぎぎぃいい

アン「食パンマーーーっっン!!!」
かれー「食パンの身体を焼け焦げたジャムおじさんが・・・」
ばた「見てないで助けてよ!!」
チーズ「あんあん!!」

食「うっ・・・ぎっ・・・」

どさぁっ

アン「そんな一瞬で・・・。」
かれー「あまりにもあっけなさ過ぎる・・・」

パリーン!!

ばい「は〜ひふへほ〜今日こそお前らーーーーー」

あん「アァアアンパンチ・・! 許さない・・・今日と言う今日はお前を許さない!!」

バイ「ちょ・・・ガラスわったのは悪かった謝るよ・・だからーーー」

かれー「・・・・うぉおおおお!!」

バイ「ばいばい〜〜〜〜きーーん!!!」

-バイキンマンキチ-

バイ「ただ今・・・オレ様ぼろ・・・え?   どっどきんちゃああああああああん!!!」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 22:18:12.85 ID:PdNgp5ll0

バイ「まさか・・さっきいなかった食パンマンが・・・?!」

-家-

アン「どうして僕は・・・」
かれー「仕方が無いよ・・お前にあいつは殺せない・・。」
ばた「意気地なし!!だったらあたしが!」
かれー「やめろ・・それよりも早く2人を弔ってやらなきゃ・・」
アン「うっうう・・」

-数時間後-

カバオ「ーーーーーそして、ジャムおじさんは・・・ぼくらの大事な家族でした!」

先生「カバオ君よく・・弔辞をよめましたね。 先生・・・ううっ鼻が高いです・・・。」

バタ「帳簿に名前をみんな書いて頂いたわ・・。」

ーーーーカバオ(他、全ての村人の名前)
:数時間後の後、ジャムおじさんと食パンマン共に火葬

ちーず「わふぅん」

アン「あのノート・・・最後に・・・うっうう・・。」
かれー「もうよせよ・・今は、笑顔で見送ってやろう、な?」
ばた「失ったものが多すぎるわよ・・」
アン「ジャムおじさんの最後の遺産・・僕らが大事にします」

-数時間後-

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 22:24:16.37 ID:PdNgp5ll0

カバオ「うぉおぁああああ!!!」

先生「うぎゃああああ!!!!」

じゃむ「うぎゃああああ!!!」

食「うぁあぉおぎゃあああ!!!」

他アニマル共「ぬぉおおおおおおぎゃあぉおおお!!!」

-鳴り止まぬ悲鳴。
突如としてお棺より燃え広がった
灼熱の焔は、村をパン工場を除いて
焼き尽くし灰塵と化した。-

バイ「どきんちゃん・・オレ様まだ君が死んだなんて信じられないよ・・・
    いっそオレ様も・・・・うううっうぁああん!!
     そっそうだ・・オレ様の今の気持ちをあのドキンちゃんの遺品に
    残しておこう・・そうすればオレ様は君を一生忘れない・・うううっ」


ーーーードキンちゃんの永遠の相棒、バイキンマンより:肉体は裂かれても


-数秒後-

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 22:32:24.97 ID:PdNgp5ll0

びちゃぁあああああ

バイ「ウッ…ぎゃああああああああああ!!!!」

-家-

ばた「どうしてなの?何なの?!」

アン「またバイキンマン・・・あいつしか考えられない!!」

かれー「帳簿に俺らの名前も書かないとな・・・みんなの名前も・・・また・・」

アン「うっうっうっ・・・」

チーズ「あぉ〜ん(なかないでアンパンマン・・。)」

ばた「火葬にはもう・・しなくて良いわね・・。」

かれー「みんなは俺らの心の中で生きてるから・・さよならは
      このノートの中でだけにしよう・・・ぜ」

アン「うっうっうう・・・・僕は後で名前を書くよ・・・
    2人は先に書いておいて・・・うううっ・・。」

-数時間後、彼らはコンクリートの塊となって
居間で見付かりました。僕にはもう何がなんだかわからない…。
ただ解かるのは雲隠れしたバイキンマンが
絶対に関わっていると言う事実だけです。
これを見た貴方、どうか僕のかわりにこの謎を解いて欲しい。
どうか真相を暴いてください。それだけが僕の望みです。-

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 22:38:57.57 ID:PdNgp5ll0

-旅に出てもう1週間。僕の顔は
腐敗が進みカビてきている。
でもまだいけるアイツを追い詰めるまでは
絶対に。-

-中身が出て来た。
足が重い、だが僕は負けないぞ-

-頭の中で何かが蠢いている。
何だろう 頭がイタイ。-

-イタイイタイイタイイタイ
イタイイタイイタイイタイ
イタイイタイイタイイタイ
イタイイタイイタイイタイ
イタイイタイイタイイタイ-

-なにかが出たー頭いたくない
僕はアンパンマン
?-

-げげげげげげげ-


-まえがみえない-

アンパンマン:虫に喰われません様に。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 22:44:38.31 ID:PdNgp5ll0

-ノートは頭に巣食った虫を
書き出そうとした際に紛失。
紛失した際に文字が書かれていた
部分と白紙のページ少しが破れ
森の奥で静かに置き去られて行った-


-家-

???「ーーきて、きてーー起きて!アンパンマン朝よ!!」

アン「え?・・・ボクは一体?!」

ばた「嫌な夢でも見ていたの?うなされていたわよ?アンパンマン」

じゃむ「おぉアンパンマンや、おはよう!」

ちーず「わぁおん!」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 22:49:54.74 ID:PdNgp5ll0

かれー「よう!アンパンマン!!」

食「おはよう!」

アン「2人とも・・・生きて・・・たんだね・・みんな・・。」

ぐちゃ・・・びちゃ・・・ぼちゃ・・・ん

-夢で見た死に方で
再び彼らは死んで行く。
死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死んで行く。-

アン「やめ・・やめろ!やめろぉおお!!こんな夢早く醒めーーーー」

???「るわきゃぁねーだろぉーっがぁああ、ギャハハハハ!!!」

アン「?!」

???「ようこそわらわのお茶会に、わが名はベアトリーチェ。黄金の魔女よ。
    そなた等は黄金卿に招かれ昇華されたのじゃ・・くくくっ
   アンパンマンとやら、おぬし以外はな・・。」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 22:56:05.91 ID:PdNgp5ll0

アン「何言ってーーー」

ベアト「そなたのみが真実を知らぬ。
      何度も何度も同じ記憶を繰り返し
       そして失った結果がその腐った顔じゃ」

アン「ひっ・・・イタイイタイイタイイタイ・・・ああ!!」

ベアト「まだ痒いか…ギャハハハ!!
     しかし最後のチャンスを与えようぞ
      お主が真実に辿り着く最後のチャンスよ・・ぉ」

アン「・・・・最後?」

ベアト「拾う神から見放された哀れなパンくずによぉお〜ギャハハハハ!!」

アン「解かった・・受けて立とうベアトリーチェ・・!!」

ベアト「では問題を授けようぞ。お主はーーーー」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 22:59:45.08 ID:PdNgp5ll0

->>24-

アン「うっうっうっ・・・」

チーズ「あぉ〜ん(なかないでアンパンマン・・。)」

ばた「火葬にはもう・・しなくて良いわね・・。」

かれー「みんなは俺らの心の中で生きてるから・・さよならは
      このノートの中でだけにしよう・・・ぜ」

アン「うっうっうう・・・・僕は後で名前を書くよ・・・
    2人は先に書いておいて・・・うううっ・・。」

ばた「駄目・・みんな一緒に・・ね・・?
 チーズも・・ね・・。」

バタ子
カレーパンマン
チーズ

-皆と永遠に-

かれー「ほらアンパンマン、お前の番だ。」

-アンパンマン:永遠にみんなの死を認めない-

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 23:08:49.10 ID:PdNgp5ll0

アン「僕は…」

ベアト「思い出したか・・・くれたのね?アンパンマン。」

アン「君は・・ばっ・・バタ子さん?!」

バタ「遅いわよ・・もうみんな待ってるわよ?
    どれだけ皆を待たせるのよ!
   アンパンマン・・バイキンマンもライバルがいなくて
     文句いってるわよ!!」

アン「・・もう・・もう絶対、拾ったものは交番にちゃんと
    届けてむやみやたらに人に預けたりしないよ!!」

バタ「それで良いのよアンパンマン!!!」

アン「みんなもボクみたいにならないように
    教訓として覚えておくんだ。
   物を拾ったらちゃんと交番に届けよう!!
    それじゃあまた次の世界でね!!
    ばいばーい!!!」

-こうして皆は光の中に消えて行きました。-

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 23:13:56.83 ID:PdNgp5ll0

ホラーマン「計画通り。」

リューク「ひでーなお前。
      脳みそがイチゴジャムとか餡子に
       わざとあんなもんやったら馬鹿だから理解出来ねーだろ。」

レム「死神が死神に使役されるとはな・・。
    でミサを助ける条件本当だろうな?」

ホラーマン「あいあいさー。
        月はリュークが魂を所持してるから無理だけど。
          大王に渡す前にくすねたからここにありますよ。」

リューク「ライトは復活なんざ、させねーぞ。」

レム「ミサのお腹には子供がいた。
     彼女の子供として転生させる約束だっただろ。」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/10/24(月) 23:19:51.67 ID:PdNgp5ll0

リューク「面白ッてまたなるかな?」

レム「さぁね。私は知らないよ。ではまた地上で。」

リューク「・・・リンゴないか?」

ホラーマン「・・はいです。
          (この世界にはキャラクターが増え続けてしまいました。パンク寸前でした。
         わたしも一因ですが・・・これではもう処理仕切れません。
           作者も死にそうだ・・ならば初期のメンバーだけを
            殺し別世界に送り、そこで1からやり直せば良いと考えたのです。)」

-ホラーマン:眠るように死ぬ。-


ホラーマン「これで再放送でも楽しく見る事が出来る・・はずクフゥ・・。」



                          〜これからもアンパンマンはずっと続きます〜Fin



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ごきげんよう・・・・」