キョン「なあ、ちょっと触ってもいいか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「アナちゃん」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 17:43:44.31 ID:YyGro75B0

キョン「うわーお前、毛深いなー」

古泉「ふふっ。案外、もさもさしているでしょう」

キョン「タマタマ可愛いな」

古泉「ちょっ! 触らないで下さいよ」

キョン「いいじゃねえか。優しく撫でてるだけなんだし」

古泉「あんまり苛めないでくださいよ?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 17:45:55.33 ID:YyGro75B0

キョン「お腹撫でてみよう」

古泉「なんだか手つきがいやらしいですよ」

キョン「俺にそんな趣味はない」

古泉「僕だってありませんよ」

キョン「えいっ」

古泉「乳首を摘ままないでください」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 17:47:57.88 ID:YyGro75B0

キョン「ってか棒のほうも弄ってみたい」

古泉「貴方、正気ですか。自分の家で弄ればいいじゃないですか」

キョン「団室で弄るから意味があるんだよ」

古泉「困ったものです」

キョン「ふにふにしてる。反応無いな」

古泉「……ですね」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 17:49:28.43 ID:YyGro75B0

キョン「長門。お前もこっち来て触らないか?」

古泉「長門さんならいいですよ」

キョン「俺は駄目なのかよ」

長門「触る」

キョン「おお、触れ」

古泉「優しくですよ、優しく」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 17:51:29.66 ID:YyGro75B0

長門「……柔らかい」

キョン「気持ちいいだろう」

長門「そう」

古泉「あっ、タマタマを引っ張らないで下さい!」

キョン「長門。強すぎるぞ」

古泉「勘弁してくださいよ」

長門「コリコリしてた」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 17:53:53.25 ID:YyGro75B0

キョン「しかし、こうして見ると可愛いもんだな」

古泉「服従のポーズですからね」

キョン「まんぐり返しとも言うな」

長門「まんぐり返しとは何?」

キョン「えっ、えーっとな」

古泉「僕に振らないでくださいよ?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 17:56:16.42 ID:YyGro75B0

長門「ここに刺激を与えれば大きくなる?」

キョン「どうかな……さっき弄った時は、変化無しだった」

古泉「貴方のテクニックがまずかったのでは?」

キョン「何だと」

長門「私に任せて」

キョン「積極的だな、長門」

長門「好奇心で胸いっぱい」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 17:58:45.79 ID:YyGro75B0

長門「……色々と試したが、大きくはならなかった」

キョン「気を落とすな」

古泉「少々、疲れてきたようです」

キョン「眠っちゃってもいいんだぞ」

古泉「貴方達が色々弄るから、不安で眠れませんよ、多分」

キョン「確かに。寝てる間に色々したいからな」

古泉「困った人達です」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:00:42.96 ID:YyGro75B0

キョン「尻の穴……何か入れるか」

古泉「ちょっと、虐待ですよそれは」

キョン「なあに、男は度胸。何でも試してみるものさ」

古泉「そんな阿部さんみたいに言われても」

長門「これが良い」

古泉「綿棒ですか……それなら」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:03:02.52 ID:YyGro75B0

キョン「ん……入った入った」

古泉「大丈夫ですかね、これ?」

キョン「たかが綿棒だろ? 尻穴を掃除してると思えばどうってことないさ」

古泉「あーっ、入れすぎですって」

キョン「やっべ! 全部入った!」

古泉「もうー! はやく取ってください!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:05:17.04 ID:YyGro75B0

キョン「長門、頼む」

長門「断る」

古泉「貴方が入れたのですから、貴方が責任を持って取り出すべきです」

キョン「……仕方が無い。足、広げといてくれ」

古泉「どうぞ……」

キョン「……先っぽは見えてるんだが……まさか指を入れるわけにも」

古泉「それは流石に無理ですよ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:07:32.83 ID:YyGro75B0

長門「吸い出せば良い」

キョン「……それしかないか。暴れないでくれよ?」

古泉「優しくお願いしますよ?」

キョン「んちゅーーーーーーーーっ!」

古泉「凄い顔ですね」

キョン「ん。唇に引っ付いてきた」

古泉「ゆっくり抜いて下さい」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:09:34.57 ID:YyGro75B0

長門「取れた」クンカクンカ

キョン「匂いを嗅ぐんじゃありません」

古泉「全く……デリケートな部分なのですから、注意してくださいよ」

キョン「すまん」

長門「次はこれ」

キョン「ちょっ、おまっ、ボールペンは駄目だろ」

古泉「チャレンジ精神旺盛ですね」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:11:54.61 ID:YyGro75B0

長門「どうしても、駄目?」

キョン「さっきみたいに取れなくなったらどうする?」

古泉「綿棒の比じゃありませんよ?」

長門「情報操作で取り出す」

古泉「あー」

キョン「って綿棒の時もしてくれれば……」

古泉「まあ、自力で出来る事は自分達でやらないと」

キョン「口がウンコ臭いんだよ!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:14:32.41 ID:YyGro75B0

キョン「んじゃ入れるぞ?」

古泉「どうぞ」

キョン「うわっ、つるつるだからどんどん入る」

古泉「綿棒は引っ掛かりがありましたからね」

キョン「あ。でっぱりの部分で止まった」

古泉「腸内に入り込まなくて何よりです」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:16:38.79 ID:YyGro75B0

キョン「あれ? 長門は?」

古泉「さっきコンピ研に行くって出ていきましたよ」

キョン「何だよ、付き合い悪いな」

古泉「いいじゃないですか。SOS団以外のお付き合いも大切でしょうし」

キョン「まあな」

古泉「二人きりも、おつなものです」

キョン「やめろ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:18:58.41 ID:YyGro75B0

キョン「さて。これからどうする?」

古泉「あ! 見てください。性器が……」

キョン「おおっ! 勃ってきたな!」

古泉「色々試したお陰ですね」

キョン「ああ。デジカメどこだっけ」

古泉「棚の左端ですよ」

キョン「ああこれだ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:21:04.94 ID:YyGro75B0

キョン「うん。立派な写真が撮れたぞ。古泉」

古泉「パソコンに入れるんですか?」

キョン「これならいつでも見られるだろ?」

古泉「ですね」

キョン「フォルダ名はkoizumiっと」

古泉「ちょっ」

キョン「パスつけるから大丈夫だ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:23:26.88 ID:YyGro75B0

古泉「しかし涼宮さんと朝比奈さん、遅いですね」

キョン「だな。当番か何かだろ」

古泉「待つ身は辛いですね」

キョン「俺は結構、楽しいが」

古泉「尻穴を攻めたり?」

キョン「棒を立たせたりな」

古泉「ふふふ」

キョン「ははは」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:26:06.61 ID:YyGro75B0

キョン「何だか、弄ってると眠くなるよな」

古泉「寝たら襲いますよ」

キョン「お前が言うと怖えよ! マジっぽくて!」

古泉「むっふふ」

キョン「……なあ」

古泉「はい?」

キョン「俺の……入れてもいいか……?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:29:15.45 ID:YyGro75B0

古泉「貴方のを……ですか?」

キョン「ああ。正直、もうガッチガチなんだ。……長門が居れば、あいつに頼むんだが」

古泉「この場には僕しか居ない……」

キョン「そうだ」

古泉「……親友の頼みとあらば、と申したいのですが」

キョン「駄目なのか?」

古泉「僕は、お尻での経験がありません」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:32:16.51 ID:YyGro75B0

キョン「何だ……てっきり新川さんとかと経験済みかと思ってた」

古泉「何でそうなるんですか」

キョン「機関ってそんなイメージがあるから」

古泉「訴えますよ?」

キョン「まあまあ。問題は、俺のいきり立った肉棒をどうするかだ」

古泉「朝比奈さんはとこかく、涼宮さんに襲いかかられては面倒です」

キョン「だろ?」

古泉「ここは、口で処理致しましょう」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:34:11.39 ID:YyGro75B0

キョン「やった事、あるのか?」

古泉「ないですよ! そんな趣味でもありませんし」

キョン「でもしてくれるんだろ?」

古泉「仕方なく、ですよ」

キョン「なんでもいいさ。ほれ」ジィィィィ ニュッキン

古泉「……僕の二倍は、ある……!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:37:26.50 ID:YyGro75B0

古泉「凄く、脈打ってますね……」

キョン「自慢のモノだからな」

古泉「……では……ぬちゅっ……むはぁ……」

キョン「おうっ……舐めるの上手いな。シャミセンより上手い」

古泉「猫……と比べないで下さいよ……んはぁむ」

キョン「亀頭が、口の中に!」

古泉「むんにゅ……ちゅば、ちゅば……ずぞぞぞっ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:40:41.30 ID:YyGro75B0

キョン「くっ! もう我慢できない! 動くぞ!」

古泉「むもっ!?」

キョン「……ええい! 喉奥まで……突いてやる!」

古泉「ぐえっぐえっ!」

キョン「ははは! 酷い顔だぞ! 古泉!」

古泉「んふー! んふー!」

キョン「二週間もオナ禁してたから……凄い量が出るぜ!」

古泉「んごっ! んごっ!」

キョン「ああああああああああああああああああっ!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:43:58.14 ID:YyGro75B0

 ガチャ

鶴屋「やっほー! みくるいるかい……」


キョン「おおうおうおうおう……」

古泉「ふむっ……んくっんくっんくっ」

キョン「全部、全部飲めよ、古泉……!」

古泉「ずちゅるるるるるるるるるるるるるる」

キョン「……はあっ、はあっ……よかったぜ、古泉」

古泉「……んっ、濃すぎますよ、貴方のは……」


鶴屋「ありゃー」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:47:59.50 ID:YyGro75B0

鶴屋「ちょっといいかい? お二人さん」

キョン「あ、鶴屋さん。朝比奈さんならまだですよ」

古泉「……冷静に応対しないで下さい。鶴屋さん、これはですね。あの……」

キョン「だって賢者モードだから仕方ないじゃないか」

古泉「貴方は黙ってて下さい! その、別に僕たちが変態というわけではなくですね」

鶴屋「……分かってる。お姉さん、分かってるよ!」

古泉「はあ」

鶴屋「キョン君と古泉君の関係がここまで進んでいたなんて、ね」

古泉「え、ちょっと」

鶴屋「正直、悔しいけど。同性愛も立派な愛さっ!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 18:51:47.85 ID:YyGro75B0

古泉「いえっ、あのですね。鶴屋さんは何か考え違いを……」

キョン「古泉、お前のモノもギンギンじゃないか」

古泉「そ、それは今は関係ないでしょう!」

キョン「今度は俺が、口で処理してやるぞ?」

古泉「話をややこしくしないでください!」

鶴屋「ややこしくなんかないさっ! 鶴屋さんは二人の味方だよっ!」

キョン「ほら、こいよ。お前には俺の初めて……アナルバージンをくれてやる」

古泉「……ごくり」

鶴屋「見届けさせてもらうよっ! 二人の結ばれる瞬間を!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/07/05(月) 19:01:55.43 ID:YyGro75B0

僕のそそり立った男根は彼の菊門に、以外にもすんなり受け入れられた。
後に聞いたところによると、このような日の為に、自ら開発を続けていたそうだ。
そして、その相手が僕であればいいと思っていたと聞いて、僕のちっぽけな意地は消え去った。
突く。突く。突く。突く。突く。突く。

いつの間にか長門さんはコンピ研から帰ってきていた。
朝比奈さん、涼宮さんも団室に来ていた。
三人は最初、何やら騒いでいたが、鶴屋さんの説得により、見守ることに決めたそうだ。

突いて。突いて。突いて。突いて。突いて。突いて。

彼の中にぶちまけた。

放心状態の僕と、満ち足りた笑みを浮かべた彼に、周囲から惜しげの無い拍手が生まれた。

SOS団に入って、良かった。
心からそう思えた。

団長である涼宮さんから、団公認のカップル認定を受け、僕らは交際するようになった。

今では、団室でやるのは将棋やチェス、オセロなんかではなく、アナルセックスだ。

さて、今日はどんな体勢で彼に責められようか?
頭の中はそればかりだ。
でも。これが僕が夢にまでみた、普通の学生の生活だと思うと、何故か涙が出てくる。
出すのは涙じゃなく、精液だ。僕は頷き、団室へと歩みを進める。
そこのは彼が待っているのだから。

 【姦】

61 名前:南部十四朗 ◆pTqMLhEhmY [sage] 投稿日:2010/07/05(月) 19:06:36.93 ID:YyGro75B0

 ネタ晴らしもなにも、最初からキョン×古泉の予定でしたが。
 予定している古泉浮気編を書くにあたって、何故二人が付き合い始めたのかを書かなければならないと、
 金星人のジョニーから指摘を受け、書いてみました。
 しかし、ラブロマンスものは難しいです。はい。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「エヴァには私がなるわ」