マヤ「パターン青!使徒ブロリーです!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンってさ……すごく可愛いわよね」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 10:42:11.30 ID:FDHg5Yzq0

マヤ「使徒は南南西上空より突如出現!未知の光線を発しながらこちらへ接近中!」

冬彦「何だあれは……?」

ゲンドウ「使徒だ」

冬彦「しかし、いつもとは違いすぎる」

ゲンドウ「そうだな。今回はあの男を呼ぶとしよう」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 10:45:20.54 ID:FDHg5Yzq0

パラガス「これはこれはゲンドウさん。何の用でしょう?」

ゲンドウ「あれに乗れ。パラガス」

パラガス「はて?あれとは?」

ゲンドウ「エヴァ初号機に乗れ、という事だ」

パラガス「……。ゲンドウそれはどういう意味だ」

ゲンドウ「お前が考えている通りだ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 10:49:26.27 ID:FDHg5Yzq0

パラガス「馬鹿げてる。そんなの了承するわけがないだろう」

ゲンドウ「……」

リツコ「パラガスさん、あなたが乗るしか希望は無いの。乗って」

ミサト「そうよ。乗りなさいパラガス」

パラガス「無理だ……あんなのに乗れるわけがない……無理に決まってる!」

ゲンドウ「乗るなら早くしろ。乗らないなら帰れ」

パラガス「……無理だ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 10:55:22.22 ID:FDHg5Yzq0

ゲンドウ「冬月、予備が使えなくなった。お前が乗れ」

冬月「は?」

ゲンドウ「乗れ」

冬月「……ならゲンドウが」

ゲンドウ「乗れ」

冬月「……了解した」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 11:00:17.71 ID:FDHg5Yzq0

パラガス「……」

リツコ「……。初号機のシステムを冬月に書き換えて。今すぐよ」

パラガス「……」

ミサト「パラガス……」

パラガス「俺は何をやってるんだ……これがサイヤ人の血を引く者のやることなのか……」

パラガス「……。……逃げるな俺逃げるな俺逃げるな俺逃げるな俺」

パラガス「……乗る。俺がエヴァに乗る」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 11:07:47.97 ID:FDHg5Yzq0

ミサト「説明はさっきした通りよ」

パラガス「了解だ」

ミサト「エヴァンゲリオン発信!」

パラガス「うおぉぉおおおおおお!」

ミサト「出来れば死なないでね。パラガス」


パラガス「これがエヴァ……。そんな事より、ブロリー落ちつくんだ!」

ブロリー「!? 親父ィぃいいいいいい!!何の用だァァああああ!!」

パラガス「落ちつくんだ!ブロリー!」

ゲンドウ「冬月、マステマの用意だ」

冬月「了解した」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[>>17サンクス] 投稿日:2011/09/25(日) 11:12:50.79 ID:FDHg5Yzq0

ガガガガガガガッ

パラガス「あれは?」

ミサト「アレはネルフが対ブロリー用として極秘に開発した、最終兵器よ」

パラガス「最終兵器……」

ミサト「さぁ受け取って!!」

パラガス「うぉおおおおおお!」

パラガス「始めて見るはずなのに、何故か使い方を知っている!」

ピピピピピピピピッ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 11:16:14.09 ID:FDHg5Yzq0

パラガス「何だこの懐かしさは……」

ブロリー「うぉおおおおお!親父ィいいい!それはなんだああああ!」

パラガス「何かこれを使うとブロリーの力を封じる事が出来るらしい」

ピピピピピピピピッ!

ブロリー「あああああああ!!うぁあああ!」

パラガス「利いてるのか。初めて使ってみたが少し嬉しいぞブロリィいイイイイ!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 11:18:54.29 ID:FDHg5Yzq0

パラガス「何だこの懐かしさは……」

ブロリー「うぉおおおおお!親父ィいいい!それはなんだああああ!」

パラガス「何かこれを使うとブロリーの力を封じる事が出来るらしい」

ピピピピピピピピッ!

ブロリー「あああああああ!!うぁあああ!」

パラガス「利いてるのか。初めて使ってみたが少し嬉しいぞブロリィいイイイイ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 11:22:26.97 ID:FDHg5Yzq0

ブロリー「うぉおおおおおおお!」

ゲンドウ「!!」

ブロリー「ふぉおおおおお!」

マヤ「使徒の戦闘力がどんどん上昇して行きます!」

冬月「どういう事だ」

ゲンドウ「……。マステマの効力を限界ギリギリまで上げろ」

マヤ「しかしそれでは初号機が持ちません!」

ゲンドウ「問題ない。やれ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 11:28:15.80 ID:FDHg5Yzq0

パラガス「ブロリィいいいいいいい!!あれ何か効き目が弱まって……」

ブロリー「ふぉおおおお!……ふぉお…・…おお……」

パラガス「そんなことは無かったか」

ゲンドウ「勝ったな」

冬月「あぁ」

ブロリー「ああああああああ!!」

ブロリー「ふぁああああ!!」

マヤ「ブロリー再び戦闘力が上昇してきました……」

ゲンドウ「……なに?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 11:38:51.28 ID:FDHg5Yzq0

ブロリー「あああああああ!」

バリンッ!

パラガス「なに最終兵器が……破戒、されただと……」

ブロリー「親ァ父ィいいいい!」

この時俺は、あぁ俺はもう死ぬんだ。と本能的に悟った。
いいぞブロリーお前に殺されるなら本望だ。
さぁ早く俺を殺してくれ。
ブロリー……

カァッ!

パラガス「!?」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 11:55:11.56 ID:FDHg5Yzq0

――!! ンッ?今何が、起こった……?

???「大丈夫ですかパラガスさん」

パラガス「誰だ……?」

???「もう大丈夫ですよ。僕が来たからには」

パラガス「……」


どういう事だ……

いったい何が起こったと言うのだ……。
確かにブロリーは今俺に対して攻撃を仕掛けてきた……。
間違いない。これは決して紛れもない事実。
だが……しかし、どうして……。

???「簡単ですよ」

パラガス「どういう事だ……」

???「さっき僕があるノートにブロリーって書いたからすよ」


終わり

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/25(日) 12:09:08.22 ID:FDHg5Yzq0

結局お前ら萌えとかパロとかロリとかのSSしかダメなんだなwwwww
いろいろ書いてきたけど良く分かったよwwww



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「カップヌードルはノーマルが至高、そう思いませんか?」