キョン「…ときめきハルヒメモリアル?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:魅音「うわー!ほんとにすっごくおっきいねー!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 00:30:28.15 ID:3a4HUlfG0

昨日立てたけど続き書いてる途中に落ちちゃったので再度。

ハルヒギャルゲーネタの某良スレとは関係ないです
かぶってたり似てるとこあったらスマン

2 名前:ハルヒルート&みくるルート[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:31:25.37 ID:3a4HUlfG0

長門「これ」

長門が唐突に手渡してきたのは一枚のDVD-Rだった。
マジックで『ときめきハルヒメモリアル』って書いてある。

キョン「なんだこれ?ハルヒの半生を収めた写真集
とかじゃあないだろな、いらんぞ」

長門「違う、ゲーム」

キョン「ゲーム?コンピ研が作ったのか?」

長門「涼宮ハルヒが作った。彼女の願望を大いに盛り込んで」

キョン「なに?ハルヒが作っただと?おいおい、あいつゲームなんて作れるのか」

3 名前:ハルヒルート&みくるルート[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:32:18.28 ID:3a4HUlfG0


長門「彼女の能力で私に製作させた。監督脚本:涼宮ハルヒ
その他:私 ということ。彼女はこのゲームの事は知らないが
プレイしないと涼宮ハルヒは暴走する。」

キョン「なんだよそれ、またあいつのワガママか。
つーかあいつが好きそうなゲームは大味で5分で終わりそうだ」

長門「総プレイ時間100時間以上。フルボイス。超大作」

キョン「それはそれで面倒そうな…まいいや、そのうちやるよ」

長門「帰ったらすぐプレイして」

キョン「あ、ああ。そりゃあいいが…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:33:21.29 ID:3a4HUlfG0

ハルヒのゲームか…なんか嫌な予感がするが……
ま、暇つぶしぐらいにはなるか。
そんなわけで帰宅してPCにゲームをインストールする。
ハルヒの顔のアイコンが作成された…ぽちっと。



ときめき☆ハルヒ☆メモリアル


 >はじめから
   つづきから
    えくすとら
      おぷしょん

   (C)2009 SOS団



なんかギャルゲーみたいな感じだな…。
いっとくが俺はギャルゲーにはちょっとうるさいぜ?
さて、はじめから…と、

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:34:11.11 ID:3a4HUlfG0


うお、なんかOPムービーが流れ出したぞ!すげえ

『Day by day うんざりだよね だから♪
堂々と断っちゃう キミになりなよ ♪』

ハルヒの歌かよ!

飛ばすのはエンターでいいのか?よし。

『Day by day うんざりだよね だから♪
堂々と断っちゃう キミになりなよ ♪』

……………。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:35:03.53 ID:3a4HUlfG0


『Day by day うんざりだよね だから♪
堂々と断っちゃう キミになりなよ ♪』

わかったわかった。飛ばさないから勘弁してくれ。
さて、便所いってこ。



『あれもこれも未体験 いつだってトツゼン♪
まるでまるで未経験 それがどうしたの?♪』

『4月10日』

お、はじまったらしい。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:36:16.18 ID:3a4HUlfG0

ハルヒ「おっはよー!ってまだ寝てんの?
ほら!起きなさい!」

いきなりハルヒかよ!って、長門の言ってた通り
ほんとにボイス付きなんだな。

キョン「うーん、おお、おはよう……」

ちょっとまて、なんで俺までボイス付きなんだよ!
録音した記憶なんてこれっぽっちっもないんだが?
ええい、主人公のボイスはOFFだ!

ハルヒ「はやく行かないと遅刻するわよ!
まったく、あんたはほんとだらしないわね。
幼馴染として情けないわ!」

えーと、ハルヒ=幼馴染=メインヒロイン
って事なのか?ちょっと配役が気にくわんのだが。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:37:50.27 ID:3a4HUlfG0

ハルヒ「ほらほら、さっさといくわよ!
入学早々遅刻なんてカッコワルイわ!」

ところでハルヒが微妙に顔を赤く染めてるのが
気になるのだが……えーと、パラメーターは…これか…

☆好感度☆

涼宮ハルヒ llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllMAX
朝比奈みくるl
長門有希  l
妹ちゃん   lllll
????
????


………………なんだこのチート状態。
妹が入ってるのも気になるんだが。


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:39:13.48 ID:3a4HUlfG0

ハルヒ「そういやさ、キョン、
高校に気になる子っていた?可愛い子とか」

>‎ああ、いたよ
 いないかな
 お前が好きだ

むう…………。

>‎ああ、いたよ

ハルヒ「えっ?誰よ!気になるじゃない!
あたしに紹介しなさいよ!!」

>‎やなこった
 もうヤったよ
 冗談さハニー 君しか見えないよ


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:40:24.94 ID:3a4HUlfG0


>‎もうヤったよ

ハルヒ「うわああああああ!!!!!!!」

なあ、ハルヒ、お前どっから斧なんて出したんだ?

ハルヒ「死ねっ!死ねっ!!あたしのものにならないなら死んじゃえっ!!」

『ザクッ ザクッ ザクッ グシャッ プシャー』

ハルヒ「ウキャキャキャキャキャキャキャ!!」

画面が真っ赤に染まってBAD ENDと出た。
なんかジャンル間違えてないか?これ。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:41:42.92 ID:3a4HUlfG0

と、電話だ。

キョン「もしもし?…なんだ、古泉か」

古泉「あなた、バッドエンドになりましたね?
おかげで閉鎖空間が発生して大変なんですよ。困りますねえ」

キョン「なんでこのゲームと閉鎖空間が関係あるんだよ」

古泉「それは涼宮さんのゲームですので…そっちがバッドエンドに
なると涼宮さんも『なんだかよくわからないけどイライラ!』となるのですよ」

キョン「なんだよそりゃ。じゃーハルヒエンドに行けばいいんだろ?
好感度マックスだし楽勝そうだな」

古泉「それだけではありません、全ルートを攻略
しなければならないのです。そうしないと何が起こるか…」

キョン「なんだそりゃ!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:42:40.83 ID:3a4HUlfG0


古泉「だってほら、自分の作った作品は最後まで遊んで
欲しいものでしょう?とにかくそういうことなので
よろしくお願いします」ガチャ

キョン「お、おいっ……仕方ねえな……」

ああ…めんどくせえ……なにが面倒って

『Day by day うんざりだよね だから♪
堂々と断っちゃう キミになりなよ ♪』

またこれを聞かされるのがだな…


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:43:48.90 ID:3a4HUlfG0

ハルヒ「そういやさ、キョン、
高校に気になる子っていた?可愛い子とか」

>‎ああ、いたよ
 いないかな
 お前が好きだ

とりあえず、ハルヒルートをとっとと終わらせるか。

>‎お前が好きだ

ハルヒ「ほんと!?あたしもキョンが好き!嬉しいわ!」

ハルヒ「なんだか今日は学校いきたくない気分だわ!
あんたの家でずっとイチャイチャしてましょう!」

おいおい、まさか

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:44:44.07 ID:3a4HUlfG0



『ハルヒと二人してベッドに腰掛ける。凄く距離が近い
ハルヒの良い香りで、頭がボーっとしてくる。』

『ハルヒ「ねえキョン…」

ハルヒが体を預けてくる。 体温と柔らかさで心臓がバクバクする。

ハルヒ「あなたを……感じさせて……」』

この展開は………………早送り、と


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:45:46.94 ID:3a4HUlfG0

『ハルヒに軽く口付けをするハルヒはそっと俺の背中に手を回す体が震えているのがわかる
ブラウスのボタンを外し彼女の肌に触れるんっハルヒの体がピクッと脈打つ
俺は胸の膨らみに手を置きゆっくりと撫で回すハんっんっんむキョン好きハルヒの瑞々しい唇が
俺の舌に吸い付く俺は彼女の胸の突起を指で転がすハルヒの息が熱くなって俺の顔にかかる
夢みたいあたしキョンに抱かれてるのね嬉しいんっそこはっ俺の手がハルヒの秘所に伸び』




読みにくいのは早送り中だからである。
ハルヒとのエロシーンなんてものを、詳しく読みたい変人はいるはずもないからな。

あー早くおわらねえかなあ。
それにしても俺のボイスOFFにしておいてよかったぜ。
自分で自分のあえぎ声なんて聞いたら多分自殺する。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:46:42.96 ID:3a4HUlfG0


『今度はバックからハルヒを抱くハすごいっ奥まで感じちゃうっああっキョンのおちんちんきもちいい
ハルヒの形の良い乳房を右手で乱暴に揉みしだきならハルヒを深く突くとハルヒはさかりのついた
猫のように激しくあえいだあああっきもちいいよおっんっんっああんっあたしおかしくなっちゃう
ハルヒの暖かい膣がギュウギュウに俺のペニスを締め上げるさっきイったばかりなのにもうイキそうだ
キョン熱いのを中にいっぱいちょうだいあたしキョンの赤ちゃんがほしいいくっうっドクドク』



それにしても長いなおい!現在4回戦目に突入している。
どんだけ欲求不満なんだよハルヒは。
モノローグは早送りできてもセリフはボイスが流れるまで
飛ばせない仕様のせいで、かれこれ10分はCTRL押しっぱなしなんだが。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:47:33.94 ID:3a4HUlfG0

妹「ねーキョンくーん。なんでハルにゃんとキョンくんが
はだかでプロレスごっこしてるのー?ハルにゃんくるしそう〜」

キョン「これはプロレスごっこじゃなくてだな、って、
おいいいいいいいいいいいい!!!!!なんで居るんだよ!!!」

妹「はさみかりようとしたら、キョンくんがゲームしてたから
いっしょにみてたの〜てへっ☆」

キョン「ほ、ほらっ!!さっさとでてけ!!しっしっ!!」

妹「え〜つまんない〜〜みたい〜〜〜〜じゃーシャミとあそぶ〜!
シャミいこ〜!」

キョン「そ、そうしろ!!ほらいったいった!」

妹「ねー、クリとリスってなあに〜?」

キョン「うっせえ!!」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:48:27.37 ID:3a4HUlfG0


部屋に鍵を掛ける。
妹よ、もしお袋に言ったら命はないと思え。

ところでハルヒとの濡れ場だが、5回戦目が始まっていたので
文鎮をCTRLキーに乗せて放置することにした。
ハルヒよ、何を期待してるのかは知らんが俺はそんなに絶倫じゃないぜ?

ハルヒ「今日からあなたと一緒に暮らすわ!」

ハルヒ「ねえキョン、あたし赤ちゃんができたの!嬉しいわ!」

ハルヒ「女の子だったわね!名前はどうしましょう!?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:49:34.55 ID:3a4HUlfG0

12回戦が終わった後、その後も幾多の濡れ場を折り混ぜつつ
ラブラブ生活シーンが展開されたが割愛する。
だってそんなの興味ないだろ?なあ?

そしてまた例の歌が流れてエンディングとなる。
OPの使いまわしかよ。

さて、そんなわけで長い苦行は終了したので
いよいよ朝比奈さんルートをやることにする。

……ええと、ティッシュティッシュ。
用意しておかないとな。
トイレも行った、ちゃんとカギもしめた。
俺はフルチンでマウスをクリックした。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:50:31.64 ID:3a4HUlfG0

ハルヒ「おっはよー!ってまだ寝てんの?
ほら!起きなさい!」

ハルヒがぶつけてくるハードな難易度の選択肢を
巧みにかわし、怒らせず近寄らせず進んでいく。
ギャルゲーマーの腕の見せ所だぜ。

あー朝比奈さんの登場はまだだろうか。

『タッタッタ…ドン!
???「う〜ん、あいたた…わっ!ごめんなさい!大丈夫ですか?』

廊下でぶつかって出会うなんて古典の域である。
これがハルヒなら即座にALT+F4を押すところだが、

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:51:14.49 ID:3a4HUlfG0


みくる「あたしよそ見しちゃってて…お怪我はありませんか?」

朝比奈さんである!それも、尻餅をついていらっしゃる!!
M字に開かれた足の間に輝く白いパンツ!!!
おお、なんてベタで素晴らしいCGであろうか!

それにしてもCGの朝比奈さんも可愛らしい、
ちょっぴり頬を朱に染めているのがなんとも言えない

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:51:57.97 ID:3a4HUlfG0

白くすらっとした足に、お尻の形が浮き出た小さめの下着。
真ん中のあたりがうっすらと窪んでいるあたりたまらない…!
俺の視線はモニタの中の半径数センチあたりに釘付けである。
もうこのままずっとこのシーンでいいぞ!あとでPCの壁紙に設定しとこう!

ああ…朝比奈さん……シュッシュッ

朝比奈さん…可愛い…シュッシュッ

あああああみくるうううう!!シュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッポシュッポ

ふぅ…

さて進めるか。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:52:40.65 ID:3a4HUlfG0


朝比奈さんと会話していろいろと情報を引き出す。
ふむふむ、書道部に入っていらっしゃるんですね。
SOS団ではないのか。

朝比奈さん攻略のためには当然書道部に入るべきだよな。
よし、入部しにいこう。

ハルヒ「ねえキョン!部活作ったの!
当然入るわよね?返事は『はい』か『YES』よ!」

>‎はい
 YES

……なんか来た。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:53:21.89 ID:3a4HUlfG0

うーん。

うーん。

これハルヒルート以外攻略不可じゃないのか?

しばらくうんうん唸ったあと、
このまま言いなりになるのも悔しかったが
どうしようも無いのでYESを選択しようとすると…

ハルヒ「あんたそんなにあたしの部活に入るのが
イヤなわけ?許せないわ!力づくで入らせるんだから!!」

なるほど、選択せずに待つのが突破口だったわけか。
タイマーぐらいつけておけよ。ユーザーフレンドリーじゃないな

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:54:15.17 ID:3a4HUlfG0


そして画面が暗転し、
ハルヒが投げてくる斧を避けながら
朝比奈さんの投げるお茶をキャッチするという
古典的なミニゲームが突如開始されたのであった。

ハルヒが隣で一所懸命お茶を投げてる朝比奈さんを
斧でぶった斬らず無視してるあたりが、ゲームのお約束というやつである。

ハルヒ「くっ…覚えてらっしゃい!あたしは諦めてないからね!」

捨て台詞を残して敵キャラは帰っていった。
もう出てこなくていいぞ。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:55:12.16 ID:3a4HUlfG0


その後書道部に入部した俺は、
ひたすら朝比奈さんの好感度上げを試みたわけだが、
なかなか上手くいかない。なんせ選択肢がこんなのばっかである。

みくる「キョンくんって彼女とかいるんですか?」

>‎いるけど?それが?
 お前何か期待してんのか?淫売が!
 つまんない質問してんじゃーよ

超難易度のみくるルートを
好感度を上げ下げしながら悪戦苦闘し、
やがて季節は夏。

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:55:59.60 ID:3a4HUlfG0


夏と言えばプール、海、水着である。
このゲームの製作者もせっかく用意した水着CCが
絶対に見れないのは不味いと思ったのか、
朝比奈さんとプールにいくイベントが出現する程度には
好感度の上昇を可能としてくれていたらしい。



みくる「この水着ちょっと恥ずかしいな…なんだかその…
布が少なくて……ひゃっ!どこ見てるんですかキョンくんったら〜」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:56:45.07 ID:3a4HUlfG0



ええ凄く見てますよ。   シュッシュッシュッシュッシュ

ああ…おっぱい…でけえ… シュッシュッシュッシュッシュ

おっぱいおっぱいおっぱいおっぱい!!!シュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッポシュッポ




ふう…

さて進めるか。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:57:35.65 ID:3a4HUlfG0

みくる「水が気持ちいいですよ〜〜!キョンくんも
一緒に泳ぎましょう♪」

ああ、いいなあ、二人っきりでプールでデート。
もう朝比奈さんルートだけ延々とやりてえよ。

みくる「キョンくーん、こっちで……きゃっ!」

嬌声をあげ、突如水中に沈む朝比奈さん。
なんだ?どうした?


???「フッフッフ……キョン〜ずいぶん楽しそうじゃな〜い……
あたしがプールに誘っても断ったくせにねぇ……」

…………水面から頭を出してキラリと目を光らせる
タコ入道……ではなく、涼宮ハルヒ。
好感度常時MAXの超絶ヤンデレストーカーが朝比奈さんを
水中に引きずりこんで、亡き者にしようとしていたのであった。

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:58:27.99 ID:3a4HUlfG0


ハルヒ「痛いじゃないの!」

ハルヒ「ぎゃっ!」

ハルヒ「ひでぶっ!」

ハルヒ「お、覚えてらっしゃい!!次は殺すわ!!」



水面から顔を出すハルヒに石を投げつけて倒すという
単純明快なゲームをなんとかクリアして、朝比奈さんを救出した。
何度かミスって一般客に当ててしまい、水中へと沈んでいったが
ゲームのモブキャラの生死など些末な問題なので忘れる事にする。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 00:59:15.38 ID:3a4HUlfG0


みくる「キョンくん〜怖かったぁ…ううぅ……
助けてくれてありがとう…キョンくんって頼りになるんですね」

ハルヒのおかげで好感度大幅アップである。
でももう出てこなくていいぞ〜。



その後、朝比奈さんとはどんどん親密になりデートを重ね、

花火大会でロケット花火を乱射して闇討ちしてくるハルヒや
球技大会でサッカーなのにアメフトのプロテクターを身にまとい突進してくるハルヒや
映画館にて大声で落語『時そば』を読み上げ妨害しようとするも係員につまみ出されるハルヒとの
ミニゲームに勝利し、たっぷり好感度の上がった状態で
クリスマスイブの夜を迎えた

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 01:00:28.40 ID:3a4HUlfG0


みくる「キョンくん……あたし……キョンくんが…好きです」

俺もですよ、朝比奈さん。

みくる「キョンくん…その…えっと……」

わかってますよ。そんなこと女の子に言わせません。

>‎抱きたい
 抱きたい
 抱きたい


みくる「うん……優しく……してね」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 01:01:30.52 ID:3a4HUlfG0

こちとらフル勃起で準備万端です!
ユンケル3本飲んだんで朝までリピートしますよ!!

『朝比奈さんの肩に手を掛ける。朝比奈さんは潤んだ目で俺を見つめ、
みくる「キョンくん…愛してる…」と小さく囁いて瞼を閉じた』

はぁっはぁっ…くるぞ…くるぞ…
いよいよ……朝比奈さんとのセックスシーン!くるぞっ!





『バリーン!スティーブン・セ○ールのごとく
窓を突き破り颯爽と現れたのは、我らがヒロイン涼宮ハルヒであった!』

ハルヒ「くるわけないでしょ!!!」

おい!!!!!!!!

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 01:02:25.22 ID:3a4HUlfG0


ハルヒ「この泥棒猫!!ぶりっ子淫売の分際であたしの
キョンを盗ろうなんざいい度胸ね!!成敗してあげる!!」


みくる「ひゃわあああああ!!!!!!」


『スーパービューティー涼宮ハルヒは、魔を打ち払う光り輝く聖斧を振り上げ、
愛するキョンを誑かす淫獣みくるの脳天めがけ!!!』


ちょっ!おいっ!待ちやがれ!!
そ、そうだ!ミニゲームやろうぜミニゲーム!!
こんどはなにがいい?格闘ゲームとか!な?


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 01:03:23.59 ID:3a4HUlfG0

ハルヒ「死ねええええええええええええ!!!!」

『ザクッ ザクッ ザクッ グシャッ プシャー』


ハルヒ「ウキャキャキャキャキャキャキャ!!」

『こうして巨悪は聖天使涼宮ハルヒの手によって滅びたのであった!
さすがだハルヒ!僕らはいつでも君を待っている!万歳ハルヒ!』



ハルヒ「キョン!あなたはあのメス豚に騙されていたの!
危ないところだったわ!やっとあたしと愛し合えるわね!」

………………。

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 01:04:06.04 ID:3a4HUlfG0

『ハルヒと二人してベッドに腰掛ける。凄く距離が近い
 ハルヒ「ねえキョン…」ハルヒが体を預けてくる。
 ハルヒ「あなたを……感じさせて……」』

………………。


『ハルヒに軽く口付けをするハルヒはそっと俺の背中に手を回す体が震えているのがわかる
ブラウスのボタンを外し彼女の肌に触れるんっハルヒの体がピクッと脈打つ
俺は胸の膨らみに手を置きゆっくりと撫で回すハんっんっんむキョン好きハルヒの瑞々しい唇が
俺の舌に吸い付く俺は彼女の胸の突起を指で転がすハルヒの息が熱くなって俺の顔にかかる
夢みたいあたしキョンに抱かれてるのね嬉しいんっそこはっ俺の手がハルヒの秘所に伸び』

………………。

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 01:04:51.27 ID:3a4HUlfG0


『みくるルート 完 GOOD END』

………………。




ピッピッピ

古泉「もしもし、古泉です」

キョン「すまん、もう無理」ガチャ


つづく。

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:05:39.26 ID:3a4HUlfG0


↑ここまで昨日書いた内容


↓ここから続き

58 名前:長門ルート[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:06:30.31 ID:3a4HUlfG0


ピロリロリロリロ


キョン「なんだ古泉。俺は今機嫌が悪いんだ」

古泉「無理と言わずにそこをなんとか」

キョン「どうせどんなルート通っても最後は同じ展開なんだろ。
くだらん!無理!朝比奈さんとやらせろ!」

古泉「ほ、他のルートはちゃんとしてますよ!
朝比奈さんルートはバグみたいなものです、ええ」

キョン「本当だろうな?嘘だったらお前もウキャキャにするぞ」

59 名前:長門ルート[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:07:21.88 ID:3a4HUlfG0


古泉「はは…おっと急な用事が!では続きお願いします!」ガチャ

キョン「おいっ!こら!……まあ、やるか…」



次はそうだな……長門ルートか。
ハルヒの歌うOPテーマにウンザリしてきたが
朝比奈さんで生殺しにされた分、
長門でシコシコできると思うと少しやる気が出てきたぜ。

61 名前:長門ルート[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:08:16.79 ID:3a4HUlfG0

『4月10日』

ハルヒ「おっはよー!ってまだ寝てんの?
ほら!起きなさい!」

あーセリフ飛ばしてえイライラ。もう見飽きた。

ハルヒ「チッチ!あたしのゲームは簡単に飽きさせないわ!
同じ選択肢が来ると思ってたでしょ?甘いのよ!
ねえキョン、今日は学校いかずにあんたの家で遊ばない?」

>‎ ああいいぜ
  いいいいぜ
  うういいぜ
  ええいいぜ
  おおいいぜ

なんだよこりゃ!!
最初の選択肢がまるっきり変わってやがる!!

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:09:39.76 ID:3a4HUlfG0

おいこれ何選べば逃げられるんだ…?

>‎うういいぜ

ハルヒ「うう……って、どうしたのキョン?
体の調子でも悪いの?学校なんて行ってる場合じゃないわ!
家で休みましょ!あたしが看病してあげる!」

おいい!!!

『熱で頭がボーっとしてきた。
と、ベッドでぜえぜえ言ってる俺の眼前にハルヒの
軽く上気した綺麗な顔が迫る。そのまま……
唇に柔らかい物が触れる」

ハルヒ「……早くよくなるようにおまじないよ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:10:38.66 ID:3a4HUlfG0

………あとはお馴染みの展開だから察してくれ。
フルスピードで飛ばしても2時間もの苦行を味合わされるのは俺だけで十分だ。

なんせALT+F4も最小化もタスクマネージャから終了させようとしても
まったく操作を受け付けないしな。オマケにPCとモニタとスピーカーの
電源も切れやしねえ。どんな拷問だよ。

はいリトライリトライ。

ハルヒ「ねえキョン、今日は学校いかずにあんたの家で遊ばない?」

>‎ ああいいぜ
  いいいいぜ
  うういいぜ
  ええいいぜ
  おおいいぜ


どれだ…正解は……裏をかいて……これだ!

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:11:28.95 ID:3a4HUlfG0

>‎ああいいぜ

『「ああ…」大口を開けて返事しようとしたとき、
口の中にカナブンだがなんだかが飛び込んできた。
「ぎゃあああああああああああああ!!」
パニックになって走り出す。
ハルヒ「ちょっ、キョン!どこいくのよ!!」』

よっしゃ。



それにしても、学校を色々と探しても長門に出会えやしねえ。
文芸部室は既にSOS団としてハルヒの拠点と化しているので
絶対に近寄ってはいけない。待っているのは俺的バッドエンドだけだ。
しかしどこにいるんだよ……そうだ、長門と言えば!

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:12:27.20 ID:3a4HUlfG0


そんなわけで図書館にやってきた。
ここに居なかったらさすがに詐欺だ…って居た!

分厚い本を読むショートカットで眼鏡の少女。
おお長門、会いたかったぞ。

???「私を探していたの?」

>‎はい
 いいえ



もちろん、『はい』だ。
………いや、なんか怪しい。
長門にしてはやけに胸のあたりが……。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:13:19.21 ID:3a4HUlfG0


>‎いいえ

???「チッ!」

舌打ちしてカツラを投げ捨てる少女。
誰かは言うまでもない。



「あの」

「貸し出しカードの作り方がわからない……」

ってことで本物の長門に出会えた。
これも俺が普段から長門の体を舐めまわすように見てるおかげだな。


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:14:27.09 ID:3a4HUlfG0


このゲームの長門の性格は消失バージョンらしく、
多少の感情がある。無表情な長門もあれはあれで可愛いけど
赤くなったり戸惑ったりする長門もいいもんだ。
もちろん、『>眼鏡は無い方がいいぞ』の選択肢はばっちり選んだぜ。


加えてこのゲームでのSOS団は、俺が加入しない限り
ハルヒ一人の完全に変態的な部活であり、従ってハルヒと長門も
出会っちゃあいないし、長門がハルヒに気を使う理由もない。


よってスーパーパワーを持つ長門に、ハルヒが斧を振り回したところで
返り討ちになるのがオチである。


つまりハルヒもあんまり邪魔してこないし、出会いさえすれば後は簡単なわけだ。
つーことで長門とのラブラブストーリーを軽くご紹介しよう。

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/09/23(水) 01:28:38.50 ID:3a4HUlfG0

さるさん食らってた…
__________________________________

海の長門


長門「………」

キョン「どうした、モジモジして」

長門「……水着を着るのは初めて。…少し、恥ずかしい…」

キョン「凄く似合ってるぞ」


真っ赤な顔でうつむく長門。
水着のサイズが合っていないのか小ぶりの胸の隙間からは
ピンク色の乳首が見えている。当然抜いた。

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:29:40.73 ID:3a4HUlfG0


山の長門

長門「空気が……綺麗……」

キョン「ここいらは街と違って澄んでるからな」

長門「………用を足すところは…ここにはない?」

キョン「ああ、便所か?うーん、山だから誰も見てないし
そのへんですればいいぜ」

長門「え………………」

真っ赤な顔でうつむく長門。
結局草むらでしたわけだが、このチャンスを逃すはずもなく
こっそりたっぷり堪能させてもらった。当然抜いた。

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:31:20.92 ID:3a4HUlfG0


宇宙の長門

長門「ここは……落ち着く」

キョン「星が綺麗だな……でも、長門の方がもっと綺麗だ」

長門「嬉しい……私は、あなたという対象と行動を共に出来て幸せを感じる。
それに……ここなら涼宮ハルヒは邪魔をしに来ない」

キョン「ああ、二人っきりだ。幸せだな、俺たち」

長門「そう……」



そう、クリスマスイブ、念には念を入れてハルヒが絶対
来ないであろう場所を探した結果がここだった。
ここは、地球から130億光年離れた宇宙の果ての小惑星である。

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:33:09.37 ID:3a4HUlfG0


いくらなんでも、こんな場所まで追いかけてくるほど非常識じゃないだろ?
もしそれやったら超ド級クソゲーとして永遠に語りつがれるぜ?

てなわけでやることは一つ。宇宙セックスだ。

長門「……………」

>‎しようぜ
 やろうぜ
 ハメようぜ



長門「了解した……」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:34:46.48 ID:3a4HUlfG0


『ズボンを脱ぎトランクスを下ろす。もう俺のペニスはカチカチになって
先端をヌルヌルにしている。長門の中に入るのを待ち侘びていた』

長門「とても……いとおしい…」


『長門の手が、おそるおそる俺のペニスに触れる。ひんやりして、すべすべして、
それでいて優しくて、触れられただけで軽くイキそうになった』

長門「あなたを…口に…含みたい……」



はぁっはぁっ…くるぞ…くるぞ…
いよいよ……長門とのセックスシーン!くるぞっ!

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:36:38.08 ID:3a4HUlfG0



『バリーン!ゲッ○ーエンペラーのごとく
超空間を突き破り颯爽と現れたのは、我らがヒロイン涼宮ハルヒであった!』

ハルヒ「くるわけないでしょ!!!」

死ねよおおおおおおおおおおおおお!!!!!!

ハルヒ「この間女!!綾○のパクリキャラの分際であたしの
キョンを盗ろうなんざいい度胸ね!!成敗してあげる!!」



長門「……………」

だが、長門は動じない。
むしろいいところだったのを邪魔されて、かなーり怒っている。
ほれいけ、基地害ストーカーを塵にしちまえ!

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:38:53.54 ID:3a4HUlfG0


『ウルトラキューティー涼宮ハルヒは、因果を断ち切るビッグバンアックスを振り上げ、
愛するキョンを篭絡する性獣長門の脳天めがけ!!!』

無駄無駄。返り討ちにあって死ぬといい。

ハルヒ「死ねええええええええええええ!!!!」




長門「………その程度?」

二本の指でハルヒの斧をはさんであっさり受け止める長門。

ハルヒ「なんですって!?超必殺最終奥義ブラックホール因果断が効かないなんて!!」

長門「さようなら」


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:40:49.17 ID:3a4HUlfG0


ハルヒ「いやよ!やだやだ!やだーーーー!!」

断末魔の叫びをあげ悪党が消滅していく。
よくやった長門!

長門「さあ、続きを……」



『お互い服を脱ぎ、産まれたままの姿になる。長門の透き通った白い肌は
大宇宙の星空をバックに、神々しいまでに美しい。
真っ赤な顔で恥ずかしそうにする長門は、ちらりと俺のペニスを覗き見て』

長門「あなたが……欲しい……」


『長門が俺を受け入れる体勢になる。既に長門のそこは星の輝きを反射して
うっすら光り、濡れているのがわかった。俺は長門の体を引き寄せ、ペニスを…』

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:43:18.46 ID:3a4HUlfG0



『―こちらSOS-135。こちらSOS-135。目標を補足した。
保護対象は宇宙性獣ナガトに捕食されようとしている。大変危険な状態にある模様。」

あの、なんですかこのナレーション?


ハルヒ「こちらSOS-1。ただちに宇宙性獣ナガトを殲滅するわ!
全艦プロトン砲にエネルギー充填用意!」

『SOS-2からSOS-10000までエネルギー充填完了。
システムオールグリーン。発射スタンバイ』

ハルヒ「全艦一斉放射よ!あの薄汚い淫乱女狐を
地獄の業火で焼き尽くしなさい!!」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:45:09.51 ID:3a4HUlfG0


『┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
一万隻のスペースパトロールハルヒ艦隊が
凶悪な宇宙性獣ナガトに向け一万本の聖なる光を放射する!
宇宙性獣ナガトは一瞬で小惑星もろとも宇宙の塵と化したのであった!
凄いぞハルヒ!頑張れハルヒ!君のおかげで今日も宇宙の平和は守られる!』


ハルヒ「ウキャキャキャキャキャキャキャ!!」

なぜ俺が無事なのかと言うと、とっくにハルヒの戦艦に
捕らえられているからである。



ハルヒ「あらキョン、待ちきれなかったのね!
もう裸になってるなんて!さあ、エッチしましょ!」

……………。


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:47:06.39 ID:3a4HUlfG0


またもやハルヒとの濡れ場が延々と続いた挙句

『長門ルート 完 GOOD END』

……………。



ピッピッピ

古泉「もしもし、古泉です」

キョン「うああああああああああ!!!!!!!
死ねえええええええええええええ!!!!!!!
ふざけんなああああああああああああああ!!!!」ガチャ


つづく。

114 名前:妹ちゃんルート[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:48:59.48 ID:3a4HUlfG0


ピロリロリロリロ ピロリロリロリロ

電話にでんわ

ピロリロリロリロ ピロリロリロリロ

でんわっつってるだろ!!
死ねよ古泉!!!



ピンポーン ピンポーン

家にまできやがった。無視。

ピンポーンピンポーンピンポーン
ピンポンピンポンピンポポポン♪

キョン「あああああうるせええええ!!!」

115 名前:妹ちゃんルート[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:50:15.39 ID:3a4HUlfG0


古泉「やあこんばんわ」

キョン「もうやらない、絶対やらん」

古泉「まあそう言わずに。お願いしますよ」

キョン「つーかよ、次やるとしたら妹ルートだろうが!
俺に恐ろしい背徳感を味あわせるつもりか。
今までは抜きどころがあったから渋々やってたが
妹にどうやって欲情しろというのだ」

古泉「欲情する方もいますよ。例えば僕とか」

キョン「死ね」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:52:19.04 ID:3a4HUlfG0


古泉「まあこれはネタバレだから言いたくなかったのですが…
妹さんと性行為することはありませんよ、ええ、保障します」

キョン「本当だろうな?」

古泉「いくらなんでも小○生は色々とマズいでしょう?
だから安心してください。兄妹愛を育むだけの
非エロまったりルートです」

キョン「非エロは非エロでやる意味がアレだが……
まあ妹とそうなるよりマシだしな。
わかった、やるよ。やりゃあいいんだろ?」

古泉「さすがあなたです。では、頼みましたよ」


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:54:06.32 ID:3a4HUlfG0


古泉がニヤニヤしながら帰っていく。死ね。
ま、古泉の言うとおり、小○生の妹とセックスさせるほど
鬼畜な内容でもなかろう。……多分。


もう歌詞を覚えてしまいそうなOP曲が終わり、
再びゲームが開始した。
……つーか妹ルートってどうすんだ?
今まで一度も出てこなかったが。



『4月10日』

妹「キョンくーん。あっさーだーよー」

なんだ、起こしにくるのがハルヒの代わりに妹になってるぞ。
こりゃあ楽でいいな。

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:56:08.55 ID:3a4HUlfG0


妹「ねーねーキョンくーん!なんだかおまたがむずむずするの〜!
ちょっとみて〜〜ね〜ね〜」

は??????

股がむずむずすると言ってるのに何故か上まで脱いで
全裸で俺にあそこを見せ付ける妹……………


………うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおい!!
せめてモザイクぐらいいれろやあああああああああ!!!

ピッピッピ

キョン「古泉!!!!きさまあああ!!!!」






「お掛けになった電話は、現在電波の………」

死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね!!!!

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 01:57:52.50 ID:3a4HUlfG0


……ああそうかい、ま、いいさ。
ハルヒのHシーンみたいに画面見ないで飛ばしてればいいんだこんなの。
CTRLキーに文鎮を置いて、と。さて漫画でも読んで選択肢の時だけ……





『画面を動き回る☆マークをクリックしてください。☆マークをクリックしてください。
バッドエンドまで5…4…3…』

なんだあああ????
よくわからんがヤバイ気がしたので慌ててクリックする。

『認証が完了しました。なお、この認証チェックはランダムで
頻繁に出現します。決して画面から目を離さないでください』

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:00:42.59 ID:3a4HUlfG0


妹「キョンくーん。さわってみてぇ。くぱぁ」

………モニターには妹の○○○○がドアップで描写されてる。
これ警察に持っていったらハルヒが逮捕されてくれないものだろうか。


妹「あれー?なんだかおしりもむずむずしてきたよー?くぱぁ
なんかー、棒とかいれたらむずむずなおるかもー?」

……もういいや、知らん。バッドエンドでいいだろ。
閉鎖空間とか知らん。俺は知らん。



『画面を動き回る☆マークをクリックしてください。☆マークをクリックしてください。
バッドエンドまで5…』

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:03:30.91 ID:3a4HUlfG0

ガラッっと部屋の窓が開いた。
あの、ここ二階なんだけど。

森「キョンくん、ほら、クリックしないとダメですよ?」

キョン「あ、あの…?」

森「妹さんをここに連れてきて私がプレイしますよ?」




カチカチカチカチ!

森「よくできました♪私いつでも来れますからね。
あ、これティッシュの差し入れです。じゃあゲーム頑張ってくださいね♪」



……………もうヤダ。

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:05:20.73 ID:3a4HUlfG0


なぜかハルヒが全然邪魔をしに来ない妹ルートを
壮絶な思いでクリアしたわけだが、別に描写しなくていいだろ?
な、させるなよ。色々と不味いからさ、な??


ちなみに最後だけキッチリと登場したハルヒによって
またアレを見せられているところである。
途中のイベントの数々に比べたら、むしろ天国に感じるぐらいだ。
………もしやそういう効果を狙ってたのか?……そうに違いない。




『妹ちゃんルート 完 GOOD END』


138 名前:????ルート[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:07:12.03 ID:3a4HUlfG0

さて、一応これで全部終わったんじゃないのか?
ハルヒに朝比奈さんに長門に……妹。



森「まだ終わってませんよ?」

また来た。
あの、窓の外どういう状態になってるのか見ていいすか?

森「口は災いの元ってご存知です?
私のことはどうでもいいのでゲームしましょうね?」

はいすいませんわかりました怖いです。

キョン「でも、もうキャラが居ないでしょ?」

森「スタートしたらおわかりになりますよ♪」

えーと、OP曲が変わってるんですが、
なんですか。この歌。森さんの声ですか?

142 名前:????ルート[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:09:19.31 ID:3a4HUlfG0


森「頑張って歌ったんですよ」

あの……このゲーム長門が作ったんじゃ?

森「歌ったんですよ?」

ですよね。お疲れ様です。

キョン「ってことは森さんルートですか」

森「いっぱい若いエネルギーを放出してくださいね」

できたら目の前の森さんとしたいんですが。

森「何か仰りました?童貞の方はエロゲーで
自家発電するのが日課ですよね?」

はいその通りです。怖いのでそろそろお帰りください。
つーかあなたがいるとゲームが始められません。

森「そういえばそうでした。あ、これうなぎパイの差し入れです。
きっと精がつきますよ。ではごゆっくり♪

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:11:24.79 ID:3a4HUlfG0


生暖かいうなぎパイをかじりながらゲームを開始する。
ま、森さんルートも悪くないな、むしろこれを待ってた。うん。
なんだか達観してきた。


『―200X年4月10日』

お、なんだか始まり方が変わったぞ。
つーか今が2009年であるからして、そのXの部分は9以外入る余地が無いと思うがどうなんだ。


ハルヒ「……キョン!キョン!目を覚まして!
ここは既に奴らに包囲されているわ!」

なんだよ奴らって。
ハルヒがメタル○ア・ソリッド的な服装をしてるのも唐突すぎる。

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:13:04.93 ID:3a4HUlfG0


ハルヒ「"機関"よ、あたしたちの敵!
くっ……来たようね。あたしが食い止める、あんたはその隙に逃げて!」

>‎お前を置いていけるかよ
 俺がオトリになるぜ
 逃げさせてもらうわ



こんなの当然…




>‎逃げさせてもらうわ

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:14:05.00 ID:3a4HUlfG0


ハルヒ「うああああああ!!!!!置いていかないでええ!!!!!」

ハルヒ「死ねっ!死ねっ!!あたしのものにならないなら死んじゃえっ!!」

『ザクッ ザクッ ザクッ グシャッ プシャー』

ハルヒ「ウキャキャキャキャキャキャキャ!!」

BAD END



……このゲームの難易度をうっかり忘れてた。
お前が俺に逃げろって言ったんだろとか、そういう常識は
通用しないのがこのクソゲーである

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:15:51.73 ID:3a4HUlfG0

ガラッ 窓が開いた。また森さんか。



新川「困りますなあ、バッドエンドになられては」

キョン「げぇ、新川さん」

新川「古泉と森は閉鎖空間に向かっております。
まったく、どなたのせいでしょうか」

どう考えてもハルヒのせいかと。

新川「もしまたバッドエンドになられたら……」

キョン「つ、次は頑張ります!」



新川「リアル新川ルートをお楽しみいただく予定ですので」

…………。

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:18:49.07 ID:3a4HUlfG0

とても恐ろしい事になりそうなので
今度は慎重に進めることにする…


ハルヒ「"機関"よ、あたしたちの敵!
くっ……来たようね。あたしが食い止める、あんたはその隙に逃げて!」

>‎お前を置いていけるかよ
 俺がオトリになるぜ
 逃げさせてもらうわ

よし、これだ。

>‎俺がオトリになるぜ

キョン「さすがキョンだわ!あなたの死は無駄にはしないからね!」

全速力でとんずらするハルヒ。
俺は特殊部隊っぽい奴らに捕まって連行されたのであった。

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:20:10.13 ID:3a4HUlfG0


「大佐!敵の片割れを拘束しました!」

森「連れてきなさい」

「こらっ!暴れたら撃ち殺すぞ」

森「待ちなさい……ふふ、この男、見込みがありそうだわ。
……教育施設に送りなさい。私の手駒にしてみたいわ」






てな展開を経て機関とやらの教育施設に送られたわけだが、
なんのことはない。グラフィックから登場人物から殆ど
さきほどまでの舞台だった北校の使いまわしである。

予算だとか時間だとかの諸事情を察してそういった事は深く考えないのが
正しいゲームの遊び方ではないだろうか。そういうことにしておく。

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:22:27.30 ID:3a4HUlfG0


森「キョンくん、この問題が解けますか?」

ちなみに森さんは教師役だ。
さっき大佐だとかなんとか言っていたのも、この際どうでもいい事である。


森「きゃーーーーー!!み、みないでえーーー!!」

これは森さんの入浴シーンに遭遇した場面である。
何故風呂があるんだとか、何故俺は風呂に入ろうとしたのかも、どうでもいい事である。


それにしても…森さんの体は実に綺麗だ…… シュッシュッシュッ


形のいいおっぱい……おしり…… シュッシュッシュッ


キョン「ああああ!森さんっ!森さんっ!!イクッ!!」 シュッシュッシュッシュッシュポッシュッポ

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:23:34.56 ID:3a4HUlfG0



ガラッ

森「お呼びですか?はい、ティッシュをどうぞ」

キョン「あ、ども」

ガラッ

キョン「森さんっ!森さんっ!出るっ!!」シュッポシュッポシュッポシュッポシュッポポーーーーー!


ふう…

今何か居た気がするが気のせいだろう。
さっさと進めようぜ。


166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:26:53.71 ID:3a4HUlfG0


森「みなさんに新しい仲間を紹介します」

まさかハルヒじゃないだろうな!おい!



古泉「どうも、古泉一樹です。この度機関に所属することとなりました。
色々と教えていただけると幸いです」

森「というわけで、みんな仲良くしてあげてね」

何しにきたんだお前。まさか森さんを狙う恋敵じゃないだろうな?

森「そうね、キョン君の隣の席が空いてるわ」

古泉「どうも初めまして、古泉です。
よろしくお願いします」

さわやかスマイルを向けてくる古泉。
男キャラのCGなんていらん。モザイクかけとけよ。

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:28:17.98 ID:3a4HUlfG0



そこからの展開は、森さんより古泉の登場回数が多くなった。
おいおい、まさかとは思うが……



ある日の放課後。古泉と二人きりでなぜか更衣室に
いるという恐ろしいシチュエーションである。
ひたすら古泉を回避する選択肢を選んだのだが
いつのまにか『????』から変化して出現した
『古泉一樹』の好感度メーターは上昇するばかりである。マジやめてくれ。


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:30:07.44 ID:3a4HUlfG0


古泉「実は…僕には超能力があるのです」

知ってるよ。それで?

古泉「僕の超能力と言うのはですね…」

赤玉に変身するんだろ?

古泉「瞬時にここを大きくできるのですよ、ほら見てください」

……………。





うあああああああああああああああああ!!!!!

いつのまにか下を脱いで
ギンギンに勃起した巨大なそれを見せ付けてくる古泉。
やめろ!おい!ハルヒ!!出番だぞ!!邪魔しにこいよ!!


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:33:09.68 ID:3a4HUlfG0


バタン!とドアが開く。


ハルヒ「待ちなさい!!あたしがさせないわ!!」

よし来た!!今回ほどお前が来て嬉しいと思ったことは無い!

ハルヒ「キョンの前も後ろもあたしのものよ!!
その太巻き寿司みたいなの切り落としてやるわ!」

いいぞ!やれやれ!その斧でスパっといっちまえ!





森「侵入者はここね!もう逃がしませんよ!」

なんか来た。


173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:35:35.37 ID:3a4HUlfG0


ダダダダダダダダダと自動小銃を乱射する森さん。
蜂の巣になるハルヒ。

ハルヒ「く、覚えてらっしゃい!今回は退いてあげるわ!」

森「逃がしません!あ、キョンくんと古泉くん、ごゆっくり♪」

唖然としていると、また画面には古泉の太巻きが。

古泉「危ないところでした。ところでこれどう思います?触ってみますか?」

…………吐きそうになってきたので画面から目をそらして早送りする。





『画面を動き回る☆マークをクリックしてください。☆マークをクリックしてください。
バッドエンドまで5…』

ふざけんなあああ!!!!

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:37:35.74 ID:3a4HUlfG0


もう無理。限界だ。妹でもなんでも連れてこい。
俺はバッドエンドを選ぶぞ!もうやめだ!



ガラッ

新川「……………」

キョン「……………」

新川「……………」

新川さんがハードゲイ芸人みたいな格好をして
無言で見つめてくる……何なんだよ一体……
脅されようと俺はもうこのゲームやらないからな。


180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:49:20.53 ID:3a4HUlfG0

またさるさんに引っかかったぜ

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:50:07.91 ID:3a4HUlfG0


新川「リアル新川ルートの会場はここですかな?」

カチカチカチカチカチカチカチ!

新川「おや、リアル新川ルートを楽しみにしていましたのに
残念ですな。では頑張ってください」

ガラッ




なんか古泉と愉快な仲間たちが俺をネタに
遊んでるんじゃないかという疑問が沸いてきたが
この太巻きを生で見るのは嫌なので、吐き気をこらえながら
進めることにする……おえっ…

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:51:22.35 ID:3a4HUlfG0


二度と思い出したくない色々なイベントが過ぎ去り、
ようやくラストのクリスマスイベントに辿りついた。
あとは毎度のごとくハルヒがウキャキャして終わるだろう……
以下はもちろんゲーム中の描写であり、決して俺はこんな事しないからな、な!



古泉「カップルばかりですね……」

キョン「そうだな」

古泉「我々は、男二人で寂しくクリスマスを過ごしてるように
見えるのでしょうか……あっ…」

キョン「これで、俺達もカップルだろ?」

『古泉の手を握る。一瞬ビクっとして、ギュっと握り返してくる』

古泉「ええ………あの!カップルだったら、やっぱり……」

184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:53:41.13 ID:3a4HUlfG0


『古泉の視線の先はラブホテルだった。クリスマスイブなので
繁盛していたが、一室空きがあるようだ』

キョン「俺、初めてなんだ。下手くそだったらすまん」

古泉「僕もです。……初めてがあなたで、嬉しいです」

早くこいよハルヒ!とっととウキャキャしたいだろ?
ザクザクプシャーってさ。




……ホテルの入り口には、M-16アサルトライフルとM-61バルカン砲で武装した
森さんが、ニッコリ微笑んで突っ立っていたわけだが。

森「楽しんでいらしてね。メリークリスマス♪」

そんなものでハルヒを止められるはずがない!そうであってくれ頼む……

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 02:56:13.51 ID:3a4HUlfG0


古泉「シャワー…浴びてきます」

キョン「ああ」

古泉「……えっ、まだ終わっては…」

キョン「洗いっこしようぜ」

俺が古泉のナニをナニしてるCGが映し出される。
どうやら2つ目のゲロ袋が必要そうだ。おいハルヒ!まだか!!




『ダダダダダダダダダダ!ドオン!ババババババババ!ドオオン!!』

どうやらホテルの外で戦闘が始まったらしい。いけ!ハルヒ!頑張れ!!

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:01:51.60 ID:3a4HUlfG0


森「ホホホ。さすがの涼宮さんもミンチになってしまっては
もう復活できないようですね。古泉、ヤツは始末したわ!
今度はあなたのバルカン砲が火を噴くのよ!ホホホホホホ」

………………。






その後の、古泉との気が狂いそうになる壮絶なシーンについては
一生忘れたい記憶であり、既に忘れた事になってるので割愛させていただく。




190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:03:15.72 ID:3a4HUlfG0


とっくにコトが終わって既にピロートークなシーンになっている所で
バリーンと乱入したハルヒは、ウキャキャザクザクプシャーと
古泉をぶっ殺した。おせえよ。なあ、手遅れなんだよお前!!

ハルヒ「危ないところだったわね!さあ、セックスしましょ!」



またいつものやつである。
今まであんなグロいものを見せ付けられたおかげで、
ハルヒとの濡れ場がやけに魅力的に感じられる……
くそっ……完全にこれを狙っていたのか……!
はぁ…はぁ…ハルヒで抜くなんて……やめろよな……


191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:04:59.95 ID:3a4HUlfG0


ガラッ

森「お使いになります?オナホール。
我々が涼宮さんの身体データを元に作った特別製の……」

キョン「け、結構です!」

ガラッピシャッ!



最も過酷だったルートをクリアした……もう俺の精神は限界だ。

『古泉ルート 完 GOOD END』


つづく

196 名前:????ルート[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:09:48.50 ID:3a4HUlfG0


ガラッ

古泉「いやあ、お疲れ様です」

殺す。

古泉「ぐぐぐ……く、苦しい、死んでしまいます。ストップストップ」

キョン「お前のチ○○やら○○の穴を延々と見せられた俺の方がよっぽど苦しい」

古泉「うぐぐ…涼宮さんと長門さんが作ったものですから…
僕はむしろ被害者ですううぐぐぐぐぐ…」


古泉の顔から血の気が引いてきたので、
しょうがなく首を絞めるのはやめてやることにする。
自宅で殺人は夢見が悪いからな。

198 名前:????ルート[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:11:43.92 ID:3a4HUlfG0


キョン「もう無理。絶対無理。死んでも無理。
そろそろパソコンを金属バットで叩き潰そうと
していたところだ」

古泉「はやまらないで下さい。残りのルートを聞いてからでも
いいのではないですか?」

キョン「おう聞いてやるだけだぞ。言ってみろ」

古泉「まずは『鶴屋さんルート』」

キョン「……ほう」

古泉「そして『ミヨキチルート』」

キョン「う………」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:14:04.06 ID:3a4HUlfG0


古泉「凄くやりたいのではないですか?
鶴屋さんと吉村美代子さんのあられもない姿が見られるのですよ」

キョン「まあ…正直………な」

古泉「んっふ。そうでしょう。そして
『佐々木ルート』 『橘ルート』 『九曜ルート』」

キョン「多いなおい。そんなにやれるわけないだろ」

古泉「でも見たいのではないですか?
佐々木さんのお○○こを。ね?」

キョン「……………うう…」


202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:15:38.54 ID:3a4HUlfG0


古泉「なら、続けてください」

キョン「おい、今ので全部か?
ほんとはもっとあるんじゃないのか?」

古泉「ええ…まあ、少々」

キョン「全部言え、言うっていっただろ」

古泉「わかりました。お教えしましょう。
その他のルートは……

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:16:36.42 ID:3a4HUlfG0

『朝倉ルート』

『喜緑さんルート』

『阪中ルート』

『谷口ルート』

『国木田ルート』

『藤原ルート』

『多丸兄弟ルート』

『新川さんルート』

『コンピ研部長ルート』

『ENOZルート』

『岡部教諭ルート』

『生徒会長ルート』

『長門のマンションの管理人さんルート』

『大森電気店の大森栄二郎さんルート』

『ヤマツチモデルショップの山土啓治さんルート』

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:18:49.52 ID:3a4HUlfG0


個人のルートはこんなものですね。あとはスペシャルルートとして


『ハルヒたちの夜ルート』

これは雪山のペンションを舞台とした殺人事件です。
途中の選択肢でさらに分岐します。


『Kyon stay/Haruhiルート』

7人の男女があなたを巡って戦う伝奇活劇です。
「Kyon」「Unlimited Semen Works」「Haruhi's Feel」
の3つのルートに分岐します。


『すずみやのなくころにルート』

これはハルヒ隠し編からウキャキャ囃し編まで
8つの話で構成される、連続怪死事件の真相を暴く内容です。


他には……」

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:20:40.84 ID:3a4HUlfG0


キョン「……もうわかった」

古泉「では、頑張ってください」

キョン「無理。絶対無理。やるわけない。
ほら帰れ。窓から帰れ。ほら」

古泉「え、ちょ、ちょっと…うわっ!」

ドスン!

キョン「ふう。さあてパソコンを叩き壊すか」



ガラッ

森「ダメです」

キョン「……森さん、止めても無駄ですよ。
俺はもう限界です」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:22:37.71 ID:3a4HUlfG0


森「お願いします……」

キョン「――!」

森さんが俺に抱きつき、そのままベッドに押し倒される。

キョン「も、森さん……」

森「お願い……」

森さんの体温を感じる。顔に熱い吐息がかかる。
うう…すげえいい匂いだ……。

森「辛い思いをさせて申し訳ありません……
でも、あなたがプレイを続けてくれないと世界は……
……あなたにそんな重荷を背負わせて……本当に……」

キョン「い、いえ、そんな……え……」


221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:23:56.15 ID:3a4HUlfG0


唇に柔らかな感触。そのまま暖かい舌が進入してくる。
もつれあう唇と舌先。ディープキスってこんなに気持ちがいいものだったのか。

森「ゲーム、続けてくれますか?」

キョン「もちろんです!!」

こんな美人にこんな風にお願いされたら、火の中だろうと宇宙空間だろうと
ほいほい飛び込みますよ。ましてやゲームやるぐらい余裕です!森さああああん!!

森「あなたがずっと一人でしていたのを見て…こんなになってしまいました…
私ったら……はしたない女ですね」

森さんが俺の手をそこにたぐり寄せる。熱い……下着の上からでも濡れてるのがわかる

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:25:18.84 ID:3a4HUlfG0


キョン「も、森さん……はぁ…はぁ…」

森「あなたのこれ、ください……」

森さんがズボンの上から俺のあそこを撫でる。
ああ…たまりません……直に……

森「はい……」

森さんがジッパーを下ろしトランクスの中に手を入れ、フル勃起しているペニスを掴む。

森「こんなに固くなって……うふ…」

やべえ、いっちまいそうだ。
もう……挿れさせてくれえ……

森「中に……きて……」

森さんにおおいかぶさり、中に………

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:26:31.60 ID:3a4HUlfG0


バリーン!

ハルヒ「ウキャキャキャキャキャキャキャ!!」

ハルヒ「糞ババアアアアア!!!キョンに触れるなあああ!!!!
死ねえええええええええええええええええええ!!!!!!!!」

ハルヒが斧を振り上げ森さんの脳天めがけ!!!







ガキィン、と響く金属音。
俺の持つ金属バットがハルヒの斧を受け止めていた。

ハルヒ「ちょっとキョン!なんで邪魔すんのよ?」

キョン「お前の行動はワンパターンすぎる。いいところで
ハルヒがバリーンしてくるなんてとっくにお見通しだぜ」


224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:28:33.31 ID:3a4HUlfG0


ハルヒ「キョンのくせに生意気ね!!」

キョン「てなわけで、あばよ。ハルヒ」

ハルヒ「ちょ、なにすんの?」

ドカッ!バキッ!ドゴッ!バキッ!グシャッ!プシャー!

キョン「ウキャキャキャキャキャキャキャ!!」



死んだ。確実に死んだ。あたりは血の海だ。ざまあみやがれ。

キョン「さあ、続きをしましょう」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:30:20.96 ID:3a4HUlfG0


ベッドがギシギシと揺れる。
森さんが俺にまたがり腰を振っている。

森「はぁっ……すごい……んうっ……おかしくなっちゃ…う…」

天国だ。天国だ。こんなスタイル抜群の美人で童貞を捨てちゃっていいのかね。
ああー……イキそう……気持ちよすぎる…………

森「おね…がい……中に……あんっ!……んんっ……」

マジすか!!もう我慢できない!!うっ……………

森「はぅっ!……キョンの熱いのが……あたしの中に……入って……」

はぁ…はぁ……むちゃくちゃ良かった……

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:32:01.23 ID:3a4HUlfG0


森「ねえ…?赤ちゃんができたら……産んでもいい?」

もちろんですよ!結婚しましょう!





ハルヒ「ほんと!?うれしいわ!じゃあ今日から一緒に暮らしましょ!
結婚式いつにする?ねえねえ?盛大にやりたいわ!!ね、キョン?」

は???

えーと……

血まみれの死体を見る。

あれは、森さん。

は?????森さん????

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:33:34.31 ID:3a4HUlfG0


俺の上に乗ってる女を見る。

これは、ハルヒ。

は??????は??????



ハルヒ「ウキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャ
キャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャ
キャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャ
キャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャ
キャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャ
キャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャ
キャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャキャ」


『森さんルート 完 GOOD END』



おしまい。

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/23(水) 03:42:22.20 ID:3a4HUlfG0

読んでくれてありがとう。
SS的にはこれで全部です。
俺が他のルート書いてもマンネリ化してしまいそうだし。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「せっかくクリスマスだってのに」