シンジ「アスカ、なにしてるの?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「さて、豪華客船3泊4日の旅へ行くか・・・!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 01:34:55.73 ID:WFlbyaZy0

アスカ「アンタの膝に乗ってんのよ。みてわからないの?」

シンジ「いや、そうじゃなくてさ。なんで乗ってんの?」

アスカ「決まってんじゃないの。落ち着くからよ」

シンジ「えっ?」

アスカ「アンタの匂いとこのくっついてる感じが落ち着くって言ってんのよバカシンジ」

シンジ「なんか恥ずかしいな//」

アンタ「なんでアンタが恥ずかしいのよ!バカ!」

アスカ(ほんっと鈍感なんだから)

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 01:45:06.84 ID:WFlbyaZy0

シンジ「ねぇ、そろそろ晩御飯の支度したいんだけど・・・」

アスカ「だーめっ あと1時間はこうするのっ」ギュゥ

シンジ「あっアスカ!?近いよ!」
シンジ(うわっ すごい良い匂いだ・・・)

シンジ「でもそろそろミサトさん帰って来るし、お腹空かせてるだろうし!ね?」

アスカ「むぅ〜っ わかったわよー。でもご飯食べたらもっかいだからね!」

シンジ「わ、わかったから一回降りてよ//」

アスカ「まったくぅ」スッ

シンジ(危なかったぁ・・もう少しで襲っちゃうとこだったよ」

アスカ「なに言ってんの?」

シンジ「わっ!なんでもないよ!あはは!ご飯の用意するね!」スタスタ

シンジ(声出ちゃってた・・・あぶないあぶない)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 01:50:19.69 ID:WFlbyaZy0

アスカ「変なシンジー」

プシュッ

ミサト「たっだいまー!2人とも良い子にしてたー?」

シンジ「おかえりなさいミサトさん。ご飯の用意まだなんで先にお風呂入っちゃってください」

ミサト「おっけーい♪」

シンジ「アスカも手伝ってよー」

アスカ「いやーよー!見たいテレビあるんだもん」

シンジ「ほんとアスカは勝手なんだから・・・」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 01:54:05.32 ID:WFlbyaZy0

ミサト「ふぃーサッパリしたー!」

プシッ グビッグビッグビッ

ミサト「ぷっはー!やっぱ最高だわねー風呂上がりのビールは!」

アスカ「シンジーまだー?」

シンジ「もうできるよ。まったく誰のせいで遅れたと思ってるのさ」

ミサト「なんかあったのシンちゃん?」

シンジ「あっ いやなんでもないですよ!さっ食べましょう!ほらアスカも!」

アスカ・ミサト「いただきまーす」

シンジ「いただきます」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 02:02:26.95 ID:WFlbyaZy0

ミサト「相変わらずシンちゃんのご飯は美味しいわねー!シェフにでもなったら?」

シンジ「あはは、そんなこと言ってくれるのミサトさんくらいですよ。アスカどう?美味しくできてたかな?」

アスカ「まあまあねー味付けがちょっと物足りないわ」

ミサト「アスカも素直じゃないわよねーヒック」

アスカ「ミサト!飲み過ぎよ!」

ミサト「ぜーんぜん飲み足りないわよーヒック」

シンジ「ミサトさん明日も早いんですからそのくらいにして寝たらどうですか?」

ミサト「もっと飲みたいけどそーするわーうぃ〜おやすみー2人とも。エッチなことしちゃだめよー?うふふ♪」

シンジ「し、しませんよ!おやすみなさいミサトさん」

アスカ「まったくミサトもオジサンみたいね!」

シンジ「しょうがないよストレスだって溜まるんだしさ。じゃあ僕たちも寝よっか?」

アスカ「え?」

シンジ「え?」

アスカ「さっきの約束忘れたの?」

シンジ「あっ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 02:09:16.52 ID:WFlbyaZy0

アスカ「へー自分でした約束なのに忘れるんだ?シンジ様は」

シンジ「ご、ごめんアスカ!ちょっとど忘れしてただけだよ!」

アスカ「いいもーん別にシンジへのご褒美のつもりなだけだったし私は別にいいもーん」

シンジ「拗ねないでよアスカぁ」

アスカ「もう寝る!」スタスタ

シンジ「あっアスカ!」ギュッ

アスカ「!?///」

シンジ「こ、これでいいだろ?」

アスカ「だ、だめ。もっと強く!」

シンジ「わかったよ///」ギュゥ

アスカ「あっ ふにゃあ///」

シンジ「アスカ?!大丈夫?」

アスカ「いっいいから続けて!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 02:14:18.82 ID:WFlbyaZy0

シンジ「まだしてなきゃ、だめ?」

アスカ「なによぅ、あたしを抱きしめるのが嫌なわけ?」

シンジ「嫌なわけないだろこんな可愛い人抱きしめるのが嫌な人は居ないけどさ、ちょっと・・・」

アスカ(え?今さらっと可愛いとか言った?あれ?)

アスカ「し、シンジ今なんて?」

シンジ「え?嫌なわけないよ?」

アスカ「その後!」

シンジ「こんなに可愛い人を抱きしめるのが嫌な人は居ない?」

アスカ「かっ可愛い・・・//」

シンジ「僕、変なこと言っちゃったかな?」

アスカ「アンタあたしのこと可愛いって思ってんの?//」

シンジ「そ、そりゃあ思ってるけど・・・」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 02:20:45.85 ID:WFlbyaZy0

アスカ「そ、そう・・・///」

シンジ「アスカ、そろそろ良いかな?僕ちょっと・・・ヤバいんだけど・・・」ギュゥ

アスカ「へっ? ぅああ///」

シンジ「色々我慢出来なくなるから離すよ?」スッ

アスカ「あっ・・・」

シンジ「もう寝よう?明日も学校だしさ・・・」

アスカ「・・・」

アスカ「シンジ!今日は一緒に寝るわよ!」

シンジ「え!?だ、ダメだよ!そんなの・・・」

アスカ「いーの!さっ あたしの部屋に行くわよ!」

シンジ「あっアスカ!引っ張らないでよー!」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 02:34:07.09 ID:WFlbyaZy0

アスカ「ほら、いつまでも突っ立ってないでふとん中はいんなさいよ!」グイッ

シンジ「あっ!」ポスッ

シンジ(なんだこれ、なんかアスカの匂いに包まれてるみたいだ・・・)

アスカ「もっとこっち、来なさいよ」

シンジ「ん、うん//」

アスカ「さっきみたいにギュッてして」

シンジ(もうどうにでもなれ!)ギュゥ~

アスカ「んっ・・・はぁ///」

シンジ「あっアスカなんて声だすんだよ//」

アスカ「しょうがないじゃない、その、気持ちいいんだから・・・」ギュッ

シンジ(アスカも抱きついて来た・・どうしよう・・・もうアスカの匂いで頭がクラクラする・・・)

アスカ「ねぇ、シンジ、キス、しよっか?」

シンジ「へ?ちょっとまっt」

チュッ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 02:43:34.79 ID:WFlbyaZy0

アスカ「んっふ・・・ちゅるっ」

シンジ「んっ・・・ちゅ」

アスカ「っぷはぁ、はあ、んふふ、なんて顔してんのよエロシンジ♪」

シンジ「あ、アスカ・・・ごめん・・・」ガバッ

アスカ「ちょっとシn」

チュゥ チュル チュパッ

アスカ「ん、ん〜///」

アスカ(あっ舌はいってきてる・・・頭が真っ白になって・・・)

シンジ「っはあ、はあ ゴメン、アスカいきなり」

アスカ「ん、はぁはぁ なに謝ってんのよ・・・あたしからしたんだし・・・シンジ?きて?」

シンジ「!!」ドキッ

シンジ「アスカぁ!」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 02:49:14.16 ID:WFlbyaZy0

チュル ピチャッ

アスカ「んふっ んっ チュッ」

モミッ

アスカ「?!んっ、んあっ」

シンジ「アスカ、もう止まれないから・・・!」

アスカ「シンジっ 胸は・・・!あんっ」

シンジ「ペロッ ちゅううっ」モミッ

アスカ「あっはあっ んあっ///」

アスカ「シンジぃ・・・ちゅう、して?」

シンジ「うん」ドキッ

チュッ チュル



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 02:52:44.60 ID:WFlbyaZy0

さわっ

シンジ「!?」ビクッ

アスカ「んふっ シンジのすっごく硬くなってる//」

シンジ「そっそれはアスカが・・・可愛くてエッチだったから・・・」

アスカ「ふふふっあたしで興奮しちゃったんだ・・・♪」

アスカ「ご褒美にっ」ペロッ チュルッ ジュルル

シンジ「うあっうぁぁっ!」ビクッビクッ

アスカ「ヂュルッ チュウウッ ペロッ」

シンジ「アスカッ!もう!うあっ!」

ビクッビクッ ドクッ ビュッ

アスカ「ん!?ん〜〜ッ!」ビュクビュクッ

シンジ「うあっ・・・あっ・・・」

アスカ「んくっ ごくっ んっ」

シンジ「アスカ!?の、飲んでるの?!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 02:58:59.31 ID:WFlbyaZy0

アスカ「っぷはっ!ちょっと苦いわね、ケホッケホッ」

シンジ「ア、アスカ、大丈夫?」

アスカ「大丈夫よっ 苦いけど、シンジのだから大丈夫っ」

シンジ「アスカ・・・」ムクッ

アスカ「ちょっとぉ・・・またおっきくなってるんだけど///」

シンジ「ゴメン、まだ収まらないみたい・・・///」

シンジ「アスカ・・・いいかな?」

アスカ「うん、きて?」

シンジ「いくよっ、アスカ」ズニュ グググッ

アスカ「んあっ ああああっ」ビクッ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 03:05:56.29 ID:WFlbyaZy0

プツッ グチュ ズルッ

アスカ「いっ・・・たあい・・・」

シンジ「アスカ?ごめんっ 今抜くから!」アセアセ

アスカ「だっだめ!抜いちゃだめ!いいから続けてっ・・・いっ」ギュッ

シンジ「わかった・・・無理しないでね?ゆっくりするから・・・っ」グッ ズリュ

アスカ「んっ うっ・・・くぅ」ギュウウ

シンジ(とは言ったもののキツくて、気を抜いたらまたイキそう・・・っ)

アスカ「シンジ、キスっ」ビクッピクッ

シンジ「んむっ ちゅるっ」グニュッズニュ

アスカ「あっ、はあっ ぁんッ」ビクッ



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 03:11:56.39 ID:WFlbyaZy0

シンジ「んちゅっ、アスカ・・・」グッ ヂュッ ズル

アスカ「シンジぃ・・・んっはあ、あっ」ピクッ

シンジ「アスカっもうっ」ズルッ ジュグッ

アスカ「アタシもだから、あっ んっ」ビクッ

アスカ「きてっシンジっあっんっ」

シンジ「アスカっ」ビクッビュクッ ズッ

アスカ「あっ、ん〜〜〜ッ!」ビクッビクッ

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ、アスカ・・・」

シンジ「順番変わっちゃったけど、僕、アスカが好きだよ」

アスカ「うん、あたしもよ。バカシンジ♪」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 03:13:56.10 ID:WFlbyaZy0

ー翌日ー

シンジ「アスカ、なんでまた僕の膝の上にいるの?」

アスカ「バッカじゃないの?あんたの側に居たいからよバカシンジ♪」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/09/22(木) 03:16:47.40 ID:WFlbyaZy0

すまん
一応これで終わりだ。
勢いで建てたから展開おかしいし
ほんとはもっとほのぼの系を書きたかったけど気づいたらエロ書いてた
次建てるときは、もう少し内容濃くしたい。
駄スレに付き合ってくれてありがとう

このスレは落とすなりなんなりしてくれ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「えっ・・・僕がボードゲームを好きになった理由ですか?そうですねぇ・・・」