キョン「ば、爆弾だとぉ!!?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:島風「パチスロいかなきゃ・・・」提督「ファッ!?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:19:48.37 ID:+cd0LKU/0

みくる「ひゃ、ひゃい! そうなんです!」

キョン「そ、そんな、う、嘘ですよね? 朝比奈さん?」

みくる「い、いえ。確かに本部の方から連絡がありました」

みくる「キョン君の体には爆弾が埋め込まれています!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:21:22.96 ID:+cd0LKU/0

キョン「い、いつからなんですか!?」

みくる「わかりません」

みくる「昨日連絡があったので、昨日からかもしれないし……」

みくる「もしかしたら生まれたときからそうなのかも」

キョン「う、生まれたときから……?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:23:02.91 ID:+cd0LKU/0

長門「そう」

キョン「長門!! そ、そうだ! お前の力で……」

長門「無理」

長門「貴方に関する情報へのアクセスが全て遮断されている」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:24:41.76 ID:+cd0LKU/0

キョン「……じゃあどうしたら」

長門「できればここから立ち去って欲しい」

みくる「はい……」

長門「死ぬのは貴方一人で十分」

長門「一人淋しく、静かに死ぬべき」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:26:41.78 ID:+cd0LKU/0

キョン「マジで俺……死ぬのか……」

みくる「そうと決まったわけじゃないけど……」

長門「これは飽くまで提案に過ぎない」

長門「これから一生一人で暮らすべき」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:28:08.44 ID:+cd0LKU/0

キョン「……」

みくる「妹ちゃんや親御さんは巻き込みたくないですよね? キョン君」

古泉「機関の方で既に無人島を手配済みですよ」ニコ

長門「早く行くべき。もう帰ってこないで」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:29:18.92 ID:+cd0LKU/0

キョン「……」ガクッ

みくる「あ、うなずいてくれました」

古泉「では、機関の職員が彼をお連れします」

長門「さよなら。手紙くらいは送る」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:30:51.88 ID:+cd0LKU/0

〜無人島〜

機関職員「ほれ、降りろ」ゲシッ

キョン「い、いてぇ!」

職員「ぼさっとすんな! この屑が」

キョン「うぅ……」

職員「食料とかは用意して無いから。そこらに生えてる草でも食べたらいいと思うよwww」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:32:49.79 ID:+cd0LKU/0

キョン「くうぅ……なんだよこの扱いは……」

キョン「あぁ……俺を連れてきた船がどんどん離れてく」

キョン「もう……本当に帰れないんだな」

キョン「みんな……酷すぎる」グスッ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:35:12.34 ID:+cd0LKU/0

〜学校〜

長門「大変。彼がいなくなった」

みくる「へ? キョン君が?」

古泉「はい。機関の方でも彼の消息がわからなくなったと……」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:36:43.29 ID:+cd0LKU/0

長門「昨日の放課後から彼の行方がわからなくなった」

みくる「き、昨日?」

古泉「そういえば彼は一人で部室の掃除をしていましたね……」

みくる「そういえば」

長門「恐らくその時。彼に何かが起こった」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:38:52.20 ID:+cd0LKU/0

〜無人島〜

キョン「……」

キョン「もう何日経ったんだろうな」

キョン「時間の感覚が薄れてく……」

キョン「ここに来て、まだ5分しか経ってないような気もすれば」

キョン「もう1ヶ月くらい経った気もする」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:40:17.10 ID:+cd0LKU/0

キョン「寝てないような、起きてないような」

キョン「今自分が眠ってるんじゃないかとも思える」

キョン「なんだよこの感じ……」

ぐぅ〜〜

キョン「腹減った……」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:41:29.41 ID:+cd0LKU/0

キョン「草……食ってみようかな」

キョン「もぐもぐ」

キョン「うぇっ」

キョン「……ひもじ過ぎる」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:42:57.15 ID:+cd0LKU/0

キョン「はぁ……」

キョン「腕、随分細くなっちまったな」

キョン「足も……」

キョン「きっと鏡でもみたらガイコツが映るんだろうな」

キョン「はは……はぁ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:44:00.47 ID:+cd0LKU/0

キョン「なんで俺、こんなとこに居るんだっけ……」

キョン「はぁ……」

キョン「ん」

キョン「ふ、船! 船がこっちに!! 来た!!」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:44:56.21 ID:+cd0LKU/0

キョン「お、おーーい!! 船ーーー!!」

キョン「こっちに人いるぞーー! 助けてくれーー!! おーーい!!」

キョン「おお! よっしゃ! 来た! こっち来たーーー!!」

キョン「おおーーーーい!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:46:18.09 ID:+cd0LKU/0

長門「黙れ。ゴミ屑が」

キョン「へ……な、なんでお前らが船に……」

みくる「キョン君の様子を見に来たんです〜」

みくる「どんな無様な姿になったのかな? ってね♪」

キョン「……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:48:04.29 ID:+cd0LKU/0

ハルヒ「あはは! あんた、ほんっとに変わったわねぇ」

キョン「ハ、ハルヒ……?」

ハルヒ「きったないボサボサ髪でボロ切れなんか着ちゃってさ」

古泉「まるで餓鬼ですね。お腹もぽっこりしてますし」ニコ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:48:54.95 ID:+cd0LKU/0

みくる「あ、古泉くん上手いこと言いましゅね〜」

長門「逸品」

古泉「どうもありがとうございます」

キョン「」プルプル

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:51:22.40 ID:+cd0LKU/0

キョン「て、てめぇら! 降りて来い! 船から降りてきやがれ!!」

キョン「てめぇら全員ぶっころしてやる!! このくそがぁーーっ!!」

ハルヒ「はっ!? なんであんたの命令なんか聞かなきゃいけないのよ」

古泉「蛆虫の戯言に付き合う気はありません!」

長門「古泉一樹! 蛆に失礼」

古泉「おっと、これは失礼しました」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:52:26.57 ID:+cd0LKU/0

みくる「みなさん、お茶が入りましたよ〜」

ハルヒ「ありがと、みくるちゃん」

古泉「どうも」

長門「感謝する」

キョン「くぅ〜〜〜!!」

みくる「キョン君の分もありますよ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:53:55.14 ID:+cd0LKU/0

キョン「え!? や、やっぱり朝比奈さん、貴女は……」

みくる「今行きますから、待ってて下さいね!」

キョン「はい!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:55:12.39 ID:+cd0LKU/0

ハルヒ「このクッキー、この紅茶によく合うわね」

みくる「そうですか〜。よかったです〜」

長門「もぐもぐ」

ハルヒ「ちょっと古泉君、もっとお菓子持ってきて」

古泉「はい」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:56:11.85 ID:+cd0LKU/0

みくる「お茶少なくなりましたね。入れてきます」

ハルヒ「いってらっしゃーい」

長門「もぐもぐ」

キョン「……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:57:35.47 ID:+cd0LKU/0

キョン「あ、あのー!! 朝比奈さーーん!!」

ハルヒ「うっさいわね! 船の下で騒ぐんじゃないわよ!!」(キョンは船乗り場に立ってる)

キョン「あのーー!! お、俺のお茶はーーー!?」

ハルヒ「たく、うるさいわねぇ」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 11:58:26.70 ID:+cd0LKU/0

みくる「え? なんのことですか」

キョン「な、何って……」

みくる「涼宮さん、お茶のおかわりどうぞ」

ハルヒ「どうも」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:00:22.09 ID:+cd0LKU/0

キョン「ちょっと! おい! 朝比奈!! おい!!」

みくる「耳が腐るから声出さないでください!」

長門「朝比奈みくるの言うとおり」

ハルヒ「っていうかキョン、なんであんたさっきからずっとそこにいんのよ」

古泉「早く巣穴にでも帰ったらどうですか?www」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:01:49.47 ID:+cd0LKU/0

キョン「……」プルプル

ハルヒ「あー、なんか気分悪い。もう帰りましょ」

みくる「そうでしゅね」

キョン「あ!! 待って……俺も」

長門「出航する」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:03:05.35 ID:+cd0LKU/0

キョン「待って! 待ってくれーー!! 待ってくれよぉぉ!!」

キョン「俺も連れてってくれ!! 俺も!」

キョン「俺のこともおぉぉ……」

キョン「俺も……一緒に」

キョン「帰りたい、のに」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:04:25.94 ID:+cd0LKU/0

キョン「船が見えなくなった……」

キョン「帰りたい」

キョン「う、家に帰りてぇんだよおぉお!! お、俺は!!」

キョン「ううぅぅぅぅぅぅ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:05:26.78 ID:+cd0LKU/0

キョン「うぅ……う。ん!?」

キョン「ふ、船! 別の船が!!」

キョン「おーーい!! 来て、来てくれーーー!!」

キョン「こっちだーーー!!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:07:27.80 ID:+cd0LKU/0

船乗り「君一人かい?」

キョン「は、はい! 俺一人です!」

船乗り「でもなんでこんな島に一人で?」

キョン「ゆ、誘拐です! 俺、ここに無理やり連れてこられて! それで!!」

船乗り「まぁいいや。とにかく乗ってよ」

キョン「ありがとうございます!!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:09:35.08 ID:+cd0LKU/0





キョン「信じてもらえないかもしれないですけど……」

船乗り「そうか、それで君は一人で」

キョン「はい」

船乗り「でも体に爆弾なんて……ちょっとありえないよ」

キョン「わかってます」

船乗り「だけど、君が酷い目に会わされたのは事実みたいだね」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:11:17.81 ID:+cd0LKU/0

キョン「……はい」

船乗り「君はこれからどうするんだい?」

キョン「それは……」

船乗り「もし本当に君の体に爆弾があるなら……家族の下には帰れないよね」

キョン「はい」

船乗り「島を出て、どこで暮らすの?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:12:39.38 ID:+cd0LKU/0

キョン「わかりません」

船乗り「そうか〜。困ったね」

キョン「……」

船乗り「じゃあどうだい? 僕の家に住んでみないかい?」

キョン「え? い、いいんですか!?」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:14:31.60 ID:+cd0LKU/0

船乗り「もちろんさ。僕は困った人を見捨てられない人間だからね」

キョン「ありがとうございます……」

船乗り「学校にもちゃんと行かせてあげるからね。安心してね」

キョン「え!?」

キョン(正直行きたくないけど……そう言われちゃうと)

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:16:11.36 ID:+cd0LKU/0

〜次の日〜

キョン「よぅ、谷口」

谷口「おお、キョン」

キョン「なんだよ、驚かないのか? 俺が久々に学校に来たんだぞ」

谷口(久々って、こいつ一日休んだだけじゃねぇかよ)

谷口「まあな」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:17:50.40 ID:+cd0LKU/0

ハルヒ「あ!! キョン! ちょっとあんた!!」

キョン(や、やべぇ!! 今度は何を……)ビクッ

ハルヒ「あんた! 昨日はよくも無断で部活を欠勤してくれたわね!」

ハルヒ「罰として今週はあんたのおごりだからね!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:19:35.71 ID:+cd0LKU/0

キョン(何言ってんだこいつ……)

ハルヒ「ちょっとキョン! 聞いてんの!?」

キョン(俺を散々酷い目に合わせておきながら……ぬけぬけと)

ハルヒ「キョーン」ペチペチ

キョン「俺に……触んじゃねぇ!!」バキッ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:20:44.77 ID:+cd0LKU/0

ハルヒ「げふっ……」

谷口「お、おい……お前……」

ハルヒ「い、いったいわねぇ! キョン……」ドカッ
ハルヒ「ぎゃふ!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:22:15.29 ID:+cd0LKU/0

谷口「WAWA!?」

生徒「キョ、キョンが涼宮殴ったぞーー!!」

女生徒「やだ……涼宮さん目から血が出てる……」

生徒「誰か先生呼んで来いー! おーい!」

わーわーわー わーわーわー

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:23:37.25 ID:+cd0LKU/0




岡部「それがお前が涼宮を殴った理由か」

キョン「ええ。そうですよ」ケッ

岡部「……」

キョン「俺は何一つ悪いことしたなんて思っちゃいませんよ」

岡部「お前……」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:25:47.31 ID:+cd0LKU/0

教師「岡部先生。ちょっと」

岡部「あ、はい」





岡部「涼宮、右目が……」

キョン「あれっすか? 見えなくなったとか」

岡部「ああ」

キョン「へぇ〜〜〜」ニヤニヤ

岡部「今晩お前と涼宮の親御さんも呼んで……」

キョン「そうっすか。じゃあ今はもう帰っていいですね? じゃ、帰ります」テクテク

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:27:16.45 ID:+cd0LKU/0

車乗り「待ってたよ」

キョン「あ、学校まで迎えに来てくれてたんですか! ありがとうございます」

車乗り「遠慮しなくていいよ〜。それじゃあ家に帰ろうね」

キョン「はい」





古泉「誰でしょう? あの人……」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:31:46.94 ID:+cd0LKU/0

長門「……!?」

みくる「長門さん?」

長門「急いで!! あの車をつける!」

古泉「え!?」

長門「車を用意した。早く乗って!」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:34:01.06 ID:+cd0LKU/0

ブロロロロ

古泉「長門さん。こんなに急いで一体何を……?」

みくる「そ、そうです。私も気になります」

長門「彼と一緒に居た男」

みくる「キョン君と? ああ、さっき一緒に居た……」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:36:27.54 ID:+cd0LKU/0

長門「彼をあの男と一緒にさせてはいけない」

みくる「ど、どうして……?」

長門「あの男は涼宮ハルヒを狙う男」

長門「きっと今は鍵である彼を狙っている」

古泉「それはまずいですね」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:41:23.07 ID:+cd0LKU/0

ブロロロロ

車乗り「後ろ見てごらん」

キョン「え?」

車乗り「後ろの白い車」
車乗り「君の友達が乗ってるよ」

キョン「ともだちって……あ! な、長門! それに朝比奈に古泉!」

車乗り「なんで僕達つけられてるんだろうね」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:43:48.84 ID:+cd0LKU/0

キョン「さ、さてはあいつら……俺が貴方に助けていただいたことを知って……」

車乗り「そうか〜。それで僕の命を狙いに来たのか」

キョン「え!? わ、わくわくさんの命を!?」

わくわく「うん。だってそうでしょ。君のこと助けちゃったんだから」

わくわく「あの子達にとって、僕は相当邪魔なんじゃないかな〜〜」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:46:22.14 ID:+cd0LKU/0

キョン「そんな……俺、そんなことは絶対させません!」

キョン「俺を殺そうとするんならまだしも、関係の無いわくわくさんに危害加えようなんて、絶対許しません!」

キョン「わくわくさん! 必ず、俺があいつらから貴方を守ってみせます!」

わくわく「ありがと〜、キョン君」

キョン「いえ、いいんですよ。お礼を言うのはむしろこっちなんですから」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:48:35.61 ID:+cd0LKU/0

〜その頃、病院〜

長門「大丈夫?」

みくる「涼宮さん、私、心配したんですよ」

古泉「ええ。まさか彼があんなことをするなんて」

ハルヒ「うん……」

長門、みくる、古泉の三人がハルヒの見舞いに来ていた

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:50:11.89 ID:+cd0LKU/0

〜車〜
ブロロロロ

みくる「あ、あのワゴン車、曲がりましたよ!」

古泉「あちらには廃工場しかないはずですが……」

長門「とにかく行くしかない」

長門「必ず彼を救い出す」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:51:58.13 ID:+cd0LKU/0

パンパン!

長門「タイヤを撃ち抜かれた!」

キキーッ

みくる「きゃ〜〜〜!!」

長門「急ブレーキ」

ッガー キキー

古泉「……な、なんとか止まりました」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:54:29.87 ID:+cd0LKU/0

キョン「動くな!」

みくる「え……」

古泉「ちょっとww何してるんですか貴方は……」

キョン「動くんじゃねぇ!」パンッ!

古泉「うぎ!!?」バタッ

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:56:34.05 ID:+cd0LKU/0

みくる「う、嘘……輪ゴムの銃で古泉君が……」

キョン「動くな!」

みくる「ひゃ、ひゃい!」

長門「……」

キョン「よし、そのままだ。そのまま動くんじゃねぇぞ」ニヤニヤ

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 12:58:17.41 ID:+cd0LKU/0

キョン(今だ!)

ピ タ ゴ ラ ス イ ッ チ

ガタンゴトン ガランガラン

ガ ガ ガ ガ ガ ガ ガ

みくる「え? え? な、何なんですか……この音?」

長門(情報操作でシールドを張る。間に合って……)

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:00:38.15 ID:+cd0LKU/0

ピュ〜〜〜〜

長門「来た! 上から!」

みくる「ひっ、ひゃあああ!! う、上から大きなパチンコ玉が……」

キョン「そのままっつっただろうがあああ!!」パンパン

長門「無駄。もうシールドを展開済み」ガキンガキン

長門「このままパチンコ玉も跳ね返す」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:03:41.74 ID:+cd0LKU/0

わくわく「情報連結を解除っと」

長門「あ……!」

ヒュルルルルルル

みくる「いやあああああああ!! パ、パチンコ玉がああああああ!!」

長門(もう間に合わない! これまで……)
長門(助けてあげられなくて……ごめんなさ)

グチャ

キョン「ふっはっはっはは! どうだ! 返り討ちにしてやったぞ! この糞宇宙人が!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:05:42.87 ID:+cd0LKU/0

わくわく「やったね、キョン君」

キョン「はい! わくわくさんのおかげです!」

わくわく「いやいや、僕の力じゃないさ。ぜ〜んぶ君の力だよ」

キョン「いいんですよ。そんな……」


みくる「すいませ〜ん遅れちゃいました〜」

わくわく「ああ、どうも。ご苦労様〜、ダンボールロボット3号君」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:08:35.49 ID:+cd0LKU/0

古泉「まったく彼女を病院から連れ出すのには苦労しました」

長門「途中で機関の職員にやられそうになった」

わくわく「ごめんね〜、危ない思いをさせちゃって」

みくる「いいんですよ〜。だった私達はわくわくさんのお人形さんなんですから……」

わくわく「ははははははは。3号君は可愛いことを言うな〜」

キョン「え……?」

長門「感動のご対面。屑同士、最後はまぐわいでもするべき」ドンッ

ハルヒ「きゃっ!」




93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:11:28.48 ID:+cd0LKU/0

キョン「ハルヒ!? なんでお前がここに……」

わくわく「僕が連れてこさせたんだ」

キョン「え!? っていうか、なんで長門達が……え!?」アタフタ

わくわく「いや、"え!?"って言われてもね〜」
わくわく「これ、初めっから僕の仕込んだことなんだよ?」

キョン「え……え……嘘だ……そんな」

みくる「ほんとに頭悪いんですね〜キョン君って」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:17:11.35 ID:+cd0LKU/0

古泉「まあ無理もありませんよ」

古泉「僕達を見て彼が偽者だと気づく確立は0に等しいんですから」

長門「そう」

長門「きっとこうしても、あの屑は気づかない」バッ

キョン「あわわ……」

ハルヒ「有希、あんた……」

わくわく「驚いたかい?」

わくわく「顔と手以外はダンボールそのままなんだ」
わくわく「服で隠れてたからわからなかったと思うけど」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:19:16.45 ID:+cd0LKU/0

??「ま、そういうわけなのよ」

キョン「ハ、ハルヒがもう一人!?」

わくわく「その子は4号だよ」

4号「ふふふ、もっとも今日からは私が本物の涼宮ハルヒなんだけどね」

ハルヒ「今日から本物って……ど、どういうことよ!!」

わくわく「とりかえっこだよ」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:22:56.00 ID:+cd0LKU/0

わくわく「ほら、おいで〜5号君」

5号「うぃ〜っす」

キョン「え!? お、俺!?」

わくわく「そだよ〜。昨日一日でね」
わくわく「君を観察した後で作ったんだ。よくできてるでしょ」

5号「ま、俺の方が顔も頭もできが良いけどな」

4号「あんま調子こくんじゃないわよ! ま、ほんとのことだけど」



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:27:01.03 ID:+cd0LKU/0

長門「あとは涼宮ハルヒの能力を4号に移すだけ」

みくる「それでSOS団は元通りになります」

古泉「またいつものように活動しましょうね、みなさん」

4号「古泉君の言うとおり、これからも気合入れて不思議探索するわよ!」

5号「あんまり気乗りはしないけどな」

4号「一言多い!」


わくわく「はは、完璧完璧」

キョン「……」
ハルヒ「……」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:30:50.28 ID:+cd0LKU/0

わくわく「じゃ、そろそろ古い方の処分しよっか」

みくる「そうですね」

長門「待って。棒で叩いて遊びたい」

古泉「やんちゃですね、長門さん。以外です」

長門「てへ」


キョン「に、逃げるぞ! ハルヒ!」
ハルヒ「う、うん!」

わくわく「それいけ〜みんな〜。逃がしちゃダメだぞ〜」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:36:29.88 ID:+cd0LKU/0

〜終わり〜
〜その後〜

SOS団の活動は末永く続いたという
また、それ以来、SOS団のメンバーは誰も風呂に入っていないという

妹「キョン君今日もお風呂はいらないの〜」

キョン「ああ、濡れるとふやけちゃうからな」

妹「も〜、いつもそれなんだからー! 明日はちゃんと入ってよね」

キョン「ああ、考えとく」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:57:46.60 ID:+cd0LKU/0

鶴屋「みくる……」

みくる「びゃい? なんでじゅか、じゅるヤ゙ざン」

鶴屋(やっぱりおかしい……なんていうか)

みくる「あノ〜、ジュルヤざん」

鶴屋(腐ってる? まるで人間じゃないような)

みくる「あ゙〜〜〜〜のぉ〜〜〜〜〜」

鶴屋(確かめてみよう)

鶴屋「たぁーーーっ!」バキッ

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 13:59:21.27 ID:+cd0LKU/0

みくる「ぐえっ……あばばばばばばば」

鶴屋「ひっ、首が取れた……」
鶴屋「これは……ダンボール?」

みくる「うぐぅぅぅぅぅぅぅ」

鶴屋(ど、どうしよう……)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:01:10.67 ID:+cd0LKU/0

みくる「きぃぃぃぃぃぃぃぃ!! ギュエピィィィィィ!!」

鶴屋「な、何!?」

みくる「キョエエエエエエえええええええええええええええええ!!」

鶴屋「あわわ……」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:02:57.62 ID:+cd0LKU/0

長門「来た」

鶴屋「え!?」

古泉「朝比奈さんが信号を発していると思ったら……こういうことですか」

鶴屋「信号!?」

キョン「ま、そういうことですよ。鶴屋さん」

鶴屋「キョン君まで……まさか」

ハルヒ「あら、さずが鶴屋さん。察しが早いわね」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:04:47.05 ID:+cd0LKU/0

長門「気づかなければ長生きできたものを。残念」

鶴屋「こ、来ないで……」

キョン「はは、これで鶴屋さんもSOS団の真の一員ですよ」

古泉「もっともそうなるのは6号さんの方ですが」ニコ

鶴屋「あぅあぅ……」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:07:52.80 ID:+cd0LKU/0

旧キョン「待て!」

鶴屋「え、キョン君がもう一人……」

キョン「何ぃ!? なんでお前が……」

長門「迂闊! 生命活動の停止を確認せずに放置していた」

古泉「これは厄介ですね……彼が生きているということは」

旧ハルヒ「もちろん私も生きてるわよ!」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:10:32.86 ID:+cd0LKU/0

ハルヒ「ふん。何も慌てることなんかないわ」
ハルヒ「二人とも返り討ちにしてやればいいのよ」

長門「妙案」

古泉「それもそうですね」ニヤ〜

鶴屋「ど、どういうことなの……」

旧ハルヒ「とにかく、逃げるわよ! 鶴屋さん!」バッ

キョン「追うぞ!」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:12:35.40 ID:+cd0LKU/0

??「行かせないよ」ドンッ

キョン「ぐえっ!」グチャ

古泉「ああ!?」

ハルヒ「キョ、キョン!?」

??「壁に当たっただけで壊れちゃうなんて、作りがなってないんだね」

長門「お、お前は……」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:15:14.60 ID:+cd0LKU/0

長門「ノッポさん……」

ハルヒ「え!!? あの、わくわくさんと同格の……!?」

ノッポ「そうだよ〜」ノソ〜

古泉「何故彼が奴らの味方に……」グチャ

ハルヒ「古泉君!!」

ノッポ「それ、踏んじゃうよ〜」

ハルヒ「」グチャ
長門「」グチャ




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:17:31.27 ID:+cd0LKU/0

ハルヒ「外に車が用意してあるわ!」

キョン「ああ、急ごう!」

鶴屋(な、なんなのこれは……)

ゴロリ「そうはいかないよ〜だ!」シュバッ

ハルヒ「な、何!? コイツ!」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:19:53.82 ID:+cd0LKU/0

ゴロリ「お前なんかに話す必要ないよ〜だ!」
ゴロリ「それ、ストローロケット……」

ゴン太「ムゴー!」ドカッ

ゴロリ「うわ! びっくりした!」

キョン「ありがとう!」

ハルヒ「今のうちに行くわよ!」

ゴロリ「あ、待て〜!」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:21:56.24 ID:+cd0LKU/0

ゴン太「ムゴムゴ」

ゴロリ「何すんだこいつ! この! この!」ドカッ バキッ

ゴン太「ムゴ……」

ゴロリ「お前なんかが僕に勝てるわけないもんね〜だ。それ!」グキッ

ゴロリ「まったく……」

ゴロリ「よ〜し、それじゃあキョン君達を追うぞ〜」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:24:22.53 ID:+cd0LKU/0

ブロロロロ

鶴屋「ちょ、ちょっと、この車どこに行くの!?」

キョン「あ……そういえば」

ハルヒ「大丈夫よ、キョン。鶴屋さんは途中で降ろすから」

キョン「そうか」
キョン「あ、鶴屋さん。この車はわくわくさんの本拠地に向かってて……」

鶴屋「なんか後ろから来たよ!!」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:26:35.30 ID:+cd0LKU/0

ギュオオオオオオオオオオン
ゴロリ「待て〜」

キョン「な、なんだありゃ!?」

鶴屋「え、鉛筆……おっきな鉛筆に乗って飛んできてるっさ!!?」

ゴロリ「打ち落としてやる〜」パシュンパシュン

ハルヒ「だりゃあああああ!!」ブロロロロ キキー

ゴロリ「む〜? けっこう運転うまいな〜」
ゴロリ「むひひ、僕も頑張って狙いま〜す」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:29:55.63 ID:+cd0LKU/0

ゴロリ「ストローロケット、発射!!」グオオオオオオン

キョン「ミサイル来たぞーー!!」

ハルヒ「スイッチON!!」キュピーーン
ハルヒ「変形よ!!」

ゴロリ「な、何〜〜!!」

ハルヒ「SOSガンダムよ!」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:31:57.27 ID:+cd0LKU/0

ゴロリ「むむ〜、これはきっとノッポさんの玩具だな〜」

ハルヒ「このまま踏み潰してやる! それー!」

ゴロリ「僕だって変形くらいできるんですからね。とりゃあーーー!!」
ゴロリ「ふはははは、悪の鉄人・ゴロリラの力、見せてやるぅ〜〜」バキッ

キョン「う、うわああ」
鶴屋「揺れるっさー!」


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:36:23.19 ID:+cd0LKU/0

ノッポ「はさみで切っていくよ」チョキチョキ

ゴロリ「あ……」バタッ

ハルヒ「ノッポさん!」

キョン「助けに来てくれたんですね!」

ノッポ「……」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:39:03.12 ID:+cd0LKU/0

わくわく「騒がしいと思って来てみたら……」
わくわく「ノッポさんだったんですね」

ノッポ「……」

キョン「う、うわぁ! いつの間にコックピットに!?」

鶴屋「ひぃー! なんかこの人ヤバいオーラが出てるっさ!」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:41:10.79 ID:+cd0LKU/0

ノッポ「君の工作はみんなを楽しませていない」

わくわく「なにを言ってるんですか。よ〜く見ててください」
わくわく「そのうち"あ〜僕も作りたい"って思いますから」

ハルヒ「……こいつ! よくも抜け抜けと!」ダッ

キョン「やめろハルヒ! 不用意に手を出すな!」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:43:44.81 ID:+cd0LKU/0

わくわく「それ」トスパッ

ハルヒ「きゃっ!」

わくわく「次は肌を切るよ。もう服無いから」

ハルヒ「あぅ……」ヘナヘナ

キョン「け、怪我は無いか!?」



145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:49:09.36 ID:+cd0LKU/0

ノッポ「そろそろ私の作品も並べさせてくれ」

わくわく「ふ〜む……」
わくわく「しょうがないですね。わかりましたよ」

ノッポ「ありがとう」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:50:31.96 ID:+cd0LKU/0

ノッポ「おいで、みんな」

みくる「ひゃ〜い」

古泉「ようやく僕達の番なんですね」

長門「そう」

鶴屋?「長かったっさ〜」





キョン「え?」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:53:21.20 ID:+cd0LKU/0

鶴屋「な、なんで私が……もう一人」

わくわく「ああ、君はね。もっと出来のいいのができたから取り替えるんだって」
わくわく「まだ十分現役やってけるとは思うんだけどなぁ、僕は」

鶴屋「ちょっと何言ってるのか……わからな」

わくわく「ほら」バサッ ピー
わくわく「こうやって、魔法の粉を掛けますと」
わくわく「胸に製造番号が浮かんできます」

鶴屋「あ……」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:55:28.20 ID:+cd0LKU/0

ハルヒ「つ、鶴屋さんが偽者!?」

わくわく「いや、元からだよ」
わくわく「君達もね」パッパッ

キョン「あ!!」
キョン「ハ、ハルヒ! お前の胸のとこ!」

ハルヒ「え……きゃっ! やだ! 何これ!」

キョン「も、もしかして! あ!! お、俺の胸にも!!」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:57:10.96 ID:+cd0LKU/0

ノッポ「ダンボールはさすがにないだろう」

わくわく「はは、ちょっと試しに作ってみただけだよ〜」

ノッポ「そのせいで私の作品がダメになってしまった」

わくわく「ごめんね〜」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 14:59:13.38 ID:+cd0LKU/0

キョン「ノ、ノッポさん!! これ! 一体!?」

ノッポ「知らねば、そのまま置いておいたものを」

ハルヒ「あ……私……あぅ」グスン

ノッポ「自分が人形だと気づいた人形に」
ノッポ「人形でいる資格は無い」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 15:01:08.45 ID:+cd0LKU/0

わくわく「あらら。君達きっとゴミ箱行きだね」

ゴロリ「……あれ? わくわくさんだ」

わくわく「やぁゴロリ。起きたんだね」

ゴロリ「うん。さっきゴン太君と遊んでたんだ!」

ゴン太「ムギー」

ノッポ「ゴロリ君とプロレスごっこをしたかったそうだ」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 15:04:23.77 ID:+cd0LKU/0

キョン「俺は……俺は……」

その時、キョンは気づいた。
自分に思い出というものが無いことを。
あるのは僅かばかりの取って付けたような過去の記憶と、
ハルヒと知り合ってからの記憶だけ。
まるで、荒っぽい適当な設定のキャラのように、
キョンには自分というものが無かった。

キョン「俺……」

新キョン「おお〜〜、俺は今日からこっちで暮らすんですね」

ノッポ「そうだよ」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 15:06:48.47 ID:+cd0LKU/0

わくわく「それじゃ帰ろっか、ゴロリ」

ゴロリ「そだね〜」

ゴン太「フゴフゴ」

ノッポ「私達も」

四人は扉の向こうに消えていった。
そして、四人が扉を出ると、そこは工作部屋だった。
床には大きな町のミニチュアがあり、そこで小さな人形達が蠢いていた。

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/03/20(土) 15:08:23.74 ID:+cd0LKU/0

ノッポ「ゴミ箱、ゴミ箱〜」

ノッポ「あった」ポイッ

その時、三体の人形がゴミ箱に捨てられていた。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:つかさ「こなちゃんに借りたDS壊しちゃった…」