中島「磯野ーガチでオナ禁しようぜー」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「キョンくんの首から上がありません」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 11:37:45.66 ID:jpkJEX4h0

カツオ「お前のガチはもう聞き飽きたよ」

中島「今回は耐えるから…頼むよ磯野、一緒に付き合ってくれないか?」

カツオ「僕は禁欲なんてやだよ!いっぱいシコシコしたいし!」

中島「オナ禁したら髪の毛フサフサになって、女子にモテまくりなんだぜ?」

カツオ「よしやろう」

中島(ブァーーーカwwwwwww)



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 11:43:24.71 ID:jpkJEX4h0

―夕食―

波平「なに?オナ禁だと?」

サザエ「そうなのよ〜カツオったら宿題もせずにそんなことしてるのよ」

カツオ「違うよ!親友の中島のためだよ!」

波平「ブワッカモォ―ーーーーーーン!!!」

サザエ「ほら、父さんの雷が落ちたわ」

カツオ「父さん…もしかしてオナ禁耐えられないんじゃない?」

波平「なっなっにを…いっ…いっ言っているのだ」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 11:45:38.35 ID:jpkJEX4h0

カツオ「はははは!やっぱり耐えられないんじゃないか!」

舟「カツオ!父さんを馬鹿にするのはおやめ!」

波平「よかろう…そのオナ禁とやらに参加してみよう」

マスオ「えぇ!?お父さんもオナ禁するんですか?」

サザエ「父さんダメよ!」

波平「構わん、何よりワシは性欲自体衰退しておる…勝負は見えている」

カツオ「へへっ!じゃあ勝負だね父さん!」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 11:52:53.03 ID:jpkJEX4h0

―就寝前―

波平「クッうっふぅ…おぉっ…んっぁああ!!」シコシコ

マスオ(まさか…お父さんが…)

波平「ひっぎぃいい!!!悦子ォォ!!んっぁ出すよォォ!!」

ドピュドピュッ

波平「ふぃぃ〜〜…はぁっはっ……たまにはよかろう……。」

マスオ「お父さん」

波平「ま、マスオくん!?見ていたのか!」





11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 11:57:32.20 ID:jpkJEX4h0

マスオ「声が僕達の部屋まで聞こえてきたもんで…」

波平「ま、マスオくん!このことはカツオには黙っていてくれ!」

マスオ「えぇ!?……分かりました。」

波平「本当かマスオくん!?ハッハッハ!助かったよ!」

マスオ「誰にも言いませんから安心してください」

波平「すまんなマスオくん、恩に着るよ」

―10分後―

マスオ「おおおーーいwwwwwお父さんが早速オナニーしてたよーーーーwwww」

波平…開始3時間でオナ禁脱落

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 12:02:02.70 ID:jpkJEX4h0

―次の日―

中島「よぉ磯野!」

カツオ「おう中島!調子はどうだ?」

中島「俺の息子が昨日から疼いて仕方ないんだ」

カツオ「僕はまだまだ余裕だな〜」

中島「いっ…磯野やばい!今日の時間割やばいよ!!」

カツオ「!?…どうした中島!?」

中島「女子と合同体育だよ!」

カツオ「まさか……中島お前……」

中島「ウヒヒヒヒ、女子が着替え終わった後の教室に忍び込むんだよぉ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 12:07:31.13 ID:jpkJEX4h0

―2時間目―

先生「オナホールそれ即ち最高の快感を得られる」

中島「……」ムズムズ

カツオ(中島の様子がさっきからおかしい…股と股でちんこを刺激しているように見える)

先生「中島気分でも悪いのか?」

中島「と、トイレに行かせてください!」

先生「すぐに戻ってくるんだぞ」

タッタッタ

カツオ(あ…中島のやつ!抜くつもりだ!!)

先生「どうした磯野?」

カツオ「せ、先生僕もトイレ!」

タッタッタ

先生「はっはっwwwあいつ等ゲイじゃねぇかwwww」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 12:14:45.89 ID:jpkJEX4h0

―女子トイレ―

中島「ハァッ・・・・!かおりちゃんが座った後の便器っ!!」ぺろぺろ

カツオ「中島ァ!!早まるな!!」

中島「っ・・・!離せよ磯野!!」

カツオ「お前オナ禁するんじゃなかったのかよ!?」

中島「もう我慢できねぇよ!!頼むイカせてくれ磯野!!イキたいんだよ!!!」

カツオ「ガチでオナ禁するって言ってただろ!!」

中島「うるせぇええ!!!ガチって使えばマジに聞こえると思って使っただけなんだよー!!!」

カツオ「中島耐えろ・・!!耐えるんだ・・・!!」

中島「ひっぎいいwwww無理無理wwwww」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 12:23:59.04 ID:jpkJEX4h0

―保健室―

中島「磯野…悪いな」

磯野「気にするなよ、それより氷枕冷たくないか?」

中島「ああ、いい感じだ。」

磯野「お前理性失ったらあんな感じになるんだな」

中島「悪い…磯野には見られたくはなかったんだ…」

磯野「そんなに辛いなら……俺が抜いてやろうか?」

中島「え…?」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 12:30:17.45 ID:jpkJEX4h0

中島「磯野よせよ…ここ保健室だぜ…?」

磯野「もう中島の苦しむ表情見たくないんだ」ぬぎぬぎ

中島「うほっ///」

磯野「中島…俺、いい身体してるだろ?」

中島「だ、ダメだ!!ここで抜いたらダメなんだよ!」

磯野「どうしてだよ…?」

中島「くぅっ…!!!耐えろ俺の息子っ!!!花沢のことを考えて萎えさせるんだ!!」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 12:35:50.54 ID:jpkJEX4h0

中島「磯野やめろって…!」

ドンッ(突き飛ばす)

磯野「ぐっぁ…」

中島「僕は磯野とこんなことしたいためにオナ禁をしてるんじゃない!」

磯野「な、中島……」

中島「ゲイ展開なんて誰得なんだよ?」

磯野「ごめん、つい魔が差して……。」

中島「分かればいいよ。さぁ女子の着替え終わった後の教室に入ろう」



26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 12:45:49.65 ID:jpkJEX4h0

中島「よし、この時間帯は誰も見回りにはきてないな」

カチカチッ

磯野「お前何時の間にピッキングなんて覚えたんだ?」

中島「裏の爺から教えてもらったんだよ」

磯野「成功するのかよ」

中島「いつも磯野の家ピッキングしてたから問題ない!」

磯野「おいお前何してんだよ」

ガチャッ

中島「よし、開いたぞ!さぁ行くぜ女子共〜〜wwwえっふぇふぇwww」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 12:58:29.75 ID:jpkJEX4h0

磯野「中島、かおりちゃんのパンツあったぞ」

中島「黒とかあのやろう誘ってやがんなwww」

磯野「それをどうするつもりなんだよ?」

中島「これぐらいはさせてもらうぜぇ…かおりぃ…」

すちゃ

磯野「おい中島!かおりちゃんのパンツ履くなよ!」

中島「はぁっ…はぁっwwwこれでかおりちゃんと合体したww」

磯野「そんなのかおりちゃんが可哀想だろ!!」

中島「うるせぇハゲ!!黙って見てろ!!」

磯野「中島…」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 13:04:22.89 ID:jpkJEX4h0

中島「かおりぃwww見てるかwww俺がお前の旦那だぜwww」

磯野「中島…もう女子が戻ってくるからこの辺で…」

中島「チッ、まだまだ足りねぇよ…最後にかおりのパンツ舐めさせてもらうぜぇ…」

磯野「やめろって!!!かおりちゃん……好きな人がいるんだよ!!」

中島「なっ……ん…だ………と?」



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 13:13:31.33 ID:jpkJEX4h0

磯野「堀木だよ…」

中島「馬鹿な!!あんな不細工がかおりちゃんと!?」

磯野「リーダー的存在のあいつに、かおりちゃんは惚れたんだ」

中島「ふざけるな!!クソ!!!」

磯野「中島…!落ち着けよ!!今のお前マジできもいぞ!」

中島「わ…悪い…。それなら諦めるよ」

磯野「よかった…中島とりあえず出ようぜ」

中島「ああ…。」

磯野「ふふふーーん♪」

中島(堀木…コロシテヤル……)

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 13:17:43.74 ID:jpkJEX4h0

―休み時間―

花沢「あぁ、体育疲れちゃったわ!」

かおり「うふふ…花沢さんいっぱい動いてたものね」

花沢「汗臭くて仕方ないわ〜」

かおり「私も急いで着替えちゃわないと」

ゴソゴソ

かおり「あれ…?」

花沢「どうしたの?」

かおり「私のパンツがない!!!!」

花沢「ええええ!?」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 13:20:42.56 ID:jpkJEX4h0

―終わりの会―

先生「えー今日の体育の時間に大空の下着が盗まれたそうだ」

一同「ええええーー!?」

先生「心当たりのある者は今すぐ申し出るんだ」

かおり「……」

先生「しかも、今大空ノーパンだから早くな」

かおり「せっ先生!!」

一同「あははははははははっ!!」

カツオ(一体誰がかおりちゃんの下着を…中島はちゃんと返したはずだし…)

中島(ニヤリ…)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 13:24:22.62 ID:jpkJEX4h0

先生「もういいだろ大空、俺早く帰ってシコりたいし。」

かおり「そんな…」

中島(ふーーーはっはっはっ!)

堀木「先生、ちゃんと最後までしてください!」

先生「むっ…堀木が言うなら仕方ないな」

堀木「クラスメイトがこんな目に遭ってるのに帰れる訳ないじゃないですか」

かおり「堀木くん///」

中島(チッ…しゃしゃり出やがってよ……)

カツオ(……もしかして中島…)

中島(仕方ねぇな、そろそろトドメ刺してやるか)





39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 13:27:52.71 ID:jpkJEX4h0

中島「先生。」

先生「おっ、中島どうした?」

中島「僕、堀木くんが教室に忍び込んでるの見ました」

一同「えええええええーーーー!?」

カツオ(中島っうぇwwおまっwwwww)

堀木「そんな言いがかりやめてくれないか!?」

中島「じゃあ、お前の机の中に入ってるものは何だよ?」

花沢「ああああ!!かおりちゃんのパンツじゃない!!」

一同「えええええーーーーー!?」

中島(ミッション成功…)

※生理用パンツということにしておいてください

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 13:31:40.47 ID:jpkJEX4h0

中島「うわっwwwこいつやべぇよwwwww」

先生「堀木!お前ちょっとこい!」

堀木「違うんです!僕じゃないです!!!やってません!!!」

かおり「最低よ堀木くん…!」

パシンッ(ビンタ)

中島「うっひょーwwかおりちゃんナイスビンタwwww」

かおり「中島くんは黙ってて!」

中島「はい」

先生「これはご両親も交えて話し合いだな」

堀木「やってないです!!僕じゃないです!!信じてください!!!」

花沢「見苦しいわよこのムッツリ!!どうせ私のも盗ろうとしたんでしょ!!」

カツオ(自意識過剰wwwっうぇwww)

先生「とにかく、今日はこれで終わりだ。皆変態には気をつけるんだぞ。」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 13:37:57.41 ID:jpkJEX4h0

―放課後―

花沢「先生はいないけど、私達生徒だけで話し合うわよ!」

中島「よっ待ってましたwww」

かおり「堀木くん…堀木くん…なんて嫌いよ……」

中島「ですよねぇwwww」

花沢「そういえば、中島くんはどうして見てたのよ?」

中島「えっ、それは最後に鍵を閉める係だから」

花沢「そうじゃないわよ、堀木くんいつも体育の時間は着替えるの早いでしょ?」

中島「だ…だからなんっなんだよ?」

花沢「いつも運動場に一番に着く堀木くんが、わざわざ教室に戻って盗むなんて考えられないわ」

中島「いや…今日はたまたまだろ…」

花沢「だって男子の中にも、堀木はずっと運動場にいたって証言してくれた子もいたわ」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 13:41:07.88 ID:jpkJEX4h0

中島「いや関係ねぇだろ!!」

花沢「それにあのクラスのリーダーの堀木くんが、そんなリスクの高いことするかしら?」

かおり「それもそうよね…」

中島「だーーーからーーー!!!あいつムッツリだって言ってんだろ!?」

磯野「中島の言うことに僕は賛成だよ」

花沢「あら、磯野くんやけに中島くんの肩を持つわね?」

磯野「僕も鍵係で、一緒に教室まで戻ってきてたんだ」

中島「うっえいwww磯野サンキューwww」

花沢「なんで最後まで教室に残ってなかったのよ?」

磯野「中島がトイレに行きたいって言ったから、ちょっと教室を離れてただけだよ」

花沢「う〜ん、それなら仕方ないわね。」



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 13:43:50.89 ID:jpkJEX4h0

磯野「鍵係って皆が出るまで待ってないといけないからさ」

花沢「まぁ確かに出るのが遅い男子もいるわね」

磯野「それで、チャイムが鳴る2分前ぐらいに行ったら…堀木が教室に入ったんだよ」

中島「その時は教室には誰もいなかったしな」

花沢「どうしてそれを黙って見てたのよ?」

中島「いや…なんかあいつ逆上させたら刺されると思って」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 13:48:10.27 ID:jpkJEX4h0

かおり「でも、堀木くんは運動場にいたんでしょ?」

中島「そいつ幻覚見てただけだってwww」

花沢「幻覚なんて見るわけないでしょ!」

カツオ「でも、僕達がこの目で見てたから間違いないよ」

花沢「磯野くんがそこまで言うなら…」

中島(いっwwそwwのww神www)

かおり「もういいわ花沢さん、皆私のために時間割いてくれてありがとう」

中島「僕はいつでもかおりちゃんの味方だよ!堀木みてーな変態は撲滅するべきさ!
   かおり!かおり!イェーーーイ!!!」

かおり「中島くんありがとう…」

カツオ(うっわwwwかおりちゃんドン引きしてるwwww)



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 14:00:28.78 ID:jpkJEX4h0

花沢「じゃあ、今日はここまでにしましょ」

中島「お疲れーっす」

カツオ「中島、帰ろうぜ。」

中島「おう!俺ん家寄って行こうぜ」


花沢「あの2人…怪しいわね」

かおり「うん、私もそう思うの…。」



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 14:05:50.01 ID:jpkJEX4h0

―中島家―

中島「いやーマジ焦ったし」

カツオ「感謝しろよ中島」

中島「お前は本当にいい奴だな。惚れそうだった」

カツオ「おい、やめろよ///」

中島「へっへっへ///」

カツオ「それよりさ…さすがに理由が無理あると思わない?」

中島「それもそうだな、花沢の詰め方がうざかったし」

カツオ「今後も俺達2人はマークされると思うぜ」

中島「面倒だな…花沢の尋問も中々苦しいぜ」

カツオ「しばらくは、あんなリスクの高い行動は控えとけよ」

中島「俺は……止まるつもりはないさ」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 14:11:01.31 ID:jpkJEX4h0

マスオ「アナゴくん…っ!!」

アナゴ「ひぃっ…フグたくーん…っ!!」パンッパン

マスオ「君、中々締りがいいんだねっ…!」

アナゴ「ダメッ!そこはらめええええ…っ!!」

マスオ「うっふ…んっぁ…くっ…!!」パンッパン



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 14:14:53.48 ID:jpkJEX4h0

―次の日―

ガラガラッ

堀木「おはよう、皆。」

一同「シーン……」

中島「変態さんちょりーーーすっwwwww」

花沢「中島くん!」

中島「ごめん。」

堀木「……」

カツオ(ちょっと可哀想)

その日、堀木くんに喋りかけた者は誰もいなかった。



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 14:20:58.85 ID:jpkJEX4h0

―総合学習の時間―

先生「えー、今日は放課後の時間を使って学級委員長を決めたいと思う」

磯野「堀木くんじゃないんですか?」

先生「堀木は辞退した」

中島「そりゃwwあんな不祥事起こしたらそうなるわなwww」

花沢「中島くん!!いい加減にしなさい!」バキッ

中島「ふっ…ふぎゃぁっ……」

先生「誰か新委員長になってくれる者はいないか?」

男子A「おい、お前いけって」

男子B「嫌だよ…お前が手挙げろよ」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 14:26:14.61 ID:jpkJEX4h0

―30分後―

男子A「まだ決まらないのかよ〜」

カツオ「ああ、早く帰りたい」

かおり「私も今日習い事あるから…」

中島(かおりちゃん…)

先生「委員長が決まるまでは帰れないぞ。」

一同「えええええーーー!!?」

花沢「誰か立候補しなさいよ!根性無し!!!」

カツオ(なっ…中島の奴腕組みしながら何か考えてやがる…)

中島(この状況で俺が立候補すればかおりちゃんの気を引けるな……)

先生「誰かいないのか?」

中島「はい、僕委員長になります!」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 14:30:01.71 ID:jpkJEX4h0

先生「おぉ!中島、やってくれるのか?」

中島「はい、僕が責任を持ってこのクラスをまとめていきたいと思います」

一同「パチパチパチッ!」

中島(やべぇ…ww俺今マジヒーローだなww委員長なんて適当にやってればなんとかなるだろww)

かおり「中島くん、かっこいい!」

中島「いやいやwwクラスのムードメーカーとして当然のことっすよwww」

堀木「……」

先生「ようし、新委員長の中島にもう1度拍手だ!」

パチパチパチッ!!

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 14:35:58.36 ID:jpkJEX4h0

先生「すまん、委員長のサポート役として副委員長も立候補してくれ」

花沢「ええぇ…副もなんですか?」

先生「安心しろ。委員長に比べて仕事の量は断然少ない」

磯野「中島ーーww女子と組んだ方がいいんじゃないか?ww」

中島「おい磯野やめろってwww」

花沢「仕事の量が少ないなら、あたしが立候補するわ」

中島「パス。」

花沢「ちょ、ちょっと何よ中島くん!!」

先生「立候補した中島!お前が好きに選んでいいぞ!」

中島(うっひょーーwwwかおりちゃんwwかおりちゃんww)


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 14:43:45.97 ID:jpkJEX4h0

中島「かおりちゃんです」

先生「大空、中島と組んでくれるか?」

花沢「中島くん!!どうしてかおりちゃんなのよ!!」

中島(うるせぇなwwブスだからに決まってんだろwwなんでこんな妖怪と組まなきゃいけねぇんだよww)

かおり「はい、中島くんとなら喜んで…///」

カツオ「うっほーーwwクラス公認カップル誕生ぅwww」

一同「ヒューヒュー」

かおり「///」

中島「おいwwwちょやめろってwww」

堀木(ナカジマ…ナカジマ…ナカジマ…ナカジマ…ナカジマ…ナカジマ…ナカジマ…ナカジマ…)



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 14:48:55.58 ID:jpkJEX4h0

―帰り道―

カツオ「それにしても、かおりちゃん顔赤くしてたよな」

中島「俺に惚れてんだぜ?」

カツオ「もしかして…オナ禁してるからフェロモンで?」

中島「ん、確かに今日他クラスの女子からも話しかけられたな」

カツオ「オナ禁の効果だよ!すごいな中島!!」

中島(マジかよ…オナ禁なんて信じてなかったのに…)

カツオ「明日はクラスのレクレーションでサッカーするだろ?その時に女子も見てるからさ」

中島「アピールwwwwできるっwww」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 14:55:57.85 ID:jpkJEX4h0

―中島家―

中島「明日はサッカーだから気合入れていこうぜ」

カツオ「女子も見にくるみたいだからな」

中島「磯野…俺にアシストしてくれよ?」

カツオ「その辺は任せとけって!」

中島「へへっ///」

カツオ「それより、明日敵チームに堀木がいるけど…何か嫌な予感がするんだよな」

中島「おいおいwあんな変態にビビんなってwwいざとなりゃ俺が委員長の権力フルに使ってやるからよww

カツオ「だといいんだけど…」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 17:21:42.54 ID:jpkJEX4h0

―その夜―

中島「ウイイレでイメトレしておかねぇとな」

カチカチッ

中島「エディットオール99チームたまんねぇなww」

TLLLLL

中島「あぁ?誰だよこんな時間にコムにかけてきやがんの」

ピッ

中島「もしもし?」

カツオ「中島!磯野だ……」

ガチャッ

中島「今集中してんだよwwwかけてくんじゃねぇww」

※悦子とは、市原悦子のことです


162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 17:25:06.46 ID:jpkJEX4h0

―次の日―

先生「えー今日はレクレーションでサッカーをする。男子のチーム分けはいいな?」

中島「はーーい!先週決めておきました!!」

先生「さすが学級委員長!では早速着替えてグラウンドに行くぞ。女子は男子の応援だ。」

花沢「応援なら任せなさい!!」

中島(おええええwwコイツに応援されたらモチベ下がるwww)

―着替え中―

カツオ「おい、中島…昨日なんで電話無視したんだよ?」

中島「るんるんるーん♪かおりー♪」

カツオ「おい、無視すんなよ。」

中島「あぁ…楽しみだぜぇww」

堀木(……)

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 17:30:53.55 ID:jpkJEX4h0

―運動場―

カツオ「僕達はビブス無しチームだな。」

中島「堀木達のいるチームがビブスありチームだぜ」

先生「よーし、それじゃあ前半80分ハーフタイム無しの後半80分で行くぞー」

カツオ「よっしゃ!燃えてきたな中島!」

中島「もう俺にはかおりとゴールしか見えてねぇよ!!」

先生「ビブス無しチームからのキックオフだ」



172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 17:37:36.52 ID:jpkJEX4h0

カツオ「中島ァ!お前はゴール前で立ってろ!」

中島(へへっ…俺はゴールを決めるだけか。ありがとよ磯野!)

かおり「中島くーん!頑張って〜〜!」

中島(やべぇwwかおりが応援してくれてるww)

カツオ「ふっ…はぁっ!」

花沢「きゃーっ!磯野くん5人抜きしたわぁー!」

男子A「お、おい!ゴール前の中島マークしとけ!」

磯野「そうら中島…パスだぁーーー!!」
ボンッ!!

中島「きたきたきたwwww」

胸トラップで受け止めようとした次の瞬間
ドスンッ!

中島「っ…うっぁ!!」

堀木「……!」

堀木が背後から中島を軽く押し飛ばしたのだ。



176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 17:41:41.50 ID:jpkJEX4h0

ピーッ

先生「おい堀木!少しプレーが荒いんじゃないか?」

堀木「すいません、ちょっと押しすぎました。」

先生「今回はカードは出さんが…次は気をつけろよ。」

カツオ「中島、大丈夫か?」

中島「っの野郎〜〜。わざとぶつかりやがったな…」

カツオ「わざとされたのか!?」

中島「ああ、明らかに押す時の力が違ってた。」

カツオ「やっぱり堀木には気をつけた方がいいよ…」

中島「チッ…何企んでやがんだ…」

堀木(ニヤリ)

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 17:47:50.94 ID:jpkJEX4h0

―50分後―
中島「へへっ、まだまだ走れるぜ!」
カツオ(ただゴール前でつっ立ってるだけだからな…)

花沢「キャーッ!!今度は6人抜きよ!!」

かおり「中島くんにパスが回るわ!」

カツオ「あ!?」

花沢「堀木くんがスライディングでボールを奪取したわ!」

カツオ「し、しまった…!」

中島「何やってんだよポンコツ磯野!!」

タッタッタ!

カツオ「キーパー!!止めろォォォ!!」

堀木「っふ…!」
キーパーが前に出て止めようとしたが
堀木は嘲笑うかのようにループシュートでゴールを決めた

花沢「きゃーーっ!!今のシュート綺麗だわ!!」

カツオ「堀木のやつ…あんなに上手かったのか…」

中島(畜生っ…堀木の野郎〜〜…!)

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 17:51:05.12 ID:jpkJEX4h0

―80分後―

ピーーッ!!

先生「ようし、前半終了だ!次は後半戦だ!」

男子A「せ…先生、熱中症で5人も倒れてます…ハーフタイムを…」

先生「まだ5人だろ。まぁいい10分のハーフタイムをくれてやる!!」

―ハーフタイム―

カツオ「堀木に軽く押されてからは何もされなかったな」

中島「俺がメンチ切っておいたからな!ビビッて手が出せないんだよ」

カツオ「でも、まだ後半戦があるし油断できないよ」

中島「大丈夫だって!俺はそう簡単には怪我なんてしないからさ!」



185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 17:58:46.32 ID:jpkJEX4h0

―後半戦―
花沢「あら、さすがに男子達疲れてきたわね」
かおり「中島く〜〜ん!!頑張って〜〜!」

中島(ヒャッハーwwまだまだスタミナ残ってるぜ!w)

カツオ「はぁっ…はぁ!うおおおお!!」

花沢「磯野くんがまた5人抜きよ!!」

カツオ(よし…今、丁度ゴール前にはキーパーと中島だけだな…)

ボンッ!

中島「よっしゃぁ!!ナイスパス磯野!」

花沢「!…中島くんがシュートの体勢に入ったわ!」

中島「ネオ中島ァァァァッァッ…シューーぅぅっ!?」

カツオ「中島!!!?」

ドシッ!!

シュート体勢に入った中島の脇腹に堀木がスライディングをしたのだ。

中島「げぼおっしゃぁ」

堀木(クックッ…)

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:03:20.31 ID:jpkJEX4h0

かおり「きゃあああ!!」

花沢「今の明らかに飛び蹴りだわ…」

先生「おい堀木!今のはプレーはイエローカードだぞ!」

堀木「フェアプレーですよ?」

カツオ「飛び蹴りのどこがフェアプレーだよ!!」

中島「ビクンッ…ビクッ…」

先生「いいか堀木、とりあえずイエローカードを出しておく」

カツオ「先生!中島が緑色の胃液を吐いてます!」

先生「っち!磯野!保健室に連れて行ってやれ!」

堀木(ふふふふふふふふふふふふふふふふふ)

レクレーションはその後重い空気のまま幕を閉じた

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:07:42.85 ID:jpkJEX4h0

―磯野家―

マスオ「くぅっ…はぁっ!・・・サザエ!」パンッパン

サザエ「貴方の太いのが欲しいのっ・・・!!」

マスオ「奥まで突き上げてあげるよっ…はぁっんっ!!」パンッ

サザエ「いいいいいいwwww貴方いいいいわあああww」

マスオ「僕のドス黒いちんこでイッてくれサザエっん!!」パンッ

サザエ「あああっん!!!んっぁあああ!!!」



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:09:25.57 ID:jpkJEX4h0

―保健室―

カツオ「中島、大丈夫か?」

中島「まだ…吐き気がする…」

カツオ「胃液吐いてたもんな…先生が病院には行くなだってさ」

中島「骨が折れた感じなんだけど…」

カツオ「でも行くなって。」

中島「わっ、分かったよ……」

カツオ「それより…堀木の奴…」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:13:10.76 ID:jpkJEX4h0

中島「あいつの空中スライディング…半端ねぇよ」

カツオ「フェアプレーにしてはわざとすぎるよ!」

中島「あの野郎…なんで俺に恨みもってやがんだ…」

カツオ(あんたそら持ちますわwwwwww)

中島「かおりに…いいところ見せられなかったな…」

カツオ「かおりちゃん、お前のこと心配してたぞ?」

中島「そうか…磯野……大丈夫だって伝えておいてくれ」

カツオ「ああ!今まだ教室に残ってるはずだしな!」



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:17:23.72 ID:jpkJEX4h0

―教室―

カツオ「先生!遅くなりました!中島は大丈夫みたいです」

先生「まだ中島生きてたのか?」

カツオ「はい」

先生「まぁ、どうでもいい。座れ磯野。」

花沢「中島くん本当に大丈夫なの?」

カツオ「うん、大丈夫みたいだよ。」

かおり「心配だわ…」

カツオ「心配ないって伝えておいてくれって中島が言ってたよ!」

かおり「やだ中島くんったら///」

カツオ「今、何してるの?」

花沢「夏休み前の校外学習のバスの座席決めをしてるのよ〜」



215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:21:02.42 ID:jpkJEX4h0

カツオ「校外学習って…どこに行くの?」

花沢「遊園地よ〜日本で一番死者が出てる遊園地で有名なのよ!」

カツオ「へぇー楽しみだね。」

先生「委員長の中島が不在だから、私が話を進めていくぞ」

カツオ(中島のやつ、かおりちゃんと同じ座席にしたら喜ぶだろうな…)

ガラガラッ

先生「ん?」

中島「せ…せんせぇっ……僕もう大丈夫っです…おえっぷ」

花沢「きゃあああああ!!中島くんがまた胃液を吐いたわ!」



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:24:57.77 ID:jpkJEX4h0

先生「えー中島は点滴をしたまま座っているが気にするな。」

かおり「中島くん大丈夫なの…?」

中島「ははっ!点滴してたら治ったよ!」

花沢「さすが鉄人中島くんだわ」

カツオ「学校もフルイニングで来てるもんなぁ」

中島「委員長として当然だよwww」

かおり「素敵///」

先生「それじゃ、まずバス酔いをするやつは前の座席を選べ」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:29:14.91 ID:jpkJEX4h0

堀木「僕、一番前の座席で」

先生「ここの席は先生と一緒に座る場所だぞ?」

堀木「大丈夫です。」

中島「やーーいwwwぼっちぼっちwwww」

花沢「言いすぎよ中島くん!」

カツオ(堀木…また何か企んでるのか…?)

中島「せんせーーっ!一番後ろの座席にしてください!」

先生「後ろは4人座れるな…花沢、大空、磯野、中島の4人でいいか?」

中島「先生ww話しが分かってるじゃないすかww」

先生「では、一番後ろの座席はこの4人でいいな」

カツオ(うわっ…花沢もいんのかよ…)

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:34:22.45 ID:jpkJEX4h0

先生「おやつは1人、2200円までだ。」

花沢「おやつねぇ〜〜迷うところね」

カツオ「僕は姉さんに買ってきてもらうよ!」

かおり「うふふ、校外学習楽しみね。」

先生「弁当は持参だ。夜の7時には解散できるはずだ」

中島「せんせーー!持ってきたらダメなものとかあるんですかー?」

先生「携帯とゲーム機だけだな。」

カツオ「ちぇ〜携帯ダメなのかぁ」



228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:39:59.69 ID:jpkJEX4h0

先生「ちなみにバスにはカラオケ機がついてるみたいだ」

中島「うっはww俺歌いますよww」

先生「おぉ、さすが委員長だな。」

カツオ「中島の十八番ってなんだよ?」

中島「チャゲアス」

かおり「中島くん、歌上手そうよね///」

花沢「中島くん!あたしとデュエットしなさいよ!」

中島「かおりちゃんのために歌うさ!www」

かおり「まぁ///」

花沢「ちょ、ちょっと何で無視するのよ!!!」





231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:42:56.05 ID:jpkJEX4h0

先生「それじゃ、今日はこれで終わりだ」

中島「きりーつ!れいーーー!」

一同「ありがとうございましたーーっ」

―放課後―

カツオ「中島〜最近調子良さそうだな」

中島「ははっwwまぁなww」

カツオ「オナ禁してから1週間経つしな。」

中島「オナ禁?あんなの関係ねーだろ?」

カツオ「え……」



234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:46:53.14 ID:jpkJEX4h0

中島「ああw嘘だってw関係してるよw」

カツオ「だよなぁ〜。ビックリさせんなよ!」

中島(…もうそういうことにしておこう)

カツオ「校外学習中は、俺もアシストしてやるからさ!」

中島「おうww磯野ありがとなww」

カツオ「へへっ、お前がかおりちゃんと付き合うのも悪くないしな。」

中島(あーコイツに友達のフリして良かった〜。)

カツオ「早く付き合えるといいな」

中島「うん!」



237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:50:13.99 ID:jpkJEX4h0

―校外学習5日前―

カツオ「ふふんふふーん♪」

サザエ「あら、カツオ〜なんだか嬉しそうじゃない?」

カツオ「そりゃ遊園地に行くからね!」

サザエ「校外学習いいわねぇ〜」

カツオ「姉さん!僕の代わりに2200円分のおやつ買っておいてよ!」

サザエ「あたしが買ってきていいのね?」

カツオ「なるべく甘くて飽きない奴にしてよね」

サザエ「はいはい、分かったわ。」


239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:54:37.29 ID:jpkJEX4h0

―大空家―

かおり「うふふ…ホントに楽しみだわ…」

バタバタ(準備をしている)

かおり「中島くんに…私惚れてるのかしら…///」

かおりちゃんが校外学習の準備をしている最中
家のポストに何者かが小包を入れた

???「……」



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 18:59:12.62 ID:jpkJEX4h0

―中島家―

中島「ワックスとスプレー持っていかねぇとな!」

TLLLLLL

中島「ちっ、またコムが鳴ってんな」

ピッ

中島「はいもしもし」

カツオ「中島!僕だよ!」

中島(あー切ろう。)

カツオ「かおりちゃん…かおりちゃんの家のポストに…!」

中島「何があったんだよ!?」

カツオ「明日、学校で話すよ!」

ピッ

中島「おまっぅぅwwwww今話せよwwwww」




243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:02:38.27 ID:jpkJEX4h0

―次の日―

カツオ「よぉ、中島。」

中島「かおりちゃんに何があったんだよ!」

カツオ「ポストに小包が入れてあってさ…」

中島「中身は?」

カツオ「汚物…なんだ……」

中島「汚物だと!!?」

カツオ「そのショックで、かおりちゃん今日休みなんだ…」

中島「どこのどいつがそんな汚ねぇ真似しやがったんだ…!」

カツオ「堀木とかじゃない?」



247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:06:19.07 ID:jpkJEX4h0

中島「堀木か…確かに有り得るな」

カツオ「だろ?」

花沢「おはよーー皆!」

カツオ「おはよう花沢さん。」

花沢「ちょっと磯野くん!かおりちゃんの話聞いた!?」

中島「今その話をしてたところなんだ」

カツオ「犯人は誰かって話をね」

花沢「そんなの堀木くんを疑いなさいよ〜このクラスの変態と言えば彼だけでしょ?」



251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:09:23.78 ID:jpkJEX4h0

中島「堀木の野郎を詰めてやろうぜ!」

カツオ「今、先生と話し合いしてるよ」

花沢「あの事件以来、毎朝先生と話し合いだものねぇ〜」

カツオ「とにかく!このまま放っておいたらまたかおりちゃんのポストに汚物が届くよ」

花沢「犯人を見つける必要があるわね…」

中島「堀木を犯人に仕立てあげようぜwwwww」

カツオ(もう人間じゃないなコイツ…)

花沢「ひどいわ中島くん!!」

中島「さーーっせんwww」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:13:35.89 ID:jpkJEX4h0

―昼休み―

中島「堀木、ちょっとツラかせよ。」

堀木「なんだい?僕今忙しいんだけど」

カツオ「ちょっとだけでいいからさ!」

中島「変態には権限なんてねーんだよwww」

堀木「…分かったよ。なに?」

カツオ「昨日かおりちゃんの家のポストに汚物が入ってたんだけどさ…堀木がやったんじゃ?

中島(ストレートすぎるwwwっうwwww)

堀木「…違うよ!またそうやって僕を疑うのか!?」

カツオ「い、いやそうじゃないよ!」

堀木「僕のことはもう放っておいてくれよ!!」

ドンッ!

カツオ「くっぁ」

中島「磯野が突き飛ばされたーーー!」

カツオ「な、なんだよアイツ…」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:14:50.08 ID:jpkJEX4h0

※ただオナ禁の効果で疑いが半分晴れただけです

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:18:51.90 ID:jpkJEX4h0

中島「これで犯人は120%堀木で決定したな」

カツオ「どう見ても怪しかったからな」

中島「ふふっ…俺達の疑いも完璧に晴れるしな!」

カツオ「花沢達はもうほとんど疑ってないと思うよ」

中島「あのスライディング事件以来な…」

カツオ「けど、堀木にトドメを刺すにはいいかもね」

中島「ああ、これで犯人が堀木だったらな…」



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:23:12.84 ID:jpkJEX4h0

―夜―

カツオ「ふぅ…僕1人でかおりちゃんの家の前の電柱に隠れて張り込みをしよう」

……20分後

カツオ「誰もこないな…そろそろ午前2時を回るころか…」

……1時間後

カツオ「zzz…んっぁ!ダメだ!起きてないと!!」

……2時間後

ガサガサッ

カツオ「んっ?かおりちゃんの家の前に人影が?」


268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:25:09.24 ID:jpkJEX4h0

カツオ「誰だろう…ええい!迷っても仕方ない!とっ捕まえるか!」

タッタッタ

???「…!?」

カツオ「コラァ!!お前ェェェェ!!」

ガシッ

???「げふっ…!」

カツオ「覆面なんてしやがって!取ってやる!!」

バサッ

中島「ご、ごめんよ磯野〜〜〜…」

カツオ「え…マジで?」



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:28:35.53 ID:jpkJEX4h0

カツオ「お前がまさかかおりちゃんの家のポストに!?」

中島「いや1回目は僕じゃないんだ…」

カツオ「じゃあ、どうしてお前が?」

中島「よくよく考えてみると…かおりちゃんの家に汚物なんて素晴らしい発想、僕したことなかったからさ
   それで、僕も汚物入れようと思ったんだよ〜…」

カツオ「この野郎!!何時間も待ってお前なんてふざけんじゃねぇぞ!!」

バキッバキッ!!

中島「ふっぎいいい…磯野〜グーパンチはやめろよぉ〜…」

カツオ「1人目はお前じゃないんだな?」

中島「それは本当だよ!神に誓うよ!」

カツオ「じゃあ一体誰が…?」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:37:08.06 ID:jpkJEX4h0

中島「わ、悪かったよ。もう離してくれよ。」

カツオ「チッ…」

中島「ふぅ〜それにしてもゲスな奴もいるんだな」

カツオ「1人目が本当に気持ち悪くなってきたな…」

中島「この事件は迷宮入りでいいんじゃないか?」

カツオ「ここまで追求しても無駄かもね」

中島「とりあえず、この小包勿体無いからポストに入れておくよ」

カツオ「クズ野郎!!!」

バキッ!!

中島「ふっぎぃ〜〜…鳩尾に攻撃は卑怯だよぉ〜…」



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:41:59.82 ID:jpkJEX4h0

―校外学習3日前―

先生「えー、皆も噂で聞いたかもしれんが。大空の家に悪戯をしたやつがいるみたいだ。」

カツオ「かおりちゃん、あれ以来学校にきてないね…」

花沢「あたしが家に行って様子を見た限りでは元気そうにしてたのよ〜」

中島「全く、ゲスな野郎がいるもんだ」

カツオ(……)

花沢「ホントにかおりちゃん校外学習来れるのかしら?」

カツオ「何とか来て欲しいよね。」

先生「犯人はどうせこの中にいるんだろうし…あまり大空を詮索してやるなよ」

一同「はい!!!」

先生「ようし、今日はこれまでだ」



291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:54:18.89 ID:jpkJEX4h0

―放課後―

カツオ「帰りにかおりちゃんの家に寄ってかない?」

中島「おう、僕はもちろん行くよ!」

花沢「あたしも行くわ〜心配だし」

カツオ「じゃあ3人で行こうか。」

中島(花沢はどう見ても除外だろ)

―磯野家―

波平「マスオくん、ワシの性奴隷になってくれんか?」

マスオ「ええ!?僕がお父さんの性奴隷に?」



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 19:56:38.46 ID:jpkJEX4h0

―大空家―

かおり「皆…今日はありがとう。」

花沢「いいのよ!友達なんだから当然よ!」

カツオ「それより、校外学習の方は大丈夫なの?」

かおり「うん…何とか校外学習は行こうと思ってるの…」

花沢「そうよ!絶対来た方がいいわ。」

中島(あ、かおりちゃんの靴下もらっていこ〜っと)

かおり「みんなのお陰で、私頑張れそう…」

花沢「良かったわ〜かおりちゃんが元気無くて心配してたのよ!」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 20:01:04.30 ID:jpkJEX4h0

カツオ「張り込みもしたんだけど…犯人見つかんなくて…」

花沢「あら、磯野くん張り込みなんてしてたの!?」

かおり「いいのよ磯野くん!…その気持ちだけで嬉しいわ。」

カツオ「ごめんね、何とかとっ捕まえようとしたんだけど」

中島(あ…リコーダーもゲット)

花沢「とにかく今日で3日前だし!気合入れていくわよ!」

カツオ「うん、かおりちゃん明日…行けそうだったらきてね!」

かおり「ありがとう…。今夜はゆっくり寝れそう」



309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 20:09:37.34 ID:jpkJEX4h0

―校外学習2日前―

かおり「皆、おはよう。」

カツオ「おはよう!かおりちゃん!」

花沢「あら、待ってたわよ〜。」

中島「イェーーイ!かおりちゃんは何時見ても美しいよ!」

かおり「昨日、皆が来てくれたお陰で行く気になれたわ」

花沢「行った甲斐があったね磯野く〜ん」

カツオ「えへへ、そうだね!」

かおり「でも、靴下とリコーダーがなくなってたのよ」

花沢「どこかに置きっぱなしなんじゃない?」

かおり「そうかしら?家に帰って探してみるわ」

中島「人の物盗る奴なんてホントにゲスでクズな奴だよ!」

カツオ(…中島……)



313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 20:14:47.71 ID:jpkJEX4h0

―校外学習1日前―

カツオ「ちょ、ちょっと姉さん!!」

サザエ「どうしたのよカツオ〜?」

カツオ「僕の校外学習のおやつあれなの!?」

サザエ「そうよ、りんご20個で何か不満でもあるのかしら?」

カツオ「なんでリンゴ20個なのさ!?他のお菓子は考えられなかったの!?」

サザエ「んまっ!あんた甘いものがいいって言ったじゃない!」

カツオ「だからってリンゴ20個はないだろ!!…うわああああん姉さんの馬鹿クズ!!!」

サザエ「コラカツオ!!姉への暴言はご法度よ!!」



322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 20:24:53.59 ID:jpkJEX4h0

―学校―

カツオ「おはよう…」

花沢「あら磯野くん!元気ないじゃない!」バシッ

カツオ「いててて…姉さんが僕のおやつリンゴ20個にしたんだよ。」

中島「うはwwwお前ん家戦時中かよwww」

花沢「でもリンゴは健康的だし美容にいいわよ〜」

カツオ「飽きるよ…リンゴ20個なんて飽きる……」

中島「まぁ4個ぐらい僕がもらってやるからよww」

カツオ「うるさいなぁ…中島は何買ったんだよ?」

中島「俺はじゃがり子とポテトチップスだな」

カツオ「いいなー中島は……」

中島(アボカド20個なんて口が裂けても言えねーな…)

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 20:48:03.34 ID:jpkJEX4h0

―放課後―

カツオ「いよいよ明日だね」

中島「今夜は寝れそうにないよ〜」

かおり「明日は6時半に集合だから、2人とも遅れないでね!」

カツオ「早起きは苦手だけど頑張るよ」

中島「俺は早起き大好きだぜ」

かおり「まぁっ///」

―ラブホ前―

マスオ「それじゃあ…お父さん、アナゴくん。」

アナゴ「ぶるうううあ!フグたくーんもう股間が限界だよ」

波平「たまには3Pもよかろう」


341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 20:49:20.49 ID:jpkJEX4h0

―翌朝―

サザエ「カツオ!起きなさい!!」

カツオ「んんっ〜〜…」

サザエ「今日校外学習なんでしょ!?」

カツオ「あああっ!!」

サザエ「さっさと用意して行きなさい!!」



344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 20:52:08.29 ID:jpkJEX4h0

―学校前―

カツオ「うわっ!もうバス着てたんだ!」

花沢「磯野く〜〜〜ん!早く乗りなさいよ〜〜!」

カツオ「今行くよ!」

―バス内―

カツオ「おはよう!」

中島「よう磯野、集合15分前に来るなんてやるじゃないか」

かおり「うふふ…これで4人揃ったわね」

花沢「まだあと3人来てないわねぇ〜」


348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 20:54:55.95 ID:jpkJEX4h0

先生「全員揃ってるか〜?」

花沢「あら先生サングラスなんて似合ってないわぁ」

中島「気合入ってんのは俺たちだけじゃねぇんだよwww」

カツオ「まだ全員揃ってませ〜〜ん!」

先生「なに、3人か?」

運転手「もう発車してもよろしいでしょうか?」

先生「3人なぁ…まぁあとで追いつくだろ。発車してください」

運転手「了解です。」

ぶろろろろろろん!(バス発車)

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 20:59:58.79 ID:jpkJEX4h0

カツオ「バスの中でお菓子食べていいんだよね?」

かおり「ええ、汚さないようにね?」

カツオ「分かってるよ〜」

花沢「うふふ!磯野くんのためにチョコ作ってきてあげたわよ!」

カツオ「え…ありがとう」

かおり「良かったじゃない磯野くん。甘いもの好きでしょ?」

カツオ(ぜってー中に何か入れてんだろ……)

花沢「あら中島くんお菓子はどうしたのよ?」

中島は外の景色を眺めながら

中島「健康に悪いからね!家に全部置いてきたよ!!」

かおり「男らしいわ中島くん///」

中島「なぁ磯野〜…。りんご分けてくれないか?」

カツオ「馬鹿にしたからあげないよ」

中島「磯野ぉ〜〜〜俺達友達だろぉ?」

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 21:09:54.08 ID:jpkJEX4h0

中島「なぁ磯野ォォ」

カツオ「しつこいよ中島!」

バキッ

中島「ふっぎゃあああ…」

かおり「中島くん、私のお菓子少し分けてあげるから元気出して?」

中島「うっひょーwwwさっすがかおりちゃんwww」

花沢「どうしてお菓子を置いてきたのよ?」

中島「身体に悪いからって言っただろ!」

花沢「持ってくるだけでも持ってくれば良かったのよ〜どうせお腹すくわよ?」

中島「だからなぁ!!!アボカドなんて誰が持ってくんだよ!!!……っあ」

カツオ「アボカドwwwwwおいコイツアボカドだってよwwwwどこの国住みだよwwwwwww」

花沢「磯野くんのリンゴよりひどいじゃない」

中島(じじい、家帰ったら覚えとけよ…)

372 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 21:16:27.36 ID:jpkJEX4h0

―40分後―

花沢「あら、ちょっと窓の外見て!」

カツオ「どうしたのさ?」

かおり「遅れてきた子達がバス停で手を振ってるわ」

中島「今、信号待ちだし。この信号が青に変わってからバス停に寄れるんじゃ?」

花沢「これで全員で行けるわ〜」

運転手「先生!」

先生「zzz…んっぁ?はい?」

運転手「信号を超えて少し向こうのバス停に、生徒の方々が待ってらっしゃいますよ?」

先生「あー…いちいち止めるのあれなんで、スルーしてください。」

運転手「か、かしこまりました。」

先生「zzzz…」

運転手(クズ教師だな…)

377 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 21:19:15.91 ID:jpkJEX4h0

カツオ「おい、中島!そろそろ一曲歌っとけよ!」

かおり「うふふ。私それ楽しみにしてたのよ」

花沢「チャゲアス歌うのかしら?」

中島「オッケーwwww歌わせてもらうよwww」

カツオ「一曲目は?」

中島「EXILEのアイウィッシュ!フォーユーさ!」

カツオ(ぶっwwwwwEXILEに謝れよwwww)

かおり「きゃー中島くん///」



382 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 21:22:53.36 ID:jpkJEX4h0

中島「アイウィッシュ!アイウィッシュ!」

花沢「もうすっごい音痴よ…」

かおり「…うん。でも中島くん一生懸命踊って歌ってるし。」

カツオ(阿波踊りしながらEXILEはねぇだろwwwwwwうっうwwww)

中島「フォーユー!!ウォォォイェイ!!!!」

かおり「うっ…」

花沢「かおりちゃん、吐き気した時は窓の外を見るのよ」

かおり「ありがとう、花沢さん」

中島「ぉおおおおおおwwwwwイェーーーーイ!!!www」



386 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 21:30:11.16 ID:jpkJEX4h0

―1時間半後―

中島「アーーーユレディ!!!」

かおり「あら、虹が出てるわ」

カツオ「本当だ!さっきちょっとだけ雨降ってたからね」

中島「イェーーーイwwwwへーーイヘイヘイ!!へーーイヘイ!!www」

花沢「そろそろ遊園地に着くみたいよ」

カツオ「うぅ…僕乗り物で酔うことなんてないのに…吐き気が…」

中島「へーーーイwwwヘイヘイへーーイヘイッ!!wwww」

花沢「かおりちゃんも気分が悪いみたいのよ」

カツオ「早くバス着かないかなぁ…」

中島「せんきゅーwwww」


393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 21:35:48.34 ID:jpkJEX4h0

ぶろろろろん(遊園地に到着)

中島「こなぁぁぁぁぁあああ!!雪ィィィィ!!!」

がしっ

中島「おい磯野!!勝手にマイク取るなよ!」

カツオ「もう遊園地着いたんだよ」

中島「なんだ、早く言えよ。」

花沢「早く降りるわよ!かおりちゃんに外の空気を吸わせてあげなきゃ」

かおり「うっぅ……」

中島「バスの運転手が運転下手だからかおりちゃんが酔うんだよ!」

カツオ(おまwうぇwwのww歌の所為だろwwww)



400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 21:40:27.37 ID:jpkJEX4h0

―遊園地前―

先生「えー、無事に遊園地まで送ってくださった運転手さんに挨拶だ」

中島「ここまで僕達を怪我無く送ってくれてありがとうございます!!」

一同「ありがとうございます!!!」

先生「えー、3名一緒に来れなかったのは残念だが3名の分までしっかり楽しむんだぞ」

一同「はい!!!!」

先生「それじゃあ、行って来い!」

カツオ「この4人でグループ行動しようよ」

花沢「いいアイディアね磯野くん!」

中島「堀木はソロ行動とかかっけぇwwwww」

花沢「中島くん!!」

中島「ごめん。」


414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 21:50:07.29 ID:jpkJEX4h0

カツオ「まず何から乗ってみる?」

かおり「私、ジェットコースターに乗ってみたいわ!」

花沢「ここのジェットコースターは木製でできてるのよね」

カツオ「ええーもうそれだけで怖いね」

かおり「ジェットコースター大好きだから大丈夫よ!」

カツオ「じゃあ行こうか。中島行くぞ」

中島「あ…ああ…。ジェットコースターか…。」

―ラブホ―

マスオ「お父さん…中に出したんですけど…」

波平「母さんに何て言い訳しよう…」

アナゴ「ぶるっぶるっぁあ…ビクンッビクッ」



421 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 21:56:08.07 ID:jpkJEX4h0

カツオ「じゃあ、僕は花沢さんの隣で」

花沢「あら磯野く〜〜ん!積極的じゃない!」

カツオ「う…うん」

かおり「じゃあ、私は中島くんの隣ね!」

中島(磯野www貧乏クジ引いてくれてありがとwっうっww)

カツオ「木製だから怖いよね」

花沢「うふふ、落下して死ぬ時は一緒よ磯野くーん」

かおり「私も怖いわ…中島くん平気なの?」

中島「あっあああ…当たり前だよ!ジェットコースターなんて家で乗ってるし!」

カツオ(おっまwwwうぇww家なんだよwww)

426 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 22:00:20.89 ID:jpkJEX4h0

係員「それでは安全バーをしっかりと下げてくださーい」

花沢「いよいよね…」

ぎゅっ

カツオ(うっあああwww手握ってきたよwwww消毒ぅwwww)

かおり「緊張してきたわ…」

中島「大丈夫だよかおりちゃん……」

かおり「顔真っ青だけど大丈夫なの?」

中島「当たり前田のクラッカーさ!!」

かおり(古いわ…)



429 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 22:02:35.76 ID:jpkJEX4h0

ゴゴゴゴゴゴッ!!!

花沢「きゃああああああ!!!!磯野くーーーん!!」

カツオ(いちいち名前呼ぶなよwwwテメェwww)

かおり「きゃああーーーっ!!」

中島(気絶中)

かおり「え・・っ。中島くーーーーーんっ!!!」

ゴゴゴゴゴゴゴッ!!!

カツオ「きゃあああああああ!!!」



432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 22:07:02.36 ID:jpkJEX4h0

ぷしゅーーっ

係員「お疲れ様でしたーお忘れ物のございませんように。」

かおり「ふぅ…怖かったわ〜…」

花沢「あらやだ磯野くん!怖いからってあたしの手握らないでよ!」

バシッ

カツオ(突き飛ばすぞお前うっぇwwwwwww)

かおり「ちょ、ちょっと中島くん!起きて!」

中島「ん……」

かおり「もう着いたわよ!」

中島「えっ…?いやぁ〜あんまりにも怖くなくて熟睡してたよ!www」

カツオ「お前、本当は怖かったんじゃ?」

中島「んな訳ねぇだろwww」

花沢「まぁ、とりあえず降りるわよ。」

ビチャッ

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 22:14:04.77 ID:jpkJEX4h0

花沢「あら…何か臭うわ…」

カツオ「アンモニアの匂い?」

ビチャッ

かおり「なっ…中島くん…その黄色い液体はなに?」

中島「えっ…」

中島の半パンが尿でずぶ濡れになっていたのだ

カツオ「うっうぇういwwwwwこいつ怖くて小便漏らしてやがんぜwwww」

花沢「中島くんきもいわよ!一体いくつなのよ!?」

中島「ちっ、違うよ!これはライフガードがこぼれてパンツにかかっただけだよ!」

カツオ「匂いはどうやって言い訳するんだよwっうぇwww」

中島「ライフガード30日放置したらアンモニアの匂いがするんだよ」

花沢「あら、それなら仕方ないわね」

カツオ「つまんないの〜〜」

かおり「うふふ、面白いわ中島くん。」


455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 22:17:35.19 ID:jpkJEX4h0

中島(磯野…ちょっと来てくれないか?)

カツオ(あん?分かったよ。)

中島「ちょ、ちょっと僕達2人で先生のところに行ってくるよ!」

花沢「じゃあお化け屋敷の前で待ってるわ〜」

かおり「早く戻ってきてね。」

中島「うぃいいっすwww」

カツオ「じゃあ、行こうぜ中島。」

中島(くそっ…股間がかぶれてやがるっ……!!)



488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 22:45:28.90 ID:jpkJEX4h0

カツオ「なんだ、やっぱり尿だったのかよ」

中島「マジでかおりちゃんにドン引きされると思った…」

カツオ「笑ってて、ドン引きしてなかったな」

中島「オナ禁のお陰だってwww」

カツオ「すごいな中島!今んとこ絶好調じゃないか」

中島「へへっww磯野も早いとこ効果出るといいなww」

カツオ「それより…口止め料」

中島「い、いくら欲しいんだよ?」

カツオ「5000円この口座に振り込んどいてよ」

中島「ちぇ〜無駄な出費だよ。」



494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 22:49:37.58 ID:jpkJEX4h0

先生「なに?漏らしただと?」

中島「す、すいません先生ェ〜…」

カツオ「股間がかぶれてるみたいです。」

先生「どうしてジェットコースターなんて乗ったんだ」

中島「ノリでつい…」

先生「まぁいい…とりあえずトイレでパンツを脱いでこい」

中島「代えのパンツは?」

先生「ノーパンでいろ。夏場だからスースーしていいだろ。」

中島「え・・・・」

カツオ(ノーパンとかwwwwぐっちゅぎっちぅwww)



500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 22:54:15.40 ID:jpkJEX4h0

中島「あの先生最低だよな」

カツオ「僕も最近思ってきた。」

中島「ノーパンでも結局ズボンがしみだらけだよぉ〜」

カツオ「この暑さだからすぐ乾くよ」

中島「自然乾燥も悪くないな。」

カツオ「お化け屋敷でかおりちゃん達が待ってるよ!」

中島「へへっ!急ごうぜ!」

―シューティングゲーム場―

バンバンッ!

ピロピロリーン

係員「お客様ハイスコアです!こちら景品になります!」

堀木「ありがとう…」



504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 22:58:49.84 ID:jpkJEX4h0

―お化け屋敷前―

カツオ「おお〜〜〜い!」

花沢「あら遅かったじゃな〜い」

かおり「中島くん、ズボンの汚れまだ取れないの?」

中島「ははっwwライフガードの野郎しつこくてさww」

カツオ「次はお化け屋敷?」

花沢「そうよ!日本で12番目に長いお化け屋敷よ!」

カツオ(なにその中途半端な順位www)

かおり「お化け屋敷は苦手かも…」

中島「大丈夫!僕お化けは怖くないからさ!」

かおり「頼もしいわ///」

中島「へへっ///」

カツオ(後ポケットにライフガード突っ込んでやがるwwww偽装工作する気満々じゃねぇかww)

512 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:03:45.43 ID:jpkJEX4h0

―お化け屋敷内―

かおり「やだわ…病院内のお化け屋敷なんて…」

花沢「それにしてもよくできてるわねぇ〜」

プシューーーッ!!

中島「おげぇぇぇっぁあうあああああああああああ!!!!ああああああ!!!!」

かおり「きゃっ!」

花沢「今のガスの音ね…でも中島くんの奇声のせいで台無しだわ…」

カツオ「中島ビビってんじゃねぇかwwww」

中島「違うってwwwテンション上がると自動的に出るんだよww」

花沢「入り口付近でこれだと先が思いやられるわ」

中島「さっさと進もうぜwwww」

プシューーーーッ!!!

中島「ォぎぇやウアアウアアああぉおおおおぶうううああああおおお!!!」





516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:07:16.39 ID:jpkJEX4h0

―40分後―

カツオ「あははは!このろくろ首花沢さんにそっくりだね!」

花沢「ちょ、ちょっと磯野くんどういうことよ!」

かおり「うふふふ。」

カツオ「あれ!?中島は?」

花沢「あら、ホントだわ。」

かおり「さっきまで私の隣にいたのに…」

カツオ「迷子になったんじゃない?」

花沢「ちょっとここで止まっておきましょうか」



518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:09:58.04 ID:jpkJEX4h0

カツオ「あっ、来たよ!」

中島「……」

花沢「ちょっと中島くんどこ行ってたのよ!?」

かおり「心配したんだから…」

中島「ごめん、ちょっと迷っちゃって」

カツオ「だらしないな中島は!」

中島「悪い…それよりさっさと進もうぜ」

花沢「言われなくても分かってるわよ」

かおり「もうすぐ出口みたいよ」



523 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:13:26.72 ID:jpkJEX4h0

―2時間30分後―

花沢「はぁ…やっと外に出れたわ…」

かおり「歩き疲れたわ…」

中島「……」

カツオ(中島は…漏らしてない?てか何でこんなに落ち着いてるんだ?)

中島「花沢さんとかおりちゃんはランチでも食べててくれない?」

花沢「あそこにフードコードがあるわ…疲れたから2人で待ってるわ」

中島「それじゃ行こうか、磯野」

カツオ(あ・・・…こいつさっきから口臭がアンモニア臭いと思ったら…)

中島「気づいたか?磯野。」

カツオ(小便飲みやがったwwwこいつwwwwだからわざと迷子になったのかようぇwww)

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:16:01.29 ID:jpkJEX4h0

カツオ「だからお前空のライフガード持ち歩いてたのかよ」

中島「がらがらっ…ぺっ!…そうさ、2度目はないと思ってさ」

カツオ「それで僕を呼んで口を濯ぎにきたのか…」

中島「あんまりオナ禁には頼ってられないだろ?」

カツオ「それもそうか」

堀木「……」

中島「あいつwwwwまだソロ行動してんのかよwwwww」

カツオ(こいつもソロの方がいいんじゃねーか…)

531 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:20:19.51 ID:jpkJEX4h0

―磯野家―

波平「これからはマスオくんと共に生活をすることにする。」

マスオ「すまないサザエ」

サザエ「うわああああああああああああああああああ!!!!」

舟(発狂中)

波平「結婚式にはぜひ2人ともきてくれ」

マスオ「行きましょう…波平」

波平「うむ。」

―フードコート―

花沢「まぁっ!スパゲティよ!」

かおり「うふふ、私はハンバーグセットよ」

花沢「それにしても遅いわねぇ〜」

カツオ「おおーーーい!」

花沢「きたきた、遅いわよ2人とも!!!」


541 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:24:41.20 ID:jpkJEX4h0

カツオ「もぐもぐ…次はどこに行くのさ!」

花沢「そうね、あと2つぐらい回れそうだわ」

中島「ストラックしようぜwww」

かおり「そんなのあるの?」

花沢「ここから近いわ、全球当てたら景品がもらえるみたいだし」

カツオ「最後に観覧車に乗ろうよ!」

中島「そんじゃストラックアウト行ってからの〜観覧車でいこうよ!」

花沢「うふふ、磯野くんと2人きりで乗りたいわ」

カツオ(観覧車から突き飛ばす準備しておかないとな)

548 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:30:20.93 ID:jpkJEX4h0

―ストラックアウト広場―

花沢「9枚ある板を全部当てればいいのね」

カツオ「9枚全部当てれば…チュパカブラのぬいぐるみだってさ!」

花沢「なによあの気持ち悪いぬいぐるみ」

中島「UMAwwwUMAwwwww」

かおり「10球で9球なんて難しいわ〜」

カツオ「かおりちゃんもあんなにきもいぬいぐるみいらないよね?」

かおり「欲しいわ、何だか可愛いもの」

カツオ(マジかよ…)

花沢「2人とも気合入れていきなさいよ!」



552 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:34:38.75 ID:jpkJEX4h0

中島「そんじゃ俺からいかせてもらうぜ」

係員「ボールをどうぞ!」

中島(あ、今この女の人俺のこと絶対見つめてた)

カツオ「中島〜〜!僕と勝負だからな!」

中島「へへっ、覚悟しろよ磯野!」

かおり「頑張って〜〜中島くん!」

中島(かおりも見てるしな…)

花沢「中島くんファイトーーーー!!!!フレーフレー!!!」

中島(チッ…ブスがわめいてんじゃねぇよ…ちょっと黙らせるか)

ガバァッ!

カツオ「あぁっ!マサカリ投法だ!!」

中島「ふんっ!!」

ビシュッ!!!

556 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:38:06.66 ID:jpkJEX4h0

ポカッ!

花沢「いたっ…中島くん!!あたしにぶつけてどうするのよ!!」

中島「あっww悪いwwシュート回転かかりすぎてwww)

カツオ「花沢さん当てたから景品花沢さんだぜーーwww」

中島「おいおいwww花沢さんは勘弁してくれよwwww」

花沢「ちょ、ちょっと磯野くん!!何よその言い方!!!」

かおり「中島くん、1球無駄にしたわよ?」

中島「大丈夫だって!まだ9球もあるんだからさ!」

係員「2球目どうぞー」

中島「遊びは終わりだぜ!!!」

ビシュッ!!

559 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:40:59.68 ID:jpkJEX4h0

係員「お疲れ様でした〜」

中島「ふぅ、いい汗かいたよ」

花沢「1球も当てられないなんて情けないわ」

カツオ「景品は花沢さんだ」

花沢「磯野くん!!!まだそのネタ引っ張るの!!?」

かおり「う〜ん…ちょっとガッカリ。」

中島(好感度下がった・・・)

カツオ(中島ッ!俺が取ったらお前にあげるから…それかおりちゃんに渡せよ!)

中島(いっ…磯野ォォ〜〜〜!!)



563 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:43:57.43 ID:jpkJEX4h0

係員「お疲れ様でした〜」

カツオ「ふぅ…」

花沢「結局磯野くんも0枚じゃない!情けないわ!」

中島「残念賞花沢さんだってよwwww」

カツオ「罰ゲームすぎんだろそれwww」

花沢「2人とも!!いい加減にしなさい!」

バキッ!バキッ

中島「ふっぎゃあああ〜〜…どうして2発とも僕なのさぁ…」

かおり「あら?向こうでやってるの堀木くんじゃない?」

中島「変態がソロでストラックアウトっすかwwww」



566 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:46:50.33 ID:jpkJEX4h0

係員「それでは1球目どうぞー」

堀木「ふんっ・・!」

ビュンッ!!

花沢「なにあの投げ方!?」

カツオ「サブマリン投法じゃないか!!」

かおり「すごいわ堀木くん…」

中島(ギリッ・・・ギリッ…)

バシッ!

花沢「1枚目当たったわ!」

中島「まぐれまぐれwww変態のまぐれってことわざあんだろww」

ビュンッ!

かおり「すごいわ!2枚目も余裕で当てたわよ」

カツオ「あれは経験者の投げ方だね」

中島(歯軋り)

572 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:51:23.41 ID:jpkJEX4h0

係員「おめでとうございます!9枚全て当てたので景品です!」

花沢「すごいわ〜結局9球で全部当てたわよ」

カツオ「あのぬいぐるみどうするんだろ?」

スタスタ

堀木「これ、あげるよ。」

かおり「え・・いいの?」

堀木「うん…僕はいらないからね。それじゃあ。」

スタスタ

中島「あいつ俺達の会話聞いてたのかよwwwきもおおwwwエア会話してんじゃねぇぞコラwww)

花沢「なんだか複雑な気分ね」

カツオ「とりあえずもらっておいたら?」

かおり「うん、そうするわ。」

花沢「それじゃいよいよ次は観覧車よ!」



580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:54:28.25 ID:jpkJEX4h0

カツオ「あ、それよりまずはお土産買わない?」

花沢「そうね…観覧車先に行ったら時間ないものねぇ」

かおり「じゃあ私と花沢さんで見てくるわ!」

中島「それじゃ30分後に観覧車前集合で」

花沢「分かったわ!遅れないでよ!」

カツオ「うぃーーっす!」

中島「行こうぜ中島」

―遊園地の駐車場―

運転手「あ、先生。そのビニール袋に入ってる雑草は?」

先生「ああ…これは今日来てない3名へのお土産ですよ。遊園地内の雑草なんできっと喜ぶでしょう。」

運転手(クズすぎんだろコイツwwwPTA動けよwwww)

593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/31(日) 23:59:04.47 ID:jpkJEX4h0

カツオ「お土産何にする?」

中島「何でもいいさ…それより僕はもう観覧車内での計画を立ててるんだ」

カツオ「かおりちゃんと2人きりか…」

中島「べろちゅーしておっぱい揉んでマンコぐっちゅぐちゅにしてやんだよ!!!」

カツオ「中島っ!店ん中でそんな事大声で言うなよ!」

中島「わ、悪い……」

カツオ「とりあえずこの店は出よう」

中島「うん。」


カツオ「あれ?あのゴミ箱に捨ててあるのって…」

中島「ぶっwwwwかおりちゃんが堀木にもらったぬいぐるみwwwww」

カツオ(何て女だよ…クズすぎんだろ…)

―花沢&かおりペア―
花沢「あら?あのぬいぐるみは?」

かおり「えっ?…あぁ、どこかで失くしたみたいなのよ…」

605 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 00:02:56.56 ID:XPxrQfKz0

―観覧車前―

中島「うっひょーーww楽しみだぜwww」

カツオ「ホントに犯したりするなよ?」

中島「オーラルセックス程度で止めとくよww」

カツオ「・・・…」

花沢「2人とも!!こっちよこっち〜〜!」

カツオ「あ、花沢さん達順番並んでてくれたんだ」

中島「ちょっとは花沢も使えるようになってきたな」

花沢「結構待ってるみたいよ!でも何とか間に合いそうだわ」

カツオ「あの先生なら遅れても大丈夫そうだよ」

中島「それは常識。」


726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 05:56:22.67 ID:XPxrQfKz0

花沢「それより観覧車に乗るのって」

中島「僕とかおりちゃんだよ!花沢さんは磯野とね!」

かおり「うふふ、私はそれでも構わないわよ。」

カツオ(くそっwwwうぇっっ花沢とかwww)

中島「おい磯野〜嬉しそうな顔すんなよww」

花沢「磯野くんったら///」

バシッ

カツオ(張り倒すぞテメェwww)

かおり「あら?後に並んでるの堀木くんじゃない?」

堀木「…」

中島「うっwwwwソロで観覧車とか何の罰ゲームすか堀木さんww」

花沢「ちょっと中島くん!聞こえちゃうわよ!」

かおり「きっと友達がいないのよ。」

カツオ(この女も大概だろ…)

730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:01:14.34 ID:XPxrQfKz0

係員「それでは次のお客様どうぞー」

カツオ「じゃあ、先に行こうか花沢さん」

花沢「ええそうしましょう。」

係員「2名様ですね?」
タッタッタ

堀木「ぼ、僕もです」

カツオ「え?」

中島(なんだこいつwwwww)

係員「3名様でよろしいでしょうか?」

花沢「後ろまだまだ並んでるいる人いるし…堀木くんもいいでしょう」

カツオ「え、マジかよwwwww」

堀木「……」

係員「それではドアを閉めさせてもらいますね」

ガチャンッ

かおり「厚かましいわねもう!」

中島(磯野が2人の貧乏クジを引いてくれたな…)

734 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:06:07.47 ID:XPxrQfKz0

―観覧車内―
かおり「あら、結構揺れるわね?」

中島「そ・・そっそうだね」

かおり「中島くんまたライフガード持ってきてるの?」

中島「やめられないんだよ・・炭酸がさ・・」

かおり「炭酸なんて男らしいわ中島くん!」

中島「えへへへ///」

―カツオ、花沢、堀木―

カツオ「……」

花沢「……」

堀木「……」

カツオ(おいーおーいww何で観覧車でお通夜みたいな雰囲気になってんだよwww)

堀木「……」

カツオ(何か喋れよコイツwwwなんで校外学習きたんだよww)

堀木「あのさ…2人とも。」



738 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:10:41.80 ID:XPxrQfKz0

カツオ「なぁに?」

花沢「はっきり言いなさいよ!このドスケベ!!」

カツオ(はっなざわwwwwww)

堀木「僕、2人に協力して欲しいことがあるんだ」

カツオ「何をさ?」

堀木「中島を…一緒にいじめてくれないか?」

花沢「ちょ、ちょっと何でよ中島くんなのよ!」

堀木「あいつの所為で僕は…っ!変な噂をされているんだ!」

カツオ「でも机の中にかおりちゃんのパンツ入ってたじゃん」

堀木「あれは誰かが入れたんだよ!絶対に僕じゃない!!」

花沢「ホントかしら?ド変態の言うことなんて信用できないわ」

堀木「お願いだよ…」



741 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:15:43.14 ID:XPxrQfKz0

―中島、かおり―

かおり「今やっと一番高い所ね」

中島「うっうううん…!景色がいいね!」

かおり「中島くん、さっきから下向いて景色見てないじゃない」

中島「横目でちらっと見てるよ…!」

かおり「そうなの?」

中島(漏れそう…磯野ォォ〜〜っ)

ガタガタッ

かおり「きゃっ!中島くん貧乏ゆすりしないでよ!」

中島「ごっめん…」

ガタガタッ

746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:19:02.09 ID:XPxrQfKz0

花沢「しつこいわね!この男!」

堀木が花沢さんにしがみ付きながら依頼してきたのだ

堀木「お願いだよ!あいつをどん底に突き落としてやりたいんだ!」

花沢「いい加減にしなさい!このブサイク変態童貞!!」

カツオ(三原則wwww)

バキッ!!

堀木「うっぅうう…」

ばたっ

花沢「あら、気絶しちゃったわ」

カツオ「もうそろそろ着くしいいんじゃない?」

花沢「それもそうね」



749 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:22:11.93 ID:XPxrQfKz0

かおり「もうすぐ着きそうね」

中島「うっうんうっん…」

かおり「なにモゾモゾじてるのよ?」

中島「ちょっと外の景色見ててくれない…?」

かおり「分かったわ。」

中島(うっwwwチャンスwwww)

ビチャッ

かおり「ビチャッ?」

中島「まだ向いちゃダメだよ!!絶対に!!」

かおり「…?」



751 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:24:54.26 ID:XPxrQfKz0

カツオ「はぁ〜やっと着いたね。」

花沢「堀木くんあのまま放置しといて大丈夫なの?」

カツオ「もう1周ぐらいさせといていいよ」

かおり「みんな!お待たせ!」

花沢「あら、かおりちゃん!中島くんとはどうだった?」

かおり「まぁ楽しかったわ」

カツオ(あ…っれ…?中島…の手に持ってるライフガード空じゃなかったっけ?)

中島「ペットボトルって色々な視点から見れば…可能性が広がるよな磯野?」

カツオ(ペットボトルに小便入れてやがったwww色でごまかしてやがるwっうっえww)



753 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:28:32.03 ID:XPxrQfKz0

―駐車場―

花沢「ほら、皆集まってるわ!急ぐわよ!」

タッタッタ

先生「おぉ花沢達来たな。先にバスの中へ入ってろ」

カツオ「はい!」

運転手「あと10人来てないみたいですよ。」

先生「ええ、もちろん待ちますよ」

運転手(えwww優男になってるwwww)

―バス内―

かおり「今日は楽しかったわ〜」

カツオ「出発まであと10分もあるね」

中島「もう1周回れたかもな」

堀木「…」

花沢「堀木くん間に合ってるじゃないwwつまらないわww」

760 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:34:01.21 ID:XPxrQfKz0

―集合時間から1分後―

先生「1分経ったな…まだ残り7名も来てないか…」

運転手「とりあえず先生もお乗りになられたら?」

先生「ああ、もう発車してください」

運転手(やっぱクズかよwwwwww)

花沢「あらまだ来てないのに発車するつもりよ!」

先生「えー残り7名については仕方がない。先生は遅刻する奴が大嫌いだ!」

カツオ(一分ぐらい待てよwwww)

先生「遅刻癖なんて付いてる奴は社会に出ても捨てられるだけだ!いいな!」

一同「はいっ!!」

先生「それじゃ発車してください」

運転手「はい。」

タッタッタ!

???「オラァ!!!静かにしろ!!」

ドアを閉めて発車しようとした瞬間、白い覆面を被った男がバス内に入ってきた


763 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:39:46.60 ID:XPxrQfKz0

中島「あれ?あんな生徒いたっけ?」

花沢「馬鹿ね!バスジャックよ!」

かおり「きゃっ…拳銃を持ってるわ…」

カツオ「あの犯人の声聞いたことあるな…」

???「おい!!テメェが担任か?」

先生「いえ、バスを間違えました。それではさようなら。」

???「嘘つくんじゃねぇ!!」

ズガンッ

先生「ぎゃああああああ!!」

かおり「きゃっ!」

花沢「先生が右足を撃たれたわ!」

???「へっへっ…今から最高のシナリオを作ってやるさ…」



770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:45:45.55 ID:XPxrQfKz0

???「おい、そこの前にいる餓鬼!こっちこい!」

中島「はいwww堀木指名入りましたあぁぁぁwwwww」

ズガンッ!(天井へ発砲)

???「うるせぇぞ!メガネ!!お前こい!!!!」

中島「えwwwwww」

カツオ(死んだな中島…)

花沢(骨は拾ってあげるわ)

かおり(よかった、これで歌えないわ)

???「ようし、いい子だ…そのまま俺の前に立ってろ!」

中島(半気絶状態)

カツオ「やっぱり聞いたことある声だな…」

すると、男は覆面を取った

甚六「これからバスジャックをして!お前ら全員地獄への旅へ連れてってやるさ!!」

カツオ(じっんろくさんwwwwww)

776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:49:28.13 ID:XPxrQfKz0

甚六(はぁっ・・・はぁ・・父さん俺やっちまったよ)

カツオ「甚六さん!僕だよ!!カツオだよ!」

ズガンッ(天井に発砲)

甚六「お前みたいなおにぎり頭知らねぇよ!」

カツオ「ひぃっ」

かおり「磯野くん知り合いなの?」

カツオ「どうやら人違いだった」

花沢「ホント狂ってる人多いわね〜」

甚六「運転手!どこでもいいから走りまくれ!」

運転手「は、はい!」



778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:53:52.55 ID:XPxrQfKz0

カツオ「甚六さんどうしてこんなことを?」

甚六「僕の名前を呼ぶなぁっ!!」

カツオ(やっぱ甚六さんかよwww)

甚六「父さんの…小説が売れなくなったんだよ…」

カツオ「それで何でバスジャックなのさ?」

甚六「僕がバスジャックを起こして事件にでもなれば最高の小説が書けるじゃないか!!」

カツオ(ダメ息子)

甚六「逆らうなよ…僕にだけは逆らうなよ!!」

花沢「やだわ、本当に撃ってきそうよ」

カツオ「中島も人質のままだしな…」



779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 06:57:45.18 ID:XPxrQfKz0

先生「あのぉ」

甚六「なんだ?」

先生「私の生徒全員を人質にして私だけを解放してくれませんか?」

甚六「なっ、何言ってやがんだ!テメェ教師として失格だぞ!?」

先生「いえ…教師なんてただの遊びですよ。いいですか?」

甚六「無理に決まってんだろ!!!」

ズガンッ(天井に発砲)

先生「ひぃっ!お…お願いします!靴でも何でも舐めます!仲間にしてください!!」

甚六「チッ仕方ねぇな。サツが追いかけてきてねぇかだけ見張ってろ!」

先生「ありがとうございます!!」

カツオ(あいつwっはwwwクズの星にでも生まれてきたのかよwwっwwww)



785 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:05:19.00 ID:XPxrQfKz0

敵…甚六、先生

人質…中島

―バスジャックから1時間―

カツオ「眠くなってきたね」

花沢「遊び疲れたもの!当然よ!」

かおり「怖いわ…」

甚六「チッ、お前らもっと慌てろ!!」

ズガンッ!

カツオ「そんな無茶な…。」

先生「そうだぞお前等!甚六様の言うことは絶対だ!」

甚六「お前は黙ってろクズ!!」

先生「ひぃいっ・・・」

花沢「クズな犯人にもクズって言われてるわ…)



788 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:08:14.03 ID:XPxrQfKz0

甚六「そろそろサツも気づき始める頃だな…」

先生「大丈夫です、私が学校へ異常無しと伝えておきました」

甚六「はっ!使えるじゃねぇかクズ!」

先生「お褒めの言葉ありがとうございます!!」

甚六「さぁて…どいつもこいつも裕福な顔しやがってよぉ…」

ズガンッ!ズガンッ!(窓ガラスに発砲)

かおり「きゃあっ!」

花沢「危なかったわ…」

カツオ「ホントに誰か撃たれそうだよ…」

花沢「嫌な予感しかしないわ…この校外学習」


790 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:14:09.71 ID:XPxrQfKz0

―バスジャックから2時間経過―

甚六「ちっ、喉が渇いてきたな…」

中島「ぶうぶるっ…」

甚六「おー?お前ポケットにライフガード入ってんじゃねぇか?」

中島「えっ…これはダメです…」

甚六「逆らってんじゃねぇよ!差し出せ!!」

中島「は、はい……」

甚六「へへっ、俺は子供の頃からライフガードが大好きなんだよ」

中島「ちょっと濃い目のライフガードです」

中島は人質に取られた時から恐ろしいほど冷静であった
そして、中島は犯人の持っていた銃の形状から解読し始める

中島(6発式か…今丁度弾切れだな…オナ禁のせいか冴えてるな)

796 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:18:53.92 ID:XPxrQfKz0

中島は運転手へ向けてさりげなくアイコンタクトを送った
運転手はそれに気づき軽く会釈をした
甚六「いただきます」
ゴクゴクッ

カツオ(小便飲んでんぞwwwww)

甚六「ぶっ!!!!!げほっ…!ごほっ!!!なんだこの味!!!?」

中島「運転手さん!!今だ!!」

運転手「はい!!しっかり捕まっててくださいよ!」
キキキーーーッ!!(急ブレーキ)

甚六「うわっおおっと…!!」

急ブレーキにより甚六はその場で体勢を崩し
地面に落ちた拳銃を中島が後へ蹴り飛ばした
甚六「がっ、餓鬼テメェ!!」

中島「くっ…」

運転手「てやぁっ!!」
ブレーキをかけた運転手が背後から甚六を取り押さえた

中島「みんな!今すぐ警察に電話だよ!!」

一同「なっかじま!なっかじま!なっかじま!なっかじま!」



802 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:24:07.41 ID:XPxrQfKz0

―学校前―

先生「みんな、無事帰ってこれて良かった。」

カツオ(こいつ何で捕まらないんだよ…)

先生「先生はあーなることを想定していて、わざと味方についたんだ。勇気ある行動をした中島に拍手!」

一同「パチパチパチッ!!」

中島「いやぁ〜学級委員長として当然のことをしただけだよ」

花沢「ちょっと見直したわ中島くん!」

かおり「///」

先生「疲れもあると思う!ゆっくり休んでしっかり明日学校に来るんだぞ!」

一同「はいっ!!!!」


かおり「ねぇ、中島くん…明日2人で会わない?」

中島「え?2人きりで?」

かおり「そうよ…2人きりで///」



808 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:31:00.07 ID:XPxrQfKz0

―帰り道―

中島「やべぇよ磯野〜」

カツオ「かおりちゃんとデートだろ?」

中島「もう明らかにかおりちゃん僕のこと好きだよな」

カツオ「2人きりって限定してる時点でね」

中島「告白するからwwwよろしくwww」

カツオ「お前早すぎるだろwww」

中島「いやもうかおりは俺の掌の上さ…あとは告るだけだ」

カツオ「面白そうだから僕も尾行しておくよ」

中島「へっ、花沢は連れてくんなよ?」

カツオ「分かってるよ!」

※多分ここから後半。

812 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:34:30.61 ID:XPxrQfKz0

―磯野家―

カツオ「ただいまー」

タラ「カツオお兄ちゃんおかえりですぅ」

ワカメ「お兄ちゃん遅かったじゃない」

カツオ「ちょっと校外学習が長引いたんだよ」

ワカメ「それより、お父さんとマスオお兄ちゃんが2人で出て行ったのよ」

カツオ(うはwwwオナ禁失敗の反動やべぇwww)

タラ「ママとおばあちゃんもしばらく帰ってこないですぅ」

818 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:38:57.60 ID:XPxrQfKz0

―次の日―

カツオ「おはよう。みんな」

花沢「磯野く〜〜〜ん!!おはよう!」

かおり「今日は遅刻寸前じゃない磯野くん。」

中島「おいおい遅刻なんてやめてくれよ磯野」

カツオ(茶髪のカツラ被ってるwwwwきのこ頭www)

かおり「先生はまだ来てないわね?」

キーンコーンカーンコーン

ガラガラ

副担任「えー、今日は先生は疲労による休みのため臨時で私がさせてもらいます。」

花沢「自分でゆっくり休めって言いながらこの様よ…」

カツオ「本当にクズって文字が似合うよね」



820 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:43:18.10 ID:XPxrQfKz0

―昼休み―

中島「磯野ォ!ちょっと2人で話そうぜ!」

カツオ「じゃあ、トイレでいいか」

―女子トイレ―

中島「やっぱ落ち着くよなここ…」

カツオ「だから、何で女子トイレなんだよ?」

中島「興奮するんだよ…ここにいると」

カツオ「そんなんでかおりちゃんとデート大丈夫かよ〜」

中島「当たり前だろ!デートしたことないけど成功する自信ありまくり」

カツオ「カツラは失敗だろ」

中島「じじいの奴…変なカツラ買ってきやがったからな」

カツオ「とりあえず放課後、頑張れよ!」

中島「サポートよろしくな!」



822 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:47:06.42 ID:XPxrQfKz0

―放課後―

中島「それじゃあ、かおりちゃん一緒に帰ろうか。」

かおり「ええ///」

カツオ(さて…僕も尾行しないと)

堀木「……」

―公園―

中島「ふぅ…4時に集合だけど。1時間前は早すぎたな…。」

カツオ「おーい中島!」

中島「磯野ォ!来てくれたのか!」

花沢「うふふ、あたしもよ」

中島「……」



825 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:50:07.52 ID:XPxrQfKz0

―午後4時―

かおり「中島く〜〜ん」

中島「やぁかおりちゃん!」

かおり「ごめん待った?」

中島「ううん、今来たところだよ。」

かおり「良かった…今日はよろしくね!」

中島(やべぇwww笑顔可愛いwwww)


花沢「私達も行くわよ磯野くん」

カツオ「はぁーい」


826 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:54:06.56 ID:XPxrQfKz0

かおり「まず、どこに行く?」

中島「そうだな〜ボウリングなんてどう?」

かおり「うふふ」

中島「どうしたの?」

かおり「中島くんって決断力が早くていいわ…」

中島「そりゃww優柔不断はきもいからねwww」


花沢「磯野くん、あたし達もボウリングするわよ」

カツオ(コイツwww僕とデートする気かよwww)

花沢「磯野くんのハートにストライクゥ♪」

カツオ(……)



829 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 07:59:14.21 ID:XPxrQfKz0

―ボウリング場―

中島「4ゲームぐらいでいいかな?」

かおり「ええ、あんまり長いことしてたら疲れちゃうわ」

中島「体育館シューズでやろうよ」

かおり「あら大丈夫なの?」

中島「大丈夫だよ。注意されてから脱げばいいんだし。」

かおり「ホント男らしいわ///」


花沢「10ゲームでいいわね磯野くん!?」

カツオ(おまえっwwwwどんだけするつもりだよwww)

花沢「あたしと勝負して負けたら…あたしと付き合ってもらうわ///」

カツオ(罰ゲーーーーームッ!!!!)


835 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 08:08:42.34 ID:XPxrQfKz0

中島「じゃあ僕は8ポンドでいこうかな」

かおり「頑張って中島くーん!」

中島「ストライクっていう手土産を持って帰ってきてやるさ!」

ゴロンッ

ゴゴゴゴゴゴッ!

かおり「あら、随分と右へ逸れちゃったわね」

中島「はっはっ!一発目はガーターでいいぐらいだよ」

かおり「じゃあ次は私ね。」

スッ

中島(おぉっ…パンツ見えた…)

ゴロッゴロ!

パッカーン!!!!

かおり「きゃーーっ!全部倒れたわ!ストライクよ!」

中島(マジかよ…)



836 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 08:10:34.73 ID:XPxrQfKz0

カツオ「花沢さん…それ16ポンドだよ?」

花沢「平気よこのぐらい!軽いぐらいだわ!」

カツオ(どこにそんな筋肉が…)

花沢「行くわよ…!!」


ビュンッ!!!

ガガガガガガッ!!!!

バッカーーン!!!

花沢「やったわ!!全部倒れたわよ!」

カツオ(ピンが粉々に砕けた……)



841 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 08:15:01.64 ID:XPxrQfKz0

1ゲーム終了…スコア

中島…32点

かおり…238点

カツオ…190点

花沢…300点

かおり「うふふ、ボウリング楽しかったわ」

中島「今日は調子が悪いみたいでさ!」

かおり「32点なんて素人すぎるわよ」

中島「ご、ごめん…。」


花沢「さぁあたしの勝ちよ!付き合いなさいよ!」

カツオ「300とか…どうやって勝てばいいんだよ……」



845 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 08:21:50.85 ID:XPxrQfKz0

かおり「あら、ボウリング場にゲームセンターがあるみたいよ?」

中島(あ・・プリクラ撮らないとな!)

かおり「行ってみましょう。」

中島「いいよ!僕も行ってみたかったところさ!」


花沢「うふふ…カップルなんだからもっとくっつきなさいよ!」

カツオ「もう手繋いでるからいいだろ…」

花沢「あら!あの2人プリクラ撮るつもりよ」

カツオ「僕達はここで尾行してようよ!」

花沢「ダメよ、キスプリ撮るから」

カツオ(おっえええええええwwwwww)

850 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 08:30:49.08 ID:XPxrQfKz0

中島「明るさとか背景は適当でもいい?」

かおり「ええ、中島くんに任せるわ」

中島「じゃあ適当に選ぶよ!」

かおり「きゃっ…中島くんそんなにくっつかないでよ…」

中島「へへっwwwいいじゃねぇかwww」

かおり「もう///」

カシャッカシャッ
中島(ピースした手を顎に挟んでみるから)

かおり「あら、中島くんそれ小顔効果があるのよね」

花沢「んっ///ちゅっ…///」

カシャッ

カツオ(んっぐぅうwwww口ん中ネギくせぇwww)

花沢「くちゅっ…ぺろっ…」

カツオ(舌まで絡めてきやがった…)
花沢「もうやだわ!嬉しいからって半泣きにならないでよね!」



855 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 08:37:51.33 ID:XPxrQfKz0

―落書きタイム―

中島「●月●日記念日…っと」

かおり「それじゃあ付き合ってるみたいよ」

中島「え?嫌なの?」

かおり「嫌じゃないわよ…中島くんなら///」

中島(いけるwww落とせるぞこれwww)

かおり「ホントに中島くんって面白いわ///」



花沢「ちょ、ちょっと磯野くん!何で自分の顔を黒く塗りつぶしてるのよ!」

カツオ(見られたくねー…こんなプリクラ…)

花沢「ぜ、全身隠す必要ないじゃない!」



857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 08:42:38.55 ID:XPxrQfKz0

かおり「あら、もう6時回ったわ」

中島「そろそろ帰ろうか?」

かおり「ええ…ママに怒られちゃうわ」

中島「最後に、ちょっと公園に寄ってくれない?」

かおり「公園?」

中島「5分で終わるから!お願い!」

かおり「いいわよ、行きましょう。」


花沢「磯野くん!聞いた?」

カツオ「うん、いよいよ…中島も終わらせる気だね…」

花沢「フラれるに100円賭けるわ!」

カツオ(今の中島のオナ禁の効果からすると…失敗はないはず…)



864 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 08:47:07.30 ID:XPxrQfKz0

―新婚旅行inハワイ―

波平「う〜〜〜ん。やっぱり海はいいなマスオ!」

マスオ「そうね波平」

波平「おや?随分とおねえ口調になってきたではないか」

マスオ「そうかしら?ぼかぁ元々こんな風よ」

波平「ははっ!すまんすまん!どれ日焼け止めクリームを塗ってやろう」

マスオ「優しくね///」

ぬるぬる

マスオ「あっん…びくっびっ///」

波平「はぁっはぁっ//」



868 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 08:51:04.57 ID:XPxrQfKz0

―帰り道―

堀木「はい、あのメガネをかけた奴です」

不良A「へっへっ。まずは報酬だろ」

堀木「10万で足りますか?」

不良B「ああ十分だぜ…あのメガネをボコボコにするだけだろ?」

堀木「はい、できれば半殺しで」

不良A「はっはっは!!こんな楽なバイトねぇな!」

堀木「とにかくお願いしますよ。」

不良B「任せとけって、暴力は俺達大好きだからな」

堀木(……)

875 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 08:56:56.65 ID:XPxrQfKz0

中島「もうすぐ公園だね。」

かおり(私に何か言うつもりなのかしら…?)

ドンッ

中島「いてっ!!…誰だよ!?」

不良A「どうもーこんにちは僕ゥ〜」

不良B「ちょっとお兄ちゃん達と遊んでいかない?」

かおり「ふ、不良……」

中島「え、え、え…」


花沢「磯野くん!マズイわよ!」

カツオ「そんなこと言われても…僕達じゃ助けにもならないよ!」

花沢「あら?今パチンコ屋に入ったの先生よ!」

カツオ(学校休んで何してんだあいつwwww)

花沢「期待しても無駄だけど、一応呼んでくるわ!」



879 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 09:01:33.47 ID:XPxrQfKz0

不良A「おらよっ!!」

バキッ!!

パリンッ!

中島「ぎゃおおおおおおお!!!」

かおり「きゃああっ!!」

不良B「僕〜いい感じにメガネが割れたねぇ?」

不良A「彼女の前でかっこ悪いよぉwwww」

かおり「中島くんっ!!中島くん!」

中島「かおりちゃん先に逃げててよ…僕が殴られるだけ殴られるからさ」

かおり「中島くん……」

不良A「かっこいいねぇ僕ゥ…あんまりしつこいと怒っちゃうよ?」

不良B「金属バットで一丁頭カチ割るか」

かおり「やめてえええええ!!もうやめてえええええ!!!」


カツオ「期待しててもしかーたないー!!」



880 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 09:04:34.12 ID:XPxrQfKz0

先生「よーし今日はうちまくるぞ〜」

花沢「先生!」

先生「あ?何だ花沢か…俺は今日休みって言っただろ!」

花沢「疲労なのになんでパチンコなのよ!クズ!」

先生「く、クズってお前…!!犯すぞコラ!!!」

花沢「そんなことより中島くんが大変なのよ!!」

先生「どうした?」

花沢「不良2人に絡まれてるのよ!!あのままじゃ殺されちゃうわ!」

先生「中島って堀木の殺人スライディング食らっても死ななかったから大丈夫だろ。」

花沢「でも!!今回は相手が違うわ!」

先生「うるっせぇな、サツに頼めよ!なんで教師の俺がそんなことしなくちゃいけないんだよ」



892 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 09:12:43.66 ID:XPxrQfKz0

かおり「誰かきてえええええええ!!!」

カツオ(中島死亡でいいんじゃないか)

不良A「そら!!」

バカンッ!
中島「ぐっぁあああああ!!」

不良B「頭から血が噴出しましたねぇ〜www」

不良A「顔も腫れてタコみたいだぜwww余計ブスになったなww」

かおり「誰か…誰かっ……」

堀木「かおりちゃん!」

かおり「ほ、堀木くん!?」

堀木「僕と一緒に逃げよう!早く!」

かおり「え、でも中島くんが!!」

中島「ほっ、堀木っ〜〜……」
タッタッタ

不良A「うわー逃げられたー」(棒読み)

カツオ(えwwwww何この展開はwwwww)

904 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 09:19:37.90 ID:XPxrQfKz0

堀木「……」

かおり「堀木くん離してよっ!中島くんが殺されちゃうわ!」

堀木「大丈夫なんじゃない…あんなやつ」

かおり「堀木くん……。」


不良A「今度はこいつ野球ボールにして遊ぼうぜww」

不良B「顔が膨れてボールみたいだしなww」

中島「くっうううう……」

不良A「そんじゃ第1球いきまーーーす!!」

不良「うっしゃこい!!」


先生「おーい。ちょっと君達待ちたまえ」

不良A「あああ!?誰だオッサン!?」

中島「せ…先生ェ…」

936 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 09:46:40.79 ID:XPxrQfKz0

※もしかしたらこのスレで終わるかもしれないけど

不良A「先生?ははっwwこいつのか?ww」

不良B「ピンチの時に生徒助けるなんてかっこいいっすねww」

中島「せ、先生…どうしてここに…?」

先生「花沢の頼まれてな…」

中島(あ、あの先生が)


カツオ「花沢さん、先生に何かしたの?」

花沢「うふふ…片方の金玉握り潰しただけよ!そしたらあのクズ血相変えちゃってたわ!」

カツオ(っおまえうwwwwww)

不良A「先生もボールにするか?ww」

不良B「いいねぇww生徒と教師がボールってww」

先生(ストリートファイトも久し振りだな…)

942 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 09:51:26.33 ID:XPxrQfKz0

先生「タイマンは面倒だ、まとめて来い」

不良B「ちょっとイキがってますねぇ!!?www」

ビュンッ!

花沢「ミサイルのような右ストレートが不良から放たれたわ!」

先生「あらよっと。」パシッ

不良B「なっ…に!?」

カツオ「なぁにあの防御?」

花沢「廻し受けよ!!空手の防御!…あんな技素人じゃ使えないわよ」

不良B「なっ…なんだよコイツ…!」

先生「余所見はいかんなぁ…常に戦闘では相手から目線を逸らすな」

トンッ

花沢「あああーー!!グーパンチで喉元を殴ったわ!」

不良B「ごあああっ!!」

先生「さぁて、あと1人だな。」



949 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 09:55:59.71 ID:XPxrQfKz0

不良A「ひっ…」

先生「あ!!後にサツが!!」

不良A「なにっ!?」

先生「嘘に決まってんだろクズ」

バカンッ!!

花沢「すごいわ!!相手を騙して背後から金属バットで後頭部を殴りつけたわ!」

不良A「ひっ…卑怯だぞ……。」バタッ

先生「へっ、卑怯者が卑怯な技使って何が悪いんだよ。」

中島「せ…先生ありがとうございます…。」

先生「その様子だと大丈夫そうだな!これ俺の口座だから3日以内に5万振り込んどけよ!」

中島「え…っ?」

先生「それじゃ気をつけて帰れよ!」

タッタッタ

花沢「一件落着ね」



956 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:00:17.25 ID:XPxrQfKz0

カツオ「大丈夫か?中島…。」

中島「僕の顔見てみろよ!大丈夫な訳ないだろ!」

花沢「それにしてもブッサイクな顔になったわねぇ」

中島「先生がいなかったら殺されてたよぉ」

カツオ「堀木の奴、中々やるというか…何というか」

中島「でもあんなことされかおりちゃんは惚れたりしないよ」

花沢「無理やり連れて行ったものねぇ」

カツオ(あのヤリマンかおりなら有り得るぞ)

961 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:04:13.53 ID:XPxrQfKz0

―夜―

中島家では…カツオと中島の2人で話し合いをしていた

カツオ「家の人には顔のこと言ったのか?」

中島「先生が学校に苦情がきたら面倒だから黙っとけって」

カツオ(クッズ…)

カツオ「はぁ、それにしてもオナ禁の効果は絶大だな」

中島「ま…まぁね。」

カツオ「もう1ヶ月ぐらいか?中島にしたらよく持ったよなぁ」

中島「……」

カツオ「どうしたんだよ…?」

中島「いや、何でもないよ。」



965 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:09:03.78 ID:XPxrQfKz0

カツオ「んっ…なんだあの大量のティッシュ?」

中島「ひっ…!」

カツオ「…!…ちょっとゴミ箱の中見させてもらうぞ!」

中島「うわああああああ!!」

カツオ「こ、これは…精子の付着したティッシュ…?」

中島「ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ」

カツオ「お前まさか抜いたのか!?」

中島「き、昨日かおりちゃんとデートって考えたら興奮して…」

カツオ「このクズ!!くたばれ!!」

バキッバキ!!

中島「ふっぎゃああ〜〜…」

カツオ「マズイな…下手するとかおりちゃんは堀木に惚れるかもしれない…」

中島「磯野ォォ〜〜何とかしてくれよぉ!」


966 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:11:17.76 ID:XPxrQfKz0

―大空家前―

堀木「かおりちゃん…僕君のことが好きなんだ」

かおり(どうして…?堀木くんの目を見てると…ドキドキしちゃう///)

堀木「かおり…」

かおり「堀木くんっ///」

堀木「好きだよ。」ちゅっ

かおり「んっ…///」


堀木…オナ禁43日目
中島が脱落したことにより立場が逆転したのであった

973 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:16:50.11 ID:XPxrQfKz0

―次の日―

中島「おはよう。みんな」

花沢「あら全身に包帯なんて巻いてミイラみたいね!」

中島「仕方ないよ不良にボコボコにされたんだからさ〜…」

カツオ「ん…?堀木とかおりちゃんが?」

堀木「行こうかおり。」

かおり「ええ///」

花沢「2人で仲良く出て行ったわよ」

中島「か、かおり!?あいつ今呼び捨てで呼んだな!!?」

カツオ(オナ禁の効果が切れた所為か…)

中島「ふっざっけんな!!!堀木!!ぶち殺してやる!!!」



975 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:20:16.55 ID:XPxrQfKz0

―昼休み―

中島「そういえばさー磯野はまだオナ禁続いてるんだろ?」

カツオ「え?」

中島「続いてたらならさ…磯野もかおりちゃんを落とせたんじゃないかって」

カツオ「僕は、お前が抜いたって知ってからすぐに抜いたよ」

中島「いっ…磯野……」

カツオ「親友なんだし、痛みを分かち合うのは当然だろ?」

中島「いっ…磯野ォォォ〜〜〜!!」

カツオ「じゃあ3日後に1万円取りに行くから」

スタスタ

中島「うん……。」



978 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:22:23.06 ID:XPxrQfKz0

カツオ「あれ?何だか教室が騒がしいな…」

中島「行ってみようよ。」

女子A「中島くんって悪趣味ね…」

女子B「あんなことしてたなんて思わなかったわ」

カツオ「みんなどうしたのー?」

花沢「大変よ磯野くん!!中島くんのリコーダー袋にかおりちゃんのリコーダーが入ってるのよ!」

カツオ「えええっ!!!?」

中島「僕がどうしたの?」

花沢「あ!来たわね変態!!あんたなんて死になさい!!」


988 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:25:53.06 ID:XPxrQfKz0

かおり「ひどいわ中島くん!私のリコーダー盗むなんて!」

カツオ(お、お前いつ盗んだんだよ…)

中島(前にかおりちゃんの家にお見舞いに行った時に…魔が差して…)

堀木「学級委員長としてふさわしくない行為だね!」

花沢「堀木くんの言う通りだわ!くたばりなさい中島!!」

中島「ひっ…ひぇぇぇっ」

かおり「最低よ!!変態!!」

バシンッ(ビンタ)

中島「ほげぇっ……」

堀木「ナイスビンタwwww」

カツオ(これはもうどれだけ金を積まれてもフォローしきれないな…)



994 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:29:45.29 ID:XPxrQfKz0

―終わりの会―

先生「えー残念なお話があります。委員長の中島くんが大空のリコーダーを盗ったそうだ」

中島「……」

カツオ(さっきからテンション下がりすぎだろこいつwww)

花沢「先生!!中島は今すぐ追放するべきですよ!」

先生「確かにパクるのは構わんが、そのパクったリコーダーを舐めるなど腐っておる!」

堀木「先生、僕がもう1度委員長になってもいいですか?」

中島「あああっ!?ふざけんな堀木てめぇ!」

一同「黙れ中島!!」

中島「しゅん…」

先生「そうだなこんな変態に務まる訳がない…新委員長の堀木に拍手だ!!」

一同「パチパチパチッ」


7 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:41:26.62 ID:KRovfHgZ0

今日で終わらせます!


―放課後―

カツオ「元気出せよ中島…」

中島「畜生…堀木の奴許さねぇ……」

カツオ「オナ禁の反動がここまででかいとはな」

中島「たった1日シコっただけぞ!!?神は俺を見捨てたのか!?」

カツオ「落ち着けって…まだ逆転のカードは残ってるだろ?」

中島「逆転のカード…?」

カツオ「堀木も同じようにシコらせたらいいんだよ!お前はもちろんその間我慢しないといけないけど」

中島「もちろんするよ!命に代えてでも!」



9 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:45:50.65 ID:KRovfHgZ0

カツオ「けど堀木はそう簡単に抜いたりしないよな…」

中島「あいつはスケベだからすぐ抜くよ!」

カツオ「お前みたいなドスケベとは違うんだよ。バカ!!」

中島「ふっげぇぇぇ……」

カツオ「花沢さんまで堀木達のグループに入っちゃったしなぁ」

中島「逆転のカードなんて無理なんだよぉ」

カツオ「いや絶対にあるはずだ…」

中島「もう学級委員長の座まで奪われて死にそうだよ…」

カツオ「せめて花沢さんがこっちに加わってくれたらな。」

中島「あんな妖怪いらないよ!すぐにつるむ仲間を変えるぐらいだしさ!」


10 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:50:35.04 ID:KRovfHgZ0

かおり「んっ…ダメよ堀木くん…」

堀木「いいだろかおり…保健室僕達だけなんだからさ…」

かおり「仕方ないわね…」

堀木「はっぁっ…かおりのフェラきもちいよ」

かおり「くちゅっ…ぺろぺろ…」

堀木「うっはぁぁっ!!!出るっっ!!!」

かおり「口に出しなさい」

堀木「うっぐぅんっ…!!」ドピュッドピュ

かおり「ごほっ!げほっ…いっぱい出たわね……」

堀木「ふぃぃ〜〜久し振りに出したからね……」


堀木…オナ禁脱落
中島…オナ禁2日目

13 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[] 投稿日:2011/08/01(月) 10:57:12.43 ID:KRovfHgZ0

―次の日―

ガラガラッ

午前5時の教室にはまだ誰も来ていなかった

堀木「はぁっ…ハァ・・・さすがに誰もきてないな…」

スッ

花沢の机の中に入っていたリコーダーを取り出す

堀木「花沢さんのっ…!!!リコーダーッ!!!」ぺろぺろぺろ

堀木は勢いよく花沢のリコーダーを口に突っ込んだ

ガタガタッ

堀木「…!!?」

中島「へっ、どうやら逆転のカードはあったようだな」

堀木「中島!!?それに磯野!!かおりも…花沢さんも!!」

堀木が来る以前から、清掃用具入れの中に4人同時に入っていたのだ

中島「さぁ、決着つけようぜ…堀木。」



16 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[] 投稿日:2011/08/01(月) 11:01:41.48 ID:KRovfHgZ0

花沢「あんたやっぱり変態ね!!このゲス!!」

堀木「ちっ違うよ…僕はただ……」

中島「言い訳できねぇだろwwwwこの状況でwwwwww」

かおり「堀木くん変態よ!私より花沢さんを選ぶなんて!」

カツオ(堀木も抜いたのか…)

堀木「ちっがぁああああっ…僕じゃない!僕じゃない!!!」

花沢「ダメだわ…完全に狂ってるわ。」

かおり「堀木くん!私別れるわ!」

パシンッ(ビンタ)

堀木「ほっぎゃああ…」

かおり「中島くんと付き合うわ」

中島「っしゃああああwwwwww」

カツオ(ビッチすぎる)

19 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[] 投稿日:2011/08/01(月) 11:10:02.85 ID:KRovfHgZ0

堀木「うぁっあああ…カオリカオリカオリカオリカオリ」

かおり「ひっ…」

カツオ「目が完全にイッちまってるな」

中島「僕は怖いから見ておくよ!」

花沢「まぁっ!中島くんあんたってどこにいてもクズね!」

中島「うっせぇなさっさとしばきに行けよ!」

堀木「カオリカオリカオリカオリカオリ…!!」

シャキッ

カツオ「か、カッターナイフ!!」

堀木「カオリと一緒に…僕は死ぬんだァァァっァア!!!!」



23 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[] 投稿日:2011/08/01(月) 11:14:23.55 ID:KRovfHgZ0

花沢「危ないわかおりちゃん!!」

かおり「きゃーーーっ!!」

ザクッ!!

カツオ「くぅぅっ…」

かおり「いっ、磯野くん!?」

堀木「はぁぁっはぁっ…邪魔するな磯野ォっ…!!」

カツオ「だ、大丈夫かおりちゃん…?」

かおり「磯野くん!!右肩から血が出てるわ!!」

カツオ「これぐらい平気だよ…大したことない…」

堀木「磯野!!邪魔するならコロシテヤル!!」

カツオ「くっ…」


タッタッタ

花沢「死ぬのはあんたよこのドスケベクズ童貞人間!!16ポンドパーーーーンチッ!!!」

バキッ!!

花沢の右ストレートが堀木の顔面にぶち込まれた

バキボキッゴキッ

この世の音とは思えない程の音が聞こえた

堀木「ふっげぇええ…」

花沢「磯野くんに手を出すなんて許せないわ!」

中島(うずくまって震えてる)

27 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[] 投稿日:2011/08/01(月) 11:18:25.14 ID:KRovfHgZ0

カオリ(磯野くん…///)

カツオ「とりあえず、この事は先生に報告しよう」

花沢「さすがにあのクズ先生でも動くわね」

中島「めでたしめでたし!」

花沢「都合よすぎよクズ男!!」

バキッ!!

中島「ごっひゃぁっ……」

―次の日―

堀木はあの日以来学校に姿を見せなくなった。
先生が言うにはいじめられてるからどこかに転校したんだろ…って
僕の右肩の怪我も軽傷で済んだし


かおり「磯野くん!一緒に帰ろう!」

カツオ「ああ、すぐ行くよかおり」

中島(………)

カツオは実は抜いてなかったのだ。
この効果により、カツオのオナ禁の日数が中島を上回りかおりちゃんがカツオに惚れたのだ

中島もその事実を知って以来、学校には姿を見せなくなった


33 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[] 投稿日:2011/08/01(月) 11:25:48.41 ID:KRovfHgZ0

―2週間後―

先生「中島と堀木がいなくなってもう2週間か」

花沢「淋しいですけど、仕方ないですよね」

先生「教室暑かったし、密度が減って丁度良かったわ」

花沢(クズ男wwwwwwwwwwwwwwwwwwww)

先生「お前等嫌がらせの手紙の1つぐらい送ってやれよwwwwww」

かおり「うふふ。」

カツオ「かおり///」

かおり「好きよ磯野くん///」

カツオ「僕もだよ!世界で一番さ!!


中島の何気ない一言から始まったことだった
オナ禁ということが、その時これほど人生を狂わせるものだとは思わなかった
オナ禁によって幸福を得た者や、どん底にまで突き落とされる者もいる
ようはオナ禁というのはただの自己暗示であって。必ずしもオナ禁のお陰で人生が変わる訳ではないのだ

中島が去ってから…僕は少し寂しかった

でも、中島ならきっとすぐに…戻ってくる…僕はそう心の中で信じていた
また最初の頃みたいに、僕を誘ってくれるはずさ…

ガラガラッ

中島「磯野ーガチで2回目のオナ禁しようぜー」

―END―

※長い間保守と見ていただきありがとうございました!


41 名前:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府)[] 投稿日:2011/08/01(月) 11:29:26.89 ID:KRovfHgZ0

伏線というか…かおりちゃんのポストに一番最初に汚物を入れたのは先生です…
最後に書こうと思ってたんですが忘れてました。
磯野家の今後はぐだぐだになりそうなんで考えてなかったですww



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン、あんたよこちんしてるわよ」