圭一「レナが行方不明!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「俺が王様か……じゃあ、2番と3番がセックス」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 00:59:50.17 ID:VkldVeFHO

圭一「多分、レナの事だから、ゴミ山にいるだろう」

ゴミ山

圭一「おーい!レナー!」

その瞬間、圭一の目の前を風が切る

圭一「!!」

レナ「圭一君…こんな所で何してるのかな?かな?」

圭一「何すんだよ!いきなり!レナがいないって、みんな心配して、!」

レナ「嘘だ!」

さっきの風の正体の物が圭一に降り下ろされるが、
圭一はすかさず避ける
レナの持っていた鉈はゴミ山にあったタイヤに突き刺さる

レナ「ぬ…抜けない…」

圭一はその隙を見逃さなかった

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 01:01:55.85 ID:VkldVeFHO

さっきのひぐらしで書いてたら、落ちてた。
ドシロウト満載だがコピペしてあるので、需要があれば投下する

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 01:02:38.46 ID:VkldVeFHO

圭一「レナは悪い子だな。ハハハ、しょうがないレナの大好きなお仕置きをしようか、なん…」

レナ「いいよ…圭一くんなら、いいかな?かな…///」

圭一「レナじょう…」

レナ「嘘だ!だって圭一君のここ、凄く盛り上がってるよ」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 01:03:19.77 ID:VkldVeFHO

圭一「な…なあレナ、少し落ち着こう…んっ!」

ガチャガチャ ジー

レナ「待っててね、圭一君、すぐに寄生虫出してあげるから…んっ!んっ!ふんっ!んんっ!」

圭一「や…やめてくれ…レナ…ハァハァ……」

レナ「んっ!ひひいおほれはへなのはつらから、んっ、んんっ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 01:03:51.13 ID:VkldVeFHO

圭一「ハァ…ハァ…レナ…俺を甘くみるな…」

レナ「!!」

圭一の右手がレナの服の中へ

レナ「ぷはぁ!け…けいい…ちくん…アン…ダメ…アッアン…」

レナの言葉を無視し、服の中にある圭一の右手は、レナの膨らみを乱暴にかき回す

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 01:04:46.54 ID:VkldVeFHO

レナ「ごめんなさい、ごめんなさい、ほへんなはい…」
レナは圭一のを口から外し、グッタリする

それでも、圭一の右手は止まらない

そして、そのまま圭一はレナを押し倒す

圭一「ヘヘッ!これで形勢逆転だな、レナ!」

レナ「はぅぅ…」
押し倒した衝撃で、レナの服ははだけてしまっている

圭一「レナ……可愛いブラだな…」

レナ「圭一君…恥ずかしいよ…」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 01:05:26.17 ID:VkldVeFHO

圭一「さっきまで恥ずかしい事してたのは、誰だ」

レナ「はぅぅ……」

圭一「レナの…見たいんだ…」

圭一は無言でブラを外そうとする

しかし、レナは抵抗しない

レナ「いいよ…圭一君なら…そのかわり約束して…」

圭一「ああ…」

レナ「朝起きたらおはようって言って欲しい、一緒に学校行って、寝る時はお休みなさいって、毎日言ってほしいかな…かな…」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 01:06:48.53 ID:VkldVeFHO

圭一「レナ!凄いよレナ!お前は気づいたんだ!この世界で気づいたんだ!さすがレナだよ!」

圭一は強くレナを抱き締める

レナ「苦しいよ…圭一君…何か涙が出てくるよ」

レナは涙を両手で覆った

すると圭一の目には、レナの膨らみが見える

圭一は無言で両手をそれぞれの膨らみに置き、優しく撫でる様に触った

レナ「けいいちくん…けいいち…」

レナは圭一に身を委ねる様にされるがままに受け入れていた

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 01:07:24.78 ID:VkldVeFHO

レナ「けいいち…くんも…きもちよく…させたい…かな…かな…」

圭一「俺もレナをきもちよくさせたい、だから」

圭一は手をレナの下半身へ手を伸ばし、白のパンティーを膝までおろす

圭一「いいのか?」

レナ「……」コクッ

レナは顔を赤らめながら、圭一に無言で答える

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 01:08:24.39 ID:VkldVeFHO

圭一「じゃあ…いくぞ…」

圭一がレナの中に入ろうとする

レナ「…あ…ん…」

レナは必死に声を押さえてる

それでも圭一は中に入るのをやめない

レナ「あ…けいいち…けい…いち…」

どれぐらい時間が立っただろうか、圭一とレナは繋がったまま動かない

圭一「いたかったかレ!」

圭一の言葉を遮る様にレナが口で圭一の口を封じる

お互いの唾液が絡み合い、圭一の唾液がレナへ、レナの唾液が圭一は移っていく

レナ「けいいちくんの…好きなようにしていいんだよ…」

圭一はその言葉を受け止め、腰をゆっくり動かし始めた

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 01:09:02.42 ID:VkldVeFHO

レナ「ハァ…ハアン…ハア」

圭一の腰を動かす度にレナの胸がまるでプリンの様に動く

圭一「ハァ…ハァ…レナ…我慢できないかも」

レナ「…いいよ…圭一くん…きもちよくなって…ハアン!」

圭一は無意識なのか、腰が激しく動く

圭一「レナ…レナァァ!!!」

レナ「圭一!圭一!」




お互い、繋がったまま果てた

しかし、それでもお互い抱き合ったままだった

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/06/14(火) 01:09:38.18 ID:VkldVeFHO

古手神社

羽入「あうあうあうー!大変なモノ見てしまったのですぅ!」

梨花「何よ、うるさいわね。大変なものって何よ?」

羽入「ものじゃなくて、モノなのですぅー!」

梨花「どっちでもいいから、何があったの?」

羽入「梨花には言えないですぅー、あうあうあうー」

梨花「そう、羽入選ばせてあげる。甘〜いシュークリームと激辛キムチをどっち食べた方がいいかしら」


この世界はどうなったかはおまかせします。



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/06/14(火) 01:10:49.78 ID:VkldVeFHO

落としてくれ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:涼宮ハルヒの普通