ハルヒ「うーん、今日のオカズは……と」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「涼宮さんが最近ストレスを感じているようなんです」

ツイート

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 09:37:34.35 ID:bpzVyjrcO

キョン「次の授業は体育…プールか」

国木田「谷口が生きてたら喜んだろうね…」

キョン「だろうな。あいつの生き甲斐そのものだったからな」

国木田「そろそろ半年になるね…」

キョン「そうだな。墓参り行くか」

国木田「うん」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 09:49:48.77 ID:bpzVyjrcO

――――放課後――――

キョン「ハルヒ!すまんが今日は用事あるから先に帰る」

ハルヒ「なっ!?今日は大事な夏合宿の会議って言ったでしょ!!」

キョン「すまん。今日はあいつの墓参りなんだ」

ハルヒ「っあ…仕方ないわね!明日は絶対来ること!いい?」

キョン「恩に着る。あと、古泉も連れてくぞ」

ハルヒ「わかってるわよ」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 10:04:37.50 ID:bpzVyjrcO

古泉「あの戦いからすでに半年ですか…時が経つのは早いものですね」

国木田「結局、みんなが谷口に助けられたもんね」

キョン「認めたくもないが、あの勇気だけは憧れたよ」
「ところで古泉、例の写真はちゃんと用意してあるのか?」

古泉「んっふ♪もちろんです。涼宮さん、朝比奈さん、長門さん、眉毛、鶴屋さんetc...より取り見取りですよ」

キョン「ご苦労!じゃあ行くか」

国木田(…なんで僕のスクール水着写真が入ってるの)

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 10:21:06.72 ID:bpzVyjrcO

――――半年前――――

バシャパシャ キャッキャッ

キョン「おい谷口!本当にやるのか!?」

谷口「当然だろ!一寸先は桃源郷だ!!ゲレンデマジックは無理だったが、混浴は逃しはせんぞ!」

国木田「混浴よくじゃなくてただののぞきだけどね」

古泉「んっふ♪スキー合宿の醍醐味を今、味わっていますよ」

キョン「なぜ古泉がいる。つか、顔が近い。鼻息が荒い。そして、なぜ体を密着させる!?」

国木田(…古泉くんの息子が直滑降だ)

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 10:43:10.10 ID:bpzVyjrcO

谷口「こっこの板の先が…桃園への扉に今、たどり着いたぜ!」

国木田「もう帰っていいかな?」

キョン「国木田の意見に賛成だ。しかし、その前にこの変質者を剥がしてくれ。想像したくもないが、貞操の危機を感じる」

古泉「ぅんっんふ♪離しませんよ!さぁ共に桃園へ旅立ちましょう!」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 10:48:20.01 ID:bpzVyjrcO

国木田「やーめーなーよー古泉くんー!ハァハァ全然離れないや…」

キョン「くそっは・な・れ・ろ!」
古泉「無理です!不可能ですよ!」

谷口「何やってんだよおまえら…ま、お先に桃園に旅立たせてもらうぜ!」

ガタッ!

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 11:03:04.35 ID:bpzVyjrcO

谷口「ウッハー!これが桃園だ…おまえら見ろ!!このツルツルのワレメを!ふっくらしたボディライン!まさにロリ!!」
「こんなに近くで見れるとは人生最良の日だ!!!しかし、近い!近すぎるぅ!」

長門「…丸聞こえ」

谷「…あっ」
キ・古・国「へっ?」

長門「…谷口を敵性と判断、これより滅却行動に入る」
キョン「まっ待て長門!」

長門「…無理」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 11:21:38.15 ID:bpzVyjrcO

長門の頭上に光りの槍のようなものが無数に現れ、その全てが俺達の向いていた…
もうダメだ。そう思った時、突然眼の前においなりさんが現れた。

谷口「おまえら早く逃げな…ここは俺が引き受けた」

キ・古・国「あっじゃよろしく^^」

谷口「あっさり過ぎだろぉぉぉぁぉ!」

ゴオォォォォン

俺達が逃げ去る背後で轟音と共に一際光りが増した。その直後、眼の前に黒焦げた谷口が…飛んできた

キョン「谷口ぃぃぃ!!!」

谷口「へっ…白々しいんだよ…なぁ…キョ…ン。夏…に……スッ…ク水………見たかっ…た………なぁ…ガクッ」

キョン「いや別に」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 11:27:43.24 ID:bpzVyjrcO

みてるひといる?

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 11:44:57.55 ID:bpzVyjrcO

焼け焦げた谷口を3人で抱えながら、俺達は光りの先を見た…

長門「…お風呂は静かに入るべき」

キョン「長門!頼む後生だ許してくれ!!」
国木田「一体どうなってるの!?」
古泉「男色はそんなにイケないことですか?!」


長門「…貴方たちには静かにしていれば危害は加えない」


キョン「本当か!あの…もし良ければ谷口を情報操作で生き返らしてほしいんだが…」

長門「…それは無理。蛆虫を生き返らせる趣味は無い」

キ・古・国「ですよね^^」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 11:56:38.75 ID:bpzVyjrcO

――――谷口の墓前――――


キョン「谷口…あれから半年経ってプール開きになったよ…。古泉頼む」

古泉「はい。谷口さん、せめてもの償いです受け取ってください。」

そう言うと、古泉は墓に水をかけるように、本日撮れたてのスク水写真をかけた…

国木田(…なんか僕のスク水写真多くない?)


―fin―

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/28(土) 12:08:33.78 ID:bpzVyjrcO

遅筆&誤字脱字で読みにくかったとは思いますが、見てくれた方ありがとうございました。

実は、初めて書きました。気分で書いたので、構成やら展開無茶苦茶です。ま、ご愛顧ってことでご勘弁を!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「はぁ......アスカの口臭いよ.......」