阿笠「三度の飯よりオナニーじゃwwwww」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「北高校が男子校になったのは涼宮ハルヒが原因」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 19:42:33.83 ID:FDwDM3IrI

某時刻、阿笠邸にて

コナン「はぁ…」

阿笠「どうしたんじゃ、新一?溜め息などつきおって。」シコシコ

コナン「…身体が縮んだお陰で、シコれねーんだよ。」

阿笠「可哀想にのぅ…おっ、いい尻をしとるな…引っ叩きたくなるわい…」シコシコ

コナン「またオカズを探してんのか?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 19:45:20.80 ID:FDwDM3IrI

阿笠「そうじゃ。最近は尻系に凝っておってな…堪らんのぅ…」シコシコ

コナン「はぁ…博士はいいよな…」

阿笠「はっはっはー!これがワシの唯一の楽しみじゃからのぅ!」シコシコ

コナン「一日何回抜いてんだよ?」

阿笠「最低7回じゃよ!最高で27回抜いたがな。」シコシコ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 19:47:35.72 ID:FDwDM3IrI

コナン「はぁ!?どんだけ元気なんだよ!ってか、27回ってギネスものじゃねーか!?」

阿笠「申請しておこうかのぅ!…なんでこの女優はいつも全裸になるんじゃ…醍醐味をわかっとらんな…」

コナン「博士のコナンに代わりてーぜ…」

阿笠「はっはっはー!ワシのコナンは生涯現役じゃよ!…別ので抜くか…」カタカタ

コナン「なぁ、博士?射精できるようになる薬を作ってくれねーか?」

阿笠「無茶を言うんでない、新一。いくら黒幕と呼ばれているワシでもそれは無理じゃ…いつも通り着衣もので抜くか…」カタカタ


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 19:50:03.31 ID:FDwDM3IrI

コナン「…だよな…!ま、待てよ、灰原なら作れんじゃねーか!」

阿笠「可能性はあるのぅ…いい乳をしとるのぅ…鷲掴みしたくなるわい…」シコシコ

コナン「灰原は今いるのか、博士?」

阿笠「哀君なら出かけておる…ティッシュを買いに行ってもらってのぅ…最近は二日で一箱消費する勢いでな…むぅ…男優のケツが邪魔じゃのぅ…」シコシコ

コナン「灰原に買いにいかせねーで自分で買ってこいよ、博士…」

阿笠「今度はそうするわい…そろそろフィニッシュじゃな…」シコシコ

コナン「…いつになったら抜けんのかな…」

阿笠「…いつ抜くのか…いまじゃろ!」ドピュドピュドピュドピュ!!!!

コナン「はぁ…」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 19:53:56.83 ID:FDwDM3IrI

阿笠「ふぅ…オナニーは最高じゃな!!三度の飯よりオナニーじゃwwwww」フキフキ

ガチャ

灰原「ただいま。」

阿笠「おー、哀君!たった今抜き終わったところじゃよ!」フキフキ

灰原「どうりでイカ臭いわけね…」クンクン

阿笠「派手に抜いたからのぅ!」

コナン「ははは…」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 19:57:15.75 ID:FDwDM3IrI

灰原「まったく…はい、これ…」スッ

阿笠「すまんのぅ、哀君!」

灰原「最近抜き過ぎじゃない、博士?ティッシュ代馬鹿にならないわよ。」

阿笠「き、気づいたら左手が勝手にのぅ…」

灰原「もはや病気ね…」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 19:59:39.68 ID:FDwDM3IrI

コナン「灰原の言うとおり抜く回数減らしたらどうだ?」

阿笠「むぅ…考えておくか…それかオナホでも買おうかのぅ…」

灰原「そっちの方が経済的だわ…」

コナン「ますます抜くんじゃねーか?」

灰原「そうかもしれないわね…博士にオナ禁は無理だものね…」

阿笠「オナ禁は死を意味するわい、はっはっはー!」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:02:26.83 ID:FDwDM3IrI

灰原「ところで、工藤君は抜いてるのかしら?」

コナン「それが…勃つには勃つんだが…出ねーんだよ…」

灰原「そう…可哀想に…」

コナン「なぁ、灰原?射精できるようにする薬を作ってくれねーか?」

灰原「そんなの無理に決まってるでしょ…元の身体に戻るまで我慢しなさい。」

コナン「我慢できねーから言ってんだよ!」

阿笠「また、抜きたくなってきたのぅ…」ムラムラ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:05:16.52 ID:FDwDM3IrI

コナン「くそー!これもあの組織のせいだ!絶対に許さねー!!!」イライラ

阿笠「まあまあ、落ち着くんじゃ、新一!ここにティッシュもあることじゃし哀君をオカズにして抜くんじゃ!」

灰原「変態…」

コナン「だから抜けねーんだよ!!!少しは俺の気持ちを考えてくれよ!!!」

阿笠「す、すまんのぅ…」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:08:03.22 ID:FDwDM3IrI

灰原「…一つ聞きたいんだけど…なんでそんなに抜きたいの?」

コナン「決まってるじゃねーか、バーロー!俺は本当は高校せいなんだぞ?本当ならオナニーに明け暮れる毎日なんだぞ?おれがオナニーできねーからあんだけ人が死んでんだよ!」

阿笠「最後は意味が分からんのぅ…」

灰原「ただ抜きたいだけみたいね…」

コナン「それだけじゃねー!俺は蘭とやりたいんだよ!」

阿笠「なんじゃと…今のは聞き捨てならんのぅ…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:10:41.12 ID:FDwDM3IrI

灰原「呆れた…童貞を捨てたいだけなのね…」

コナン「わ、わりーかよ!博士みたいに一生童貞なんて御免だぜ!」

阿笠「ワシを馬鹿にするのは結構じゃが…新一、そう安安と童貞を捨てるのはよくないぞ?」

コナン「なにいってんだよ、博士!童貞が世間からどう見られているか知らねーんだろ?」

阿笠「なぜそう世間の目を気にするんじゃ?」

灰原「彼は何もわかってないわね…」

コナン「な、何がだよ?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:12:58.86 ID:FDwDM3IrI

阿笠「童貞に罪はないわい…童貞こそ男が保守するものじゃ…」

コナン「なっ!?」

阿笠「おまけに童貞なら何時でも好きな時にオナニーができる。しかし非童貞はセックスにしか関心がない。そのセックスはオナニーと違い制約を受ける…」

灰原「まぁ、ギャンブルとセックスは人を堕落させるものね…」

コナン「な、なにいってんだ、二人とも?セックスの方が断然いいじゃねーか?」

阿笠「なぜ、そう思うんじゃ?」

コナン「AV見てたら誰だってそう思うだろ?俺だって色々勉強したから、蘭を気持ちよくさせる自信はあるぜ!」

灰原「はぁ…」

阿笠「甘いのじゃないか、新一?」

コナン「な、なんだと!?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:14:37.32 ID:FDwDM3IrI

阿笠「所詮あんなものは擬似体験に過ぎんわ。あれは女優の好演技でごまかしてるだけじゃ。」

コナン「で、でも男優のテクを真似すれば…」

阿笠「それがいけないんじゃ、新一!あの諸悪の根源共は君のような童貞を勘違いさせているんじゃ!女がああ簡単にいくわけなかろぅ!あれは演技じゃ!」

灰原「自称カリスマ男優なんて…ちゃんちゃらおかしいわ…」

コナン「そ、そんな…ってか、博士だってAVで抜いてんじゃねーかよ!」

阿笠「ワシはそのことを承知で抜いておる…ワシはAV女優の頑張ってる姿に感じているんじゃ!そんじゃそこいらのアイドルよりずっと健気だわい!」

灰原「工藤君…彼女たちは何のためにいると思う?」

コナン「そ、それはオナニーのために…」

阿笠「ばっかもん!ワシら童貞のためじゃ!童貞に夢を与えておるんじゃ!」

コナン「なっ…」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:16:53.39 ID:FDwDM3IrI

灰原「非童貞になると女はやるために存在すると思うようになる…」

阿笠「…じゃが童貞は違う!女がいてくれるからオナニーできるのだから女を大切にするんじゃ!」

コナン「!?」シュピーン!

灰原「その顔は…わかったのね…」

コナン「ああ…なにか大切なことを見失っていたようだ…博士の言うとおり童貞でもいいんだ!なんにも恥ずかしくないぜ!」

阿笠「ほほほ…わかってくれたようじゃな…」

コナン「ああ!二人ともありがとな!…ところで、なんで博士は童貞なのにそこまで女を分かるんだ?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:18:57.66 ID:FDwDM3IrI

阿笠「なぁに…30過ぎて童貞じゃと魔法使いになるというじゃろ?」

コナン「ま、まさか!?」

阿笠「そのまさかじゃよ。もうかれこれ20年経っておるわい…


灰原「クス…童貞界のダンブルドアね。」

阿笠「はっはっはー!!!」

コナン「ははは…なんだかさっきまで悩んでたのが馬鹿らしくなってきたぜ。ありがとな、二人とも!」

阿笠「なぁに気にするでない、新一。」

コナン「じゃあ、またなー!」

ガチャ!バタン!

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:20:41.44 ID:FDwDM3IrI

灰原「童貞界のハリーポッターの誕生ね…」

阿笠「楽しみだわい…」シコシコ

灰原「博士…左手…」

阿笠「す、すまんこ…」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/09/09(日) 20:26:49.71 ID:FDwDM3IrI

それから月日が流れ…

コナン「この事件の犯人は…ヤスさん、貴方だ!」キリッ

ヤス「あ、貴方は一体!?」

コナン「江戸川コナン…童貞さ…」ドヤッ!

たった一つの真実見抜く、見た目は童貞、あそこは粗チン

その名は名童貞コカン!!!





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:スネ夫「のび太の癖にゆるゆりを見ようだなんて生意気だぞ」