光彦「やめてくださいコナンくん! でちゃいます!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:藤木「え?僕が安価で永沢君を倒せって?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:18:40.09 ID:yl3geUYs0

光彦「コナン君、なんで二人っきりになりたいなんて言ったんですか?」

コナン「なんでってこうしたらわかるか?」

光彦「あ!どこを触ってるんですか!?」

コナン「あれれー?どんどん固くなってきてるぞー?」

光彦「そ、それは……」

コナン「素直になれよ、光彦」

以下代行ID:yl3geUYs0

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:22:58.98 ID:yl3geUYs0

コナン「まずはここだな。ペロペロ」

光彦「ちょっと! どこを舐めてるんで……あん……」

コナン「俺のもペロペロしてくれよ」

光彦「やめてくだ……ンッ!」

コナン「ああ、そこだ。光彦の中とろけそうだぜ」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:27:16.34 ID:yl3geUYs0

光彦「あ……んっ……あ!」

コナン「上の方はもういいかな」

光彦「上……?」

コナン「尻だせよ、光彦」

光彦「ま、まさか」

コナン「そのまさかだよ」

光彦「それだけは本当にやめましょうよ、コナン君!」

コナン「でもお前のコイツはもっとやってほしそうだぜ?」

光彦「っつ……」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:29:06.14 ID:yl3geUYs0

アガサ博士「おおゲンタ君。何しとるんじゃ?」

ゲンタ「アガサ博士。コナンと光彦がなんか二人っきりで帰るとか言ってさ、暇なんだよ」

アガサ博士「そうか。ならワシと遊ぶか?」

ゲンタ「どうせしょうもないなぞなぞだろ?」

アガサ博士「それよりももっと楽しいぞ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:31:50.03 ID:yl3geUYs0

コナン「まずは一本入れてみるか」

光彦「痛いです!コナン君痛いです!」

コナン「我慢しろ。これからもっと大きいのが入るんだからよ」

光彦「本当に……やめてください……」

コナン「いい加減に素直になれよ頑固だな。そんなこと言ってる間にもう3本入ってるぞ」

光彦「うぐ……」

コナン「泣くほど気持ちいいのか?」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:35:13.16 ID:yl3geUYs0

コナン「おおすげえ。全部入った」

光彦「もういいですか?」

コナン「ダメだ。入ったのはまだ手だからな」

光彦「え……?」

コナン「大丈夫だ、優しくしてやるよ」

グリグリグリグリ

光彦「あああああ!痛いです!本当に……ああああ!」

コナン「どうだ、光彦?俺のコイツは?」

光彦「ハァハァハァハァ……」

コナン「可愛い声出しやがって。今すぐに気持ちよくしてやるからな」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:37:40.15 ID:yl3geUYs0

歩「灰原さん、もっとそこを……」

灰原「素直ね。でもそこって言われてもね。ちゃんと言って」

歩「……い……」

灰原「聞こえなかったわ。もう一回言って」

歩「おっぱいを……なめて……」

灰原「ふふ。じゃあたっぷり可愛いがってあげるわ。」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:40:42.74 ID:yl3geUYs0

アガサ博士「どうじゃ?ワシと一つになった感想は?」

ゲンタ「許してくれよ……。俺何か悪いことしたか?」

アガサ博士「したな。ワシにこんなことをさせたいと思わせた。」

ゲンタ「そんなの知らねえよ」

アガサ博士「コナン君たちも今頃一つになってるのかな?」

ゲンタ「……え?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:43:35.22 ID:yl3geUYs0

コナン「この後アガサ博士たちと更に合体するんだ。」

光彦「たち……?」

コナン「アガサ博士とゲンタだな。誰か他に一緒になりたい奴はいるか?」

光彦「じゃあ……>>40を……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:46:03.48 ID:jQRRpcxj0



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:49:25.92 ID:yl3geUYs0

コナン「蘭!?……ったく。わーったよ。……もしもし、アガサ博士」

アガサ博士「おおコナン君かどうした?」

コナン「蘭も一緒に連れてきてくれ」

アガサ博士「なんでじゃ!?」

コナン「俺の光彦の要望なんだよ。じゃあ頼むぜ」

アガサ博士「待てコナンく……きれおった。しょうがないな」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:53:38.97 ID:yl3geUYs0

蘭「園子……もっと優しくしてよ……」

園子「なんでよ。あんたこれぐらいの方が感じるんでしょ」

蘭「もう……」

プルルルルル

蘭「ごめん、携帯が……もしもし?」

アガサ博士「おお蘭くんか!すまん、コナン君がいなくなったんじゃ!」

蘭「コナン君が!?」

アガサ博士「ああ。すまないがすぐに私の家に来てくれんか?」

蘭「え……でも……」

蘭「……」

蘭「はい……わかりました」

園子「コナン君と私とどっちが大切なの?」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 17:56:57.73 ID:yl3geUYs0

園子「こうしてやる!」

蘭「やめてよ!もまないで!」

園子「ずっとじゃないわよ。すぐに終わるわ」

蘭「コナン君が……」

園子「……わかった。後でちゃんと続きやるって事忘れないでね」

蘭「うん」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 18:00:48.50 ID:yl3geUYs0

灰原「ああ、そこよ。もっと……」

歩「形勢逆転ね。いっぱいペロペロしちゃうよ」

灰原「うん」

歩「あれ?灰原さんってなんでここに毛がはえてるの?」

灰原「あなたのお母さんもはえてるでしょ?それと一緒よ」

歩「ふうん。まあいいや。ペロペロペロ」

灰原「あ……ん……」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 18:05:59.48 ID:yl3geUYs0

アガサ博士「おう蘭くん!」

蘭「コナン君は……?」

アガサ博士「疲れてるようじゃな。水でも飲め」

蘭「はい。ごくごくご……」

アガサ博士「よし、意識がなくなったな。さて、いくか」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 18:17:10.54 ID:yl3geUYs0

蘭「ん……ここは?」

コナン「蘭姉ちゃん!」

蘭「コナン君!?どういうこと?」

光彦「ごめんなさい蘭お姉さん!」

蘭「え?」

グリグリグリグリ

蘭「やだ、何してるの光彦君!」

光彦「ああ蘭お姉さんの中気持ちいいです!」

コナン「光彦、気持ちよくなるのはいいが、尻の方の力抜けよ」

光彦「……はい」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 18:19:51.17 ID:yl3geUYs0

光彦「すごい……。今僕って入れてるし入れられてるんですよね?」

コナン「何も上手いこと言えてねーぞ。」

光彦「ああ、コナン君、もっとそこついてください!」

コナン「ようやく素直になりやがった」

蘭「二人とも、何よこれは!?」

コナン「蘭ねえちゃん、そういいながらも感じてるんでしょ?」

蘭「そんなわけ……うっ!」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 18:23:20.98 ID:yl3geUYs0

宮本「佐藤さんって高木くんが好きなんですか?」

佐藤「そ、そんなわけないじゃない!」

宮本「よかった。じゃあ……」

佐藤「ちょ、ちょっと!どこ触って……」

宮本「思った以上に大きいですね。佐藤さんも触っていいですよ」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 18:27:53.85 ID:yl3geUYs0

光彦「ああ!コナンくん!そんなに激しくしないでください!やめてください!でちゃいます!」

コナン「さすがに中出しはまずいな。蘭姉ちゃん、ごめんね、突然こんなことしちゃって」

蘭「……」

コナン「じゃあ光彦、今から気持ちよくしてやるからな」

光彦「はい」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 18:31:38.10 ID:yl3geUYs0

シコシコシコシコ

光彦「ああやめてください!コナン君!でちゃいます!」

コナン「俺もだ……一緒に行こうぜ……」

光彦「ンッ!」

コナン「アッー!」

ドピュドピュドピュ

コナン・光彦「ハァハァハァハァ……」

光彦「ハァハァ……。なんか白いの出ましたけど……これ、なんですか?」

コナン「ペロ……これは……精液!」


光彦「やめてくださいコナンくん! でちゃいます!」完

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/27(金) 18:34:39.33 ID:yl3geUYs0

和葉「なんや園子ちゃん、以外と感じるほうなんやな」

園子「和葉ちゃんの方こそ……えい!」

和葉「ああ!そんなにきつく揉まないでよ!」

園子「ふふーん。お返しだよ!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:サトシ「ピカチュウだけ連れて旅に出るよ!」ピカチュウ「……」