長門「……そろそろ2回目のアップデートの時期」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:光彦「エスポワール…ですか?」

ツイート

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 18:54:40.34 ID:+eYGbJgk0

思念体 -長門有希、最近の感想はどうだね?-

長門「涼宮ハルヒは最近、安定した状態を保っていると言える。
   突出した情報改編の起こる頻度は無く、小規模の改編の回数も少ない
   というデータがそれを示している」

思念体 -そう…で、ユキリンはどう思うのよ-

長門「私の仕事は観察。感想を持つ、またはそれを述べるという行為は無意味」

思念体 -もう、相変わらず固いんだから、ストレス溜めるとこの前みたいになるよ-

長門「……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 19:04:31.45 ID:+eYGbJgk0

思念体 -正直さ、退屈なわけよ-

長門「…そう」

思念体 -それでさ、ちょっと介入したいわけよ-

長門「介入とは?」

思念体 -涼子ちゃんみたいなことするのは流石にひくけどさ、
     ちょっと鍵にイタズラしようと思って-

長門「…それが良策とはおもえない」

思念体 -いいのいいの。楽しければさ-

長門「…」

思念体 -そのためにも今回のユキリンをアップデートは大幅なものになるよ-

長門「了解した」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 19:14:39.97 ID:+eYGbJgk0

思念体 -じゃあ、いきまーす。むんっ-

         パァァッ

思念体 -うん、いい感じ-

長門「…胸が重たい」

思念体 -ちょっと盛って見ました。あと、やっぱりユキリンは眼鏡が似合うよ-

長門「…何故、ワンピースを?」

思念体 -そりゃ一応、女の子として君を作ったんだからさ、
    学校以外ではお洒落を楽しみなさいよ-

長門「…髪が伸びている」

思念体 -うふふ、これあげる-

長門「これは…髪留め?」

思念体 -早く!ポニテにしちゃいなさいよ-

長門「…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 19:21:27.42 ID:+eYGbJgk0

思念体 -あ、あと性格もいじっといたから、たまに予想外の行動をとっちゃうこともあるけど、
     ビックリしないでね-

長門「…了解した」

思念体 -あと、反省してるみたいだしさ、涼子ちゃんを復活させようと思うんだけど-

長門「必要ない」

思念体 -そう?でもきっと役に立つから。ね?-

長門「…了解した」

思念体 -むんっ!-

        パァァ

朝倉「お久しぶりね、長門さん」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 19:31:51.19 ID:+eYGbJgk0

長門「…」

朝倉「つれないなぁ、安心して。私には厳重なロックが施されているから」

思念体 -そうそう。ナイフ、拳銃の類を握ったら彼女は消滅しちゃうプログラム
     しこんどいたから。まあ、台所で包丁使うぐらいはできるようにしといたけど-

朝倉「料理は私が作るから、楽しみにしといてね」

思念体 -それじゃあ、またあっちで頑張ってね。次の更新日はそのうち連絡するから-

朝倉「じゃあ行きましょう長門さん」

長門「う、うん。本当に大丈夫かなぁ」

思念体(ほほう、さっそく効果が出だしたな)

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 19:40:45.41 ID:+eYGbJgk0

        翌日・不思議探索

キョン(どうせ今日もビリだから、ゆっくりでいいや)

   (ほら、やっぱり全員揃って…え、え?まだ長門が来てないじゃないか!
    よっしゃー!)

    「おーす、おはようハルヒ♪」

ハルヒ「き、キョン。またアンタビリよ。お茶代出しなさいよ。ね」

キョン「はあ?まだ長門が来てないじゃないか。それにお前、なんか元気ないな」

ハルヒ「…有希なら、来てるじゃない」

長門「あ、あの、おはよう」

みくる「…」

古泉「んっふ」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 19:46:57.79 ID:+eYGbJgk0

キョン「え、お前、長門」

長門「…うん」

キョン「イメチェンしたのか?」

長門「…変、かな?」

キョン「いや、似合ってると思うぞ。特にポニテとか」(おっぱいも)

長門「…本当?」

キョン「ああ、本当だ」

長門「…よかった」ニッコリ

キョン・古泉・みくる「!!!」

ハルヒ「ほら、こんなとこ突っ立てないで喫茶店行くわよ!」イライラ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 19:55:26.10 ID:+eYGbJgk0

           〜喫茶店〜

ハルヒ「じゃあ午前中は、あたし・古泉君・みくるちゃんグループと
    有希・キョングループね」イライラ

キョン「長門、よろしくな」

長門「うん…頑張ろうね」

ハルヒ「ちょっとキョン!いくら有希がイメチェンして可愛くなったからって
    なんかしたら死刑に処すわよ」

キョン「馬鹿!誰がそん…な…こと」

長門「…」カァァ

ハルヒ「まあいいわ。行きましょ、古泉君、みくるちゃん」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 20:04:12.39 ID:+eYGbJgk0

キョン「行っちまったな。じゃあ俺達も行くか」

長門「うん!」

キョン「長門はどこ行きたい?図書館か」

長門「今日は、いい。キョン君が決めて」

キョン「俺が決めるといってもなぁ。大して行きたい所は…
    長門。今、何て言った?」

長門「え?えーっと、今日は、いい。かな」

キョン「違う!その後だよ」

長門「キョン君が決めて…かな?」

キョン(長門が、キョン君?)

長門「何かマズイ事言ったかな?」

キョン「いや、全然言ってないぞ。とりあえず河原でも歩いてみるか」

長門「うん。そうだね」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 20:14:36.53 ID:+eYGbJgk0

キョン「しかし、河原まで来てみたけど寒いな」

長門「…うん、でもここの景色好きかも」

キョン(駄目だ、長門と話してる気がしない)

   「なあ、長門。お前なんかあったのか?何かあるなら俺に話してくれないか」

長門「…やっぱり変かな?」

キョン「変というか、いきなりだったから」

長門「実はね、お願いしたの。情報統合思念体に」

キョン「何をだ?」

長門「キョン達ともっと一緒に、笑ったりできる女の子になりたいって」

キョン「そ、そうか」

思念体 -ユキリンの奴、嘘つきやがったwwでも可愛いじゃないの!-

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 20:50:46.48 ID:+eYGbJgk0

キョン「お前が望んだんだったらいいことだよな。
    いや、あまりにも変わったからビックリしちゃって」

長門「ごめんね、心配させちゃって」

キョン「いや、あっ長門、足元に石が」

長門「え?きゃあっ」グラッ

キョン「危ない!」ガシッ

長門「あ、ありがとう」ドキドキ

キョン「ギリギリセーフだ」

長門「あ、あの…」

キョン「どうした?足くじいたか」

長門「…もう少しこのまま」

キョン「…」ドキドキ

長門「キョン、くん」

           prrrr prrrr

キョン「ごめん、電話だ」

長門「…うん」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 20:56:31.15 ID:+eYGbJgk0

キョン「はい、なんだ?」

   -キョン!ちょっと早いけどお昼にするから戻ってきなさい!-

キョン「わかったよ。じゃあな」

長門「……」

キョン「長門、ちょっと早いけど昼飯だとさ。戻ろうか」

長門「…うん、痛っ!」

キョン「どうしたんだ?」

長門「さっきので足痛めちゃったみたいで」

キョン「マジかよ。病院行くか?」

長門「そこまではひどくないみたい。ただ歩くのがちょっと今は」

キョン「しょがないな。ほれ」

長門「…そんな、いいよ」

キョン「いいから、おんぶしてやる」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 21:01:05.49 ID:+eYGbJgk0

長門「…じゃあ」ギュッ

キョン「やっぱり長門は軽いな」(おっぱいは柔らかいな)

長門「ごめんね」

キョン「何言ってんだよ。長門にはいつも助けられてるんだから、
    これくらいはするさ」

長門「…あったかい。キョン君の背中」

キョン「それにさ、前に朝比奈さんもおんぶしたこともあるんだぜ。
    こういうのには慣れっこだ」

長門「…そう」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 21:07:54.69 ID:+eYGbJgk0

         〜喫茶店〜

ハルヒ「ふーん。それで足挫いちゃったから、おんぶしてたわけ」

キョン「そうだ」

ハルヒ「あたしはてっきり、キョンがやましいことでもしょうとしてるのかと
    思ったわ」

キョン「断じて違う!なあ長門」

長門「…うん」

ハルヒ「まあいいわ。今日は大事をとって有希は帰りなさい。
    古泉君とみくるちゃん、有希を家まで送ってあげて」

長門「そんな、私は大丈夫」

ハルヒ「いいから!おんぶされるくらいのケガなら今日は無理でしょ」

キョン「俺は?」

ハルヒ「あんたは居残りであたしと探索よ!いいわね」

キョン「へいへい」

ハルヒ「じゃあ行きましょ!有希、安静にしとくのよ。古泉君しっかりおぶってやってね」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 21:11:34.93 ID:+eYGbJgk0

古泉「行ってしまいましたね。じゃあ長門さんどうぞ僕の背中に」

みくる「あの、長門さん、大丈夫ですか?」

長門「…うるさい」

みくる「…え、何かいいましたか?」

長門「あなた達は先に帰ってて。私は行くところがあるから」

       タッタッタッ

古泉「…走ってますね」

みくる「…走ってます」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 21:20:02.27 ID:+eYGbJgk0

ハルヒ「ほら、キョン見て!このいかにもインチキ臭い露店。
    呪われた指輪とか売ってるかもしれないわ」

キョン「お前、店の人の前でそんなこと言うなよ」

ハルヒ「せっかくだから、何か買いましょうよ。値段も安いしあたしが奢ってあげる」

キョン「…いいよ別に」

ハルヒ「いいから!ほら、これなんかよくない?あたしがこの赤いガラスが入ってるので、
    あんたがこの青いのが入ってるのにしましょうよ」

キョン(結構いいかもな)

ハルヒ「今、ちょっと欲しいって思ったでしょ?」

キョン「う…まあ否定はせん」

ハルヒ「じゃあ決定!これくださーい」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 21:26:24.82 ID:+eYGbJgk0

ハルヒ「ほら、キョン他にも色々見て回るわよ!」

キョン「はいはい、わかったわかった」

露店商(ったく、イチャイチャしやがって)

    「お!お姉ちゃん何か欲しいのがあるのかい?」

長門「…同じのを」

露店商「同じのって?」

長門「さっき二人が買ったのと同じのを!」

露店商「ひぃ!わ、わかりましたよ。これね」

長門「…これお代」

        タッタッタッ

露店商「一万円札…おつりいいのかよ」



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 21:40:38.59 ID:+eYGbJgk0

ハルヒ「キョン!プリクラ撮りましょうよ」

キョン「いいよ、何かこっぱずかしいし」

ハルヒ「青春とはこっぱずかしい物なの!ほら早く」

キョン「やれやれ」

      -フレームを選んでね-

ハルヒ「ほら、キョンどれにする?」

キョン「お前が決めろ」(ん、なんか気配が)

長門「……」

キョン「おい、ハルヒ。早く決めろ。後ろに誰か並んでるぞ」

ハルヒ「足が二本しか見えてないじゃない。一人でプリクラ撮るつもりかしら」

キョン「しっ、聞こえるぞ」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 21:47:43.12 ID:+eYGbJgk0

        -それじゃあいくよ。はい、チーズ-

             パシャ パシャ

ハルヒ「見てよキョン!あんたまで美白になってる」

キョン「ほら、早く出るぞ」

    「…あれ?誰もいない」

ハルヒ「並んでたんじゃなくて、たまたま突っ立ってただけじゃないの」

キョン「…そうか」

ハルヒ「ほら、キョン半分あげる」

キョン「別にいいよ」

ハルヒ「ちょっとキョン、携帯貸して」

キョン「なんだよ、ほれ」

ハルヒ「おりゃー」ペタペタ

キョン「おい!勝手に貼るな」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 22:24:25.49 ID:+eYGbJgk0

ハルヒ「じゃあね、キョン」

キョン「ああ、また学校で」

ハルヒ「携帯のプリクラ、剥いだらだめよ。…あたしも貼っとくから」

キョン「わかったよ。じゃあな」

ハルヒ「じゃあ学校でまた!」

キョン(ったく、ハルヒの奴は本当に…でも楽しかったな)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 22:30:06.17 ID:+eYGbJgk0

ハルヒ「〜♪」

長門「…」

ハルヒ「あれ?有希。こんなところで何してるのよ。安静にしてなきゃ駄目じゃない」

長門「何を、してたの」

ハルヒ「何って、キョンと不思議探索してたのよ」

長門「…嘘つき」

ハルヒ「え?あんたどうかしたの?」

長門「彼は、私のもの」

ハルヒ「はあ?彼って…キョンのこと?駄目よ有希、あいつはあたしの雑用係なんだから。
    有希にはもっといい男がいるわ」

長門「…そう」

  「じゃあ死んで!」

ハルヒ「ちょっと有希なんなのよ。そんなナイフなんか取り出して」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 22:34:33.86 ID:+eYGbJgk0

長門「彼は私のもの、彼は私のもの」

   ダダダ

ハルヒ「ちょっと有希やめなさい!笑えないわよ」

   「ひっ!」

    -やめなさい。長門有希-

長門「!!!」

ハルヒ「やめて!…あれ、誰もいない。…幻覚でも見てたのかしら?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 22:41:27.56 ID:+eYGbJgk0

思念体 -やはりあなたは壊れていたようですね-

長門「……」

思念体 -私が更新したプログラムでは、本来はあのような過激な行動には出ないはずなのに-

長門「…私は処分されるの?」

思念体 -残念ながら。彼らの記憶からも抹消します-

長門「…そう」

思念体 -後任は朝倉涼子。あなたです-

朝倉「ふふ、ごめんね長門さん」

思念体 -では、あなたの情報結合を解除します。むんっ-

           パァァ

思念体 -では、あとは頼みましたよ。朝倉涼子-

朝倉「はいっ!」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/12(水) 22:46:16.76 ID:+eYGbJgk0

           〜学校〜

岡部「今日から転校してきた朝倉涼子さんだ」

朝倉「よろしくお願いします」

岡部「じゃあ席は、あそこで」

朝倉「ハイ」

キョン(こいつどこかでみたことあるような)

朝倉「よろしくね」

キョン「ああ、よろしく。…あれ、その指輪」

朝倉「これがどうしたの?」

キョン「俺も似たようなの持っててさ」

朝倉「…そう」ニヤリ

         完



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「……ういーす」