世にも奇妙ならき☆すた


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しんのすけ「オラアクション仮面になるゾ!」

ツイート

736 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:21:36.40 ID:pWnrzE2GO

クオリティ低いけど、あやのたん行きます!
「幸せのアイテム」

みさお「あぁ〜退屈だった。」
あやの「みさちゃん、せっかくの入学式なのに。」
みさお「そうなんだけどさ。会長の祝辞とか長くって。」
あやの「もう高校生なんだね。実感ないな〜。」
みさお「高校でもバリバリ走るぞ〜!高校総体出たいし!」
あやの「みさちゃんは明確な目標があっていいな〜。」
みさお「あやのは部活入らないの?」
あやの「う〜ん。礼儀作法を少し学びたいから茶道部に入ろうかな。」
みさお「いいね!あやのなら和服絶対似合うよ!」
あやの「ありがと。」
みさお「でもああいう服って高ぇよな〜。着るの大変そうだし。」
あやの「うん。家に姉のお下がりがあるんだけど、着付けの仕方とか全くわからなくて。」
みさお「そうか、じゃあ次の日曜うちに来いよ。母ちゃんがそういうの得意なんだ。」

737 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:22:01.57 ID:pWnrzE2GO

――みさ宅――
あやの「ごめんくださ〜い」
みさお「兄貴少しは手加減しろよ!」
みさ兄「もう高校生だろ。ゲームとはいえ、スポーツの厳しさを教えてやるよ。」
みさお「あ、シュート決められた。もう一回やろうよ、な?」
あやの「……あの〜」
みさお「やっべぇ、今日あやのが来るんだった!あやの〜」
あやの「みさちゃん、おはよう。」
みさお「わりぃ、わりぃ。兄貴とついゲームに夢中になっちゃって。」
みさ兄「あやのちゃん、いらっしゃい。高校でも、みさおをよろしく頼むよ。」
あやの「は、はい。」
みさお「あれ外暑かった?顔が赤くなってるけど。」
あやの「う、うん。ちょっとね。」
みさお「今日、あやのは母ちゃんに和服の着付けを習いに来たんだよ。」
みさ兄「へぇ。あやのちゃんの和服、きっと素敵だろうな。」
あやの「いえ……」
みさお「ささ、とりあえず上がれよ。兄貴は後でまた勝負だかんな。」
みさ兄「わかったよ。」
みさお「二階の部屋で待ってて。母ちゃん呼んでくるから!」

738 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:22:21.97 ID:pWnrzE2GO

――みさ部屋――
みさ母「あら、あやのちゃんいらっしゃい。高校生になってまた綺麗になったわね〜。」
あやの「お邪魔してます。あの〜今日はよろしくお願いします。」
みさ母「はい。少し手間取るとこもあるけど、慣れれば簡単だから安心して。」
みさお「お、鬼コーチの特訓開始か?」
みさ母「こら、みさ。宿題すませたの?」
みさお「うわ、こえ〜。かがみを彷彿とさせるよな、あやの。」
あやの「……はは。」
みさ母「こら、あんたは部屋に入ってなさい。」
みさお「ちぇ、つまんないの〜。」
みさ兄「みさ、続きやろうぜ!」
みさお「おぉ、臨むとこだ!」
みさ母「あら、あやのちゃん緊張してる?顔が赤いけど…。」
あやの「あ、はい。ちょっとだけ。」
みさ母「心配しなくてもいいのよ。まずはこうやって……」

739 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:22:41.33 ID:pWnrzE2GO

みさ母「ほら、簡単でしょ?」
あやの「はい。本当にありがとうございます。」
みさ母「いいのよ、これくらい。上達が早いから教えるのも楽だったわ。」
みさお「兄貴!もう一回勝負だ!」
みさ兄「いいかげん宿題したらどうだ?」
みさお「ぶぅ。」
みさ母「あやのちゃん本当に似合うわね。」
あやの「い、いえ。」
みさ母「みさもあやのちゃんみたいに、素敵な女の子に育って欲しかったわ。」
みさ兄「母ちゃん、部活行ってくるわ!」
みさ母「あらもうそんな時間?ちゃんと弁当持っていきなさいよ。」
みさ兄「ほ〜い。」
――ガチャン――
あやの「あ!」
みさ母「あやのちゃんどうかした?」
あやの「いえ、何でもないです。」
みさお「そろそろ終わったかな?どれどれ…お、あやの可愛い!」
あやの「みさちゃんありがと。」
みさお「これで、どんな男もイチコロだな?」
みさ母「こら、揚げ足とらないの!」
あやの(この姿、お兄さんに見せたかったな……)

740 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:23:23.92 ID:pWnrzE2GO

みさ母「気をつけてね。」
あやの「今日はありがとうございました。」
みさお「じゃあまた明日学校でな!」
あやの「ばいばい、みさちゃん!」
――帰り道――
あやの(やっぱり友達のお兄さんを好きになるなんて変だよね。
変なことして、みさちゃんとの仲が悪くなるのも嫌だし。
私、魅力ないもん。らき☆すたでも登場回数少ないし。
何よりこんないじけてる自分が嫌……大嫌い。)
あやの「あれ、こんな道端で…あの光ってるのなんだろ?」

741 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:23:39.08 ID:pWnrzE2GO

あやの「……カチューシャ?誰かの落とし物かな?」
――あやの宅――
あやの「今日は着付けが学べて良かったな〜。」
「あやのちゃん本当に似合うもんね。」
あやの「そ、そんなことないよ。……!?だ、だれ?」
「私よ。」
あやの「ど、どこにいるの?……カチューシャ?」
「私は幸せのカチューシャです。」
あやの「……て、幸せのカチューシャ?」
「私を身につけると、あなたはとても幸せになれるんですよ。」

742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:24:02.44 ID:pWnrzE2GO

――学校――
みさお「おっす、あやの!……おい、その頭どうしたんだよ?」
あやの「みさちゃん、おはよ。ちょっとイメージチェンジで。」
みさお「へぇ〜。さては男絡みだな?」
あやの「そ、そんなじゃないよ。」
みさお「怪しいな〜。そういゃ、兄貴があやのの和服姿見れなくて残念がってたよ。」
ひかる「みんな席につけ〜。今日からクラスを持つ担任だが紹介も面倒だし役員を決めるぞ。」
かがみ「ちょ、ずいぶん雑な先生ね…。」
ひかる「うん?入学そうそう私語とは度胸あるじゃないか?学級委員頼むな。」
かがみ「ちょ、ちょっと待ってよ。」
みさお「うわ〜。柊が学級委員なんて女番長の組織みたいだ。」
かがみ「うるさいわよ、あんたは。」
あやの「先生、私は風紀委員をやります。」
かがみ「お、峰岸いつになく積極的だな。」
みさお「あやのは今日から生まれ変わったんだよ。」
かがみ「大袈裟な…。でもその髪型似合うわね。」
あやの「ありがと。」
かがみ「そのカチューシャどこで買ったの?」
あやの「う〜ん、ちょっと家の近くで。」

743 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:24:21.39 ID:pWnrzE2GO

かがみ「さっき廊下の男子達が峰岸のこと話てたわよ。」
みさお「お、あやのの人気鰻昇りだな?」
かがみ「峰岸ってどういうタイプが好きなの?」
あやの「う〜ん。優しくて、妹想いなお兄さんみたいな人がいいかな。」
かがみ「しっかりした年上が好きなわけね。」
みさお「へぇ〜。てっきりうちの兄貴が好きなのかと。」
あやの「そ、そんなわけないよ!」
かがみ「日下部冗談きついわよ。峰岸の顔、真っ赤じゃない。」
みさお「こりゃ失敬。」
あやの(やっぱりおかしいよね。
どんなに自分が積極的になったって、いろんことを頑張ったって、
叶わないこと、あきらめなきゃいけないこともあるんだよね。)
――あやの宅――
「あやのちゃん落ち込んでどうしたの?」
あやの「……好きな人のこと考えてて。」
「思いきって、気持ちを告白してみたら?」
あやの「……だって、無理だもん。絶対無理…。」
「やってみなきゃわからないよ。」
あやの「うるさいな!口出ししないでよ!」

744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:24:38.93 ID:pWnrzE2GO

――学校――
みさお「おっす、あやの!…あれ、髪型戻したんだ。」
あやの「う、うん。」
かがみ「峰岸元気ないわね。」
みさお「月に一度のあれでは…」
かがみ「殴るわよ?」
こなた「おっす、かがみん!」
みさお「お、ちびっこ!元気だな。」
こなた「最近発売したギャルゲーが面白くてさ。」
かがみ「あんた、またそんな。」
こなた「それがすごいんだよ。主人公が孫の友達を好きになるの。」
みさお「うはっ、やべ〜な。」
こなた「いや〜。恋愛の形は様々なんだよ。好きだという気持ちだけでどんな壁も超えられるのさ。」
かがみ「彼氏いない歴=年齢のあんたがよく言うわよ。」
こなた「自分の気持ちに素直になることが大事なんだよ。愛は常識を超えるってね。」
あやの「愛は常識を……超える?」

745 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:25:39.09 ID:pWnrzE2GO

――あやの宅――
あやの「昨日はごめんなさい…私の我が侭で……。」
「もう、いいんだよ。それよりどうかしたの?」
あやの「私、自分の気持ちを告白してみる!」
「……そっか。じゃあ私はもう必要ないね。」
あやの「え?お願い!あと一度だけ力を貸して!」
「…幸せの力は嘘だよ。あやのちゃんが積極的になれたのも、みんな君自身の努力だったんだよ。」
――大学のグランド――
あやの「あ、あの…」
みさ兄「あれ、あやのちゃんどうしたの?」
あやの「あの…」
みさ兄「うん?」
あやの「ずっと、ずっと好きでした!」

世にも
奇妙な
らき☆すた

746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/11(金) 01:25:57.52 ID:pWnrzE2GO

白石「可愛いけど普通の女の子も、一つのアイテムを手にすることで最強になるんですな。」
白石「週末はどうよ、チラミセなんてありきたり〜セーラー服脱いでも私〜」
白石「のわりに、私の記憶ではあやのの私服が少ないのが残念です。」
白石「脱いでも私と言い切るなら、どうせなら、フルヌー」
あきら「自重しろ、ボケ!」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:鶴屋さん「青春いいじゃないかっ///」