ハルヒ「キョン、あけおめ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「……二人っきりですね」

ツイート

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 00:21:24.83 ID:0jIvhXdG0

キョン「おお、奇遇だな。長門も初詣に行くのか」

長門「おめでとう」

キョン「おめでとう」

長門「おめでとう」

キョン「おめでとう」

キョン「エヴァじゃないんだから」

長門「・・・・・・」

長門「初詣と言うものには行かない。ただの散歩。朝倉涼子に頼まれてコンビニへパシらされているとも言う」

キョン「ふーん、そうなのか・・・初詣なら一緒に行こうと思ったんだけどな・・・仕方が無い、ハルヒでも誘うか」

長門「!」

長門「実は初詣に行く途中だったのを忘れていた」

キョン「・・・・・・」

長門「なに」

キョン「長門、一緒に初詣に行かないか」

長門「いいですとも!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 00:35:08.73 ID:0jIvhXdG0

キョン「神社に着いたぞ。流石に参拝客が多いから離れ離れにならないようにしないとな」

長門「・・・・・・」

長門「・・・・・・出店は無いの?」

キョン「長門、初詣は縁日じゃないんだ。たこ焼きやお好み焼きの出店は無いぞ」

長門「もう、帰りたい」

キョン「そう言うなよ。・・・それにしても、参拝客が多過ぎてちっとも前に進まんな」

ソーッ ギュッ

キョン「! な、長門!?」

長門「ここは手を繋ぐべき。さもないと、この人混みでは離れ離れになる可能性がある」

キョン「そ、そそ、それも・・・そうだな・・・」 キョン(・・・長門の手、温かくて柔らかいな)

長門「・・・いやらしい想像をしてはいけない。人混みではぐれないように、手を繋ぐだけ」

キョン「そうだよな!はぐれないようにだよな!」

ドン

参拝客「おっと」

長門「!」 キョン「! な、長門!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 00:52:53.63 ID:0jIvhXdG0

キョン「おい!危ねえぞ!」

参拝客「・・・・・・チッ」

長門「こんなところで喧嘩をしては周囲の人間の迷惑になる。やめるべき」

長門「うっ」

キョン「それもそうだな、すまん。・・・って、長門!?」

長門「大丈夫。ちょっと転んだだけ」

キョン「大丈夫には見えないんだが、歩けそうか? ・・・帰るにしても、この人混みじゃ無理だな・・・」

長門「大丈夫。ちょっと転ん・・・」

キョン「まさか、背中に担ぐわけにもいかないしな・・・」

長門「足が痛くて歩けない。死ぬほど痛い。これは足の骨が複雑骨折したと考えられる。これでは歩けない」

キョン「・・・・・・」

長門「・・・・・・」

キョン「・・・・・・」

長門「・・・・・・チッ」 スタスタ

キョン「普通に歩けるじゃねえか!!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 01:00:37.23 ID:0jIvhXdG0

キョン「ここで賽銭をして新年の抱負と願い事をするんだ」

長門「そんなことぐらいは知っている」

キョン「そうか」

キョン「でもな、パーカーのフードで賽銭を泥棒するのはやめたほうがいいぞ」

長門「!」

長門「そ、そんなことをするわけがない。あなたの発想は非常識」

キョン「・・・・・・」

キョン「ま、いいか。さて、賽銭を・・・」

チャリーン

キョン(・・・・・・・・・) ガランガラン パンパン

長門(・・・・・・) ガランガラン パンパン

キョン「こんなもんか」

長門「なにを願ったの」

キョン「秘密だ。こういうことは秘密にしておくもんだろ」

長門「そう」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 01:08:21.86 ID:0jIvhXdG0

キョン「さーて、参拝も済んだことだ。帰るとしようぜ」

長門「おみくじ」

キョン「おみくじ? 混んでるからやめとこうぜ」

長門「おみくじ」

キョン「・・・・・・」

長門「おみくじ」

―1時間後―

キョン「1時間も待って、末吉か。やれやれ・・・」

キョン「長門はどうだったんだ?」

長門「・・・・・・大・・・・・・凶・・・・・・」

キョン「」

長門「・・・・・・もう一度」

キョン「勘弁してくれ。もう二度と並ぶのはゴメンだ」

キョン「おっ、あそこで破魔矢が売ってるぞ。アレにしようぜ」

長門「・・・・・・」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 01:18:40.15 ID:0jIvhXdG0

バイトの巫女さん「ありがとうございましたー」

長門「これはどうするもの?」

キョン「飾るんじゃないのか」

長門「どこに」

キョン「玄関とか、居間とか、・・・そうだな、破魔矢なんだから悪いものの近くに置くのもいいかもな」

長門「悪いもの・・・」

キョン「それにしても、破魔矢の値段があんなにするなんて知らなかったな・・・」

キョン「あんな値段のものをポンと買うだなんて、長門も随分とブルジョアなんだな」

長門「・・・・・・」

長門(朝倉涼子の財布から出したことは、隠し通しておこう)

キョン「長門、おしるこが売ってるぞ。奢ってやるけど飲むか?」

長門「飲む」

キョン「おしるこ2つ」

おっさん「はい。あけましておめでとう。お二人さん、恋人同士かい?お似合いだねえ」

キョン「こ、恋人同士!?」 長門「・・・///」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/01(土) 01:37:29.07 ID:0jIvhXdG0

キョン「今度こそ本当に帰るとするか・・・

キョン「どうした、長門、帰らないのか?」

長門「・・・まだ、帰りたくない・・・」

キョン「朝倉が待ってるんじゃないのか?」

長門「・・・帰っても、ウチには・・・カレーとオデンしかない・・・」

長門「・・・おせち料理・・・」

キョン「うーむ、おせち料理か。・・・・・・ウチので良ければ食っていくか?」

長門「あなたが神か」

キョン「やれやれ。ま、妹も喜ぶだろうからいいか」

―長門の家―

朝倉「・・・・・・長門さん、遅いわね・・・コンビニに買いだしに行くのに何時間も掛かるなんて・・・」

朝倉「・・・・・・心配だわ。ちょっと様子を見に・・・あら? ・・・玄関に・・・何か置いてある・・・?」

『朝倉涼子へ プレゼントの破魔矢 そばに置いておくこと』

朝倉「長門さんったら・・・これを渡すのが恥ずかしくて、どこかに行っちゃったのね・・・」

朝倉「・・・・・・でも・・・どうして、私のお財布の中身がカラッポなの・・・?」 おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カヲル「親友合体」シンジ「エヴァンゲリオン!」