ハルヒがポニーテールにするようです


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「バッタ?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:01:47.56 ID:uWUJg/QP0

朝、いつも通り学校へ行ってみると
いつも通りなんら変わらぬ態度でポニーテールにしたハルヒに声をかけられた。

「あ、遅いじゃないキョンHR始まるわよ。」

ポニーテールにしたハルヒはそれはもうすごく似合っていて、
不覚にも俺は数秒動くことができなかった。
それぐらい綺麗だった。
そんな俺を見て思ったのか、ハルヒは言う。

「なによ、キョンひょっとしてあたしに見惚れてんの?」

いつもなら、否定の言葉や屁理屈を並び立ててるとこだが、
今日の俺は違った。

「あ、ああ。昔からポニテ似合うとは思ってたが、まさか…これほどまでとはな。」

「あ、当たり前じゃない。もうHR始まるわよ。早く席に着きましょ。」

赤い顔でそういうハルヒ、正直これはぐっときた。
席に座るとほぼ同時に担任、岡部が教室に入ってきた。


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:06:32.55 ID:uWUJg/QP0

起立、きょうつけ、礼。
委員長の朝倉がいなくなってからは、副委員長の榊が号令をかけている。
朝倉目当てで副委員長になったなら可哀想な事だ。
 退屈なHRはすぐに終わったが、特にすることもないので、
ポニテにしたハルヒを網膜に焼き付けておくことにした。
相変わらずポニテがよく似合うこった。

「な、何よ…」

「いや別に、ただポニテハルヒを目に焼き付けておこうと思ってな。」

「バカ…」

『バカ…』というハルヒにぐっときていると、
名案が浮かんだ。

「ハルヒ、写真撮らせてくれ。」

「な、い、嫌よ。」

「頼む!ハルヒ、お願いだ。なんか一個言う事聞くから!」

「…言ったわね、ちゃんと言う事聞くのよ。いいわ写真ぐらい何枚でも撮らせてあげるわ。」

心の中でガッツポーズする俺、
手始めに1枚、パシャリ。いい写りだ。
飾っておきたいぐらいだ。



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:11:22.46 ID:uWUJg/QP0

「…なあハルヒ俺と一緒に2ショットで撮ってくれないか?」

「2ショット…いいわよ。いや、ぜひ撮りましょ!」

またしても心の中でガッツポーズ、
乗り気なのが気になるが、細かいことは気にしない。
俺がハルヒに顔を近づけて撮ろうとすると、
ハルヒは赤くなりつつも応じてくれた。

パシャリ。

そこには赤くなったハルヒと俺が写ってた。
俺は、萌え死ぬかと思ったが、
ここで死ぬわけにはいかないので耐えた
まだやってもらいたいことはたくさんあるからな…

「次はハルヒ、こう後ろからいっきに振り向いてくれないか。…ああそうじゃない。
もっと髪のしっぽを振り回す感じで。」

ハルヒは言われたままに応じたが、
反応がない俺にキョトンとした顔をしていた。

「ああ、すまない。あまりにかわいすぎて、放心してた。」

「な、///」

赤くなったハルヒはそれはもうかわいかった。

そうこうしてるうちに、休み時間はとっくに過ぎていた。
教師が入ってくる。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:13:59.33 ID:uWUJg/QP0

ハルヒに今度は何してもらおうか考えてたら、
授業はすぐ終わってしまった。
特に何も思いつかないまま、昼休みを迎えた。
谷口と国木田といつもと変わらぬメンバーで昼飯を食べた。
ハルヒがいないことから、食堂に行ってるんだろうと思った。

谷口のバカ話に付き合って飯がまずくなったが、
いつものことだ、気にはしない。

ハルヒが現れたのは昼休みが終わる直前のことだった。
俺はハルヒをみてがっかりした。
ハルヒはポニテをやめていつもの髪型に戻していた。
その態度が露骨に顔にでていたのだろう

「何よ、文句あるの?」

「もう、ハルヒとは口聞かない」
「はあ、あんたバカなんじゃない?」

「……」

「聞いてるのキョン団長命令よ!」

「……」

はあ、大きく溜息をつくハルヒ
「…わかったわよ。ポニテにするわよ。あんたが思ってるよりこれ、
結構むずいのよ…」
といいながらポニテにする。
なるほど、鏡なしにやるのは確かに難しそうだ。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:17:06.00 ID:uWUJg/QP0

「ハルたん!」
抱きつく俺

「だ、だ誰がハルたんだゴラアアァァ」
チョークスリパーをかけるハルヒ、

照れ隠しが何割か入っているだろう。

あの〜ハルヒさん胸がもろに当たってるんですけど…
やわらかい二つの感触、気持ちいい。
マシュマロが背中に当たっている。

だがそろそろズボンが悲鳴を上げてきそうだ。

「おい!ハルヒ、胸がモロに当たってる。…」

「こ、ここの、エロキョン!」

赤くなるハルヒ、これはからかいたくなってくる。
…おっともう授業が始まりそうだ。

「ハルヒ、もう授業始まるぞ。」

まだ赤いハルヒ
かわいいやつめ


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:17:36.56 ID:uWUJg/QP0

授業の途中ハルヒがシャーペンで突っついてきた、

「なんだ?」

「あんた今日部活来るわよね。」

「ああ行くけどそれがどうかしたんだ?」

「いや、別にそれだけ。」

そうかといい前を向く俺、そして…無性にからかいたくなった俺

「おいハルヒ」

「何よ。」

「気持ちよかったぞ。」

すぐにさっきの事を思い出して赤くなるハルヒ、

「エロキョン…」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:18:50.96 ID:uWUJg/QP0

ニヤニヤ笑いながら前を向く俺、
ハルヒが仕返しに出た。
─くそ、く、くすぐるな

ハルヒが脇腹やら脇をくすぐってくる。
「ぷっ」
耐える俺、ハルヒはニヤニヤしている。

「ぷっはあ」

クラスメイトが好奇な目を向ける

助けてくれ。

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:41:46.41 ID:uWUJg/QP0

部室のドアをノックすると朝比奈さんの声が返ってきた。
ドアを開ける。ハルヒ以外全員そろっているようだ。

「今、お茶入れますね。」
「ありがとうございます。」

天国のような時間を古泉が邪魔してきた。

「どうしたんですか?疲れた顔して?」

「いやハルヒがな…」
いやこれ以上言うのはやめよう

「いや、なんでもない。いつもの事だ」

「そうですか。」

その後は、特になにもなく
長門の本を閉じる音によって活動が終わった。

そして帰ろうとする俺を引き止めたのは、
朝比奈さんでもなく、長門でもなくハルヒだった。


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:43:41.29 ID:uWUJg/QP0

「何だ?」
「あんた今日一個言う事聞くって言ってたわよね。」

思い出す俺、あー確かに言ったな。
あれはミスだった。
屋上にきなさいと言い俺の腕をつかみ、引っ張るハルヒ。
といってもうちの校舎は屋上が開放されておらず、
屋上の一歩手前の事だろう。
すぐにつき、腕を離してくれた。

「何だ?言ってみろ」
もちろん聞くだけだよーんなんて幼稚な事はしない
まあそんな事をすれば古泉の仕事が増えるであろう。

「どうした?早く言えよ」
「キスして」
「は?」
「だから、キスしなさいって言ってんのよ!」
「何でも言う事聞くって言ってたじゃない!」

すぐに俺はハルヒの頭に手を回し
顔を近づける

唇が重なる
「んっ」
目を閉じてるからハルヒの表情はわからないが
きっと驚いているだろう

そうしてこの日は俺たちのかけがえのない一日となった。


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/26(日) 20:46:06.96 ID:uWUJg/QP0

「ハルヒポニテールにしてくんないか?」
「嫌よ。」

fin

17 名前: ◆8/Q4k6Af/I [] 投稿日:2010/09/26(日) 20:46:57.41 ID:uWUJg/QP0

駄文読んでくださってありがとうございました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「朝比奈さんが居ない」