律「この部室使ってもいい?」長門「構わない」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「提督にお仕置きをしたい!!」【艦これ】

ツイート

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/24(金) 23:40:02.74 ID:Avq9dyxR0

澪「おい律!使ってもいい?じゃないだろ!」ゴチン

律「あいたー!」

澪「すっすいません、すぐ出ていきますから」

長門「……」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/24(金) 23:42:08.93 ID:Avq9dyxR0

澪「さ、いくぞ律」

律「ちょっと待て澪!」

 「あの時の約束は嘘だったのか!?」

 「高校に入ったら…一緒にバンドやろうねって…」

澪「そんな約束はしていない!」ゴチン

律「あいたー!」

長門「…ユニーク」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/24(金) 23:45:27.66 ID:Avq9dyxR0

律「でもっ、せっかく先生が」

 『部室さえ見つかれば部員なんてゆっくり探せばいいから』

 「って言ってくれたんだからさ!」

澪「だからって他の部活の教室を使う訳にはいかないだろ!」

 「えーっと…文芸部ですよね?」

長門「……」コク

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/24(金) 23:49:51.09 ID:Avq9dyxR0

澪「ほら、仕方ないだろ、行くぞ律」ズルズル

律「あぅー」ズルズル

長門「…この部屋を使ってくれて構わない」

澪「へっ!?」

長門「文芸部は私一人」

長門「この教室の現時点での使用者は私一人」

長門「あなたたちが使ってくれても構わない」

律「わはー!」キラキラ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/24(金) 23:51:42.33 ID:Avq9dyxR0


澪「ほ、本当にいいんですか?」

長門「あなたたちはユニーク」

長門「だから構わない」

律・澪(珍獣ってことですかー!?)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/24(金) 23:57:33.55 ID:Avq9dyxR0


律「よーし、ありがとな、えーっと…」

長門「…長門有希」

律「ありがと、長門さん!」

長門「………」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:01:29.38 ID:svtV6bQi0

数日後

澪「入部希望者は未だに0」

 「軽音部の部員は二人」

 「バンドも組めずに廃部だな」

律「それだけはやだぁー!!」ウワーン


 「そおーぅだ!」ピコーン

澪「嫌な予感しかしないな」

律「演奏しようぜっ、ゲリラライブ!」

澪「…え?」

律「だぁーかぁーらぁー、ライブするの、ラ・イ・ブ!」

澪「二人でか?」

律「うっ」

澪「しかも、ベースとドラムだけで?」

律「うっ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:04:05.03 ID:svtV6bQi0

律「でもこのままじゃ誰も入らないじゃんか!」

澪「ビラ配りも、ポスターも効果なしか」

律「有希ーどうしよー!」ダキッ

澪「こらっ、長門さんの邪魔するな!」

長門「……」ペラ

律「だって有希ってさぁ、かわいいじゃん!」

澪「」ムッ

律「へへー、なぁ有希、なんか楽器できないの?」

長門「……ギター」

澪「えっ!?」

律「有希ってギターできんの!?」

長門「……」コク

律「なんだよ、それを早く言えよ!」

 「三人でバンド組もうぜ!」

澪「ちょ、ちょっと待て律。長門さんは文芸部員なんだ、迷惑かけるな」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:06:30.53 ID:svtV6bQi0

律「いいじゃんかー文芸部の宣伝も一緒にしたらいいだろ?」

澪「そーいう問題じゃない!」

 「だいたいバンド演奏で宣伝する文芸部なんてどこにあるんだ!」

律「ここにあるんだよ!」

 「なあ有希、バンドでギター弾いてくれるよな?」

長門「…了解した」

澪「」

律「わはー」キラキラ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:10:39.77 ID:svtV6bQi0

数日後

ジャカジャカジャンジャン、ジャーン♪

律「よーし、いい感じだな♪」

 「それにしても有希がこんなに上手いなんて驚きだな」イイコイイコ

長門「……」

澪「」ムスー

律「さっ、明日は発表なんだから早く帰って休もうぜ!」

澪「…そうだな、帰ろうか」

長門「…了解した」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:14:13.40 ID:svtV6bQi0


テクテクテクテク

律「あっ、そうだ、今日TSUTAYA寄るんだった」

 「先帰っといてくれ二人とも」

澪「えっ」

律「じゃーなー、今日はちゃんと寝ろよー!」タッタッタッ

澪「お、おう」

長門「……」フリフリ

澪「……」

長門「……」

澪「…帰ろうか」

長門「……」コク

澪「……」

長門「……」


澪(気まずいぃぃぃぃぃぃ!)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:17:29.35 ID:svtV6bQi0


澪「…長門さんのマンションはあっちだよね」

長門「……」コク

澪「じゃあ、ここで」

長門「……」コク

澪(ふーっ、息が詰まりそうだった…)テクテク

澪「もう暗くなってきたし、急いで帰ろう…」




長門「…秋山澪」クイッ

澪「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」ビクッ


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:20:44.64 ID:svtV6bQi0

澪「なっなんだ、長門さんか、び、びっくりした…」ドキドキ

長門「……」

澪「ど…どうしたの?」

長門「…有希、で、構わない」

澪「えっ?」

長門「……」クルッ

  「……」スタスタ

澪「……長門、さん?」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:23:27.11 ID:svtV6bQi0


〜みおんち!〜

澪(なんだったんだろう…)


長門『…有希、で、構わない』


澪「呼び名のことだよね…」

 「有希で、構わない、か…」

 「……」ドキドキ

 「有希…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:28:26.43 ID:svtV6bQi0

翌日の放課後

律「さぁ、セッティングを済ませたらすぐ演奏開始だ!」コソコソ

澪「わかってるよ…でも本当にゲリラライブなんかして大丈夫か?」コソコソ

律「だぁーいじょうぶだよ!なぁ有希っ!」コソコソ

長門「…校則等にゲリラライブに関する条項は存在しない」コソコソ

  「…規則に違反する行為ではないと思われる」コソコソ

律「ほらみろ澪!」コソコソ

澪「でも…」コソコソ

律「よぅし、ドラムのセッティングは終わったぞ」

 「有希、大丈夫か?」

長門「……大丈夫」

澪「…こっちも大丈夫だ」スチャ

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:35:00.47 ID:svtV6bQi0

律「よっしゃあ!じゃあ演奏するぞ!」

 「っと、その前に」ゴソゴソ

澪「メガホン!?」

律『みなさーん、こーんにーちはー!』
 『わたしたちは軽音部でぇーす!』
 『今から演奏するので、暇な人もそうでない人も聞いていってねー!』

澪「ちょ、ちょっと律!」

 「ったく、先生に見つかったらどうするんだ」オロオロ

長門「……」

律「よしっ準備はいいか!?」

長門「……」コクッ

澪「あ、ちょっと待って律」

律「ん?」

澪「あ…あの、がんばろうな、ゆ…有希」

長門「……」コクッ

律「よぅーし!いっくぞー!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:37:42.64 ID:svtV6bQi0


ジャカジャカジャカジャーン

キャー、アノコ ギターウマイネー
カッコイイー
ワーワー キャーキャー

ジャン、ジャン、ジャーン!

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:40:09.07 ID:svtV6bQi0


律『みなさん!軽音部に入って私たちと演奏しましょー!』

岡部「こらぁお前たち何をやってる!」

律「げっ、まずっ」

 「逃げろ二人とも!」

澪「やっぱりこうなった」ウワーン

長門「……」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:45:07.04 ID:svtV6bQi0


数時間後

律「きつかったなー岡部の説教…」

澪「やっぱり怒られたじゃないか…馬鹿律」

律「たははー、失敗失敗」

長門「…でも」

律「んっ?どうした有希?」

長門「…演奏は完璧だった」
  「秋山澪のベースラインも、田井中律のビートも正確なリズムを刻んでいた」

澪「有希…」

律「そうだよなー有希!いい演奏ができたよなっ!」ニコッ

 「それに、有希のギターも最高だったぜ!」ギュー

長門「……」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:50:40.78 ID:svtV6bQi0


数日後

律「誰も、来ない」

澪「バンドも組めずに廃部か」

律「それだけはやだやだやだぁぁぁ!」ウワーン

長門「……?」

律「ん?どうした有希?不思議そうな顔して」

長門「……」

律「言ってみ」

長門「秋山澪」

澪「えっ、は、はいっ?」

長門「あなたは今『バンドも組めずに廃部』と発言した」

  「しかしバンドは結成されている」

  「今のあなたの発言には誤った情報が含まれている」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 00:55:10.88 ID:svtV6bQi0

澪「え…あ…」

長門「私と」

  「あなたと」

  「あなた」

  「三人で、一つのバンドが結成されている」

律「有希、それってまだバンド続けてくれるってことか!?」

長門「……」コクッ

律「ありがとう有希ぃぃ!!」ギュウー

長門「」モガモガ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:00:49.90 ID:svtV6bQi0

澪「いいのか有希?それって軽音部に入るってことだろ?」

長門「……」

  「あなた達との演奏中にエラーが生じた」
  「そのエラーの詳細は不明」
  「個体の胸部中心の温度が上昇するような錯覚を起こした」
  「原因究明のためにも演奏を続けたい」

律(何言ってるんだ?)

澪「……」


長門「そしてなによりも」

  「私という個体があなた達と共にいることを望んでいる」

  「私という個体を」
  「有希と呼んでくれた人はあなたたちが初めてだから」





49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:01:57.82 ID:svtV6bQi0


すいません、読み直したら中途半端ですが
これで終わりです
読んでくれた人はありがとうございました

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/09/25(土) 01:06:38.15 ID:svtV6bQi0

いや、ほんとこれが落ちのつもりだったんです
申し訳ない



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「有希、今日からあなたはSOS団専属ペットね」